まるぞう備忘録

無題のドキュメント

時事ネタ。

2021-09-19 10:25:08 | 今日のひとり言


仏高官「英は米の属国」と侮蔑 潜水艦巡る大使召還で無視
共同通信 9/18(土) 19:13

【パリ共同】米英豪3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設によりオーストラリアに潜水艦共同開発計画を破棄されたフランスは17日、駐米、駐豪両大使の召還方針を発表したが、英国に言及しなかった。フランス高官は英国が米国の「属国」になったと侮蔑。相手にしないとの抗議とみられ、同盟関係で異例の対立が一層際立った。

 中ロなどへの対抗軸として民主主義陣営の結束強化を図る米政権は「フランスの立場を理解しており、相違点の解決に向けて取り組む」として修復に努める考えだが、不協和音が広がる恐れがある。

 オーストラリアは、米英の支援で原子力潜水艦を導入する方針。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6bde43d01613696ce36032714c84dba6c980b2c8


 アメリカは中国と対抗する陣営をより先鋭化させようとしているかのようです。
 フランスに対して「君のところは中国にベッタリだから、先鋭チームから外れてもらうことにしました」と宣告したようなものです。

 フランスは「何だと〜。俺はあんたたちの側じゃないのか。ああ。そうですか。ああ。そうですか。あんたたちが俺をそう見ているならわかったよ。ああ。わかりましたよ。こちらも大使を召還だ。」

 という流れです。
 アメリカは同じファイブアイズでもカナダとニュージーランドには距離を置いているように見えます。
 その一方、日本とインドには「君たちはこっち側だよね」というマウントを急いでいるように見えます。

日米豪印の枠組み「クアッド」首脳会合 対面で初 24日に開催へ
NHK 2021年9月14日 7時49分

アメリカ・ホワイトハウスは、日本、オーストラリア、それにインドとの4か国でつくる「クアッド」と呼ばれる枠組みで初めてとなる対面での首脳会合を今月24日に開くと発表しました。
日本からは菅総理大臣を招待するとしています。
・・・
アメリカのバイデン政権は中国に対抗していくうえで「クアッド」の枠組みを重視していて、声明では「首脳会合はバイデン政権が21世紀の課題に向き合うために新たな多国間の枠組みを通じたインド太平洋地域への関わりを重視していることを示している」としています。
・・・
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210914/k10013258171000.html


 トランプ大統領は戦争をさせないための脅しの外交でありました。しかしバイデン大統領に指示をしている人たちは本当に戦争することが希望でありましょう。日本については「利用できる駒」という認識でありましょうから、日本も更に大人の対応外交が必要となる時代となるでしょう。

 退任直前の日本の首相を呼びつけたのは、次の政権への申し送り事項もきちんと伝えさせることなのでしょう。というここから先は全部私の陰謀論小説です。

 「スガ。私たちは同じ指示は2回はしない。だから君の次のリーダーも君と同じ様に私達に深い理解と忠実な従順を示してくれることを私達は期待している。」



 候補Aは私達の従順なパートナーだ。彼がリーダーになれば、我々と日本政府との歩調はより強固なものになるだろう。
 日本語には忖度(そんたく)という言葉があるそうだ。良い言葉だ。

 候補Bも同様に私達に従順なリーダーとなるだろう。ただBの問題は、日本の官僚や日本の経済界も自分たちが彼の飼い主であると勘違いをしているところだ。
 このため、Bがリーダーになった時は、私達は誰が本当の飼い主なのかを、日本の官僚と経済界に思い出させる必要があるだろう。ひと手間かかるということだ。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
ご存じかもしれませんが先日の虎ノ門ニュース9月16日配信分YouTube側の圧力で放送できない部分があるとのことで、その部分がニコニコ動画で放送されていました。

内容に関してはイベルに関してで有村さんが北里大学の専門家に取材する形で放送されています。
ちょっと驚愕の事実が明かされます。(私にとっては)

以下ニコ動になります。

https://www.nicovideo.jp/watch/so39341442?ref=search_key_video&playlist=eyJ0eXBlIjoic2VhcmNoIiwiY29udGV4dCI6eyJrZXl3b3JkIjoiXHU4NjRlXHUzMGNlXHU5NTgwIiwic29ydEtleSI6ImhvdCIsInNvcnRPcmRlciI6Im5vbmUiLCJwYWdlIjoxLCJwYWdlU2l6ZSI6MzJ9fQ&ss_pos=1&ss_id=4787e072-d4cc-46f8-9635-13fa11bb7e0e

75分頃からのスタートです。

→ 情報ありがとうございます。大切な内容です。

==========
まるぞうさん、これどう思われますか?
https://bitchute.com/video/aGzhlHLPxAmo/

→ 証言は本当だとしてもレムでシビルが毒というのは本当だろうかと思います。
重症と呼ばれる「体内ウイルスは減少しているが、サイトカインストームが発症する段階」では、効果的な治療薬はなかなかないということだろうと思います。

==========
まるぞうさんに見解を伺ってみたいことがあるのですが、
それは、「菅首相はマジで衆院解散をしようとしていたのだろうか?」です。

→ 真実はわかりませんが、私は充分あり得た話だと思います。
支持率が低くても、野党も不甲斐ないので、選挙の投票率は著しく落ちても、自民党の大敗北にはならないと思います。
そうなると、選挙で敗けなかったという禊をもって、総裁続投。というシナリオは現実的だと思います。

ただ、安倍さんと麻生さんは、今のまま菅さんだと日本が危ないと思ったのではないかと思います。大人の外交ではなく、言われるがままのロボット外交になっていたので。という空想政治小説です。

このお二人は生命をかけて大人外交に徹した総理経験者であるので、紙一重を越えた「ああ、もう陥落しちゃったわ」という危惧は誰よりも強くお持ちだったと思います。

菅さん御本人は一線は超えていないとお考えでしょうが、お二人には菅政権は一線は越えちゃったと見えたポイントがあったのだと思います。

=========
私と結婚して以来とっても健康的になった夫、サプリは手に入るものは摂っておりますし、糠漬けもこちらでお手入れ方法を読んで以来たまに食べてもらっています。欧州出身の同僚に教えてもらったザワークラウトも作っています。納豆も挑戦するつもりで納豆菌も先日購入いたしました。
せっかく私と結婚したのだから、大和撫子の支えで夫の体には「呑み込んで」もらおうと思います。

→ コメントありがとうございます。美味しそうですね。

==========
https://indeep.jp/how-much-will-suicide-increase/
Indeepの記事に、枠ワクがヒトヘルペスウイルス6を活性化させる作用があり、それは、うつ病を誘発する可能性があるそうで、

→ 腸内環境が鍵なら、まだ望みはありますね。

==========
本日 every.17:00からのニュースでチラッと見たら河野さんが「来年になると生後6ヶ月のあかちゃん打てるからワクが出てくる」との字幕が出てびっくりしました。

→ 彼は忠実な私達のパートナーだ。しかも有能だ。You know?

==========
まるぞうさん、出口まで半分位は行ったでしょうかね。組織の中で働くとはこう言う事なのですね。

→ まだ5分の1くらいではないでしょうか。
5月からの接種ワクチンの効果切れ(6ヶ月)が、感染者数や重傷者数の数字となってニュースに報道されて始めてからが本番だと思います。

==========
午前中に選挙区の自民党議員のブログ見たら、応援するのは私とは違う方なので、お願い電話は無理そうとため息がでました。声を届けるのって、難しいと思っていたとこるでした。

→ こういう声は議員さんには効果的なので、ダメ元で掛ける意味はあったかもしれません。1次投票ではなく決選投票でとか。

==========
私は枠無しでお役に立ちたかった。。変人だとはしゃいでいたのに無念です。何とか11月まで猶予をもらいました。日々変わるニュースや異物がある中、まるぞうさんなら、どれなら妥協できますか?自己責任は承知しています。彼は来月にも打つ勢いです。宜しくお願いします。

→ 11月まで猶予をもらえたら上出来だと思います。またその時になったらこちらに投稿してみてください。

==========
うちの病気がちな妻が、YouTubeの「神様の見える子供たち」を観て、自殺はやったらあかんと思ってくれたようです。動画のお母さんの3人の子供(精霊、神様、宇宙人の魂を持つ模様)たちが神社に行って、神様の絵を描いたり、元気づけてあげたりとハートフルな動画でした~。

→ コメントありがとうございます。良かったです。

==========
ご報告。二人の国防女子はそれぞれの配属先の上の人との面接で、枠を強制しないと言ってもらえました。一安心です。アドバイス助かりました。

→ 良かったです。教えてくださってありがとうございます。

==========
もう一つは査読前論文
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.05.03.21256520v1
オランダから
多くの論文の検討がされています。

→ こちらの方はその現象が解説されておりますね。
「しかし、興味深いことに、BNT162b2ワクチンは、特異的(SARS-CoV-2)および非特異的(ウイルス、真菌、細菌)刺激の両方で刺激すると、自然免疫細胞による炎症性サイトカインの産生も調節しました。」

サイトカインが抑えられるということは、免疫の働きを弱めているということなので、感染しやすくなっているということです。

教えて頂いてありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (18)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

時事ネタ。

2021-09-18 09:37:59 | 今日のひとり言


退任直前の訪米の意味?。

菅首相、退陣直前に訪米 異例の外遊、与野党疑問視
時事通信 2021年09月10日07時14分

 首相訪米について、加藤勝信官房長官は9日の記者会見で「具体的な日程は決まっていない」と詳しい説明を避けた。退任間近の首相が出席することに関しても「主催者の米国が判断することだ」と述べるにとどめた。
・・・
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090900983&g=pol


 米国で仕切っている人たちからすると、今なら何でも言うこと聞かせられる首相を呼びつけて、日本政府として何かを約束させたい。そんな思惑もあるのかもしれません。

 呼びつけられる直前の首相の発言
【速報】菅総理 河野大臣支持を表明 自民党総裁選挙で
TBS 9/17(金) 18:04配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/1845c2f7ee7f4f0d9083e4c9b60eed0be8760f52


 呼びつけられる側はいろいろ大変です。心中ご察しします。
 しかし仕切る側の人がご指名するように、河野大臣は本当に優秀な方だと思います。

米FDA諮問委、コロナワクチン広範な追加接種に反対 高齢者は推奨
ロイター 2021年9月18日

[17日 ロイター] - 米国食品医薬品局(FDA)の外部専門家による諮問委員会は17日、16歳以上の米国民に対する新型コロナウイルスワクチンの追加接種の承認に反対した。ただ、高齢者を対象とした限定的な接種は推奨するとした。
・・・
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-boosters-idJPKBN2GD258


 このように、本国アメリカの足元では3回目接種は揉め始めているところでありますが、

3回目接種「一番早ければ10~11月から」河野氏
混合接種、厚労省に検討指示
日経 2021年8月29日 12:20

河野太郎規制改革相は29日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種(ブースター接種)について「一番早ければ10月終わりから11月になる」との見通しを示した。
・・・
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA290JL0Z20C21A8000000/


 2週間前の記事ではありますが、河野氏はきちっと仕事を進める優秀な人材です。

 私が外資系大企業の経営者層であれば、日本支社のトップはこのように、忠実で情に流されることなく仕事を完遂できる人材に任せたいと思うことでしょう。
 日本市場をきちんと換金して本社に上納できる人物が求められます。



https://docs.google.com/spreadsheets/d/1syUoJ7PY7PXhluY1VF62aO7lKMzKl2-I6Xd2RxweyNA/edit#gid=0

 本国からのゴリ押しが勝つのか。あるいは日本経済界や現時点では最も多くの自民党議員先生が応援する岸田先生が勝つのか。静かに見守りたいと思います。

「十倉経団連会長、岸田氏の経済政策支持 時事通信 2021年09月16日」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091600477&g=pol




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
この方の伝える脅威について、私たちは知っていたほうが良いのか、何も知らない方が良いのか?
どちらが日本を守ることになるんでしょうか。

→ 私は一連の動画は興味が持てませんでした。真面目な方であるし日本を守りたいという方なのだろうなとは思いましたが、行き止まり感のようなものを感じたのでした。言葉にするのは難しいです。

私は日本人は「ハングリーな他国の人たちと渡り合うしたたかさ(柔らかい強さ)」が必要であると思います。排除して無菌で生き残るのではなく、呑み込んでしまう生命力の強さ。これがゴールならいいなと思います。

==========
今少し日本おかしい、コロナで死んだら大騒ぎ、ワクチンで死ぬはオッケー、おかしいでしょ?と。
イベルメクチンをインドネシアでも推奨している人もいる話を見つけたので、そこから医療者のインフルエンサーをたどり、翻訳からイベルメクチンの話題を見つけて本人達にメッセージしました。
あなた達が死ぬ可能性は嫌だと伝えたし、日本は強制じゃないから大丈夫と。

→ ありがとうございます。

重症者 コロナ  ワクチン 
10代    2人  17人
20代   22人  323人
30代   53人  373人
40代   184人  455人
50代   479人  304人
60代   648人  304人
70代  1001人  525人
80代   452人  951人
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000790392.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000816269.pdf

==========
オンエア情報
・美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室 第4弾

→ 情報ありがとうございます。前回の番組を観るとお悩みが枯渇しているように見受けられました。スタッフが無理やり番組演出に合ったお悩みを作り上げてるような。あと必ずLGBT枠も必ず入れないといけないという制約がありそうです。だから今回はもう観ないかなと思います。

==========
私は自民党員なのですが、どのようにしたら応援している方を推薦できるか、ご存知ですか?

→ それは地域の自民党議員さんに相談することだと思います。その結果どういう内容だったか教えて頂けるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

==========
まるぞうさんの「味方につけてはいけない人物。」とは、落ち目の二階派の悪手と見ておられるのでしょうか?

→ 他のコメントの方が疫病神と解説されておりますのでそちらをご参考になさってください。ネットではその方をフレンドリーファイヤーとも。

==========
その中和抗体は、武漢ウイルス用に特化され長期間体内に記憶され残り続けます。
同時に、自然免疫は戦闘力が低下してしまいます。

→ ネットで拡散されている動画にも同様の見解がありますが、私にはそのメカニズムがわかりません。

抗体を記憶するメモリーB細胞と自然免疫は干渉しながらも独立した免疫系統だと思っています。どこか医学的な解説記事があったら教えていただけますか?
「中和抗体が記憶されると自然免疫が低下する」

==========
https://www.chunichi.co.jp/article/326677

それでも、生きてゆかねばなりません。
どんな事があっても逃げないでこの国の行く末を見守ってゆかねばと思います。

→ コメントありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (29)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

向かい風の時は、上司やお客さんからクレームが来ないように。

2021-09-17 08:47:09 | 今日のひとり言


河野氏「決選投票回避」に黄信号 野田氏出馬で
産経 2021.9.17 06:07

 自民党総裁選(29日投開票)の告示前日となる16日に出馬表明した野田聖子幹事長代行は、土壇場まで立候補に必要な20人の推薦人確保に腐心した。支持を見込んでいた石破茂元幹事長に近い議員から協力を拒否されたが、他の陣営から支援を受ける動きが広がった。背景には、野田氏の出馬で票を分散させ、党員票で有利とみられる河野太郎ワクチン担当相の勢いにブレーキをかけたいという他陣営の思惑もありそうだ。(市岡豊大)
・・・
 河野氏は自身の知名度と地方人気の高い石破氏の協力を武器に党員票を集め、初回の投票で過半数を得る戦略を描いていた。岸田氏や高市氏を支持する勢力は河野氏への忌避感が強く、決選投票となれば逆転される可能性があるからだ。

 野田氏は選択的夫婦別姓に賛成するなど、河野氏と主張が近い傾向もある。「野田氏の出馬で、河野氏が一番割を食う」(閣僚経験者)との見方は強い。

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210917/mca2109170607002-n1.htm


 もし野田聖子氏が総理になると未来の受験生が苦労するというジョークがネットに投稿されていました。なぜって?だって。

菅 → 野田 → 安倍 → 菅 → 野田

だからです。


味方につけてはいけない人物。

 という冗談はさておき、野田氏を推薦した議員に対して「見損なった」というネットの批判があがったりしていますが、実は深謀遠慮の作戦かもしれません。

 あともう一つ考えることは、勝負に勝つためには「疫病神を味方につけないこと」というのが本当に大切なんだな。ということを改めて感じます。

 でも運が下り坂の時は、裏目裏目に出てしまうのものです。策士策に溺れる。



毎朝のルーチンで風向きを知る。

 人生には必ず波があります。
・追い風のようにいつのまにかどこかからか助けが来る時。
・向かい風のようにやることなすことタイミングが悪い時。

 私がかつてオートバイ乗りで毎日オートバイで通勤していた時は、毎朝の信号の引っかかり具合で、その日の波を判断していました。

 今日は追い風の日なのか向かい風の日なのか。
 向かい風の日は、とにかくミスに注意。そして人からの信頼を失わないことが重要。下手に取り繕うと傷口を大きくするので、まず誠意を持ってあたること。
 今まで自分が溜め込んでいた、運の借金の返済を一気に求められると覚悟すること。

などなど。



 いつもの朝とは違う「あれ?おかしいな」は、大切な小さな警告であります。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
コロナ情報もネットに盛りだくさんの昨今。読む前にこのお話思い出そう。読めて良かったです。

→ 自分がどういう情報を望んでいるか。ということがわかれば、
・自分の望みどおりの情報はすぐに飛びつかない。
・自分が望んでいない情報こそ真摯に受け取る。

という補正は役に立つと思います。

「エコーチェンバー現象(エコーチェンバーげんしょう、Echo chamber)とは、閉鎖的空間内でのコミュニケーションが繰り返されることにより、特定の信念が増幅または強化されてしまう状況の比喩である。」

==========
女医先生の記事は最初にSNSの件が出てきて、誘導?と少し心が警戒しつつ、読もうとすると何となく字面から冷ややかな印象が伝わり、頭に入って来ませんでした。ただ、このお医者様も「打て」なんだ。。様子見の人に打ちましょう」なの。と、印象を持ったまま翌日になってしまいました。
次の課題は、大阪大学教授の文章は、分からない専門用語があっても、最初から最後まで読みやすく、素人ながら伝わり易く要約できました。しかし、最後の課題は、何回読もうとしても、何故か意識が離れやすく、何が言いたいか分かりにくいので、昨年から色々在りすぎて、頭が悪くなったのかしら、、とも一瞬思いました。最後の方の文章って、突然景色が変わる様に、急に論調が変わって、最後は何か主張のように、読む人に、訴えようとして、なんだろう、この文章。。と思ってしまいました。
結局私の場合、自分の感覚のままになっていることもあり、先ずは主観を交えず、要約することが出来たのは、正直大阪大学の先生の論文だけでした。


→ 正確な嗅覚だと思います。コメントありがとうございます。

==========
じゅん子さんが聖子さん推しで炎上しております。
柔軟に考えると太郎さんが不利になるのであれば聖子さん推しもOKなのでは?と、考えるのはおかしいでしょうか?

→ 私はそれだ。と思っております。

==========
まるぞうさん、思わぬところで落とし穴にはまりました~!まさか、私の感想コメントが掲載されると思っていなくて。恥ずかしながら昨日私は、まるぞうさんに怒られたと思ってしまいました!

→ 私は読者の方のコメントを怒ることはありません。どれも大切なコメントです。
(この方のコメントとは別に)もし今までに私のコメントでそのように感じたことがある方がいらっしゃるとするなら、申し訳ありません。

==========
このお題をゲームみたいにやったおかげで、なんでワクワクを打たない方が良いのか、やっと理解できたような気がすると主人が言ってました。今更?ちなみに主人は素直で良い人なのですが、感覚人間で陰謀論やスピ系にハマりやすいタイプです。いつも森の番人に連れて行かれないよう注意しています。(笑)

→ コメントありがとうございます。みなさまが投稿してくださる内容で、私もいろいろ考えることが出来ます。

==========
コロナもインフルもスパイクタンパクが有りながら、インフルではADEが起こらない理由は、私のレベルでは判りませんでした。

→ ウイルスが人間の免疫が作った結合抗体を利用して、人間の細胞の中に入り込める(そして細胞の中で増殖する)ワザを持つかどうかだと思います。

ですのでそのワザを身に着けたウイルス(コロナ系、デング熱、HIVなど)は、ワクチン対処方法(体内に抗体を増やして対抗する)は危険であると思います。

==========
職場に平気で他人の陰口、嫌な言葉で人を傷つける方が居ります。自分が陰口で仲間内を中互いさせたりもします。でも本人は人が傷ついているのを見て職場内の事なんて気にしないでしょとおっしゃいました。色々とフツフツと怒りが湧いてきます。自分の考えは間違っておりますか?過去からのフラッシュバックが蘇り苦しいです。

→ 思い出して怒りがフツフツ湧くのは仕方ないです。そういう時はここに投稿してみてください。

==========
ついこの前は、ワクチンで死ぬって拡散されていると聞いて、今日は高市さんが総理大臣になったらフォートナイトとかゲームが規制されるから阻止しよう、ってTikTokで拡散されていて。
結局、こう言った情報は真実を調べさせないような思考停止をさせる為に、わざと流されているんですかね?

→ 本人の本性が現れやすいように世の中が変わって来ているのだと思います。インターネットの普及で良いことも悪いことも加速しているように思います。
本来なら私の個人メモですが多くの人が読めたりするのもその流れの一つだと思います。

==========
私は、子供はいませんが、アン○○マンの「何の為に生ま○○、何をして生きる、、」この歌聞くと泣けるのです。
この頃思う事は、悲しくて辛くて泣く事が多かったですが、
この歳になると、美しい物を見たり聞いたりすると泣けるのです。 人が必死で、自分を鼓舞しながら、生きる姿に感動するからですね。

→ コメントありがとうございます。
人は人生経験を積んでいくと共感性が増すそうです。生きる体験は良いこともたくさんありますね。

==========
今日90歳のお爺さんとお話ししたのですが、「終戦の前日まで皆がボロい服着て空腹で、本土に空襲が有っても、負けるなど報道されず、日本は本土決戦で必ず勝つ!と民間人も信じで疑わなかったと。負けるなど言おうものなら袋叩き。それが陛下が終戦を宣言した翌日から、声の大きかった人ほど180度人が変わった様になった」と。
自分自身含め個人が現実に起きてる事を熟考出来ないと同じ事繰り返すだけですね。

→ 本当に。今日本で起きていることだと思います。コメントありがとうございます。

==========
細かい文字が見にくい年齢になりました。長い文章や複雑な文章を読む根気がなくってきたのですが、これからはゆっくり読み込む習慣をつけようと思います。

→ 難解な内容でも誠実な文章は「理解できなくても嗅覚でわかる」というのが私の仮説です。

煙に巻く文章は、わざと読者が理解できないように書いています。詐欺っぽい表現も嗅覚でわかるという仮説であります。

==========
こちらで学んだこと多々ある中で
私が特に好きな
まるぞうさんの表現は

「薄皮を破らない」です。

この事の大切さを
本当に痛感する毎日です。

人との距離感であったり
自分の自我との付き合い方だったり
なにかある度にリフレインします。

記事のリクエストという
わけではありませんが

改めてこの言葉から
まるぞうさんが感じられる事
ご教授いただければと思います。

→ 自我の動きを逆に補正するコツのようなものです。

自我が暴走をしようとすると「待て待て。一回アクセルペダルから足を外しましょう。そして信号を一回待ちましょう。」ということです。

逆に自我が逃げたいことや見ないことにしたいことは、薄皮をベリベリと剥がして、真正面から一回受け取りましょう。と思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (24)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トリックを見破ることは可能か。その7。

2021-09-16 09:59:33 | 今日のひとり言


 今回はトリックにかからないための考察を続けて来ました。

思い込みの強い人はひっかかりやすい。

 本来は誰しも心の嗅覚を持っているはずなのですが、せっかくのこの嗅覚を妨げるのが
・ゼロかイチかの思い込み
のようです。

 思い込みは「ゼロかイチ」が大好きです。でも本当のその思い込みはいつも正しいでしょうか。
 機会があるたびに「自分の思い込みの半分は間違っている。というスタート地点から」と視点をリセットすることが、心の嗅覚のアンテナを活かすこととなります。



自分で考えるの嫌。結論だけ言ってよ。そのとおりにしますから。という人はひっかかりやすい。

 そしてもう一点。「自分で考えるの嫌」という人は、やはりトリックに引っかかりやすいと考えられます。
 たとえばテレビで繰り返し流すキャンペーンを信じるのは、やはり「自分で考えるの嫌」という人の傾向があるように思われます。

 これはテレビに限らず、ネット情報でも。とにかく〇〇が言うことなら無条件に信じる。だって私考えるの苦手なんですもの。という方は、やはり長い人生でトリック罠にひっかかる可能性は高いと思います。

 この人が言ったことは全部正しい。この人が言ったことは全部間違っているというゼロかイチではなく、まず自分の頭で考える。そして中立の視点で心に訊いてみる。

・自分の腹におちたことを軸とする。
・腑に落ちないことは、否定も肯定もせず静かに距離を置く。

 このようなスタンスが、世の中(テレビやネット)にあふれる誘導トリックから自分の身を守るコツであると思います。



だから面白い。

 右の崖にも左の崖にも落ちないように。半分半分のバランスを取りながら、この曲がりくねったロングロングワインディングロードを走って行きたいと思います。



このシリーズ終わり。
お読み頂いてありがとうございます。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
もう全てがめんどくさい。早く終わってくれ~!!

→ まあ、一緒にワインディングロードの景色を楽しみましょう。頑張る頑張らないに関わらず、生きた体験としてこの景色を観られる時間は限られているのですから。

==========
公式日防チャンネル川崎駅前

この内容を見たら、まるぞうさんはどう受け取るのですか?意地悪く見て、どの部分に不信感?を持ち、どの部分にエビデンスを求めますか?

→ 日本を守るのは何のためでしょうか。私が日本を守りたいと思うのはもちろん日本が自分を育ててくれた故郷であることもありますが、これからの未来、日本が世界を救うと信じていいるからです。世界のためにまず日本を守りたい。と個人的に信じているからです。

==========
その人は原因までは医師でもエンジニアでもないから分かれないが、そのコメントの方が体験として本当のことを伝えてても、正確な論文でないから専門家の正確な論文がないから、話作ってると狼少年扱いされるのは望まぬところですね。

→ 否定も肯定もせず静かに距離を置く。です。嘘か本当か。ゼロかイチか。ではなく。距離を置く。思い込みが一番嫌がる対応であります。

==========
まるぞうさんの問題を解答して答えをみるまでは自分が何を思い込んでいたかさえわかっていないことがわかってびっくりしました。
それほど思い込みが強いのですね、私。気をつけねば。

→ 私は思い込みが強いので、いつも「私が正しい。相手が間違っている。」と突き進みます。心の中の小さな声が「今回は相手が正しいよ。気をつけて。」と警告を発していますが、思い込みが強すぎるので、その警告を無視して突っ走り、崖から落ちます。という失敗の回数では私は人に負けません。

==========
制作者さん側に悪気は無かった?と思いますが、意図と違い、残念な放送でした。
真実の言葉を伝えるのは、人様まかせにしてはイケないね。

→ 本当に。コメントありがとうございます。

==========
まるぞうさんが、中立の視点でといつもおっしゃっている事と、私の意見は同じだと思っています。

→ コメントありがとうございます。
専門分野の話の多くは、我々素人の理解が難しいことが多いです。

でもその文章を書いた人が、誠実に事実を伝えようとしているのか、あるいは意図的に読み手を誘導しているのか。それは記事の軸を観察することで(専門知識がなくても)我々素人がある程度判断できる。というのが今回のシリーズでした。

そして軸がぶれているっぽい記事については、否定も肯定もせず距離を開ける。濁った水も時間がたつと泥が沈殿しますから。今は距離を置く。

・思い込みが強い人(ゼロイチに決めつけたがる人)
・自分で考えることを放棄する人(誰か私に指示して)

が今回刈られる対象?。という個人的な陰謀論小説です。
ゼロイチではなく心が柔らかい人は心の嗅覚も受け取れるので、今回も生き残る人という小説なのです。

==========
酸化グラフェン調べてみた。
最新のお薬を体に運ぶドラッグデリバリーシステム(DDS)のナノテクノロジー技術で普通に使われる素材の様です。

→ 情報ありがとうございます。

本当にワクチンに含まれている危険な成分はあるのですが、それを目眩ましするために「酸化グラフェンキャンペーン」が仕込まれているというのが、私の陰謀論小説です。
ヤング氏でも中村氏でも具体的にどういう濃度の酸化グラフェンがどのように人体に悪影響を与えるかというデータを示せていないのが、不自然だなと思っています。ヤング氏は全てを知っていて、わざと煙に巻く文章を拡散させているとかなんとか。その目的?

かつての東西冷戦は表面上対立させているが、本当は同じ組織(支配層)が作り出した、マッチポンプの対立構造という陰謀論小説がありました。今回も同じ臭いという小説があることと思います。目的は民衆を真実から遠ざけるため。

==========
なので長文や難しい文章を読む体力気力スタミナがありません。やっと今日、2つの課題を斜めに読みました。

→ 一見同じ様な難しい専門論文に見えますが、事実を社会に伝えようという誠意ある文章なのか、読者を煙に巻いて誘導しようとしている文章なのか。慣れると嗅覚でわかる。記事の軸がブレている専門家の話は、鵜呑みにしないでまず距離を置きましょう。というのが今回のシリーズの主題でした。

========
特に印象的だったケース
極端に両足の長さが違う女の子が、お母さんに連れられてきたんです。
女の子は、血行不良で顔色も真っ青、ほとんどしゃべることもなかったんですが、とりあえずキャベツをもたせて寝かせ、様子を見ることにしたんです。

すると、顔色がどんどんピンク色に変わってきて、10分もしないうちに足の長さが揃っちゃったんですよ。

→ 頭と心が乖離していることが原因で身体に不調が起きている場合は、頭と心の軸を揃えることで、その不調が改善するということはありえると思います。マインドフルネスという流行も同じ原理じゃないかなと思っています。

==========
100分de名著 ル・ボン“群衆心理”の放送を見て下さった読者さん、ご感想を聞けてうれしいです(^^)
ギュスターヴ・ル・ボンの『群衆心理』(一八九五年刊)
今日やっと第1回の録画を見たのですが、この本は100年以上も前に書かれたものですが、なんとあのヒトラーが読み込んだそうですよ(怖っ)
私はリーダーになることに興味はないけれど、権力者や人の上に立ちたいと思う人間の心に興味があって、操られたり支配されたくなく学生の頃から啓蒙書みたいなもの読み漁ったりしていました。それでも本気で深く考えて向き合きあって学びたいテーマだと感じ、伊集院さんと同じく私も前のめりになって観ました。テキスト読んで、本も買いたいくらい(笑)いま本当に見るべき番組だと思いました。
汝の敵を知ること、知の武装もしないと自分も周りも守れないな、でも守りたいなと思いました。

→ 私も録画して興味深く拝見しました。

ゼロかイチかに分けたがる。人の思い込みについて考えさせられました。
もし次の世代の人類が生き延びるとしたら、ゼロイチを克服した。半分半分の真ん中でいられる柔らかい心の人たちだろうな。と思っています。

==========
https://twitter.com/riru_riru34/status/1437752175090814977?s=21
これは本当でしょうか。?
情報は操作されているのが常になってきているなと感じていますが、やはり、自分でおかしいな?真実を知りたいと思い調べる時に検索エンジンは大事ですね。

→ 裏がとれない情報。そして自分の思い込みが「思い込みたい〜」と叫んでいる情報は、一旦冷静に距離を置くことが良いと思います。時間がたつと濁った泥も沈殿するでしょうから。

==========
児童施設で働いていますが、今の時勢の流れは「子どもに感染が広がっています。重症になったら大変。親は接種して子どもに感染させないようにしましょう。」かと思います。職員も子ども達に感染させないように接種しましょう。の流れです。無症状でも、検査したら陽性になる事ありますしね。うちの施設も接種を急ぐ保護者の方が多くなるのかも知れません。私のまわりの陽性になった子ども達は皆さん元気なのですよ。

→ コメントありがとうございます。本当に。

==========
感染症関連では医学系、理系の文章が必然と多くなり、読む機会も増えますが、文系の論文であっても研究者等の論文となれば、やはり主張することの証左ができていなくてはなりません。
説が正当であると読者に認められるには、考察の積み上げと「迷路にならない」構成が必要で、指導者からその辺を突っ込まれて書き直しとなります。
この経験は、長文作成する人間の心理を「嗅覚」や皮膚感覚で感じ取れる糧になってくれてるようです。

→ 本当に!その通りです。コメントありがとうございます。

==========
カルピス劇場、マルコまではずっと見てたんですけど、ペリーヌ物語は見ていなかったです。一気に見てしまい、次回が楽しみです。

→ ペリーヌ物語は地味なので知らない人も多いようです。しかし一度観るとカルピス劇場一番の名作だと言う人は多いです。私も同意見です。

==========
ヤフコメを久しぶりに見てきたのですが、いつのまにかmRNAワクチンに対する不信感や接種したことへの後悔を記したコメントが噴出しています。枠推進派の意見は少なく、埋没しています。先月には考えられなかった変化です。国民の意識が変わり始めているのでしょうか。

→ 情報ありがとうございます。

==========
そういえば、2019年末から2020年の1月にひどい風邪をひいた人たちが沢山いて、実はあれコロナかも?と私は思っていました。日本全国に知らしめられる前にも私も咳ばかりする風邪が治らず、熱も出なかったのですが。
確かまるぞうさんも、そんなこと言っていた気がしますが、その後体調は何か変化ありましたか?

→ その後体調は変化なしです。あれやられたかな。ということは何度かありました。麻黄湯や駆虫薬。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (17)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トリックを見破ることは可能か。その6。

2021-09-15 09:31:29 | 今日のひとり言

専門家の見解の文章。プロの文章の軸。

 軸がずれた文章(主題と記事内容がずれている)は、要注意。警戒モードでとりあえず静かに距離を置いた方が良いでしょう。というのが私の提案です。心の羅針盤を中立に保つため。

 ただしこれは、
・専門家の見解を述べた記事で
・自分や周囲の人の人生に関わる内容
の時のことです。

 個人のエッセイストのお気軽記事などは関係ありません。
 この人は最初は散歩の内容だったのに途中から熱くカレーを語りだしたわ。主題は散歩じゃない。軸がぶれてるわ。要注意。とはなりません。
 それは私達はその散歩やカレーの内容を、プロの専門家の見解として、自分や周囲の人の人生に関わる決断の根拠としないからです。
 エンターテイメントの記事は今回の「トリックを見抜く」とは関係ありません。
 あくまでも、私達の人生の判断に影響を与える専門家の記事の場合です。



思い込みが強い人は要注意。

 私達が人生の決断をするとき。AとBどちらを選ぶか。という時。
 一番確実なのが「心の嗅覚」であると思います。

 この「心の嗅覚」は誰もが持っている人間の機能です。が人によってこの嗅覚が効く人と効きづらい人がいます。

 どういう人が効きづらいか。
 それは「思い込みが強い人」です。



思い込みはゼロイチが大好き。

 思い込みが強く、一旦Aと決めてしまうと、あとで心の嗅覚が「Aは間違いだよBに選び直してよ」とメッセージを送っても、もみ消してしまいます。それほど思い込みはパワフルです。

 そして思い込みはゼロかイチかが大好きです。
 Aの2割は正しいが、8割は間違い。Bは半分正しくて半分間違い。
という判断は大嫌いです。

 ですから思い込みはまず「Aなの?Bなの?」と迫り、そして自分はAだ。相手はBだ。というようにゼロかイチで物事の境界線を作るのが大好きです。



自分の半分は間違っている。相手の半分は正しい。スタート地点。

 私も思い込みが強い人間なので、多くの失敗を重ねて来ました。
 その結果、「自分の半分は間違っているかも。相手の半分は正しいかも。というスタート地点」にいつも戻ることが大切である。と身にしみています。

 でも思い込みはゼロかイチです。
 もし私の思い込みがAを選択したのであれば、
・Aは100%正しい
・Bは100%間違っている
という生き方が大好きです。



ゼロイチ大好きな人は洗脳誘導されやすい。

 思考を誘導する詐欺師はこの「思い込み」を利用します。そして残念ながら、世の中には「専門家の肩書を利用してトリック文章で人を誘導する」手口が蔓延しています。文章だけでなくてテレビなどの報道にも蔓延しています。



柳のごとく柔らかいと折れにくい。

 ではどうやってそのトリックを見破ればいいのでしょうか。
 そのためには、常に「自分の思い込みを中立にリセットする」ことがポイントとなります。

 でも自分の思い込みは、ゼロイチが好きなのです。半分半分は嫌いなのです。中立の視点に戻ることは嫌いなのです。

 ここがポイントです。
 人は自分の思い込みは嫌がるだろうけれど、それでも「自分の半分は間違っているかも。相手の半分は正しいかも。とういスタート地点に戻る」ことができるかどうか。



要注意の記事からは距離を置く。

 個人のエッセイなどではなく、専門家がプロの肩書で専門見解を発表している文章において。
 主題と記事がずれている(軸がブレている)文章は要注意。

 専門的な知識がなくても、その記事の内容は理解できなくても、主題と記事がずれているのは私達にもできる。課題1と課題2を思い出してください。

 もし専門家の見解記事なのに、主題と文章の軸がずれていたら、トリックかもしれない。巧妙なすり替えとハッタリの詐欺文章かもしれない。

 それが詐欺なのかどうかはすぐにはわからない。だって内容が専門的だから。
 でも「用心して距離を開ける」ことは出来る。

 そのうち誰かが「あの記事は正しい」とか「あれは詐欺記事だ」とか解説してくれる日も来るかもしれないから。それまでは。

 注意しながら距離を開ける。否定も肯定もしないで静かに距離を開ける。
 AかBかを決めないので、ゼロイチではなく半分半分で維持なので、私の思い込みは大嫌いな選択だけれど。

 間違っても「私は内容理解できないけれどこんな記事あったわよ。読んでみて。」と家族や知人に拡散などは絶対にしないこと。
 肯定も否定もせず距離を開けておいてください。



心の嗅覚の小さな声に耳を傾ける。

 私達の心の嗅覚は、思い込みの圧力に弱いのです。
 ですから、勇気を出して思い込みを一旦リセットする。肯定も否定もせず静かに距離を開けると、心の嗅覚の小さな声を聴き取ることが出来るかもしれません。ね。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
うさぎのロンさんの仰ること私も思います。科学的にそれが真実かどうかが重要であり、文章の上手さ論文のうまさが重要ではないと思ってます。読みにくい文章を書いてたからといって全て意図がったり、工作じみたものでもないと思ってます。とくに公にだし目安とする正式の組織からの論文であれば理路整然は当たり前だとも感じます。有名大学の名前や権威に目がふさがれるのならガリレオの時代とそれほどかわらないとも思います。

→ 自分の思い込みを常に中立に保つコツ。中立によって心の嗅覚の小さなメッセージを聴くコツです。

専門家の見解の記事なのに、軸がずれている文章は、(思い込みや嫌がるでしょうが)ひとまず距離を開ける。否定も肯定もせず距離をあけて静観する。です。

間違っても「私は理解してないけど、読んでみて」と家族や知人に拡散せず、静かに中立を保つ。です。

==========
ワクチン接種した場合としない場合の死亡率ですが、以下の記事で全く異なった内容なのですが、どちらが正しいのでしょう?私には判断できませんが、知っておきたいことです。
「ワクチン未接種者の死亡率、11倍高めか 米CDC調査」
www.cnn.co.jp/amp/article/35176547.html
「ワクチン接種者と偽薬接種者の死亡率が同じ」
news.yahoo.co.jp/articles/0e155350d5c1ff80d4c0bfc0dca7f94c23a74b80
元のソースは以下のようです。

→ どちらも記事としては本当と思います。

ワクチン接種直後は中和抗体の効果でCOVID-19に感染しづらいのは事実です。その期間の統計であればこういう結果になるでしょう。イスラエルも7月まではそういう状況でした。

ファイザーの試験は同じ条件で2つのグループに分けたものですからワクチンの性能としてはこちらのデータが正確と思います。
ワクチン接種すると、感染する確率は10分の1になる。そのかわり感染すると死亡する確率は10倍になる。よって死亡する確率とすると変わらないということです。

1,ワクチン接種後のデータであれば、接種者の死亡率は10分の1である。(CDC発表)

2,もう少し期間をとると、接種者でも感染すると10倍なくなるから結局死亡率は同じ。(ファイザー発表)

3,6ヶ月たち抗体期限が切れて、かつ変異株が出現した時は。。。いまイスラエルの状態です。

==========
「自然感染の場合は、重症化しないと抗体が産出されない。無症状や軽症では抗体は産出されない(されても微量)。このため自然感染した人の大部分はADEのリスクは(ほぼ)ない。なぜならADEのリスクは感染増強抗体の数に相関するから。」
とすると、自然感染の場合で重症化した場合はその後ADEを発症する可能性はあるのでしょうか?

→ はい。あると思います。
ワクチン前→ 人口の1〜5%がADEの危険性あり。(自然感染での抗体保有者)
ワクチン後→ ワクチン接種者の100%(?)ADEの危険性あり。

ワクチン接種者でも、自然免疫や細胞免疫が充分強い人はADEで重症化はしづらいというのが私の希望的観測なので100%(?)としています。

==========
ワク慎重派の敵はエクストリームなワク反対派。

→ 「コロナウイルスなんて存在しないのよ。私は理解できなかったけれどこの記事読んでみて」と転送してしまうと相手にオオカミ少年現象が起きないといいなと思いました。

その後「ADEが起こり得るのよ」「イベルメクチンという薬があってね」「松のお茶と梅干し大事よ」と言っても「ああ、例の陰謀論ね」でひとくくりにされてしまうオオカミ少年現象が起きないといいなと思いました。

==========
読むと怪しさ満開なんですよ(笑)。
本当のことも書かれているかも知れないけど、漂ってくる怪しさが何とも…。

→ 本当のことも書いてありますが、巧妙にすり替えてトリックの主題に置き換えるところが、プロの詐欺師だと思います。

だから主題と文章の軸がずれているか一貫しているかは私達のような素人でも見分けることが出来るコツです。自分の心の嗅覚の小さな声を聴くコツです。

==========
課題2の文章が厚労省に通じない、無視されるだろうは納得でした。しかし検証実験の真偽は分かれません。

→ 真偽はわからないので、距離を開けて静観するのが正解だと思います。間違っても拡散しないで。静かに放置。



文章のうまさ下手さ、論文の形になってるかは、嘘か本当か、そして相手方の意図や信頼度を探りには文章だけでは難しいと思います。言葉下手で熱い人が、みな、人を煽動しよう騙そうとしているわけでもないと思います。

→ 専門家が専門的見解を発表している文章で、かつ自分や周囲の人の人生の判断に影響を与える場合。
その文章の軸がずれている場合は、肯定も否定もせず、思い込みを中立に戻して、距離を開けて頂きたいです。というのが今回のシリーズの主題です。

==========
自然感染の場合は、重症化しないと抗体が産出されない。 ワクチンうたないで、自然感染で重症化したけど、回復した場合の抗体は微量なものでADEは起こることない、そのかかったコロナの種類の自己免疫がついたと考えてもよいのでしょうか?

→ ワクチン接種前でも日本人の1〜5%には抗体が存在したので、その人達はADEになる可能性があります。主に重症化を体験した方と思われますが、中には軽症の方もいらっしゃるようです。

コロナにかかった人は免疫は出来ます。とくに細胞免疫は幅広いので、旧型コロナにかかった思われる日本人の75%は交差免疫という免疫を持っていました。これが日本のファクターXの一つと考えられます。
日本人の1〜5%は抗体があるので、液性免疫も獲得していると考えられます。

ただ細胞免疫でも液性免疫でも、免疫は100%有効ではないです
。身体に侵入してくるウイルスの数とその時の本人の体調(体内炎症度合いや腸内環境など)によっては、ウイルス増殖が勝つこともあり得ると思います。

==========
https://note.com/nakamuraclinic/n/n97655c40652c
コロナワクチンとグラフェン 
中村 篤史/ナカムラクリニック
2021年6月16日 23:51
>結果は、15人中6人でくっついた。

→ どういう15人でどういう実験だったのかという詳細が書かれていないので、正しいか正しくないか判断出来ないです。

あと接種者の4割に磁石がくっつくのが本当だとして、その何が問題なのでしょうか。

問題がないと私が主張しているのではなく、何が問題なのかという一番肝心な点がこの文章では明確に述べられていないのが怪しいと思います。

この文章が、専門家が書いた専門的見解を述べた記事であるならば、この文章の主題を1行でまとめるという作業は意味があると思います。

*ちなみに酸化グラフェンは磁性物質ではありません。酸化グラフェンC66H30O11の主成分は炭素です。

「酸化グラフェンは磁性物質かどうか私にはわからないよ」という方は、この記事は正しいか誤りかは自分では判断できないのだから、距離を開けて静観。正しいという根拠が明確になるまでは、間違っても家族や知人に転送しないように。お願いします。

ヤング氏や中村氏の酸化グラフェンキャンペーンそのものはデマであるが、真実の一部にとても近い場所に置かれている罠というのが私の陰謀論小説です。

ウイルスは存在しない。酸化グラフェンは磁性体だという、少し理系の知識がある人間からは簡単に出鱈目だとわかる論理でデマ情報を拡散することで、本当の真実本当に隠したいことを目眩まししています。(という小説です)

==========
読者さんに教えて頂いた「群衆心理」の中で作者は、群衆は「衝動的」「暗示を受けやすい」「誇張的で単純」「偏狭で横暴」「ある種の徳性をもつ」という5つの特徴があると言っています。解くに単純化し感情的になることでパワーが生まれる。その事を知っていれば群衆を動かすことは簡単。何とも怖い事。コロナ禍は怖い。死ぬかも。ワクチンは怖い。何が起こるかわからない。ここで民衆は感情がある程度、単純化されると思います。そこに簡単な感情に訴えるスローガンが降れば、思考を停止して自分の感情が安心できるほうへ飛び付くでしょうね。私も一時、ワク打とうか迷いました。まるぞうさんの宿題は、思考を鍛えて判断する力を養えると思いました。

→ コメントありがとうございます。

私達の思い込みはゼロイチが大好きなのです。半分半分の視点からというのが大嫌いなのです。

もし私が世界の支配層のブレインならば、大衆のゼロイチの思い込みを利用して、洗脳誘導します。という陰謀論小説です。

もし人類に次世代というステージがあるのなら、自分の思い込みをいつも中立にリセット出来る能力の人(洗脳されにくい人)であると思います。

女医さんの文章や課題2の文章は、思い込みリセットの良い練習材料になると思いますがいかがでしょう。

==========
今日は職場のポットに松葉茶を作りました。(妊娠している人飲まない方が良いです、と注意して)美味しいとの感想が多かったですよ。のんびりやっています。

→ ありがとうございます。

==========
読み解くセンス、嗅覚、直感は大切ですね。
まるぞうさんの解説を良く読む。
お仲間のコメントを良く読む。
それでも迷ったら、まるぞうさんにアドバイスを頂く。
そんな感じで、今日まで参りました。

→ 私のアドバイスはあてにならない。話半分です。話一厘です。
でもみなさまのコメントで勉強させて頂いているのは本当です。ありがとうございます。

==========
でも、その方たち最近物忘れの激しくなりました。年齢と共に記憶を留める努力は必要になって来ますが、そんなレベルではなく、一様にひどくなって、老化が進んでいると感じます。
自分を含め、いつどうなるかわからない世の中になりました。出来るだけまるくまるく過ごそうと思います。

→ コメントありがとうございます。

==========
そしてまるぞうさんが頭良くて凄いと思います??やっぱり理系の人は頭いい感じがします。率直な話、読んで見ようと思うガッツや気持ちも凄いと思います。でもだから私はすぐ話を鵜呑みにしてアワアワするのかもしれません?人の受け売りばかりでなく、自分なりにもじっくり考え調べる気持ちって大事ですね。

→ 私が最初に就職した技術系メーカーで叩き込まれました。

思い込みや先入観ではなく、事実は何を示しているのか。だけが重要でした。
日本の工業製品の品質の高さはこうやって受け継いでいくのだと思いました。

ですからメーカーの技術者として働いたことのある人の多くは、課題2のトリックは簡単に見破れると思います。あの記事はそのレベルなのです。
でも思い込みが強い人達に拡散はされるが、見る人が見るとすぐ出鱈目だと看破できるレベルで記事を書いているところがプロの詐欺師だと私は思っています。真実の入り口にばら撒いて、人が真実を読み取ることを妨害するノイズとして役に立っています。

==========
今年ワクワクが気になり、人生で初めて論文って感じの物を検索し読んでみた私。でも~ふわっとわかったようなわからんような、ちんぷんかんぷんでした(苦笑)(;^∀^)
読むって行為は単純のようで深いですね。

→ 思い込みが強いと自覚されている方は、中立な立場で読む訓練は役に立つと思います。
主題を1行に要約して、それで記事全体文章の軸にブレがないかを観測します。

==========
1の文章
感染増強抗体が増悪させる。
ワクチンも感染増強抗体を作る。
=現行のワクチンは
コロナ重症者と同じく感染増強抗体を作る。
=コロナ重症並みに危険なワクチンといえる。
→感染増強抗体を作らないワクチンが望まれる
ではないのですか?

→ 専門家の論文は
「タイトル」「概要」「文章詳細」
それぞれ軸にブレがなく一貫しているのです。

このため課題1の論文は「感染増強抗体があり得る」が主題となります。

私の言う主題とは要約されたあらすじと思ってください。
作者が読者に期待するメッセージとは違うものです。
たとえるなら。

あらすじ:戦時下の日常生活を18歳で広島から呉に嫁いだすずの視点で描いた。
メッセージ:どんな環境でも希望を持って生きて欲しい。

==========
面白い記事を見つけました。

「読んではいけない反ワクチン本」 遺伝子改変、不妊、何年か後に副作用…偽情報を徹底検証 https://news.yahoo.co.jp/articles/e3b0daabd5d275d947fd43d3b54f21ee5eb49a6d?page=1

→ 忽那先生でも、ADEについては話題を避けていますね。ワクチンを推進したい人たちが一番触れられて欲しくないところはここだと思います。

逆に「5G」「磁石」「酸化グラフェン」「ウイルスは存在しない」などは、ワクチン推進派の人たちには追い風ですね。

==========
流石に酸化グラフェンとワクワクとは荒唐無稽と思ってたら、中国の特許出願サイトに
上海の会社がワクワクに使用するテクノロジーとして特許出願してました。
実際そのサイトに飛べるURLが。
その上、その下にはグラフェンのマウスでの毒性テストの論文まで。
現行の枠に入ってるかは別ですが、この遺伝子枠には必要な技術なのかもしれませんね。

→ ワクチン成分には怪しいものが含まれているのではないかという疑いは私も持っています。そのすぐ脇で「酸化グラフェンキャンペーン」の人たちが大声をあげて人の目をそらしているように思います。
ナノ物質には関係するのではないか。磁性体に関係するのではないか。という陰謀論小説はありそうです。

==========
職場の児童が陽性になりました。家族内感染でしたが、該当児童は熱もなく、普通でしたが陽性になりました。検査しなければ、わからなかったと思います。元気なので、自然に治ってしまいますよね。

→ ほとんどの子供は自然に治ります。10歳以下で重症化や死亡した例は国内では1件でもありませんが、今にもあなたのお子さんが重症化するかもという扇動が行われています。

しかしワクチン接種で死亡した方1600人を超えていますが、確率は低いしそもそも因果関係は認められないとされています。

でも羊の方々はそうですね〜。と納得されているようです。

==========
まるぞうさんのやり方は、「記事の真贋」には有効です。でもその人に嘘があるかどうかは上記の理由でなかなか難しいです。

→ その方が(自分が信じる)真実を伝えたいという場合は、文章の軸が一貫しています。

その方が、意図的に相手を誘導して真実とは違う結論に導きたいという場合は、文章の軸がずれます。

その文章の内容の真偽はわかりませんが、その書いた人の意図は観えて来ます。要注意の文章は、ひとまず否定も肯定もせず距離を開ける。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (23)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トリックを見破ることは可能か。その5。

2021-09-14 10:37:04 | 今日のひとり言

防災カレンダー
東京都足立区から西方向(ねじれる立つ雲)
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/09/13/094806#19

東京都多摩市
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/09/13/094806#19

東京都西部。


岐阜県西美濃。




大阪府。





怪しいと距離を置くべき記事の見分け方。

 これからの世の中、巧妙に真実が隠された誘導記事が増えていく時代になっていくかもしれません。
 陰謀論とは私達の生活直接とは関係のないお話でしたが、もう私達の生活に直接影響を与える時代。

 そんな時どうやってその巧妙な記事を見破るか。

 たとえば先日の課題2のように、専門用語をちりばめて煙に巻くという手法だった場合、私達はどのように見抜けば良いのでしょうか。



ステップ1 主題を要約する(記事の軸のブレを検証)

 今回の課題で多くの読者の方に参加頂きましたが、その記事の主題は何かを1行に要約すると、その文章の実態が観えて来ます。

・誠実な文章は「主題」と「記事全体」の軸がブレていない傾向がある。

・詐欺的な文章は「記事大部分が主題とは関係のない話」の傾向がある。




最後に主題をすり替える例。

 子供にワクチン接種をすすめる女医先生の記事は、主題は「これからの変異株で子供が重症化や後遺症の可能性があるから子供にも接種を」という内容でした。

 しかし本文記事には「子供が重症化する変異種」については全く書かれておりません。「SNSに騙されないで」「ワクチンは子供にも効果ある」という内容でした。

本文:SNSに騙されないで。ワクチンは子供に有効だ。
主題:子供重症化後遺症の変異株の恐れがあるので子供に接種を

 この記事を読んだ人は「きっと近々子供が重症化や後遺症となる変異種が出現するんだわきっと」と脳内補正をするが多いでしょう。

 でも主題が何かを1行に要約するという、作業は有効です。
 なぜならこの作業で、その記事が、誠実な記事(主題にブレがない)が、詐欺的記事(主題と本文がブレている=すり替えがある)なのかを測ることが出来るからです。



専門用語で読者を煙に巻く例。

 みなさんが頭を悩ませた課題2の文章。詐欺師の文章はこのように主題がブレます。相手を煙に巻くのが目的ですから。

 漠然と読んだだけでは、もう途中で「それらしい専門用語の物量作戦」で理解するのを諦めさせます。
「自分は理解できないけれど他の人は理解できるでしょう」と拡散する人もいるかもしれません。オイオイ。

 そしてこの文章を読んだ人の多くは「ワクチンに含まれている酸化グラフェンは人体に有毒だ」と脳内補正されることでしょう。
 しかしこの記事では「酸化グラフェンが人体に有毒だ」という具体的なデータは述べられていません。

 もし誠実な人の記事ならば、
① 文章の半分はワクチンに酸化グラフェンが存在している解説とデータ。
② 文章の半分はワクチンの酸化グラフェンが有毒である解説とデータ
という構成になると思うのですが。

 ①についてはそれらしい専門用語の物量作戦で煙に撒いたから、②についてはもう語らなくて良いことにしたのでしょうか。
それとも酸化グラフェンは別に人体には有毒じゃないのでしょうか。
 あるいは、ワクチンが有毒であるというデータを示すと、ヤブヘビになる可能性があるので、その話はするなと止められているのかもしれません。(誰に?)



ステップ2 解説記事を参考にする。

 主題を1行に要約する過程で、この文章の軸がブレているということがわかったとします。
 これは要注意の文章だなとわかったとします。

 でも専門用語が多くでそれ以上の判断がつかない場合、どうするか。

 もしその記事が重要な事実を示すものであれば、その専門内容をわかりやすく解説してくれる人がいるものです。

 たとえばInDeepさんの記事などは、専門的な内容をわかりやすく解説しようとする誠実なものが多いです。
(誠実な記事だから全部正しいという意味ではありません。ただ読者を巧みに誘導して論点をすり替えて脳内補正させるという詐欺の文章ではないです。誠実な文章です。)

 でもこんなにすごい事実なのに、ネットでは誰も「わかりやすく噛み砕いて解説する人」が誰もいないよ。
 みんな原文をそのままコピペして拡散はするけれど、本当は誰一人理解していない。
(読者が理解できないのではなく、誰にも理解させないように煙に巻くように書いているから当然です)
 そういう文章はやっぱり要注意です。



ステップ3 まるぞうに訊く(あてにならないけれど)

 ネットで探したけれど「まるのままコピー拡散」しかない。「わかりやすい解説がない」けれど、やはり信憑性を知りたい。そういう場合は、コメント投稿欄に「まるぞう、どう思う?」と尋ねてください。

 ただし私も素人ですので、正しい判断が出来るかわかりません。私の判断の方が怪しいじゃん。ということも多いですよ。
 それでもいいから、何かわかる?という場合は遠慮なく訊いてくださって構いません。

 ただその場合はソースのURLを貼ってください。gooブログの規制によりドメインによってはURLが貼れないことがあるので、その場合はhttpsを省略するなどしてください。

 また良い練習問題だなと思う時は「この記事の主題は何だと思いますか?」とみなさんに質問することもあります。多分。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
日々忙しく過ごしていると、深い思考が必要な事柄は、正直めんどくさく感じられます。テレビで言ってるからとか、国がそうしてと言っているから、とか簡単な方に誘導されてしまうんでしょう。私の場合、変人なので、自分が納得しない、なんかしっくりこない、という感覚だけで動いている感じ。動物的なんでしょうね。だからまるぞうさんのブログはたまに読むのがめんどくさい時がありますが、あえて読んで勉強させてもらっています。この考察も学びがありました。失礼のある書き方かもです。お気に触ったらごめんなさい。

→ コメントありがとうございます。
まあ、私のブログは面倒くさい文章も多いでしょうからその時は読み飛ばして良いと思います。

ただ、詐欺記事は、人の「めんどくさい」に付け込みます。そういう想定は必要だと思います。

==========
昨日の課題1も、大阪大学のページに見に行って読んでからパートさんに話したら、テレビでなんでニュースにしないんでしょうか?と素朴な質問されたので、YouTubeで探してニュースになっている動画探したら、ワクチンは中和抗体があれば問題が無いで締めくくられて、これじゃ大阪大学が言ったみたいに感じちゃうじゃーん、とゲンナリした気がします。

ワクパスも、ネットで調べれば海外渡航者向けでデジタル化する話が出たので、それからだろうな、と。じゃあ、もしワクパス出ても生活を安心して暮らせる準備しながら、出来たら国の方針がADEの懸念で大変になる前に5類にしてくれたら、と希望をほんの少しだけ持ちます。

→ 誘導記事に対する嗅覚は大事ですよね。コメントありがとうござます。

==========
実は、以前理系長男にこれを転送したら、すぐに、嘘ばっかりやん。
と返事がきました。
コロナワクチン被害症例集の本を送れば、すぐにエコーチェンバーを調べろ。と返事がきました。

→ 息子さんの判断は正しいと思います。

そして課題2の文章はまさに「私は理解できないけどとりあえず転送する」という拡散で、「反ワク厨レッテル貼り」に使用されます。みなさんも課題2の文章は「ワクチン危ないよ」という意図では人に転送しないでね!絶対。

ワクチンは安全とは言い切れない。公開されていない成分は怪しいと私も思います。
しかしこの課題2の文章は、そういう疑問を持つ人達に「反ワク陰謀論者」とレッテルを貼るのに役に立つ。理解させずに拡散させる内容となっています。

酸化グラフェンはネサラゲサラと同じ臭いというのが私の陰謀論小説です。

==========
難しい内容でも素人が理解できる分かり易い文章にされる方は誠実な書き手だと思います。
分かりにくい文章とは初めから煙に巻きたい書き手の意識が反映しているのでしょうね。
そう思うと自分の嗅覚は「誠実さ」を感じるかどうかが常に判断基準になってたと思います。

→ コメントありがとうございます。
私達は誠実な文章を嗅ぎ分ける能力も必要とされていると思います。

==========
医療機関に勤めています。
療養型の病院なので患者さんは高齢者、もしくは若くても寝たきりの方ばかりなのですが、枠枠接種後(患者さんは殆ど接種済)からなんだかおかしいのです。接種した方から順番に調子が悪くなる感じがします。また、最近では、妙に老けたなあと不意に思ってしまう場面もあって。会話できない方が殆どですので見た目なのですが、何といえばいいのか、妙に老けて変なんです。私は接種していなくてこの先も接種するつもりはありませんが、枠枠すると老化が加速する?みたいなこと思ってしまします。

→ 私も周囲の人に同様に感じました。
スパイク蛋白はテロメアに影響を与えるという論文もありましたし。

「スパイクタンパク質がテロメアを短縮化させる…?ことを彷彿とさせるオランダの論文を読み、問題の根幹が別次元に進んでいる可能性を思う」
https://indeep.jp/spike-proteins-may-shorten-telomeres/

==========
それで、私は課題2をどうしてあのような文章

「自分の健康をコントロールするのは自分自身であり、世界の政府や官僚がみんなにワクチンを接種するように迫っているが、その犠牲にならないでほしい。」

にしたかというと、色々なことを書いてあるけど、この筆者の一番言いたいことはこれであろうと思ったからです。
要約ではなく、筆者のメッセージを書いたことになりますね。

→ このメッセージは良いと思います。問題は、なぜ文章と主題の軸がブレているのか。ということなのです。

軸がブレているということは、論点すり替えが行われているということ。論点がすり替えられているということは、何かが誤魔化されているのでは?と警戒モードに入るべき。ということです。

==========
取り敢えず、小学生の息子に「説明文と論説文の長文読解はやっといて損はないぜ」と伝えます。

→ これは練習で誰でも上達することなので、そして社会に出てから詐欺情報から身を守ることに役立つ大切なことだと思います。

==========
課題2がフェイクかどうかは正直わかれませんでした。noteの情報で、映像も理系の専門でないだけに、その真偽も私には分かれません。また外国の方ですから、文章がばらつきやら、1と比較して、おかしく感じるのも不自然と思えず、ワクチン反対派を装って、ワクチンを推進してるようにも思えませんでした。おバカですから、単なる熱い人?とか、文章家でなければ、自分もよくありがちですが、伝えたいことは沢山頭に浮かぶが、脳内に浮かぶことや思っていることを国語力がなくて変な文章になり、読み手には伝わらない文章になったり。しかしけして「意図をもってやっているわけではない」

→ ポイントは主題と文章の軸がブレている記事かどうかです。

もしブレている文章があったら、ひょっとしたら詐欺文章かもしれないという警戒モードに入ることをお勧めします。ということです。

課題2が、単なる個人のエッセーで心の赴くままに書き連ねている文章なら、軸がブレることもあるでしょう。

専門家の論文という形であるのなら、主題と文章がブレているのは非常におかしい。これは専門用語のハッタリで、読者を誘導する詐欺文章かもしれない。という用心が必要。

少なくとも事実の裏がとれるまでは、ネットに拡散させる記事ではありません。ということです。

==========
鼻スプレーワクチンってどうなのでしょうか?

→ ADEを起こすウイルスに対しては、抗体で予防する手法は充分な治験が必要だと思います。特に変異が起きやすいウイルスは。

==========
問2は読んでも読んでも「よくわからん。でもそれは自分が専門知識がないせいだろう。多分正しいはずだ。」と思ってました。
こんなトラップがあるんですね~。
(確かに、ブルーマウンテンさんが煙に巻く時の雰囲気によく似ています。)

→ Yes。
相手を煙に巻くのに有効なのは「ハッタリ」と「論点ずらし」です。詐欺の手口に要注意です。

==========
「潜伏ウイルスの再活性化」という話で、
このブログでは、再活性化されたウイルスの
悪い影響について心配していました。わたしも
心配です。ですが、ここで、半分半分の考え方を
強引にあてはめます。
悪い影響を及ぼすウイルスは、半分。
残り半分は、とってもいい影響を及ぼすウイルス
がいるのでは?と思ったのです。

→ ウイルスとは生物の進化を促進する役割があると思います。

==========
個人的内省ですが、面倒な思考を避けようという傾向が最近強く、もっと言ってしまうと

→ 完璧じゃなくていいのです。無理せず出来る範囲で良いので。

==========
書籍でもこんなものがあるのですね?私が初めに購入した『コロナワクチンの恐ろしさ』にも磁石がくっつくみたいなことが書いてあり本当のことかと思っていました。打つという人にも貸してあげてしまいました。結局読んでもうつことにしたらしいですけど、私なんか人に余計なことしない方がいいなぁと思いました。

→ とても巧妙な手口なので普通の人が誘導されるのは仕方がないと思います。
ワクチン推進派も反ワクチン厨もマッチポンプ情報合戦真っ只中なので、当面は人には言わない方が良いかもしれません。

ワクチンの真実を伝える方法は、論文の中に「行間を読んでよ」というメッセージを織り込むしか今は方法がないようです。

だからワクチン推進も反ワクチン厨も結論を断定している記事はしばらく距離を開けた方が良いと思います。

==========
新型コロナにかかったら感染増強抗体も産生されるということが初めて発見された、と書いてあるのに全然頭に入ってきてなかったです。なんで?ワクチン打たないと感染増強抗体が作られるという思い込みがあったんでしょうね。
ということは自然にかかってもワクチン打ってもADEなる可能性があるということですかね?

→ 自然感染の場合は、重症化しないと抗体が産出されない。無症状や軽症では抗体は産出されない(されても微量)。このため自然感染した人の大部分はADEのリスクは(ほぼ)ない。なぜならADEのリスクは感染増強抗体の数に相関するから。

しかしワクチンを接種すると100%体内に「大量の抗体」が産出される。というところが問題なのです。

==========
ワクチンパスポートって、憲法違反ですよね。いろんなところに引っかかると思います。それを一切言わない古いメディアや、自称リベラルという人たちは、なぜ沈黙してるんでしょうね。分かりやすいなあと思います。

→ ワクチンパスポートとはどういう制度(が実施される予定)だと想定しておられますか? そしてそう考える根拠のソースも教えて頂けますでしょうか。

最近ワクチンパスポートの投稿があるので、みなさんどういうソースで判断されているのかを知りたいと思いました。

==========
なるほど、デマを信じさせておいて、デマだと分かった途端に、思考の総崩れを狙う手なんですね。気をつけます。

→ 米国国会議事堂でトランプ派が暴動を起こしたというニュースを一番喜んだのは、民主党派でした。

なぜ詐欺まがいの反ワクチン論文がネットに拡散されるかという理由に似ているように私は個人的に思っています。

==========
この2問目の文章元になったロバートヤング博士の論文を読んでみないことには、数字で記された注釈の意味や、博士の考え方がわからないのではないだろうかと思いました。

例えば、コロナのウイルスは存在しないなど、最後に飛躍した結論付けになっていた文の様に思えましたが、この博士の出されている文の注釈にあたる物として、ウイルス隔離に関するゴールドスタンダードと呼ばれる、すでにあるコッホの原則または、リバースの仮定に基づいたウイルスの分離が、なされていないということが有るようです。CDCにも問い合わせているが、その解答を得ていない。実は、日本でも徳島大学の大橋真先生等も同じような事を述べておられます。

→ 少なくとも課題2の論文では、主題と文章の軸がブレているのが問題であると思います。特に論文の形式をとっているのであればなおさらです。

① ワクチンに酸化グラフェンが入っている。
② ワクチン成分(酸化グラゲフェン?)が身体に有害。

もしこの論文の主題が「ワクチンに酸化グラフェンが含まれている」であるならば、軸がブレていません。

しかし②については大量の引用があるだけで、具体的にどのように有毒なのか書かれていない。読者の脳内補正を誘導しているという点が、怪しい。距離を置くべき記事の特徴だということです。

論文形式なのに軸がブレているというのは、専門用語でハッタリをきかせて煙に巻く手口に思える。



ちなみにこの課題2の記事からは、ずれますが、ウイルスの分離には下記記事をご参照ください。
「新型コロナウイルス:国立感染症研究所が開発した細胞で分離に成功」
https://www.niid.go.jp/niid/ja/basic-science/virology/9369-2020-virology-s1.html

「コッホの原則に基づいたウイルス分離がなされていない」「リバースの仮定に基づいたウイルス分離がなされていない」とはどういうことなのでしょうか。私には専門用語でハッタリをかませる詐欺師の文章に思えます。

存在しない専門用語で煙に巻くと読者は検証できなくなるというトリックが得意な方のようです。

==========
中村篤史
>結果は、15人中6人でくっついた。

まるぞうさん、これもある種のデマですか?私には信じられませんが。

→ 文章の一部分だけでなく、ソースのURLを教えていただけますか?よろしくお願いいたします。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (30)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トリックを見破ることは可能か。その4。

2021-09-13 10:00:17 | 今日のひとり言

防災カレンダー
13日 【9】

横浜市から西方向


名古屋市から西方向


香川県西部から東方向
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/09/13/094806#20




主題がわかりやすい文章は誠実な文章。

 昨日の課題に大勢の方が挑戦してくださいました。ありがとうございます。大変参考になりました。早速回答です。

 昨日の大阪大学の論文の主題は「新型コロナウイルスに感染すると感染を防御する中和抗体ばかりでなく、感染性を高める感染増強抗体が産生されていることを初めて発見しました。」です。
 もちろん「感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン開発が可能になると期待される」も執筆者の伝えたいことです。未来への期待です。こちらを含めても良いと思います。

 そして大切なことは、この長い論文の大半は、この「感染増強抗体が産出されているよ」という解説で湿られています。主題からブレていない。ということがとても重要なことです。
 もちろん専門的なことは当然私達は理解できないです。しかし主題がブレていないということは、要約という作業の中で肌でわかることでしょう。

 ということは、私達はこの論文が「人を騙す目的」で書かれたものではなく「真実を伝えたい目的」で書かれたものというように判断できます。



人を誤魔化したいと思った時は、あなたはどう書く?

 阪大論文のように、あなたが「ある事実を他の人に知ってもらいたい。理解してもらいたい。」という想いで文章を書くとしたら、その文章の内容はきっとこのようなものになるでしょう。




 一方、人を騙す目的の文章の構成はこのようになるでしょう。



 伝えたい主題はあるのですが、文章はその主題とは関係のない内容がずらずらと続きます。

 それはなぜか?
 それはもし本当のことを言ってしまうと、読者を騙せないからです。読者を誘導することが出来ないからです。

 従って騙し手は、主題とは関係のない「はったり」や、巧妙な「すり替え」の文章がダラダラと続くことになりがちです。
 そして、読者を煙に撒いたあと、なんとなく空気で主題を伝える。というワザを使います。

 ですから、「要約する」という一手間がトリックを見破ることに役に立つというのは、
・本文に書かれている文章が主題を直接的に解説しているか

 を見極めることが出来るからです。



文章の流れと、最後の主題がブレている時は「誤魔化し」が。

 たとえば先日の女医さんの記事。
 主題は「新しい変異株で子供が脅威にさらされると可能性があるので様子見ではなく子供にもワクチン接種をさせましょう」というものでした。

 であるならば、文章の多くを
・今後の突然変異が子供を重症化させるというメカニズム
・今後の突然変異が子供を重症化させる予兆のデータ

 などに割かれるべきです。しかし実際はそのような解説は1行も出てきません。
 文章の大半は「主題」とは直接関係のない
・SNSのデマ拡散についての注意喚起
・子供にもワクチンは効果がある

という内容に割かれていました。変ですね〜。

 もし、本当にこの人が「子供重症化の変異に備えよ」とプロの医療従事者として懸念しているのであれば、「子供重症化変異が起こり得るよ」という話になるはずです。



主題を見つけると、すりかえの手口も観えてくる。

 でもそれがないということは、この人が読者に信じ込ませたい事実も仮説もデータもないということです。でもそれを言うと「主題(子供にワクチン打たせましょう)」の説得力がないので、
・巧妙なすりかえ
という方法をこの方はとっています。

 しかし、文章を要約して「主題は何か」という視点でこの記事を観ると、不自然な構成になっていることに気づきます。
 このようにして読者は、この作家さんの巧妙なすり替え誘導の手口を見破ることが出来ます。



主題がコロコロ変わるのはワザと。

 昨日の2つ目の課題。
 要約作業をされた方はおわかりになるかと思いますが、この文章の主題は揺れ動いています。一つに絞れない文章です。

 文頭の概要では「4種類のワクチンの成分とアジュバンドを特定した」とあります。
 でも後半では「ワクチンに含まれる成分は高い毒性を持っている」とあります。
 そのあと「コロナウイルスは存在しません」が結論のような流れになっています。

 読者の方の回答でも課題2については、みなさんの回答がバラけていますが、それはこの文章自体、明確な主題がないからです。



読者を誤魔化す文章のルール。

 女医さんの文章のように「文章の主要部分で長々語っていることと、最後主題がずれている(すりかえられている)」という時。
 あるいは課題2のように「(更に)その主題自体も文の流れに応じて揺れ動いている」という時。
 その文章は、人を騙すために書かれたものである。という可能性を疑って良いです。



話をすりかえる人って。

 私達は自分の人生の経験の中で、信用がおけない人物を知っています。
 その人は自分を正当化するために、ころころ論点をすり替えます。



理解させないためにワザとわかりにくく書いている?

 文章も同じです。「はったり」と「はぐらかし」「すりかえ」の文章は「おかしいな」要注意です。
 そのいう時、こういう文章の「主題」は何だと自分で要約するという視点で読むならば、はっきりわかって来ます。

 私達は日常生活で直接会う人が誠実な人か胡散臭い人かは嗅覚で嗅ぎ分けることが出来ます。文章も同じです。コツがわかると胡散臭い文章もわかるようになります。

誠実な文章と


胡散臭い文章。


 いろんなことが書かれているけれど、いつの間にか主題がすりかえられているよ。

など。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
これ、友達に紹介されて読んで、なかなか意味が分からなかったやつです。

→ これはわざと理解できないように煙に撒いている文章なのです。
自分には理解できないけど、と読み手を思考停止させるのが目的でわざとわかりにくく、書いています。私はこちらの文章も悪質だと思っています。

==========
正直、課題2の内容は素人でその是非は判断できません。

→ その嗅覚が正しいのです。課題1は素人ながらも訴えの軸がぶれていないことはわかります。課題2は巧妙にはぐらかして人を煙に撒いて思考を停止させるかのごとくです。

==========
入試問題を解く作業に似てますよね。

→ 年をとっても誰もが現役生です!文章の要約は「騙されない」に役に立ちます。

==========
意識して要約すると文章化が面倒ですが、嗅覚は無意識にこの要約を嗅ぎ分けるのでしょうね。
それには幅広い情報や知識もプラスになります。

→ 頭で解析することと、心の嗅覚は半分半分。車軸の両輪だと思います。

==========
と私は解釈しました。文章がとても短くなるものですね 笑

→ そうなのです。主題として1行に抽出する脳内の作業は、真偽を見分けるのにとても役にたちます。

==========
昔ながらのすっぱしょっぱい梅干しを美味しくいただくおすすめのお料理はありますか?2

→ 梅を小さくちぎってまぶすおにぎりなどいかがでしょうか。私は大好きです。

https://www.google.com/search?q=%E6%A2%85+%E3%81%BE%E3%81%B6%E3%81%97+%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A&rlz=1C5CHFA_enJP759JP759&oq=%E6%A2%85%E3%80%80%E3%81%BE%E3%81%B6%E3%81%97%E3%80%80%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A&aqs=chrome..69i57.6162j0j9&sourceid=chrome&ie=UTF-8

==========
mRNAワクチンの中身を解析したら寄生虫や人体に有害な物質が入っていました。

→ それが主題に近いと思います。が、この文章の中で、どのように有害な事例やデータが直接書かれていないのはおかしいです。こんなに長い文章なのにね。ということは、はぐらかしかな。煙に撒く目的?と思うわけです。



==========
1つ目の文章は、作成者の意図とは別に、私個人が関心をもっている内容について再確認することができる事柄が比較的分かりやすく書いてあり、勉強になったような気もします。不安をあおられない、強い押し付けを感じないですみました。

2つ目の文章は、何を書いているのか煙に巻かれそうな内容が続き、その割にはじめから結論ありきな気配がプンプンなのを耐えながら読み進みました。
そして、突然の結論付けからの飛躍。今までの文章と関係のない、ストーリーが繰り広げられるのを唖然としながら読みました。これでは、たとえ前半が正しい研究だったとしても、もともと同じストーリーをもっている人にしか届かないのではと思いました。つまり、そのストーリーを信じたい人が読む場所でオープンにされた文章なのかもしれませんね。全体的にゴテゴテと装飾された文章に感じました。深読みをすると、「ワクチン不安説は、胡散臭い」という印象を逆に与えようとしてたりして~。なんてね。

→ コメントありがとうございます。大切な考察だと思いました。

長い文章の主題を1行にまとめるという脳内作業は、もう一歩文章を書いた人の思考に踏み込むことになります。

難しいけれど誠意ある文章なのか。何を言ってるかわからない胡散臭い文章なのか。ひと手間の脳内作業がそれをよりクリアにします。

==========
確かにまるぞうさんがおっしゃるように「記事は理解できていないけれど、写真とかグラフとかそれっぽく説明されているから多分本当なんだろう」と思っていました。
なにぶん自分も何重にも輪をかけてど素人なのに加えて理系人間ではないので理論的思考能力皆無です。

→ これがわかりにくいのは、読み手が素人だからではないのです。わざと理解できないように、はぐらかしながら、専門用語をちりばめているからです。
そして驚くことに、この文章で書かれているその専門用語の大半は「嘘」です。大量の引用資料もはったりです。

忍術のように「はったり」をかませる、忍者はったりくんの文章です。

==========
課題2
「ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ヤンセン社の医薬品は「ワクチン」ではなく、上述したように、動物細胞やベロ細胞、堕胎したヒト胎児の細胞から得たmRNAの遺伝子組み換え核酸に、さまざまなナノ元素が付着した複合酸化グラフェンのナノ粒子の集合体です。繰り返しになりますが、これらのいわゆるワクチンに含まれる成分は、植物、昆虫、鳥、動物、人間の細胞膜とその遺伝に対して、高い磁気毒性、細胞毒性、遺伝毒性を持っており、すでに重篤な傷害(5億人以上と推定される)や最終的な死(3500万人以上と推定される)につながっています[17][18]~[55]。」

→ 主題の抽出は良いと思います。そしてその次に「これが主題なのになぜ、毒性についてはこの長い長い本文でここ以外に1行も触れていないのだろう」という疑問に繋がります。

ということはこの長い長い文章ははったりくん、はぐらかしくんなのだろうか。と。

ちなみに「繰り返しになりますが」とありますが、ここで初めてでてくるやろ。と私はツッコミます。
そして膨大な引用資料[17][18]~[55]は少なくとも、酸化グラフェンの有毒性がテーマのものは一つもありません。でもそこまで調べる人はいないとタカをくくっています。

この忍者さんも巧妙な手口だなあ。というのが私の個人的感想です。

==========
長すぎて眠くなりました。
これを聞くなら打ちましょうに流されるかも

→ 実生活では詐欺師に注意と同じです。「はったり」「はぐらかし」「すりかえ」で誘導します。

==========
課題2
新型コロナウイルスという病気は無く、Cov-19ワクチンという4社の有毒な実験です。
うーん、途中の文章ちゃんと読んで理解したいと思いますが。無理でした。

→ 理解させないように「自分は理解できないけれど」と読み手の思考を停止させるのが目的のハッタリとハグラカシの文章です。

==========
2番目は、とてもショックでした。

→ 女医さんの文章と同様に、課題2の文章もトリックで人を誘導する文章の見本です。

女医さんの文章は非常にスマートで頭の良さを感じますが、課題2はひたすら物量作戦ですね。主題とは無関係のデータや専門用語を大量に流し込むと、人は「自分は理解できないけれど多分正しいんだろうな」と思考を停止してしまう。これを狙っています。

==========
一つ目は冒頭にまとめがあり、二つ目は後ろにまとめ的(多少分散してますが)な部分が置かれていて分かり易く感じました。

→ そうなのです。きちんとした論文は必ず文頭にまとめ(主題)が簡潔にかかれています。これが(分野が異なっても)論文を読むコツです。



ちょいと二つ目の内容の、末尾が煽りなのが透け透けですが(ま、まだ二つ目さんで真打じゃないから^ ^)、誘導芸の粗さが尻尾出てますかね。以上、本日のお題提出致しました(キリッ)。

→ ご指摘のとおり。スマートではありません。専門用語もロジックも筋が出鱈目が多いですが、ひたすら大量の専門用語とグラフと写真で、読み手を思考停止にさせ煙に撒く文章です。

「私は理解できないけれど多分正しいだろう」と多くの人がネットに拡散させるのが目的と考えられます。

==========
ワクチン反対派に偏った要約かも知れませんが、肯定派が否定できない文章だと思いました。

→ 課題2の文章は、ワクチン推進派の人たちが、ワザと書かせて拡散させているというのが私の陰謀論小説です。真実のそばにフェイクの餌を撒け。

==========
この課題2の内容は怖すぎですね。

→ ワクチンの真実に近づく人たちを捕獲するためのキャンペーンというのが私の陰謀論小説です。反ワクチンの人が「酸化グラフェンが〜」とSNSで拡散するのを観るとあ〜あと悲しくなります。

==========
課題1、2のことは厚生省は知ってるのでしょうか?知ってても問題なしとしてるのでしょうか?

→ 課題1は正式な論文なので担当の方は知っているでしょう。
課題2は巧妙なデマ文章です。真実に近づく人を、その一歩手前で捕獲するキャンペーンという個人的な陰謀論小説。このデマ情報、厚労省は相手にしていないことでしょう。そしてそれは正しいです。

==========
まるぞうさん、事態は次のフエィズに来てるんじゃないですか?
1)パスポートが出来て未接種者はいろんな制限を課せられる可能性がある。
2)仕方なく接種せざるを得ない場合の対策は?

見破ることはとても大切だと思うけれど
事態は先に進んでいて最悪の場合、どうすればいいのか、が見えてこない。

→ 同調圧力に心折れそうな人たちに、「ほら、ワクパスするぞ。迫害するぞ。ワクチン打つなら今のうちだぞ。」を揺さぶりをかけております。それならば、腰を落ち着けて見守ろうじゃないかというのが私の個人的なスタンスです。

==========
その1→先に結論
その2→最後の方に結論

→ コメントありがとうございます。その1はその通り。
そしてその2は、本来文頭の概要にあるはずの主題が途中からブレているというのが本当のところです。だからわかりにくい。でもワザとわかりにくくしているというのが目的です。

「私は理解できないけれど多分正しいんじゃないかな」と引っ掛けて読み手に拡散させることが目的です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (27)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トリックを見破ることは可能か。その3。

2021-09-12 10:55:17 | 今日のひとり言

トリックを削ぎ落とすひと手間。

 文章のトリックを見破る方法で、最も効果的なのは「要約する」ということです。
 「文章要約」というと学校の国語でよくやりました。学校で習ったことで、社会に出て役に立つことはたくさんありますが、この「要約」はトップに挙げられるくらい本当に役に立つ「社会を生き抜く知恵」です。

 たとえば前回の女医さんの記事があります。この文章を簡単に要約するとどうなるでしょう。
 要約とはその人が相手に伝えたい文章のエッセンスです。これが伝えたかったんだよ〜。というメッセージの核です。だから1行でまとめると。

要約:「様子見」をして、子供たちに重症化リスクや後遺症のリスクを負わせるのではなく、お子さんと一緒にワクチンの接種について話し合いましょう。



要約すると見えてくる矛盾。
 
 トリック記事の一つの特徴は
・長々書いてある文章のほとんどは「要約」とは関係のない内容である。
といことなのです。
 この女医さんの記事を要約してわかること。

・前段の長々は直接の結論とは関係のない話で
・結論の根拠は女医さんの主観一文のみ



ひと手間かけることで観えてくること。

 「要約すること」はこのように、文章に仕込まれた巧みなトリックを削ぎ落とす力があります。

 ですから、自分は文章の中のトリックを見破る力を鍛えたいな。と思う方は、実際にその文章は「何が言いたいのか」ということを1行でまとめて「実際に書く(まとめる)」という作業を習慣づけることをお勧めします。



要約は専門知識がなくても出来る。

 要約は、専門的な文章でも応用出来るのです。
 もちろん専門的な文章なので、中味を全部理解することは難しいです。しかししか〜し。要約することは出来るのです。専門的な用語いを全部理解してなくても、要約は誰にでも出来るのです。



 ここで今日の課題です。下記に2つの記事を掲載いたしました。それぞれ文章の要約を1行で書くとどうなりますか。

 要約とはその書き手が一番相手に伝えたいメッセージの核のことです。それを1行にまとめてみてください。実際に行うと面白いことがわかるかも。



課題1
新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見―COVID-19の重症化に関与する可能性―

研究成果のポイント
・新型コロナウイルスに感染すると、感染を防ぐ中和抗体ばかりでなく、感染を増強させる抗体(感染増強抗体)が産生されることを発見した。
・感染増強抗体が新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の特定の部位に結合すると、抗体が直接スパイクタンパク質の構造変化を引き起こし、その結果、新型コロナウイルスの感染性が高くなることが判明した。
・感染増強抗体は中和抗体の感染を防ぐ作用を減弱させることが判明した。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症患者では、感染増強抗体の高い産生が認められた。また、非感染者においても感染増強抗体を少量持っている場合があることが判明した。
・感染増強抗体の産生を解析することで、重症化しやすい人を検査できる可能性がある。また、本研究成果は、感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン開発に対しても重要である。


概要
大阪大学の荒瀬尚教授を中心とした微生物病研究所・蛋白質研究所・免疫学フロンティア研究センター・感染症総合教育研究拠点・医学系研究科等から成る研究グループは、COVID-19患者由来の抗体を解析することにより、新型コロナウイルスに感染すると感染を防御する中和抗体ばかりでなく、感染性を高める感染増強抗体が産生されていることを初めて発見しました。本研究成果は2021年5月24日(月)に米国科学雑誌Cell誌に掲載されました。


研究の背景
新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の受容体結合部位(RBD)*1に対する抗体は、ヒトの受容体であるACE2*2との結合を阻害することにより、新型コロナウイルスの感染を抑える中和抗体として重要な機能を担っている(図1)。実際、最近の様々な変異株が中和抗体の認識部位に変異を獲得したことから、抗体がウイルスの排除に非常に重要な機能を担っているために、ウイルスが中和抗体に認識されない変異を獲得したと考えられる。一方、COVID-19患者においては、中和抗体以外にスパイクタンパク質に対する多くの抗体が産生されるが、これまでそれらの抗体の詳細な機能は明らかでなかった。

前述の通り抗体はウイルス感染防御に重要な機能を担う一方で、ウイルスに対する抗体によって感染が増悪する現象が知られており、その現象は抗体依存性感染増強(ADE)*4と言われている。ADEはデングウイルス等で知られており、一度デングウイルスに感染した後、異なる型のデングウイルスに感染すると、最初の感染によって産生された抗体によって重症化する場合がある。また、コロナウイルスの一つである猫伝染性腹膜炎ウイルスにおいても、ウイルスに対する抗体が増悪因子になることが報告されている。これらの抗体による感染増強には、ある種の免疫細胞が発現しているFc受容体が関与していると考えられてきた。すなわち、ウイルス粒子に結合した抗体が細胞のFc受容体に結合すると、Fc受容体を介してウイルス感染が引き起こされる。しかし、これらのFc受容体を介した感染は、Fc受容体を発現した特定の免疫細胞に限定されるため、体の中の多くの細胞の感染にはあまり関与していないと考えられてきた。

そこで、本研究では、COVID-19患者で産生される抗体の機能を解明するために、COVID-19患者の免疫細胞からクローニングされたスパイクタンパク質に対する抗体遺伝子をヒト細胞に発現させて用意した76種類のスパイクタンパク質に対する抗体の機能を詳細に解析した。その結果、今までに知られていたFc受容体*5を介した抗体依存性感染増強とは全く異なり、ウイルス粒子に結合するだけで感染性をFc受容体非依存性に高める抗体が存在することが明らかになった。


本研究の内容
1,感染増強抗体の解析
スパイクタンパク質はNTD、RBD、S2から構成される(図1)。COVID-19患者の免疫細胞から同定された76種類のスパイクタンパク質に対する抗体を解析したところ、スパイクタンパク質へのACE2の結合を阻害するRBDに対する抗体ばかりでなく、ACE2の結合性を増加させる抗体がNTDに対する抗体の中に存在することが判明した(図2、以下感染増強抗体)。一方、ほとんどの抗体は、スパイクタンパク質に結合しても、ACE2の結合性に影響を与えなかった。
これらの感染増強抗体は濃度依存性にACE2の結合性を増加させたが、それ以外のNTDに対する抗体にはACE2の結合性の増加は認められなかった(図3)。

さらに、これらの感染増強抗体は、中和抗体によるACE2結合阻害能を減弱させることが判明した(図4左)。つまり、感染増強抗体が産生されると、中和抗体の効きが悪くなる可能性が考えられる。しかし、十分量の中和抗体の存在下では感染増強抗体の影響は見られなかった。また、感染増強抗体は実際に新型コロナウイルスのヒト細胞への感染性を顕著に増加させることが判明した(図4右)。感染増強抗体による感染性の増加は、抗体によるスパイクタンパク質への直接的な影響であり、Fc受容体は関与していない。従って、今までに知られていた抗体依存性感染増強とは全く異なる新たなメカニズムが存在することが判明した。

次に、感染増強抗体の認識部位を明らかにするために、NTDの様々なアミノ酸をアラニンへ置換することによって、感染増強抗体のエピトープの解析を行った。その結果、感染増強抗体はいずれもNTDの特定の部位を認識することが明らかになった(図5左)。さらに、抗体の結合様式を解析するためにクライオ電子顕微鏡法*6にて、抗体とスパイクタンパク質との複合体を解析すると、NTDの下面に結合することが判明した(図5右)。

2,抗NTD感染増強抗体による感染増強のメカニズムについての解析
抗NTD感染増強抗体による感染増強のメカニズムについて解析を行った。ACE2はスパイクタンパク質のRBDが開いた構造をとると結合しやすくなり、感染性が高まることが知られている。そこで、開いたRBDに特異的な抗体を用いて感染増強抗体の影響を解析したところ、抗体がNTDの感染増強部位に結合するとスパイクタンパク質のRBDが開いた構造をとりACE2と結合しやすくなることが明らかになった。さらに、NTD同士が抗体で架橋されることでNTDが引っ張られ、その結果、RBDが開いた構造をとることが明らかになった(図6)。これらのことから、スパイクタンパク質のNTDはRBDの機能を制御する重要な機能領域であることが明らかになった。

3,COVID-19患者における感染増強抗体の解析
COVID-19患者における感染増強抗体の解析を行った。競合阻害法によって、感染増強抗体が特異的に検出できることが判明した。そこで、COVID-19患者における感染増強抗体と中和抗体を測定し、その差を解析することにより、重症患者では感染増強抗体が高い傾向が認められた。また非感染者においても感染増強抗体を持っている人が存在することが判明した(図7)。従って、感染増強抗体を持っている人の感染やワクチン投与によって、感染増強抗体の産生が高まる可能性が考えられた。


本研究の成果
新型コロナウイルスに感染すると中和抗体ばかりでなく、感染を増強する抗体が産生されることが判明した。さらに、感染増強抗体が産生されると、中和抗体の作用が減弱することが判明した。中和抗体はRBDを認識するのに対して、感染増強抗体はNTDの特定の部位を認識することが明らかとなった。また、感染増強抗体は重症患者で高い産生が認められたほか、非感染者でも感染増強抗体を少量持っている場合があることが判明した。


本研究の考察と意義
・本研究により、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の特定の部位に感染増強抗体が結合するとスパイクタンパク質の構造が変化して新型コロナウイルスの感染性が高まることが明らかになった。
・感染増強抗体が産生されると、中和抗体の感染を防ぐ作用が減弱することが判明した。しかし、十分量の中和抗体の存在下では感染増強抗体の影響は見られなかった。実際、重症患者では感染増強抗体の産生が高い傾向があり、感染増強抗体の産生が重症化に関与している可能性もある。しかし、実際に感染増強抗体が体内で感染増悪に関与しているかはまだ不明であり、今後の詳細な解析が必要である。
・これまで機能が不明であったNTDがスパイクタンパク質の機能を制御している重要な領域であることが明らかになった。実際、最近の多くの変異株にはNTDにも多くの変異が認められるので、RBDの機能に影響を与えている可能性がある。従って、今までは、主にRBDの機能のみが注目されてきたが、NTDを標的にした感染制御法の開発も重要であると考えられる。
・最近の変異株には、中和抗体の認識部位に変異があり中和抗体が十分作用しない株も存在するため、中和抗体の防御効果より、感染増強抗体の増悪効果が高くなってしまう可能性も考えられる。
非感染者において低レベルの感染増強抗体を持っている人が明らかになった。既に感染増強抗体を持っている人では、新型コロナウイルスの感染で感染増強抗体の産生が高まる可能性が考えられる。
・感染増強抗体を検査することで、重症化しやすい人を調べることが可能になると期待される。また、重症化がどのように進むのか明らかになる可能性がある。重症患者の治療に対しても新たな検査指標になる可能性がある。
・感染増強抗体の認識部位は現行のワクチン抗原にも含まれている。従って、感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン抗原を開発することが望ましい。本研究で明らかになった感染増強抗体の認識部位を改変することで、感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン開発が可能になると期待される。


特記事項
本研究は、日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金、日本医療研究開発機構(AMED)新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業、創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発の研究支援を受けて実施されました。

https://www.amed.go.jp/news/release_20210525-02.html


 長い文章です。しかも専門用語ばかりでチンプンカンプンです。でも大丈夫。この書き手が私達に伝えたいことは、1行にまとまります。
 本質を見抜く目を鍛える練習です。



 そしてもう一つの記事。こちらもお願いします。

課題2
位相差顕微鏡、透過型・走査型電子顕微鏡、エネルギー分散型X線分光法により、CoV-19ワクチンの成分が明らかに!

概要
現在、SARS-CoV-2(現在はSARS-CoV-19と呼ばれている)ワクチンを製造している大手製薬会社は4社ある。 これらの製薬会社とそのワクチンは,Pfizer--BioNTech mRNA Vaccine,Moderna-Lonza mRNA-1273 Vaccine,Serum Institute Oxford Astrazeneca Vaccine,そしてJohnson & JohnsonのJanssen Pharmaceutical CompanyであるJanssen Biotech Inc.が製造した,SARS-CoV-2スパイクタンパクを発現する組換え複製不能アデノウイルス26型を用いたJanssen COVID -19 Vaccineである。 これらのワクチンの目的は、現在SARS-CoV-19と呼ばれている、いわゆる感染性新規コロナウイルスまたはSARS-CoV-2ウイルスに対する免疫を提供することである。 これらの製薬会社4社は、これらのいわゆるワクチンに含まれる主要成分や微量成分の多くについて、ワクチンの箱、添付文書、ラベル上でFDAによる完全な開示を行っていない。 この研究論文の目的は、SARS-COV-2-19ワクチンの解剖学的、生理学的、機能的な様々な科学的テストを用いて、ファイザーワクチン、モデナワクチン、アストラゼネカワクチン、ヤンセンワクチンに含まれる主要成分と副成分を特定することである。 1947年に制定されたニュルンベルク法典によって世界法の下で規定されている人権として、世界のどの国のどのような人でも、情報を得た上でSAR-CoV-2-19の接種に同意するか否かを決定できるように、ワクチンの特定成分情報は重要であり、必要であり、知る必要があります。 私たちは各ワクチンの科学的試験を実施し、これら4種類のSARS-CoV - 2 - 19ワクチンに含まれる、開示されていないいくつかの成分やアジュバントを特定しました。現在、これらのワクチンは、全成分を完全に開示することなく、1947年のニュルンベルク法典に基づく個人の人権を侵害する政府や雇用者によって強制的に発行された各国の緊急使用許可(EUA)に基づいて、世界中の何百万人もの人々に投与されています。


分析方法と手法
ファイザー・バイオンテック社、モデナ・ロンザ社のmRNA-1273ワクチン、アストラゼネカ社のVaxzevria、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のJanssenの4つの「ワクチン」を、新しいナノ粒子技術のアプローチに基づいて、さまざまな機器や調製方法を用いて分析しました。光学顕微鏡、明視野顕微鏡、pHaseコントラスト顕微鏡、暗視野顕微鏡、紫外線吸収・蛍光分光法、走査型電子顕微鏡、透過型電子顕微鏡、エネルギー分散型分光法、X線回折計、核磁気共鳴装置などの機器を用いて、「ワクチン」の形態や内容物を確認しました。ハイテクを駆使した測定と調査のために、すべてのコントロールを有効にし、検証された結果を得るために基準となる測定を採用しました。


生きた血液の位相差法と暗視野顕微鏡法
炭素粒子やグラフェンが存在する可能性を視覚的に評価するため、ワクチンの水性画分の画像を取得した。

光学顕微鏡で観察したところ、文献からの画像(Xu et al, 2019)や、rGO標準品(SIGMA)から得られた画像と大きな類似性を示す、透明な2次元の層状物体が豊富に見られた(図1、2、3)。

様々なサイズと形状の大きな透明シートの画像が得られ、波形やフラットな不規則性を示している。また、文献(Xu et al, 2019)に記載されているフレークに似た多角形の小さなシートは、pHase ContrastとDark-Field顕微鏡で明らかにすることができる(図3)。

これらの層状の物体はすべて、血液(図1)またはワクチンサンプル(図2および3)の水性画分に広まっており、登録特許に記載されている成分はこれらのシートと関連付けることができない。

図1では、CoV-19を接種して病的な血液凝固を起こした後の、汚れていない生きた人間の血液の中に、還元型グラフェン酸化物(rGO)のクラスター爆弾がどのように見えるかを見ることができる[1][2][55][56][57]。

CoV - 19いわゆるファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ヤンセンのワクチンに含まれる非開示の成分とは何か?
この疑問に答えるため、Pfizer、Moderna、Astrazeneca、Janssenの各ワクチンの水性画分をそれぞれの容器から採取し、pHase Contrast Microscopyを用いて100倍、600倍、1500倍の倍率で個別に観察したところ、還元型酸化グラフェン(rGO)微粒子の解剖学的証拠が確認されました。識別と検証のために、Choucair et al、2009のrGOの顕微鏡写真と比較。[3]

ワクチン水性画分の分析手順
冷蔵保存したサンプルを無菌状態で処理し,ラミナーフローチャンバーと滅菌した実験器具を使用した。

分析の手順は以下の通り。
1. 0.9%滅菌生理食塩水で希釈(0.45ml+1.2ml)する。
2. 極性分画を行う。1.2mlのヘキサン+120ulのRD1サンプル
3. 親水性水性pHaseの抽出
4. 紫外吸光・蛍光分光スキャン
5.サンプル中のRNAの抽出と定量
6.水性pHaseの電子および光学顕微鏡

ファイザーの「ワクチン」非公開成分
図2、3の顕微鏡写真は、100X、600X、1500XのpHase Contrast、暗視野、明視野の光学顕微鏡を用いて得られたものです[3]。

各顕微鏡写真の左側には、rGOを含むファイザー社のワクチン水性画分から得られた顕微鏡写真が表示されています。

各顕微鏡写真の右側には、解剖学的検証のためにrGOを含む既知のソースから得られたものが表示されています。

ファイザー社のワクチン製品のpHaseコントラスト、暗視野、明視野顕微鏡、透過型、走査型電子顕微鏡による観察結果は以下の通りです。
Moderna社、Astrazeneca社、Janssen社のワクチン製品を観察したところ、図3に示すように、グラフェンストリップとなり得るものがいくつか見つかった。

TEMによるグラフェンの明確な識別には、特徴的な電子回折標準サンプルを取得することにより、観察を構造特性で補完する必要があります(下の図「b」のように)。[4]

グラファイトまたはグラフェンに対応する標準サンプルは六角形の対称性を持ち、一般にいくつかの同心六角形を持っています。

透過型電子顕微鏡(TEM)を用いて観察したところ,図5に示すように,折り畳まれた半透明のフレキシブルなrGOシートの複雑なマトリックスまたはメッシュが,暗い色の多層の凝集体と明るい色の折り畳まれていない単層の混合物として観察された.[3][4]

図5の暗い線状の部分は,シートの局所的な重なりや,個々のシートが電子ビームと平行に局所的に配置されているように見える[5].

メッシュの後には,図6に見られるように,処理中のrGOメッシュの機械的な強制力によって発生した穴に対応すると思われる,正体不明の丸みを帯びた楕円形の透明な形状が高密度に現れている[4][5].

食事、代謝、環境、接種された有機および無機のマイクロ・ナノ粒子に対する免疫反応

下の鮮やかなオレンジ色の血液の結晶は、動物の肉、血液、間質液などの高タンパク食を摂取して固まった尿酸です。 この有毒な塊を掃除して取り除こうとする好中球が何匹もいることに気づくだろう。 これは、体液の微妙なpHバランスを管理・維持する白血球の主な目的である。

上のビデオを見ると、2つの好中球(好中球は白血球総数の3分の2を占める)が血漿中を泳いでいるのがわかります。 左側の好中球は、下に向かって移動し、カンジダ・アルビカンスのようなY字型の酵母の生物学的変化を拾っています。約1分以内に、この好中球がこの毒性の強いY字型酵母を血漿中に排出するのがわかる。

血漿を介して流れる2つの好中球は、健康な体細胞であるものの細胞変性から細菌と酵母の病原体または生物学的変換を拾い上げます。

好中球の主な機能は、乳酸、尿酸、細菌、酵母、カビ、さらには酸化グラフェンなどの有機および非有機のマイクロ・ナノ粒子を拾い上げることである(下の顕微鏡写真の右にGO、左にNETと書かれた好中球)。

もう一度言いますが、好中球は、下の暗視野顕微鏡写真に見られるように、すべてのCoV - 2 - 19いわゆるワクチンに含まれている有毒な酸性病原体である酸化グラフェンを分離し、拾い上げて除去しようとしている白血球です。

(上の暗視野顕微鏡写真は、酸化グラフェン(GO)と、外来の有毒化学物質や生物学的物質を拾って排除するように設計されている好中球(NET - 白血球全体の60%以上を占める)を毒して破壊している様子を示している。 カールスカ研究所、マンチェスター大学、チャルマース工科大学、ロバート・O・ヤング博士の科学チームは、人間の免疫系が酸化グラフェンをバクテリアや酵母、カビと同じように扱うことを明らかにした。)

エネルギー分散型X線分光法により,ファイザー社製ワクチンに含まれるrGOを発見[5][6][7]
図6に示すように、エネルギー分散型X線分光法(EDS)を用いて、ファイザー社製ワクチンの液体画分の化学的および元素的含有量を分析しました。 EDSスペクトルでは、図2、3、5、6に示したサンプルが生理食塩水で希釈されていることから、炭素、酸素(rGOの元素を確認)、ナトリウム、塩化物の存在が確認されました。

ファイザー社製ワクチンにおけるmRNAの定量化
ファイザー社のサンプル中のRNAの定量は、従来のプロトコル(フィッシャー社)を用いて行った。

NanoDropTM 2000分光光度計キャリブレーションチェック固有のソフトウェア(Thermofisher)によると、全水性画分のUV吸収スペクトルは、未知の吸収物質の747 ng / ulと相関していました。

しかし、市販のキット(Thermofisher)を用いてRNAを抽出した後、RNA特異的なQbit蛍光プローブ(Thermofisher)を用いて定量したところ、RNAの存在が確認できたのは6t ug/ulにとどまりました。このスペクトルは、270nmのrGOのピークと一致していた。

今回発表された顕微鏡写真によると、この吸光度のほとんどは、サンプル中の液体懸濁液に豊富に含まれるグラフェン状のシートによるものと考えられる。

また、試料からは、rGOのピーク値と同じ340nmに最大の蛍光が出ており、この結論はさらに裏付けられている。なお、RNAは紫外線照射により自発的な蛍光を示さないことに留意する必要がある。

還元型グラフェンオキサイド(rGO)のファイザー水性画分のウルトラバイオレット蛍光試験[6]について
紫外線吸収および蛍光スペクトルは、Cytation 5 Cell Imagingマルチモードリーダー分光光度計(BioteK)を使用して取得しました。UV吸収スペクトルにより、270nmに最大ピークが確認され、rGO粒子の存在と互換性があります。

また、340nmにおけるUV蛍光の最大値は、サンプル中に相当量のrGOが存在することを示唆している(Bano et al, 2019)。

以下の図11および図12は,ファイザー,モデナ,アストラゼネカ,ヤンセンのいわゆる「ワクチン」に含まれることが確認されているさまざまなマイクロおよびナノ粒子の顕微鏡写真であり,環境走査型電子顕微鏡(SEM)とエネルギー分散型システム(EDS)のX線マイクロプローブを組み合わせて分析し,観察中のマイクロおよびナノ粒子の粒子径,組成分布,化学的性質を明らかにしている[6][7][8]。

以下の図13および図14は、ファイザー、モデナ、アストラゼネカ、ヤンセンのいわゆる「ワクチン」に含まれるさまざまなマイクロおよびナノ粒子の顕微鏡写真であり、環境走査型電子顕微鏡(SEM)とエネルギー分散システム(EDS)のX線マイクロプローブを組み合わせて分析し、観察されたマイクロおよびナノ粒子の粒子径、組成分布、化学的性質を明らかにしています。

ファイザー社の「ワクチン」には寄生虫がいる?
図13に見られるように、50ミクロンの細長い物体が、ファイザー社のワクチンの中に存在するという不思議な存在です。これは解剖学的にはTrypanosoma cruziという寄生虫で、いくつかの変異体が致死性であり、後天性免疫不全症候群(AIDS)の多くの原因の1つであることが確認されています。

図14は、CoV-19「ワクチン」にも含まれる炭素、酸素クロム、硫黄、アルミニウム、塩化物、窒素などのナノ粒子の組成を示しています。

下の図15と16は、環境走査型電子顕微鏡(SEM)とエネルギー分散型システム(EDS)のX線マイクロプローブを用いて同定・分析された異なるマイクロ・ナノ粒子の顕微鏡写真で、観察されたマイクロ・ナノ粒子の化学的性質とその形態を明らかにしています。

長さ2ミクロンの白色の微粒子は、ビスマス、炭素、酸素、アルミニウム、ナトリウム、銅、窒素で構成されています。

図17と図18は、有機炭素、酸素、窒素の微粒子と、ビスマス、チタン、バナジウム、鉄、銅、シリコン、アルミニウムを含む埋め込み型のナノ粒子の集合体を確認したもので、これらはすべて、いわゆるファイザー社の「ワクチン」に含まれていたものです。

アストラゼネカ社の「ワクチン」の非開示成分
図19と図20は、アストラゼネカ社の「ワクチン」に埋め込まれたマイクロ・ナノ粒子の鉄、クロム、ニッケルの工学的凝集体を透過型電子顕微鏡(TEM)で観察し、エネルギー分散型システムのX線マイクロプローブで定量化したもので、観察されたマイクロ・ナノ粒子の化学的性質とその形態を明らかにしています。

XRF(蛍光X線)装置を使って、アストラゼネカ社の「ワクチン」に含まれるアジュバントを評価したところ、ファイザー社とモデナ社の「ワクチン」にも含まれているヒスチジン、スクロース、ポリエチレングリコール(PEG)、エチレンアルコールの以下の分子が確認されました。 このテストの結果は、図20で見ることができる[10]。

PEGとエチレンアルコールの注入は、ともに発がん性と遺伝毒性があることが知られています[10]。PEGは、アストラゼネカ社の「ワクチン」の成分を記載したデータシートに宣言されている唯一のアジュバントでしたが、ファイザー社とモデナ社の「ワクチン」には含まれていました。

ヤンセン社の「ワクチン」の非開示成分
図22および図23は、ヤンセン「ワクチン」で確認された有機-無機凝集体を示しています。この粒子はステンレス鋼で構成されており、還元型酸化グラフェンの「炭素系接着剤」で接着されている[11]。この凝集体は非常に磁気的であり、病的な血液凝固や、他の双極子との相互作用による細胞膜の変性から生じる「コロナ効果」や「スパイクタンパク効果」を引き起こす可能性がある[11]。 これらの生物学的反応や細胞の変化は、図24、25、26のpHaseコントラスト顕微鏡や暗視野顕微鏡で生きた血液中で見ることができる[1][12]。

コロナ効果とスパイクタンパク効果
内因性に作られる「コロナ効果」と「スパイクプロテイン」は、還元型グラフェンオキサイドとマイクロ波による化学物質と放射線の毒が原因である![12]。

上の図24と25は赤血球の「コロナ効果」を、図26は「スパイク状タンパク質効果」を示していますが、いずれも酸性の生活習慣、具体的には2.4GHz以上の有毒な脈動電磁場への曝露、摂取した食物や水による化学物質中毒、有毒な酸性大気汚染、ケムトレイル、さらにはナナメの粒子状化学物質を含んだCoV-19の接種によって、間質液や血管液の分解性アシドーシスが引き起こされます。 早まって自分を傷つける前に、自分の感情や誤った信念をドアの前でチェックしてください![12]。

モデナの「ワクチン」の非開示成分
図26と図27は、Moderna "ワクチン "に含まれる有機物と無機物の混合物を示している。
透過型電子顕微鏡(TMS)とエネルギー分散型システム(EDS)のX線マイクロプローブで定量化した結果、観察されたマイクロおよびナノ粒子の化学的性質が明らかになりました。

いわゆるModernaの「ワクチン」は、炭素ベースの還元型酸化グラフェンの基板に、いくつかのナノ粒子が埋め込まれている。このナノ粒子は、炭素、窒素、酸素、アルミニウム、銅、鉄、塩素などで構成されている[13]。

図27と図28は、透過型電子顕微鏡(TEM)で分析し、エネルギー分散型システム(EDS)のX線マイクロプローブで定量化したもので、観察されたマイクロおよびナノ微粒子の化学的性質を明らかにしたものである。多くの異物は、いくつかの気泡状の空洞を持つ球状の形態をしていることが確認された。

図29は、それらが炭素、窒素、酸素、シリコン、鉛、カドミウム、セレンで構成されていることを示している。この毒性の高いナノ粒子の組成は、細胞毒性と遺伝毒性を持つセレン化カドミウムの量子ドットである[14][15]。

図30と図31は、いわゆる「モデルナ」の「ワクチン」をさらに分析したもので、還元型酸化グラフェンのナノ粒子複合体の100ミクロンのシンプラストを示している。このrGOは、炭素と酸素で構成されており、窒素、ケイ素、リン、塩素クロリンのナノ微粒子が混入している[16]。

図32および33は、ケイ酸アルミニウムナノ粒子で満たされた骨材と混合されたModerna「ワクチン」中の炭素ベースの還元グラフェン酸化物実体を示しています。[17]

ディスカッション
SARS-CoVid-19のパンデミックにより、製薬会社はワクチンと呼ばれる新薬を開発した。

製薬業界が公表しているこれらの新薬の作用機序は、ワクチン製品のデータシートに記載されている内容と合わせて、現在の医学者が理解するには明確ではありません。ファイザーが製造したこれらの新薬、バイオンテックmRNAワクチン、モデルナ・ロンザmRNA-1273ワクチン、オックスフォード・アストラゼネカ血清研究所ワクチン、そしてヤンセン・バイオテック社が製造したヤンセンCOVID -19ワクチンは、ワクチンではなく、遺伝子治療として働くナノテクノロジー医薬品です。ジョンソン・エンド・ジョンソンのヤンセン・ファーマシューティカル・カンパニーが製造した「ヤンセンCOVID -19ワクチン」は、ワクチンではなく、遺伝子治療を目的としたナノテクノロジー医薬品です。

ワクチン」という名称は、新薬に必要な通常のルールをすべて無視して、官僚的・技術主義的な理由で緊急承認を得るために使われたエスカモーテージ(策略)である可能性が高い。

これらのいわゆる「ワクチン」はすべて特許を取得しているため、その実際の内容は購入者にも秘密にされていますが、購入者はもちろん納税者のお金を使っています。つまり、消費者(納税者)は、予防接種によって自分の体に何が入っているのか、何も知らされていないのです。人類は、ナノ粒子技術のプロセスや、身体の細胞への悪影響、特に血液や身体の細胞への磁気毒性、細胞毒性、遺伝子毒性のナノバイオインタラクションの影響については、何も知らされていないのである。

今回の研究では、前述のいわゆる「ワクチン」をナノ粒子技術を用いて直接分析することで、いわゆるワクチンに含まれる実際の有毒な酸性物質の真実について、人生を左右するような不穏な情報を明らかにしています。

ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ヤンセン社の医薬品は「ワクチン」ではなく、上述したように、動物細胞やベロ細胞、堕胎したヒト胎児の細胞から得たmRNAの遺伝子組み換え核酸に、さまざまなナノ元素が付着した複合酸化グラフェンのナノ粒子の集合体です。繰り返しになりますが、これらのいわゆるワクチンに含まれる成分は、植物、昆虫、鳥、動物、人間の細胞膜とその遺伝に対して、高い磁気毒性、細胞毒性、遺伝毒性を持っており、すでに重篤な傷害(5億人以上と推定される)や最終的な死(3500万人以上と推定される)につながっています[17][18]~[55]。

いわゆる "専門家 "や "医学者 "は、CoV-2~19ワクチンがCoV-19の蔓延を阻止する唯一の方法であるとあなたに伝えている...コッホやリバースのポスチュレートのような科学的方法によって判断されるような、CoV-19の存在の証拠も蔓延の証拠もないにもかかわらず![54]。

安全であるということ - 文書化された証拠がそれに反しているにもかかわらず...[54] 。

何百万人もの「ダブル・ジャブ」を受けた人々が病気になり、理論的にはCoV-19という存在しないウイルスにさらされ、死んでいるにもかかわらず、効果があると...[55] 幻のウイルス感染ではなく、恐怖や偽の証拠が本物のように見え、遺伝子組み換えされたmRNAを介して還元型グラフェン酸化物の毒性のある酸が人体の特定のターゲットに届けられ、病的な血液凝固、酸素欠乏、過呼吸、低酸素症、そして窒息死に至るのである。 [56][57][58]

「普通の生活」を送るためには、最低でも2回の予防接種と「ブースター」を受けなければならないと...。

そしてすぐに、CDCやその他の政府、大学、医療機関が、CoV - 2、現在はCoV - 19と呼ばれているウイルスの「標準的な」分離法がないことを書面で認めているにもかかわらず、彼らはあなたに、彼らのすべてのマンデートに従う以外に選択肢はないと言うでしょう![55]。

コロナ・ウイルスは存在せず、決して存在しなかったのです![56]。
覚えておいてください...
誰にもあなたの健康の自由を奪わせないでください。

それはあなたの体、あなたの人生、あなたの選択です。

知識は力です。そして、あえて発言する人を弾圧し、検閲する企業メディアの公式シナリオにもかかわらず、実験的なCoV -19ワクチンがなぜそれほど危険なのかを理解する鍵でもあります。

自分の健康をコントロールするのは自分自身です。世界の政府や官僚がみんなにワクチンを接種するように迫っているが、その犠牲にならないでほしい。億万長者の "慈善家 "ビル・ゲイツと億万長者のビッグテック活動家は、あなたとあなたの家族にとって何がベストかを知っていると考えています。

自分にとって何が正しいかを決めるのは自由でなければなりません。政府や雇用者から「自分のために」と「ワクチン接種」を強要されてはいけません。

そして、キャンセル文化によって、自分の権利のために立ち上がることを恐れないようにしましょう。

フランスの偉大な医師であり科学者であるアンション・ベシャンの言葉を借りれば、「真実の要素を含まないほど偽りのあるものはないので、それは病原菌理論によるものです」。この場合、ウイルス、ワクチン、免疫の理論です![59]

https://note.com/akaihiguma/n/nf86ae3994588


 この記事もベラボウに長文です。コピペして指が疲れました。しかしこれだけ長い記事でも、作者が伝えたいメッセージは(比較的簡単に)一文でまとめられるはずです。

 こちらも要約挑戦してみてください。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
肉は高いから、なかなか買えないとの事です。今日はとりむね肉を使ってまるぞうさんレシビのスパイスカレーを作りますね。夕飯には娘の友達も来るので、作り方を教えてあげます。たんぱく質は大事ですね。

→ 鶏卵もアミノ酸スコア100の優秀なタンパク源です。茹で卵でもスクランブルエッグでもいいです。調理が簡単で財布に優しく栄養があって。鶏さん今日もありがとう。

給料日前の財布に優しい身体にも優しい玉子丼の作り方
1,玉ねぎをスライスしてひたひたの水で蓋して弱火で煮ます。
2,玉ねぎが透明になったら、醤油と味醂を入れます。
3,蓋をとって強火でひと煮立ちしたら、溶き卵を回しかけます。
3改,ひと手間かけるのであれば、黄身と白身を分離して、白身だけさきに鍋にいれます。白身が白くなったら、黄身を入れます。お箸でかき混ぜたら出来上がり。
6,温かいご飯にかけて召し上がれ。
(まるぞう流一手間は、白身は火が通っているけれど。黄身は半生であるところがポイントです。)

==========
営業トークでもあるのですが、具体的なソースのあるデータを提示しないもの、データを明示していないのに〇〇ですと断定する、断定しなくても〇〇だと思います、〇〇と考えるのが自然、などで結ばれる話し方はほぼ誘導です。
(悪徳だとデータも作られたものもありますが。。。)

営業してて思うのは特に日本人は、「みんながやっている」、だの「今、これが流行です」だの「これが一番人気です」と話すとほぼソレを買ってくれます。
若い頃はそういった誘導系営業本やYouTube番組も読んだり、見たりしてましたが人を騙すような感じがしていつの間にか見なくなりました。
逆に勉強になるのですがね。

騙されないためには
○その場ですぐ判断しない
○自分で情報を確認する
○そもそも自分にとっての優先順位や大事にしたいものは何か?を念頭に置く

→ 大切な考察だと思います。ありがとうございます。

==========
子供の感染心配ですよね、と言われたので、子供は重症化しないって聞きましたけど、っと言ったら、間髪入れず、子供から移って大変って話になるじゃないですか?と言われて。

→ 私なら更に間髪を入れず「でも大人はワクチン接種済みなんだから大丈夫なんですよね!(何のためのワクチンなのさという心の声)」言っちゃいそうです。大人気(おとなげ)ないです。反省。

==========
拒否ってた人が、ここ最近打ちだしてます。打ってしまう自分を正当化しようと、正常性バイアスみたいなのになって、急に正しいと思い込もうとしている感じです。

→ 精神のバランスをとるための仕方ない心の動きだと思います。ファクターXによって日本人の多くにはワクチン後遺症は起きなかったという未来を心から希望します。

==========
接種無しに普通に感染したら、抗体は出来ない、集団免疫は出来ない、それよりも免疫をつける、と言う意味なら、自然免疫を強くしよう、食生活などで、って意味ならコロナに太刀打ち出来る、だと思っているのですが。

→ 集団免疫は抗体の液性免疫だけでなく、キラーT細胞の細胞免疫も(そして免疫記憶を持つと最近わかってきた自然免疫も)の複合だと思います。

東アジア地域は、細胞免疫での記憶を持った人が多かったので、すでに集団免疫に近い状態だったと後世で言われるかもしれません。おそらく日本が欧米の1/20の感染者数であった理由での一つす。
山中教授のデータで明らかになっていきはじめていますね。

==========
内容を自分で補完することに、納得しました。回答から自分の傾向がわかりましたので、今後の参考にして充分に注意したいと思います。

→ そうなのです。トリックの手口は「読者が自分の脳で相手の都合の良い説を補完する性質」を利用します。

でも読者が要約という一手間をかけるだけで、そのトリックの大部分をバッサリ切り捨てることが出来ます。

==========
その中で一番興味深かったのは『Q12、なぜ、医師はワクチンについて正しい知識を持てないのでしょか?』という質問に対するアンサーでした。
・医学部を卒業したあと付属病院で研鑽を積むが、そこは製薬企業からの莫大な寄付金が集まる場所であり、若手の指導にあたる先生たちは常に製薬企業に忖度せざるを得ない状況。

→ 情報ありがとうございます。
戦争が起きたのは、軍部の暴走や欧米支配層の思惑もあったでしょうが、一番の原因は日本国民一人ひとりの考えであったと思います。「弱腰外交。なぜ開戦しない。」

集団で夢見て海に向かって行進するような愚かさを私達は学ぶことが出来たのでしょうか。と最近考えています。

==========
ところで、ワクパスなるものが導入させようとしており、うたないことを貫くことも厳しくなってきたように思います。。。
もしどうしても打たないといけないならば、今後出てくるシオノギなどあると思いますので、そちらで検討せざるおえないのかなと思いますが、なんせ国産ワクやその他のワクの知識がないので、できればそちらのワクのことを題材にしていただけないでしょうか。。。

→ そもそも国産ワクチンの認可を厚労省にさせるかという話もあり、また日本国内のワクパスもどれほど生活の制限をかけるかという話もあり。そして接種者半年後の国内感染状況がどうなっているかという話もあり。
ただ周囲には国産ワクチン出るのを待っているのです。という方便は良いと思います。

==========
ぬぬ~、見破れんかった。巧妙ですな。
良い勉強に致します。

→ 文章を要約するという一手間で、巧妙なトリックの大部分を削ぎ落とすことが出来ます。

==========
こちらも子供の後遺症として煽られている気がしますが
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d9d4abce169e58bf9d8223097a3834204c49b01?page=2

→ この記事を1行に要約すると
・子供は軽症や無症状でも後遺症を発症するケースがあるので楽観しないで欲しい。
ということです。そしてそれは正しいです。

この先生は御自分の良心には背かない範囲で、記者が期待する記事を書いたと思います。

==========
・考えるのが嫌。答え・結論だけを手っ取り早く知りたい。(知性の問題)
・同調圧力に逆らえない(感情の問題)
・不安に耐えられない(本能の問題)

これらの要素で、1つ、2つ、3つと条件が揃う程に危険度が増すような。
しかし2つが揃っても、どれか一つが突き抜けて強ければ相殺もするかと。

→ 文章を要約するひと手間は慣れてくるとそれほど手間ではありません。1つ目の問題は大きく改善されると思います。というのが今回の記事のテーマです。

==========
頭が良いからトリックに気付いて避ける人もいるんだと思うんですが、それ以上に自分の場合は運、あるいは縁のお蔭様だったと感じています。

→ 私は
・自分の頭で考えるが半分
・心の嗅覚で判断するのが半分
が良いなと思います。

話は変わりますが、ここ数千年の人類の歴史で、覚者が何人も出現しましたが、覚者が去ったあと弟子たちが分裂して、それぞれの宗派が対立するということが繰り返される原因は何かなと思っています。

覚者のメッセージは
・自分の頭で考えるヒントになる
・自分の心の嗅覚をぶれないヒントになる
であります。が、最終的にはそれぞれの心の問題だと思います。

==========
そのおかげなのか、(?)本心と違うことを言っている人というのがうっすら感じられる気がします。
なんとなく、なんですけどお顔を見てると金太郎飴とかお面みたいな雰囲気がするんですよね。なんかペラッ、ノペッとした感じ。

→ 鋭い嗅覚だと思います。大切ですね。

これからは多くの情報がオンラインで入ってきます。ですので
・第一段階:頭のひと手間で記事を1行に要約する。
・第二段階:削ぎ落とされたトリックを心の嗅覚で判断する。
という対応は大切になっていくと思います。

==========
「ワクチン未接種は死亡リスク11倍に」米保健当局
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20851842/
なんのデータも添付されていないのに、これは恐怖を煽る一点に尽きるなと思いました。

→ この文章を要約すると
・4月上旬〜7月中旬の60万人感染者の調査でワクチン未接種者は死亡リスク10倍だったことがわかった。

そしてこの情報は(おそらく)正しいです。
ワクチンは接種直後はこのように効果はあるのです。これを否定すると単なる「反ワク厨」になってしまいます。

・抗体が減少する接種6ヶ月後の感染状況
・抗体をすり抜ける変異株の出現の可能性
・ワクチンによる長期的な免疫疾患

現時点では静かに様子見です。

==========
枠が絶対正しいと疑わない娘が、私をことを心配して言ってるんだと泣きながら訴えてくるのですよ。副作用はうそだと。

→ 心配どうもありがとう。と。

そして未接種の方はやはり感染の可能性はあるのです。その時周囲から「ほらいわんこっちゃない」と言われないような想定と対策は必要だと思います。

「自分はワクチン打っていないから、感染するかもしれないし、場合によっては重症化するかもしれない。あなたに迷惑をかけるかもしれないけれど、その時はごめんなさい。それでも私ややはりもう少しだけ様子見したいの。」

「迷惑かけるってわかってるなら、どうしてワクチン打たないの。」

「ごめんなさい。でももう少しだけ様子見したいの。」

「ずっとそんなこと言ってるじゃん。いつまで様子見なの。」

「しばらく。」

「しばらくっていつまでって聞いてるの。」

「変異株の出現によるから、私もいつとは言えない。」

「じゃあ、変異株がずっと出なかったら、ずっと打たないってことじゃん。」

「そうね。」

「変異株出るまで打たない。変異株出たら打たない。じゃあずっと様子見ってことじゃん。」

「そうね。」

「そうね。って母さん打たないと周囲も迷惑なんだよ。わかってる?」

「迷惑かけてごめんね。」

「わかってるなら、ワクチン打ってよ。」

(最初に戻る)

議論しないこと。説得しないこと。

==========
でも反対に、まるぞうさんにワクチンのことを色々教えてもらってるのにとても申し訳ないのですが、もしかしたらワクチン打ったほうが身体が刺激されて、丈夫になるなんてこともあるかもしれないとかも思ってしまいます。
(私は子供にBCGを打ちませんでした。しの病ではないようだったし、健康な夫も子供の頃に打っていないらしく、打たなくてもいいと言ったので。でもまるぞうさんがBCGの必要性をおっしゃっていたので、打っておけば良かったのかもと思い、今も悩んでいます。)

→ 充分な治験をしている従来のワクチンなら、お子さんに接種する意味はあると思います。

まだ人類で1年ちょっとしか接種実績のない新技術のワクチンは、別ものだと思うのは私個人の考えです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (54)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トリックを見破ることは可能か。その2。

2021-09-11 11:02:01 | 今日のひとり言

防災カレンダー
11日 月の最近より3時間後22時03分

横浜市
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/09/07/084113#17

名古屋市から西方向





 昨日の課題に多くの方が回答投稿くださいました。頂いた回答はどれも熱いものでした。ありがとうございます。
 では回答です。そのトリックの一文は赤字の部分です。

「子供にコロナワクチンを打っていいのか」迷う人に現役小児科医が伝えているたった一つのこと
森戸 やすみ 小児科専門医 2021/08/31
・・・
誤った情報が「善意」で拡散されることもある

フェイク・ニュースといっても、悪意があるデマや、パンデミックに乗じて集客と広告収入を狙った金銭目的のものばかりとは限りません。なかには「善意」から拡散される誤った情報もあります。

もし、同じワクチン不安を共有する「ママ友」が「こんな情報があるんだよ」と勧めてきたとしたら? たとえ真偽がわからない情報だとしても、ばくぜんとした不安であれこれ迷い苦しむ必要がなくなるなら……と、つい飛びついてしまうかもしれませんね。ネット上にはびこるフェイク・ニュースは不安につけ込んできます。

特にSNSでは、自分と興味や関心が似た人が同じような情報・意見を繰り返しリツイートすることで、真偽を検証されることなく、誤った情報が「真実」かのように拡がる「エコーチェンバー現象」が生じます。たった一人が発信したフェイク・ニュースが、無批判に拡散されることで、いつのまにか「みんなが知っている事実」として一人歩きしていくのです。当然、新しい事実が判明しても、情報が修正されたり、更新されることはありません。

・・・
欧米では、年齢に関わらず高い効果が認められている

公平な視点から、子供のワクチン接種について考えてみましょう。2021年8月末現在、12歳以上の子供が接種できるワクチンは、ファイザー/ビオンテック社製とモデルナ社製のmRNAワクチン2種類です。子供への接種が先行している欧米からの報告では、mRNAワクチンは年齢に関わらず、高い効果が認められています。

副反応も成人と同じように注射した部位の筋肉痛や熱がでますが、解熱剤などで対応が可能です。また、ひところ噂になっていた「新型コロナワクチンで不妊」という情報は、フェイク・ニュースであることがすでに明らかになっています(厚生労働省:ワクチンを接種することで不妊になるというのは本当ですか)。

「様子見」によってリスクを負う必要はあるのか

新型コロナウイルスに対する免疫をつけるには、ワクチンを接種するか、感染するかの二つしかありません。「子供は重症化しないから、感染しても平気」と楽観できたのは、デルタ型変異ウイルスがまん延する前の話です。デルタ型変異ウイルスが猛威を振るい、新しい変異ウイルスの脅威に曝されている今の状況では、「子供も若者も重症化し、後遺症をもたらす可能性がある」と考えるほうが正しいでしょう。新型コロナウイルスの特効薬がないなかで「様子見」をして、子供たちに重症化リスクや後遺症のリスクを負わせる意味があるでしょうか。

新型コロナウイルスワクチンの接種は、パンデミックを乗り切るために欠かせない感染防御手段です。上にあげたサイトの情報を参考にしながら、お子さんと一緒にワクチンの接種について話し合ってみませんか。

https://president.jp/articles/-/49208


こういう議論になると敗けるから。

 本当に小さい子供にワクチンを打つ必要があるのか。

A ワクチンを打たないリスク
 そもそも小さい子供が感染して重症化や死亡する確率はどのくらいなのか。特に我が国日本国内においては。

B ワクチンを打つリスク
 子供にそのワクチンを打って長期的に悪い影響が出るかどうか。それは誰もわからない。なぜならまだ一般の人に接種するようになって1年ちょっとだから。
 今まで私達現代人は多くの薬害を経験して来ました。

 その薬を打たないと生命の危機があるハイリスクな患者さんの治療ならやむを得ないケースはあります。しかし重症化リスクのほぼない小さい子供の予防のために、まだ長期的な検証がされていないワクチンを打つメリットは、ワクチンを打つリスクBを超えるのでしょうか。

担当大臣「はい。国民の方はこの泥舟に乗ってください。」
国民「大丈夫でしょうか。向こう岸に行く途中で溶けて沈没しませんか。」
担当大臣「この泥舟が途中で溶けて沈んだという例は私はきいていませんし、泥舟製造会社でもそのような事例はありません。(だってこの泥舟の出航自体が人類初めてなんだもん)」

 この女医の方のように、将来子供が重症化する突然変異はあるかもしれません。しかし突然変異ならワクチンが効かなくなる変異の方が現実のリスクとして高いです。事実ミュー株はファイザーやモデルナの中和抗体を1/7にする。つまりワクチンをかいくぐるという発表がありました。

 本当に子供が重症化する変異があるなら、その兆候が出てから対応することでも間に合う可能性は充分あるでしょう。まだ人類への一般接種が1年ちょっとしかないワクチンを、自分の小さな子供に打つのは、
・ワクチンの長期的な副作用が見極めてから
・子供を重症化する突然変異の兆候があらわれてから

それまで様子見をするのが、数多くの薬害を経験した私達が、自分たちの子供を守る選択ではないでしょうか。



この土俵に触れずに、巧みに読者の脳を誘導している。

 このようなロジックとなると、ワクチン推奨派の方々の勝ち目はほぼなくなってしまいます。
 お母さんやお父さんは、自分の小さな子供に、このワクチンを打つのはもう少し様子見しよう。そのような判断なるでしょう。
 だからこの女医先生は、読者にその疑問を抱かせないこと。もうそれがこの長文の仕掛けの全てです。
 
 記事の前半で長々と述べていること。それは説得性のある事実に基づいています。
 それはマジシャンがカードを観客に渡してきらせているようなものです。

 最後に、一番肝心なところを「デルタ型変異ウイルスが猛威を振るい、新しい変異ウイルスの脅威に曝されている今の状況では、「子供も若者も重症化し、後遺症をもたらす可能性がある」と考えるほうが正しいでしょう。」という一文で目眩ましします。
 本当に一瞬の技で、観客のカードをトリックカードにすり替えたごとくです。



驚くべきことに読者が自分で脳内で補完するのだ。

 これを読んだ人は、前半でこの女医さんの言葉に信頼を寄せている状態のまま、あまりにもあっさり「子供が重症化し後遺症を起こすと考えるのが正しいでしょう」という言葉を受け入れてしまいます。

 この女医さんは頭が良いので、
・子供が重症化する変異が起こる
とは断言していません。しかし、読み手の方が

 「ああ、そうか。このまま放っておくと、うちの子供が感染して重症化して後遺症が起きる変異株が流行するのか」と勝手に脳内で補完してくれます。

 これがこの女医先生の、巧妙なトリックです。

 一番突っ込まれたくないところは、そもそも土俵を作らせない。目にも止まらぬ早業でサラッと流し、あとは読者の脳が「うちの子供が感染して重症化して後遺症が起きる変異株が流行するのか」と補完して思い込んでくれるように誘導します。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
「コロナウイルスに対する免疫をつけたかったら感染するか、ワクチンを打つかのどちらかしかありません」
この一文、丸分かりで「そんなわきゃ無かろうが」

→ ここはトリックの前フリ文章。そして本当に触れられて欲しくないところを、一瞬で煙に撒いた見事なワザです。

==========
ーーーと考えるのが正しいでしょう。
の部分も気になりました。誘導しています。

→ Yes。嗅覚ですね。

==========
「新型コロナウイルスの特効薬が無い中、様子見をして子どもを重症化や後遺症の危険に~~以下省略」
長期的な危険性には触れていませんね。

誰かに言われたから?ではなく、本能的にこの状況がおかしいと思えるかどうかが、分かれ道なのかなぁと、思います。

→ 見事なトリックでも騙されない人は一定数いるわけです。簡単に騙される人と嗅覚で察知できる人。その差は何だろうかとこのところずっと考えています。

==========
レシピ本は買っても活用しなくなることが多いのですが、去年購入してすごく活用しているのが
【ラクなのに美味しい驚異の弱火調理法】
まさしく常温のお鍋に、オリーブオイル(コメ油)を入れて海塩入れて、切った野菜を入れて、蓋閉めてほったらかし♪
あまり時間なし、お料理下手の自分でもこちらを応用して、少しお料理の要領をつかんだのでした。

→ 私の調理方法と通じますね。

発酵を進ませるには40℃前後。
お肉を調理するのは68℃前後。
野菜を調理するのは90℃前後
40〜100℃に温度が維持できる調理器具が欲しいのですが、まだまだお高いので躊躇しています。

==========
今回のちっくん騒ぎを見て、最初は「絶対にいやー」と言っていたのに、「なんかうたないといけない気がしてきたからうつわー」と言っていた知人の顔が浮かびました。

→ 今日本人の多くで起きている現象だと思います。

==========
数年後に、2021年頃の狂騒を振り返ってみた時に、チクを誘導していた人達は何と言い訳するんでしょうか。

→ 自分たちも政府に騙されていた被害者だというように脳内で書き変わる人がたくさんいると思います。

今みなさんに「ワクチンなぜ打たないの」と圧力をかけている人たちも、10年も経てば、「自分が圧力をかけていた側」という記憶はすっかり「自分たちは政府に騙されていた被害者」に置き換わると思います。

==========
正解じゃないと思って書きますが、これが講演会でパワポとかスライドで発表されて、質問ありますか?と言われたら、素直に聞きたくなることが、あります。

→ この小児科の女医さんが一番議論にさせたくないことは
・なぜ子供に接種しなければならないのかというデータは?

ということであると思います。

==========
私に子供がいて迷っている場合、以下の文章で背中を押されますね。早く打たなくちゃ~ってなるかな。
~「様子見」をして、子供たちに重症化リスクや後遺症のリスクを負わせる意味があるでしょうか。~

→ トリックでカードをすり替えたあと(子供が重症化する変異株が出現すると読者に脳内補完させたあと)ちょんと背中を押しています。

==========
ママ友のラインのTLから3歳のお子さんが血液の病気で苦しんでる、RH-B型の血液型の方を探しています!拡散してください!とあったので、身内にその血液型の者がいますのでうっかり連絡するところでした。

→ ちなみにどのようにしてフェイクだと気づいたのでしょうか。もしよろしければ教えて頂ければありがたいです。

==========
自分も小児医療に関わる者ですが、同業者が何でこんなことをシャーシャーと書くのか理解に苦しみます。「小児がデルタ株で重症化する可能性がある」という意見は、この記事だけでなく世間中あちこちで叫ばれていますが、これは日本においては今現在の事実ではなく「根拠のない予測」です。その一方で、ワクチン接種で小児が発熱、倦怠感などの重い症状を呈する確率は1/3~2/3と言われており、子ども達が少なくとも無症状か軽症にしかならないコロナに罹患するよりもはるかに辛い思いをしなければならないのは「事実」です。さらには将来的な安全性は全くの「不明」です。

→ ありがとうございます。まさにここです。この箇所をこのように理路整然と突かれると、反論のしようがないので、この女医さんはあのように、一瞬でサラっと「一番触れてほしくない部分」をすり替えています。



迷っている患者さんにこっそり「打たなくてよいよ」と耳打ちすることぐらいしかできないのが情けないです。まさにミジンコ攻撃です(涙)

→ ありがとうございます。

==========
時期をかえてその記事、その記事でWスタンダード的な意見の記事もみるので余計混乱して人物像がみえなくなる、ずっと尊敬してた京大関わる先生がいました。
近年、ちょっとショックでした。

→ 顔出ししている方は、いろいろな身の危険もあるのでは。と思います。

==========
「公平な視点から、子供のワクチン接種について考えてみましょう。」かなぁ。書いたご本人も気づいていないかもだけど、ワクチンを推進したい医師視点の文章だから公平ではないよな。と思っちゃいました(^_^;)

→ この方は意図的に読者を誘導している。高度なトリックの文章です。

==========
「新型コロナウイルスワクチンの接種は、パンデミックを乗り切るために欠かせない感染防御手段です。」

重症化を(短期間だけ)防ぐ手段であって、感染防御手段ではないこと。

→ この文章は、小さい子供に親が接種させるために特別に書かれた文章であるところが特に深刻(罪深い)と思います。

トリックでカードをすり替えたあと、あなたの子供が重症化して後遺症になったらどうするんですか。と母親の心を揺さぶっている間合いがプロのワザです。

==========
『「子供も若者も重症化し、後遺症をもたらす可能性がある」と考えるほうが正しいでしょう。』

可能性は僅かでも有りますので、嘘とは言えませんが、僅かな可能性を言うので有れば、
新型コロナウイルスの治療薬が有ることを隠す意図は、ワク接種一択に誘導したいのでしょう。

→ いつもながら冷静な視点ありがとうございます。

==========
>デルタ型変異ウイルスが猛威を振るい、新しい変異ウイルスの脅威に曝されている今の状況では、「子供も若者も重症化し、後遺症をもたらす可能性がある」と考えるほうが正しいでしょう。

厚生省のホームページで確かめたら、陽性者は増えてますが、10代、20代の重症者、死亡者は男性にほんのわずかで、女性はほとんどいない状況でした。
https://covid19.mhlw.go.jp/
確かにその「可能性」はこの先あるかもしれませんが、この先生が煽るほどの現時点でのデータは、危機迫る状況とは思えません。子供や若い人達の接種はまだ慎重に様子見でよいと思います。

→ きちんと裏取りをする行為は、今後ますます重要になると思います。ありがとうございます。

==========
中立、中庸ということは理屈では分かるのですが、「自分が正しいところが半分、相手が正しいところが半分」と見て中庸の立場に行くと、自分がどちらにも進めず停滞してしまうように感じてしまうのですが、中庸の意味を取り違えているのでしょうか。

→ 「自分が正しいところが半分、相手が正しいところが半分というスタート地点から」ではいかがでしょうか。

やはり自分が正しいという結論になることも当然あるわけです。
ただし、異論に遭遇した場合は、再び半分半分のスタート地点に一度戻ること。これがコツであると思います。

=========
ウィルスが変異して若者でも重症化と語りながら、変異したウィルスに変異前に開発されたワクチンが効果を発揮するかどうか触れていない。短期的なワクチン副作用のことのみで長期的な影響には触れず存在すらしないように黙って思わせる煽り文。質問したらどうお答えになるのでしょうかね。

→ その通り。この方が一番触れて欲しくない場所がそこです。ですから前半長々と信頼を得る内容を書き連ねて、一番肝心なところは、一瞬でカードをすり替えるかの如く、前提をすり替えています。

==========
〉 水が沸騰しても鍋の中は90℃前後に保たれます。その状態を30分ほど維持すると

30分待つのは、ちょっとつらいですね。。。
時短の10分くらいが、やはり現実的ですね!

→薄くスライスした玉ねぎと人参をこの方法で30分蒸すと、砂糖が入ってるんじゃないのというぐらい甘くなりました。

==========
これも嘘だと思うのですが、一文だけですか?

新しい変異ウイルスの脅威に曝されている今の状況では、「子供も若者も重症化し、後遺症をもたらす可能性がある」が正しい

→ この文章で、読者の脳内の前提を一瞬ですり替えているので、ものすごいなあ。プロのマジシャンや。と思います。

子供にワクチンは不安だけれど、周囲から圧力あるし。という若いお母さんは、この一瞬の文章で180度脳内が書き換えられることと思います。

==========
打つか感染するかってとこかな?

→ ここはカードをすり替えるための前段前準備の文章です。本番はこの直後の文章です。若いお母さんの脳内の前提をひょいっと一瞬で逆転させてます。

==========
コロナワクチン後の死亡例の検証もそうですが、医療の世界で「疑わしきは罰せず」がまかり通るようになったら、もうあとは何でもアリで、倫理もクソもなくなってしまいます。本当に、一体どうしちゃったんだろう??

→ 本当です。
今までは「安全と確認されていないものは危険」が前提だったことが、「危険と確認されていないから(自分は報告を受けていないから、製薬会社が発表していないから)安全」となっている。

これが危険なことだと気づく日本人はもう少し多いかなと思っていたのですが。同調圧力の方が強かったようです。

==========
早速トリックのことですが、「また、ひところ噂になっていた「新型コロナワクチンで不妊」という情報は、フェイク・ニュースであることがすでに明らかになっています」という部分ではないでしょうか?

→ ここもトリックの一文のための前段前準備の役割ですね。

==========
まるぞうさんは、今でも「私は煩悩の塊ですよ」と思いますか?それともやっぱりご自分でも「最近煩悩が減ったかも~」みたいなことを思われますか?

→ 相変わらず煩悩の塊です。

==========
世論を誘導する観点から、と考えて「公平な視点から、子供のワクチン接種について考えてみましょう。」の一文ではないかな?「公平」って…

→ これはすり替えたあとの後押しですね。若いお母さんは「ワクチン打たないと自分の子供が重症化したり後遺症が残る」と脳内で補完させたところ、最後この文章で背中を押します。

==========
子供のためならエンヤコラ、の親の心の動きを逆手に取って煽るのも不快なやり口。水俣病(当時の東大教授か当初風土病であるとして有機水銀による人災と認めなかった)、サリドマイド薬害(安全安心な吐き気止めとして胃薬に混ぜて販売、発売元のドイツでは因果関係を疑って販売停止、回収したのに日本は販売し続けて被害拡大した)の教訓を忘れたらいけません。

→ この女医さんは人助けのプロであるはずなのに、薬害のことは封じて若いお母さん方を誘導しています。苦しんでいる子供を助けたいから小児科医になったのではないのでしょうか。

==========
「子供も若者も重症化し、後遺症をもたらす可能性がある」と考えるほうが正しいでしょう

が気になります。

→ 一番臭う箇所です。

==========
登山、とか何とかンダーとかの共通の呼び名、宗教臭くて嫌だけど…私達はただ目指す方向が同じなだけの、すれ違った人同志ってだけの関係ですよね。

→ コメントありがとうございます。そのとおりです。

==========
この女医さんの文章は、
私てっきりまるぞうさんがドリルとして制作した文章だと思ったら、
実在するドクターで、実際に述べてたんですね!

→ この女医さんが書かれたのか、どなたかが校正したのか。いずれにせよ非常に頭の賢い方が、意図的に書かれた計算されたプロの文章です。

==========
コロナについては勉強してきたので、動揺しませんが、経済の事には明るくないので、一気に不安になり、思考停止してしまいます。どちらかに右往左往するのは、こういう事なんだな、解らないから解ろうとするのではなく、諦める気持ちなんだなと思いました。

→ やはり、可能な限り自分で調べて自分の考えを持つことが半分。なんとなく臭い臭うという嗅覚半分ではないでしょうか。

==========
あと、嫌味返しのうまい文章も書けませんが、親しみを装ったいやらしさにも敏感です。本能だけです。

→ 大切な嗅覚だと思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (46)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トリックを見破ることは可能か。その1。

2021-09-10 09:00:17 | 今日のひとり言

防災カレンダー
10日 酉の日(テロ注意)




ワクチンを推進する方々も、ワクチンに反対する方々も。中には9割の真実に1割の嘘を巧妙に混ぜて、そして人々を誘導しようとしている(ように見える)人たちがおります。

今回はその手口について解説します。

「子供にコロナワクチンを打っていいのか」迷う人に現役小児科医が伝えているたった一つのこと
森戸 やすみ 小児科専門医 2021/08/31
・・・
誤った情報が「善意」で拡散されることもある

フェイク・ニュースといっても、悪意があるデマや、パンデミックに乗じて集客と広告収入を狙った金銭目的のものばかりとは限りません。なかには「善意」から拡散される誤った情報もあります。

もし、同じワクチン不安を共有する「ママ友」が「こんな情報があるんだよ」と勧めてきたとしたら? たとえ真偽がわからない情報だとしても、ばくぜんとした不安であれこれ迷い苦しむ必要がなくなるなら……と、つい飛びついてしまうかもしれませんね。ネット上にはびこるフェイク・ニュースは不安につけ込んできます。

特にSNSでは、自分と興味や関心が似た人が同じような情報・意見を繰り返しリツイートすることで、真偽を検証されることなく、誤った情報が「真実」かのように拡がる「エコーチェンバー現象」が生じます。たった一人が発信したフェイク・ニュースが、無批判に拡散されることで、いつのまにか「みんなが知っている事実」として一人歩きしていくのです。当然、新しい事実が判明しても、情報が修正されたり、更新されることはありません。

・・・
欧米では、年齢に関わらず高い効果が認められている

公平な視点から、子供のワクチン接種について考えてみましょう。2021年8月末現在、12歳以上の子供が接種できるワクチンは、ファイザー/ビオンテック社製とモデルナ社製のmRNAワクチン2種類です。子供への接種が先行している欧米からの報告では、mRNAワクチンは年齢に関わらず、高い効果が認められています。

副反応も成人と同じように注射した部位の筋肉痛や熱がでますが、解熱剤などで対応が可能です。また、ひところ噂になっていた「新型コロナワクチンで不妊」という情報は、フェイク・ニュースであることがすでに明らかになっています(厚生労働省:ワクチンを接種することで不妊になるというのは本当ですか)。

「様子見」によってリスクを負う必要はあるのか

新型コロナウイルスに対する免疫をつけるには、ワクチンを接種するか、感染するかの二つしかありません。「子供は重症化しないから、感染しても平気」と楽観できたのは、デルタ型変異ウイルスがまん延する前の話です。デルタ型変異ウイルスが猛威を振るい、新しい変異ウイルスの脅威に曝されている今の状況では、「子供も若者も重症化し、後遺症をもたらす可能性がある」と考えるほうが正しいでしょう。新型コロナウイルスの特効薬がないなかで「様子見」をして、子供たちに重症化リスクや後遺症のリスクを負わせる意味があるでしょうか。

新型コロナウイルスワクチンの接種は、パンデミックを乗り切るために欠かせない感染防御手段です。上にあげたサイトの情報を参考にしながら、お子さんと一緒にワクチンの接種について話し合ってみませんか。

https://president.jp/articles/-/49208


 非常に頭の良い方の文章です。
 もし「世論を誘導する文章を書け」という小論文のテストがあれば、この文章は高得点間違いなしです。

 この文章。実は一文だけトリックが仕掛けられています。それ以外は、本当のことですが、この一文のトリック(嘘)で世論を誘導しています。

 そのトリックの一文とはどれでしょうか。



 カードマジックのトリックと同じで、客にカードをきらせておいたあと、タネのあるカードとごっそり交換してからマジックを始めます。

 これからの時代、情報操作は増えていくでしょうし、このブログもいつまでもあるかわかりません。なるべく今のうちに「自分の頭で汗をかいて真偽を見分ける」というコツを一人でも多くの方に体験して頂きたいです。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
「常温からスタートすること」

普段あまり料理をしないので、基本的なことかもしれませんが教えてください。

これは、「冷蔵庫に入っていた冷たい野菜を早めに冷蔵庫から出して、野菜の温度を常温にしてから、炒めるのをスタートすること」という意味でしょうか?

→ 茄子の温度を60〜90℃の範囲になるべく長く維持することが目的です。通常の沸騰だと100℃になってしまうので、出来るだけ100℃に到達する時間を遅らせたいというのが目的です。ということを頭に踏まえてあとは自由に試行錯誤してみてください。
炒めるというより蒸すに近いです。
お水を少量入れて、蓋を少し開けると、水が沸騰しても鍋の中は90℃前後に保たれます。その状態を30分ほど維持すると(お水が全部蒸発して焦げ付かないように注意)茄子だけでなく玉ねぎも人参も驚くほど甘くなります。植物に含まれている酵素が、旨味や甘味を作り出すからです。ただし90℃を超えた高温になると酵素は死活するので、60〜90℃を如何に30分ほど維持できるかが重要なのです。

ただ今回は時短手抜きも重要なポイントなので、蓋をしたまま10分弱火で試しました。

==========
中杉さんhttps://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/
どうなんでしょうか?

→ 私は
・言葉が柔らかい方。
・自分の半分は間違っているかも。相手の半分は正しいかもというスタート地点から。

という方が好みです。

==========
ありがとうございます、すみません記事やURL貼るのはやめておきます、悪意あるデマの類です。

→ 良かったです。これからは一人ひとりがソースを調べることが、その方の身を護ることに繋がると思います。

==========
生姜の保存方法についてこんな方法も。
買ってきたまま(土がついていれば洗い落としてから乾かす)皮付きで親指の先くらいの大きさに切って保存ビンに入れ、焼酎(ホワイトリカー可)をひたひたに注ぐと、冷蔵庫でかなり持ちます。皮付きのまま使います。

→ 情報ありがとうございます。

私の水中保存も皮付きのままです。そしてお水はほぼ毎日取り替えるのがコツです。

==========
まるぞうさんは、ハワイに観光旅行に行ったことはありますか?
ハワイはお好きですか?
コロナ問題が収束したら、行きたい旅行先はありますか?

→ ハワイはあります。良いところですね。コロナ収束後に行きたい旅行場所は特にはないです。
ヨメが行きたい場所があるなら連れて行ってあげたいです。

==========
こんにちは。お料理の話が続いたので便乗させてください。
ガッテンで紹介されて以来、赤味噌醤油(番組ではみそだまりと言ってました)にはまっています。八丁味噌1に対し5倍の醤油を混ぜるだけ。溶けにくいので醤油をいっぺんに入れずに少しずつ混ぜ、小瓶に入れて冷蔵庫に常備してます。
豆味噌の旨みがすごいので、これを知ってからオイスターソースは買わなくなりました。甘みを足して甜麺醤がわりにしたり、ぶり大根(家ではアラを圧力鍋で煮ます)にも欠かせません。
これのためだけに八丁味噌や無添加の赤だし味噌を買ってるので、使いかけの味噌は冷蔵庫でミイラになったりしますが、カチカチでも使えます。さすが兵糧食です。

→ 美味しそうです。試します。お知らせありがとうございます。

==========
まだ10日ほどですが朝は抜いて、納豆、味噌汁、梅干しを毎日のブランチの基本にしました。
タッパーにトマトを切って保存して、小腹が空いた時の甘い物の代わりに食しています。
生姜も千切りして酒につけて保存できる方法を知り、炒め物などに手軽に入れるようになりました。
それから、よもぎや桑の粉茶も日常に取り入れ始めました。
コロナの世で自己免疫の大切さと、和食の恵みを実感しております。

→ 無理せずゆっくり楽しみましょう〜。ちなみにさつまいもを炊飯器でふかすと美味しいです。ネットで探すとレシピが出てきます。

==========
医療センターに6日間ほど検査入院することになりました。
ワしてないから、何言われるのだろう。
すごくうるさい病院らしいです。
怖いです!

→ 「はい。そうですか〜。すみません。」でのらりくらり柳のごとし。

==========
先程は同居している高齢の親から、いつまでも打たない私のことを変わり者、変人と言われました。

→ 仕方ないですね〜。私もよく言われます。

==========
私自身まるぞうさんの昼食と同じで野菜だけとか、現物丸かじりのような食生活で食に色がありませんが、この歳まで生きてるので問題なしとしたいです。

→ 私も一人暮らしならそのような食生活だと思います。

私が個人的に料理が面白いと思うのは
・毎回仮説を試すことが出来ること、
・誰かが美味しいと喜ぶのを観たいこと。
ですが、これって人生の意味と共通するなと思いました。

==========
同じコロナでMERSもSARSもワクチンは実現しませんでした。
ワクチン接種で常に変異、感染増強、を繰り返す変異型ウイルスだから。
MERSやSARSで実現できなかったことが何故新型コロナではできたのか?本当にできているの?私の理由です。

→ 私も同じ意見です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (58)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一度走り始めたら一直線。

2021-09-07 08:56:35 | 今日のひとり言

防災カレンダー
7日 新月

大阪府池田市方面より兵庫県川西市方面







 日本人のワクチン接種率です。もう止まることを知らない右肩上がりです。現時点ではサチュレーション(飽和)する兆しがないので、何パーセントまで上昇するか予想がつかないです。

 戦争に突入した時もそうです。その後敗戦のあとこれまでの正反対の政策を受け入れた時もそうです。
 私達日本人は一度はずみ車が回りだすと、もうきっちりと仕上げます。そういう国民性そういう人たちそういう私達です。

 他国の例ではワクチンの効果は半年程度。日本では11月以降その時期に突入します。その時に起こること。

 私はここでも日本人特有のファクターXが働いて欲しいと心から願います。たとえ突然変異の4+が流行したとしても、感染増強抗体に取り込まれるのを阻止する、自然免疫マクロファージと細胞免疫キラーT細胞が阻止する。そういう腸内免疫力を維持している。

 その未来を願います。
 もちろんその時は、ワクチン未接種者が変人で間違いという風潮になるでしょう。周囲からの風当たりは弱まることはないでしょう。

 だってワクチン接種が正解である。少なくとも日本国内ではそのように見えるわけですから。

 でもそれでもいいです。
 変人とかはた迷惑と見られても良い。未接種者は一部の社会生活が不便になる社会に突入するかもしれない。

 それでも良いので、ワクチン接種した大部分の日本人が、ワクチン後遺症で苦しむという未来ではない、日本にはやはりファクターXがあった。そういう未来を心から望みます。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
この人が言うのだから絶対正しい、支持する、というのはとても危ない事だと思います。

→ その通り! そして当然このブログも然りです。

==========
大人になった今なら、ガンダム面白く観れるのかな?

→ 当時のアニメ界の状況で、あの作品を創ったのが画期的でした。
だから今のように
・アニメに大人の都合の世界観を持ち込む
・スーパーヒーローじゃない等身大の主人公
・リアルな戦争シュミレーション
などがアタリマエになっている現代のアニメ界の視点で初代ガンダムを観ても「作画の粗さが目につく単なる昔のアニメ」かもしれません。

==========
逆に
人からされた仕打ちを恨んで
いつまでも忘れられない人や
こんな現実はイヤだと
自己否定や責任転嫁し続ける人は
免疫の暴走を招いて
様々な自己免疫疾患を
誘発しやすくなってしまう?

→ 私はウイルスの大半は身体の中で共生していると思っています。今回のSARS-CoV-2も。本来は。

柔らかく行きていけるかどうか。柔らかさ=強さ。

=========
岡山大学病院でイベルメクチン療法を開始し、治験参加者を募集しています。参加条件はこちらをご参照ください。
https://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/news/detail291.html

→ 情報ありがとうございます。岡山県在住の方はご参考になさってください。

==========
ペリーヌ物語
先日話題にされていたペリーヌ物語、YouTubeで観ていたのですが、38話以降が見つからず。まるぞうさんはどのようにご覧になっていますか?

→ 数日に1話ずつ公開されています。続きが楽しみですよね。いよいよ佳境に入ってきています。

==========
そのうち、
「コ○ナ陽性者はガス室へ」
とか言われたら、みんな泣きながら言うこと聞いちゃう気がする。

→ 非接種者は、観戦、会食、移動、出社の制限はかかるかもしれませんね。それが感染防止に実際に効果あるかどうかは関係ないのです。社会が一方向に進みだしている時に、今まで歴史で起きてきたこと。

==========
相手から送られてきたので、もう弁護士を入れたほうがいいのではないかと思う気持ちもあります。

→ はい。法律の専門家に相談することが一番です。

==========
三郡共同体が親分説はおもしろいですけど、灰猫さんの動画をほとんど見ている私からすると、荒唐無稽かなと思います。という陰謀小説です。

→ コメントありがとうございます。またお気づきの点がありましたら教えて頂ければ幸いです。

==========
私は、まるぞうさんの半分半分理論を知ってから、青山さんも半分半分と思っています。
申し訳ないですが、最近はまるぞうさんも半分半分です。すみません。

→ コメントありがとうございます。そのようなスタンスでお読み頂けると本当にありがたいです。他の読者の方々もどうぞよろしくお願いいたします。

==========
本日の記事も、すごく大切な事をおっしゃっていますね。
私は、辛い時や悲しい時は美味しい食事をすると明る前向きになれます。子ども達にもそう言って何かあると奮発して美味しい食事を共にしてきました。
また、私事ですが、タンパク質は効果抜群で、髪の毛の太さも見違えるように太く元気になった事を本日の記事で思い出しました。

→ 昨日は鶏胸肉のブライン液に漬けあと小麦粉とパン粉をつけた揚げ焼きチキンカツでした。弱火で20〜30分ほどじっくり火を通します。









本日は豚ひき肉にえのき茸のみじん切りを混ぜたハンバーグ。モスバーガーのようなテリヤキソースの予定です。

==========
自分は正しい。自分には価値がある。思っていたときは、イケイケでマジきちでした。自分は間違っている。自分には価値がない。と半分思うよになったら、思考の時間が増えて、気が伸びたでございます。

→ コメントありがとうございます。

==========
和久パスポートが12月に導入されたら、
枠してない私たちは、スーパーや飲食店にも入れないということでしょうか?

→ 最悪を想定して覚悟しておけば、それは起こらない可能性が高くなる。だから想定して覚悟しておきましょう。
歴史で、特定の民族だけ、生活の自由に制限を受ける。そういうことは世界中のあちこちでありました。日本の非接種者もそのような時代もあるかも。確率1割くらいですがあるかも。

その時は「非接種者でも買える食材で作る美味しい夕御飯レシピ」というシリーズを掲載しますので、大丈夫ですよ♪ お楽しみに。

==========
自民党総裁選、パイプ役の方の言動で誰を支持するか公表されましたね。ひとまず軍産共同体からはOKが下りたようです。
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=3159

→ お知らせありがとうございます。本当に良かったです。
日本人の接種率右肩上がりなのもプラスに働いたかもしれません。という陰謀論小説が書けそうなぐらいです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (34)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不安にとらわれる時に見直す食生活のコツ。

2021-09-06 09:20:26 | 今日のひとり言

防災カレンダー
6日 新月週間



【精神科医が教える】すぐに怒る人、いつも穏やかな人の違いは、環境なのか遺伝なのか?
伊藤 拓:精神科医 2021.8.31 3:00
・・・
人は、タンパク質が少なく、糖質が過剰な食事を一度にたくさん食べると、怒りやすい状態になります。また、そういった食生活を続けることで怒りっぽい人になる、と言えます。

先ほど、ストレス耐性や、怒りや不安の抑制にセロトニンという脳内物質が関係しているとお話ししましたが、タンパク質にはそのセロトニンの原料となるトリプトファンが含まれています。

よって、タンパク質の欠乏は、セロトニンを減少させ、落ち込みやイライラを起こしやすくするのです。つまり、タンパク質の摂取量が少ない人は、イライラしやすい、怒りっぽい、というわけです。

トリプトファンは肉類に多く含まれています。ですから、イライラしたり怒りっぽくなったりしないためには、日頃からタンパク質を多く含む肉類を食べればいいわけです。

しかし、トリプトファンには悪玉コレステロールを増やすリスクもあります。そのため、魚や卵、大豆などもバランスよく食べることが必要です。青魚には、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化や心筋梗塞を防止するオメガ3系脂肪酸がたくさん含まれていることで知られています。なお、トリプトファンからセロトニンを合成するためには、葉酸、鉄、ナイアシン、ビタミンB6などが必要です。

また、糖質の過剰摂取が血糖値を急上昇させることにも気をつけたいものです。

それによりインスリンの過剰分泌が引き起こされ、その結果、低血糖状態を招き、動悸、頭痛、イライラ、不安といった症状が出やすくなります。

血糖値の急激な変化を防止するには、食事の回数を増やすことが効果的です。一日に一食や二食といった食事回数によって血糖値の変動が激しくなることもわかっています。

糖質が過剰になりやすい食べ物としては、白米、白パン、ケーキ、ドーナツ、果物ジュース、お好み焼きなどが挙げられます。これらを食べるときには、食物繊維が豊富な野菜を食べることで血糖値の急上昇を防止することができます。

つまり、血糖値の上昇は、食事をとる順番で抑えることが可能です。野菜→タンパク質→ご飯、の順序で食べるとよいでしょう。

https://diamond.jp/articles/-/280723?page=3


 自分の生活環境に不安を感じる方は多いことでしょう。不安と怒りは根っこは同じものです。
 その原因は、周囲の人の無理解にあるのかもしれない。政治の不出来によるものかもしれない。いろいろな原因があることでしょう。

 しかしひょっとしたら、自分の食べるものが原因かもしれません。
 2000年を過ぎるころから、日本人のタンパク質の摂取量は減少しており、今では1950年代と同程度だそうです。



 タンパク質不足というと「じゃあ大豆摂らなきゃ」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかしイソフラボンの大量摂取は女性ホルモンのバランスを崩す可能性があるので、そうそう増やせません。

 ですから、大豆製品の他に、お肉やお魚や卵などの動物性タンパク質も心がけて摂ることをお勧めします。
 ちなみに多くの人々が気にされている免疫力もタンパク質が必要であります。



 我が家では私が食事当番です。在宅ワークの散歩も兼ねて毎日駅前のスーパーまで買い物をいたします。

アジのコツ

 イワシやアジやサバなどの青魚は安くて美味しくて栄養があるので私は大好物です。目が透き通った新鮮な魚がある時はいつもイワシやアジを買います。(今年はサンマが高いです。残念。)

 この動画を観ると誰でもアジ卸の名人となります。
「現役 せり人 が 勧める ! アジ の 速卸し & 裏技」
https://youtu.be/OaGyHMb6Nbc

 アジの三枚卸の時に水で内蔵を洗わないので、刺身にした時に水っぽさがなく味が濃いです。アジだけに。



鶏胸肉のコツ

 家計の味方は鶏胸肉ですな。我が家はブライン液を導入してから胸肉を美味しく頂けるようになりました。

https://www.google.com/search?q=%E9%B6%8F%E8%83%B8%E8%82%89+%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%B6%B2&rlz=1C5CHFA_enJP759JP759&oq=%E9%B6%8F%E8%83%B8%E8%82%89%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%B6%B2&aqs=chrome..69i57j0i512l9.6298j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

 我が家やチキンカレーも唐揚げもチキンカツもチキンソテーもこのブライン液胸肉を使います。



豚コマのコツ

  豚コマがお買い得な時は多めに購入して、ビニール袋に味噌と味醂に混ぜておくと冷蔵庫で一週間ほど保存がききます。味噌は業務スーパーで売っているお安いもので充分です。
フライパンですりおろしたたっぷりの生姜と焼くと、豚の生姜焼きです。キャベツたっぷりとどうぞ。



輸入牛のコツ

 週一回は輸入牛のステーキ赤身を食べたいですな。この方法で美味しいステーキが焼けるようになりました。

【やってみた】塩水に漬けるだけで安い肉が高級肉並みにぷりぷりジューシーに【マジだった】
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/kaori-masuyama/16-00176



おまけ1
2021年9月6日。時事ネタ解説。




おまけ2(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
ホットケーキが食べたくなり、スーパーで米粉を買って作ってみました。見た目、食感、小麦粉のホットケーキと変わりません。味も美味しいです。米粉でいろいろ作りたくなりましたよ。

→ 情報ありがとうございます。

==========
今朝8:30頃ネットが繋がらなくなりました。

→ インターネットでは良くあることです。心配しすぎ。

==========
まるぞうさんが以前に紹介してくれました、納豆まぜ棒。現在、安く売っています。ご存知でしたらすみません。

https://www.amazon.co.jp/%E5%92%8C%E5%B9%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BA-Wahei-freiz-NR-7902-%E7%B4%8D%E8%B1%86%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B0044D97IU/ref=mp_s_a_1_1?crid=2HQXVK4WY41X9&dchild=1&keywords=%E7%B4%8D%E8%B1%86%E3%81%BE%E3%81%9C%E6%A3%92&qid=1630815074&sprefix=%E7%B4%8D%E8%B1%86%E3%81%BE%E3%81%9C&sr=8-1

→ ありがとうございます。納豆を頻繁に食べる方は一本常備しておくと良いですよ〜。ふわふわになります。
納豆パックから器に取り出して混ぜると更に効果的です。タレは入れずにお酢を数滴垂らして。ふわふわになってからタレを入れます。

==========
右の人も左の人も
結局は笛の音に踊らされてる印象です。

→ そうです。「柔らかい話し方の人」がより信頼度高いです。
攻撃的な話し方の人は???

==========
・100分de名著 ル・ボン“群衆心理”[新](1)「群衆心理のメカニズム」Eテレ9/6(月)午後10:25~10:50<再>9/8(水)午前5:30~5:55、午後0:00~0:25
人は群衆の中にいるとき「暗示」を受けやすくなり、その「暗示」が次々に「感染」し、やがて「衝動」の奴隷になっていく。これが「群衆心理」のメカニズムだ。

→ 情報ありがとうございます。

==========
今わくわく接種の方、次で追加を打ってもこの短いスタンスでは免疫原罪発動で、ずっと最初の株に対する抗体を高放出で新たな抗体をつけにくくなるんです。特に人類史上最も強烈ね一発ですので。
https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.11477/mf.1543100519

→ 非常に興味深いです。教えて頂いてありがとうございます。
「しかし,インフルエンザウイルスなど初感染時から変異した病原体が感染すると,記憶T,B細胞は最初に免疫応答するはずのナイーブT細胞の活性化を抑制するので,最初に感染したウイルスの記憶に基づいたエフェクターT,B細胞を活性化させる(図1).その結果,最初のウイルスに存在した共通のエピトープだけに抗体が産生され二度目以降に感染したウイルスの変異したエピトープには抗体はあまり産生されない(図2).最初の記憶は消えないのである.インフルエンザウイルスは毎年少しずつ姿を変えて出現するので,感染するとまず初感染時の免疫記憶がよみがえるため,変異ウイルスは生き延びて新たな流行が拡大するのである.」

==========
過去3か月間、イスラエルでは0~19歳の子供/若者の死亡はゼロでした。
https://twitter.com/ranisraeli/status/1433835028627304453?s=21

お母さん考えて!

→ 情報ありがとうございます。

==========
私としては一日も早くそのようなことが明るみになり1人でも多くの方が受けずに済みますようにも思うばかりです。

→ 残念ながら気づいた人から自衛するしかないようです。

==========
岡田斗司夫氏は「機動戦士ガンダム」「ガンバの冒険」「未来少年コナン」の3作品は、アニメファンを自称するなら絶対に観るべき!といっています。

→ 私も同意見です。ただガンバについては芝山努氏の名作という意味でですが。

==========
もし、大親分が軍産系だとしたならば、サナッチャー女史は国防を熱く語っていますので、脈有り?

→ 安倍首相が支持表明しているということは、根回しはしているということだと思います。
ただしあちらも一枚岩ではないので、

==========
この参院の方は両院議員67名の会代表ですよね。会合を開き、その後会見するとブログにありましたが、まるぞうさんは会の合議に関係なく別の意向に沿ってこの方が動いているというお考えなのでしょうか?

→ 私の小説では。
日本を護る方を代表として推すのか、親分の指示の方を会として推すのか。代表として会の内部の調整は大変だろうなと思います。

親分組織から「日本を護る方でも良い」と許可が降りれば、会としてもその方を支持することは出来るでしょう。
会の代表の方の動きにとても興味があります。その方の言動を通じて親分の支持が推測できる。という私の陰謀論小説です。

私が護るメンバーなら、なぜ護る方を推さないのさ。とさぞかし抵抗すると思います。

==========
ファイザーCEOアルバート・ブーラ氏、ホロコーストを生き延びた両親の経験を初めて語る
https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20210518-00237255

→ 興味深いです。ありがとうございます。

==========
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等をいつもで隠しておくのでしょうか。
そもそも、そんな文書がネット上でリークされていることがおかしいでしょうか。

→ ネットでリークされているというその情報のURLを教えていただけませんでしょうか。そもそも「新型コロナウイルスの存在証明を隠しておく」が???です。

==========
2Fを切れと言われたので切った。
俺を裏切りやがってと思った2F氏は
仕返しをした。

→ 安倍首相と麻生副総理が菅さんから離れたからが一番大きいと思います。安倍首相が離れたのは高市氏での目処がついたから。
麻生副総理の動きは要注意だと思います。片方はワクチン大臣を支持しないといけないバランス関係。何とか落とし所調整中。という陰謀論小説です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (24)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

目印 [ 隠れた動きを推測するための ]

2021-09-05 11:07:03 | 今日のひとり言

防災カレンダー
5日 新月週間




彼らはどうみているのか。

自民党総裁選。
 安倍元首相が保守の候補者を支持したとか、麻生副大臣もこの方を支持するだろうなど、ニュースがネットで飛び交っております。

 日本を取り戻したいという多くの人はその方を支持するでしょう。だからといって、その方有利というニュースばかり集めだすとまたいつもの二の舞になるかも。

 その方が総理になれるかどうかの大きな関門。それは日本の舵取りに大きな影響力を持つ勢力の意向であります。
 彼らはその方が日本の代表になることを認めるかどうか。



パイプ役の方の言動。

 そういう流れを測定する一つの目安が、ある参議院議員先生のブログです。
 この先生は表向きは保守であります。日本を取り戻したいという熱い保守の方々がこの先生を支持しております。
 しかしこの先生の実体は、軍産共同体のパイプ役でありましょう。

 自分の熱烈な支持者と、親分の共通の敵である、中国や朝鮮半島問題については、とてもとても歯切れよくタンカを切ってくださいますが、それ以外の話題(特に日本と親分の利害が相反する時は)とても歯切れが悪くなります。



ノーコメントの意味。

 今回の総裁選も、この方の熱烈な支持者は「自分は総理になっても靖国参拝は続ける」という候補者を強く推すことでしょう。
 当然、参議院先生もこの方を推すはず。だって真正保守でしょ。と思っていることでしょう。

 しかしこの方は、どうでしょう。自分と同じ軍産共同体親分のパイプである方に、総理総裁になってもらいたいのかな〜。
 いずれにせよ今は迂闊なことは言えません。Aと言えばBから怒られるし、Bと言えばAから突き上げくらうし。

 1年前の大統領選挙のように、先生の歯切れが悪いという時はそういうことなのです。わかりやすいなあ。と私は個人的にそのように読まさせて頂いております。



どちらになるかは最後まで気が抜けない。

 この参議院議員先生が、保守の候補者を推す発言が出れば、それは親分からOKの許可が降りたということでしょう。
 私達は安心して、この候補者が描く日本の未来に託すことが出来ます。

 しかし参議院議員先生が最後まで歯切れが悪いままだと、(日本を守る方を支持している方々にはお気の毒ですが)どんでん返しがあり得るということです。軍産共同体のパイプの方が日本の代表となる可能性がまだまだあるということです。

 でもね。この方は親分の指令どおりに中国や朝鮮半島には厳しく対応するかもしれませんが、本当の日本を守るという点では、どうかな〜。とクエスチョンマークを私個人では感じております。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
ここで教えていただいた、火垂るの墓の解説、面白すぎて他のジブリ作品の解説も見ています

→ この人の話し方で好き嫌いは分かれますが、でも本当に頭の良い人です。私は個人的にいろいろ参考になりました。

==========
私の体感では
100万円という数字よりも、その
100万円に込められた「思い」が
収支される気がしています。

→ その想いの陰陽でこの世界が動いているので、その波をきちんととらえれば、災難を小さくしたり、周囲の人を安全に守ることが出来る。と思います。

==========
いい加減にこの茶番にも腹が立つ面もあります。本当は自粛活動も重々な調査があって、コロナウイルスというウイルスの存在面さえ怪しいですから。

→ 憤慨しながらも一緒にこの世界を観ていきたいですね。本当に今まで隠れていたことが、顕わになっていて、私は毎日非常に新鮮に勉強させて頂いております。

==========
こう次々と体に問題が出てきますと、自分自身が作ったのであろう負の因子に対し、どう自分を納得させればいいのか出口を見つけられないでいます。
仕方がないと腹をくくり、治療して、治療費を何と稼いで坦々と生きるしかないのだろうと考えていますが、スッキリしません。結局腹をくくれてないのですよね。

→ 今人生で起きていることは「借金の返済」ではなく「幸運の貯金」ではないかと思います。

伝わるかな〜。言葉の一往復だけだと難しいかな〜。

==========
まるぞうさんも言われていますが、変異株の出現度合いによって予測は不可能でしょう。
万能の予防薬が出来れば事は収束しますが、それも予測不能です。

→ 私は「結果的に日本人の被害が最小になる」というように進むと思います。たとえばワクチン無効化の新たな変異株の流行が年初に起きると、3回めの接種は意味がない。変異株対応ができるまで半年待つ。ということが繰り返されるもあり得ると思います。

==========
昔は誰にも負けたくない!と愚かにも思っていたんですが、最近は誰に負けてもいいかぁ~と思う様になりました。年の功かな♪

→ 心の奥の声がダイレクトに聴きやすくなっていくお年頃だなと思います。

==========
まるぞうさんからみて上記のアンノウンさんもやはり、?全てわかっている?内にあってのコメント内容なのでしょうか?

→ 私は「柔らかい表現」「半分は自分が間違っているかも。半分は相手が正しいかもというスタート地点から」というコメントの方が好きです。

==========
よろしければこの方の感想をお聞かせください

→ PVとかではなく、御本人の言葉で自分の生き様を語るインタビュー(ドキュメンタリー)などであれば感想が言えるかもしれません。いかがでしょうか。

==========
ちょっと違いますが目のご相談の方
障害年金の申請ができるかどうかお近くの国民年金事務所等に問い合わせてみたらどうでしょうか。

→ そのような相談のコメントは見当たらないのですが、いつの相談コメントでしょうか。

==========
『まるぞう備忘録』のサブタイトルは「無題のドキュメント」とされていますが、「自分が半分間違っているかも。相手は半分正しいかも」にしても良いくらい今もこれからも大切なあたたかい視点であり、『まるぞう備忘録』のテーマと感じています。

→ コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (29)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私(達)ちょっとだけしつこいんです。すみません。

2021-09-03 10:49:25 | 今日のひとり言

防災カレンダー
3日 新月週間

岐阜県西濃地方の揖斐〜根尾の活断層帯上空
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/08/24/084304




納得するまでしつこいんです。すみません。

 私の性格の特徴の一つに「しつこい・諦めが悪い」というものがあるようです。
 自分の心の中で納得しない限りは、なぜなぜどうして、というように妥協をしないという性格を、周囲の大人たちは「しつこい」とか「諦めが悪い」と表現したのでしょう。

 今はもう大人ですから、人間関係についてはかなり淡白です。ああ。そうですか。ではそれでいいです。というこだわりのなさで世の中を渡っています。

 ただ仕事についてだけは、まだそのしつこさは健在のようです。やはり自分の中で納得がいくまでは、なぜそれが出来ないの?とできるだけソフトにしかし諦めることなく質問を繰り返します。

 ただ一度「そうか」と納得すると、もうそれは「仕方ないもの」「ないこと前提」と割り切ってしまうので、理系脳ということらしいです。



だから静かに抵抗してます。

 今回のワクチンの件も、私はやはり政府やマスコミが「打て打て」と事実を半分歪曲するような形をとって、キャンペーンをしている(ようにみえる)ことには納得していません。

 おかしいものはおかしい。
 特に周囲の人を積極的に説得することはしませんが、自分の生き方としては、やはりそれおかしい。と思い続けています。



幸い日本社会は大丈夫だから。

 もしこれが、どこかの一党独裁国家社会などで、私が疑問に思いつづけることで、どこかに連れて行かれるようなことになるのであれば、私は表向きはサッサと諦め転向することでしょう。

 ただ今の日本は、ワクチンを打たない選択は法律で守られているので、やはり自分の中で納得がいくまでは、しつこさを維持していくことになると思います。



 といっても別に人を説得したりするわけではなく、自分の心の中で静かに世の中の動きを観ている。個人のメモとして書き置いている。ということだけです。



日本人でありながら少数民族の風景を観る。

 多分これから年2回はワクチンを打つ社会に日本も突入していくことでしょう。もうごく自然に大多数の人は年2回打つ。

 ごく一部の人は、ワクチンを打たない人というレッテルは貼られますが、そのまま大人の対応で距離を置きながら、共存生活となるでしょう。

 ワクチン接種した人がADE原因で体調を崩して休職することも散発するでしょうが、本人も周囲もそれがワクチンのせいとは考えない。
 また年に1〜2回、変異株が流行することになります。このため以前のようにマスクなしで会食できる世の中には長いこと戻らないでしょう。
 その流行があるたびに「ワクチンを打たない人間がいるからだ」とジロリとこちらを白い目で見る。それは本当は誤解です。ワクチン接種者が多い地域ほど変異株感染が拡大している。そのようなデータを見せても、もう意味はないです。
 その人は真実を知りたいのではなく、刷り込まれた世界観で自分の世間を見るという生き方をしているので。

 だから年に数回「ジロリ」とは見られるけれど仕方ない。
 あああの人も入院したのか。ADEだなと思っても黙っている。

 ワクチンを打たないことで、移動や観戦などで余計な手間や出費や場合によっては諦めなければならないことも出てくるでしょう。

 しかしそれもまあ仕方ないです。
 同じ日本で生まれた同じ言語同じ社会観同じ(何割かの)縄文遺伝子など同じ民族の中で、自分たちは少数民族のようです。



 そういう光景とはどういうものなのか。きっといろいろ興味深いことがあると思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
私は、直感が根底にあり、無意識に感情がつい入ってしまうので事実を冷静に伝えたりする事が苦手です。そういう面が行動を鈍らせたかもしれません。
今後は、とにかく冷静になって様子を見て、今まで以上に注意を払って日々を過ごしていきたいと思います。

→ 私の場合は「自分が半分間違っているかも。相手は半分正しいかも」という出発点に戻るようにすることが役に立っています。

==========
昨日、ファイザーが発表した死亡率についてコメントさせていただいたのですが、承認されず掲載されませんでした。

→ 申し訳ありません。こちらの作業ミスです。
スマホで承認作業をする時は、チェックリストタッチに漏れがありえるようです。気をつけます。

==========
自分に優しく・・行きたいです。

→ 大丈夫。コメントありがとうございます。

==========
いま僕は人が好きです。ある程度のことは仕方がないと思考しています。お互いに人間ですから。そのほうが心身ともに楽ですし、思い出づくりみたいな感覚です笑

→ コメントありがとうございます。

==========
「圧はこれからが本番だろうね」と言うと
「でもあと半年で風向きが変わるんでしょ?
だったら半年耐えるわ!」

→ コメントありがとうございます。
長期の天気予報のようなものなので、半年で晴れるという可能性もそうでない可能性もあります。

今は3回目以降も普通に皆接種するという方向に世界の流れが動いているように思います。

==========
その方は30代のネパール国籍の男性です。私なりに感じるのはやはり食生活などがとても大切なのではないかということ。彼は日本のいわゆる発酵食品などは摂っていませんでした。

→ これからは腸内菌や筋トレやくよくよしないという一見地味な健康法が、一番確実だ。という時代に更に突入していくのじゃないかな。と思っています。

==========
私は意見に賛同しきれない時は正直に言うよ。

→ ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

==========
例え今は信用されなくても、何も起こらず取り越し苦労だったとしても構いません。否定されても、どこかの誰かにちょっとでも情報が引っかかってくれたら…という気持ちでやってみます。

→ ありがとうございます。

==========
息子は今2往復して東京の西の端から東の端へ働きに行ってます。老人施設や保育、病院も含めての給食の仕事なんですが、コロナの為に欠員が出て働く人が埋まらないのです。これ以上出たらどうなるのか、会社自体機能不全になるのじゃないかとおそれています。疲れ切っています。

でも考えてみたら、これは息子の会社だけじゃなくて、他の所もそうなるところがあるんじゃないか、日本全体に機能不全が広がらなきゃいいけどって思います。

→ あり得ると思います。コメントありがとうございます。

==========
いいね、が多いところをみると、こうなるといいなあ、と思っている人が多いんですね。

→ 大統領選挙の時もそうでした。現状が厳しいと「もうすぐ救われますよ」というコンテンツを多くの人が望むので、そのような動画が出現するのかなと思っています。
でも動画の作成主は〇〇ホイホイ回収する人たちという陰謀論小説です。

==========
今の解決策として思うのは、今まで生活できたことに感謝して、また新たな苦難はあると思うけれど、自分をその方向で生きていくことにしたほうが自分にまた大変な課題を持つことでイコールになればいいのかなぁって思っています。

→ コメントありがとうございます。また何か気が向いたら投稿してみてください。よろしくお願いいたします。

==========
自分の体について思うことがあります。
子供の時分からアレルギー体質で、喘息、鼻炎などがありました。風邪をひいていなくてもいつも痰を吐き出し、常に鼻をかんでいます。
しかし、鼻水が出る、痰がたくさん出る、というのは、コロナのようなものを常に体外に押し返す役割があるように思いました。いろいろ普段の生活には不都合でも、まるで必要だから付いている(先祖が身に付けた)機能だったかのような、、、だから平気だと過信はしませんが、体外に追い返す機能として、ありがたいと考えることにしています。

→ コメントありがとうございます。そういう体質の方が長命であったりすると思います。

==========
気品の高い方から、汚い言葉は出ないものです。
視点が高いからなのでしょうか?

→ 本当に。コメントありがとうございます。

==========
そこで間違いなく大統領選挙から言論規制のおやおやのフェイズが変わりました。わくわくさんになり一段と厳しくなっています。残念なことにそのことに疑問を感じていないから、わくわくさんの一連のよくない出来事などが、あれ~っと多くがスルーされています。後悔先に立たず、そして後の祭りになる危惧の可能性が今回は大きい案件なので、大統領選挙以上のとても退けない戦いであると考えます。過去にやりたくなかった第2次大戦、なのにやらざるをえなくなった日米対戦、そしてやるからにはいかに国体を守り抜くか、そして負けをどう受け入れ将来像を描くかなど、まさしくこの先人の歴史に学んだ内容が、この度のまるぞうさんのブログにギュッと詰められていました。来る某政党の総裁選、国政選挙、今後のコロナ対策、内政、外交は100年前のパンデミックの再来いや1000年前の歴史的同時性の展開のようです。

→ 深く感じ取って頂いてありがとうございます。個人メモでも公開して良かったと思っております。

==========
新たに「ワクチン、永遠に打つ?」という動画を上げました。
問題なければコメント投稿を承認していただければ、と思います。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39277782

→ お知らせありがとうございます。

これからは年2回打つのはアタリマエという社会になっていくと思います。有効期限が切れたら打つのでなぜ悪い。という感じです。(ADEもすぐには表面化しないため)

だからこれからは、打ち続けること自体が危険であるというデータが重要になっていくと思います。

==========
最近政治家とか国の上層部の方々がズボンを前後逆に履いているとの事ですが

→ こうやって陰謀論好きな人が自分たちを心理下で恐れてくれるが狙いです。陰謀論者の観察眼を逆手にとって、「彼らには逆らえないんだ」と諦めさせて操縦する方法です。というこれまた陰謀論です。笑

==========
マスクはウイルス感染予防にまったく役立ちません。また、アルコール消毒も感染予防に役立ちません。逆に、どちらも免疫力を低下しますから、政府や専門家の話を真に受けた人たちは感染症にかかり易くなっています。販売されているマスクには酸化グラフェンが含まれています。

→ 自分が信じたい情報。飛びつきたい情報こそ、本当かなと一歩引いてソースを確認することが大切。というのを私達はこの1年実践的に学びました。

==========
お知らせ

docomoなど携帯キャリアのメールサービスでパソコンからのメールを受信拒否している方は、こちらからの返信は届きません。
「あれ、届かないな」という方は、docomoメール受信の設定をPCメールも受け付けるに変更して、再度お問い合わせください。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (35)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私的メモ。

2021-09-02 07:21:01 | 今日のひとり言


私はお酒を呑むと愚痴や陰口を良く言っていたらしい。
なぜ「らしい」というかというと、本人は全然自分が話していた内容の記憶がないからだ。

ただなぜ「愚痴や陰口を言っていたらしい」と思うのかは、ある友人に指摘されたからだ。
「まるぞうは、いつも酔うと同じ愚痴や陰口ばかりだ。そういうのは止めなよ。」

それはもう20年ぐらい前の話だが、彼に言われたその言葉だけは今でもはっきり覚えている。

私は自分では気づいていなかったが、酔うとそういう話ばかりしていたということだ。
彼はよくぞ私に言ってくれたと思う。

私は愚痴と陰口を言うのを止めることにした。
それは酒の席だけでなく、普段の会話から言うのを止めることにした。

最初は難しいように思えたが、やろうと思えば出来るということだった。
自分が愚痴や陰口を言わないようにするのはとても難しいよ〜。と思う方もいるかもしれない。
しかしそれは、本人が決心すれば、それほど難しいことではないことが、自分でやってみてわかった。



ではその効果はどうだったのか。
何か運が良くなったり、人生は変わったのか。

正直その効果があったかどうかはわからない。
ただ、人前で愚痴をこぼしたり、誰か他の人の陰口を言うのを聞くのは、周囲の人は誰にとっても嫌なものだろう。

私の周囲の人で、そのような嫌な思いをする人はいなくなった。という効果はあると言える。



私は若い頃は人からの信用がない人間だった。
同じような話をしても、あの人は信用されて、自分は信用されない。
その違いはどこにあるのだろう。

ずっと疑問に思っていたが、その一つの答がこれだったのかもしれない。という私的メモ。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
ドイツのニュースです。
https://brandnewtube.com/watch/all-vaccines-on-hold-germany_kAE2KQqxzNTyLhz.html

→ このような政府の大きな話なのにドイツ政府の公式な発表がないのはなぜかなと思います。

==========
おいくら位のを買ったのでしょうか?

→ 一錠160〜200円くらいでしょうか。

==========
やはりホイホイが多いのですね。わかりました。

→ 大統領選挙の時も、今回の流行り病の件も。人々は苦しいと何とか都合の良いニュースにすがりつきたいと思います。

そういうところにデマ情報のホイホイが仕掛けれれると私は考えています。大統領選の時も、もうすぐ〇〇が発効されて真実が明らかになる系のホイホイがたくさん仕掛けられました。

今回の流行り病も「酸化グラフェン」を主張するコンテンツはホイホイくさいなと感じています。

==========
私はもめればもめるほど、自分が正しくて溜飲が下がる未来を求めてしまいます。
ワクチンで言えば、それは破局的結果を伴います。

→ コメントありがとうございます。要注意の落とし穴だと思います。

==========
購入したいのでURLを教えていただきたいです。

→ 記載すると私が個人輸入を推奨しているように勘違いされる方が出るかもしれません。なので記載いたしません。

しかし個人的なメールならば。
ohisama.maruzo@gmail.com

==========
「高齢無し肥満無し基礎疾患もない人が
酸素必要なコロナ肺炎で入院が増えたらしい
彼らに共通は『脂肪肝』
糖質過剰症候群でたんぱく質・脂質が不足するとなるらしいです。
冬には見た目『健康』だが脂肪肝ある多くの中年若年者がコロナ肺炎で入院か?
https://twitter.com/fhljpt/status/1432618513991016454?s=21

→ 情報ありがとうございます。

==========
酸化グラフェンと寄生虫と書いてありました。

→ そのレポートの信憑性を判断するのに
1,その試料は正しいものか
2,その測定データは正しいものか
3,その解析手法は正しいものか
について考える必要があります。

1について
3種類のワクチンのサンプルを入手とありますが、一体どのようにして入手したのでしょうか。一般の医療機関だと3種類は難しいでしょうし、数も厳格に管理されていると思われるので、公的な医療研究機関でしょうか。その機関はどこかを知りたいです。

またワクチン接種者の血液も分析していますが、その人はどういう人なのでしょう。接種後何日後だったのでしょう。またサンプル人数は何人くらいだったのでしょうか。という試験データを知りたいです。

ワクチンに寄生虫が混入していたら大問題ですから、本当に発見したのならワクチンのロットナンバーなど公表するべきと思いますが、一切情報がないのはなぜかなと思います。

2について
かなり高価な分析機器を使っているように思われますが、これらの測定データが間違いないものであることはどのように担保されているのかを知りたいです。どの機関またはどの研究者がこのデータが間違いないと担保しているのかを知りたいです。

3について
試料Aが物質Bと同一であると証明する時、このレポートの解析方法で必要十分であるという説明は、どこを読めば書いてあるのでしょうか。

「人物Aを分析したら男性という特徴がみられた。山田も男性である。したがって人物Aは山田である。」という論調のように感じられます。
男性であるとか日本人である属性の人は無数にいるので、男性で日本人とみられるというデータだけでは、Aを山田とは断定できない。のと同じです。


なぜ123が必要かというと、このようなレポートを真面目に発表するのであれば、必ず同業の人たちからこの質問がなされるからです。ですからきちんとしたレポートを書く人は123が必ず明確です。それは絶対です。
しかしこのレポートで123が明記されていないとするならば、書けない理由があるのかな。と勘ぐるわけです。まるで煙に撒くように専門用語が並べられているけれど、一番肝心な123が書かれていないのはなぜかな。と思います。
(私は探しきっていないですが、どこかに123の記載があれば、本コメントは訂正しますので、見つけた方お手数ですが、お知らせ頂ければ幸いです。)

==========
ここに集まる大部分の人達そうだと思いますが、私は反ワクではなく、スッキリ納得出来ないわけで、内心はいつもこれでいいのかなと自問自答してます。だから信頼している情報ばかりにに埋もれず、時にはマスコミ情報に揉まれ、そして自分でいろいろ調べて納得するしかないです。正直自分がこんなに世間に追従しないってことは長い人生、生まれて初めてですが、その判断が正しいかどうかは後でわかりますね。
ワク神話が崩れる中「周りの人達のため」って言うカッコいい言葉に気をつけることを学びました。

→ コメントありがとうございます。今回のことでいろいろ学べました。

==========
ところで、体調が悪く食欲が無かった母とはそろそろお別れの時が近いと思っていたのですが…『カップうどんなら食べられる様な気がする』と四分の一量から始めてすぐに(スープは薄味、具は殆ど食べず麺だけですが)全量1ヶ月毎日毎日お昼に食べ続けて少し元気になってきました。

→ コメントありがとうございます。

==========
誤変換かと思われますが

→ ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

==========
さぁ、そしたら自分はこれからどうすべきか!調べて考えて伝えられることを勉強しようと思います。訓練します、伝わる言い方、伝わる愛情を。

→ 主治医の先生とお話する時は、
・ワクチンの抗体の数が減少する接種後6ヶ月後を心配している
・中和抗体の数が減少するとADEの可能性があるときいた。
・ただし日本では前例がないのでADEが起きるかどうかは誰にもわからない。
・よってADEが起きないことを確認してから弟の2回目の接種を受けさせたい。
・抗体数の減少は6ヶ月と言われているので、11月12月の国内の接種者の状況をみるまで待ちたい。
ときちんとお話するのが良いのではないでしょうか。

「そんなADEが起きるなんて可能性は低いですよ」
「でも起きないとも誰も判断できないですよね。だってまだ日本では一般の人が接種し始めて半年たっていないのですから」
「でも問題があれば、外国の治験で発見されているはずです。」
「発見されていないのであれば、ADEは起きないかもしれません。(一歩引くことが大事)でもやはり心配なので日本での様子をみてから、判断したいのです。」

というように。それ以外は副反応とかその他もろもろは言わない方がいいです。言いくるめられる可能性が高いので。
どのように説得にかかっても
「そうですね。そうかもしれません。(一旦肯定して受け止めて)でもやはり(ワンクッション置いて)ADEが心配なので、日本の6ァ月後の様子をみたいです。(反対ではなく様子見)」を繰り返す。私ならそのように調整すると思います。

・感情的にならないこと。
・あれもこれも心配と並べ立てないこと。
・相手の主張はどれも一旦肯定して、でも「様子見」で通すこと。

==========
イスラエルの生の声
ワクチン先進国イスラエルの一般市民の生の声、3回目についても本気の本音でトークしてくれてる。全て日本語ですしゃべってくれる、かい君です。
https://youtu.be/tua_s33C7vE

→ 知りたい情報でした。ありがとうございます。

==========
長尾先生のブログに、保健◯とのやりとりが、アップされていました。

→ 情報ありがとうございます。
http://blog.drnagao.com/2021/09/post-7699.html

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (35)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする