まるぞう備忘録

無題のドキュメント

まるぞう料理メモ14。

2024-04-16 09:55:15 | ──


有機トマト缶とトマトジュース。

トマトソースのレシピの補足メモです。
多くの読者の方にとって、あまり関心のない話題かもしれませんが、申し訳ありませんが、私も備忘メモとして残しておきます。
将来過去記事検索で発見しやすいように、今回のまるぞう料理メモシリーズの中で書き留めておきますことをご了承ください。
有機トマト缶とトマトジュースを使った時のそれぞれの材料レシピメモです。



有機トマト缶レシピ(3〜4人分)

エクストラバージンオリーブオイル:100cc
にんにく:2〜3かけ
鷹の爪:1本程度(お好み)
冷凍スライス玉ねぎ:100g
人参千切り:50g
有機トマト缶一缶400g
薄口醤油:大さじ1
塩:小さじ1



トマトジュースレシピ(2人分)

エクストラバージンオリーブオイル:大さじ5(75cc)
にんにく:1〜2かけ
鷹の爪:1本程度(お好み)
冷凍スライス玉ねぎ:100g
人参千切り:50g
トマトジュース:200cc
薄口醤油:大さじ1
塩:小さじ半分



有機トマト缶とトマトジュースそれぞれの特性を活かして。

トマト缶は400g(3〜4人分)に対して、約半分のトマトジュースは200cc(2人分)のレシピなのですが、玉ねぎ100g,人参50g、薄口醤油大さじ1の分量が変わらないところがポイントです。
つまりトマトジュースの方が味が薄い(まろやか?)なので、玉ねぎ、人参、薄口醤油の分量が相対的に倍になっています。また缶詰に比べてジュースの方がとろみがないのですが、玉ねぎが多く入っていることで、ミキサーで撹拌乳化したあと、缶詰並のとろみがつきます。

どちらも美味しいトマトソースです。トマトジュースだとコスパが良いのと2人前から作れるメリットがあります。ただトマトの風味は有機トマト缶の方があります。それぞれのTPOに合わせてお選びください。



調理手順

トマト缶もトマトジュースも材料の分量配合が少し異なるだけで、トマトソースを作る手順は同じです。

1,ガーリックオイル工程
・エクストラバージンオイルに包丁で叩いたニンニクと、キッチンバサミで種ごと輪切りにした鷹の爪を投入して常温からじっくり弱火で香りが出るまで煮る。

2,トマトソース工程
・玉ねぎと人参にラップして電子レンジ600W5分加熱。
・トマト缶400gまたはトマトジュース200ccに加熱後の玉ねぎと人参を投入して火にかける。
・コトコト沸いてきたら火を止めて、ガーリックオイルをニンニク鷹の爪ごと入れて、ミキサーで撹拌乳化する。ソースは熱いので注意してね。

3,仕上げ
・トマトソースをミキサーから鍋に戻して再度火をつけて、コトコトしたところに、丁度茹で上がったパスタを投入し10秒くらい熱いトマトスースを吸わせて出来上がり。



有機トマト缶の調理風景












トマトジュースの調理風景













おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
そんな発想は全くなく、一度も料理をしてないままでした。最期は桃は切ってあげましたが、料理をしてあげるという発想は全くなかったです。

→ 桃切ってくださってありがとうございます。ご馳走様です(^^)

==========
「仮説と検証が楽しい」
わかりますー!料理もそうですが、洗濯も掃除もある意味、化学みたいなとこがあり、楽しいですよね。どうやったらこの汚れが落ちるかとか、なんで汚れるのかとか、どうやったら汚れないかとか。そう考えると生きていること全てが、仮説と検証ですね。自分の状態によって考え方、感じ方が変わってくるから、更にアップデートしていくことになるし、考えているとまた新たな必要な情報が入ってきて、「あーその手があったか!」と試すのも楽しいです。
以前は何か大きなことを成し遂げないと満足してはいけない、なーんて偉そうなことを思っていましたが、今はこんな身近なことで楽しみ、満足できる自分がなんだか嬉しくて。わざわざ探しにいかなくても目の前にあったんだみたいな。まるぞうさんのブログからもいつもそんな安心感を感じるので、毎日楽しみに読ませてもらっています。いつもありがとうございます!

→ ありがとうございます。この人生もシンプルな原理でした。それを一つひとつ皮剥いて辿り着くところが一番面白いですね。(^o^)/

==========
こんにちは。物価が高くなったとはいえ、まだまだ庶民には賄える範囲で何よりです。食は文化だと思っています。器や食に関する小説やエッセイが大好きで、日々の彩りだと思っています。将来、自由に食材が手に入らなくなったら、このような楽しみがなくなってしまうのかと悲観的になってしまいますね。

→ 社会がいろんな変動があっても、敷地に空き地を見つけて、あるいはベランダにプランターおいて、夏はサツマイモの葉。冬は大根の葉が手にはいるといいなと思います。美味しいです。ご馳走様です。(^o^)/

==========
青いさん
・・・
たぶん、そうです。 『わたしのためのトマトソースレシピ』
母さんがトマトをコトコト~ジューサー音のひびく感じ~網でこすなどの断片的な記憶がジョイントがなめらかに連結する感じがしました、今回。。ロマン〜☆

→ ご馳走様です。ありがとうございます。(^o^)
イワシは水煮缶でも良いと思います。汁は捨てずにトマトソースに投入すると美味しいと思います。

==========
玲玲さん
・・・
食べさせることが出来るだけで本当に人生では1番素晴らしい時期を体験しているんだな、と思います。
外国人の特定技能の子達は自分で料理しているんですが、やはり野菜を食べないです。
本人達の好みもあるから、豚汁とか多めに作った時に野菜の和え物などつけて渡しています。

→ いつもありがとうございます。ご馳走様です。(^o^)/

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

まるぞう料理メモ13。食べてくれてありがとう。

2024-04-15 08:51:34 | まるぞうレシピ

防災カレンダー
15日。酉の日。【9】

香川県西讃





料理が好きな理由。

私は料理が好きなのは、一つには仮説と検証の経験だからだと思います。
たまたま今回のレシピは個人ブログで発表する機会となりましたが、このように人にお披露目するかどうかは関係なく、私の中で、人生に起きる様々な事象について、仮説と検証を繰り返せることが楽しいようです。

でも料理の楽しさはやはり親しい人に作って上げることが出来るという醍醐味であります。
私は本当に人に美味しいものを作ってあげることが喜びなんだなあ。と今回のレシピシリーズを書いて改めて感じました。



こちらこそありがとう。

母が存命な時は、ひと月に1回ほど実家に帰り、近くのスーパーで待ち合わせしたあと二人で食材を買い物をして、母の食べたい料理を作ってあげていました。母も喜んでいたと思いますが、一番嬉しかったのは私であったことを思い出しました。

今も私が家族の料理を作っています。それまでも休日は私が料理をしていましたが、毎日のご飯を作るようになってからもう6年以でしょうか。
家族も毎日の仕事にくたくたなので、せっかく作った料理なのに、無表情のまま食事するということもあるでしょう。
それでもやはり、私は自分を作った料理を食べてくる人がいるのは嬉しいです。どうもありがとう。



みなさんもどうぞ召し上がれ。

今回のレシピ記事も、読者の皆さんに料理を作って召し上がって頂く体験でした。
もちろん、読者の方が、毎日ご家族のご飯のレシピを考えて手間な作業を、少しでも簡単になるヒントになればという思いもありますが、でもやはり、読みながら、心の中で食べて頂くことが、自分の喜びであります。



どんな日でも。

このまま平和な社会がずっと続くかもしれませんし、あるいは大きな変化に遭遇する。そんな体験をくぐるかもしれません。
でもどんな時であっても、手に入る食材で、天から分けて頂く食材で、その時私のそばにいる親しい方々と「これ美味しいね」と料理を作って差し上げることができたら嬉しいです。

いただきます。ご馳走様です。ありがとうございます。(^o^)/




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
てんかふんさん
・・・
ちょっと横から
まるぞうさんはトマトソースにセロリは入れませんか?
入れると風味が良くなると思います。
好みですけどもね。

→ もちろんセロリは重要です。玉ねぎ、人参、セロリはトマトソースの影の立役者3兄弟でござんす。
ただ今回は「常備菜」というルールなので、どなたの家庭の冷蔵庫にあるであろう玉ねぎと人参で作りました。

ただセロリは冷凍保存ができるようなので、常備菜に加えても良いかもしれませんね。教えてくださってありがとうございます。(^o^)/

==========
美味しそう。食事が出来る喜びですね。有り難い。トマト、高くてしばらく口にしていなかったけどトマトパスタは暑い日の夏バテ防止にもなりそうですね。高齢の母もたべそうだわ。トマトって本当にルビーみたいですね。

→ 少し配合を変えますけれど、トマトジュースでも美味しいトマトソースが出来ます。今回そのレシピも記録として残して起きたいと思います。トマト缶バージョンでもトマトジュースバージョンでも。お母様に作ってさしあげていただければ、私もレシピを書いた甲斐があります。ありがとうございます。(^^)

==========
まるぞうレシピファンさん
・・・
まるぞうレシピの最新版のご紹介、ありがとうございます。数年前のレシピからさらにアップデートされていてどれもとても美味しそうです。

→ ありがとうございます。あと中年オジサン向けの5分で出来る激辛カツカレーと、醤油ラーメンのレシピをあげて今回のシリーズが一旦終了の予定です。ただ、どちらも公開用に何回か自作試作が必要なので、準備に1週間ぐらいかかりそうです。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

まるぞう料理メモ13。まるぞうトマトパスタ2024版。

2024-04-14 11:00:18 | まるぞうレシピ





お待たせしました。トマトソースの隠し味に薄口醤油を加える2024年版の「まるぞうトマトパスタ」のレシピです。



【材料(3人分)】

冷凍スライス玉ねぎ:100g
人参千切り(人参は冷凍しなくてOKです):50g
にんにく:2〜3かけ
鷹の爪:1本程度(お好み)
エクストラバージンオリーブオイル:100cc

有機トマト缶:1缶
薄口醤油:大さじ1
塩:小さじ1



1,にんにくオイル工程

エクストラバージンオイル100ccににんにく2〜3かけと鷹の爪1本程度。を入れて常温から弱火でじっくりにんにくエキスをオイルに抽出します。

オリーブオイルの量が100ccと多いと驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが大丈夫。トマトソースと乳化させると丁度良い分量です。このオリーブオイルの量が1つ目のコツです。
また鷹の爪も種ごとキッチンバサミでチョキチョキします。種は辛いから入れませんというレシピもありますが、辛味を入れたくて鷹の爪を入れるので、私は種を抜くのは勿体ないという貧乏性です。(^_^;)



2,トマトソース

いつもの冷凍スライス玉ねぎ100gと野菜室の人参50gを千切りしたものを、ラップして600W5分で加熱します。

玉ねぎと人参の野菜の甘みがまるぞうトマトソースの2つ目の秘訣です。

有機トマト缶を投入してコトコト煮ます。長時間煮詰める必要はありません。コトコトなったらOKです。



このトマトソースに、1で作ったにんにくオイルと、薄口醤油大さじ1と塩小さじ1を投入して、ミキサーで撹拌します。

このミキサーでの撹拌が「まるぞうトマトソース」の3つ目の秘訣です。
この撹拌によって玉ねぎと人参の甘みがソースに溶け込むことと、オリーブオイルが乳化されて(マヨネーズと同じ現象です)コクのあるソースとなります。
最初上面に透明のオイルが浮いていますが撹拌することでオイルが均一にソースに混ざり合います。真っ赤だったソースの色が少し薄い朱色になるのが「まるぞうトマトソース」の特徴です。



3,パスタ茹で

パスタは水に30分ほど漬けておくと、生パスタに似たもちもちになります。茹で時間も短くなるので災害時の非常食にも使える調理法です。


1%の塩水で茹でたら湯切りをして、トマトソースのお鍋にパスタを投入します。

この時トマトソースのお鍋には中火〜強火でソースが沸々いっています。茹で上がったパスタが熱いうちにトマトソースをパスタに吸わせます。10秒程度でしょうか。



今の季節は新鮮な大根の葉を刻んで粉チーズを振りかけて

召し上がれ〜。



おまけ

おそらくトマトもイタリア産であろうと推測される有機トマト缶詰。


先日都内に出る機会がありましたので、いくつかの駅前のスーパーのお値段を調べてみました。皆様も有機トマトを購入されるご参考に。


高級スーパーだとなんと318円でした。



248円〜258円が相場でしょうか。


ここは特売で178円でした。ここで買えば良かった〜(^_^;)




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
青いさん
・・・
ちなみに私の好きなカレーと、あとかくし味には、やっぱり母のにんにく醤油です。30年~前からお徳用のに、むいたニンニクを🧄漬け込むだけのそれです。空いた小瓶に。

何にでも加えるのではなくてケチャップ料理でもこの料理には使う、とかです。冷蔵庫で長持ちする印象ですが、今どきはにんにく微妙ですかねぇ❓もう家でも食べなくて、でも一番好きなカレーは、母さん絡みのわたし好みの.なんです。バーモントの甘口とジャワの甘口を○:○で…みたいな あ すみません。。遠い記憶の自分出して〜

→ お母様の味ですね。ご馳走様です。(^^)

==========
三月の桃日和さん
・・・
まるぞうさんのかなり以前の記事でもカレールーをバーミックスで撹拌すると滑らかになって味も良くなる、と書いてらしたのを思い出しました。
ところで、バーミックスってスイス発祥なのだそうです。なんか嬉しい〜。

→ そうなんです。あれはためしてガッテンのノウハウでした。そしてバーミックスはスイス製なのですね。我が家のは嫁入り道具でしたので30年以上現役です。

==========
今日もありがとうございますさん
・・・
今日は、裏庭にこごみが生えていたので、天ぷらと味噌󠄀マヨネーズ和えにして頂きました。そして、日が伸びたので、先ほどまで草刈りやってました。涼しくて気持ち良いです。近所の方とゴミ拾いしたり、楽しい一日でした。

→ ご馳走様です(^^)

==========
カレー美味しかったです!
たくさんのレシピ公開ありがとうございます!
レシピ公開にあたって、いっそうおいしいレシピを研究したり、分量決めたりとご面倒おかけした事と思います。
早速今日公開してくださったまるぞうカレー2024年版作りました。
美味しかったです!
まるぞうさんのお料理は科学ですね!
なんの化学調味料も出汁も入れてないのに、すごい旨みが生み出されてました。なんかね、変だけど、味の素入れた?って感じるほど。失礼ですよね、そんな単純な旨味じゃないのに、すみません。
本当に美味しかったです。
ありがとうございました。

→ ご報告ありがとうございます。トマトジュースのグルタミン酸と醤油のグルタミン酸が旨味を底上げしていること。そして玉ねぎと人参の甘みを引き出していること。米油がソースの中で乳化されてコクが出ていること。などが美味しい原因だと思います。うっしっし〜(^o^)

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

まるぞう料理メモ12。まるぞうカレー2024版。

2024-04-13 10:36:57 | まるぞうレシピ


今回の「隠し味薄口醤油のトマトソース」でカレーも作ってみたらヤバかった。

今回はこのまるぞうレシピシリーズを掲載するにあたり、トマトジュースに薄口醤油を隠し味に使うということで、美味しいトマトソースになるという発見をいたしました。
このシリーズの掲載をしなければ、私もトマトソースの試行錯誤はすることなく、この「隠し薄口醤油」にも辿りつかなかったことでしょう。まるぞうレシピをリクエストしてくださった大勢の読者の方々ありがとうございます。

今回はこの「トマトジュース薄口醤油」を使ってカレーを作ってみました。これまた絶品でありました。
レシピをここに公開いたします。

薄口醤油と濃口醤油
私は関東人でありますので、醤油といえば濃口醤油でありました。しかし薄口醤油も使ってみるとなかなか良いなと思います。調味料の少ない我が家でありますが、醤油だけは濃口と薄口があります。

・濃口醤油:甘辛く味付けする時は、醤油風味に強い濃口醤油が適しています。豚丼とか。
・薄口醤油:素材や出汁の味を活かす時。旨味と塩味で補完したいとき。薄口醤油が良い仕事をしてくれます。

トマトソースを作る時は、あくまで旨味の補完であり、醤油の風味は表に出て欲しくないので薄口醤油が良いようです。



まるぞうカレー2024版

【材料(2人前)】
冷凍スライス玉ねぎ:100g
千切り人参:50g
トマトジュース:200ml
薄口醤油:大さじ1
冷凍醤油味醂手羽元:3〜4本
じゃがいも:1個

米油:大さじ2
にんにく:1〜2かけ
生姜:にんにくと同量
鷹の爪:1〜2本
カレー粉:小さじ2杯



1,トマトソース工程

いつもの冷凍スライス玉ねぎ100gと千切り人参50gをラップして電子レンジ600Wで5分加熱しました。


これをトマトジュース200mlにチンした玉ねぎと人参、そして今回は冷凍醤油味醂手羽元をを2〜3本とお好みでじゃがいもを入れてコトコト煮込みます。


20〜30分でじゃがいもがホクホクしてきたら、火を止めます。じゃがいもは煮込みすぎると崩れちゃいますからね。


冷凍手羽元醤油味醂
醤油味醂の手羽元は、他のお肉と同じで、手羽元100gに濃口醤油大さじ1味醂大さじ1でもみこみます。もちろん手羽元ではなく、醤油味醂の豚肉でポークカレーにしてもいいです。お肉はいれずにベジカレーでも大丈夫です。



2,スパイス工程

米油大さじ2に、にんにく1〜2かけ、生姜千切り同量、鷹の爪1〜2本をキッチンばさみで輪切りにしたものを弱火でじっくり加熱します。ここは弱火がコツです。

米油を使うのは加熱に強く風味の癖がないからです。でもエクストラバージンオリーブオイルでも良いでしょう。オリーブオイルの香りもカレーのスパイスと相性は良いと思います。お好みで。

油が静かにパチパチと音をたてて、にんにくと生姜の良いに匂いが立ち上ってきたら、ああ今日もカレー作って幸せだなあと感慨にふけります。


カレー粉を小さじ2杯投入。カレー粉は皆さんのスーパーで手に入りやすいもので結構です。

カレー粉が油になじんだら火を止めます。スパイス成分には油に溶けやすいものがたくさんあります。この油にスパイス成分を溶け出すことが目的です。カレー粉が焦げないように早めに火を止めます。



3,カレーソース工程

トマトソースから手羽元とじゃがいもを取り分けて、ミキサーでスパイスと混ぜます。
今回はバーミックス用に100均で直径10センチほどの容器を買ってきました。こちらにトマトソースとさきほどのスパイスオイルを投入して


バーミックスで撹拌します。スパイスオイルとトマトソースが乳化して美味しいカレーソースが出来上がります。

ソースの量が少ないとバーミックスだと周囲に飛び散りやすいのです。ですのでバーミックスを購入される方は、このような直径10センチほどの広口瓶があると便利です。

カレーソースをお鍋に戻して、手羽元とじゃがいももお鍋に戻して、火をつけます。カレーソースがふつふつ沸いて数分ほど。じゃがいもと手羽元にも熱が入ったら食べごろです。





召し上がれ〜。



醤油が隠し味に入っているって全くわからないけれど旨味の濃い美味しいカレーです。甘みも玉ねぎと人参だけの自然な味です。
スパイスオイルも「油で香りがたったら、すぐトマトソースと乳化させて、お鍋に戻して温めなおす」までの時間が短いので、スパイスの香りが残っております。食べる直前にスパイスオイル工程で仕上げるのがコツのようです。

市販のカレールーのカレーと異なり、美味しいのに後味が軽いカレーとなりました。まるぞうカレー2024版お楽しください。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
まるぞうさん、トマトソースを教えて頂きありがとうございます。簡単で美味しいお料理って楽しいです。自分が幸せである事を感じます。

→ 次回はいよいよこれでトマトソースパスタを作ってみたいと思います。

==========
SOPHIAさん
・・・
まるぞう様が以前紹介された、昨年梅ちゃん農家さんの訳あり梅7キロを購入して梅干しを10%の塩で作りました。皮が柔らかく出来上がり、家族も喜んでました。
しかし農家さんからメールが来て、代表者が足を痛まて来週の検査によっては、収穫が危ぶまれているようです。
健康第一で養生されますように。

→ お知らせありがとうございます。
本当に。健康第一で養生されますように。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

まるぞう料理メモ11。イワシのトマト煮込み。

2024-04-12 10:31:43 | 今日のひとり言


私が好きな魚は青魚です。アジ・イワシ・サンマです。
サンマは最近高いのでなかなか買えません。
新鮮なアジがお安く手に入る時は、アジのお刺身と、アラ汁が我が家の定番です。最近はアジのお刺身を軽く梅酢で〆るのが美味しいなと思います。

そしてイワシも大好きです。新鮮なイワシがお安く手に入る時代が続くといいなと思います。
本当に新鮮なイワシならお刺身も美味しいし、そのまま塩焼きも美味しいし、醤油と味醂で炊いても美味しいですが、今回は昨日からのトマトシリーズの一貫でトマト煮込みで行きましょう。



イワシのトマト煮込み

【材料(3人分)】

・冷凍スライス玉ねぎ:100g
・人参:50g
・トマトジュース:200cc
・薄口醤油:大さじ2
・イワシ:3〜4尾



1,トマトソース工程

これは、もう定番の作り方です。冷凍スライス玉ねぎと人参千切りをラップで覆って


600W電子レンジで5分間


トマトジュース200ccに玉ねぎと人参を入れてコトコト加熱します。




2,イワシ捌き工程

イワシは頭を切り落として


二枚に下ろします。(左側のボウルが切り身。右側のボウルがハラワタ)

骨のない身は3分割に切り身にします。。これは明日の家族のお弁当用です。
骨のついた身はそのまま煮込みます。こちらも3分割しても良いのですが、お弁当用の骨なし切り身を取り分けるのが面倒なので、その日に食べる骨つきのは丸のままにしています。

写真の右側のボウルのハラワタは捨てても良いのですが、私はイワシのハラワタが好物なので、これも取り分けておきます。

ハラワタが食べられる魚。
イワシやサンマやアユなど、胃がない魚はハラワタも美味しく食べられる。もちろん魚が新鮮できちんと火を通すことが条件でありますが。アユがハラワタが一番美味しいという食通の人もいるようですが、私も新鮮なサンマの塩焼きはハラワタが一番美味しいと思います。
この苦いハラワタが好きな人は、イワシ料理もハラワタは捨てずに煮込みに入れてみるのをお試しください。

アラは臭わないように冷凍庫に。
ちなみに魚を捌いたあとのアラは、私はそのままビニールに入れてくるっと口を縛って冷凍庫にいれます。こうするとゴミの日まで臭わずとっておけます。特に夏場は魚のアラは一晩で臭いますから。



3,イワシの出汁とり工程

イワシの頭のエラを取り出して、水100ccで弱火で蓋をしてコトコト煮込みます。


エラの取り方
https://youtu.be/Nh-626cUfLc?si=OKNdqQG05Jr7_L-1
こちらは豆アジの手捌きの動画ですが、イワシの頭もこれと同じ様に簡単に手でエラだけ取り除くことができます。エラは煮ると生臭くなるので、出汁を取る時はこのように外します。
外したエラは、ビニールに入れて冷凍庫に。次のゴミの日の朝捨てます。

イワシの旨味を凝縮
弱火でコトコト煮込んで、イワシの頭がほろりと崩れるようになったらトマトソースにこの出汁を投入します。
頭はスプーンの背でギュウと潰して、最後のエキスを絞ります。イワシの頭はトマトソースには入れませんよ。網で濾しても良いかもしれません。


トマトソースに薄口醤油大さじ2杯入れて


ミキサーで撹拌します。

この時点で味見すると、トマトと醤油の旨味と、イワシの旨味が合わさって極上の味です。ご馳走様です。
下ごしらえはここで完了です。



4,温め工程

家族が食卓につく10分くらい前になったら、お鍋のトマトソースに火を付けて沸いたら、冷蔵庫からラップした切り身のイワシを取り出して、お鍋に投入します。

ハラワタは私しか食べませんので、お鍋の片隅に寄せてあとで取り分けしやすいように左側奥に寄せてあるのがお分かりになりますでしょうか。

火が通ったら出来上がり。
煮魚は長時間煮込まないのがコツです。沸騰した煮汁にさっとくぐらせて魚の身に火が通れば出来上がりです。これは醤油と味醂で和風煮魚で炊くときも、今回のようにトマトソースで煮込む時も一緒です。


召し上がれ〜!!




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今日もありがとうさん
・・・
バーミックス、購入します。まるぞうさんのレシピは本当に美味しそうです。

→ バーミックスは材料が少ないと周囲に飛び散り易いので、作る人数が少ない場合は、小型のミキサーの方がいいかなと思います。次回はこの飛び散り対策を考察してみます。

==========
ロールキャベツみたいなシチめんどくさいものをお店のまかない料理で作るなんてありえなーい、と思いながら読み始めたのですが。
まかないって巻かないっていう意味もあったのですねー。オヤジギャグ(笑)

→ そうなのです。(^^)

==========
なんか土用干しにこだわりますと、何もしないでおわるわたしなので、それナシでも美味しいものだろうし、さっと動く方が良いなって…

→ 土用干しはこだわらなくて良いと思います。私は在宅勤務なので干せますが、昼間家にいない生活パターンの方だと雨降り対策など難しいかなと思います。

==========
しっかりした方だから、理系で論理的で無駄なことがないんじゃないかと勝手に想像して思い込んでいると、そうでないと分かったときのギャップやズボラささえも、不思議とその人の魅力のように感じてしまいますね。

→ 多分生の私を知っている方は、しっかりしているという印象より、抜けてるとかズボラという印象をお持ちになると思います。(^^)

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。