まるぞう備忘録

無題のドキュメント

お蕎麦の栃木。うどんの群馬。

2024-05-30 10:51:27 | 今日のひとり言

防災カレンダー

千葉県北西部





栃木と群馬。

これは北関東の地図です。
黄緑が50〜100mの標高です。


右半分が栃木エリアです。東北新幹線が北上しています。
左半分が群馬エリアです。上越・北陸新幹線が通っています。

栃木と群馬って馴染のない人には違いがわかりにくいです。
栃木:蕎麦文化
群馬:うどん文化
という違いがあるようです。

だから県境を車で走っていても、お蕎麦屋さんが多くなると「ああ、栃木県に入ったのか」とわかりますし、うどんやさんが多くなると「ああ、群馬県に入ったのか」とわかります。



関東平野の縁(へり)ポイント。

広大な関東平野の縁に建立されているのが足利市の織姫神社です。



急な参道をずっと登っていくと、境内からは関東平野が一望できます。さすが平野の縁に建立されているだけのことはあります。




絶品のお蕎麦。

この参道の途中に絶品のお蕎麦屋さんがあります。このお蕎麦屋さんを食べにくるだけでも北関東に移住しても良いなと思います。
ちなみにお蕎麦屋さんが美味しいので、ここは栃木県であることを再認識します。



温かいかけ蕎麦が美味しいお店は本当に美味しい説。温かいかけ蕎麦なのに麺がしゃきしゃきしてて蕎麦の香りが口に広がるなんて滅多にありません。



うどん文化の中心。

帰路途中で、館林に寄ります。
館林には「製粉ミュージアム」があります。ここ館林は日清製粉の発祥の地です。群馬の小麦を製粉したのが始まりです。群馬県は小麦=うどん文化であることがわかります。


しかしこの館林でさえ標高は18mほどしかありません。東京都民からすると群馬県館林って相当北上しているイメージでありますが、ここまで来てもまだ標高が18mほどしかないことにショックを受けます。
ちなみに先程の足利市でさえ、市役所がある街の中心部で35mほどです。

関東平野は本当に広いですね。





おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
気に障りましたら申し訳ございません。

→ そんなことはありません。教えてくださってありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。(^^)/

==========
SHO_KOさん
・・・
「おじいちゃんは、お墓参りをよく行ったり立ち日とかすごく大事にしているよね、それはどうして?」というと
「おれはご先祖様とお天道様があればなんにもいらない」といいました。そして、
「ご先祖様がいてくれたからいまの自分がいるし、お天道様が毎朝のぼってくれるから野菜やお米が育って食べて生きていけるんだ。だから、おれはご先祖様とお天道様があればなんにもいらないんだ」といいました。

→ 投稿くださってありがとうございます。おじいさまありがとうございます(^o^)/

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

親孝行。

2024-05-29 10:20:04 | 今日のひとり言




親孝行って「道徳」だと思っておりました。
自分自身、親が存命だった頃は、しょっちゅう口喧嘩をしておりました。
でもこの年になって「親孝行」とは、単なる道徳ではなく、本当に自分自身が人生を幸せに生きるための、本当に直接的なテクニックである。ということに気づきました。


親孝行と先祖供養と地球という大自然に感謝するということと太陽というこの宇宙全体(過去未来現在)の愛情は全部見事なぐらい、同じ直線上にあるのでした。




すごいね!




運が良い人と、この直線がきれいに揃っている人とは相関があると思います。
外見の容姿ではなく、その人本人の内面の見え方。周囲に放つ力強いけれど柔らかな波長。
そんな備忘メモです。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今週号の『週刊現代』の中のコラム、「今日のミトロジー」で中沢新一さんが栃木県について書かれています。

栃木県の産土神社には「星神社」が多いと。
そして彼らは海洋系民族で利根川水系をたどって栃木に入植したのだろうと推測してます。その後大和朝廷と戦い、その後仲介者による調停があり、茨城県千葉県にはヤマト系の鹿島神宮と香取神宮が鎮座しヤマトの勢力圏となり、栃木県には元々の一族が留まり星を祀る人々の世界が守られたと。

去年は鹿島神宮と香取神宮を尋ねましたので、今年は栃木県の星神社を尋ねてみたいと思います。産土神社ですから観光神社ではないかもしれませんが、もし栃木県でお勧めの神社があれば教えてもらえたら嬉しいです。

→ 鹿島神宮と香取神宮が「神宮」と大和朝廷から冠されたのは、どちらも中央構造線上の重要なパワースポットであったからと思います。

栃木県は、東京圏の人たちの移住先としては有力な候補だと思います。
足利市の織姫神社は、関東平野を一望できました。

==========
どうまるぞうさんならおもわれるか、ご意見をお聞きしたいです。

→ 私は
・自分の心の中にあるおひさまは、どう判断するだろうか。
・今日誰にも知られずこの世を去るとなった時に、何を後悔するだろうか。
この2点で羅針盤にして、決めると思います。
いかがでしょうか。

==========
本当に潮を感じます。計画通りでしょうか。自宅は関東平野の中にありますが、今の所、移住は出来ないかな?と、思っています。

→ 今すぐではなくても、中長期のスパンで。縁があった時に、パタパタと重なるように。いかがでしょうか。

==========
大川小学校の事例はなんとも難しいですね。
最高裁の判決で避難先として裏山は不適当とされています(裏山の向こうのバットの森が適当とされています)。

→ 教師の方々の判断については私は特にコメントはありません。当時ハザードマップの情報からは小学校までは津波のおそれは考えにくいこと。足元つるつるで登りにくい裏山に低学年含めて安全に避難できるかというのは、判断は難しかったと思います。

記事のポイントは、集団避難の途中に、堤防から乗り上げてくる津波を見た瞬間に、この少年がどうして振り向いて裏山に向かって走れたかどうかだと思います。アンテナの感度とは一体何なのか。

この次、私達が大きな災害災難に遭遇した時に、私達が自分のアンテナの感度に忠実に動けるかどうか(御先祖様のメッセージを第六感として受信できるか)そこがポイントなのです。という記事でした。

============
SHO_KOさん
・・・
ウィキペディアの「多摩 (軽巡洋艦)」から沈没した地点が書かれた箇所へ「多摩(地球儀マーク)は北緯21度23分 東経127度19分」の文字の地球儀マークをクリックして衛星写真でみるで引いてみると読み込みに時間はかかりましたが、南海トラフを確認できました。その視点・発想で気がついた読者さんはすごいですね!
私も多摩地域です。これもなにかのご縁だと思いますので、大国魂神社境内にある「軍艦多摩戦没者慰霊碑」に手を合せたいなと思いました。情報ありがとうございました(^^)

→ コメントありがとうございます。合掌。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

潮のにおい。

2024-05-28 10:08:38 | 今日のひとり言


東京の汐留とお台場がゴーストタウン化しているということを動画で知りました。

汐留

日本テレビ本社だけでなく電通本社やソフトバンク本社もありました。私も一時期毎週のようにこちらのお客さんと打ち合わせをしておりました。あの当時は本当に大勢のビジネスマンで賑わっておりましたが、現在は、商業施設も空きテナントが目立つ凋落ぶりでした。

参考動画
【ヤバい汐留】初日に5万人が訪れた商業施設が20年で廃墟化…その理由が納得だった…
https://youtu.be/lbpNOqhahCs?si=PSbQrUFZUnLXtLb5



お台場

フジテレビがあることで有名です。踊る大捜査線が一大ブームになった時は、このお台場はパレットタウンやビーナスフォートなどの商業施設や大観覧車もあったのですが、今は閉館撤去され、かつての賑わいは嘘のようです。

参考動画
【閉館ラッシュ】お台場の今が変わり果ててスゴかった…裏にある意外な理由とは?
https://youtu.be/eOg75xBJTfg?si=9EwQL3emSaBCEzyA



どんな栄えているところも。

過疎化が進む地域ならいざしらず、コロナ明け再び転入超過日本一になっている東京で、しかも少し前なら人気のエリアであったお台場や汐留で、過疎化(?)が進んでいるという最新情報はショックでありました。

一斉を風靡した業種や地域も、淀みにうかぶうたかたは、かつ消えかつ結んで、久しくとどまることはないなあと改めて感じざるを得ませんでした。



近未来小説。

お台場に関しては東京都からの土地貸出の期限、汐留に関してはコロナ禍のリモートワークがそれぞれ原因ということであります。廃れていった原因もそれぞれなのでありましょう。
ただ一つ。「汐留」「お台場」という地名から、なんとなく「潮のにおい」がする気がいたします。あんなに栄えていた地域(私も何度も足を運んでおりました)が、すっかり寂れている風景は、そういう近未来小説を描く作家さんがいるかもしれないなと思いました。その小説の題名はきっと「潮のにおい」かもしれません。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
SHO_KOさん、レイテ島の戦闘等についてのリンクをありがとうございます。
レイテ戦を生き残られた松本さんのご証言、亡くなられた戦友のご冥福を願い、毎朝、仏壇と神棚に手をあわされてるとのこと。
また、コロナ禍以前は、毎年のようにレイテ島をご訪問されて遺骨を探すのに御参加されていたと。
涙なく読めませんでしたが、本当に頭が下がるばかりです。
戦友を助けられなかったとのことでお辛い思いを持ってらっしゃるのが伝わりますが、松本さんご自身も、大変な辛い体験の中でなんとか生存されて、日本に命と思いを繋いで下さったのですから、どうかご自身を責めないですごされてほしいです。
「次の世代のために、国土を戦場にしないでください」
との言葉にはっとしました。
日々をなにげなく過ごす、この国土に生きる私達は、こんな想いのたすきを受け取っているのですね。。。

→ コメントありがとうございます。
再掲載「101歳 レイテ戦の生き残り 体験を手記に」
https://www3.nhk.or.jp/news/special/senseki/article_166.html

==========
小さな警告を聞き逃さないのは大事なことですねー。

→ アンテナ感度を磨いて置きたいです。コメントありがとうございます。

==========
SHO_KOさんのレイテ島に関するコメントを読んで思い浮かんだのが、フィリピン海沖(沖縄本島の南約600km)で魚雷の攻撃により沈没し全乗組員亡くなられた軍艦多摩。調べたらやはりレイテ島の戦いによるものでした。

大国魂神社が軍艦内に分祀されていたことから、大国魂神社の境内に軍艦多摩戦没者慰霊碑が2014年に建立されました。それ以降沈没した10月25日に毎年慰霊祭が斎行されています。今年で沈没してから80年経ちます。

沈没した北緯21度23分、東経127度19分の地点と大国魂神社を線で結ぶとフィリピン海プレートの沈み込み(南海トラフ、琉球海溝)に沿っています。

→ コメントありがとうございます。m(_ _)m

==========
SHO_KOさん
・・・
検索をきっかけに、本当にフィリピン諸島は太平洋戦争屈指の激戦地であったことを知りました。慰霊、鎮魂の想いがとても必要な場所なのではないかと感じました。当たり前のことですが、知らない事をよく知ることで、供養など日々に祈る言葉にも気持ちが乗るような気がします。
もちろん、思いを向ける対象を限定するつもりはありません。けれどももし私が逆の立場で、死後に自分の置かれた境遇に対してたった一つでもいいから関心を持ち知ってくれる人がいたら、うれしいのではないかな?と想像しました。
子孫を残すことが出来なかった方々、また一族も亡くなられて寄る辺の無い方々、生き残ったけれど深い悲しみの中で懸命に生きた方々の行き場のない想いはどこで癒されるのでしょうか。供養習慣のない国内外の方々や先人たちの御魂はあの世でどうされているのだろうかと想いをはせます。今日もたくさんの鎮魂と供養の想いが届きますように祈ります。

・「マニラ市街戦」追悼 市民約10万人が犠牲 遺族「忘れないで」2024年2月3日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240203/k10014346201000.html
太平洋戦争末期、フィリピン首都マニラで日本軍と連合国軍による市街戦が始まって79年となる3日、来年2025年は80年の節目を迎えるそうです。日本国内でも大きく報道され認知を広めてほしいと心から願います。

・「フィリピンの戦い (1944年-1945年)」出典: ウィキペディアより
フィリピンの戦争被害:この戦いの結果、フィリピン全土が戦場となり、約100万人以上にもなるフィリピン人の死者を出した。日中戦争から太平洋戦争までの15年間の戦争における日本人の死者数は約310万人であり、当時の日本の人口は約7,200万人であるから、日本人の約4 %が死亡したことになるが、フィリピンの当時の人口は約1,600万人であり、そのうち約100万人以上が死亡し、その比率は約7 %となり、人口比では日本の2倍近くになる。また、マニラなどの主要都市は壊滅し、廃墟と化した。また終戦後も各地で残留日本兵が戦闘を継続した。 (引用終)

昨日は、厚生労働省主催により「千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式」が開催されました。
おかえりなさい!の想いとあわせて心よりご冥福をお祈りいたします。合掌

→ 大切なことです。ありがとうございます。合掌。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

その時「小さな警告」は。

2024-05-27 08:37:47 | 今日のひとり言


「津波が来たら山さ逃げろ」

311で教員と小学生の多くが津波で亡くなった話を聞いたことがある方も多いことでしょう。
小学校の裏山に避難すれば多くの子供たちが助かったかもしれませんが、200mほど離れた川沿いの高台に避難する途中で、先生たちや子供たちの多くが津波に呑まれたのでした。

助かった小学生は、漁師だった祖父が日頃から「津波が来たら山さ逃げろ」と言っていたことが、やはり彼の生命を助けたようです。
避難時は、一人だけ勝手な行動は出来ないため、裏山に逃げないのかなという違和感を持ちながら、集団で川沿いを歩いていたことでしょう。しかし津波が堤防の乗り越えて来たのを見た瞬間、彼は引き返して裏山に登り始めたのでした。
しかし津波が襲ってく方が早く、彼は一時津波に呑み込まれ意識を失いますますが、それでも何とか助かります。同じようにこの裏山に避難していたクラスメートに助け出されたのでした。



必ず「小さな警告」はある。

このお話の教訓として、私達は大きな災害に直面する前には、必ず「小さな警告」があるということです。本当にそれは、もみ消そうとすればもみ消せる「小さな声」ですが。
「御先祖様の声」が、自分の生存本能の直感して自分に働く時は、周囲とは逆方向でも、その声に従うことが出来るかどうか。平時の今考えたいです。

それは阪神大震災の時のような倒壊の危機なのか。
それは311の時のような津波や浸水の危機なのか。
それは関東大震災のような火災の危機なのか。
土砂崩れなのか、火砕流なのか、決壊なのか。



たとえ周囲と違っても。

周囲の人が避難していなくても、自分だけ避難を始めることは気恥ずかしいかもしれなくても、もし自分の「小さな警告」が教えてくれているのなら、それに従うことが出来るでしょうか。

あるいはもうすでに周囲の人たちが一斉にパニックになっている時に、自分も同じようにそのパニックに同調して何も考えず人が殺到する方向に走り出すことが本当に大丈夫なのか。自分の心の中の「小さな警告」はどちらに向かえと言っているでしょうか。



この小学校の悲劇は、これから大きな災害に遭遇するかもしれない私達に、本当に大切な大切な教訓を教えてくださっております。
311の大震災で亡くなられた方の御冥福をお祈りいたします。合掌。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
SHO_KOさん
・・・
レイテ島
警告を受信するアンテナ感度。そんな話の1つになるのか分かりませんが
先月、脳裏に浮かんだ言葉がずっと気になるので書かせて下さい。
その日は朝け方に夢を見ました。なにか大切な夢を見た気がするのですが、目が覚めたら忘れていました。
ただひとこと「レイテ島」と浮かびました。前日に戦争などの情報を見聞きした訳でもないのですが、レイテ島といえば報道で上皇陛下が慰霊されていたことを連想し、検索するとたくさんの方々が戦死されている事実を知りました。(恥ずかしながら無知で詳細知りませんでした)

※「レイテ島」出典: ウィキペディアによると
日本軍は物資補給・兵員補給の輸送船が途中で沈められ、補給を断たれた8万人以上の兵士が戦死や病死・餓死でほぼ全滅するという惨敗を喫した。生き残った兵士はセブ島などへ個々に脱出したが、生還率はわずか3%ともいわれる。また数多くの島民が日本軍とのゲリラ戦に参加したほか、戦闘の巻き添えで一般人も犠牲となった。(引用終)

・上皇ご夫妻のフィリピン慰霊の旅「日本人が決して忘れてはならないこと」【皇室 a Moment】
https://news.ntv.co.jp/category/society/c0caf162b2144c7cbcb009ae96231aa2
>このフィリピン戦のフィリピン側の犠牲者は110万人に上ると言われ、特に「マニラ市街戦」では、日本軍による殺害もあって、市民10万人が犠牲になったとされています。
【キリノ元大統領の"恩赦”声明文】私は知らなかったので多くの方に知って頂きたいです。
「私は、妻と3人の子供、5人の親族を日本人に殺された者として、彼らを赦(ゆる)すことになるとは思いも寄らなかった。私は、自分の子供や国民に、我々の友となり、我が国に末永く恩恵をもたらすであろう日本人に対する憎悪の念を残さないために、これを行うのである。やはり、我々は隣国となる運命なのだ」

・フィリピン決戦の悲劇 天皇、皇后両陛下が戦没者慰霊へ
https://dot.asahi.com/articles/-/109057?page=1
・101歳 レイテ戦の生き残り 体験を手記に
https://www3.nhk.or.jp/news/special/senseki/article_166.html
・太平洋戦争レイテ生還 101歳松本さん 住民虐殺 許されない ウクライナ侵攻「一刻も早く停戦を」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/176821
・戦争の証言記録を当事者の(ご本人)による動画・テキストで読めます。
https://www2.nhk.or.jp/archives/movies/?id=D0001100070_00000
【関連する証言動画】の項目で写真をクリックすると、日本人、日系人、アメリカ人、現地の方の想いの断片を知ることが出来ます
https://www.nhk.or.jp/archives/sensou/
NHKのアーカイブス。戦争→下へスクロールすると「戦争関連コンテンツの検索」があります。
「証言」より戦地の場所別に「フィリピン方面」のすべてを見る>をクリック、「レイテ島の戦い」と絞り込むと詳しい証言動画・テキストを閲覧できます。

→ お知らせありがとうございます。
合掌。

==========
いつもありがとうございますさん
・・・
でも、まるぞうさん、生きている間、災害に備えつつ、楽しみますよ。右往左往出来る今が幸せです。

→ ありがとうございます。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

共鳴ホルモン。

2024-05-26 10:17:22 | 今日のひとり言

防災カレンダー

千葉県北西部





愛情ホルモン。

オキシトシンという幸せホルモンのことを耳にした方は多いことでしょう。
これから私達は「自分の免疫」を大切にすることがますます必要だな。と思って調べていくと、この「オキシトシン」も免疫力にとても大切な働きをする説があるようです。

オキシトシンは幸せホルモンとか愛情ホルモンと呼ばれます。
人からギュッと抱きしめられるとオキシトシンが分泌されると言います。
また同じように、自分から他の人を愛したり、肯定したり、感謝するということでも、パアアって分泌されるだろうなと思います。



共鳴実験。

これは、最近実験観察中の「共鳴」と共通点があるように思います。
きっと私達が、自分の想いを周囲と共鳴させている時は、医学的に「オキシトシンの分泌」という事象として観察されることもあるかもしれません。



共鳴とは。
・周囲の静寂に耳を傾けること。
・自分の想いの周波数をその静寂さに合わせて発信すること。



敬意と感謝と愛情と。

周囲の静寂さとは
・大自然の声かもしれませんし、
・声なき方たがの声かもしれませんし、
・御先祖様たちの声かもしれませんし、
・自分の心の中のおひさま(本来の自分)の声かもしれません。

自分の心を敬意と感謝の気持ちに周波数を合わせると、静寂さが聴こえます。
そして自分が発しているこの想いとのアンサンブルが空間をキャンバスとします。
そんな心の風景。
ありがとうございます。(^^)







おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
まんまるさん
・・・
どうもこちらとあちらの話が食い違い、
私は間に挟まれて、混乱していました。
結果、こちらの相談員さんが言ってる内容を信じたところ、
あちらの相談員さんが本当のことを言ってることが、わかりました。
どうしてわかったかは、書くと長くなるので省きます。

→ 私も毎日のように自分自身にそう思います。
・自分の意見の半分は間違っているかもしれない。
・相手の意見の半分は正しいかもしれない。
この言葉は本当に私にとって大切な羅針盤です。
コメントありがとうございます(^^)_/

==========
SHO_KOさん
・・・

★明日は、心を寄せる方がたくさんおられることでしょう。心よりご冥福をお祈りいたします。
・「千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式」の開催(5月27日(月)12:30~)厚生労働省HPより
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_40233.html
厚生労働省主催により、秋篠宮皇嗣同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、「千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式」を次のとおり実施します。
今回の式典では、政府の遺骨収集事業によりロシア、硫黄島、マリアナ諸島等で収容した戦没者の御遺骨のうち、御遺族に引き渡すことができない301柱が同墓苑に納骨されます。(既に納骨された御遺骨と合わせると37万700柱となります。)

・千鳥ケ淵戦没者墓苑 出典: ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E9%B3%A5%E3%82%B1%E6%B7%B5%E6%88%A6%E6%B2%A1%E8%80%85%E5%A2%93%E8%8B%91
千鳥ケ淵戦没者墓苑は、日本国政府が設置した戦没者慰霊施設である。日中戦争および大東亜戦争/太平洋戦争の折に国外で死亡した日本の軍人、軍属、民間人の遺骨のうち、身元不明や引き取り手のない遺骨を安置する施設である。

→ 大切なことだと思います。いつもお知らせありがとうございます。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

防災想定。3つのランク。

2024-05-25 10:44:18 | 防災情報。

防災カレンダー

山梨県北杜市


兵庫県西脇市





防災想定は次の3つのランクが考えられます。

ランクA
自宅での3日〜1週間の避難

・家族の3日分の水や食料や電源など備蓄。
・トイレや医薬品や生理用品などの備蓄も。
・3日〜1週間で生活インフラが復旧することが想定。
・なるべく生活レベルを平時と変わらないようにしたい。

多くの方の防災備蓄はこのランクAだと思います。



ランクB
自宅または避難所での2週間〜1ヶ月の避難

・電気・ガス・水道・交通・流通が停止した孤立状態でのサバイバル。
・生活レベル云々ではなくとにかくあるものを使って生き延びる。
・山岳遭難で生き延びた人たちの経験談が参考になります。
・富士山噴火、荒川決壊、太陽フレア大規模停電など
・最初から「ここまでのサバイバル生活はあり得る」と腹を括って望めば生き延びられます。大丈夫。



ランクC
歴史に残る大災害。とにかく生き延びること。

・大勢の犠牲者が出るような大災害。
・土地財産全て失っても生命だけ助かれば何とかなります。
・周囲が避難してないから大丈夫という正常バイアスは命取りになります。
・周囲がパニックになってから自分も呑み込まれると命取りになります。
・周囲が避難始めたかどうかではなく、心の中の「小さな警告」が示してくれています。
・小さな警告=無視しようと思えば無視できる、聴きたくなかった耳の痛い警告のこと。



御先祖様からの警告を受信したいです。というのは「ランクC」を想定しています。
大きい災害の前には、必ず「小さな警告」が私達の人生に示されるという仮説です。
特に、私達子孫の生命に関わる危険は、御先祖様から示されるという仮説です。
私と御先祖様と心の中のおひさまは同じ直線上という仮説です。ふむふむ。



警告を受信するアンテナ感度。よろしくお願いいたします。m(_ _)m
事前に必ずわかります。(仮説)
ありがとうございます。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
地図を見ると長野から富山へ山を衝き切り直線で行けばもっと早いと思うのですが、長野と富山の間に主要都市があるのかな?

→ なるべくトンネルが少なくて住む経路を繋いだのだと思います。
トンネル工事は予算もかかるし、山の守り神の観点でも出来れば迂回してね。という小説もありそうです。

==========
SHO_KOさん
・・・
あと台風1号が発生。台風シーズンも雨のシーズンも始まったようです。
https://tenki.jp/lite/forecaster/t_yoshida/2024/05/25/28884.html

→ 荒川決壊すると水が引くのに2週間以上かかると予想されます。対象となる墨田区、江東区、足立区、葛飾区、江戸川区の250万人のうち、水が引くまでの期間「ランクB」のサバイバル避難となる方々は、私達の想像以上の人数になるかもしれません。
自治体は氾濫が予想される2日前から避難を呼びかけるとなっています。よろしくお願いいたします。

「荒川氾濫」避難は250万人想定 流域の東京5区が避難計画
https://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.html?date=46513130

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

【個人メモ】大宮を目指せ。

2024-05-24 10:25:27 | 今日のひとり言

防災カレンダー

新潟北部


茨城県行方市


千葉県北西部


東京都江戸川区


山梨県北部





非常時バイパスとしての北陸新幹線。

 たとえ東海道新幹線が利用できない事態になっても、遠回りではありますが北陸新幹線を使えば東京から関西まで移動することが出来ます。
 今年3月に敦賀まで延伸されましたが、乗り継ぎなども含めて、東京〜大阪は5時間程度。東海道新幹線の倍ほどの時間がかかります。
 しかし、太平洋側の災害が発生した時には、重要なパイプラインとなるでしょう。

 事実昨年の台風2号で東海道新幹線が止まり大混乱があった時、北陸新幹線経由で問題なくなく東京まで戻れた人の投稿がSNSでありました。




一見正反対?

 東京駅で乗ろうとすると北陸新幹線は東海道新幹線と完全に正反対。
 東海道新幹線は南向きに品川から新横浜方面に向います。
 北陸新幹線は北向きに上野から大宮方面に向かいます。
 この一旦逆向きに見えるルートが、もし東海道で自然災害が合った時の、バイパスとして有効であるということでもあります。




大宮を目指せ。

 もし富士山が噴火したというニュースが流れたら、まずはともあれ、大宮駅まで避難して欲しいと都内の家族に伝えています。そこからで東北新幹線で北に向かうのか、上越新幹線で日本海側や北陸新幹線で西日本に向かうのか。その時に臨機応変に対応する。
 しかし少なくともまず一時避難先としては大宮駅まで。京浜東北線でも埼京線でも新宿湘南ラインでも。まずは大宮を目指してください。と伝えてあります。
 よろしくお願いいたします。

大宮=武蔵国一宮(関東平野の大部分が湿地帯であった1000年以上前から武蔵国の中心地)




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
話は変わるんですが、先日スーパーで立派な鰤のアラが格安だったので、久しぶりに鰤大根を作ったんですよ。
今までは、鰤大根を作ると、鰤には火が通っても大根はなかなか柔らかくならなくて苦戦してたのですが、今回は余裕の笑みで(?)、まるぞうさんレシピの「レンジでチンして乾かした大根」投入法を召喚です♪
この方法で大根もやわらかく、そして鰤の出汁がしみて美味し~く完成いたしました。
翌日の煮凝りも絶品でした♪
あらためてありがとうございます~♪

→ レポートありがとうございます。
・大根やこんにゃくの事前レンチン→味しみしみ
・玉ねぎや人参のラップかけ事前レンチン→甘さアップ
私も愛用しております(^^)

==========
深淵についての考察ですが、深淵は大谷選手の足元にも開いていたんじゃないかと思います。もし情に流されてお金を通訳氏に融通してたらと思うとぞっとします。
これはお日様の暖かさの裏腹に厳しさも必要かと思わせるんですが、どう思われますか?

→ これやばいよ。かかわらない方がいいよ。NOと言ったほうがいいよ。
という警告は、大きな災難の前には、必ずどなたにも浮かんでいたと思います。

その警告はどこから来るか。それは御先祖様、そしてその先の心の中のおひさまの警告だと思います。御先祖様の愛情と心の中のおひさまは同一直線上だそうです。そんな小説。
だからその受信アンテナ感度を維持すること(=身魂磨き)だそうです。面白いです。コメントありがとうございます。

==========
今日は久しぶりに、はせくらみゆきさんのYouTubeをみてました。柔らかく明るく楽しい素敵なかたですね。

→ お知らせありがとうございます。(^^)

==========
みんなが自分の恐怖と闘っているんだね。
闘ってくれて、ありがとう。靴に入った石ころとか
重すぎなリュック。きついパンツのゴムも。

→ (^^)

==========
たしかに、死んだら退屈だろうから元気な人はみんな本能的に知っていて死にたくない人が多いのかも。死にたい人はそんな流暢なこと思える余裕もなくて、今に疲れ切っている、回復できる人はいいけどな。

→ 生きている期間内に、心の中のおひさまを思い出す時期ですよ。疲労は大切なサイン。だそうです。ほんと?(^^)

==========
そう考えると、人はどんな時もどんなことがあっても変化をすることができる。
変化できること、変わることが出来るんだって思えますね。この世界に季節があるように。生きていることは、希望ですね。
同じようなもの同士で生きていくことも、自分とは全く違うもの同士で生きていくことも。
それは陰と陽の「ご縁の糸のさじ加減」で出会ってバランスを取って変化していくこと満たしていくこと。
そうやってエネルギーを交換し合って、与え受け取りの結果、幸せを感じることもできる。
与えることも幸せであり、受け取ることも幸せでどちらも有難いことなのだと思います。
どの周波数というご縁の糸を選ぶのか、干渉するしないも自分の選択次第。白紙の未来に色を塗って、この世界を彩っていくんだ。
自分自身でなにを出すのか、この瞬間瞬間に今を選び取っているのだと思いました。

→ 変化は見た目には場合によってはマイナスの周波数が襲ってくるように見えることがあるところがミソですね。コメントありがとうございます(^^)。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

類は類を呼ばない半分が醍醐味ですね。

2024-05-23 08:51:23 | 今日のひとり言

防災カレンダー
23日。満月。月の最遠日より5日後。【9】

千葉県北西部


東京品川、大崎付近から北東方面


山梨県





類は類を呼ぶ。という言葉があるように、本人の周波数に共鳴する人が周囲に集まりやすい。同じ周波数の人たちが引き寄せられるという現象があるそうです。いかがでしょうか。



確かにこの世はそういう傾向はあるでしょう。
そして、この世を終えてあちらの世に還ると、本当にその周波数の世界で固定化される。という小説があるそうです。
そういう世界は平和でそれはそれで良いかもしれません。が、長い長い期間の中では、やはり変化もなくてウズウズするのではないかと思います。



そう考えると、生きているこの世は、いろいろな周波数の方と出会えて交わって変化があります。
あちらの世だとお互い触れ合えない人たちと、一緒にお話できたり仕事をしたりする体験です。面白いね。

この世界は確かに、同じ周波数の人たちが引き合うという現象はありますが、それと同じように、違う周波数の人同士もお互い干渉しあえるという特徴があります。

お互い得難い体験です。時間限定なのが惜しいけど。精一杯がんばります!(*`・ω・)ゞうしし。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
その最終回の内容を知って、え?でした。
だれが?自分だった。という顛末に驚いたのですが。まるぞうさんが言いたいことが少ぉしだけ、わかりました。ああそうだったのか。敵を探して恐怖し周りばかりに気をとられ必死に抗い打ち負かそうとしたけれど。何よりも信じがたく疑いを深め恐怖し省みることがなかった自分への長い長い道程でありました。
結局、種明かしはそこなんですよね。

→ ありがとうございますっ(^o^)/うれぴ

==========
まるぞうさん、コメントをありがとうございました。最前列ですものね。本当にどこまで、行けるのだろうか。懐かしいおひさまの世界に帰るまでの間、今を楽しまなくては・・・・。

→ 先人の先輩たちが「今のこの一瞬が貴重なんだよ」という意味が本当に重みがあります。ありがとうございます。(^o^)

==========
今朝、前日記事にコメントしましたが。もう少し
監視する人が逆に監視されてるような仕掛けにいとも容易くだまされてゆく下りは実に面白いですね。
疑う心は外に向けられます、監視する立場に自分を置いてる自分を疑うことはまづしません。しかしそんな確固たる立場にあると思い込む自分さえ、信じてはいないのですよね、だから誰あれも信じられない。この世に確たるものなど、この人にとっては何ひとつないのだわ。だからあれよあれよとだまされてしまう
。何も信じない確信を持てない。いや、色々考えさせられましたよ。まるぞうさん有り難うね。

→ そのとおり。だから結局誰もが自分の心の中のおひさま。という羅針盤。樹海から抜け出す指針を示してくださっておりました。

==========
玲玲さん
・・・
改めて、すごい脚本ですね。観てみたいです。
人は疑心暗鬼から崩壊していきますね、なんかTwitterとかSNS全般でも陰謀論というより、主義が同じ人が集まって、でも少し違うと批判したり、とか踊らさせちゃうことも沢山ある今で、私はどこにも属することは無いんだなぁ、と少し寂しく思いますが、私がわたしを含めて、なんとか祝福する人になりたいなと、そこに戻ります。

関係無いですが、藤井風さんのgraceって曲の歌詞が神様と自分の関係みたいで、素敵でよく聴いてます
https://www.uta-net.com/song/326008/

知ってる人も多いかも。

→ 私達の生活だって、会社の中でも親戚関係知人関係でも、表と裏の駆け引きがあるのが普通です。ましてや何千年もの歴史と何億人の巨大な社会であれば、またその巨大な表と裏の駆け引きがあるのも当然だと思います。
ただし「自分だけは真実を知っている」という錯覚で陰謀論の樹海にはまり込んだ時、その時樹海から外に出られる羅針盤が何か。です。
「疑心暗鬼」という羅針盤だと外に出るつもりでどんどん樹海の奥深くに吸い寄せられていく。
「心の中のおひさま」という羅針盤が、樹海の外への道筋を示してくださいます。というお話でした。

富士山の麓に樹海があるのは興味深いです。
「世界の真実を知りたい」と富士山の頂上を目指していた人が、いつの間にか麓の樹海から抜け出せなくなる現象。抜け出す方法は一つあります。というお話です。

いつもコメントありがとうございます。

==========
日常のお食事以外で、サプリなどは摂取したりしてますか?参考までに教えていただけたらと思い。よろしくお願いします。

→ ヤクルト1000とコエンザイムQ10とEPADHAです。けどしょっちゅう飲み忘れます。

==========
>怪物と戦う時、自らも怪物とならぬよう気をつけろ。
>深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ
byニーチェ(ピクシブ百科辞典より)

人生の中の深淵は時折、とんでもない形で現れます。大谷選手の通訳もギャンブルをやってる間にその深淵を覗きこんだんじゃないでしょうか。愛情や同情心もまた一歩間違えると執着となり、身をほろぼしかねません。

深淵を見ても引き返せる力とはいったい何なのか、ひとつには謙虚であることがあると思いますが、自分を律することの難しさをひしひしと感じます。

→ 本当に。
私は、私達全員の心の中にいらっしゃるおひさま。だと思います。
周囲の人たちに対しても自分自身に対してもいつも暖かく柔らかいエネルギーです。
私達はいつでも自分の心の中のおひさまに周波数を合わせる選択をもっております。
ありがとうございますっ(^o^)/ポカポカ

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

陰謀論の世界。4

2024-05-22 09:24:22 | 今日のひとり言

防災カレンダー

山梨県


宮崎県都城盆地





疑心暗鬼で崩れていった。

その英国のテレビドラマで興味深い話があります。
それはNo.2を疑心暗鬼で失脚させる。というお話でした。

主人公のNo.6は、No.2が非常に疑り深い性格であることを見抜き、このような作戦を実行するのでした。

まず「No.1に対して、No2の様子を報告するレポート」を単純なメモとして書いてそれを村のある場所に隠します。もちろんそれは主人公の思いつきの行動です。
そしてNo.2は、主人公の行動を全て監視しているので、彼が書いたメモも突き止め回収します。するとNo.2はそのメモを見て、
・自分はNo.1に(No.6を使って)監視されているかも」と疑心暗鬼になり始めます。



次に彼は白紙の手紙を封筒に入れて、またいわくありげに、村の別な場所に隠します。
No.2はすぐにそれを回収させて、白紙の手紙を科学班に分析させます。
しかし白紙のままです。何も細工はされていません。と科学班が報告すると、No.2は「科学班もNo.6とグルで私を騙しているのかもしれない」と疑心暗鬼をつのらせます。



次に主人公は、村の病院の部長に電話をして「No.2の精神状態はどうかね」と尋ねます。病院部長はいきなりの質問に「一体なんのことかね。君は誰かね。」と返答しますが、主人公は「ああ、電話では話せないんだね。君も用心深いね。わかったよ。」と切ります。
主人公の電話を盗聴していたNo.2は早速病院部長を呼び出します。

病院部長は「何のことかさっぱりわかりません」と答えると
「おまえもNo.6のグルなのはわかっている」と更に疑心暗鬼になります。



次に主人公は、No.2の側近のガードマンに親しく話しかけます。
No.2はそれをカメラで監視していますから、側近を呼び出します。
「お前はNo.6と何を話していた」
「向こうから話しかけてきただけです。ただの挨拶です。」
「そんなことはない。お前もNo.6とグルだったのか。お前だけは信用していたのに。」



人を呪わば穴二つ。

このようにして、No.2は失脚した。という話でした。

この話の興味深い点は
・人を監視してコントロールしている人間ほど、疑心暗鬼が自分に降りかかる。
ということです。
自分は他の人々を監視したり、盗聴しているのだから、当然自分も自分より上位の存在に、監視され盗聴されるだろう。と思い込みやすい。ということです。



迷い込んだ樹海。

これが「陰謀論界の樹海」です。
陰謀論の秘密組織の構造でもあります。
組織に属すると、自分より下の階位の人間のことは全て把握できるが、自分より上位の存在は全く秘密にされている。という構造が重要なのです。

自由になりたくて、一生懸命階位を上げても、必ず自分の上には更に謎の上位が存在する。という堂々めぐりの樹海構造です。



心の中の羅針盤。

その樹海を抜け出す大切な羅針盤が、
・自分はこの世に生まれて来る時に、何を体験したかったか。
・今誰にも知られずこの世を離れるとしたら、何を一番後悔するか。
ということを思い出すこと。という仮説はいかがでしょうか。



私は趣味としたは陰謀論小説は好きです。
心の中の羅針盤を道しるべとして進んでいく旅の、スパイスとして陰謀論小説は面白いです。
私の心の中の羅針盤は「No.1の仮面は剥いだら自分自身だよ」と教えてくれる気がいたします。そういうスパイスは人生の彩りとしてはセンスいいですよね。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
薫兄者さん
・・・
最終回でNo.1が宇宙に逃げて行くとか、私なぞは『科学忍者隊ガッチャマン』の総裁Xを連想してしまって、ちょっと楽しい(笑)。ガッチャマンの最終回は案外、プリズナーNo.6の最終回をパクったものかもね。そう考えると、大した影響力だねえ。イギリスか世界に誇るヘヴィ・メタルのアイコン的バンド、アイアン・メイデンは『The Prisoner』という、このドラマにインスパイアされた曲を発表していますし、その他アニメ作品や日本の特撮モノなどあらゆる方面で、パロディやらオマージュやらが多数散見されるらしい。
影響力はかなりデカいドラマではあるようで、それだけ観た人の心に「何か」引っかかるものがあるドラマであったことは間違いなく
このドラマになにを見出し、どう解釈するかは、”あなた”次第ってことで。

→ Wikipediaによると「マトリックス - エージェントに追われる主人公ネオが逃げ込んだ部屋で老婆が視聴しているTVに本作が映っている。」だそうです。面白いね。

==========
ところで、まるぞうさんは仮想現実についてどう思われていらっしゃいますか。私たちはすでに、仮想現実の中にいるのでしょうか?

→ いわゆるITの世界で言われているバーチャル世界は興味ないです。
セルフ1:表面自我(浮世の価値観)
セルフ2:身体(地球の大自然)の分身(寿命を終えると地球の大自然に還る)
セルフ3:真我(死なない意識。心の中のおひさま。一つ)

セルフ1の浮世の価値観は仮想現実とも言えると思います。そのルールの中で、喜怒哀楽という彩りを楽しんでいる私達です。セルフ1という運転手とセルフ2という乗り物をお預かりして、どこまで行けるか景色を観たかったです。ありがとうございます。(^o^)/

==========
よくわからない箇所が多かったので、あらすじを書いていたブログを読んでみました。

→ このブログはこの方の個人見解です。参考にはなりますが全てが正しい解釈というわけではないと思います。このドラマについては、人それぞれに思うところが面白いポイントだと思います。
コメントありがとうございます(^^)。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

陰謀論の世界。3

2024-05-21 09:47:38 | 今日のひとり言

防災カレンダー

山梨県南方5/19 夕方


山梨県


岐阜県西部


鹿児島県志布志市





樹海から抜け出す方法。

陰謀論の世界は、趣味の小説程度であれば面白いと思いますが、呑み込まれると「陰謀論界の迷路」にはまり込んでしまいます。

この迷路から抜け出すテクニックの一つが
・自分は何をしたくてこの世界に生まれたかったのか
・このまま自分がこの世を離れたら何を一番後悔するか
ということを思い出す。と思います。



今もし突然自分がこの世を離れたとする時に、誰にも言葉を残せずこの世を去るとした時に
やはり後悔するのは
・あの人に感謝の言葉と伝えておけば良かった。
・あの人に謝罪の言葉を伝えておけば良かった。
・あの人にもっと思い遣りと愛情の言葉をかけておけば良かった。
ということと
・あの時に自分自身の想いに忠実に従っておけば良かった。
・本当の自分の想いを大切にするべきだった。
ということになるかもしれません。



きっと私達はこの世に生まれて来るときに試したかったのは
・愛情を出しにくい環境でも愛情を出し続けることができるか挑戦。
・すぐに慣れてしまう環境でも感謝を感じ続けることができるか挑戦。
・周囲が否定する環境でも自分自身を信じられるか挑戦。
そんな内容が多いかもしれません。



正体は自分自身だった。

でも陰謀論の樹海にはまり込んだ人は、すっかりそういう「自分が生まれて来る前の挑戦(自分自身への約束)」を忘れてしまっているかもしれません。

ドラマ「プリズナーNo.6」の最終回で、主人公がとうとうNo.1と対峙します。そしてそのNo.1の仮面を剥いだ時に、その正体は主人公自分自身だった。という寓話は意味深いと思います。



陰謀論の世界って、影の支配者が世界を裏から支配しているという世界観は、愛情の温かさや共鳴共感という柔らかさがないです。もうその時点で、樹海迷路の世界であることがわかります。

本当のNo.1は自分だったと気付いた時に、村の結界が壊れて(陰謀論界の樹海)、彼は外に出ることが出来ました。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
主人公が黒幕の正体を見破ろうとしたのは
すごい勇気です。私ならあきらめちゃうかもしれませんです。一皮剥いたら動物だった、そこは笑えます。
何枚剥いても、まだかぶってるんでしょうね。

→ 結局No.1の正体が自分自身だった。それに気づいた時に「村」が消滅した。というところがこのドラマの大切なメッセージだと思います。

==========
薫兄者さん
・・・
スタンリー・キューブリック監督の『アイズワイドシャット』ね。真偽のほどは定かでないにしろ、そういう「噂」は聞いたことがあります。キューブリック作品は『2001年宇宙の旅』、『時計じかけのオレンジ』『シャイニング』、『フルメタルジャケット』等々、娯楽性と芸術性が共に高く、どこか危険な香りが漂う傑作が多いように思う。この危険な香りってえのが、表現者にとっては、特にキューブリックのような表現者にとっては、「甘い蜜の罠」となったの、かもしれない。
あくまで「かもしれない」ですよ。かもしれない。
常に片足に体重を乗っけて、決して踏み込み過ぎないこと。そうでないと、己の身を滅ぼすことになりかねない。
「かもしれない」。
あくまで「かもしれない」ね。
どちら様も、お気をつけあれ。

→ ある一部のクリエイターさんにとって「陰謀論界の樹海」は魅力的に見えるかもしれませんね。

==========
なおおさん
・・・
まさにこのドラマでした
記憶のかなた、幼少期に観た西洋のテレビドラマでずっと気になっていたものが、これだったのだ!と気づきました。私が唯一覚えているシーンは、海水浴場で、海から泳いで逃げようとした主人公が、突如、沖から大量に流れてきた丸い大きなボールに遮られてどうしても沖へ行けないという場面です。やっとタイトルを知ることができました。ありがとうございます。

→ ニコ動などの動画サービスで、オープニングだけでも観ることができるかもしれません。

==========
三月の桃日和さん
・・・
プリズナーってテレビドラマ知ってる?って訊いてみたら
「知らん」と言いつつ相棒は直ぐにネット検索を始めました。そして面白い事を読み上げてくれました。以下・・
このシリーズは元々、マクグーハン氏とマルクシュタイン氏二人の共同執筆だった。
ただし十三話まで。マクグーハン氏が相方を追い出した形。その後はマクグーハン氏単独執筆によるシナリオ。マルクシュタイン氏は最終話の終わり方に激おこだった。激おこだったのは彼だけでなく、多くの視聴者がマクグーハン宅に怒りに任せて凸したため、彼は家族の安全のために引っ越しを余儀なくされた。
マルクシュタイン氏はベルリン出身のユダヤ系。当時1940年あたりの状況により両親共と国外へ脱出。まずアメリカへ。そして英国でジャーナリストとして身を立てる。そして実は諜報機関で働いていた説あり。
以上をわーっと読み上げてから「おっと時間!」と言ってあたふた外出してしまいました。
で、今朝「ねぇ昨日読み上げてくれた情報のソースは何?」と訊いてみたものの「最初はWikiだった。英語版と仏語版、それからさらに別のページにあれこれアクセスしたから覚えてない。全部偶然、行き当たりばったりのページ」と言う答えで、その後は仕事に没頭しちゃったので突っ込んで訊けませんでした。というわけで情報ソースは不明。でもなんだか面白かったのでここに書かせていただきました。

→ 多分最初は、謎は謎のまま。村の正体もNo.1の正体もわからずじまい。いやこの私達が住んでるこの社会が「村」なのかもしれません。という暗喩で終わらせたかったのじゃないかなと思います。

1つ目に象徴されるNo.1の正体は自分自身だった?あるいはロケットで宇宙に帰った宇宙人?なかなか踏み込んだ最終回でありました。1960年代の英国のテレビドラマです。

==========
SHO_KOさん
・・・
暑さへの備え
先日報道番組を観ていると、今年は猛暑になる予想がされているそうで、備えとして「暑熱順化(しょねつじゅんか)」が大切だそうです。
日本気象協会の公式HPでも(https://tenki.jp/)今週、暑さの質がカラッとしたから蒸し暑さへ変わり夏日も増えるそうです。
(最高気温が35℃以上の日を猛暑日、30℃以上の日を真夏日、25℃以上の日を夏日)
HPには全国の熱中症情報も追加されています。体がまだ暑さに慣れない方が多いと思いますのでご注意ください。
「暑熱順化(しょねつじゅんか)」
・日本気象協会も「暑さへの備え」を呼び掛けています!
~2024年シーズンの「熱中症ゼロへ」活動テーマは「地球沸騰化時代の熱中症対策」~
https://www.jwa.or.jp/news/2024/04/22672/
・今から始めたい暑熱順化
https://www.nhk.or.jp/hiroshima/lreport/article/008/08/

→ 情報ありがとうございます。
停電時の暑さ対策も覚えておこうと思います。

過去記事

【耐熱実験】 多めの水分と梅干しは予想以上に効果的だった話。
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/163b8b080ac42bb56957475940c46af4

【耐熱実験】 クールタオルは凄いかも。
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/ed478fec8d0c07492190cd003689b953

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

陰謀論の世界。2

2024-05-20 08:52:11 | 今日のひとり言

防災カレンダー

宮崎県日南市





この世界の支配の構造。

それは1960年代の英国テレビドラマでありましたが、この世界の支配の仕組みをチラリと垣間見させる。そのような意図があったのかもしれません。

村の実質的権力者はNo.2と呼ばれる。
しかしNo.2はいつもコロコロ変わっているが、表に決して出ることのない本当の影の支配者No.1。

最終回では、そのNo.2の上に、実は影の評議会があることがわかりました。
その評議会のメンバーは、みな仮面をつけています。
きっとこの世界の支配構造も、各国の代表(コロコロ変わる?)の更にその上層に、仮面をつけたメンバーたちからなる評議会があるのかもしれません。
そしてその地下にある評議会場の中心には、1つ目のカメラが設置してあります。これがNo.1です。



主人公は最後の最後に、この1つ目カメラの奥にいるNo.1と対峙することとなります。
No.1も評議会メンバーと同じ仮面をつけています。
力付くでその仮面をはぎとると、そこには類人猿の顔が。
しかしその類人猿の顔も仮面で、更にその仮面をはぐと、
そこにいたのは、主人公No.6そっくりの人物でした。

そのNo.1は仮面をはがれ、狂気のような笑いをたてながら、塔の上に逃げていきます。
No.6は、No.1が逃げた塔の扉を外側からしっかり締めて、そして司令室に戻るとロケットの発射スイッチを押します。
そうです。No.1が逃げ込んだのは、地下に隠されたロケットでした。

秒読みが開始され、そのロケットはNo.1を乗せたまま宇宙に発射されました。
No.1は宇宙に放り出されたのか、あるいは宇宙に戻されたのか。



ロケットの発射とともに「村」のシステムは崩壊していきます。
このドサクサにまぎれて、主人公たちはトラックに乗って逃げ出します。
「村」の結界が壊れた今、彼らは念願の村の外に脱出することができ、そしてもと住んでいたロンドンに戻ることが出来ました。



行間読んでよ。

このドラマは、特にこの最終回17話は、他の今までの回と異なり、ハチャメチャのストーリー展開でした。
でもそれは仕方ないかなと思います。
表現が許可されていることと、
決して表現してはいけないこと。
それらを両立させるとなると、このようなハチャメチャな内容にならざるを得ないのでしょう。

行間を読んでよ。という作者の声が聴こえてくるようです。



一線を踏み越えた監督。

2001年宇宙の旅を制作した英国の映画監督ですが、その後、世界を影で支配する組織を映画化しましたが、実は彼は、組織から許可されていない部分も映像化してしまったため、消されてしまったという都市伝説陰謀論があるそうです。
現在私達が観ることのできるその映画は、検閲が入った許可された内容ということですが、それでも意味深なシーンが多い映画のようです。



彼らの計画許可範囲内で、その事を「フィクション」としてこの世に発信することが、彼らの役割ではありますが、許可された以上に暴露することは「死」を意味します。そんな陰謀論小説です。

そんな陰謀組織の構造ですが、一巡すると「ミイラ取りがミイラ」になります。(つづく)




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
昔それに似た映画をみたいなぁ。一人の男性の人生を描いた作品ですが、ラストはその主人公だけが気づかないだけで全てが仕立てられた役者とセットに囲まれた実験だったの。題名は忘れちゃった。

→ トゥルーマン・ショーですね。

==========
薫兄者さん
・・・
最終回知ってますけど、ネタバレはしないでおきます。今ならどうなんでしょうね。割とありがちな展開?おっと、ここまで。

→ あのハチャメチャな展開の裏にあるメッセージを思います。

==========
そういうドラマを制作し放送した関係者たちは何のためにそんな事をしたんでしょうね。

→ クリエイターにとっては、最高のインスピレーションのヒントだったと思います。最初のうちは。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

陰謀論の世界。1

2024-05-19 09:04:12 | 今日のひとり言

防災カレンダー

山梨県から長野方面


宮崎県日南市





世界の支配構造を暗喩したテレビドラマ。

1967年に英国で作られた「プリズナーNo.6」という番組がありました。
全17話という短い番組でありますが、その内容に今でも熱狂的なファンが世界中にいるカルト番組です。
私も高校生の頃、再放送で観て強烈な印象だった記憶があります。


主人公は英国の諜報員です。
彼はある理由から諜報組織を脱退します。そして国外に脱出しようとするところ何者かに拉致されました。というところから物語が始まります。



私達なこの世界の「囚人(プリズナー)」なのか。

彼が目が覚めると自分がある村にいることに気づきます。
全てのものが揃っているが、決して村の外に出ることが出来ない「村」。
一見自由に見えるが、全ての行動を監視されている「村」。
洗脳されて従順な村人たち。
彼らはその村では番号で呼ばれています。

主人公の諜報員も「No.6」と呼ばれることになります。



正体が明かされないNo,.1とは。

その村の実質の支配者は「No.2」と呼ばれる人物です。
この「No.2」は、毎話違う人物となります。
村の最高権力者であるNo.2は、毎回コロコロ変わっているのですが、本当の支配者No.1は決して姿を現すことはありません。


この村は誰が運営しているのか。
彼らの目的は何なのか。
No.1の正体だ誰なのか。
そして主人公No.6はこの村から脱出できるのか。


そんな謎は一切解明されないまま、1話完結でこのお話は16話まで続きます。
私も高校生の時はこの番組の再放送を観ておりましたが、最終回は観ないままでした。
当時はビデオデッキも一般家庭には普及しておりませんでしたから、見逃したらもうそれで終わりという時代です。



驚きの最終回。

そういえば、あの最終回は一体どういう終わりだったのだろうか。
村の正体やNo.1の正体は明らかになったのだろうか。
ふと気になって調べてみると、それは驚きの内容でした。


2024年の今だからいろいろわかることもあります。
この番組が作られた1967年当時は、このストーリーの本当に意味がわかった人はほとんどいなかったのではないでしょうか。


世界を支配するNo.1=一つ目。
(つづく)



おまけ(読者の方からの畑通信)

今年は菜園のブルーベリーが
当たり歳のようです。

7株のうち、3株の熟した実を
収穫しました。

残りの4株も、収穫した3株も。
まだまだ、収穫が見込めそうです。

勝手に自生してくれる里芋も
すくすくと芽吹いてくれてます。

肥料0が4年目。
草刈りのみで、刈り取った草は
放置のみ。

スギナは減り、茅やヨモギが大部分になりました。

自然界は淡々と本文を全うし
与えられた命、機会を全力で
生き抜いています。

様々ない学びを与え、命を与えてくれています。

いただきます
ご馳走様でした
ありがとうございます

一食一食が命のシンフォニーです
食材一つ一つが紡いだシンフォニーを頂いて
自分の命と共鳴共振するシンフォニーです

地球に、宇宙に、どれほどのシンフォニーがあるのか。
想像するだけで、わくわくします。

できるなら、小ちゃな心地よいシンフォニーを周囲と奏でて生きたいです。









おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
日本がもし分断された場合、東京はどちら側になるのですか?

→ 分断されることはないと思います。でもその時はアラハバキの神様の復活という小説でしょうか。

==========
食事会、無事に終わりました。お呼びして良かったです。旦那さんとも、仕事以外の趣味の話で盛り上がり、うちの犬がその方が好きなので、和やかな雰囲気でした。その方は最近、お父様を亡くされています。49日が終わる頃まで、家の中で足音や、その他の音を聞いたそうで、近くにいたのだろうとの事でした。

→ 良い食事会で良かったです(^^)。お知らせありがとうございます。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

南海トラフ。その先に。

2024-05-18 09:58:39 | 防災情報。

防災カレンダー

鹿児島県志布志上空





つい最近まで私は気づきませんでしたが、実は南海トラフは日本列島にぶつかったあと
・糸魚川静岡構造線として日本を横断する
・富士山の下を通って相模トラフとして太平洋に戻る
という分岐をしているのでした。





南海トラフが、日本列島にぶつかったあと、2本に分岐することについて、読者の皆様も、いろいろお感じになることがあるかもしれません。




関東大震災は、相模トラフを震源とする海溝型地震です。 東京での大火災による被害があまりに大きかったために、東京の地震だと思われている方が多いですが、神奈川県から千葉県南部を中心に震度7や6強の地域が広がっており、その範囲は、1995年の阪神・淡路大震災の10倍以上に達します。(内閣府防災情報より)




ご覧頂きありがとうございます。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
いつも、心が落ち着く記事をありがとうございます。地方移住が検討される御時世ですが、いまという時代を都会のど真ん中で、愛情の根っこを深く張って生きておられる方がたくさんいらっしゃるのだろうなと安心します。
地方に安全な場所を築く生き方もありますが、都会に生まれ、自分の意志で動けない子供達がたくさん生きているのですもの。かつての滅びた文明で、都会に留まり、そのとき自分のできること、思いを周りに配っていた、そんな人たちがいたのかもと想像します。

→ 大きい災害災難の前に、必ず御先祖様の警告が発せられると思います。
御先祖様が発せられている「子孫を守るためのその警告」と、誰もが持っている生命力の本能を素直に受信したいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
発信くださってありがとうございます。

==========
いつもありがとうございますさん
・・・
静寂の周波数ですね・・・・・。自分自身、イライラしている時は、静寂から離れているときです。

→ 私自身もそういう自分を観ることはとても興味深いです。コメントありがとうございます。

==========
SHO_KOさん
・・・
その実験小説は、人を自然界の山にたとえたら、山頂は自我で、その人の麓は身体で、裾野は潜在意識や良心といったところでしょうか

→ はい。山頂は自我のトンガリ部分です。自分のトンガリと相手のトンガリ。トンガリどうしだとぶつかります。
でもどのトンガリも、裾野は大地に繋がっています。どの山々も裾野は一つの大きな大地で繋がっております。そんな小説です。(^^)

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

オーケストラ実験2。

2024-05-17 09:36:03 | 今日のひとり言

防災カレンダー

新潟北部





静けさに耳を傾ける実験について。
耳を傾けながら、自分の想いと共鳴させる実験について。



でも相手が生きている人間ならどうすべきでしょうか。
お互い生きている人間ですから、強い想念を出しております。
特に相手がこちらに対して敵対的の場合、オーケストラの共鳴は不可能に思えます。




そういう時は、その見えている山頂の部分の「我」ではなく、その人の麓と裾野に焦点を合わせればいいのです。そんな実験小説があるそうです。

その人の背後というかバックボーンというか、「山頂の我」よりももっと奥深く裾野広く広がっているところは、静寂の周波数です。





どんな方も、裾野は静寂の周波数に繋がります。だそうです。
面白いね。
オーケストラ実験、もう少し観察してみようと思います。(^o^)




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
SHO_KOさん
・・・
・鬼滅公式 放送・配信情報
https://kimetsu.com/anime/hashirageikohen/onair/

→ 鬼滅ファンの方へ。

==========
今日もありがとうございますさん

→ 楽しい時間になりますように(^^)

==========
SHO_KOさん
・・・
ジョージア・ガイドストーンの石板10個のガイドラインの最後にはこんな言葉が書かれていたそうです。
10.地球の癌にならない - 自然の為の余地を残すこと - 自然の為の余地を残すこと

→ 現代人には自然は無言と捉えているかもしれませんが、生きている静寂の周波数です。私達生きている人間の想いの周波数との共鳴同調が地球を癒やします。そんな小説に繋がるのかもしれませんね。(^o^)
コメントありがとうございます。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

ここにいてはダメです。

2024-05-16 08:01:19 | 防災情報。

防災カレンダー

青森県八戸市


新潟北部


山梨県


京都府下鴨神社近く


香川県西讃





【ここにいてはダメです】首都圏・東海・近畿は記録的大雨で広範囲が水没する!?


小難で乗り切る可能性を高める。

1000年に一度という豪雨が毎年のように日本のどこかで降っている時代に突入したようです。
海岸から離れていても、線状降水帯などの長期豪雨で浸水する地域についての動画です。

これらのハザードマップで危険地域に住んでいる方は、あまり触れたくない情報かもしれませんが、でも可能であればやはりこの動画を観て頂きたいと思います。

自分が住んでいる地域に、このような危険性がある。ということを頭に入れておくだけで、そして長期線状降水帯や大型台風の予報が出る時は、自分や家族はどのタイミングでどの経路でどこに避難するかを、定期的にシミュレーションするだけで、その方たちは小難で乗り切る可能性が高まるからです。



御先祖様小説。

私の「御先祖様小説」では、自宅に浸水被害が起きる災害の前に「ここにいてはダメです」という警告を、いろいろな手段を使って示してくださいます。
その時に、御本人が覚悟と想定をされていたら「これか!」と、理由はわからないけれどピンと響くものがあるでしょう。周囲はのんびりしていても、御自分や御家族の避難を始めることが出来るでしょう。

でも「見ないふり」をしている方だと、いくら御先祖様が示してくださっても、そもそもそういう見たくない話は見ないことにしていると、気づきにくいです。もう周囲がパニックになるような状況になって、始めて自分たちもパニックになるんじゃ、ちょっと遅いです。



ハザードマップでもう一度。

この動画では、
・東京
・名古屋
・大阪
・京都
について、河川氾濫浸水地域の解説をしていますが、それ以外の地域の方は、こちらのハザードマップで、今一度お住まいのご確認をお勧めいたします。

NHK防災ハザードマップ
https://www.nhk.or.jp/kishou-saigai/hazardmap/



海外のデータ分析調査レポート
These 36 World Cities will be Underwater First.
https://www.pen-online.jp/article/010170.html



おまけ

起業支援金・移住支援金 - 地方創生
東京23区に在住または通勤する方が、東京圏外へ移住し、起業や就業等を行う方に、都道府県・市町村が共同で交付金 を支給する事業です。
https://www.chisou.go.jp/sousei/ijyu_shienkin.html




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
SHO_KOさん
・・・
お返事ありがとうございます。「自分が(我)、自分が(我)、」
そうなのですね。いつも全体を感じ過ぎても全体だけであってもいけないのがオーケストラ。
けれども自分がない、なさ過ぎてもダメ。個であり全であることを生きる。
自分という個性を楽しみ、器を楽しみ、器を生かせ、この器をつかって音を鳴らせ。
まるぞうさんのコメントから逆の立場にあるような極端な自分を感じて思いました。

→ 本当に。人生のオーケストラ。ありがとうございます。(^^)

==========
ああ、チューニンクのようですね。演奏前に音を統一するためcの音を楽器ごとに音合わせしていきます。善く聴いて、心あわせて、気持ちよくなり、オーケストラが最後に一つになる。そして楽曲の演奏につなげます。思い出しました。まるぞうさんは、ご自身と自然を音合わせして演奏(ブログになるかな?)されているのでしょうか。オーケストラ。素敵な発想です。もし、何か大事が起きたなら、慌てずチューニングしていきたいと思うのです。結果とか分からないし、良い結果の期待もせずにたんたんと。その時チューニングできるようにしたい。毎日の練習ですね。楽しんで行いたいです。

→ オーケストラにように、周囲の静寂さに耳を傾けて、自分の想いをそれに共鳴させるということ。それを肌で知ったのがここ最近であります。そして全く調和共鳴じゃない自分の生き方を、改めて発見した次第であります。お恥ずかしい。

==========
薫兄者さん
・・・
音楽のインプロビゼーションというのは、互いの呼吸を読み合うところから始まると思う。ジャズの場合などは、互いの呼吸を読み合い、合わせ合いながらも、それぞれのオリジナリティを発揮することで音楽が展開されていく。ロックの場合も基本は同じで、呼吸を読み合いながらもそれぞれの我と我がぶつかり合って激しく火花を散らし、それが熱いアンサンブルへと繋がっていく。初期のDEEP PURPLEの演奏などはまさにそんな感じ。
我が出過ぎては良い音楽足り得ず、さりとて我がなければそもそも音楽として成り立たない。クラシックだって、指揮者の呼吸(我)に演奏者たちが合わせることで、まとまりのある音楽足り得ているのだと思う。なーんてね、素人が知った風なことを書いてます(笑)。
静寂に合わせる。音楽は静寂に己の我が関わるところから生まれるもの。なるほど確かに
面白いね。
「我はあってはならず無くてはならず。我があって我がないのが良い」といったのは某宗教団体の教祖さん。宗教活動そのものは否定しますが、言っていること自体は必ずしも間違ってない。まあいずれにせよ、己の我を知る、見つめるってのは
大事なんだろうね。

→ セッションの詩。ありがとうございます(^o^)/

==========
それにしても、地震多発国の日本に住んでいると、毎日が神経質になり、地震がない大陸国家が時々羨ましくなります。私は、人一倍敏感な神経なので、夜もゆっくりと休めない体質で、毎日疲れます。この地震警戒MAPを見ていると、明日にでも地震がくると想像してしまいます。

→ 地震が多い災難の土地というのは、裏を返せば大地の息吹(エネルギー)が強い大地でもあります。
地球という大自然(神様)の大切なポイントの一つに、住まわせて頂いている。と私は本当にありがたいです。
そして私達日本人の御先祖様は、何千年何万年にもわたり、この大自然の神様と共存する生活様式と生活の知恵を私達の残してくださいました。

現代人では忘れちゃった方もいるかもしれませんが、私達は思い出しながら大切に生きていきたいと想います。ありがとうございます(^o^)

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。