まるぞう備忘録

無題のドキュメント

心の中のお天道様考5。 一番恐ろしいこと。

2021-06-12 10:17:21 | 今日のひとり言


人は死んだらどうなるの?

 神様って百人百様であるように、それぞれが考える「死後の世界」も百人百様だよね。きっと。
 私は「自我の行動記録」はアカシックレコードに保存されて宇宙の彩りの一粒になるだろし、



 生命の部分は生命潮流という大きな宇宙の生命の本流に戻っていく。漠然とそう考えている。
 でも当然私は死後の世界なんて観えないから、個人的な仮説だよ。

 ちなみに「心の奥底のお天道様」って生命潮流の一面と個人的には思ってるよ。





それは本当に恐ろしい。

 それでね。生きていた時に感じていた「良心の疼き」って、死後はそのまま固定化されちゃうからさ、そのまま悶絶のまま固定化される。そういうように感じるのよね。

 生きている私が、フェイスブックに登録された数多くの友人たちの一覧をまともに観れるようになる過程は、やはり相当心が悶絶したからね。
 しかも生まれてから死ぬまでに縁があった人たち全員だからさ。もうものすごい数の人たちだよね。

 私の思い込みや思い遣りのない言動で傷つけた人たちと、一人ひとり対峙するわけです。もう死んでしまった世界だから、時間が止まった空間で。自分自身の良心の疼きと対峙する世界で固定化される。

 昔の人は「死んで地獄に堕ちる」とか言うけれど、きっとこれが地獄と呼ばれる現象じゃないかなと思う。

 もちろん私は死後の世界は観えないから、自分の人生体験から漠然とそう思うだけだよ。
 生きている間に、自分の良心の疼き一つひとつ掃除するのは、本当に「痛い」ことだったからさ。きっと死後の世界ならそれが桁違いだろうな。と思うだけさ。

 もともと私は理数系で宇宙は陰と陽の振動が無数に組み合わせさって成り立っているという考えが好きだ。いかにも物理的だよ。
 そんな陰陽の仮説からしても、「死後良心の疼きで悶絶する」って世界観は良く合っている。そう思えるんだ。



「そんな心配大きなお世話」

 だからさ。この世でブイブイ言わせている人達を観るとさ、ああ、お気の毒と思っちゃう。
 いかにも良心の疼きに蓋してます。という人を観ると、本当にお気の毒と思う。

 せめて生きているうちにその一つか二つでも「良心の疼き」の蓋を開けて、辛いけれど痛いけれど、昇華しておいたらいいのにな。って心から想うよ。

 といっても私の個人的な死生観から来る感想だからね。本人たちにとっては大きなお世話だろうね。



良心が疼くから止められないの。

 でもその人の言動を観るとさ。ああ、この人は良心の疼きが気になって気になって、それでこういう言動をするんだろうな。って思うことが時々あるよ。長く生きているとね。

 たとえば、自分を正当化する言葉を延々と続ける人。私にはその人の「疼き」がビリビリと伝わってくるようだよ。あくまでも個人の死生観です。

 その人は沈黙が苦手なんだろうね。
 だって静かにしていると、蓋の内側の「疼き」がビリビリ震えだすからね。

 自分がしゃべっている限りは「疼き」を感じなくてすむように錯覚している。
 だから自己主張を延々と続ける。
 相手が折れて認めてくれれば、この疼きは止まると錯覚している。
 でもいくら相手を力づくで説き伏せてひれ伏させても、疼きは自分の心の中から出てくるものだから、止まらないよ。

 だからそういう人は、いつでも「説得する相手」を探しているように観えるよ。
 とにかく相手が自分に対して引っかかってくれることを望むかのようだ。そして引っかかってくれたらしめたものだ。
 その人が「私負けましたわ」と言うまで自己正当化が出来る。そしてその間だけは、疼きを感じなくて済むと本人は錯覚している。



恐ろしいことの象徴=閻魔大王

 もちろんこれは仮説上の話だよ。
 実際私が現実界でもネット界でも遭遇した人の話じゃない。心の疼き仮説の延長線では、世の中にはそういうケースもあり得るかもしれないという仮説だよ。



 でもさ。それほど「良心の疼き」って恐ろしいものです。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
おヒゲのセンセのブログ
>先日、ファイザー社サイトに 
ワクチン研究?始日 : 2020年4月29日
推定第一次完成日 : 2021年11月2日
推定研究完了日 : 2023年5月2日
  ただ今堂々治験中とは知ってましたが、あらためて日付を見ると、ちょっと勇み足過ぎないかと思います。

→ 情報ありがとうございます。

==========
雑菌より

→ コメントありがとうございます。

==========
家の梅の実、高い所は取れなかったのですが、朝夕に落ちている実を拾っています。ほんのりと黄色く、良い香りがします。

→ 良い匂いがこちらまで伝わって来るようです。ありがとうございます。

==========
他人様については、そっとしておいて差し上げる。
というのもある意味思い遣りなんだろうなと、感じるこの頃です。現実の自分の周りのいろいろなことから。なかなかその塩梅が難しいのですが。同時に、自分の自我についても、たとえ暴走していたとしても、一瞬でもそっと離れてみてそっとしておいてあげる、という癖づけができたらたいしたものだと、己は思います

→ 良い言葉ですね。いつもありがとうございます。

==========
私はあらゆる物事に関して説明を求めます。相手の嘘や誤魔化し思いやりの欠如を感じれば最後、適当なことを返してくる相手にはその脇の甘さに怒りをおぼえいちいち矛盾をついて許しません私は責めてしまう性格なんです。

→ 一番恐ろしいのは自分の良心の疼きです。それに気づいてから、良心のない言動をする人に対して腹が立つというより気の毒にと思うように変化しました。

良心のない人間からは被害を受けないように、注意深く距離を開けて生活することは大切なことですが。それ以上深追いして腹を立てたり攻撃する必要はない。その人自身の(今は本人が蓋している)良心の疼きが一番恐ろしい。

どのくらい恐ろしいかというと、昔の人がその現象に「閻魔大王」という名前を付けたぐらいです。

「死後の自分自身の良心の疼き=閻魔大王」です。死後は時間が止まった世界ですから、本当に恐ろしいです。

==========
今年3月下旬に北海道旭川で起こった女子中学生の凍死自殺の件をご存じでしょうか?

→ 亡くなられた女の子の御冥福を心からお祈りしております。あと御家族の無念さも。

==========
これからもブログ楽しみにしてますのでどうぞ宜しくお願い致します。

→ ありがとうございます。励みになります。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (26)