goo

ハングリーな国々。

防災カレンダー
14日。小潮。月の最遠から3時間後=15日夜中3時56)。戊[戌]・甲子・庚[戌]の日。地震注視日。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハングリーな国々。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

==========
ペンス氏、インド太平洋への「揺るぎない関与」明確に
2018.11.13 17:24


会談を前に握手を交わす安倍晋三首相とペンス米国副大統領(左)=13日午前、首相官邸(春名中撮影)

 【ワシントン=黒瀬悦成】ペンス米副大統領による今回のアジア歴訪の最大の目的は、安倍晋三首相との会談後の共同記者発表でも言及されたように、トランプ政権による「インド太平洋地域への揺るぎない永続的な関与」を明確に打ち出すことだ。
 トランプ氏が今回、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合などの地域会合への欠席を決めた中、ペンス氏は一連の歴訪で「アジア軽視」の印象を一掃し、中国の覇権的な経済・軍事活動に対抗するため日本やオーストラリア、インドを軸とする同盟・パートナー諸国との関係緊密化を確認していく考えだ。
・・・
 インフラ投資で相手国に巨額の融資を行って債務不履行に陥らせる中国の「借金漬け外交」に対抗した、米国による開発支援の拡大策などについて説明する見通しだ。
 ペンス氏はまた、アジア歴訪の期間中、「権威主義体制と侵略はインド太平洋に存在する場所はない」と訴え、中国による人権侵害をはじめ、南シナ海での一方的な人工島建設や軍事拠点化、航行の自由の侵害を非難していく。一方で、域内の国々に「法の支配の確立」や「個人の権利保護」「市民社会の発展」などを唱え、価値観を共有するパートナー関係の醸成を図る方針だ。

https://www.sankei.com/world/news/181113/wor1811130024-n1.html
==========


 一帯一路とは中国の植民地政策であります。高利でお金を貸し付けて、返済できないと担保として自分たちが作った港などのインフラを形に取る。
 アメリカが基軸通貨米ドルの強みを生かしてぎりぎり中国を締め付けておりますから、中国はアメリカに依存しない経済圏を早く構築する必要があります。
 人民元を事実上の基軸通貨にする。そして国内の13億人の経済圏を広げるための新しい植民地構想。これが一帯一路の本質であります。
 トランプ政権はなんとかこの一帯一路を包囲しようという戦略であります。しかし。。。


==========
トランプ大統領が欠席するAPEC首脳会議-中国の存在感際立つ
2018年11月13日 11:01 JST

中国の習近平国家主席がこれほど容易に外交的勝利を手にすることはめったにない。何しろ週末のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にはトランプ米大統領もロシアのプーチン大統領の参加しないのだ。

  首脳会議が開催されるのは南太平洋の島国パプアニューギニア。経済規模が全米50州のどこよりも小さいこの国では、米国に次ぐ世界2位の経済大国を率いる習主席の存在感が特に目立つことになる。習主席はまた太平洋の島しょ国10カ国以上の首脳との会談に多くの時間を割き、中国の国力を誇示する見込みだ。
・・・
APEC首脳会議には米国からはペンス副大統領が参加する。だが、トランプ大統領が欠席を決めたことで、米国はこの地域に対し同盟関係を示し、融資を通じた中国の経済的関与に代わる長期的なコミットメントを打ち出す機会を逸したと見られている。


中国の習国家主席とパプアニューギニアのオニール首相(2018年6月)

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-13/PI3YI06S972D01
==========


 世界で最も生きることに貪欲な中華民族(失礼)でありますから、アメリカの思惑のまま立ち枯れになることはありません。彼らも必死であります。

 中国の視点からするとトランプ政権は今回の選挙で議会がねじれ構造になったことや、国際的に孤立していることから、あと2年耐え忍べば大丈夫。そのように見ていることでありましょう。

==========
トランプ氏、大戦引き合いにマクロン氏を批判ー良好関係は完全に終了
2018年11月14日 1:21 JST

トランプ米大統領とフランスのマクロン大統領の蜜月関係は完全に過去の物になった。


フランスのマクロン大統領とトランプ米大統領(11日)

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-13/PI51FT6KLVRD01
===========


一方


==========
プーチン大統がシンガポール入り ASEANサミット出席へ
2018年11月13日 17:40



プーチン大統領は3日間の訪問日程でシンガポールに到着した。プーチン大統領は今日、13日はシンガポール指導部との会談を実施する。省庁間および商業上の契約に調印が行われる予定。

プーチン大統領はそののち、ASEANサミットの出席し、安倍首相、韓国の文大統領をはじめとする一連の二国間首脳会談にのぞむ。

https://jp.sputniknews.com/politics/201811135575207/
==========


 プーチン大統領もトランプ氏が内向きである今がチャンスと動いているわけであります。どの国も生き延びるのに必死であるということであります。

 しか〜し、無菌温室で育った日本人のなかには、ハングリーを忘れてしまった人たち(=ハングリーな人たちを否定する人たち)が増えてしまっているかもしれません。もしそうだとすると残念なことです。なぜなら、

 ハングリーを忘れてた民族に起きることは次の二つのうちどちらかであるからです。
・衰退して滅亡する。(他のハングリーな民族に入れ替わる)
・ハングリー精神を思い出させるような苦境を体験する。

 どうも後者の未来を日本人が引きつけているような。。。といっても避けずに真正面から受け切る覚悟しかないわけですが。



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
仕事のミスで上司から咎められる(教えられる)ことがあり、感情的になり、冷静にならなくちゃねと、自分自身に言い聞かせるところがあります。
まだまだ主観的な見方の癖が抜けませんけど、客観的に自分自身を見る時に自分の意識はどこに置いて見ますか?
よく、自分を斜め上からイメージして俯瞰して物事を見ると良いという訓練がありますが、どうでしょうか?
主観的な見方と客観的な見方のバランス感覚を磨きたいです。


→ 上司の嫌味の中にも何割かは必ず自分の欠点を指摘した真実があるわけです。自分の表面自我は「認めたくない」と抵抗しますが、あべこべ逆ハンドルです。他の人が指摘してくれない自分の欠点が聞かされている。稀有なチャンスだということであります。

ただし自分を責める癖の人は違います。そういう場合は自分を責めないでパワハラ上司からご自分を守ることが重要であります。
理不尽に弱い部下にあたるパワハラ上司は、必ず自分が逆の目に遭うことになります。何十年か先のことかもしれませんが。

そのことがわかりますと、今の上司と同時に未来の上司の姿も同時に重なって観える気がします。お気の毒な姿です。そのようにしてご自分を守ってください。

==========
志位委員長は原告の尊厳だか人権だったかを有利にするような返事
していて愕然としました。日本を滅ぼしたいのかこの人は!と。
まるぞう塾?の私達はどの様にするのがよいのか。あべこべ装置
陰陽論を信じて観察することと他にもありますか?


→ 日本を大切にしたいという日本人がやはりゆっくりとですが、増えているように思います。安倍首相の支持率からも。ですから心ある日本人がそのような売国奴の行為や発言を観ていくことが今の時点では重要と思います。

あとありがたいのですが、ここは塾のような私が何かを教えるという場所ではないのです。私の個人的な覚書きの場所であります。よろしくお願いいたします。

==========
後年、ママさん達で、子供の受験先を受かるまでは言わないと言っていた人がいました。理由は「人に話すとなんか落ちちゃう気がするんだよね〜」と。それはその方の経験からくる勘みたいでしたが、そうした話ってよくあるのかもな〜と思い出しました。

→ その方の勘は正しいと思います。
見栄を張りたい人はついついいろいろ周囲に喋ってしまいがちですが、幸運の維持という視点では逆効果だと思います。地位や資産がある人であっても、周囲の人にはそう見えないように質素に謙虚に暮らしている方は賢人であると思います。

==========
まるぞうさん、これも力の強いものは、しばらく強いままにしておけ・・でしたっけ?

→ 安倍首相の施策については、とにかく今は憲法改正一点突破。そのために出来るだけ敵を作らず一点突破の勝率をあげるようにしているように思えます。失敗は許されない。そのような決意を感じます。
憲法が変われば、私達が今思う以上に社会が変わることと思います。

売国マスコミについては、心ある人がそれを観察することが今は大切であると思います。

==========
早く寿命が来て欲しい・・

→ 100年生きる視点で、長距離マラソンと思い、ゆっくり生き抜きましょう。結論を急ぐのは表面自我の特徴です。真我は結論を急ぎません。
大丈夫です。

==========
飛行機でロケ地に行ったり。ファンの集いに参加しているママさんで仲良くしてる方がいますが、いつもドラマの話する時は少女のように目がキラキラしてます。私は悪いけど興味が無くて、ふーんと聞くばかりですが。

→ 何かを極端に嫌うと必ずその反動が来るわけです。から日本の一部に韓国を好きだという熱心なファンがいるくらいで丁度良いと思っています。

==========
児がの漏電 は、自我の漏電ではないのでしょうか?

→ ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

==========
学生時代に仲の良かった女子。お家の話は一切口にしませんでした。後日知りましたが、大変由緒あるお家の子でした。私は何も知らなかったので使いかけの文具や飽きちゃったオモチャなどをあげて。その子は喜んで押し花の栞なぞをくれました。口にすれば害うは実際あると思います。

→ やはり賢い家系であると思います。成り金とは違いますね。

==========
意地悪をしない。て決めただけで、
自分から挨拶ができた。

→ コメント全体が良い詩ですね。ありがとうございます。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

本丸は秘密にしておいた方がいいという考察。

防災カレンダー
13日。中潮。戊戌・甲子・己[酉]の日。地震注視日。

3本の地震雲(写真なし)
名古屋市から西方向


11日。大阪市から北方向。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本丸は秘密にしておいた方がいいという考察。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

災害は大勢の人が注視すると起こりにくくなる。願望は秘密にしておくと叶いやすくなる。

 安倍首相の「表面では譲歩するが、ウラでは攻めている」という戦略はわかりにくすぎます。ちゃんと国民に最初から種明かししてよ。と思う方も多いことでしょう。
 しかし肝心なことは秘密にしておく理由があるのです。それは量子力学の観察の原理であります。多くの人が注視すると、現実が固定化されるからです。ですから災害などは多くの人が注視すると、その災害は実際に起こりにくくなります

 逆に私達は自分の願望を叶えたいと思った場合は、他人に秘密にしておく。他人に観察させない。あいまいな状態にしておくことが重要なのであります。 粒子は人が観察しないとAとBの両方を通るという現実があいまな状態です。このあいまいさを維持することが重要なのです。



人に話してしまうとネガティブな現実で固定化することが多い理由。

 特にその願望が実現困難な場合、それを公言してしまうと他人からは「そんなことできっこないよ」という否定的な思念や、あの人だけそんなことが叶ったら嫌だわ。という嫉妬の念。そして対立する相手からは「実現させてたまるか」という妨害の念や行動を引き起こすことになります。
 せっかくあいまいなままであった未来の現実が、「願望がかなわない現実」というように固定化され始めてしまいます。柔らかい粘土だったのが、かちんこちんの乾いた石膏のように変化し始めるわけです。

 このため自分の本当の願望は、あくまでも自分の心の中に留めて置く(願望が叶うまではあいまいな現実として温存しておく)ことが重要なのです。うむ。



逆に人に公言することを上手に利用するパターン。

 ただしこれとは逆に人に「これこれを成功させましょう」とあえて目標を公言して呼びかける手法もあります。もし相手から否定的な想いではなく、肯定的な想いを受けることができるのであれば、追い風になりますから。

 仕事などは根回しが重要です。これは人の想念を味方につける方法であります。このようにして人から応援してもらう段取りを踏むことで、外堀を埋めることはできます。しかし自分の本心の本丸については、やはり秘密にして自分の心のうちにだけ留めておくことが大切であります。



人々の想念を上手に誘導する人たち。


 ご存知エコノミストの表紙であります。世界を牛耳る国際金融資本グループが次の年をどうするか。というアジェンダの一部を暗示して発表していると言われます。これも人の想念を上手に利用した願望達成施策です。

 彼らはこういう手段を通じて外堀を埋めるのです。ああ来年はこういう年になるのか。漠然とそう思わせるわけです。特にエコノミストという雑誌は投資関連の仕事をしている読者が多いことでしょう。この毎年の表紙を見て、何を売って何を買うか。他の人の知らない相場情報だと動くことでしょう。これが相手の思う壺です。
 多くの人が「そのアジェンダは現実に起こる」と思わせることで、「起きる方向で現実が固定化」されるのです。こうして外堀が埋まっていくのです。

 しかし彼らは本丸を決して明かすことはありません。そもそも「世界を牛耳る国際金融資本グループ」って何ですか。どこに本拠地があって具体的に誰が参加していてリーダーは誰なのですか。これらは絶対に明かされることはありません。それは人々に観察させないため。自分たちが達成するアジェンダの本丸はあいまい化しておくためであります。

 斯くの如く「量子力学の観察力の理論」は災害を避けることにも使えますが、「外堀は公言し本丸は秘密のままにする」というテクニックで、願望を現実化することにも使えます。
ただし願望の現実化には元手の原資(プラスの因子を貯めることとその因子を表面自我の漏電で浪費しないこと)が重要であるのは言うまでもありません。



おまけ1
 「私はモテたいって秘密にしていればこれからは女の子からうはうはモテますかね。」ってまずそれはプラスの因子を貯める努力からですよ。「この人は生活力と包容力がある」という匂いを女の子が直感で感じられるように。生活力とは充分な給料が将来に渡って稼げること。包容力とは現代なら家事を黙って分担してくれることなど。(合ってる?)



おまけ2(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
まるぞうさん、ミラノ風カルボナーラについてのまるぞうさんの考察をお聞きしたいです。
ミラノ風カルボナーラとは、牛乳、生クリームを使わずにベーコン等の油とパスタの茹で汁を乳化させるのです。そこに全卵とチーズ、黒胡椒を混ぜて頂きます。


→ 私がパスタを作る時のほとんどはトマトソースであります。地中海出身なので(うそ)トマト好きなので。ただカルボナーラを作る時は上記のレシピは極めたいと思っていたのでした。パスタソースは乳化が基本でありますが、この乳化のわざが鍛えられますよね。

==========
マンション暮らしです。以前あるお宅とトラブルがありました。謝罪したのですが、なかなか許してもらえず、その方はマンション中にうちの悪口を広め、関係のないマンションの住人からも未だに白い目で見られております。まあこちらに落ち度があったのでそれは仕方がないと受け入れております。そしてそのお宅を思うたびに心の中で謝っております。結構傷つくこともありますが、その人達に私は謙虚さを教えてもらったと思ってます。

→ あなたはもう充分「申し訳ない」と態度で示したのですから、あとはもう気にされない方が良いと思います。もう相手がマイナスの因子を自分で蓄積し始めている段階であるかもしれません。

「自分が悪い」とご自分を責める癖の方は、もう自分を責める必要はないです。いや自分を責めるべきではありません。自分にひどくあたる相手に対しては、マイナスの因子を蓄積している気の毒な方だなあと距離を置くことが大切であります。

逆に「相手が悪い」と相手を責める癖のある方は、自分が気が付かない落ち度があるはず。と謙虚に自分を見つめる必要があります。

これらの癖は本当に頑固で、自分を責める癖の方はどうしても「自分さえ我慢すればいい」というポイントに戻ってきてしまいます。同時に他人を責める癖の方は「因果で倍返しにしてやる。今にみておれ。」と相手の不幸を願うポイントに戻ってしまいます。
自分を責める癖の方も、相手を責める癖の方も「あべこべ」でお願いいたします。

==========
表で譲歩し裏で攻めるという意味では、非常に危ない入管難民法改正も、表の議論だけではなく、すがる思いで深読みをしている自分がいます。

→ なにせギリギリのポイントの攻防ですから、必ず成功する保証はありませんが、安倍首相の目論んでいるところは「肉を斬らせて骨を抜く(3年後には骨抜きにする)」というようなことだといいなと思います。

==========
しかし、聞いてもらえなかったとしても、言うべきことは言い、ダメそうなら無理はしないことが大事だと思いました。

→ はい。これが大人の対応というものであります。

==========
しかし、一般人にはわかりにくいし、やきもきします。
ただ、一般人にあさ読み(私のこと)されるようでは真に有効な打開策は実行出来ないといういい例かもしれませんね。


→ 手の内がばれると計画が頓挫しやすいのです。ギリギリのポイントですね。

==========
私はいままで個人として悪いことはしていない。と思い生きてきました。一族としてのカルマ生まれた国のカルマについて考えるようになりました。

→ 私達はこの国から恩恵を受けて生きていられるのですから、連帯責任であるというご指摘の感覚は正しいと思います。同意いたします。

============
北信の実践者
まるぞうさん。興味無いかも知れませんが、トム・クルーズ主演のトップガン最新作において、カワサキのニンジャH2カーボンが登場するそうです(??????)。
前作ではカワサキのGPZ900Rニンジャでしたが、今回も日本の工業技術の粋を集めた最速最強のマシンですね。
ニンジャH2は、彼のマン島TTレースでも無敵を誇る世界最高のバイクです。人生のトキメキを忘れる訳にはいかないのです。チャックチャックイェーガー。


→ 一部このブログには関係のない方の固有名詞が含まれておりましたので、コメントは非掲載とし、該当部分は削除してこちらに転載いたしました。
はい。GPZ900Rは名車であります。80年代はMA-1着てバイクに乗っておりました。

==========
まるぞうさんは仕事では厳しいとのことですが、?いわゆる鬼十則のような新人に対して徹底的に仕付けることはありますか。

→ 仕事にミスが起きた場合、それは本人が悪いのではなく、仕事のフローが悪い。という信念です。ですからミスが起きた場合は、なぜ起きたのかは事情を詳細に聞き、仕事のフローを随時見直します。
「ちゃんとやれ」と叱られても、ミスの原因が改善されない限りそれは再び起こるということであります。これは工場勤務時代に勤めていた大企業で教わったことです。人のせいにしている間は歩留まりはあがりません。仕事のミスは起した人の責任ではなく、ミスが起きやすいフローが原因なのです。

ただしメモもとらず何度も同じミスをする人は、???でありますが。

また人には強制したり、指導することはないが、御自身では意識したり心懸けていることはありますか。

→ 他の人が指摘した私の問題点は、まず相手が正しいという視点で聴くように心がけています。これは私が他人を責める癖であるから。自分を責める癖の方はあべこべでお願いします。耳を貸さずにサイコパスから距離をおいてご自分を守ってください。

==========
どの様な展開になるのかは、まるぞうさんの空想小説では完結?されているのでしょうね。

→ 私はアマノジャクで一般の方とあべこべの視点で社会を観るとおもしろいなあ。と思っているだけで、社会の行く末がわかって見据えているわけではありません。皆さんと同じであります。ただ陰陽仮説の視点のコツをつかめばその人やその国の近未来を予測算出するのはどなたでもできることであります。

==========
いやー、参りました。高校生の娘が、今話題のKポップグループのコンサート行くそうです。私の主張もネトウヨにされています。とりあえず、言うべきことは言って静観しますね。私の反転攻勢はいつになるやら。

→ 親が反対すると余計のめり込みますから、たまには逆ハンドルも良いのではないでしょうか。
「へえ、この男の子かっこいいね」
「でしょでしょ。ママこの写真も観てよ。ほらちょーかっこいいから」
「ほんとだ。最近の男の子はシュッとしてるわねえ」

無理する必要はありませんし、国の姿勢としての韓国は賛同できないという姿勢は伝えますが、かっこいい男の子には素直に娘さんに、かっこいいわね。と言ってみる逆ハンドルも良いと思います。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )

国際司法裁判所提訴について。日本の反転攻勢。

防災カレンダー
12日。中潮。[戊]戌・[甲]子・[申][戊]の日。地震注視日。


大阪府貝塚市から南方向


兵庫県西から神戸方向


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国際司法裁判所提訴について。日本の反転攻勢。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

==========
徴用工問題で日本政府、国際司法裁に提訴へ 大使召還は行わず
2018.11.6 06:00

 政府は5日、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した問題で、韓国政府が賠償金の肩代わりを行う立法措置などを取らない限り、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を固めた。また、裁判手続きに関する韓国側との交渉、折衝などが必要なため、長嶺安政駐韓大使の召還は行わない。
 ICJで裁判を開くには原則として紛争当事国の同意が必要で、手続きには(1)相手国の同意を経て共同付託する(2)単独で提訴した上で相手国の同意を得る-という2つの方法がある。政府は韓国から事前に同意を得るのは難しいことから単独提訴に踏み切る。
 その場合も韓国の同意は得られないとみられ、裁判自体は成立しない可能性が高い。だが、韓国に同意しない理由を説明する義務が発生するため、政府は「韓国の異常性を世界に知らしめることができる」と判断した。

https://www.sankei.com/politics/news/181106/plt1811060004-n1.html
==========


 徴用工問題についていよいよ日本が「国際司法裁判所単独提訴」をちらかつかせて来ました。これに合わせて、


==========
国際司法裁判所に提訴を 竹島問題で宮腰大臣に要請
[2018/11/09 09:41]
・・・
 溝口知事が竹島の領有権確立のため、国際司法裁判所への単独提訴などを求めたのに対し、宮腰大臣は「竹島問題は極めて難しい問題だが、政府と県で力を合わせて取り組んでいきたい」と応じました。島根県竹島を巡っては先月22日、日本政府の上陸中止の要請を無視する形で韓国の与野党の国会議員らが上陸しています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000140412.html
==========


 実は竹島問題は、日本は過去に3度提案しています。

==========
徴用工、国際裁判成立には韓国の同意必要 竹島で3度提案も実現せず
2018.11.1 23:48

 日本政府は竹島(島根県隠岐の島町)の帰属をめぐり昭和29年、37年、平成24年にそれぞれICJへの共同付託を提案したことがあるが、いずれも韓国が同意せず裁判に至らなかった。

https://www.sankei.com/politics/news/181101/plt1811010025-n1.html
==========


 韓国は共同付託に応じなかったので国際司法裁判所の手は使えない。今まで多くの国民はそのように思っておりました。しかし「単独提訴」の手があったとは。少なくとも訴えられた方は裁判に応じない正当な理由を述べる義務があるとは。

 実は民主党時代、野田政権は竹島問題について国際司法裁判所に単独提訴を行う予定がありました。しかしその後安倍政権に代わり、提訴が見送られたという経緯があります。

==========
竹島領有権、当面提訴せず…日韓関係改善を優先
2013年 1月9日(水)14時33分読売新聞配信

 日本政府は、島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を当面、行わない方針を固めた。
 安倍首相は、韓国の朴槿恵(パククネ)次期大統領との間で日韓関係の改善を目指しており、韓国の反発が予想される単独提訴は得策でないと判断した。
・・・
 安倍首相は、民主主義や市場経済など価値観を共有する韓国との関係を重視している。2月25日に予定されている大統領就任式に合わせて訪韓し、日韓首脳会談を行い、関係改善を進めたい考えだ。関係を改善することで、沖縄県の尖閣諸島をめぐり圧力を強める中国をけん制する狙いもある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00000689-yom-pol
==========


安倍首相の戦略。地道に遠回りでも。

 一度目の政権で失敗し奇跡的に二度目の政権を手に入れた。もう失敗は許されない。安倍首相は急がば回れ。土台をゆっくり作っていくという方針に変えたようです。

 まずはアメリカの信頼を得ること。そのためにはそれ以外の方策についてはひとまず封印すること。アメリカは安倍首相は右寄りだと見なしているでしょう。ここで拙速に走るとまた潰されることになる。

 当時のアメリカは日本が韓国と対立することを望んでいませんでした。どちらも米軍との同盟国でありますから。どんなに韓国が理不尽であっても表立って喧嘩はするな。私の空想小説史の中では、アメリカは日本政府に対し一貫した姿勢をとっていました。

 そこで誕生したばかりの安倍政権は、前政権の「国際司法裁判所単独提訴」という喧嘩ごしの姿勢を取り下げて、仲良くする路線で行きま〜す。と世間に発表したわけです。

 しかし韓国に対しては、長期的に包囲網を用意していたわけです。3年かけて「慰安婦問題日韓合意」です。ふう。
 この件で一番重要なことは、アメリカを仲介人にさせたということです。もし日韓二カ国間であれば、また韓国はゴールポストを動かすでしょう。100%間違いなく。でもそれに対して日本は喧嘩は出来ません。それはアメリカのご意向であるからです。日本は韓国と喧嘩をすることあいならず。と。うむ。

 であるならアメリカを巻き込むしかありません。3年かけて安倍首相はアメリカの信頼を得ることができました。米上下院議員で演説をすることができた。そしてオバマ大統領の仲介で日韓合意をとりつけた。


Southh China Morning Post

 ここで日本が10億円の資金を出しました。この時は日本でも「なぜ慰安婦問題で日本が譲歩するんだ。10億円も拠出するんだ。私は安倍首相の日韓合意には反対です。」という声があちこち上がりました。

 しかしこれが布石であったのです。アメリカを仲介させて日本が譲歩したように見せました。安倍首相は心の中で決意したことでしょう。
 ここから先はもう一歩も譲らない。ここが日本が反転するポイントだ。と。しかし韓国はこの安倍政権の決意を甘く見ていたようです。



表で譲歩して見える時こそ、ウラで攻めている。

 今回日本政府はいよいよ反転の動きを見せ始めました。私が安倍首相の政策手腕を高くしているのは、このように表面では譲歩したようにみせて、実際はウラで布石を打っている点です。

 現時点で安倍首相が狙っているのは「憲法改正」これ一点突破であります。(おそらく。)このためには例によって他の施策は大きく譲歩しているように表面では見えることでありましょう。




おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
例えば新しい食文化他、何かしら取り入れ方などを成長させ広げていけば破滅の中にどうしても起こり得てしまうこともある争いや殺戮が起こるといったことは回避されたのか(新しい創造になり得た?!)
守るばかりではダメではないが足りなかった?もしかして、


→ 成長する時に「得る」ばかりでなく「手放す」ことをすることで、次に来る破滅の因子を昇華することができると思います。
なぜ破滅を逃れて1000年も続く裕福な名家が存在するかというと、質素倹約で名前を表に出さないという形で、手放しているからである。そのことで成長のあとに来るであろう破滅を積極的に昇華させていると言えると思います。

成長(調和)のあとに来る破滅を恐れるのではなく、積極的に破滅因子を昇華させることで、調和の時期を長く維持できるのであります。
逆に慢心してあれもこれもと欲張るとあっという間に破滅の因子を蓄積させ、三代目には喰い潰すということが起きます。

==========
心のどこにも負い目が無くなった時、本来の魂に戻れた時、まるぞうさんに、おひさまに、恥ずかしくなくなった、て伝えたい。

→ ありがとうございます。ただ私のことは関係なくどんどんお進みください。(私は単なる路傍の立て看板でありますので。)

==========
医師に伺ってみたところその方は睡眠薬と興奮を抑えるお薬を服用されており。その興奮を抑える薬に潜在意識は抵抗するのだそうです。お薬を替えたらうなされなくなりましたが。

→ すごいお話です。ありがとうございます。潜在力=生命力。でありますね。

表面自我のあべこべ装置のからくりがわかってくると、私達の意識はより真我に近くなると思います。
それは良心の呵責をそのまま感じることができることでありますし、また意識を無理に抑圧させないことを選ぶことができる。ということでもあると思います。

==========
過日、旧友から電話があり「なんで嫌な人って、バチが当たらないで元気だと思う?」とぼやいていました。私も一瞬答えにつまり…まじまじ聞かれると、答えられないものです。

→ 本来ならバチがあたるところ、その人を恨んでいる人たちがその人のバチを吸着してくれているから。と言えます。
あとその人の生命力が強い間は、バチの発生を抑え込んでいる場合も多いと思います。その場合は晩年生命力が落ちた時に、一気に不運が重なるのでお気の毒です。

本当に人生の挫折は早いうちに体験することが結果的に幸運であると思います。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。潜在意識の風景。

防災カレンダー
11日。中潮。太陽電子束が乱れています。地震注視日。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高い城の男に映し出される風景。潜在意識の風景。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

良心の呵責は、私達の人生の方向性を決めている。

 私達の心の奥底にある「潜在意識の風景」。私達の人生は自分たちの気づかない「潜在意識の風景」に引き寄せられるということでありました。

 一つにはそれは良心の呵責です。いくら表面意識では上手に正当化できても、潜在意識は誤魔化せない。相手に対してしたことは自分も同じ目に遭わないと気が済まない。それが良心の呵責です。

 きちんと相手に謝る。償いをする。という行動によって、良心の呵責はかなり収まることとなります。謝罪や賠償というのは相手のためだけでなく自分の良心のためでありました。相手と私には深層の視点では区別はないので当然でありますが。

 謝罪して償うという行為は相手を癒やしますが、自分の中の「潜在意識の風景」も昇華させることとなります。



抑圧された想いも、私たちの人生の方向性を決めている。

 そしてもう一つは「抑圧」であります。
 抑圧された意識は必ず復活しようとします。それはまるでバネのように。ぼよよ〜ん。
 アメリカ社会を覆うポリコレ。ポリティカル・コレクトネス。差別や弱者を守りましょう。それは正しい。しかし行き過ぎは「抑圧」となる。「抑圧の反動」という潜在風景を生み出します。

 これは私達の個人の生活でもそうです。自分がダメな人間なんだ。そのように抑圧を貯めていくと自分の心の奥底に「反動の潜在風景」が形成されていきます。
 この「反動の潜在意識」は必ずぼよよ〜んと表に出てこようとします。物理の作用反作用の法則の通りです。押さえつけた力と同じ力で反発が起きます。

 その反動の潜在風景は一定量蓄積されると、今度は「復讐」を始めます。復讐でありますからそれは怖いものであります。
人によっては自分の身体を痛めつけるという形かもしれません。
人によっては鬱状態などのバランスをくずすという形かもしれません。
人によっては自分より弱いものを痛めつけるという形かもしれません。
それは「潜在意識の復讐」でありますから、表面意識でコントロールできるものではありません。どうして自分が自分でコントロールできないのだろう。と嘆くかもしれませんが、それはコントロールできなくて当然なのです。

 それはいけないことなのだ。それは考えちゃいけないのだ。自分が我慢すればいいのだ。と無理やり押し込めてきたものが、もう入り切らなくなって反発しているのですから。表面意識がいくら頑張って力をこめても押し込められないのは当然であります。



自分の顔から表情が消えたらそろそろのサイン。

 自分を抑圧する癖のある人は、時々は自分の潜在意識の風景に注意を払うべきであります。生きている人間にはもともと昇華力があります。休日はぐっすり寝て、親しい人と美味しいものを食べたりするだけで抑圧された感情の多くは昇華されることでしょう。
 しかしそれでも溜め込む癖の人は、やはり自分を守ってあげて欲しいと思います。
自分さえ我慢すればいいんだ。と押し込める前に、何回かに1回は「今回は私は我慢しません」と主張することも大切です。自分を守るために。

※ただし「他人を責める癖の人」は忍耐が人生の課題ですから、まだまだ忍耐と寛容を挑戦するべきと思います。上記はあくまで「自分を責める癖の方」の話です。

 抑圧された感情は、自分や他人を不幸にする形で反発と復讐を始めます。であるならば、相手に疎んじられても抑圧する前に「今回は我慢なりません」と主張する方がずっと良いのです。

 もし自分の顔から表情が消えてるなあ。と思い当たる方は、うむむ。仕方ない。そろそろ抑圧するのはやめて「今回は我慢できません」と主張する時期。ガス抜きしないと爆発しちゃうぞ。というサインである。かもしれません。



表面意識がみないことにしている「潜在意識の風景」は、必ず実現される。

 良心の呵責と抑圧の反動。私達は自分の心の中にある「潜在意識の風景」を知ることで、自分の人生の未来の行く末を知ることができます。
 今まで見ないようにしてきたこの風景。自分の良心の呵責と抑圧の反動。これらの風景を昇華することでま来るべき不幸をさけて幸運を招くこともできます。良心の呵責に従って謝罪し償うという行為で。爆発する前に抑圧されている自分をかばってあげることで。


このシリーズ終わり。お読み頂きましてありがとうございました。


まるぞうさん、俺は働きたくないのに親が働けってうっさいから「黙れ」って殴ってやったんよ。ああスッキリした。やっぱ抑圧ってよくないいすよえねえ。ってそれは違います。あなたは忍耐するべきの人です。



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
年上なのに仕事の対応が遅い、コミュニケーションをほとんど取らない、
仕事をサボる(っていた)、客先に訪問しない、自分から動かない、、などなど

その方を嫌う理由を上げれば、いくつも出てくるのですが、
そういったことに囚われる自分自身が嫌になります…。


→ その方のお仕事があなたの仕事とは直接関係のない場合。結局仕事の手を抜くのは長い目ではその人に還っていく。自業自得でお気の毒だなあ。と因果を信頼しておまかせするのが良いと思います。

またもしその方があなたのお仕事と関係がある場合。もうその人が何も仕事をしない前提で、あなたは自分の仕事の準備して自分の仕事を守ることが必要と思います。
結果的にその人の仕事の一部をあなたがもうやっていることになるかもしれませんが、私はそれで良いと思います。あなたは「そんなことしたら相手はますます仕事しなく怠けてしまう。とお思いになるかもしれませんが、それくらいで丁度良いのです。
ハンドルを逆に切る。

彼の仕事の一部をあなたがやってあげることを一定期間すると、自然と彼はいなくなる。ほんと?うむ。多分。私の経験上。

==========
もし私がまるぞうさんの会社さまの社員だったら、まるぞうさんの本質にどっぷり安心して浸ることが出来るので、まるぞう社長から理不尽かと(自分で勝手に)受け止めてしまう出来事があっても全て完全に流せます。まるぞう社長の会社の社員さんがうらやましいです。

→ 実際のうちの会社は厳しいですよ〜。

==========
まるぞうさんみたいな人が上司にいれば良いのですが〜(逆にしごかれるかもしれませんが)

→ はい。厳しいです。

==========
なぜ韓国の人は、これほど日本を憎んだり蔑んだりするんでしょうか。恩恵もあったはずなのに、、。これも陰陽の因子ですか?

→ あちらの人々はあべこべ装置のあべこべ文化の真骨頂であるからです。あべこべに衝動的に動くので、プラスの因子を捨ててマイナスの因子を後生大事に増やしていくのです。

徴用工問題で安倍政権批判に菅氏反論 韓国が恩をアダで返し続ける理由
・・・
「韓国では、恩を受けると、自分が道徳的下位になるので、恩に着るということはありません。むしろ、自分が下位に置かれたことで、恨(ハン)になります。それを解く(ハンプリ)ために、恩をくれた相手に復讐するのです」と但馬氏。

 華夷秩序(中国皇帝を頂点とする国際関係)で弟とみなして蔑みの対象である日本から受けた恩は、それだけ大きな恨になるだろう。

 但馬氏は「『今は仕方がなく日本に頭を下げて援助と技術をもらうが、いつか経済的に大国になって、この屈辱を(日本に)10倍返しにしてやる』――それが、韓国人のバイタリティーのもとになっていると思えば分かりやすいでしょう」と指摘している。
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1183429/


==========
陰陽の視点からだと、日本の悪い因子は敗戦したことでかなり昇華したことになると思います。

→ 戦争に負けたことで、日本は衰退する因子をかなり昇華したと思います。(恨みを抱かず真正面から受け入れたことにより)
そして歴史希にみる経済成長を得ますが、今度はそれにより無菌培養の日本人が増えて国力が弱体化してしまいました。

斯の如く陰陽は振り子なのでありました。

==========
認めてあげるとあら不思議、寧ろ逆にそういうものをみる回数が減っていった。

→ うむ。全てに共通する極意でありますね。

==========
ずっと拘り怒り星人になり、先にも進めず寝ても覚めても腹がたち。それは其奴が謝らないからだ?と長年激怒していたけど、何か違ったかも?違うんでないかい?私(-д- 三 -д-)と思いました。

今から散歩して来ます。よく考えてみたい。自問自答してみたい。今自分はすごく大事な岐路にいる気がしてきました。


→ 許せない恨みとは不幸の因子の吸着剤であります。
身体の健康を損なう。老ける。大事な人が去って行く。クレーマーを引き寄せる。金運が逃げる。などなど。斯の如く、不幸の因子は水に流した方が良いですよね。不幸の因子=恨み であります。

==========
これら全てを研究し尽くしている方々にとっては真面目に敬い、共存共栄したところでも待っているのは破壊という変化しか無いと思えば、破壊の正当性の元、何をやってもどうせ的な何かしらを知り得て嫌気がさしてしまう、結果自分達の好きな事をして構わないかが心配になります。
事実、人類は失敗しながらも成長しているとはいえそこに待っているのが、、
破滅に至らない良い変化?とでも表現したら良いのかさえも分からないのですが、その様に変化して行ける方法があれば、、と考えてしまいます。


→ 非常に良いご指摘であると思います。ありがとうございます。

それは私達の趣味の世界と似ております。一つの世界を極めると更に厳しい条件を極めたくなります。それが 創造→成長→破壊→・・・ であります。破壊とは悪ではなく、更に厳しい条件でもクリアできるか試したいという新しい創造であります。
「古い破壊=新しい創造」。創造と破壊は同じことのウラオモテであります。

ただしこれは非常に大きなマクロの視点であります。私達個人は自分の良心に従って精一杯生きるこを挑戦して来ているわけです。
「どうせ破壊が起きるんだ」「破壊も変化で善なんだ」という浅い理解で自分の良心に恥じる行為を行えば、失格となります。自分の良心を観たくて挑戦しに来たのに、自我のあべこべ装置に負けたのでありますから。

人類はずっと善悪二元論という文明を生きておりました。しかし善と悪を対立させることからもそろそろ卒業する時期であると思います。自分は善。相手は悪。そうやって何千年も対立が維持されてきた。
人類が表面自我のあべこべ装置を卒業できるのであれば、善悪二元論ではなく、三拍子ワルツ論を受け入れられるのではないかと思います。

==========
そこをさらに突き抜ければモテるとしたら面白いですよね・・・ね。

→ 女性は子供を生んで育てる本能で男性を選びますから、その男性に生活力(養う力)がある匂いがすることが重要であると思います。

男性は女性に母性を求めるのと同じです。つまり男女両方とも相手に包容力を求めるわけです。
異性に縁がないと嘆く方は、自分が抱擁されたいという視点ばかり。本当は相手も自分に包容力を求めているということに気づいていらっしゃらないことがあると思います。

==========
大人道10級からと教えて頂いて有難う御座います。
しかし、まるぞうさんの大人道がわからないです
10級からと言うことは段階等沢山有りそうなので、良かったら機会があればシリーズ化して貰えたら嬉しいです。


→ 大人道とは「他人のせいにしないで自分が責任をとる」という道であります。だいたいの大人は、自分や家族を養うために理不尽な仕事をやめるわけにもいかず、その道を極めることとなります。

ただし社会が裕福すぎてそんな厳しい状況働かなくてもいいや。という環境になってしまうと大人道を歩く人が減ってしまうかもしれないですね。自分で責任をとらず人のせいにするおこちゃまばかりだと国が滅びる。

心が蔑ろ…上手く立ち回って生き抜かないといけない、不器用は罪なのかな。

→ 最悪を想定して備えること。これは生活でも仕事でも必要です。一般的に職場とは自分が足りないものを教え鍛えてくれる最高の環境であることが多いと思います。

==========
心の何に焦点を当てるかはどの人間も平等で自由なのに。

→ 素晴らしい視点であると思います。ありがとうございます。

==========
今、手離したら凄く寂しくなる気がする、でも本当は良心の呵責無くなれば、晴れ晴れなれるはず。
 分かっていながら直ぐに行動できない時、どう自分を本来の自分に戻せばいいのか焦っています。 


→ それは子供の乳歯が生え変わるのに似ております。もうぐらぐらし始めてきておりますから、焦らず観ていれば良いと思います。
自分が他界したあとの49日間、今度は良心の視点で自分の人生を振り返ると言われております。が、今は生きている状態で、自分の人生を良心の視点で観え始めているということです。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。良心の呵責。

防災カレンダー
本日はとくになし


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
良心の呵責。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勝者が背負う負の因子。

 ここ数日アメリカでヒットした並行世界もののドラマの中に垣間見える「アメリカ人の深層の風景」について考察しました。

 まず一番に感じたことは、表面上は勝者であっても潜在には今度は自分が敗者になる。そういう因子を引きつけているということであります。うむ。

 老子先生は、どうしても避けられない戦いがあったとしても、勝ちすぎてはいけない。そのように仰います。なぜなら勝った分だけ負ける因子を自分が背負うことになるからです。
自分や家族を守るための戦い。そして公明正大な立場での止むを得ない戦い方。これが勝ってもマイナスの因子を蓄積させない戦いかたです。
 かつ老子先生は戦う時は喪服を来て葬式に出席する気持ちで。とも仰っております。味方も敵も命をおとす戦い。葬式に出るという覚悟で戦場の向かうということであります。



良心の呵責は世代を超えて伝播する。

 アメリカは日本に戦争に勝ちました。表面上はアメリカは公明正大な戦いと言っています。日本が奇襲作戦で襲ってきて、止む無く参戦した。原爆もアメリカ兵の犠牲を抑えるために止む無く使用したものだ。本当はアメリカは日本との戦いは最後まで避けたかったのだ。
 もしこれが本当のことであるならば、アメリカは勝者が背負うマイナス因子は最小限ですんだことでしょう。しかし、戦争を避けようとした日本を何年もかかって戦争に追い込んだとしたのなら。あるいは日本はもう講和を望んでいたのに、人体実験のために強引に二発の原爆を打ち込んだとしたのなら。やはりそのマイナスの因子は大きいものでありましょう。うむ。

 このドラマを観て思いました。そのマイナスの因子は集団の潜在意識の風景として世代を超えて引き継がれるのだと。
ワシントンに原爆が落とされる風景。これが多くのアメリカ人の潜在意識に存在している。(個人の感想です。)

 実際にワシントンに原爆を落とされることはないでしょうが、それは象徴です。「今度は負けるのは自分たちの番だ」という風景が共通して潜在意識に横たわっているのです。

 良心の呵責とは斯くの如く厳格なのでありました。人類の意識は根底では全て繋がっておりますから。
 相手を傷つけたとしたら、今度は自分も同じように傷つかないと気がすまない。それが良心の呵責です。もしこの良心の呵責を昇華しないまま人生を終えた場合、次に生まれることがあるとするなら、良心の呵責が満足する環境でしか生まれてくることはできないだろう。というのが陰陽の仮説です。うむ。

 また同時にその良心の呵責は次の世代にも引き継がれるということです。うむ。



報いを受け入れると覚悟し表明することで昇華する負の因子。

 謝罪が重要であるのは、この良心の呵責を昇華させるためです。謝罪とは「自分が逆の目にあっても構いません。それを受け入れます。」と傷つけた相手に伝えることであります。
 その人が、自分がしたことをされる覚悟をした瞬間、良心の呵責の大半が昇華されます。陰陽仮説では「代理昇華」と言います。

 実際に相手から仕打ちを受けるかもしれませんが、受けなくても自分がその覚悟をし、それを行動に移した時点で良心の呵責の大部分が昇華される。私はそのように仮説します。
 相手に謝罪する。相手に賠償する。これは自分の残りの人生や家族を守ることになるのです。表面層で見えることと潜在層で起きていることは真逆であります。



幸運の申し子。恨みを維持できない体質。

 今回日本はアメリカを許しました。水に流しています。さすが日本です。世界で一番寛容な人たちです。でありますから、なおさらアメリカが持っている負の因子は、日本にはとどまらずアメリカに還っていくのでありました。

 しかしもし日本が「恨みの国」であったらどうでしょう。1000年でも2000年でも私達はアメリカのしたことを許さない。アメリカは私達の気が済むまで謝罪し続けなければならない。
 このように日本人の多くが主張したのならどうでしょう。

 その場合、本来ならアメリカに還るべきマイナスの因子。これが「恨み」によって日本に留まり続けることになります。「恨み」とはマイナス因子の吸着剤です。本来ならアメリカ人の良心の呵責になるはずのマイナス因子を一生懸命「恨み」で吸着しているのです。

 陰陽の仮説に視点で観ると、その人やその国の運命を簡単にしかも正確に想定判定することができます。お金を払って根拠のない占いなんかに頼る必要はありません。
 「恨み」をもつ人や国家は、その恨みに比例した不運(間の悪いめぐり合わせ)を引きつけることになります。



水に流せる人。恨み続ける人。

 私達の人生でも過去に自分に非道いことをした相手を水に流せるでしょうか。
 「謝れ〜。謝罪しろ。賠償しろ。」という場合、それは相手のことを思っているのかもしれませんね。今謝罪して賠償すれば、あなたは負の因子をご自分の人生の後半に持ち越さなくてすみます。あなたのお子様たちにも負の因子が引き継がれなくてすみます。そのように相手への思い遣りの言葉かもしれません。
 いやいや。相手のことをもっと大切に思う人は「許さない。あんたを絶対許さない。あんたは忘れているかもしれないが、自分が絶対に忘れない」と言うかもしれません。
 なぜなら私が恨み続けている限りは、そのマイナスの因子は私が代わりに吸着しててあげるから。そういう意味でありますから。


つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
画像も見えます。
一生懸命に動いている私の心臓に手を合わせたくなりましまた。


→ 良い体験でありますね。塞翁が馬。ありがとうございます。

==========
読みの浅い人(失礼!)には、素直に理想を目指すことを伝えたほうがいいと思います。

→ そうですね〜。

まるぞうが言うからカッコ悪い生き方したのに〜。
・その場にいない人の陰口で盛り上がるというカッコ悪い生き方をわざわざしたのに〜。ホントは陰口に参加したくなかった。
・立場の弱い店員に言いがかりのクレームを言ってうさを晴らすというカッコ悪い生き方をわざわざしたのに〜。ホントは店員さんにありがとうって言いたかった。
・仕事もしないで親のスネをかじって心配かけさせるってカッコ悪い生き方をわざわざしたのに〜。ホントは真面目に働いて両親を安心させたかった。
という方々がいらっしゃったら、本当に申し訳ございません。どうか初心を貫いてください。

===========
まるぞうさん、ビックリ。
即位礼と大嘗祭を違法として提訴。
東京地裁が棄却すれば良いだけの事とあり、安堵しましたが。
連綿と続いた日本の伝統を、反日や日本弱体化に消されては堪りません。


→ 日本が擬似的に内戦状態であるということであると思います。今の国体を否定し破壊したい日本人。彼らは理屈ではないのです。

他国の本当の内戦のように実際の血を流すことがないのは、日本が幸運であることのしるしであると思います。日本人がこの時期昇華しなければならない最大の課題だと思います。皇と民を入れ替えるという呪いに憑依されている人たちの昇華。

とくに「人生に対する不満心を誰かのせいにしたいという甘さ」を持つ人は感染しやすいと思います。

==========
都心部のオフィス街のなかにあるマンションに住んでいますが、最近タバコの臭いが室内に侵入してきて、朝はその匂いで起きることもあるほどです。

→ これは窓や扉を密閉してもどこかから流れてくるのでしょうか。
私であればタバコの臭い外からしてきたら「しょうがないなあ」と窓を閉めます。ちなみに私も嗅覚には敏感で他の人が気づかないかすかな臭いでもわかります。窓を締めるとかマスクをするなど自衛するしかないと思います。
街中で生きるということは、いちいち他人のことに腹を立てることはあきらめて、仕方ないな〜と自分のほうで労力をかけて避けることと自衛するというように、人生のコストがかかるものだ。というように割り切るしかないのです。

==========
宇宙でバン!と分かれてから始まり。母性の宇宙から、数字で理解できる左脳的宇宙が生まれたのかな。母宇宙から、旅立ったものは、多くの苦難のため、根本的な平安にもどる、又は進む方法わすれたのかも。理屈じゃないんですね。

→ 永遠の退屈な無の状態から今の生きている宇宙が生まれた。となると宇宙にとっての正義とは「変化」のことなのであります。退屈さが悪であります。たとえそれが破滅であっても変化をもたらすのであれば正しいのです。天界第二位の大天使が魔界の王となったかという神話伝説が象徴することであります。

宇宙の現象はミクロからマクロまで「創造→成長→破壊→創造→成長→破壊・・・」の三拍子のリズムが複合されて、この宇宙が美しく彩られております。彩り(いろどり)。

==========
アメリカの建国自体にもユダヤ人の思惑があったんだったかな。自分達は長い間迫害され続けてきたんだろうけれど、北米大陸では原住民を写真のように殺し、広大で豊かな土地を強奪し、彼らの持つあらゆるものを破壊しましたね。

→ 「1498年英国人ジョン・カボットが北米大陸の東海岸を探検し英国がこれを領有(ニューイングランド植民地)、1534年フランス人ジャック・カルティエがセントローレンス川を遡ってこれをフランスが領有化(カナダ植民地)するなど、西欧人による南北アメリカ大陸の探検と開拓、インディアンに対する領土略奪と虐殺がはじまった。
・・・
宗教的に見ても、当初の移民はカトリックであったが、16世紀に欧州でプロテスタント(新教徒)出現と宗教改革、続いて宗教戦争が起こると、ピューリタン(清教徒)による1620年の移民(メイフラワー号)をきっかけとして、新天地を求めた新教徒が相次いで入植した。彼らは先発のカトリックやインディアンと敵対しながら勢力を伸ばし、1620年の移民は現在でもアメリカの新教徒の間で偉業として称えられている。しかし、インディアンたちからは民族虐殺の始まりとして「ピルグリム・ファーザーズの感謝祭」には、大規模な抗議が行われている。
(Wikipedia「アメリカ合衆国の歴史」より)

かくのごとく南北のアメリカ大陸の虐殺はキリスト教文明によるものです。
キリスト教文明とは、、人間と神様の間に「神の子」という代理人をたてて彼と契約する。そもそも人間は罪があるのだから代わりに貼り付けになった「神の子」に絶対服従しなければならない。という宗教がもたらす文明であります。
しかしある特定の対象に絶対服従を誓うということは、そうでないものに対しては残酷な行為ができるという因子を生むからです。個人個人では当てはまらなくても文明としてそういう因子を蓄積していくということです。(文明全体の因子の話であり、キリスト教徒個人個人の全員が心の内側が残酷だとは言ってはおりません。)

ユダヤ人を迫害したのも、そして南北アメリカの原住民を殺戮したのもアフリカ奴隷制度を作ったのもみんな同じ原因ですのだ。日本が鎖国して身を守った理由も。

神とは本当はそんな代理人との契約なんか関係なく、自分自身の良心である。みなさまご存知の通りであります。
「神と子と精霊」三位一体で言われる「子」というのは磔になった御方のことではなく私達自分自身であるのだ〜。と思います。

==========
幌馬車じゃないですよ!『駅馬車』ですよ!

→ ですよね〜。ご指摘ありがとうございます。

==========
そのような生き方、慣習、教育の問題点を指摘してあげる同胞がいないのは残念ではあります。

→ いたけれども耳を傾けなかった可能性も。

===========
私も暴力物は大の苦手です、テレビでも映画でも虐殺、虐待、拷問シーンがあるとひぇぇ〜とすぐに消すかチャンネル変えるか早送りか、映画だと見ないように目を伏せます。

→ 私も苦手です。高い城の男も早送りしたシーンは何箇所かあります。もうまったくう。でもああいうシーンを平気で見られる人は、やはり心の奥底に、そのシーンを共感し受け入れる要素があるということ。そのように考察いたしました。

そしてそれを知ることは大切なことであると思いました。悪魔とは誰の心の中にもいる。それが大きく成長するかどうかの違いだけ。

自分の中にも悪魔がいる。相手の心の中にも悪魔がいる。と知り観察することが悪魔との上手な付き合い方であると思います。悪魔は排除すればするほど大きくなる。排除と無視は悪魔のごちそうであります。
ダスカロスは天使も悪魔も元は同じだというようなことを仰っておりました。私達人間がどういう感情を彼らに与えたかで、天使になるのか悪魔になるのか。

少なくとも悪魔を排斥したいという潔癖症の感情は、悪魔を育てることになることはわかります。陰陽逆ですから。

==========
ついに私達は国魂から三行半を渡されたつつあるのかなと悲観的に思ったり。

→ 国魂から三行半をつきつけられたとしても、私達が最後までこの国土を裏切らないということが大切であると思います。お互い最後まで信頼される生き方を貫きましょう。

==========
知恵のある人の良い話を聞き、知恵の無い者が下手に自己犠牲を払いお人好し善行を継続すれば、あら不思議、貧乏と孤独と絶望が待っている。
それでも、何とか起死回生出来る者はほんの一握り…人間は結構弱い者である。


→ あなたはセンスが良いのですから、早く「大人道の10級」を目指すべきと思います。
「大人道」とは。自分や家族を守るためにやむなくでも理不尽な仕事をこなして責任を果たすという道です。その経験が大人という視点を身に着けさせます。しかし未成年の方でもすでに大人の視点をもっている人もいれば、肉体はいい年なのに心は未だにおこちゃま中学二年生の人もおり、個人差が大きいように思います。

さて中学二年生のおこちゃまばかり社会に増えるとその国は世界から淘汰されて滅びます。人は無菌培養で育つと弱くなってしまうのは仕方ないのか。恩寵の高度成長平和時代がもたらした弊害であります。残念。

==========
聖書に出てくる神様に違和感を感じるのは私だけではないはず。神様というのはもっと寛大でありいつもどこかで私達を見守ってくれていて身近にそして常に共に感じる心のよりどころ。それに比べて聖書の神様はどこか高圧的であり狭量に感じます。

→ 旧約聖書の神様が怖いのもまたそれが神様の御顔の一面であります。よちよちかわいそうにね〜といつも甘い顔をするのが愛情ではない。とは親になれば誰でも経験することであります。

この世の厳しさを体験し成長するという役割の民族がユダヤ民族であった(という私の空想小説史)ですので、彼らの神様が旧約聖書では、厳しい御顔であるのは仕方ないです。

そして新約聖書の神様はまた別物であります。死後あなたを天国につれていくから、代理人に絶対服従という契約をしてね。ど〜ん。(笑うセールスマン。)という罠があちこちに仕込まれている。というのが私の個人的な偏見です。クリスチャンの方申し訳ありません。

新約聖書の中に神様がいる。同時に悪魔もいる。であるのに聖書の中の悪魔を見ないことにしているから、人の心の中の残虐さが育つのであります。

==========
自分を主張しないため見くびられるのであればもっと言うべきかとは思うのですが、なにぶんこれが性格でもあるので直し難くもあり。
上手く表現できていないかもしれません、


→ 仕事上必要なことはきちんと主張するべきと思います。上司にこまめに相談する。しかし上司が決めたことはそれに従う。

それ以外のことは見くびられるくらいで丁度良いと思います。
一つに見る目のある人は必ずわからるからです。相手に見る目がないのは相手の問題でこちらは関係ない話なので。
もう一つは見くびられると常に自分に対し「下から目線」を思い出させてくれるので。私のような傲慢な人間には丁度良い。そういう経験からです。

「おはようございます」「ありがとうございます」「お疲れ様でした」「お先に失礼します」だけはっきり言えれば、あとはなくても良いと思います。大丈夫です。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 24 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ