goo

ハングリーな国々。

防災カレンダー
14日。小潮。月の最遠から3時間後=15日夜中3時56)。戊[戌]・甲子・庚[戌]の日。地震注視日。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハングリーな国々。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

==========
ペンス氏、インド太平洋への「揺るぎない関与」明確に
2018.11.13 17:24


会談を前に握手を交わす安倍晋三首相とペンス米国副大統領(左)=13日午前、首相官邸(春名中撮影)

 【ワシントン=黒瀬悦成】ペンス米副大統領による今回のアジア歴訪の最大の目的は、安倍晋三首相との会談後の共同記者発表でも言及されたように、トランプ政権による「インド太平洋地域への揺るぎない永続的な関与」を明確に打ち出すことだ。
 トランプ氏が今回、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合などの地域会合への欠席を決めた中、ペンス氏は一連の歴訪で「アジア軽視」の印象を一掃し、中国の覇権的な経済・軍事活動に対抗するため日本やオーストラリア、インドを軸とする同盟・パートナー諸国との関係緊密化を確認していく考えだ。
・・・
 インフラ投資で相手国に巨額の融資を行って債務不履行に陥らせる中国の「借金漬け外交」に対抗した、米国による開発支援の拡大策などについて説明する見通しだ。
 ペンス氏はまた、アジア歴訪の期間中、「権威主義体制と侵略はインド太平洋に存在する場所はない」と訴え、中国による人権侵害をはじめ、南シナ海での一方的な人工島建設や軍事拠点化、航行の自由の侵害を非難していく。一方で、域内の国々に「法の支配の確立」や「個人の権利保護」「市民社会の発展」などを唱え、価値観を共有するパートナー関係の醸成を図る方針だ。

https://www.sankei.com/world/news/181113/wor1811130024-n1.html
==========


 一帯一路とは中国の植民地政策であります。高利でお金を貸し付けて、返済できないと担保として自分たちが作った港などのインフラを形に取る。
 アメリカが基軸通貨米ドルの強みを生かしてぎりぎり中国を締め付けておりますから、中国はアメリカに依存しない経済圏を早く構築する必要があります。
 人民元を事実上の基軸通貨にする。そして国内の13億人の経済圏を広げるための新しい植民地構想。これが一帯一路の本質であります。
 トランプ政権はなんとかこの一帯一路を包囲しようという戦略であります。しかし。。。


==========
トランプ大統領が欠席するAPEC首脳会議-中国の存在感際立つ
2018年11月13日 11:01 JST

中国の習近平国家主席がこれほど容易に外交的勝利を手にすることはめったにない。何しろ週末のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にはトランプ米大統領もロシアのプーチン大統領の参加しないのだ。

  首脳会議が開催されるのは南太平洋の島国パプアニューギニア。経済規模が全米50州のどこよりも小さいこの国では、米国に次ぐ世界2位の経済大国を率いる習主席の存在感が特に目立つことになる。習主席はまた太平洋の島しょ国10カ国以上の首脳との会談に多くの時間を割き、中国の国力を誇示する見込みだ。
・・・
APEC首脳会議には米国からはペンス副大統領が参加する。だが、トランプ大統領が欠席を決めたことで、米国はこの地域に対し同盟関係を示し、融資を通じた中国の経済的関与に代わる長期的なコミットメントを打ち出す機会を逸したと見られている。


中国の習国家主席とパプアニューギニアのオニール首相(2018年6月)

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-13/PI3YI06S972D01
==========


 世界で最も生きることに貪欲な中華民族(失礼)でありますから、アメリカの思惑のまま立ち枯れになることはありません。彼らも必死であります。

 中国の視点からするとトランプ政権は今回の選挙で議会がねじれ構造になったことや、国際的に孤立していることから、あと2年耐え忍べば大丈夫。そのように見ていることでありましょう。

==========
トランプ氏、大戦引き合いにマクロン氏を批判ー良好関係は完全に終了
2018年11月14日 1:21 JST

トランプ米大統領とフランスのマクロン大統領の蜜月関係は完全に過去の物になった。


フランスのマクロン大統領とトランプ米大統領(11日)

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-13/PI51FT6KLVRD01
===========


一方


==========
プーチン大統がシンガポール入り ASEANサミット出席へ
2018年11月13日 17:40



プーチン大統領は3日間の訪問日程でシンガポールに到着した。プーチン大統領は今日、13日はシンガポール指導部との会談を実施する。省庁間および商業上の契約に調印が行われる予定。

プーチン大統領はそののち、ASEANサミットの出席し、安倍首相、韓国の文大統領をはじめとする一連の二国間首脳会談にのぞむ。

https://jp.sputniknews.com/politics/201811135575207/
==========


 プーチン大統領もトランプ氏が内向きである今がチャンスと動いているわけであります。どの国も生き延びるのに必死であるということであります。

 しか〜し、無菌温室で育った日本人のなかには、ハングリーを忘れてしまった人たち(=ハングリーな人たちを否定する人たち)が増えてしまっているかもしれません。もしそうだとすると残念なことです。なぜなら、

 ハングリーを忘れてた民族に起きることは次の二つのうちどちらかであるからです。
・衰退して滅亡する。(他のハングリーな民族に入れ替わる)
・ハングリー精神を思い出させるような苦境を体験する。

 どうも後者の未来を日本人が引きつけているような。。。といっても避けずに真正面から受け切る覚悟しかないわけですが。



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
仕事のミスで上司から咎められる(教えられる)ことがあり、感情的になり、冷静にならなくちゃねと、自分自身に言い聞かせるところがあります。
まだまだ主観的な見方の癖が抜けませんけど、客観的に自分自身を見る時に自分の意識はどこに置いて見ますか?
よく、自分を斜め上からイメージして俯瞰して物事を見ると良いという訓練がありますが、どうでしょうか?
主観的な見方と客観的な見方のバランス感覚を磨きたいです。


→ 上司の嫌味の中にも何割かは必ず自分の欠点を指摘した真実があるわけです。自分の表面自我は「認めたくない」と抵抗しますが、あべこべ逆ハンドルです。他の人が指摘してくれない自分の欠点が聞かされている。稀有なチャンスだということであります。

ただし自分を責める癖の人は違います。そういう場合は自分を責めないでパワハラ上司からご自分を守ることが重要であります。
理不尽に弱い部下にあたるパワハラ上司は、必ず自分が逆の目に遭うことになります。何十年か先のことかもしれませんが。

そのことがわかりますと、今の上司と同時に未来の上司の姿も同時に重なって観える気がします。お気の毒な姿です。そのようにしてご自分を守ってください。

==========
志位委員長は原告の尊厳だか人権だったかを有利にするような返事
していて愕然としました。日本を滅ぼしたいのかこの人は!と。
まるぞう塾?の私達はどの様にするのがよいのか。あべこべ装置
陰陽論を信じて観察することと他にもありますか?


→ 日本を大切にしたいという日本人がやはりゆっくりとですが、増えているように思います。安倍首相の支持率からも。ですから心ある日本人がそのような売国奴の行為や発言を観ていくことが今の時点では重要と思います。

あとありがたいのですが、ここは塾のような私が何かを教えるという場所ではないのです。私の個人的な覚書きの場所であります。よろしくお願いいたします。

==========
後年、ママさん達で、子供の受験先を受かるまでは言わないと言っていた人がいました。理由は「人に話すとなんか落ちちゃう気がするんだよね〜」と。それはその方の経験からくる勘みたいでしたが、そうした話ってよくあるのかもな〜と思い出しました。

→ その方の勘は正しいと思います。
見栄を張りたい人はついついいろいろ周囲に喋ってしまいがちですが、幸運の維持という視点では逆効果だと思います。地位や資産がある人であっても、周囲の人にはそう見えないように質素に謙虚に暮らしている方は賢人であると思います。

==========
まるぞうさん、これも力の強いものは、しばらく強いままにしておけ・・でしたっけ?

→ 安倍首相の施策については、とにかく今は憲法改正一点突破。そのために出来るだけ敵を作らず一点突破の勝率をあげるようにしているように思えます。失敗は許されない。そのような決意を感じます。
憲法が変われば、私達が今思う以上に社会が変わることと思います。

売国マスコミについては、心ある人がそれを観察することが今は大切であると思います。

==========
早く寿命が来て欲しい・・

→ 100年生きる視点で、長距離マラソンと思い、ゆっくり生き抜きましょう。結論を急ぐのは表面自我の特徴です。真我は結論を急ぎません。
大丈夫です。

==========
飛行機でロケ地に行ったり。ファンの集いに参加しているママさんで仲良くしてる方がいますが、いつもドラマの話する時は少女のように目がキラキラしてます。私は悪いけど興味が無くて、ふーんと聞くばかりですが。

→ 何かを極端に嫌うと必ずその反動が来るわけです。から日本の一部に韓国を好きだという熱心なファンがいるくらいで丁度良いと思っています。

==========
児がの漏電 は、自我の漏電ではないのでしょうか?

→ ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

==========
学生時代に仲の良かった女子。お家の話は一切口にしませんでした。後日知りましたが、大変由緒あるお家の子でした。私は何も知らなかったので使いかけの文具や飽きちゃったオモチャなどをあげて。その子は喜んで押し花の栞なぞをくれました。口にすれば害うは実際あると思います。

→ やはり賢い家系であると思います。成り金とは違いますね。

==========
意地悪をしない。て決めただけで、
自分から挨拶ができた。

→ コメント全体が良い詩ですね。ありがとうございます。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

国際司法裁判所提訴について。日本の反転攻勢。

防災カレンダー
12日。中潮。[戊]戌・[甲]子・[申][戊]の日。地震注視日。


大阪府貝塚市から南方向


兵庫県西から神戸方向


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国際司法裁判所提訴について。日本の反転攻勢。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

==========
徴用工問題で日本政府、国際司法裁に提訴へ 大使召還は行わず
2018.11.6 06:00

 政府は5日、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した問題で、韓国政府が賠償金の肩代わりを行う立法措置などを取らない限り、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を固めた。また、裁判手続きに関する韓国側との交渉、折衝などが必要なため、長嶺安政駐韓大使の召還は行わない。
 ICJで裁判を開くには原則として紛争当事国の同意が必要で、手続きには(1)相手国の同意を経て共同付託する(2)単独で提訴した上で相手国の同意を得る-という2つの方法がある。政府は韓国から事前に同意を得るのは難しいことから単独提訴に踏み切る。
 その場合も韓国の同意は得られないとみられ、裁判自体は成立しない可能性が高い。だが、韓国に同意しない理由を説明する義務が発生するため、政府は「韓国の異常性を世界に知らしめることができる」と判断した。

https://www.sankei.com/politics/news/181106/plt1811060004-n1.html
==========


 徴用工問題についていよいよ日本が「国際司法裁判所単独提訴」をちらかつかせて来ました。これに合わせて、


==========
国際司法裁判所に提訴を 竹島問題で宮腰大臣に要請
[2018/11/09 09:41]
・・・
 溝口知事が竹島の領有権確立のため、国際司法裁判所への単独提訴などを求めたのに対し、宮腰大臣は「竹島問題は極めて難しい問題だが、政府と県で力を合わせて取り組んでいきたい」と応じました。島根県竹島を巡っては先月22日、日本政府の上陸中止の要請を無視する形で韓国の与野党の国会議員らが上陸しています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000140412.html
==========


 実は竹島問題は、日本は過去に3度提案しています。

==========
徴用工、国際裁判成立には韓国の同意必要 竹島で3度提案も実現せず
2018.11.1 23:48

 日本政府は竹島(島根県隠岐の島町)の帰属をめぐり昭和29年、37年、平成24年にそれぞれICJへの共同付託を提案したことがあるが、いずれも韓国が同意せず裁判に至らなかった。

https://www.sankei.com/politics/news/181101/plt1811010025-n1.html
==========


 韓国は共同付託に応じなかったので国際司法裁判所の手は使えない。今まで多くの国民はそのように思っておりました。しかし「単独提訴」の手があったとは。少なくとも訴えられた方は裁判に応じない正当な理由を述べる義務があるとは。

 実は民主党時代、野田政権は竹島問題について国際司法裁判所に単独提訴を行う予定がありました。しかしその後安倍政権に代わり、提訴が見送られたという経緯があります。

==========
竹島領有権、当面提訴せず…日韓関係改善を優先
2013年 1月9日(水)14時33分読売新聞配信

 日本政府は、島根県・竹島の領有権問題をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴を当面、行わない方針を固めた。
 安倍首相は、韓国の朴槿恵(パククネ)次期大統領との間で日韓関係の改善を目指しており、韓国の反発が予想される単独提訴は得策でないと判断した。
・・・
 安倍首相は、民主主義や市場経済など価値観を共有する韓国との関係を重視している。2月25日に予定されている大統領就任式に合わせて訪韓し、日韓首脳会談を行い、関係改善を進めたい考えだ。関係を改善することで、沖縄県の尖閣諸島をめぐり圧力を強める中国をけん制する狙いもある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00000689-yom-pol
==========


安倍首相の戦略。地道に遠回りでも。

 一度目の政権で失敗し奇跡的に二度目の政権を手に入れた。もう失敗は許されない。安倍首相は急がば回れ。土台をゆっくり作っていくという方針に変えたようです。

 まずはアメリカの信頼を得ること。そのためにはそれ以外の方策についてはひとまず封印すること。アメリカは安倍首相は右寄りだと見なしているでしょう。ここで拙速に走るとまた潰されることになる。

 当時のアメリカは日本が韓国と対立することを望んでいませんでした。どちらも米軍との同盟国でありますから。どんなに韓国が理不尽であっても表立って喧嘩はするな。私の空想小説史の中では、アメリカは日本政府に対し一貫した姿勢をとっていました。

 そこで誕生したばかりの安倍政権は、前政権の「国際司法裁判所単独提訴」という喧嘩ごしの姿勢を取り下げて、仲良くする路線で行きま〜す。と世間に発表したわけです。

 しかし韓国に対しては、長期的に包囲網を用意していたわけです。3年かけて「慰安婦問題日韓合意」です。ふう。
 この件で一番重要なことは、アメリカを仲介人にさせたということです。もし日韓二カ国間であれば、また韓国はゴールポストを動かすでしょう。100%間違いなく。でもそれに対して日本は喧嘩は出来ません。それはアメリカのご意向であるからです。日本は韓国と喧嘩をすることあいならず。と。うむ。

 であるならアメリカを巻き込むしかありません。3年かけて安倍首相はアメリカの信頼を得ることができました。米上下院議員で演説をすることができた。そしてオバマ大統領の仲介で日韓合意をとりつけた。


Southh China Morning Post

 ここで日本が10億円の資金を出しました。この時は日本でも「なぜ慰安婦問題で日本が譲歩するんだ。10億円も拠出するんだ。私は安倍首相の日韓合意には反対です。」という声があちこち上がりました。

 しかしこれが布石であったのです。アメリカを仲介させて日本が譲歩したように見せました。安倍首相は心の中で決意したことでしょう。
 ここから先はもう一歩も譲らない。ここが日本が反転するポイントだ。と。しかし韓国はこの安倍政権の決意を甘く見ていたようです。



表で譲歩して見える時こそ、ウラで攻めている。

 今回日本政府はいよいよ反転の動きを見せ始めました。私が安倍首相の政策手腕を高くしているのは、このように表面では譲歩したようにみせて、実際はウラで布石を打っている点です。

 現時点で安倍首相が狙っているのは「憲法改正」これ一点突破であります。(おそらく。)このためには例によって他の施策は大きく譲歩しているように表面では見えることでありましょう。




おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
例えば新しい食文化他、何かしら取り入れ方などを成長させ広げていけば破滅の中にどうしても起こり得てしまうこともある争いや殺戮が起こるといったことは回避されたのか(新しい創造になり得た?!)
守るばかりではダメではないが足りなかった?もしかして、


→ 成長する時に「得る」ばかりでなく「手放す」ことをすることで、次に来る破滅の因子を昇華することができると思います。
なぜ破滅を逃れて1000年も続く裕福な名家が存在するかというと、質素倹約で名前を表に出さないという形で、手放しているからである。そのことで成長のあとに来るであろう破滅を積極的に昇華させていると言えると思います。

成長(調和)のあとに来る破滅を恐れるのではなく、積極的に破滅因子を昇華させることで、調和の時期を長く維持できるのであります。
逆に慢心してあれもこれもと欲張るとあっという間に破滅の因子を蓄積させ、三代目には喰い潰すということが起きます。

==========
心のどこにも負い目が無くなった時、本来の魂に戻れた時、まるぞうさんに、おひさまに、恥ずかしくなくなった、て伝えたい。

→ ありがとうございます。ただ私のことは関係なくどんどんお進みください。(私は単なる路傍の立て看板でありますので。)

==========
医師に伺ってみたところその方は睡眠薬と興奮を抑えるお薬を服用されており。その興奮を抑える薬に潜在意識は抵抗するのだそうです。お薬を替えたらうなされなくなりましたが。

→ すごいお話です。ありがとうございます。潜在力=生命力。でありますね。

表面自我のあべこべ装置のからくりがわかってくると、私達の意識はより真我に近くなると思います。
それは良心の呵責をそのまま感じることができることでありますし、また意識を無理に抑圧させないことを選ぶことができる。ということでもあると思います。

==========
過日、旧友から電話があり「なんで嫌な人って、バチが当たらないで元気だと思う?」とぼやいていました。私も一瞬答えにつまり…まじまじ聞かれると、答えられないものです。

→ 本来ならバチがあたるところ、その人を恨んでいる人たちがその人のバチを吸着してくれているから。と言えます。
あとその人の生命力が強い間は、バチの発生を抑え込んでいる場合も多いと思います。その場合は晩年生命力が落ちた時に、一気に不運が重なるのでお気の毒です。

本当に人生の挫折は早いうちに体験することが結果的に幸運であると思います。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。潜在意識の風景。

防災カレンダー
11日。中潮。太陽電子束が乱れています。地震注視日。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高い城の男に映し出される風景。潜在意識の風景。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

良心の呵責は、私達の人生の方向性を決めている。

 私達の心の奥底にある「潜在意識の風景」。私達の人生は自分たちの気づかない「潜在意識の風景」に引き寄せられるということでありました。

 一つにはそれは良心の呵責です。いくら表面意識では上手に正当化できても、潜在意識は誤魔化せない。相手に対してしたことは自分も同じ目に遭わないと気が済まない。それが良心の呵責です。

 きちんと相手に謝る。償いをする。という行動によって、良心の呵責はかなり収まることとなります。謝罪や賠償というのは相手のためだけでなく自分の良心のためでありました。相手と私には深層の視点では区別はないので当然でありますが。

 謝罪して償うという行為は相手を癒やしますが、自分の中の「潜在意識の風景」も昇華させることとなります。



抑圧された想いも、私たちの人生の方向性を決めている。

 そしてもう一つは「抑圧」であります。
 抑圧された意識は必ず復活しようとします。それはまるでバネのように。ぼよよ〜ん。
 アメリカ社会を覆うポリコレ。ポリティカル・コレクトネス。差別や弱者を守りましょう。それは正しい。しかし行き過ぎは「抑圧」となる。「抑圧の反動」という潜在風景を生み出します。

 これは私達の個人の生活でもそうです。自分がダメな人間なんだ。そのように抑圧を貯めていくと自分の心の奥底に「反動の潜在風景」が形成されていきます。
 この「反動の潜在意識」は必ずぼよよ〜んと表に出てこようとします。物理の作用反作用の法則の通りです。押さえつけた力と同じ力で反発が起きます。

 その反動の潜在風景は一定量蓄積されると、今度は「復讐」を始めます。復讐でありますからそれは怖いものであります。
人によっては自分の身体を痛めつけるという形かもしれません。
人によっては鬱状態などのバランスをくずすという形かもしれません。
人によっては自分より弱いものを痛めつけるという形かもしれません。
それは「潜在意識の復讐」でありますから、表面意識でコントロールできるものではありません。どうして自分が自分でコントロールできないのだろう。と嘆くかもしれませんが、それはコントロールできなくて当然なのです。

 それはいけないことなのだ。それは考えちゃいけないのだ。自分が我慢すればいいのだ。と無理やり押し込めてきたものが、もう入り切らなくなって反発しているのですから。表面意識がいくら頑張って力をこめても押し込められないのは当然であります。



自分の顔から表情が消えたらそろそろのサイン。

 自分を抑圧する癖のある人は、時々は自分の潜在意識の風景に注意を払うべきであります。生きている人間にはもともと昇華力があります。休日はぐっすり寝て、親しい人と美味しいものを食べたりするだけで抑圧された感情の多くは昇華されることでしょう。
 しかしそれでも溜め込む癖の人は、やはり自分を守ってあげて欲しいと思います。
自分さえ我慢すればいいんだ。と押し込める前に、何回かに1回は「今回は私は我慢しません」と主張することも大切です。自分を守るために。

※ただし「他人を責める癖の人」は忍耐が人生の課題ですから、まだまだ忍耐と寛容を挑戦するべきと思います。上記はあくまで「自分を責める癖の方」の話です。

 抑圧された感情は、自分や他人を不幸にする形で反発と復讐を始めます。であるならば、相手に疎んじられても抑圧する前に「今回は我慢なりません」と主張する方がずっと良いのです。

 もし自分の顔から表情が消えてるなあ。と思い当たる方は、うむむ。仕方ない。そろそろ抑圧するのはやめて「今回は我慢できません」と主張する時期。ガス抜きしないと爆発しちゃうぞ。というサインである。かもしれません。



表面意識がみないことにしている「潜在意識の風景」は、必ず実現される。

 良心の呵責と抑圧の反動。私達は自分の心の中にある「潜在意識の風景」を知ることで、自分の人生の未来の行く末を知ることができます。
 今まで見ないようにしてきたこの風景。自分の良心の呵責と抑圧の反動。これらの風景を昇華することでま来るべき不幸をさけて幸運を招くこともできます。良心の呵責に従って謝罪し償うという行為で。爆発する前に抑圧されている自分をかばってあげることで。


このシリーズ終わり。お読み頂きましてありがとうございました。


まるぞうさん、俺は働きたくないのに親が働けってうっさいから「黙れ」って殴ってやったんよ。ああスッキリした。やっぱ抑圧ってよくないいすよえねえ。ってそれは違います。あなたは忍耐するべきの人です。



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
年上なのに仕事の対応が遅い、コミュニケーションをほとんど取らない、
仕事をサボる(っていた)、客先に訪問しない、自分から動かない、、などなど

その方を嫌う理由を上げれば、いくつも出てくるのですが、
そういったことに囚われる自分自身が嫌になります…。


→ その方のお仕事があなたの仕事とは直接関係のない場合。結局仕事の手を抜くのは長い目ではその人に還っていく。自業自得でお気の毒だなあ。と因果を信頼しておまかせするのが良いと思います。

またもしその方があなたのお仕事と関係がある場合。もうその人が何も仕事をしない前提で、あなたは自分の仕事の準備して自分の仕事を守ることが必要と思います。
結果的にその人の仕事の一部をあなたがもうやっていることになるかもしれませんが、私はそれで良いと思います。あなたは「そんなことしたら相手はますます仕事しなく怠けてしまう。とお思いになるかもしれませんが、それくらいで丁度良いのです。
ハンドルを逆に切る。

彼の仕事の一部をあなたがやってあげることを一定期間すると、自然と彼はいなくなる。ほんと?うむ。多分。私の経験上。

==========
もし私がまるぞうさんの会社さまの社員だったら、まるぞうさんの本質にどっぷり安心して浸ることが出来るので、まるぞう社長から理不尽かと(自分で勝手に)受け止めてしまう出来事があっても全て完全に流せます。まるぞう社長の会社の社員さんがうらやましいです。

→ 実際のうちの会社は厳しいですよ〜。

==========
まるぞうさんみたいな人が上司にいれば良いのですが〜(逆にしごかれるかもしれませんが)

→ はい。厳しいです。

==========
なぜ韓国の人は、これほど日本を憎んだり蔑んだりするんでしょうか。恩恵もあったはずなのに、、。これも陰陽の因子ですか?

→ あちらの人々はあべこべ装置のあべこべ文化の真骨頂であるからです。あべこべに衝動的に動くので、プラスの因子を捨ててマイナスの因子を後生大事に増やしていくのです。

徴用工問題で安倍政権批判に菅氏反論 韓国が恩をアダで返し続ける理由
・・・
「韓国では、恩を受けると、自分が道徳的下位になるので、恩に着るということはありません。むしろ、自分が下位に置かれたことで、恨(ハン)になります。それを解く(ハンプリ)ために、恩をくれた相手に復讐するのです」と但馬氏。

 華夷秩序(中国皇帝を頂点とする国際関係)で弟とみなして蔑みの対象である日本から受けた恩は、それだけ大きな恨になるだろう。

 但馬氏は「『今は仕方がなく日本に頭を下げて援助と技術をもらうが、いつか経済的に大国になって、この屈辱を(日本に)10倍返しにしてやる』――それが、韓国人のバイタリティーのもとになっていると思えば分かりやすいでしょう」と指摘している。
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1183429/


==========
陰陽の視点からだと、日本の悪い因子は敗戦したことでかなり昇華したことになると思います。

→ 戦争に負けたことで、日本は衰退する因子をかなり昇華したと思います。(恨みを抱かず真正面から受け入れたことにより)
そして歴史希にみる経済成長を得ますが、今度はそれにより無菌培養の日本人が増えて国力が弱体化してしまいました。

斯の如く陰陽は振り子なのでありました。

==========
認めてあげるとあら不思議、寧ろ逆にそういうものをみる回数が減っていった。

→ うむ。全てに共通する極意でありますね。

==========
ずっと拘り怒り星人になり、先にも進めず寝ても覚めても腹がたち。それは其奴が謝らないからだ?と長年激怒していたけど、何か違ったかも?違うんでないかい?私(-д- 三 -д-)と思いました。

今から散歩して来ます。よく考えてみたい。自問自答してみたい。今自分はすごく大事な岐路にいる気がしてきました。


→ 許せない恨みとは不幸の因子の吸着剤であります。
身体の健康を損なう。老ける。大事な人が去って行く。クレーマーを引き寄せる。金運が逃げる。などなど。斯の如く、不幸の因子は水に流した方が良いですよね。不幸の因子=恨み であります。

==========
これら全てを研究し尽くしている方々にとっては真面目に敬い、共存共栄したところでも待っているのは破壊という変化しか無いと思えば、破壊の正当性の元、何をやってもどうせ的な何かしらを知り得て嫌気がさしてしまう、結果自分達の好きな事をして構わないかが心配になります。
事実、人類は失敗しながらも成長しているとはいえそこに待っているのが、、
破滅に至らない良い変化?とでも表現したら良いのかさえも分からないのですが、その様に変化して行ける方法があれば、、と考えてしまいます。


→ 非常に良いご指摘であると思います。ありがとうございます。

それは私達の趣味の世界と似ております。一つの世界を極めると更に厳しい条件を極めたくなります。それが 創造→成長→破壊→・・・ であります。破壊とは悪ではなく、更に厳しい条件でもクリアできるか試したいという新しい創造であります。
「古い破壊=新しい創造」。創造と破壊は同じことのウラオモテであります。

ただしこれは非常に大きなマクロの視点であります。私達個人は自分の良心に従って精一杯生きるこを挑戦して来ているわけです。
「どうせ破壊が起きるんだ」「破壊も変化で善なんだ」という浅い理解で自分の良心に恥じる行為を行えば、失格となります。自分の良心を観たくて挑戦しに来たのに、自我のあべこべ装置に負けたのでありますから。

人類はずっと善悪二元論という文明を生きておりました。しかし善と悪を対立させることからもそろそろ卒業する時期であると思います。自分は善。相手は悪。そうやって何千年も対立が維持されてきた。
人類が表面自我のあべこべ装置を卒業できるのであれば、善悪二元論ではなく、三拍子ワルツ論を受け入れられるのではないかと思います。

==========
そこをさらに突き抜ければモテるとしたら面白いですよね・・・ね。

→ 女性は子供を生んで育てる本能で男性を選びますから、その男性に生活力(養う力)がある匂いがすることが重要であると思います。

男性は女性に母性を求めるのと同じです。つまり男女両方とも相手に包容力を求めるわけです。
異性に縁がないと嘆く方は、自分が抱擁されたいという視点ばかり。本当は相手も自分に包容力を求めているということに気づいていらっしゃらないことがあると思います。

==========
大人道10級からと教えて頂いて有難う御座います。
しかし、まるぞうさんの大人道がわからないです
10級からと言うことは段階等沢山有りそうなので、良かったら機会があればシリーズ化して貰えたら嬉しいです。


→ 大人道とは「他人のせいにしないで自分が責任をとる」という道であります。だいたいの大人は、自分や家族を養うために理不尽な仕事をやめるわけにもいかず、その道を極めることとなります。

ただし社会が裕福すぎてそんな厳しい状況働かなくてもいいや。という環境になってしまうと大人道を歩く人が減ってしまうかもしれないですね。自分で責任をとらず人のせいにするおこちゃまばかりだと国が滅びる。

心が蔑ろ…上手く立ち回って生き抜かないといけない、不器用は罪なのかな。

→ 最悪を想定して備えること。これは生活でも仕事でも必要です。一般的に職場とは自分が足りないものを教え鍛えてくれる最高の環境であることが多いと思います。

==========
心の何に焦点を当てるかはどの人間も平等で自由なのに。

→ 素晴らしい視点であると思います。ありがとうございます。

==========
今、手離したら凄く寂しくなる気がする、でも本当は良心の呵責無くなれば、晴れ晴れなれるはず。
 分かっていながら直ぐに行動できない時、どう自分を本来の自分に戻せばいいのか焦っています。 


→ それは子供の乳歯が生え変わるのに似ております。もうぐらぐらし始めてきておりますから、焦らず観ていれば良いと思います。
自分が他界したあとの49日間、今度は良心の視点で自分の人生を振り返ると言われております。が、今は生きている状態で、自分の人生を良心の視点で観え始めているということです。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。良心の呵責。

防災カレンダー
本日はとくになし


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
良心の呵責。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勝者が背負う負の因子。

 ここ数日アメリカでヒットした並行世界もののドラマの中に垣間見える「アメリカ人の深層の風景」について考察しました。

 まず一番に感じたことは、表面上は勝者であっても潜在には今度は自分が敗者になる。そういう因子を引きつけているということであります。うむ。

 老子先生は、どうしても避けられない戦いがあったとしても、勝ちすぎてはいけない。そのように仰います。なぜなら勝った分だけ負ける因子を自分が背負うことになるからです。
自分や家族を守るための戦い。そして公明正大な立場での止むを得ない戦い方。これが勝ってもマイナスの因子を蓄積させない戦いかたです。
 かつ老子先生は戦う時は喪服を来て葬式に出席する気持ちで。とも仰っております。味方も敵も命をおとす戦い。葬式に出るという覚悟で戦場の向かうということであります。



良心の呵責は世代を超えて伝播する。

 アメリカは日本に戦争に勝ちました。表面上はアメリカは公明正大な戦いと言っています。日本が奇襲作戦で襲ってきて、止む無く参戦した。原爆もアメリカ兵の犠牲を抑えるために止む無く使用したものだ。本当はアメリカは日本との戦いは最後まで避けたかったのだ。
 もしこれが本当のことであるならば、アメリカは勝者が背負うマイナス因子は最小限ですんだことでしょう。しかし、戦争を避けようとした日本を何年もかかって戦争に追い込んだとしたのなら。あるいは日本はもう講和を望んでいたのに、人体実験のために強引に二発の原爆を打ち込んだとしたのなら。やはりそのマイナスの因子は大きいものでありましょう。うむ。

 このドラマを観て思いました。そのマイナスの因子は集団の潜在意識の風景として世代を超えて引き継がれるのだと。
ワシントンに原爆が落とされる風景。これが多くのアメリカ人の潜在意識に存在している。(個人の感想です。)

 実際にワシントンに原爆を落とされることはないでしょうが、それは象徴です。「今度は負けるのは自分たちの番だ」という風景が共通して潜在意識に横たわっているのです。

 良心の呵責とは斯くの如く厳格なのでありました。人類の意識は根底では全て繋がっておりますから。
 相手を傷つけたとしたら、今度は自分も同じように傷つかないと気がすまない。それが良心の呵責です。もしこの良心の呵責を昇華しないまま人生を終えた場合、次に生まれることがあるとするなら、良心の呵責が満足する環境でしか生まれてくることはできないだろう。というのが陰陽の仮説です。うむ。

 また同時にその良心の呵責は次の世代にも引き継がれるということです。うむ。



報いを受け入れると覚悟し表明することで昇華する負の因子。

 謝罪が重要であるのは、この良心の呵責を昇華させるためです。謝罪とは「自分が逆の目にあっても構いません。それを受け入れます。」と傷つけた相手に伝えることであります。
 その人が、自分がしたことをされる覚悟をした瞬間、良心の呵責の大半が昇華されます。陰陽仮説では「代理昇華」と言います。

 実際に相手から仕打ちを受けるかもしれませんが、受けなくても自分がその覚悟をし、それを行動に移した時点で良心の呵責の大部分が昇華される。私はそのように仮説します。
 相手に謝罪する。相手に賠償する。これは自分の残りの人生や家族を守ることになるのです。表面層で見えることと潜在層で起きていることは真逆であります。



幸運の申し子。恨みを維持できない体質。

 今回日本はアメリカを許しました。水に流しています。さすが日本です。世界で一番寛容な人たちです。でありますから、なおさらアメリカが持っている負の因子は、日本にはとどまらずアメリカに還っていくのでありました。

 しかしもし日本が「恨みの国」であったらどうでしょう。1000年でも2000年でも私達はアメリカのしたことを許さない。アメリカは私達の気が済むまで謝罪し続けなければならない。
 このように日本人の多くが主張したのならどうでしょう。

 その場合、本来ならアメリカに還るべきマイナスの因子。これが「恨み」によって日本に留まり続けることになります。「恨み」とはマイナス因子の吸着剤です。本来ならアメリカ人の良心の呵責になるはずのマイナス因子を一生懸命「恨み」で吸着しているのです。

 陰陽の仮説に視点で観ると、その人やその国の運命を簡単にしかも正確に想定判定することができます。お金を払って根拠のない占いなんかに頼る必要はありません。
 「恨み」をもつ人や国家は、その恨みに比例した不運(間の悪いめぐり合わせ)を引きつけることになります。



水に流せる人。恨み続ける人。

 私達の人生でも過去に自分に非道いことをした相手を水に流せるでしょうか。
 「謝れ〜。謝罪しろ。賠償しろ。」という場合、それは相手のことを思っているのかもしれませんね。今謝罪して賠償すれば、あなたは負の因子をご自分の人生の後半に持ち越さなくてすみます。あなたのお子様たちにも負の因子が引き継がれなくてすみます。そのように相手への思い遣りの言葉かもしれません。
 いやいや。相手のことをもっと大切に思う人は「許さない。あんたを絶対許さない。あんたは忘れているかもしれないが、自分が絶対に忘れない」と言うかもしれません。
 なぜなら私が恨み続けている限りは、そのマイナスの因子は私が代わりに吸着しててあげるから。そういう意味でありますから。


つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
画像も見えます。
一生懸命に動いている私の心臓に手を合わせたくなりましまた。


→ 良い体験でありますね。塞翁が馬。ありがとうございます。

==========
読みの浅い人(失礼!)には、素直に理想を目指すことを伝えたほうがいいと思います。

→ そうですね〜。

まるぞうが言うからカッコ悪い生き方したのに〜。
・その場にいない人の陰口で盛り上がるというカッコ悪い生き方をわざわざしたのに〜。ホントは陰口に参加したくなかった。
・立場の弱い店員に言いがかりのクレームを言ってうさを晴らすというカッコ悪い生き方をわざわざしたのに〜。ホントは店員さんにありがとうって言いたかった。
・仕事もしないで親のスネをかじって心配かけさせるってカッコ悪い生き方をわざわざしたのに〜。ホントは真面目に働いて両親を安心させたかった。
という方々がいらっしゃったら、本当に申し訳ございません。どうか初心を貫いてください。

===========
まるぞうさん、ビックリ。
即位礼と大嘗祭を違法として提訴。
東京地裁が棄却すれば良いだけの事とあり、安堵しましたが。
連綿と続いた日本の伝統を、反日や日本弱体化に消されては堪りません。


→ 日本が擬似的に内戦状態であるということであると思います。今の国体を否定し破壊したい日本人。彼らは理屈ではないのです。

他国の本当の内戦のように実際の血を流すことがないのは、日本が幸運であることのしるしであると思います。日本人がこの時期昇華しなければならない最大の課題だと思います。皇と民を入れ替えるという呪いに憑依されている人たちの昇華。

とくに「人生に対する不満心を誰かのせいにしたいという甘さ」を持つ人は感染しやすいと思います。

==========
都心部のオフィス街のなかにあるマンションに住んでいますが、最近タバコの臭いが室内に侵入してきて、朝はその匂いで起きることもあるほどです。

→ これは窓や扉を密閉してもどこかから流れてくるのでしょうか。
私であればタバコの臭い外からしてきたら「しょうがないなあ」と窓を閉めます。ちなみに私も嗅覚には敏感で他の人が気づかないかすかな臭いでもわかります。窓を締めるとかマスクをするなど自衛するしかないと思います。
街中で生きるということは、いちいち他人のことに腹を立てることはあきらめて、仕方ないな〜と自分のほうで労力をかけて避けることと自衛するというように、人生のコストがかかるものだ。というように割り切るしかないのです。

==========
宇宙でバン!と分かれてから始まり。母性の宇宙から、数字で理解できる左脳的宇宙が生まれたのかな。母宇宙から、旅立ったものは、多くの苦難のため、根本的な平安にもどる、又は進む方法わすれたのかも。理屈じゃないんですね。

→ 永遠の退屈な無の状態から今の生きている宇宙が生まれた。となると宇宙にとっての正義とは「変化」のことなのであります。退屈さが悪であります。たとえそれが破滅であっても変化をもたらすのであれば正しいのです。天界第二位の大天使が魔界の王となったかという神話伝説が象徴することであります。

宇宙の現象はミクロからマクロまで「創造→成長→破壊→創造→成長→破壊・・・」の三拍子のリズムが複合されて、この宇宙が美しく彩られております。彩り(いろどり)。

==========
アメリカの建国自体にもユダヤ人の思惑があったんだったかな。自分達は長い間迫害され続けてきたんだろうけれど、北米大陸では原住民を写真のように殺し、広大で豊かな土地を強奪し、彼らの持つあらゆるものを破壊しましたね。

→ 「1498年英国人ジョン・カボットが北米大陸の東海岸を探検し英国がこれを領有(ニューイングランド植民地)、1534年フランス人ジャック・カルティエがセントローレンス川を遡ってこれをフランスが領有化(カナダ植民地)するなど、西欧人による南北アメリカ大陸の探検と開拓、インディアンに対する領土略奪と虐殺がはじまった。
・・・
宗教的に見ても、当初の移民はカトリックであったが、16世紀に欧州でプロテスタント(新教徒)出現と宗教改革、続いて宗教戦争が起こると、ピューリタン(清教徒)による1620年の移民(メイフラワー号)をきっかけとして、新天地を求めた新教徒が相次いで入植した。彼らは先発のカトリックやインディアンと敵対しながら勢力を伸ばし、1620年の移民は現在でもアメリカの新教徒の間で偉業として称えられている。しかし、インディアンたちからは民族虐殺の始まりとして「ピルグリム・ファーザーズの感謝祭」には、大規模な抗議が行われている。
(Wikipedia「アメリカ合衆国の歴史」より)

かくのごとく南北のアメリカ大陸の虐殺はキリスト教文明によるものです。
キリスト教文明とは、、人間と神様の間に「神の子」という代理人をたてて彼と契約する。そもそも人間は罪があるのだから代わりに貼り付けになった「神の子」に絶対服従しなければならない。という宗教がもたらす文明であります。
しかしある特定の対象に絶対服従を誓うということは、そうでないものに対しては残酷な行為ができるという因子を生むからです。個人個人では当てはまらなくても文明としてそういう因子を蓄積していくということです。(文明全体の因子の話であり、キリスト教徒個人個人の全員が心の内側が残酷だとは言ってはおりません。)

ユダヤ人を迫害したのも、そして南北アメリカの原住民を殺戮したのもアフリカ奴隷制度を作ったのもみんな同じ原因ですのだ。日本が鎖国して身を守った理由も。

神とは本当はそんな代理人との契約なんか関係なく、自分自身の良心である。みなさまご存知の通りであります。
「神と子と精霊」三位一体で言われる「子」というのは磔になった御方のことではなく私達自分自身であるのだ〜。と思います。

==========
幌馬車じゃないですよ!『駅馬車』ですよ!

→ ですよね〜。ご指摘ありがとうございます。

==========
そのような生き方、慣習、教育の問題点を指摘してあげる同胞がいないのは残念ではあります。

→ いたけれども耳を傾けなかった可能性も。

===========
私も暴力物は大の苦手です、テレビでも映画でも虐殺、虐待、拷問シーンがあるとひぇぇ〜とすぐに消すかチャンネル変えるか早送りか、映画だと見ないように目を伏せます。

→ 私も苦手です。高い城の男も早送りしたシーンは何箇所かあります。もうまったくう。でもああいうシーンを平気で見られる人は、やはり心の奥底に、そのシーンを共感し受け入れる要素があるということ。そのように考察いたしました。

そしてそれを知ることは大切なことであると思いました。悪魔とは誰の心の中にもいる。それが大きく成長するかどうかの違いだけ。

自分の中にも悪魔がいる。相手の心の中にも悪魔がいる。と知り観察することが悪魔との上手な付き合い方であると思います。悪魔は排除すればするほど大きくなる。排除と無視は悪魔のごちそうであります。
ダスカロスは天使も悪魔も元は同じだというようなことを仰っておりました。私達人間がどういう感情を彼らに与えたかで、天使になるのか悪魔になるのか。

少なくとも悪魔を排斥したいという潔癖症の感情は、悪魔を育てることになることはわかります。陰陽逆ですから。

==========
ついに私達は国魂から三行半を渡されたつつあるのかなと悲観的に思ったり。

→ 国魂から三行半をつきつけられたとしても、私達が最後までこの国土を裏切らないということが大切であると思います。お互い最後まで信頼される生き方を貫きましょう。

==========
知恵のある人の良い話を聞き、知恵の無い者が下手に自己犠牲を払いお人好し善行を継続すれば、あら不思議、貧乏と孤独と絶望が待っている。
それでも、何とか起死回生出来る者はほんの一握り…人間は結構弱い者である。


→ あなたはセンスが良いのですから、早く「大人道の10級」を目指すべきと思います。
「大人道」とは。自分や家族を守るためにやむなくでも理不尽な仕事をこなして責任を果たすという道です。その経験が大人という視点を身に着けさせます。しかし未成年の方でもすでに大人の視点をもっている人もいれば、肉体はいい年なのに心は未だにおこちゃま中学二年生の人もおり、個人差が大きいように思います。

さて中学二年生のおこちゃまばかり社会に増えるとその国は世界から淘汰されて滅びます。人は無菌培養で育つと弱くなってしまうのは仕方ないのか。恩寵の高度成長平和時代がもたらした弊害であります。残念。

==========
聖書に出てくる神様に違和感を感じるのは私だけではないはず。神様というのはもっと寛大でありいつもどこかで私達を見守ってくれていて身近にそして常に共に感じる心のよりどころ。それに比べて聖書の神様はどこか高圧的であり狭量に感じます。

→ 旧約聖書の神様が怖いのもまたそれが神様の御顔の一面であります。よちよちかわいそうにね〜といつも甘い顔をするのが愛情ではない。とは親になれば誰でも経験することであります。

この世の厳しさを体験し成長するという役割の民族がユダヤ民族であった(という私の空想小説史)ですので、彼らの神様が旧約聖書では、厳しい御顔であるのは仕方ないです。

そして新約聖書の神様はまた別物であります。死後あなたを天国につれていくから、代理人に絶対服従という契約をしてね。ど〜ん。(笑うセールスマン。)という罠があちこちに仕込まれている。というのが私の個人的な偏見です。クリスチャンの方申し訳ありません。

新約聖書の中に神様がいる。同時に悪魔もいる。であるのに聖書の中の悪魔を見ないことにしているから、人の心の中の残虐さが育つのであります。

==========
自分を主張しないため見くびられるのであればもっと言うべきかとは思うのですが、なにぶんこれが性格でもあるので直し難くもあり。
上手く表現できていないかもしれません、


→ 仕事上必要なことはきちんと主張するべきと思います。上司にこまめに相談する。しかし上司が決めたことはそれに従う。

それ以外のことは見くびられるくらいで丁度良いと思います。
一つに見る目のある人は必ずわからるからです。相手に見る目がないのは相手の問題でこちらは関係ない話なので。
もう一つは見くびられると常に自分に対し「下から目線」を思い出させてくれるので。私のような傲慢な人間には丁度良い。そういう経験からです。

「おはようございます」「ありがとうございます」「お疲れ様でした」「お先に失礼します」だけはっきり言えれば、あとはなくても良いと思います。大丈夫です。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 24 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。社会に潜む暴力。

防災カレンダー

大分市から熊本方面



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高い城の男に映し出される風景。社会に潜む暴力。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人々は暴力と恐怖によって支配されている。

 このドラマ。現代アメリカ人の深層風景を観るには非常に興味深いものでありました。こらから日本が彼の国とどのように付き合うべきか。大きなヒントをたくさん与えてくれます。

 しかし暴力シーンが多いのは正直辟易いたします。アメリカのドラマや映画全般に言えることかもしれません。日本のドラマや映画であれほど暴力シーンはそう多くはないでしょう。

 並行世界のアメリカは恐怖政治の社会でした。ナチスが統治する領地も、日本の憲兵隊が統治する領地も。彼らに連行されるということは果てしない拷問を受けるということとイコールでした。無実であろうと疑いをかけられると連行され、そして自白するまで拷問が続く恐怖社会でありました。

 これが4つ目のアメリカ人の潜在意識にある風景でありました。



私達日本人は自分たちの世界が花園の楽園であることを知らない。

 今の日本では考えられないことです。警察にいきなり連行されて拷問を受けるなどとは。しかしそれは日本が例外的に御花畑である。ということであります。

 今のアメリカ社会でも肌の色が黒いだけで不当に逮捕されたり警察に暴力を受けることはあると報道されます。少なくともアメリカ国外でアメリカ軍が統治する領地においては、いきなり連行して暴行と拷問を加えるということは普通に行われていたようです。たとえばキューバのグアンタナモ米軍基地内の収容所。この場所はアメリカの目と鼻の先でありますが、国外ですからアメリカの法律は事実上適用されません。囚人には人権はありません。

 それから、そう。中華人民共和国。この国はやはり連行されるとどのような拷問を受けるかわからない恐怖政治そのものです。そのあげく臓器が抜かれて売られる。最先端のIT技術で人民を監視し、そして自由に人民を逮捕し拷問しその臓器を摘出できる。そんな近未来の悪夢のSF映画のような社会が、日本のお隣に実際にあるのです。

 私達は御花畑のエデンの園で暮らしている無垢な住民でありますから、この地球に「暴力で支配されている社会」が少なからずあることを知りません。
 もし相手が自分に暴力をふるうのであれば、それは抵抗するからだよ。無抵抗で相手に接してごらん。相手の暴力は止むよ。そのように唱える住民がこの花園には大勢おります。

 この映画の4つ目の潜在風景。それは私達が住むこの日本が例外的に花園だということ。私達日本人はこのことについて強く警戒をしなければなりません。

 日本のテレビやドラマで暴力物の大きなヒットが少ないことにも繋がります。しいていえば北野武監督作品ぐらいでしょうか。斯くの如く(かくのとごく)日本人の潜在意識の風景に「理不尽な暴力への恐怖」の要素は、非常に希薄です。

 そして中共の侵略を受ける平和なチベットもきっと以前は日本と同じように「非暴力で平和」な社会であったろうと思います。



暴力で強奪した社会がその引き換えに支払った代償。

 さてもう一つ。このドラマに限らず、なぜアメリカの映画は暴力シーンが多いのか。相手と格闘するか相手と銃で打ち合うか。歴史ものでもSFでも現代社会ものでも。

 それはアメリカという国の成り立ちに大きな関係があります。平和に暮らしていた先住民族を武力で滅ぼし、豊かな大地を強奪したという歴史。この強奪がアメリカ国民の深い潜在風景となり、彼らの意識の中に横たわっています。

 日本でも古代ユダヤの王国の末裔が入植し日本を統治したという歴史があります。残念ながら残虐な行為もあったことでしょう。出雲はその封印の象徴であります。しかし新しい国土の統治者は「日本の国土を畏れ大切に守ること」が統治の約束でありました。彼らは2600年という長きに渡りその契約を守り続けております。

 しかしアメリカ大陸で起きたことは強奪でありました。彼らは先住民族が畏れ敬っていた大地を継承したのではなく、奪ったのでありました。ううむ。この部分は書いていて辛いです。



 さてアメリカ国民の人々の深層にある風景。それは暴力でありました。その根底にある風景。たとえばそれはカウボーイが銃で襲いくるインディアンたちをバッタバッタと撃ちまくる。









(映画「駅馬車」http://blog.livedoor.jp/rounddog/archives/50996763.html)
 多くのアメリカ映画のバイブルとなるべき名シーン。アメリカ人にこれだけ熱狂支持されるということは、これがアメリカ国民の大きな潜在風景であるということです。

 しかしそもそもは強奪したのは自分たちの方ではないか〜(ツッコミ)。そしてこの反動が「自分が理不尽に囚えられ拷問と暴行を受けるのではないかという恐怖」というもう一つの風景を創りあげているわけです。


つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
ただ私が一番強く思ったのは、単純に今の日本の歴史でよかったんだ、と。今の国際情勢とか考えると、なんで第二次世界対戦したんだとか、なんで戦争に負けたんだとか、あの時あの国に対してこうすればよかったのに、とか、歴史を見るとき常に感じてきました。

→ なぜ「万事塞翁が馬」という現象がこの世に起きるかというと、結局その人(あるいは民族や国)がもっている潜在因子(因子の貯金または借金)に未来が引き寄せられるからでではないでしょうか。

どのような不遇な環境に置かれても、因子の貯金があればいつの間にかどんでん返しになっている。ということであると思います。

因子の貯金とは、地道に正直に働くこと。愚痴や陰口に憑依されず明るい気持ちを持ち続けること。どんな嫌な相手でも公平で誠意ある態度を示すこと。こういう行動の蓄積であると思います。

==========
ユダヤ教徒でもないのに、冷やかしのようで安易に買えない気がしたんです。館内のスタッフにトイレの場所を聞いてトイレは使用しましたが、なんだか場違いの所に来た気もしました。人がその時は多くなかったせいもあり、なんだか全体的に漂うピリピリしたような、あまり部外者は寄せ付けないような、フレンドリーとは真逆の真剣な雰囲気があったんです。

→ ユダヤ教のヤハウェは厳しい父性の神様であるそうですから、きっとそうなのでしょう。神様にはいろいろな御顔があるといいます。古代ユダヤの人たちが日本の区域に入植した時、彼らのヤハウェは父性の厳しい父の御顔から、母性の寛容な御顔に変わったのだとかもしれませんね。彼らが大切に日本に持ち込んだヤハウェの鏡は、この国では太陽女神が孫にあたえた鏡として伝えられます。

==========
さぁ、お殺りなさい。私は存在するべき人間ではないのだから仕方がない事です。

→ この一文があなたが重大な勘違いをしている可能性を示唆しています。

==========
「5京6500兆円」ロスチャイルド家の資産ってロト6より多いよね。1万円が1億くらい感じるのにね…フン!

→ おそらく彼らに対するお金の感覚を勘違いされていると思います。彼らが預かるお金とは好きに使ってよい「自由」なお金ではなく、減らしてはいけない増やさなければいけない「義務束縛」のお金であるのです。

もし私達が10万円与えられたら私達はそれを何に使おう。あれもこれも我慢せずに買える。そのように思ってしまいます。

しかし彼らが10万円を与えられたら、それは10万円以上に増やさなければならない義務という意味です。1年間頑張ってその10万円を12万円に増やしました。じゃあその増えた1万円は自由に使っていいかな。いやいや来年は何があるかわからない。また迫害が起きるかもしれない。じゃあ使うのは倹約して5千円だけにしておこう。

ロスチャイルドのお金と5京円超えとは、そういうお金の集大成であります。彼らの家系で生きることを選択したものは、その義務とプレッシャーを負うと自分自身に誓った宿命の人たちであります。

==========
戦後も何十年間、延々と日本をバッシングしたきたユダヤ支配層が、相も変わらず日本人を悪者にして、日本が勝っていたらこんな酷いことになっていたんだ、

→ あなたは認めたくないかもしれませんが、日本贔屓の支配層も少なからずおります。アメリカやイギリスのトップでわざわざ伊勢神宮にお参りに来る方々がその一例です。日本とユダヤの陰と陽の関係に気づいている方々。
ユダヤと言っても多重層であります。しかし深い根底にあるのはやはり長年の迫害の傷。心の奥に傷を持つ人は痛みゆえ人を傷つけるのは私達の日常社会もそうですし、民族という大きなくくりでもそうなのでしょう。
日本の母性と寛容性が彼らを解くという未来。

==========
これほどまでに悪事を重ねて来てしまったら、もうここまで来たら、延々に影に隠れて金の力で世界の支配者でい続けるしかない…。

→ 日本の母性と寛容性で解けるという選択肢もあるのではないでしょうか。

ある意味、中国共産党のトップと同じですね。
だから気が合うんだろうなあ…


→ 気があっているわけではない。今までは中国が猫をかぶって力を蓄えていた状態でした。これからはカメラ対ゴジラ。「力が全てという大自在天神」対「欲望が全てという盤古大神」という時代かもしれません。

==========
原爆を民間人の上に落とした良心の痛みを、相手国を占領して圧政支配した良心の痛みを、逆の立場を「ドラマを見て味わう」ことで昇華できたらお徳ですよね〜。
そんなこと出来たら警察いらないですわ。


→ 日本の「シン・ゴジラ」の大ヒットもそうです。人々の潜在意識の風景は大ヒットするのです。あの映画で多くの人が漠然と「警戒モード」に入ったことにより、大難が小難になりやすくなったと思います。

あのドラマも多くのアメリカ人が自分たちの潜在風景を受け止めることができれば、大難が小難になりやすくなるきっかけになると思います。


==========
まるぞうさんの仮説を私の問題に当てはめて実験してみたいというのは、

→ カッコ悪い人ほどカッコ良い。大切なのは人から見てかっこ悪いと思われること。めざせ「かっこわる道」。

==========
この原作者を私はよく知りませんが、何を伝えたかったのか?が気になるところではあります。

→ 作家とは社会の寄り代であります。ヒットする作品とはその社会の深層風景を作家先生が受信してそのまま描き写されたものであります。ただこの本の映像化が社会的に許されそしてヒットしているということは、アメリカという国家が変わり始めている兆候のように思います。

==========
自分の知らない事情が相手にはあると頭の隅に入れて置けば、相手を観察するようになり、かなりの問題に対処できるようになると思う。

→ 深いご考察ありがとうございます。またお気づきの点があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。ユダヤの警告。

防災カレンダー
8日。新月。大潮。戊戌・甲子・甲辰の日。地震注視日。


東京都台東区から西南西方向


三重県四日市市から東〜東北東方向


滋賀県大津市から北東(福井嶺北または石川)方向


兵庫県小野市から南方向


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高い城の男に映し出される風景。ユダヤの警告。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカに住んでいるユダヤの人たちの潜在意識の風景。

 アメリカで好評といわれる並行世界の物語「高い城の男」。これは今のアメリカ人の抱えている潜在意識の風景の物語であります。

 並行世界のアメリカの東海岸と中部地区はナチスによって支配されています。当然ユダヤ人は迫害の対象となっています。
 主人公の一人の男性はユダヤ人であります。彼らは迫害の厳しいナチス領ではなく、比較的ユダヤ人に対して緩やかな西海岸の日本領に住んでおります。
 日本人は特にユダヤ人だからと言って差別することはなく、アメリカ人全員が二等市民として扱われております。ただし日本もナチスとは同盟関係にありますので、公の立場としては積極的に受け入れているわけではありません。

 主人公の一人であるユダヤ青年はひょんなことから、政権転覆の運動に巻き込まれ憲兵隊に逮捕されます。彼はそこで拷問されるのですが、口を割りません。(運動に関わっていた恋人をかばう意図もありましたが、そもそも彼はたまたま巻き込まれたわけで転覆運動の概要すら知りません)
 どうしても口を割らない彼に対し、憲兵隊は彼の妹とその子供二人を連行します。どうしても吐かなければ3人の命がどうなるかは保証できない。そして結果的に憲兵隊は毒ガスによってこの3人(妹と甥と姪)の命を奪い、その直後その青年の無実がわかり青年だけ釈放されます。
 この事件が、青年の運命を大きく変えることとなるのですが。。。

 アメリカにいるユダヤの人たち。彼らが心の底で抱いている「自分たちはいつ迫害されるかわからない」という恐怖心は本当に根が深いものだということを感じます。
 このドラマの根底にはユダヤの人たちの「迫害に対する恐怖」という潜在風景が一貫して存在しています。



資産をいくら集めても消えない傷。

 私達からするとユダヤ国際資本グループは世界を事実上牛耳っております。ヨーロッパのロスチャイルド家の総資産は5京6500兆円と言われています。どっひゃ〜。お金とは人の念であります。Yen = Nen。ロスチャイルド家とはどれだけ世界中の人の念(執念=業)を溜め込んでいるんだと驚きます。
 アメリカのロックフェラーなどユダヤ国際資本家たちも同様に天文学的な資産を持ち、世界のエネルギー(=石油)を抑え、軍事と情報を抑えております。
 もう世界を制服支配していると言って過言ではない。のに彼らはまだまだもっともっとと欲しがります。それは彼らの心の奥底にある恐怖の影が消えないから。

 私達日本人のように自分の国があってアタリマエという民族では想像のつかない厳しさであります。


主人公のユダヤ青年。絵描きの彼が人々への警鐘として描いたシンボル。


この不気味なシンボルが、ユダヤの人たちの深層にある風景。


ユダヤ教は禁止されているため、彼らは隠れて信仰を貫いている。


自分自身のアイデンティティを取り戻し、ユダヤ教の洗礼を受ける青年。
このシーンも非常に象徴的に演出されておりました。シーズン3の一つのクライマックスです。


つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
ひとつにフランクリンのオカンの家系であるデラノ一族が奴隷貿易やアヘン商人として支那大陸を貪っていた悪人と言うだけではなく、支那大陸は我がテリトリーとして認識していた縄張りに日本が触手を伸ばしてきた事。(関東軍は戦費現地調達の手段としてアヘンを栽培し販売していた)

今ひとつに従兄弟であるセオドアが日本に日露戦争の軍費調達の国債販売や国内世論で応援しており、ロシアとの仲裁の仲立ちまでしたのにその謝礼である満洲での鉄道敷設折半の約束を反故にして裏切ったため。

この二点の悪感情と人種差別観で日本人を滅ぼしたいと強く願っていたためです。


→ 関東軍のアヘンの話は知りませんでした。非常に勉強になります。ありがとうございました。

==========
宗教を認めない共産主義もダメだけれど、抑圧や制約多い宗教が人を悪魔のように変えてしまうこともあるんですね。恐ろしいものです。

→ 抑圧が悪魔の餌であります。私達の心の中に神様も悪魔も両方存在しています。自分が正しいことをしていると抑圧を進めて、自分の意識の気づかないうちに悪魔を増長させているのです。

==========
貴方達なんて来なければ良かったのに・・。神武もヤタガラスも火星にお引き取り下さい。貴方達の存在が迷惑なのです。まったく渡来人て奴ぁ〜。

→ 人類の進化に必要な裏と表。表の寛容さと裏のしたたかさ。その両方がないと絶滅する。それは進化淘汰の旅です。

=========
ポリコレが行き過ぎると何でも息苦しく不満が奥底に溜まるというのは理解できます。

→ 社会現象もまた振り子ですね。表で見えることの真逆が潜在因子として蓄積している。これが私達の目には、時間の経過とともに変化していく振り子現象として見えるわけです。

==========
この世に一緒の時代を生きてきた者として そのお姿を少しでも引継ぎ、少しでも見習いたい、今日は、ひしひしと思いました。ありがとうございます。

→ 歴史の本質を見抜いていらっしゃると思います。ありがとうございます。

==========
学生時代は、文系もバッチリだったのでは??
その文才の秘訣は何でしょうか?
子供の時に沢山良書を読まれたのかな?


→ 本は好きであったので読書量は多かったと思います。交通量の少ない田舎だったので二宮金次郎のようにランドセルしょっていつも本を読んでいました。あと読書感想文を書く習慣も良かったかもしれません。

==========
元から日本にいらした押し込められた国津神関係の方ですか?

→ 「社会で生きる人間の不満心の塊」に同調されてしまってる方と思います。

==========
ハロウィンについて調べたところ悪魔崇拝の祝いの日、儀式であるというような記事と結論にいたりました。仮装することで悪に近づくそうです。暴動も納得です。

→ キリスト教が抑圧しているものが吹き出しているお祭りではないでしょうか。私は好きではありませんが。

==========
的矢湾のメガソーラー
皆様なお力をお貸しください。

志摩市 問い合わせ
https://www.city.shima.mie.jp/i/form/inquiryPC/Init.do?inquiryId=1


→ 問い合わせ先を教えて頂いてありがとうございます。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。抑圧の振り返し。

防災カレンダー
7日。新月週間。


大坂泉南市から西方向


山口県周南市から西方向

横に伸びる複数の雲(写真無し)
福岡県遠賀郡から南方向

麒麟地震研究所
https://twitter.com/kirinjisinken
観測機5のデータです。関東方面、関東東方沖、伊豆諸島方面の地震前兆反応を捉えている観測機5の反応が収束傾向です。アウターライズ地震M8クラスの前兆反応の可能性もありますので今後の反応に注目していますが暫く警戒が必要です


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高い城の男に映し出される風景。抑圧の振り返し。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いつもこのブログにメモしておりますのは、私の脳内の私的メモ=空想小説です。特に本日はその「空想度合い」が高いので、読まれる方におかれましては、ご了承頂きたいと思います。



抑圧するほど肥える意識下の魔物。

 「高い城の男」もうひとつの原風景はナチスに対する憧れでありました。(ぎょぎょ。まじかよ。妄想もいい加減にしろ。はい。でもこれは冒頭申し上げましたように本日は特に空想度合いは高いです。真に受けずにお読みください。)

 人は何かを抑圧すればするほど、正反対の衝動が意識化で生き始めます。たとえば聖職者。性の衝動を押さえつけようとすればするほどそれは制御の効かない獣となってその人の意識下で成長し続けます。

 キリスト教の聖職者が多数の子供にいたずらをしていたというショッキングな事件が続くのはこれが理由です。
(Wikipedia「カトリック教会の性的虐待事件」)
https://ja.wikipedia.org/wiki/カトリック教会の性的虐待事件

 特に性衝動というのは人間の生存本能に直接結びついている生命力そのものの一面があります。この性衝動とどうやって折り合いをつけて社会生活を送っていくのか。それは多くの人にとって大きな人生の課題です。とにかく抑圧すればするほど、その意識下の獣に餌が与えられるということを知っておくべきと思います。
 そしてそういう時は、逆ハンドルをきる。が陰陽の仮説であります。抑圧するのではなく、性衝動はいけないものではない。そして自分はスケベエなんだと認めることが大切であります。
 たとえば先日有名な男性俳優が自分のSM癖を小説で公開しました。書いてある内容は私は「ううむ。気味悪い」と正直思いますが、彼はこの発表によって抑圧の獣が肥大かすることは止めることが出来たと思います。



抑圧してきた衝動。アメリカ社会のもう一つの潜在風景。

 第二次大戦後、ナチスのシンボルは徹底的にタブー視されました。私はナチを奨励するものではありません。が、人が強い抑圧を持つものは必ず意識下に獣を育てるという持論を持ちます。
 そして現代アメリカ。奴隷黒人の歴史の反動。振り子が反対に振られています。トランプ大統領が誕生した背景の一つでありますが、今は白人が社会的弱者になっています。
 この「ナチスに対するタブー抑圧」と「社会的弱者になりつつある白人層の不満」。これがもう一つのアメリカ人の潜在意識の風景を生み始めています。

 まるぞうさん。白人の全員がナチス礼賛とは思えません。はい。そんなことは言っておりません。私の知り合いの白人はとても裕福です。白人全員が社会的弱者とは思えません。はい。そんなことは言っておりません。ナチスは人類史上稀に観る極悪政党です。そのナチスを否定して今の平和な国際社会があるのではないですか。はい。私はナチスを礼賛しているわけではありません。私の知り合いのアメリカ人は長年人種差別と戦って来ました。まるぞうさんがそういう人種差別主義レイシストを擁護するのは許せません。はい。だからレイシストの擁護なんかしていません。まるぞうさんが言っているアメリカ人の潜在意識の風景。全てのアメリカ人の心の中にあるとはとても思えません。はい。だからこれは空想小説と始めに断っております。第三者が客観的に証明できる論文ではありません。
 では話を続けます。

 人が、自分の潜在意識の下に生きている抑圧の魔物を観ることはとても勇気がいることです。本人が観れないからその魔物はどんどん大きくなっているのです。しかしその魔物を認めて容認することが逆に魔物に餌を与えるのを止めることができるのです。



その並行世界に惹かれる理由。

 現代アメリカ人の心の奥底にある1つ目の原風景。それは自国に原爆が落とされ、そして日本人に頭を下げて生きる社会。そしてもう一つの原風景。それはナチスに支配される社会。人種的に優勢なアーリア人(白人)の遺伝子が正義である社会。マイノリティなんてクソ食らえ。規律正しく統制された社会の美学。

並行世界1960年代のアメリカ社会。

白人がアメリカの中心だったころの良き時代。

父親に権威があり女性は良き妻良き母であった時代。

失われたアメリカの良き時代がそこにある。


この物語では「並行世界のナチス」と「こちらの世界のアメリカ」がだぶります。強い支配者の偶像。

現代のアメリカの鷲の影にいるナチスの鷲。


つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
ハイハーイ。日本国にお金を貸しているのは私たち日本国民ですね。

→ はい。正解です。ありがとうございます。日本政府は借金だらけだけど貸しているのは私達国民なのです。じゃ何が問題なの? と財務省のお役人やワイドショーのコメンテータに訊きたいですね。

問題になる国の借金は
・他国の通貨
・外国人に借りている
場合です。ギリシャなどもそうです。ギリシャは自力でユーロを発行できないので。しかし日本の場合は、
・自国の通貨
・自国民に借りている
です。「国の借金」といってとにかく増税したい(自分たちの権益を増やしたい)財務省のトリックです。

==========
高い城の男の話であればまだ見ていないので詳細はわかりませんが、史実の話であれば昭和16年、1941年です。

→ ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

==========
自分ばかりが助かっても嬉しくないし、自分ばかりが満腹では申し訳なく。世の中の哀しい悲惨な状況を知れば知るほど焦燥感に駆られます。

→ 人類は全員意識の下では繋がっていますから。まず一人ひとりが「あべこべ装置のトリック」から抜け出すこと(=思い出すこと)が最初の一歩であり、それが同時にゴールの一歩であると思います。

あと私のブログはそんな大それたものではありません。本当に私的なメモ。書き置きです。

==========
これから辿っていけるなら、いずれ必ずアメリカ人はネイティブアメリカンの事に行き着くと思います。アメリカの歴史の根底に沈んでいる負の因子ですよね。

→ はい。そうであると私も思います。

==========
笑顔の絶えない、相互協力するモノ創りによる繁栄した共栄圏がアジアに出現し、世界における日本の役割が世界史に刻まれた。
みたいなドラマは如何でしょうか?


→ もし日本が太平洋戦争に勝っていたら、逆説的ですが、戦後数十年の間に日本の国体が崩壊していた可能性が高いと思います。
リベラルでしたたかな大陸組と官僚的純血主義の本国というように二分化して対立していく因子があったと思います。
大陸の人民を赤いウイルスに感染させた大陸の悪魔の龍が、この並行世界では、日本古来からの天津と国津の対立に便乗する形となる。

並行世界であっても、こちらの世界の日本が持っている負の因子とその本質は同じであります。今の日本が売国リベラルと保守の二つに分かれて平和な内戦状態になっていること。したたかな大陸龍からの侵食を受けていること。

==========
FDRのDとは?
Delanoでしょうか?
教養がないため分かりませんでした。


→ おそらくこちらでありましょう。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=245451

==========
まるぞうさんは興味ありますか?
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000311907
本日、書店で気になった本です!


→ 数式の美しさを神と定義するのであれば、全ての科学者は神の存在を信じていると思います。科学=神学。

==========
 ネットで調べてみますと、果たして、あうシュ〇〇ッツの〇ス室における大量虐〇は虚偽であるという情報に突き当たってしまいました。もちろん、ゆ〇や人強制収容所と、そこにおける罪なき人々の苦しい生活、ユダヤ人に対する虐待や、銃殺はあったようなのですが・・・。

→ 過去記事をご参照ください。こちらも空想小説でありますが。
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/b27fd3628dc2d95dc30ffdef43258654

==========
長文ですみません
まだ書きたい事はありますが
辞めた以上あまり明確に
書けないので大まかな
内容のみ知って頂ければ
あとは想像にお任せ致します


→ 貴重な情報ありがとうございます。お気持ちはしっかり受け止めさせて頂きました。

==========
>鬼によって警護されている大和朝廷の家系
これは一体なんですか?
興味深いです…。


→ 私の空想小説では古代ユダヤで代々王家を守った神官と武官の家系の人たち。王国滅亡時に彼らも預言に従って極東のエデンの島国に来ました。日本史では八咫烏とか物部氏と言われている人たちなど。

==========
良心の呵責、人の心の痛みが理解できる人々がそれだけ増えたというのかもしれないですかね。

→ 自分の良心の痛みに向き合えること。痛みの洗礼。産みの苦しみ。ですね。

==========
先の戦争の日本の目的は、
「欧米諸国によるアジアの植民地を解放し、大東亜細亜共栄圏を設立してアジアの自立を目指す」
でした。


→ 残念ながらそれは後付けの理由です。結果的にインドネシアなどアジア諸国の独立に寄与したのは事実ですが。
実際は関東軍が「勝てば本国に文句は言わせない」と暴走した結果でしたし、インドシナ半島の出兵も油田などの資源確保のためです。

下記のサイトにある昭和天皇のお言葉を時系列に読んでいくと当時の日本の動きが手に取るようにわかります。アジアの解放のために軍隊を出しましょうという話は御前での閣議では出ていないようです。
とにかく軍部を抑えよ。という昭和天皇の悲鳴のお言葉が続きます。

昭和天皇かく語りき
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/peace-g.html

そのような美化した話ではなく、なぜ日本が戦争にハマって言ったかということはもっと客観的に研究されるべきです。当時の軍部の悪しき習性を受け継いでいるのが今の財務省です。当時大蔵省はGHQに解体されなかった数少ない省庁でした。
今の財務省は当時の軍部と同じ。上官に絶対服従。そして国民のためではなく自分の組織のため。日米開戦やむなしと奏上する大臣は、増税やむなしと奏上する大臣と同じです。軍部が日本の平和という大局観ではなく自分の組織の利権を優先させた縦割り組織。財務省が日本の景気という大局観ではなく自分の組織の利権を優先させている縦割り組織。
日本人が自分で日本を破壊していくパターンはここに残っています。

==========
古代の伊勢は磯部氏が支配しておりました。風土記に出てくる伊勢津彦も磯部氏の長であったことでしょう。

その磯部氏が対象としていたのは、太陽神は太陽神でも稚日女尊(わかひるめのみこと)です。すなわち朝日。それに対して畿内の太陽神は天照大御神、すなわち天を照らす日中の太陽です。

同じ太陽ということで受け入れやすかったのか、伊勢の地は割と大和政権を好意的に受け入れています。

伊雑の宮の以前には、的矢湾にお宮があったという説もあります。伊勢湾で一番早く朝日が昇る地であります。やはり磯部氏と朝日信仰は密接に結びついており、磯部氏は海洋民族でもあります。


→ この歴史感、私も100%同意いたします。

私の空想小説歴史では、ヤハウェを信仰していた古代イスラエルの民たち。沖縄から南九州という海洋文化圏に入植した時に、彼らのヤハウェは厳しい父性の神から母なる太陽神の顔に変わったのだと思います。海(アマ)=天(アマ)=女(アマ)

そんな的矢湾に太陽光発電所(メガソーラー)が建設されようとしております。
https://mainichi.jp/articles/20170207/ddl/k24/040/136000c
残念です。

→ 過去記事にも取り上げました。こちらも予断を許しませんね。
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/28b99497e4daa9b6444bd7737832b51b

==========
大変意義のある事を成し遂げると、命の危険や、社会的に抹殺される危険があるとは…なんともやりきれないですね。

→ 石油以外のエネルギーの発明者たちも然りであります。

==========
123便の詳しい悲惨な状況は門田隆将さんの“風にそよぐ墓標“という本で知りました。

→ 特に今生きている日本人全員がその責任を(直接的にしろ間接的にしろ)受け取っている事件であります。忘れてはならない。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。原爆ドーム。

防災カレンダー
6日。新月週間。太陽電子束が乱れています。地震注視日。



愛知県稲沢市から西方向


富山市から西方向



大阪市堺市から明石・淡路島方向、奈良方向


関西地区から西方向


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高い城の男に映し出される風景。原爆ドーム。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 アメリカ人の多くは「日本は真珠湾で奇襲攻撃を仕掛けてきた。原爆は多くの戦死者を出すために正当なことであった。」そのように思っております。
 しかし実際は昭和天皇は開戦の1年前から開戦を回避するよう模索しておりました。昭和天皇が直接アメリカに行って大統領をお話をしたいという再三の提案も無視されてておりました。
 また終戦についても、アメリカと講和協定を結びたいとソ連などの第三国を通じて打診しておりましたが、これも無視。いやその返答が2発の原爆でした。こりゃ早く実践実験に投入しないと日本が降伏しちゃうぞ。急げ急げと言わんばかり。

 もしアメリカ人の大多数が思うように、戦争を回避したいのであれば、日本はずっと打診をしていた。これを聞くことが出来たし、原爆の前に日本と終戦の交渉をすることができました。



なぜ親書は間に合わなかったのか。

 日本にもアメリカにも日米開戦を回避しようと命懸けで奔走した方々がいらっしゃったことがわかっています。
 1941年11月29日。野村駐日大使の側近である寺崎英成氏は、ルーズベルト大統領と親交の深かったスタンレー・ジョーンズ博士に「昭和天皇宛の親書」を書いてもらうように依頼します。これだけが開戦を回避する手段でありました。政府や軍部をとばして直接大統領から天皇の呼びかけを依頼する。もし発覚すれば寺崎氏だけでなく家族もみな反逆罪で死刑になる可能性が高かった。しかし妻のグエンは私達が架け橋となりましょう。そのように夫に賛成します。
 12月2日。日本海軍から「ニイタカヤマノボレ一二○八」の電報が発信され12月8日午前0時に開戦する司令が発令されます。もうこの時には海軍の暗号は米国に筒抜けでした。
 その翌日12月3日ジョーンズ博士からルーズベルト大統領へ「昭和天皇への親書」を依頼し、そしてルーズベルトは承諾します。

 良かったこれで戦争が回避できる。
4日まだ親書は送られない。
5日まだまだ。
6日・・・
7日午前11時。とうとうルーズベルトの親書が東京に発信されました。しかし当時の参謀本部は外国からの電報は10〜15時間遅らせることとなっていました。ましてや開戦前夜。
午後11時。ようやくグルー大使の元にルーズベルト大統領の親書が届きます。東郷外務大臣と昭和天皇はまだかまだかと寝ずに親書を待っておりました。
==========
親電がくるであろうことはあらかじめ知っていた。待ち受けていたが一向にこない。私はこの親電に答えたいと思っていたが…
「昭和天皇独白録」より
==========

12月8日午前0時。開戦の日が明けました。
午前1時半。真珠湾攻撃部隊が発進。
午前2時半。東郷外務大臣が昭和天皇に親書を読み上げます。しかし時すでに遅し。

==========
私は、日本との戦いは狂人(=ルーズベルト)が望んだものだと言うと、彼(=マッカーサー)はそれに同意した。
・・・
日本に対して原爆を使用した事実は、アメリカの理性を混乱させている。……原爆使用を正当化しようとする試みは何度もなされた。しかし、軍事関係者も政治家も、戦争を終結させるのに原爆を使用する必要はなかったと述べている。

米国第31代大統領フーヴァー著「裏切られた自由(原題:FREEDOM
BETRAYED)より

==========
そして、スチムソン陸軍長官は、ポツダムに到着したばかりのトルーマン大統領に、天皇が和平を願っていることがわかった「今こそ警告を発する時」であり、
・・・
その草案には、天皇の地位を保障する文言が含まれていた。
・・・
にもかかわらず、トルーマン大統領は降伏条件を緩和して、日本と早期に和平を実現させようとはしなかった。

竹田恒泰著「アメリカの戦争責任」より
==========





国家と民族の因子は世代を越えて引き継がれる。

 戦争した責任は当然日本にもあります。そして日本はその責任をは全て甘んじて受けました。誰も恨むことなく全てを受け入れました。もし日本が恨みと嘆きを持ったままであれば、そのマイナスの因子も日本は持ち続けたことでしょう。しかし日本は全てを受けれたことの引き換えに、マイナスの因子を手放すこととなっています。(これが経済ボーナスの時代を迎えることが出来た理由の大きな一つです。私の陰陽仮説では。)

 そしてもう一方の当事者のアメリカはどうでしょう。もしアメリカが今回の戦争において、良心の恥じるところがなければ、日本が全てを受け入れた段階でマイナスの因子は、昇華されたことでしょう。しかしアメリカが自分の良心に恥じることがあれば、そのマイナス因子はアメリカ人の良心が引き取ろうとします。

 人間は自分の良心を決して誤魔化すことは出来ないのです。多くは個人の人生という期間で発露しますが、民族間国家間の因子のやりとりは世代を越えて10年100年単位で発露します。というのが陰陽の仮説です。

 このドラマのオープニングに毎回映し出されるワシントンの国会議事堂に落とされた原爆の風景。多くのアメリカ人の潜在意識にある風景であります。現実にはワシントンに原爆が落ちることなどありえないのに、なぜアメリカの人たちはこの風景に理由なくひかれるのか。





 このAmazonのドラマは、アメリカ社会から非難されるのではなく、逆に大絶賛されシーズン4まで作られる。この時期、本当に興味深い。このドラマはアメリカ人の表層意識が隠す心の奥底の風景を描いているという仮説。更に考察を続けます。


つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
さて、今日の写真ですが、貝塚市は大阪府のはずです。ご確認お願い申し上げます。

→ 失礼いたしました。修正いたしました。

==========
『高い城の男』フィリップ・K・ディックというアメリカのSF作家による、かなり古い小説ですね。学生時代に読みました。原作では人力車が走っていたりしましたが、さすがにそれはないみたいですね(笑)。

→ ドラマは小説の骨格だけを土台として、独自世界を展開しているようです。現時点ではシーズン4。人気が落ちなければまだまだ引き伸ばすと思います。なぜアメリカ人がここまで熱狂するのか。興味深いです。

==========
謎が多かった123便も、真相がこんなに明らかになっているのですね。

→ 公的にはボーイング社の整備不良で隔壁が疲労破壊したことになっています。数ある証言や証拠は無かったことになっております。ですのでこれは、私の脳内空想小説と思ってください。

トロンの開発もSTAP細胞も、検索してみました。
あ〜Googleに筒抜けでしたね〜


→ Googleは中国共産党と違って一庶民のデータは監視していないと思います。ビッグデータとしてその国、その地域の流れを把握するのに利用していると思います。

==========
サイエンスライターさんが誰一人小保方さんを擁護しないことに疑問を感じるのです。

→ 下記二つの事象は別のことです。

A 小保方氏のレシピはSTAP現象に再現性がある。
B 細胞にストレスを与えることで初期化が起きる。

事象Aは事象Bに含まれますが、A=Bという訳ではありません。
問題はBというコンセプトの特許を日本がアメリカより先に出願したことでありました。これゆえ理研がこの特許出願を取り下げさせる必要がありました。
しかしBは真実であった。小保方レシピの通りではうまくいかなかったけれど、自分たちで手順を工夫したら初期化発生したよ。という論文がアメリカのテキサス医科大学ドイツのハイデルベルク大学とアメリカから発表されています。
・テキサス医科大学:酸ではないが外的刺激により細胞が初期化した
・ハイデルベルク大学:酸の刺激により初期化した細胞と死亡した細胞が半々できた

小保方氏が発表したとおりのレシピではSTAP現象は再現することはできませんでした。その理由はわかりません。私はAを支持しているわけではありません。しかし小保方手順を調整することで他の研究機関が「細胞の初期化現象」を発見することができたということは、少なくとも理研があのまま実験を続けていれば、本当に再現性のあるレシピにたどり着けた可能性は高いと思います。ただもう日本では「ストレスを与えることで細胞が初期化する」という研究はタブーになってしまったようです。この「タブー化」が目的であったのでしょう。日本の研究が再開されるのは、アメリカの特許化で高額なライセンスを払う仕組みが確立されてからと思います。これは空想小説でありますが。

==========
なんとかナチスと日本軍を残虐な人種にしておきたいのです。

→ 高い壁の城では日本人が比較的好意的に描かれているところが興味深いです。これが日本人の潜在風景。ただし憲兵隊は怖いですが。

==========
今回私が向き合っている点、卒業試験(にしたい)らしくいつもにも増して難問でした。もう手放したい。でも手放すことに無理があるなら、またぐるぐる回りを続けることになるんじゃないか…。サカサマゲームに向かい合うこと自体が苦しいです。
それで仕方がないので自分のぐるぐるはそのままにしておいて、ひとまず人のためにできることを一生懸命取り組んでみようかと思います。これも逃げの一種でしょうか?


→ よろしければ3つほど質問させてください。

質問1 今生きているこの人生が苦しい。ということ?
質問2 そうである場合、それは嫌なことに出会うのが避けられいから苦しい。の?
質問3 あるいは欲しいものが得られないから苦しい。の?

==========
マスコミはずっと、国の借金が、赤字国
債が、国民にお金回って来ないとしか


→ 国が借金をしている。ふむふむ。では誰がその国とやらにお金を貸しているのでしょう。ここに大きなトリックを解く秘密があります。答がわかった方はお知らせください。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 25 ) | Trackback ( 0 )

高い城の男に映し出される風景。大ヒットの理由。

防災カレンダー
5日。新月週間。太陽電子束が乱れています。地震注視日。



大阪府貝塚市から西方向


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高い城の男に映し出される風景。前編。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 春からAmazonの有料サービスを契約し、普通のテレビ番組は観なくなってしまいました。これからネット配信番組どうしの競争が激化していくと思います。そのAmazonが目玉としているドラマが「高い城の男」らしいです。ふうむ。

 このドラマは好評のようで先月シーズン3の配信が始まり、更にシーズン4の制作も開始されています。へえ〜。しかしこのドラマは
・視聴するのにAmazonの有料サービスに契約する必要があること
・一時間ドラマ ✕ 10話 ✕ シーズン3本分 と非常な長編であること
でありますから、これを視聴できる人は非常に限られております。ので、まあ今回の備忘メモは(いつもそうでありましょうが、今回は特に)「まあ、そういう話もあるのかあ」レベルで観て頂ければ幸いです。



それはアメリカ人の潜在意識のもう一つの風景。

 「高い城の男」とは並行世界の物語です。それは第二次大戦に日本とドイツがアメリカに勝っていたら。そういう世界のアメリカのお話です。


舞台は並行世界の1960年代。かつてのアメリカ合衆国は東部はナチスに、西部は日本に、東西に分断されております。


ここは広島?


いいえワシントンです。並行世界の原爆ドームはアメリカの国会議事堂なのでした。ナチスがここに原爆を落としたことでアメリカが降伏しました。


そしてニューヨークの街並み。


東海岸を統治するナチの指導者。腕章に鉤十字と赤と白のストライプ。


そして日本の傀儡政権が統治するサンフランシスコ。


日本語の看板が立ち並びます。


日本から皇太子ご夫妻がサンフランシスコを訪問するところから物語が始まります。


恐怖政治の東海岸ナチスに比べて、西海岸を統治する日本は割と好意的に描かれています。憲兵隊は怖いですが。


ゴールデンゲートをくぐる戦艦大和。


これもまたアメリカ人の潜在意識の原風景であります。



封印された原風景。

 私はこのドラマが興味深いと思うのは、現代アメリカ国民の潜在意識の画が映し出されているからです。
 このドラマは「並行世界もの」であります。しかも継ぎ足し継ぎ足しのシーズン3(シーズン4も制作中)の長丁場ですから、ストーリーとしてはツッコミどころがあちこちほころんでいます。しかしこの番組はそういうストーリーを追いかける物語ではないのです。

 アメリカ国民の意識の奥底に封じ込められた風景が、並行世界の物語となって描かれているのです。その風景(シーン)に浸るドラマなのです。

 このドラマがアメリカで大絶賛されていること。その理由はこのドラマがアメリカ国家が封印してきた因子がどういうものであるか。それを垣間見ているように思います。

 たとえばそれは、アメリカ人が鉤十字に対して右手をあげて忠誠を誓うシーン。たとえばそれは、日本人に「ドーモ、シッツレシマシタ」と頭を下げるシーン。こんなシーンがずっと続くドラマがアメリカで大人気であるのです。へえ〜。

 現代のアメリカ人が昇華したいと願う潜在意識の風景。それがこの時期、非常に興味深いのです。


The Man In The High Castle – Recap: Season 1 and 2 I Prime Video



つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
手を合わせて拝むという習慣がないのでしょうね。。。
全共闘世代は、ある意味可愛そうです。
いつか見える世界が変わると良いのですが!


→ 自分を守るために集めていたものを手放すことができれば。でも誰にでも生きている限りは可能性はあります。

==========
平成の次の次。日本中で議論が分かれ、諸外国の思惑乱れ、南北朝時代ならぬ東西朝時代に分断されないよう最悪を想定しておきたいと思います。

→ コメントありがとうございます。それがウガヤフキアエズの時代かもしれませんね。

==========
私の父がこの程定年退職となり、新たに契約社員として働き始めました。

最近話す機会があったのですが、「若い人が多い職場だけれども、尊敬を込めて彼らを立てながら接していきたい」と言っていました。


→ 柔らかい方は80歳の壁を超えることが出来る方だと思います。百寿者の条件であります。

==========
中国人が、日本の健康保険制度を使ってガン治療などの高額医療を受けに来る。ツアーのようなものが組まれている事も。当然、費用7割は日本の税金。。。という話を、医師をされてる知り合いから聞きました。検索してみたら出るわ出るわ・・・ユルせん! 一刻も早くナントカして欲しいです。

→ 出入国在留管理庁の設立がその対策の一つのようです。

==========
まるぞうさん、米ドルを資産分散の為に25000ドルばかり日本のメガバンクに預けています。某ブログ主は米ドルは日本で持つ事に積極的ではありません。ドルは余裕資金ですがまるぞうさんでしたら全額円転して決済口座に入れますか?

→ その国で生活する可能性があるならその国の通貨を保有している意味はあると思います。

==========
女を避けたら、女が寄ってくるかなあ?その件についてはスルーだったようですが、回答キボンヌしても宜しいでしょうか?
記事の方は後でじっくり読ませて頂きます。


→ Aが欲しいAが欲しいと願い執着する間はAは遠ざかる。
Aから逃げたい避けたいと願う間はAは追いかけてくる。

女性欲しいけど、口先だけ女性嫌いと言ってみた(チラ)という態度ではますます女性は遠ざかるでしょう。本心では執着しているところは何も変わらないからです。小手先を使って自分を騙そうとする分執着が強くなっていると言えます。

逆に、理不尽な上司から逃げたい理不尽な同僚先輩から逃げたい。そのよう逃げている間はどこに転職してもその環境は追いかけてくるでしょう。

でありますから、あなたが理不尽な上司や同僚先輩を避けたいと思うのと同様同質に「女性から逃げたい女性を避けたい」と願うなら、あなたが避けたいという種類の女性がいつまでもあなたを追ってくることとなります。

だから人生は「逆ハンドル」を取ることが幸せのコツなのであります。欲しい欲しい手放したくないと執着するものは手放す。嫌だ嫌だ逃げたいと思うことは思い切ってどっぷり浸かる受け止める。
私達の自我はあべこべ装置なので、わざと逆ハンドルを切ることが幸せに生きるコツなのです。

==========
産経新聞より
掲載済みでしたらお許しください。
https://www.sankei.com/smp/affairs/news/181104/afr1811040001-s1.html


→ お知らせ頂きありがとうございます。

==========
責任を負うこと、腹を決めることを少なからず体験しているので、孤高(かっこいい)孤独感との共生は培われている前提で、おそらく、70歳になっても、大丈夫なような気がしています。

→ 自覚がある方は大丈夫と思います。我々に必要なのは柔らかさとしたたかさであります。

==========
STAPについては、まるぞうさんの勘でのお話しですか?

→ 下記サイトが詳しく解説してくれております。
https://maphy.club/health/medicine/stapcell-truth/

アメリカテキサス大学医学部のヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士の論文。そしてドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文。
いずれも細胞にストレスを与えると初期化されるという現象です。

iPS細胞は再生細胞なので初期化ではありません。しかしSTAPは細胞を初期化する(どの細胞にでも分化できる状態)点が重要であります。この研究は将来癌治療を大きく変えるポテンシャルがあるのです。
iPS細胞は日本独自の発表で権利も日本は持っていてもいいよ。ノーベル賞も認めよう。しかしSTAP。お前は別だ。というのが彼らの意思表示のように思います。

理研がSTAPの特許出願を取り下げましたので、これからはSTAPとは別の研究名で「細胞にストレスを与えることで初期化する」という技術がアメリカから出願されると思います。(ハーバード大学のSTAP単独出願は却下されているので別の研究名で認められることとなるのでしょう)

==========
大局的にものすごい研究であるならば、神事としてというか無私では済まず自己犠牲的な意志をもってして陰陽のバランスが保たれるケースかと思います。

→ 日本人が1963年に発表した千島学説の「一部(体細胞と赤血球は可逆に分化するなど)」も興味深いです。STAPの細胞初期化と通じると言われています。千島学説はまともな研究がされずに残念です。

==========
まるぞうさんの仮説は、
「避ければ達成できる」という短絡的な考え方では残念ながらありませんね。。。


→ 補足コメントありがとうございます。

さてこの方の話でなく一般的な話です。「楽して儲けたい」というフィルターがある方がいらっしゃるとするならば、その方は「結局地道に努力しないとダメななのよ」という話は受け入れたくないのです。

遭難して沢を降り始めたら、できるだけ早く引き返して登り直すことが大切なのでありますが。そういう方は、もう本当に行き止まりになる滝壺の手前まで沢を降りてしまう。しかしその方は「大丈夫。このまま沢を下れば人家にたどり着くよ」という幻聴しかききたくありません。自分が聴いているのは幻聴なのではないか。と気づくことが遭難から抜け出せるかの分かれ道となります。迷った場合は降りる方(楽な方)ではなく、登る方(厳しい方)を選ぶ。というのが遭難から抜け出せるコツであります。

==========
私の信じられないポイントは人類選別や火星移住計画です。
ただ、2039になればわかります。という言葉をたまに見かけるたび内心ビクビクします。


→ そもそも普通の生活でもそこまで生きていられるかどうかわからない人生です。明日はないもの。今日で自分の人生は終わるもの。という覚悟で毎日精一杯生きたいと思います。

==========
人手不足による廃業も聞きますので仕方がありませんが、「出入国在留管理庁」を法務省下に新設とのこと。
この動きを、まるぞうさんはどの様に読みますか?


→ 不正が行われないための組織強化であると思います。
こちらの方の意見が正しいと思います。
https://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/88424bed52c74bc738c459ba2d7c83d3

「とある意図を持った外国人が技能実習生として入国し、その後失踪。 基本的に警察は、犯罪を取り締まる組織ですから犯罪が起きなければ捜査はしません。」
「とある意図を持った外国人が留学ビザで入国。 病院へ行き癌だと診断され、高額療養費制度を使い、治療を受け数千万かかる医療費を60万程度で済ませ完治し、その後すぐに帰国した。 また、こんな事例も。 日本国内の企業に勤め単身赴任で来日している外国人。 その妻が妊娠した。 本国で出産すると医療費がかかるので妻を扶養家族にした。 日本に呼び寄せ出産し、出産養育一時金42万円も受け取りすぐに帰国した。 」
「「入国在留管理庁」・・・ようやく一つの出口が見出せつつあります。 そして、これで解決ではありません。 どう運用するかが解決へ繋がるのです。 頑張ります。」

==========
表面を着飾った知識を捨てて、日本は「日の老いたる者」に成ってゆくのだと思います❗

→ はい。そうですね。そう思います。老いたるものとは、2600年の皇室にしろ、その前の1万年以上の縄文文化にしろ、一つの文化を脈々と継続できた国土の民たちのことであると思います。

==========
日本は外国からの借金は無くてアメリカの国債を沢山持っていて
その上外国にお金貸したり資産?があるなど実はすごい
お金に余裕あるから国内の赤字国債なんて問題無いと思いたい
のですが、いざ日本がアメリカの国債を売ろうとしても
肝心の国債はアメリカの金庫にあり鍵はアメリカが持っているので
実際には売ることができないとか。結局アメリカに
大金を取られてしまっていて自由に使えないからアメリカ国債は
持ってないに等しいのではないかと心配しています。
まるぞうさんにこの辺の事をいつか教えて頂ければいいなって
思っています!


→ 日本が保有しているアメリカ国債について

1,これは外貨準備高といい日本の円に交換して日本で使うことが出来ないと法律で決まっています。実質日本人が外国に貸す(アメリカ国債含む)ための枠となっています。

2,日本がアメリカ国債を売ることが出来なくても、世界が日本の「円」を信用する大きな理由となっています。あなたが思うほど無駄な投資ではないのです。国際社会から「信用」を買っているのです。これが国内の国債が赤字でも円が高く信用されている理由ですから、ちゃんと意味があるのです。

3,そもそも日本が買うアメリカ国債は「セコム年会費」のようなものです。アメリカが日本を守らなければならない大きな理由となっております。平和と安全がお金で買えるうちはそれが一番賢い買い物である。と私は思います。

そもそも通貨制度は人類の共通幻想なのですから、それを利用して平和と安全が維持できるなら、それが賢さであると思います。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

経済の偉い先生のお話を聴いてきた。エピローグ。

防災カレンダー
新月週間。


大阪市から東方向


鹿児島県鹿屋市


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経済の偉い先生のお話を聴いてきた。エピローグ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

70歳男性高学歴者がクレーマーになる理由。

 高名先生はこれからの日本は100歳現役の時代だと仰る。おお、いいこと言うねえ。私も常々そう思っておりましたよ。
 しかし今の団塊世代、特に都会で高学歴の男性、この人達が病んでいるという。地方自治体の最近の悩みはクレーマー。いずれも70歳以上の高学歴の男性。彼らは朝から晩までクレームの電話をしてくるという。そしてそれは地方自治体だけでなく、病院などもそう。
 多摩ニュータウンのような団地。ここで社会から隔絶された定年男性たちがクレーマーとなり社会問題化しつつある。ふうむ。さもありなん。

 70歳高学歴定年男性が社会に繋がりを持とうとしても、自分のプライドが許さない仕事しかない。そうではなく彼らのプライドを維持できる繋がり方を、私達の社会は提供するべきではないか。

 うん?これはちょっと違うんじゃない? 仕事もできず、責任も負わず、周りに偉そうにしたいんです。って聴こえるんだけど。高名先生は問題点の目の付けどころは良いのですが、どうも結論がずれています。



死生観が欠落していると人生と真正面から向かえない。

 先生は続けます。地方の高齢者はまだいいんです。彼らは身近に農業がある。まだ自分が働ける場所が身近にある。しかし都会の高齢者(70歳男性高学歴)にはそれがないのです。そうそう。高名先生。私もそう思ってたよ。

 何が問題なのか。それは死生観です。彼らはどう生きるべきか。どう死ぬべきか。その価値観が決定的に欠如している。だから自分の老後をどう過ごすべきかということがわからないのです。おお、高名先生いいこと言う。私も常々そう思っていたよ。

 でその死生観とはなになに。興味ある。教えて。
 私は先月新しい本を書きました。100歳まで現役で生きるために「知の武装」が必要という内容です。興味のある方はお手元のパンフレットから申し込んで頂くと、私のサイン付きの本をお送りします。ってお〜い。宣伝かよ。ははは。



心の眼に蓋されている。知識だけで語られる宗教。

 お手元のパンフレットには高名先生の死生観が書かれておりました。ふむふむ。ジェロントロジーだって。先生とにかく難しい用語を自分が日本に広めた。というポーズが好きなのね。

「2200年前にブッダと孔子。2000年前にキリストが登場した意味」って。老子先生じゃなくて孔子なんだ。ふうん。老子先生の話は「知識」では理解できないからね。

「自然崇拝からの脱皮。偶像崇拝を超えた上位の価値観への目覚め」
はあ↓(ためいき) 自然崇拝とは真我。偶像崇拝とは表面自我。その区別はやはり高名先生には難しいのか。「知識の人」だから。

「シャカ・ムニとはサキヤ人の聖人」
「ブッダ80歳:最後の言葉は「自燈明、法燈明」原点の仏教は自分自身の解脱を探求するもので、他人を救済する「大乗」とは異なるものだった。スッパニータ 仏教最古の文献」

はあ↓(ためいき) やはり頭でっかちだから、解釈しようとして見当はずれ。高名先生は、心の眼に蓋がされているから肝心なところが見えないんだねえ。
へえ、ブッダは自分の悟りのためだけの活動だったんだ。へえ。へえ。スッパニータまで読んでその解釈なんですか。へえ〜♪。

高名先生はキリストについてもこう述べております。
「何故、パレスチナにキリストが生まれたのか:ユダヤ教のラビの一人」
ううむ。シャカムニにしてもキリストにしてもまず肩書なのですね。高名先生の知識フィルターには、心の眼が蓋されていますからそこしか映らない。

「R、ドーキンス『神は妄想である』が真理だとしても「宗教はストレスを減らすことで寿命を延ばす偽薬」であり「支配階級が社会の底辺を隷属させるための道具」にすぎないのか・・・それでも自己犠牲と愛と聴しに至る精神性の偉大さ」
ふうむ。偉い人の難しい言葉を引用することが「知識の武装」なのですね。わかります。中二病をこじらせた内容でも高名先生が語ればうなづく70歳以上男性高学歴者がいらっしゃるのでしょう。

「欲望・利害・打算の超越という規範と制御のための宗教ではなく救済の宗教の重要性」
はあ↓(ためいき) キリストが救済の宗教ですか。本当にそれキリストの言葉なの? キリストに会ったことも話したこともないパウロさんの言葉でしょ。ううむ。本当のキリストの3年間の言葉は心に訴える言葉だから、高名先生の知識フィルターには映らないんだ。眼の前の一番の弱者の中にこそ神が存在する。先生は一番の強者だから一番神から遠いのよ。

最後に高名先生は一気に「知の武装」で畳み掛けます。
「人間の意識とは何か? 五識=眼識、耳識、鼻識、舌識、身識と仏教の九識=六識(理知・感情)、末那識、阿頼耶識、阿摩羅識」
もう頭でっかち知識が道歩いてるよ。って感じっすなあ。

「AIの時代の宗教:『神は妄想なのか?』※人間が神を創った →宗教は「認識(recognize)」ではなく「意識(consiousness)」1.5kgの脳」
はあ↓(ためいき) 何か上手いこと言ったぞ。って感じなのでしょうか。英単語を要所要所に混ぜることが「知の武装」のコツであるようですな。

「大きな存在への意識=人間の社会性にとって大切(傲慢さを制御し、自分を接する心」
やはり近いところまで来ても、肝心なことは見えていないのがこの先生の特徴です。心の眼に蓋をして知識のフィルターだけで世界を観るとこのように見えるのですな。うむうむ。勉強になります。



頭でっかちの知識はガラクタだが心の眼を蓋するのには役に立つ。
 
 高名先生の著書の副題にあるように、彼にとって知識とは武装するものでありました。頭でっかちの知識とは、富や名誉と同じ。人が心の眼で社会を観る障害(=ガラクタ)となりやすい。

 本当の「死生観」とは。本当の「生き方と死に方」とは。大切なことは「柔らかさ」であります。頭でっかちの知識や富や名声という重荷をはずせる「柔らかさ」であります。それは「下から目線」の姿勢であります。
 70歳男性高学歴の人がなぜ余生が苦しいのか。それは自分自身の心から離れて生きているからです。無駄なガラクタ(=頭でっかち。肩書き重視)を後生大事に抱えてるから人生苦しいのです。それを捨てること=下から目線。なんですよ〜。←ここ大事。



日本の国土から切り離されて生きる世代。喪失の世代。

 そして高名先生の頭でっかちフィルターで全く見えていないこと。それが「日本」でありました。高名先生の長々と述べる宗教論。日本の神道が完全に欠落しています。先生の宗教観には「神道」は映らないのです。先生の「日本下げ」の主張と深い関係があります。この人たちは自分を「日本の国土から切り離して」生きているのです。

 高名先生を含む都会の70歳男性高学歴の方の家に、地域の氏神神社を祭る神棚もご先祖を祀る仏壇もないのが、彼らが切り離されている一番の理由であります。

 「神は幻想うんぬん」なんて頭でっかち言葉遊びはいいから、日本人がこの国土に生かされている結びつき。これを頭でなく、自分の内側の心で感じないと、老後はますます苦しくなります。

 百歳を超える日本人の方々のみな、「生活の全てが感謝なことばかり」「自分は亡くなった方々と生きている」という感覚こそが、一番重要なのに、この高名先生は「一番肝心なことが見えない」心の目に蓋されている「知識の方」なのでありました。大変勉強になりました。ありがとうございました。



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
日本のos開発者は日航機123便でやられたんですよね。

→ 123便の件とトロンの件は関係はないと思われます。ネットではトロンの技術陣17名と言われていますが、犠牲になられた松下電機グループの社員の方のほとんどがトロンの開発とは関係がないようです。松下電器は大阪が本社ですから帰省から帰る人達であったのでしょう。

▽(54)=松下電器産業システムエンジニアリング本部企画担当参事、東京在住、打ち合わせのため本社へ出張の途中。
▽(56)=松下電器産業システムエンジニアリング本部の部長、大阪府守口市日光町23ノ206。
▽(48)=松下電器システムエンジニアリング本部課長、枚方市池之宮2ノ7、出張からの帰り。
▽(45)=松下電器勤務、枚方市養父元町7ノ6、厚木出張の帰途。
▽(23)=松下電器社員、大阪市港区波除5ノ4ノ18、友人とディズニーランド見物の帰途。
▽(19)=松下電器会社社員、大阪市此花区伝法6丁目、週末から東京ディズニーランドなどへ遊びに行った帰り。
▽(44)=松下電器産業ビデオ事業部課長。大阪府交野市天野ケ原町1ノ22ノ2、東京都目黒区内の関連工場に出張しての帰り。
▽22)=松下電器電化調理事業部、尼崎市塚口本町7ノ2ノ25、同僚と東京ディズニーランドへ行っての帰り。
▽(41)=松下電器製品開発推進センター副参事、箕面市箕面2ノ8ノ18ノ20。
▽(52)=松下電器貿易総合企画室長、寝屋川市成田東町6ノ12、東京出張の帰り。
▽29)=松下電器貿易自動車機器課主任、保谷市下保谷4ノ16ノ6の同社独身寮
▽(50)=松下電工東京支店、大阪府枚方市西楚野2ノ31ノ5、帰省中。
▽(41)=松下電工東京支店、大阪府寝屋川市点野3ノ28ノ18、14日から18日まで帰省。
▽(43)=松下電器ゼネラルオーディオ事業部アクセサリー営業部長、大阪府豊中市曽根西町4ノ18ノ19、日帰りで東京に出張。
▽(33)=松下電器ゼネラルオーディオ事業部首都圏営業課係長、大宮市上小町318ノ106、大阪に帰省途中。
▽(27)=松下電器九州特機営業所勤務▽妻悦子(25)、福岡市南区向野1ノ15ノ25、大阪府下の実家へ帰省の途中。


そしてこの事故の翌年1986年、パソコン搭載用のトロン(BTRON)プロジェクトが始まっています。ですので123便墜落とトロンの関連性は都市伝説でありましょう。
ただし123便は謎が多い事件(事故ではない)であります。アメリカの関与は示唆されている。

1985年8月12日。自衛隊と米軍の合同演習真っ只中、下田沖の上空で123便は尾翼と左側後方の2箇所にオレンジ色飛行体の攻撃を受けました。機体の一部が破損されたまま、米軍横田基地への着陸を誘導された123便ですが直前に着陸を断られ御簾高山の山中に不時着激突します。その墜落現場は米軍はリアルタイムで把握し、自衛隊がオレンジ色の部品を徹夜で撤収作業と証拠隠滅作業が行われました。
当時NHKのニュース速報で「墜落現場で銃撃戦により自衛隊員が射殺」というニュースが流れのちに誤報として訂正された。生存者を助けようとする自衛隊員と証拠隠滅を優先させる部隊との衝突であったのかもしれません。
そして地元警察と消防に墜落場所が開示され彼ら現場に辿り着いたのは翌朝のことでした。不時着時数多くの生存者がいたとされますが、地元の警察と消防が辿り着いた時、4名を除く全員が亡くなっておりました。

そして日本の第二の敗戦と呼ばれるプラザ合意で、日本の富がアメリカに収奪される手続きを日本政府が承諾したのは、この123便の事件の翌月でした。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

==========
26日のまるぞうさんのブログで引用されていた新聞記事を書かれた方が、11月1日のFront Japan で ”日中スワップは日本企業の為なのか”というテーマではなされています。始まって50分あたりからです。

→ 教えてくださってありがとうございます。ただしこの方は日中スワップが日本企業を助ける点に懐疑的ですね。
しかし中国の外貨準備高は300兆円超えです。この資金でもアメリカに潰される事態の時は、3兆円程度の日本のスワップは焼け石に水です。
でありますからやはりこれは中国に進出している日本企業に「総額で3兆円までは人民元は用立てるけれど、そこから先は自己責任だぞ。あとは言わなくてもわかるな」ということであると思います。

オモテで負けてウラで勝つ。というのはなかなか理解されない政策なのでしょうかね。保守の人でももっと「したたかさの視点」を持った方が増えて欲しいです。硬い木は折れやすい。

==========
すぐに、普段大人しいのに本当は…と噂を流されることとなりました)味方をしてくれる人は皆、窮地に追い込まれるようになったため、味方はいなくなりました。このように主張を含め、すこしあがいてみましたが、何をしても駄目だったので、後は、相手のことは因果に任せようと、試行錯誤しているところでした。

→ 昨日私は「正解ではないかもしれませんが主張するのが良いかもしれません」と申しました。

現時点の状況はどちらを失うかという状況です。「自分を主張して周囲から浮く」か「自分が我慢して自分を殺すか」どちらかを手放さなければならない状況です。であるならば、やはり守るべきは「自分」であります。周囲からどう思われても守るべきは「自分」であります。

可能ならもう少し具体的にどういう体験に合われているのか教えて頂ければ、また別な切り口でコメントができるかもしれません。他の方の知られたくなければ非掲載希望としてでも。

==========
最近、民主党時代は良かったよね…というツイッターが出回っています。
生活が楽だったそうです。本当でしょうか?


→ リーマンショックの原因もありますが、民主党時代は、平均年収が最も下がった時代でありました。ただ日本に住む外国人にとっては住みやすくなった時代であります。







==========
まるぞうさんの会社で、臭いハラスメントの社員がいたらどうしますか?
仕事はちゃんとやるけれども、タバコ煙や加齢臭で他の人に迷惑をかけている人がいたら。
本人も努力していてもどうにもならない場合は、席を離す、とかでしょうか?


→ 実際夏場に体臭がひどい人がおりました。こっそり気をつけるようにいったところ、次の日から彼の体臭が臭うことはありませんでした。もう何年も前の話です。今でも傷つけることを言ったのではと悩みますが、でも臭いがなくなったのは本人にとってもプラスでと思います。

本人が本当に努力しても周囲が我慢ができない臭いというのはちょっと想像がつきません。今はいろいろな手段がありますから。診断を含めて。

==========
経済力がなくなった日本が自給自足?内向き?で平和で暮らしていくには、日本から金を巻き上げる勢力の支配力が、その時には無くなっていることが重要ですよね。
その辺がどうなっているのか…。


→ 日本は豊かな国になっていると思います。ただ現在の貨幣価値の尺度ではそのように表せられないかもしれませんが、世界的にその尺度自体が脱皮せざるを得なくなる。そのように思います。日本がその先駆け。

現代資本主義の通貨制度とはそもそもが、ユダヤの頭の良い人達が考えた幻想の仕組みです。世界中の国はみな中央銀行という民間企業が紙とインクで輪転機を刷ってその国に貸し付けるというアイデア。人々を借金という形で縛り付ける。自分たちを攻撃しないようにゴイムを縛り付ける仕組みなのです。

==========
たまに、介護職員にもバカにしてるなと思う時がありますが、
私は私の清掃した部屋が霊的に私の心に反射してるんだ。だから清掃すればするだけ、きちんと部屋を仕上げれば仕上げるだけ、私の心がきれいになるんだ。と言い聞かせています。


→ 他の人がどう思おうと、私はあなたをご立派だと思います。尊敬いたします。ありがとうございます。

==========
ただそれでも統一朝鮮が「金はいらない、中共に付く!」と決めるのか、もしくは「緩衝地帯でいてやるから金くれ」と嫌いかは、朝鮮の自由なのです。
とにかく朝鮮を統一させ、ちゃんと一国としての自己責任をもった自主決定をさせるべきだと思います。  
・・・
とにかく今は、朝鮮統一が最優先事項だと思います。
朝鮮を本来の姿に戻してあげることです。


→ 日本がもう関わらず朝鮮半島の人たちの好きにやって頂くということは賛成です。因子の観点から朝鮮半島がこれからどのような方向に振れていくかは簡単に算出されますが、もうそんな予測すら意味がないと思います。

今回こそは日本人のお人好しもいい加減卒業できるかと思います。朝鮮半島は本来の姿に戻って頂くこと。日本は外交上の誠意の態度は崩さず、しかし決して隙きを見せないこと。油断しないこと。

2003年、クレジットカード乱発政策が失敗し、いわゆる「カード大乱」が起きていた頃(クレジットカードでお金使いすぎで破産続出)。韓国でそこそこ話題になった「借りた金は返すな」という本があります。土日の更新だからって何の冗談だ?と思われるかもしれませんが、本当にありました。タイトルの強烈さもあって、そこそこ売れたと聞いています。

本の目次を見てみると、「借りたお金は返すもんじゃない」、「このような負債ならなかったものにできる」、「家は守らなければならない(家を担保にしても明け渡す必要はないという内容)」、「会社はつぶれても社長は潰れない」、「自分の財産を守りながらかっこよく倒産する方法」、「連帯保証から逃げる方法」、「クレジットカード借金(キャッシュサービスなど)はお金が足りないと返さなくてもいい」、「銀行から借りたお金は返さなくてもいい」、「投資に使ったお金は返さなくてもいい」などなど、唖然とする内容ばかりで、特に「賭博に使った金は返すな。返すのが罪だ」と強く主張しているのが特徴です。
・・・
韓国人が、知り合いに「お金を貸してくれないと私たちの関係は終わりだ」と攻め寄る場面は、そう珍しいことではありません。
・・・
ここが重要です。「当然」だと考えるわけです。人にもよるし、シチュエーションにもよるし、程にもよります。ただ、そういう側面はかならずあります。

だから、韓国には「9回お金を貸してやっても、10回目で断ると、恨みを買う」という慣用表現もあります。相手が9回も貸してくれた恩は当然のものだからどうでもよく、10回目に貸してくれなかったことは、それこそ「この世にあってはならない不当な仕打ち」だから、そのまま恨みとして残るわけです。

出典:http://sincereleeblog.com/2018/10/13/お金を返すな?/comment-page-2/


==========
潰されたといっても、トロンが消滅したわけではないのですね?
・・・
今ではトロンの話題は別にタブーではないのですかね?


→ 問題なのがパソコンに搭載されるBTRONと呼ばれるタイプです。とにかく彼らは(バックドアを同梱した)アメリカ製OSをパソコンに積ませて世界中に広げるビジョンでしたから。彼らはBTRON以外はどうでも良いのです。

これはSTAPは日本人の発明利権は絶対ダメだけど、iPSはお好きにどうぞ。ということと似ています。

==========
裏の事情は、裏で解決してもらうだけですね。例えばルシファーが、レッドドラゴンを倒すというなら、それでいいです。天界の事には口出ししません。でも火の粉を被る覚悟と用心はしないといけないと思った次第です。

→ イエ〜ス。覚悟と用心ですね。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 31 ) | Trackback ( 0 )

経済の偉い先生のお話を聴いてきた。後編。

防災カレンダー
3日。新月週間。


三重県伊勢市から南西方向


山口市周南市から西方向


高知市方面


福岡県遠賀川


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経済の偉い先生のお話を聴いてきた。後編。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 高名な先生のお話の続き。
 アメリカのトップ企業の頭文字GAFA+Mだそうです。Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft。株式時価総額が442兆円。
そして中国のトップ企業がテンセントとアリババ。この2企業で103兆円。うむ。
 しかし日本の企業トップ5社=トヨタ、ドコモ、ソフトバンク、三菱UFJ、KDD合わせて62兆円。ね。どう見たってもう日本はオワコンです。

 それに比べてアメリカ5社と中国2社を合わせてNew Seven Sistersと余分ですよ。へえ〜。

 高名先生の話を聴きながら私は自分の脳内の空想小説の中に入っていきました。この現実とは別の並行世界のお話。



なぜ日の丸OSは潰されたのか。

 1980年代。日本もマイクロソフトを凌駕する技術がありました。TRONと言います。まだWindowsがひよこの時代でありました。この国産のOSを国産のパソコンに載せる。その計画が途中で頓挫しました。アメリカからの横槍が入ったからです。スーパー301条。

 奥の院のプランではコンピューターのOSこそが次の世界戦略で最も重要でした。金融と資源を抑えた彼ら。情報を抑えるためには彼らがコントロールできるOSを搭載させたコンピューターを世界中にばらまくことが必要でした。

 ここで日本が生み出したOSが大きなリスクとなります。彼らのOSはマイクロソフトより性能がよく、しかも無償配布です。丁度それは日本という太った羊をそろそろ祭壇に。という時期でありました。彼らはアメリカ政府を使ってスーパー301条という伝家の宝刀をちらつかせ、いくつかの日本の基幹技術をお蔵入りさせました。この日の丸OSもその一つでありました。

 奥の院は日本のメーカーが自分たちのアメリカOS(Windows)を載せることは許可しました。肝心の技術は絶対に渡さない。その代わり周辺で商売するのはどうぞ。TRONが潰された経緯は、STAP技術が潰された経緯と似ています。



Windowsより更に効率的に情報を収集する仕組み。

 さて奥の院直轄「情報統治部門」。彼らはWindowsの次にGoogleというサービスで世界の情報を収集する段階に突入しました。パソコンを持たない層の情報も全て包括する。スマホの普及。そして無料の便利なインターネットサービス。何十億という人たちは自分たちの行動情報と引き換えにその無料サービスを享受します。

 もし日本の民間企業がGoogleと同様のサービス、検索エンジン。無制限のメール。予定表。位置情報。渋滞情報。乗り換え案内。メッセージ。無制限の写真保存。これらを提供するならば一ヶ月何千円もすることでしょう。しかしなぜGoogle社は無償で提供できるのでしょうか。
ただほど高いものはない。

 Google社はマイクロソフトに比べて桁違いに世界中の人々の情報をリアルタイムに収集できています。ビッグデータ。これにより今世界に何が起きているか。その地域がどのように動いていくか。手に取るようにわかります。
 今まで諜報機関を使って危険を伴って得ていた情報が、もう座っていても向こうから飛び込んでくる状態になっています。



ユダヤと中華の決定的な違い。

 中国のIT企業は基本はこのアメリカITの真似であります。奥の院は世界の動向をリアルタイムに探るために膨大なインフラを構築しました。しかし中国は国民一人ひとりのプライバシーを縛るために発達させています。

 同じ技術でも、中華とユダヤの目的の発想の違いが面白いです。中華は人を縛るために。ユダヤは自分たちの身を守るために。

 そして中華はITの仕組みだけでなく、ユダヤの根幹の戦略も真似をして乗っ取ろうとしました。それが基軸通貨です。基軸通貨の位置を獲得すれば、紙と印刷だけで、今はもうコンピューターの数字だけで無から巨万の富を生み出すことができます。中華はそれを人民元でパクろうとしました。AIIBと一帯一路構想という名のもとに。
 米中経済戦争の背景はそのようなアメリカの奥にいる支配層の思惑から来ているのであります。


 そんな空想小説を思いながら高名先生の講義を聴いておりました。この先生は目に見える表面的な数字の流れしか見ていない。頭でっかちの根無し草。


 このシリーズ。本来は今日で終わりですが、明日エピローグを添えたいと思います。それは最後にとても興味深いお話でありました。



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
さて、フランス?発祥のワンポッドパスタはパスタの鉄人、まるぞうさん的にはどう思われますか?
ワンポッドパスタとはフライパンひとつでパスタを茹で、そこに味付けをしていくパスタの新ムーブメントです。


→ パスタ麺道。それは口に入れて噛む時に表面がつるつるとなり口の中で逃げるのです。それでも口をゆっくり閉じていくともうパスタは逃げ道がなくなります。さらに口を閉じ続けるともう逃げ場のないパスタはプチプチと音をたてて歯で噛み切られ、その時麺が吸い込んだスープが口の中に広がります。ほんの1〜2秒の間に、ツルっプチプチ。と

もうね。パスタとはね。この歯ごたえの芸術なのであります。私もこのツルプチを目指して毎回作りますが。なかなか故郷の味にはならないです。

ワンポッドパスタはそういう意味で別の食べ物ですね。そしてパスタを半分に折るところも(T_T)です。パスタに関しては保守的です。すみません。

==========
もし可能でしたら、タイトルやアップする日時が表示される記事のトップからも、コメント欄へつながるようにしていただけると、ありがたいです。

→ gooの提供するデザインパターンからの選択なので、残念ながら対応は難しいです。すみません。

==========
あべこべ装置についてですが、
防災に備えて事前に準備すると災害がやってきません。
婚活パーティの出会いに備えて肌や髪の手入れをして参加しますが良い出会いはありません。
この二点は同じ因子が働いているのでしょうか。


→ 欲しい欲しいと願うものは遠ざかり。嫌だ嫌だと避けるものは近寄ってくる。

防災の準備をするということの本質は、もう災難が来てもよいと覚悟することです。一番自分の人生で起きたら困る。ということに対して実際にそうなっても良いと覚悟すること。であります。

欲しい欲しいと願う間は叶わない。それは忘れた頃に叶う。あるいはもう叶わなくても大丈夫だよ。という時に叶う。

そんな人生なんて救いがないじゃないですか〜。って。そんなことはないですよ。視線が一本しかないからもう物事が「願うー叶わない」の1次元なのであります。
人は与えた分は必ず自分に還ります。しかしそれは1次元の世界ではないです。多次元。いろいろ絡まって。損得勘定なしに。与え続けることは必ず利息がついて、忘れた頃に戻ってきます。定期貯金みたいですね。毎日通帳みても全然金額増えない。って嘆いてもしょうがない。知らないうちに貯まるものです。

==========
それなのにお金が大事じゃないというのは無理があるのでは?夢を追うにもお金で生活を支えないと、ですから。

→ お金が大事じゃないと言った人がいるのでしょうか。私の備忘メモ記事でもどなたかのコメントでも。ひょっとして論点をすりかえていませんか。

私が目標とする質素倹約とはお金を大切にして生活するということです。理不尽な社会の中で真面目な労働の対価で得られるお給金が一番尊いです。魂の成長という視点で。ただしこれは根拠のない私の仮説ですのであなたが正しいかもしれません。

==========
マイナス因子の消化になるなら、周囲を恨むなんて勿体ない。自分を観察して、仕方ないと、まるっと受け止めよう。そう思いながら、職場にいく日々ですが、連日、起こる物事に、湧き上がってくる感情はどうしようもなく強い怒りでした。

→ 相手が悪い場合はきちんと相手に主張することが大切なのです。
人には二つのタイプがあります。

・自分を責める傾向のある人。
・他人を責める傾向のある人。

自分を責める相手の人は、自分の意見を相手に主張することが苦手です。自分さえ黙っていればいい。自分さえ我慢すればいい。そのように思う傾向があります。しかしそれは自分自身を抑えつけていることです。

もし自分が主張をするならば、変な人間と思われるかもしれない。
もし自分が主張するなら、相手から10倍に言い返されるかもしれない。
自分さえ黙っていれば、自分さえ我慢すればすべて丸く収まる。

しかしきっとそれは間違いなのです。

周囲から変な人間と思われるかもしれない。相手から10倍に言い返されるかもしれない。お局様に目をつけられて職場に居づらくなるかもしれません。でも「自分を主張すること」を挑戦する時期だよん。というしるしかもしれません。

「自分を主張すること」が正解ではないかもしれません。しかし人は「我慢すること」と「主張すること」の振り子の間で生きていくのです。この振り子一往復ごとに自分の魂の年輪が一つずつ太くなっていくのです。

私なら一番いいにくい相手に直接自分の言葉で「主張」する。を挑戦してみます。それは正解ではないかもしれないけれど。自分の心が悲鳴あげてるんだから守ってあげたい。と思います。

==========
夫は彼女の就業態度に不満があり減給など厳しくしたほうが良いと長年言っていますが私は彼女が辞めてもらったら困るので今までは彼女をかばっていたのですがかばう気持ちもなくなりました。
彼女が辞めてもいいと腹をくくって夫の言うとおりに任せ私の介入はしないほうが良いでしょうか?


→ 私の会社の場合です。社員が私に静かに反抗的な態度を取る時。それはまず私に問題があるのでした。直接文句を言えないのでそのように消極的な方法で抗議していたのでした。ですからその場合は、私は自分に見えない至らなさがそこにあるはず。という視点で自分自身を観るべきでありました。

その上で大切な社員である。という誠意の態度は貫くべきでありました。感情的にはいろいろ思うことがあっても、上司として経営者としては誠意ある態度を社員に対して貫くべきでした。

もし社員が自分から辞めるという意思表示があれば別ですが、そうでない場合は、少なくとも自分は客観的に社員に対して誠実であり続けるかどうかです。もちろん仕事で手を抜くことに対しては厳しく注意しますが、それとこれは別であります。大切な社員です。

社員はまた社員で厳しい人生を過ごしております。誰にも理解されない不満。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 21 ) | Trackback ( 0 )

経済の偉い先生のお話を聴いてきた。中編。

防災カレンダー
2日。戊戌・甲子・戊戌の日。新月週間。太陽電子束が乱れています。地震注視日。


群馬県前橋市から南東方向


埼玉県鶴ヶ島市から東南方向


東京都新宿区から西方向


東京都渋谷区


愛知県東海市から西方向


愛知県安城市から東方向


高知市から南方向


鹿児島県鹿屋市


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経済の偉い先生のお話を聴いてきた。中編。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本はとっくにオワコンだ。

 この高名な先生のお話で勉強になったのは、中国から観て日本がどうみえているか。その視点を知ることができたことでありました。

 中国のノストラダムスと言われる予言書「推背図」。この第45象には日本が海に沈むと読める表現があります。高名先生のお話に流れている視点は一貫して「日本はもうとっくに沈んだんだ」というものでありました。ううむ。興味深い。

 かつてアメリカと並んで世界の経済の中心であった日本。Japan as No.1は過去の話。今は経済成長率でも企業価値でも貿易港の取扱高でも、先生の示す資料はもう日本が「オワコン(終わったコンテンツの略)」を証明するものばかりでありました。

==========
世界の港湾別コンテナ取扱個数ランキング(2017年)

1位 上海
2位 シンガポール
3位 深セン
4位 寧波
5位 香港
6位 釜山
7位 広州
8位 青島
9位 ロスアンゼルス
10位 ドバイ
・・・
53位 横浜
54位 神戸

http://www.mlit.go.jp/common/000228237.pdf
==========


 世界の経済の中心はいぜんとしてアメリカでありますが、中国がものすごい勢いで猛追している。先生の資料は示しておりました。ああ、この視点で言えば、日本は白洋に沈んだ国だ。あの推背図は当たっていた。そのように感じるのでした。ふうむ。



終戦日本の幸運ボーナス。

 私の空想史であります。日本は先の大戦で大きな被害を受けました。しかし日本人の大半はその災厄を真正面から受け止めたのでした。誰かのせいにすることなく自分たちが受けた災厄として受け止めたのでした。これは自然災害の歴史が育んだ日本人文化の徳であると思います。これにより、日本人は理不尽に受けた災厄に相応した分の幸運を受け取ることになりました。陰と陽。
 特に戦争で亡くなった方とほぼ同じ人数の約300万人の日本人が、終戦直後の3年間に集中して生まれて来ました。団塊の世代と言われる人たちです。
 この団塊の世代を中心に、日本は高度成長という2600年の歴史にない、物質的に豊かで平和な時代を体験することが出来ました。戦争の4年間で失った「物質的な豊かさと平和」これをボーナスとして受け取ったかのごとく。

 そしてそのボーナスの時期は終了しつつあります。団塊の世代の引退とともに。日本の人口構成がピラミッド型から逆ピラミッド型に移る現象から、私達は天が日本に贈ってくれたボーナスが終了しつつあることを知ります。

 その現象は周囲の国から観ると、今まで栄華を誇っていた金の鶏が白い大洋に沈んでいくように観えることでありましょう。



世界に先駆けて新しい時代に。

 かつてバブル時代。日本企業の価値が世界のトップ名を連ねていました。これはもちろん日本の幸運ボーナスによるものでありますが、同時にユダヤ国際資本の戦略でもありました。
 生贄の羊は丸々と太らせてから祭壇にあげよ。

 日本はバブル崩壊とそのあとの失われた20年という時代。この現象から自分たちが刈り取られたことを知ります。日本人は「理不尽な戦争の代償としてのボーナス」の時期も終了し、また国際ユダヤ資本による富の刈り取りも終わり、「物質的な豊かさ」を享受する時代が終焉を迎えたのでありました。

 世界にはまだ「物質的な豊かさこそ正義」という国が多くあります。そして我が国日本でもまだ「物質的な豊かさこそ正義。もう一度あのバブルの夢を。」そう願っている人達がおります。そういう人の視点では日本はもう沈んだ国であります。
 しかし陰陽仮説の視点では真逆。「物質の豊かさこそ正義」は結局本当の幸せではなかったのです。2600年でもっとも物質豊かに平和に人生を過ごせた団塊の世代と呼ばれる人たち。多くの彼らは逆に「日本を貶める」視点に共鳴してしまっています。運命の皮肉。

 私達が物質的豊かさという時代を終わらせて、やはり本当の心の時代に移行していくんだ。そう大きな振り子という時代がその潮流に向かって動いております。
 特に日本人の若い世代から、空気としてそれを感じております。

 日本の経済成長率が低迷している。少子高齢化で日本は終わる。表面でそのように見えることこそ、日本が世界に先駆けて「人類の心の時代」に戻ろうとしている。そのように思えてなりません。



旧い価値観に囚われたままの人たち。

 講演会では高名先生が日本の暗い未来を語ります。中国・大中華圏にしがみつくしか私達の先行きはない。
 日本の経営者でも「心の時代」の空気を感じ始めている人は増えているように思います。しかしこのような経団連関連のセミナーに来て儲け話のヒントを聴きたいという(失礼)方は、まだ旧態然とした「物質の豊かさ。夢をもう一度」の方でありましょう。高名先生のアドバイスどおり私達は中国の市場にしがみついて、そしてアジアから安い労働力を国内に輸入してで利ざやを抜くしかない。消費税を上げてでも法人税を下げてほしい。そういう方たちでありましょう。

 しかし私は高名先生が日本の未来を暗く語れば語るほど、この人が暗く語るということは余程日本の未来は明るいんだな。と感じます。すみません。陰陽仮説とはアマノジャクの視点ということでありますから。

 金鳥隠匿白洋中(金鳥隠匿す白洋の中)

 白い大洋とは輝ける海のことであります。物質豊かさ正義の視点では金の鶏は隠れたように見えることでありましょう。しかし金鶏の視点では?
 輝ける白い大洋の中。新しい心の時代。心の豊かさの時代という大洋の中に移行していくということであります。

 大洋に沈む。大洋=太陽(たいよう)。海(あま)=天(あま)そして女(あま)。太陽に溶け込む日本。結構けっこうコケコッコー(金鶏)。



生まれ変わる人たち。

 ただしそのためには日本人には厳しい洗礼が二つあります。
 一つはGHQがこの国を巨大な実験場として「日本人の心から国を亡くす」と施した洗脳を自力で解くことであります。
 そしてもう一つが表面自我のあべこべ装置。「物質的に豊かであることが幸せである」「物質的に豊かな人が羨ましい」という呪縛をやはり自力で解くことであります。

 人生万事塞翁が馬。今厳しい生活を送っている方々から、白洋の洗礼を受けている。


つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
ウガヤフキアエズで検索しましたが、よくわかりませんでした。。。
・・・
まるぞうさん、スッキリするように、教えてください。


→ 私も良くわからないのです。ウガヤフキアエズとは初代が始まる直前の謎の期間。

==========
徴用工の件、日本の外務省は戦略的無視?!
ただの仕事放棄だと思います。
国際司法裁判所へ提訴、なぜできない?
日本より韓国の意思を尊重するのか。
馬鹿らしい。


→ 虎ノ門ニュースの高橋洋一氏のコメントが正しいと思います。まずは協定に基づ外交的交渉を。その次仲裁裁判所を。すぐに断交と騒ぐことのはせっかく相手が自分で堕ちてくれているのに、日本も同じ土俵となる。

【DHC】10/31(水) 上念司×高橋洋一×居島一平【虎ノ門ニュース】


==========
ある人いわく「朝鮮人は優秀です。頭もいいです。だからこのようなところに出世しているのです」と言います。

→ よりハングリーであるからと思います。
出自がどこであれ、日本を敬愛し日本を護る気持ちを持つ人は立派な日本人であります。しかし多くの現代日本人の「無防備でお人好しでいれば相手は盗っていかない」というお花畑思考では国を護ることができない。これは次世代日本人となるために克服するべき宿題であると思います。
GHQ(奥の院)のWar Guilt Information Program実験で、日本を護る気概を抜かれた日本人がマジョリティになっていることが一番の原因です。隙きをみせればハングリーが突いてくるのは当然であります。騙される方が悪い。国を盗まれる方が悪い。これが世界の厳しい現実であります。まずは一人でも多くの日本人が今自分たちの国は盗られていることを知るべきと思います。

==========
円と念のお話、ものすごく腑に落ちました!
ぜひぜひ本記事で再度、取り上げてください。


→ ありがとうございます。
円と念。
オモテでプラスに見えることはウラではマイナスの因子を持つ。
オモテでマイナスに見えることはウラではプラスの因子を持つ。
という陰陽仮説の代表例であります。

「楽して大金を得ることが羨ましいこと」というあべこべ装置の呪縛から、その人が自由になれているかどうかがわかるリトマス試験紙であります。

==========
ホントに韓国系多すぎて嫌気が差してます。
まず企業です。ネット含めよーく調べると創○学会系などは多過ぎて嫌になります!


→ 重要なことは心の中立であります。警戒して隙きを見せないことと、どんな相手にも誠意をもって対応すること。そのバランスを崩さないこと。その意味で安倍政権は非常に参考になります。

なぜ中立が大切かというと、特定の民族を嫌悪しすぎると、次に自分がその民族に転生する因子を創ってしまうので要注意であります。もっともそもそも生まれ変わりなんてないかもしれません。所詮は私の仮説と空想のお話であります。すみません。

==========

お知らせ
伊勢志摩のスーパー「ぎゅうとら」さんは、今年も通販で伊勢注連縄の販売を12月10日から開始してくださるそうです。我々のような遠方の者でも地元お値段で注連縄を購入できるのはありがたいですんね。しかし数量に限りがあるのでご注意を。

ぎゅーとら伊勢の国うまいもんねっと
https://www.ise-umaimon.net

しかし「ぎゅうとら」とは牛虎。伊勢のうしとらとは!

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 23 ) | Trackback ( 0 )

経済の偉い先生のお話を聴いてきた。前編。

防災カレンダー
1日。月の最近日3時間後午前8時23分。戊戌・甲子・丁酉。下弦。新月週間。
太陽電子束が乱れています。地震注視日。



東京都北区から西南方向


東京都新宿区から北側


愛知県東海市から東方向


愛知県一宮市から北方向

v
兵庫県加古川市から西南方向


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経済の偉い先生のお話を聴いてきた。前編。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 先日ある先輩経営者の方と久々にお会いすることになりました。実はその方が出席することになっていたフォーラムなのですが、急遽出られなくなってしまった。本当は興味にある内容なのでただ欠席するのは勿体ない。代わりに出てくれないか。ということでありました。

 その講師は経団連関連の顧問も勤めており高名な知識人でありました。毎年経団連の大企業の経営幹部を缶詰にして徹底的に教育するという活動で知られているそうです。その先輩も経団連関連でありましたので席がとれましたが、本来はすぐに満席で私などが出席するのはなかなか難しいよ。と言います。せっかくならということで先輩の代わりに出席させて頂くこととなりました。
 会場は都心から少し離れた大学のホール。周囲の参加者を見ると私より年齢が上の方たちで満席でした。それぞれ立派な企業の経営者さんたちなのであろうと思います。

 まず司会の方の言葉。うむ。世界は今非常に景気が良い。しかしトランプ政権が米中経済戦争を仕掛けたために、先行きが見えなくなっている。今日は立派な先生に日本の先行き世界経済の先行きを語って頂きます。という言葉。あれ?
 ふうむ。経団連の方々からすると、トランプ政権は困ったものだ。たまたまトランプがあちこちに喧嘩を売っている。その余波で好調な世界景気に水を挿そうとしている。全く困ったものだ。そういう見方のようでありました。

 ふうむ。この米中経済戦争は、もう最初からゴールの画が奥の院によって描かれて今はチェスの詰めのように一手一手駒が進められている。決してトランプ大統領個人の思いつきなんかじゃない。
 まあこれも私の空想小説なのでありますが、日本の大きな企業の経営者たちは逆にそのようにとらえているのか。非常に勉強になります。うむうむ。



沈む船。

 さてその高名な先生のお話。まず徹底的に日本の経済がもう沈んでいるか。さまざまな統計データをもとに説明されます。ここに出席している経営者の大半は、現場で第一線だったころは日本はバブル景気真っ盛りでありました。世界に冠たる日本経済だったのですが、もう見る影もない。その先生は繰り返し述べます。日本の経営者の中には「それでも日本は優れている」と思っている人がいるかもしれない。がそれは幻想だ。
 中国のGDPは今年で日本の3倍になるのは確実。10年後には間違いなく5倍になるだろう。しかし日本の企業の価値は下がる一方で歯止めがかからない。

 それに比べて中国は経済の成長は止まることはないだろう。アメリカが貿易を止めるといっても、それでも6%代の成長をする。私が言ってるんじゃない。IMFが言ってるんだ。世界中の経済の頭の良い人達のトップが世界中のデータを集めて日々分析してる。そのIMFが中国の経済成長は止まらないと言っている。それに比べて日本の経済成長はもうマイナスなんです。沈む船。



 中国といっても中華人民共和国のことだけじゃない。華僑の経済圏、香港や台湾やシンガポールなどを含めて大中華圏。この大中華圏が世界の経済を牽引するんです。そして見てください。日本の貿易相手国を。大中華圏で30%なんですよ。アメリカ15%の倍です。日本の経済は中国がなくてはダメなんです。


嘆かわしい日本。

 それでもまだ日本は中国に経済で負けてない。そういう経営者たちがいる。本当に情けない。
 私が最近つくづく感じるのはこの日本人の内向きの姿勢です。私はいつも外国から帰るたびに、日本を見てああ本当にそう感じます。日本人は本当に自分たちのことしか見ていない。
 最近のテレビを観てもそうじゃないですか。「日本人のここがすごい」「世界の人がうらやむ日本」「世界中に活躍する日本人」そんな番組だらけじゃないですか。そうやって世間が右翼化している。ねえみなさん。

 ここが聴衆が笑うところらしい。やはり私は他の方々と感覚が違うようです。ふうむ。勉強になるなあ。



オモテで負けてウラで勝つ策士。

 このように経済界のご重鎮たちは「日本は沈む船。中国にしがみつかないと本当に溺れちゃう。アメリカはトランプの世迷い言。」本気でそのように思っているんじゃないかしらん。
 安倍首相がこの時期訪中し、日中経済友好を約束した。これでほっとした経営者たちも多いことでしょう。消費税を上げる代わりに法人税を下げてもらえる。そして今回日本も中国経済圏の仲間入りをさせてもらえる。良かった良かった。それなら安倍政権をもう少しの間認めてもいいかな。憲法改正も自衛隊を認めるぐらいならまあいいか。
 安倍首相といえども四面楚歌となれば一気に失脚してしまいます。失脚したらもう日本を守ることは出来ない。あの悔しさは第一次安倍政権が倒れた時でもう充分。自分の本分(使命)を遂げるためには、オモテは負けた振りをする。そのしたたかさは私は嫌いではありません。



 さてはて、閑話休題。私は先生のお話を聞いて、中国の預言書「推背図」を思い出しました。先生から観える今の日本は、中華指導者たちが観ている今の日本と同じ景色でありました。いや。勉強になるなあ。

 金鳥隠匿白洋中(金鳥隠匿す白洋の中)

つづく



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
政治系のサイト、まだ攻撃受けてるんですね。何故か朝の8〜9時台は繋がります。悪さしてる人達は、出勤が10時なのかな?

→ 世の中にはDDos攻撃を防いでくれるサービスもあります。有料ですが私であれば導入を検討すると思います。
「攻撃遮断くん DDoSセキュリティタイプ」
https://www.shadan-kun.com/service/

・ヘイトサイト扱いとして広告スポンサーを抜けさせる →有志からのカンパ運営に移行する(Wikipediaの運営方式などを参考)。
・DDos攻撃でサイトをつながらせなくする →有料のDDos対策を施す。

これはもう戦争なのです。敵がミサイルを打ってきた。と嘆くだけでなく、相手の攻撃については、一つひとつ地道に潰していくことが重要であると思います。

==========
生活保護の世界は、これからどうなっていくのかなと思います。。またいつか生活保護について、まるぞうさんに書いてほしいな?なんて、思いました。

→ 札幌で凍死された姉妹の例などは本当にお気の毒です。ただ働ける身体があるのに生活保護をもらっている方。そして健康な身体と時間をもてあましてパチンコで生きている時間を浪費されている方。こちらも別の意味でお気の毒であります。

国民が真面目に働いて納税しているお金を不正に受け取るごとに自分の良心を削っているわけですから。

もちろん生き抜くことが一番大切です。自分が生き抜くために生活保護という手段を活用するのは当然のことです。ただしその先は、自分の心だけの厳しい「試験」があります。人の心の本当の奥底には「他人の役に立ちたい」および「自分の今生の魂の課題を挑戦したい」という欲求があるからです。

==========
お金を貰う、因縁の縛りを受けるの一文、興味深く拝見しました。
そうした傾向があるのかなと思うと、陰陽不思議だ〜?
出来たら、どうしてそうなるのか?もう少し詳しく知りたいです。
例えば金額がアップしたら、比例して
因縁の縛りもアップするみたいな?傾向もあるのでしょうか(´・ω・`)?(単純には言えないかもしれませんが)


→ お金を受け取るということは、支払う人の念も受け取るということであります。1億円受け取るということは1億念受け取るということであります。¥円(Yen)=念(Nen)。

私達が労働の対価で頂くお給料は、働いてくれてありがとう。という感謝の気持ちの念(想い)であります。額面は薄給の場合であっても、それは私達の人生の滋養となります。

しかし誰かの人生を犠牲にして生み出されたお金を受け取る時は、それを搾り取られた人の念も一緒に受け取るということであります。

でありますから、一般の人は楽して大金を得ることを羨ましい憧れと思いますが、円と一緒に念も自分が受け取ると思うと、それは本当に怖いことであることに気づくことでしょう。

不労で得たお金を浪費して財産を潰すパターンも世の中にはありますが、実はこれは身を守る本能の結果であったと思います。自分の人生にまとわりつくその「念」をはやく手放したい。本人が本能的にそういう行動をとるのではないか。そのように思います。

お金を得る時は、お金を支払う人の念も一緒に受け取る。良い想いも悔しい想いも。悔しいお金であれば、お金を受け取ると同時にその対価を自分の人生で失うということになります。

逆に人に感謝されて頂くお金は、社会から与えられるプラスの因子の一部がお金という形に換金されてこの社会で生きていけるように図られるわけです。プラスの因子はお金以外にも、健康や運や人の縁などという形に変化して私達や家族の人生を守ります。

だから労働して薄給の人は、その社会からの感謝の気持ちが別の形(健康や運や人の縁など)になって人生に与えられているということであります。逆に労働の対価以上のお金を得た場合は、それ相応のなにかを将来自分の人生から支払わなければならないと覚悟する必要があります。

==========
安倍首相の発言に、保守の方でも心配されている方が多いですね。
まあ、政治の世界はある意味、いろんな案件の線引きになるので、利害関係が必ず発生しますから、調整が難しいですね。
片方を立てると、片方が、、、、なんて感じです。


→ オモテでは負けた振りをして、ウラではちゃっかり進めている。というのが安倍首相策士のパターンであるように思います。

しかし「オモテで負けた。アベは国民を裏切った」という声が高まれば、安倍首相はこの作戦がとりづらくなります。その結果「オモテで負けられないので、ウラでも進められない」という形にならざるを得ません。まさに陰と陽。

でありますから、私の空想小説で想像できる範囲は「オモテで負けた」ように見えるだけではないか。と書き残して置きたいと思います。ただ本当に負ける場合もあるので、本当に綱渡り。奇跡の運営と思います。

==========
まるぞうさんの仰る通りこの世は陰と陽です。善と悪・・。創造・維持・破壊のサイクルは絶対なのですから、天皇制もいつかは終わりを迎えるのです。社会の転換期には思いも掛けない刺激が必要なのですよ。

→ 2600年のご皇室の歴史もまた「創造・成長・破壊」の三拍子のリズムであります。大小さまざまな周期が混在していました。
そして来年の5月から悠仁親王殿下が即位されるまでの期間。ウガヤフキアエズの時代。以下空想小説です。このウガヤフキアエズの時代。どれだけ小難に抑えるか。今上天皇が譲位という選択をとられた理由でもあります。そして安倍首相もそのことはご存知。

そしてこの方の破滅願望。「皇を取って民とし民を皇となさん」という呪詛が国民の「嫉妬と不満」を栄養として蘇る。今がそういう時代であるということの警告であります。

==========
まるぞうさんはこの方ご存知でしたか?
http://interestingnovels.blog.fc2.com/blog-entry-189.html?sp


→ 東海南海の大津波の記憶。これは決して忘れてはいけないことであると思います。忘れたころにやってくるものでありますから。教えて頂きましてありがとうございます。

『私の母方の家系は、静岡県の牟岐(海部郡牟岐町むぎちょう)というところから出ている。
そこは日本有数の津波常襲地である。
大津波が何度もきて、そのたびに村人は屍体の山を築き、津波から逃げきれた者だけが子孫を残してきた土地である。
私のDNAも、猛烈な大津波をかいくぐって、生きのびたものである』

※陰陽抜粋の中で記された静岡県は徳島県の誤記のようです。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 28 ) | Trackback ( 0 )

べランダ太陽光発電試してみた。後編。

防災カレンダー

太陽電子束が乱れています。地震注視日。

31日東京都から西方向


30日愛知県東海市から東方向


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
べランダ太陽光発電試してみた。後編。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ソーラーパネルを設置してみてわかったことは、やはり太陽の方向に傾ける方が効率が良いということでした。特に非常時です。その日に使う電力はその日の昼間に充電する。が鉄則ですが、いつも快晴とは限りません。ですから快晴の時は少しでも多くの電力を貯められるように、太陽に直角方向に設置することが望ましいわけです。

出典:http://www.ne.jp/asahi/suehiro/morgen/eco-myhome/kousatsu/kousatsu01.htm

 太陽の角度は時間ごと季節ごと変わりますが、平均をとってその地域の春分秋分の日の真南の角度を基本とし、その角度に直交するように太陽パネルを設置します。そのデータは下記です。

北海道 札幌 34.8度
宮城県 仙台 34.5度
東京都 八王子 33.0度
愛知県 名古屋 32.5度
大阪府 大阪 29.2度
愛媛県 松山 28.5度
鹿児島県 鹿児島 27.7度
沖縄県 那覇 17.6度
出典:https://www.solar-partners.jp/pv-eco-informations-32764.html

 日本列島の多くはだいたい30度の傾き前後に設置するのが良いようです。



 さてソーラーパネルの設置台を自作してみましょう。制作要件は次の通りです。

・身近にある材料で簡単に作れること。
・設置に手間がかからないこと。
・保管に場所をとらないこと。
・強風にも耐えられること。

【ソーラーパネル設置台作り方】

材料:ダンボール1個、ビニール紐
工具:カッター、定規、ドライバー、鉛筆



1,ダンボールを斜めに切る


パンダちゃんゴメンナサイといってダンボールを約30度の傾きで二つに切ります。

手元に分度器がないけれどどうしたらいい?という方は、手元にチラシがあるでしょ。その角を三つ折りしてください。角は90度だから。そうするとそれが30度です。

出典:https://blog.goo.ne.jp/nijiirokyouiku3/e/88eaf2c377d17ca7dbf93a41ce2138c8


簡単な設計図です。ダンボールの対角上下にそれぞれ定規で1センチずつ目盛りをふります。そしてその角度がだいたい30度ぐらいのところで寸法Aを決めます。

このAは、ベランダの物干し台と手すりの高さを越えてはいけません。設置台の方が手すりより高くなるとソーラーパネルがベランダの向こう側に落ちてしまいますから。

寸法に合わない場合は、いくつかのダンボールを試してみてくださいね。我が家はサカイ引っ越しのダンボールが丁度ぴったりでした。



2,ダンボールを物干し台に設置する。

ダンボールを前方の物干し竿に紐で縛ります。紐の位置を鉛筆でしるしを付けて、小さいドライバーで穴を開け、大きいドライバーで拡張します。そうして開けた穴にビニール紐を通します。




3,ソーラーパネルを固定する。
そうしたらソーラーパネルを設置台に載せて、ビニール紐でくくります。



写真で私が使用した紐は細いようです。みなさんはもっと太めのビニール紐をお使いください。

このダンボール設置台は普段は畳んで押入れに仕舞うことができます。かさばらないのが重要ですね。



測定してみる。

 さてこの状態で発電流を測定してみましょう。
 曇りの状態0.6Aです。しかし太陽が顔を出すと一気に3Aまであがります。


 扇風機「微風モード」4時間付けっぱなしにしたバッテリーでありますが、快晴のこの日は4時間程度で満充電になりました。
 やはりメーカーホームページにあるように快晴なら4時間ほどで12V20AHを満充電にできるでしょう。ただし曇り空であるならば、2〜3日はかかると想定した方が良いでしょう。

 非常時は翌日の天気予報を見ながら、その日はバッテリーの電気を節約しながら使う必要があります。



 一人ひとりが災害を想定して実際にお金と手間暇をかけることで、その災害は発生しなくなる。というのが私の陰陽仮説であります。が何より電気工作小僧でありました私は非常に楽しめました。
 今度は真冬の厳寒の時期に再度ソーラーパネル発電の実力を測定してみたいと思います。

 お読み頂きましてありがとうございました。


ベランダ太陽光発電試してみた。前編。

ベランダ太陽光発電試してみた。中編

ベランダ太陽光発電試してみた。後編



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
停電時には最低冷蔵庫、洗濯機、風呂だけでも稼働できるようにと考えています。それでも初期投資は結構かかりますが、災害時への対策と考えればと思っています。

→ 重装備ですね。想定し備えることは大切ですね。

==========
南側にベランダやテラスがないので(窓は幾つかありますが)屋根に着けないとダメかな〜とか考えていたりします。

→ 一戸建てなら玄関先や駐車場など日が当たる場所などはいかがでしょう。非常用なので設置しやすい場所が良いと思います。

ところで、韓国最高裁判所が、いわゆる徴用工裁判で原告勝訴の判決を出しました。国家間の条約を覆したこの判決に驚きましたが、これも陰陽の視点から今後の政府の対応を見ていきたいと思います。
韓流ファンの友達に、また説明を求められそうなので(渡航の安全を考える上で)、良かったら、まるぞうさんの視点を教えてください。説明してからあとは、自己責任でと突き放したいと思います(笑)


→ 日本の視点からは「ラッキー」です。どうやって韓国と距離を置くべきか。と頭を悩ましていたところ、あちらからプンプンと怒り出しているわけですから。あの親韓経団連でさえ「これから韓国への投資がきびしくなるかも」と発言しているので。

しかし韓国の視点からは「アンラッキー」です。安全保障と経済の観点からは日本に抱きつくしか道はないはずなのですが、自分で喧嘩売ってます。自業自得でお気の毒です。

韓国への渡航に関してはまだ普通に注意するレベルだと思います。これから韓国社会が二つに分かれて治安が厳しくなり始めたら真面目に自粛するべきと思います。

==========
中共は電源経由でのスパイウィルス開発済みとも聞きます
大丈夫でしょうか?


→ ITに詳しい方なら詳しいに解説もしても良いのですが、一言でいうと「大丈夫です」。

==========
◯族の御方が御結婚なさると1億円も貰えるのですね。庶民感覚からは信じられないです。貰いすぎではないでしょうか?国民は大変な思いをして生活していて、中には飢え死にする人もいるというのに・・。私達が必死に働いて納めた血税なのですから節約してもらいたいと思います。
この様な世の中で良いのでしょうか?疑問です。

→ 日本の国家予算300兆円のうち皇族予算は98億円です。そこからの1億円ですね。年収300万円の収入とたとえるならいくらでしょう。世界に例のない日本人のアイデンティティである皇族を維持するのに年間98円です。今回のご結婚のご祝儀が1円です。私はとても日本国民が目くじらをたてる高額な費用とは思えません。

陰陽の視点ではお金をもらうということは、それに相応する因縁の縛りを受けるということです。元皇族として常に観られる。民間に移られるとしても「日本」を背負って生きる人生としての1億円。私達庶民の生活の1億点とは全く質が異なると思います。

年間1000人近くの方が餓死されるのは、彼らを支援するお金が国家にないからではありません。なぜ生活保護が必要な人に行き渡らないのか。暴力団や議員など声の大きい人と繋がりがある人に優先される傾向があるのではないでしょうか。まだ働ける身体がある人たちの不正受給。だから不器用で真面目な人が生活保護申請窓口から押し返される。根が深い。問題です。私達が2600年の大和朝廷(太陽神の末裔。日本人の原点)という制度を捨てれば1000人の餓死者が救われる。そんな話ではないのです。

話は変わりますが、社会で起きる紛争とは人々の「不満心・嫉妬心」の蓄積によります。共産主義というウイルスがはびこるにはそういう社会の人々の「不満心・嫉妬心」という土壌があるからなのです。今回私のようなこんなブログのコメント欄にもこういうご意見が投稿されるというのは、何らかのメッセージ・警鐘でありますね。要注意と思います。

==========
流そうとするも、あまりに見当違いなことを言われるし、気分悪いしで、訂正するハメになります。

今日、また何気ない会話からそういう話になり、ついアツめに語ってしまいました。

そうしたら、
「聞きたくない、気分が下がる」、と言われました。


→ 実の母親なら忌憚なく討論するのも良いかもしれません。相手から話題をふってきた場合に限りますが。
なぜなら人に説明するため、論破するためにいろいろな情報を事前に覚えなければならない。とか、真正面から相手を否定するのではなく、最初は肯定しながらしかし矛盾点を説明する。とか、話の論点はそらさず一つにしぼってそこから離れない。などいろいろ学ぶことは多いと思います。

ただ実の母親だから許される。そして政治の話以外は明るく根に持たない会話にすることが重要でありますが。

==========
しかし次世代に移行する最大の課題ですか、どうすれば…

→ 近道はないです。気がついている人から日本にプラスの因子を蓄積する一歩一歩の積み重ね。
あと今の政権を応援することも現実的には効果があると思います。私は安倍首相を信じております。それは陰陽の動きが私の仮説といつも一致しているから。ああこの方は信頼できるし、陰陽の駆け引きが達人の粋の方だと思っているからです。そういう現政権への応援を行動にすることも今の日本には大きな救いになると思います。奇跡の首相です。ただその奇跡を維持できるかどうかは私達日本人一人ひとり。

==========
このままだと殆どの宮家は廃宮家必至の現実がありますね。東宮家も含めてです。
一般人になれば納税義務と選挙権とが与えられます。
「元皇族としての体面保持」目的の一時金支給であり、一生もらえるものではないですから収入は配偶者に頼るか、または何らかの形で勤務するか。今回結婚の元女王は某団体の名誉職を引き続き受けるそうです。年に数万


→ もうね。本当に日本人がみな知るべき話と思います。ありがとうございます。問題は「不満と嫉妬」に感染している日本人が増え始めていないか。ということであります。
「不満と嫉妬」の国民感情が、結局自分たちの国の首を締めているというお手本がすぐお隣にあります。

==========
広い意味では外国人労働者受け入れ法整備にまで関わるような話ではないでしょうか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000576-san-kr


→ 入館法改正の期限3年間。この見直しがされる3年後。韓国の社会がどのように変わっているかが鍵になると思います。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 30 ) | Trackback ( 0 )

日中両国の思惑が無事達成できた首脳会談。

防災カレンダー
28日。中潮。戊戌・癸亥・癸巳の日。地震注視日。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日中両国の思惑が無事達成できた首脳会談。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

==========
安倍首相はよく耐えた!
2018年10月27日(土)21時23分

李克強は「日本は戦争責任を深く反省せよ」と言い、習近平は上から目線で笑顔を見せなかった。
・・・

2013年10月7日 ロシアのプーチン大統領と。


2018年4月23日 ロシアのラブロフ外相と。


2017年05月14日 カザフスタンのナザルバエフ大統領と。
・・・
これが普通の儀礼である。
だというのに、安倍首相に対しては、何たる態度か!


安倍首相は、よくぞ耐えた!

 CCTVは、苦渋に耐えながら習近平の高飛車な日中関係に関するお説教をひたすら聞いている安倍首相の表情をクロースアップし続けたし、世耕・経済産業大臣などは、苦渋というより「不快だ!」という思いが露わになっていた。眉をしかめた世耕大臣の顔に焦点を当てるCCTVのカメラのいやらしさ。他の日本側参加者も一様に不快感が出ているし、中国側から見れば「さあ、どうだ!参ったか!」という意思が明確に透けて見える。

 北京における全ての行程を通して、安倍首相の嬉しそうな顔は、一度もなかった。

 あれだけ前宣伝では、安倍首相を礼賛せんばかりに報道したCCTVは、今度はいきなり「苦渋の表情」へと貶める。

 それは、日本から中国への「朝貢外交」なのだという印象を与えるのに十分な効果を発揮した。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/post-11187.php
==========




中国国内を如何にして抑えつけるか。習氏の苦渋。

 今回の日中訪問。お互いの首脳の思惑がありました。中国の最大の目的。それは日本の安倍を手懐けた。安倍からの朝貢を受けてやった。ということを中国国内に宣伝することでありました。

 習近平は事実上の終生主席の立場を確保しましたが、決して盤石というわけではありません。「騙された方が悪い。隙きを見せたら殺られて当然。」それが中華のルールです。少しでも弱みを見せたら失脚させられる。そのような「ダモクレスの剣」の王座であります。

 特にアメリカから経済でギリギリ締め付けられております。アメリカは中共を分裂させようと圧力をかけている。であれば今、習近平は必死にそのほころびが広がらないように奮戦苦闘始めた真っ最中であります。

 ここであの日本が、あの安倍が、朝貢して頭を下げに来ても良いという。これは中華国内に対して大きなカードとなる。習政権はそのように考えたことでしょう。

 私からするとそんな表向きのハリボテを取り繕っても意味はない。単なる時間稼ぎにしか過ぎない。そのように思いますが、彼らの思考は私とは異なります。
 メンツが大事。メンツが全て。個人主義で拝金主義の社会では、人からの信用を得るパスポートが「メンツ」なのであります。



安倍首相の訪中前。中共は国をあげて歓迎ムードです。





出典:産経新聞社

 歴史を認めず生意気な発言を繰り返す小日本国でありますが、行動を改め、我が中華大帝国とともに繁栄したいと言うのであれば、我が大帝国はそれを快く受け入れます。我が中華は懐が深いのであります。中華とは文字通り世界の中心という意味であります。

 そして小日本指導者が、我が中華皇帝に謁見が許されます。

[中国新闻] 习近平会见日本首相安倍晋三 | CCTV中文国际



小国明主アベにお言葉を述べる皇帝閣下。


神妙にお言葉を頂く小国盟主アベ。


帝国に仕えるものの心構えについて優しく説く閣下。


自分の過去の行動に恥じ入る所があるのか。こわばる小国盟主。


「いいか。小国たりといえども盟主よ。よく聞きなさい。」(想像)

この下り延々続くので、カッツ・アイ(割愛)。どれだけ長いか知りたい人は上の動画を見てちょ。


皇帝閣下のお言葉やっと終わった。長いよ。スピーチとスカートは短い方がいいの知らないの?(女性を蔑視する意図はありません)
閣下の演説。3分半。もうカップ麺なら延び始めるころよん。


小国盟主。閣下のありがたいお言葉を受けて笑顔で返しています。日本語なんで何て言ってんのかわかんないけど「閣下のお慈悲のお気持ち頂き光栄しごく存じます」とか言ってんだろうな〜(適当)


閣下「・・・」(こっちの話は興味ないんかい!)


属国盟主が中華指導者たちに謁見を許してもらえる構図。いい絵だねえ。それにしても属国家臣たちと異なり、我が中華大帝国の指導者たちは威厳があるねえ。属国たちも宗主国との格の違いというものがわかっただろ。今回は。うむ。でも小国の今までの無礼非礼は許すよ。皇帝はお心が広いからな。




 こちらは外相どうしのツーショット。我が王毅外相と握手したくて、小国の青二才外相は手を伸ばしてやんの。これは手を伸ばした方が「お仕えします」という意味だかんね。もう本当にわが中華との格の違いが明らかになりましたね。



彼の地。老子先生がご覧になっていたら。

 今回の安倍首相の訪中。中共はとりあえずの目的は果たしたことでありましょう。そして安倍首相も今回の訪中の目的は果たせたことと思います。

 しかしまあ、彼らの大ご先祖さまである老子先生の「強いものは強いままにさせておけ。その硬さは更に硬くなり自ら滅する。」という言葉を思い出します。そして老子先生の中華の子孫たち。「あ〜あ」という感じです。

 一方安倍首相は、陰陽の真髄をついています。勉強になります。
 これから戦争になる可能性が大きいゆえ、自ら敵の大将のもとに赴き友好を説く。この一手がのちのちオセロの4隅の陣取り駒の役割になるでしょう。

 表面のメンツを勝ち取った中共。潜在のプラス因子を蓄積した日本。お互いの思惑は達成できました。



おまけ(読者の方から教えて頂いたこと)
==========
数日前から、複数の保守系のまとめサイトに繋がらない状態になっています。
保守系の大手サイト、相次いでダウン 
小坪しんやさんのブログより
https://samurai20.jp/2018/10/moeruasia/

報道や言論に関して、中国や北朝鮮のことをとやかく言えないですね。
今後も選挙や国民投票(?)などでこのようなことが繰り返されるのでしょうか。
何かできることはないのでしょうか?


→ 専門的な話ですが、今回のD-Dos攻撃は世界中から受けることを前提にしなければなりません。
たとえばここのGooブログのようにNTT系の大きな会社が運営しているサーバーに緊急用のサイトを複数準備しておくべきと思います。普段はそのサイトは閉じておくかコンテンツは載せないで起きます。(これは相手がブログサービス運営会社に「こんなヘイトブログを許可するのか」と苦情をいって閉じることを防ぐため。普段は休眠ブログとしておくのが良いと思われます)

そして今回のようにD-Dos攻撃で落とされた場合は、継続の記事はそちらの緊急退避のサイトにアップすること。かつtwitterなどの手段で本番サイトがダウンしたのでこちらの緊急非難サイトへ。という告知をすること。このため普段からtwitterなどの連絡手段はユーザに告知運用が必要です。

あと広告収入の件。運営者は広告収入がなければ立ち行かないと思っていらっしゃるようですが、やはり最悪を想定。Wikipediaのように有志によるカンパ運営を視野にいれるべきと思います。

そのためにはサーバー運営費用、管理の人件費(管理人さんの収入含む)などをきちんと明朗会計とし、現在得ているカンパ収益と残金。いつ資金がショートするか。などの情報を公開する必要があります。がその方が良いと思います。

カンパを集めるにはpaypalなどのシステムを利用するのも良いと思います。保守系サイトは応援者が多数おりますので、「広告収入じゃなきゃ」という発想を脱皮する良い機会と思います。塞翁が馬。

いずれにせよ、保守系まとめサイトはこれからますます攻撃を受けることを想定し、それでもまだまだ対応できる手段はあります。上記のように事前に想定して準備をしておけば。

==========
明治維新の別の見方、裏の見方として今まで遠く離れていたユダヤ人が出会ったというのが驚きで面白いです。
古代からそうなるような仕組みが組み込まれていたんでしょうか。
片方は迫害されてきた流浪の民で片方は極東の島国で基本動く事なく時々同化しながらも純粋培養を保てたのかな。それにしてもアチラは金融工学なんか編み出して本当にお金の扱いは上手いですね。


→ 21世紀の科学系ノーベル賞で、トップは従来のユダヤ系人。2位は私達日本人。戦略的なユダヤ人と母性で生み出す日本人。
また世界最大の債務国(借金国)は金貸しユダヤグループが奥の院として操縦しているアメリカ。一方世界最大の債権国(貸してる国)は我が日本。生み出す母性の国です。
彼らユダヤ人と私達日本人は、経済的にも文明的にも、世界の陰と陽を成しています。ほとんどの日本人は気づいていません。が。

==========
月に何かを打ち込んだとされる矛先って、地球にも向かうんですよね?まるぞうさんの見解をお聞かせ下さい。映画で観たようなことが始まるんでしょうか?

→ 全くわかりませんです。すみません。

ШОКИРУЮЩИЕ ВЗРЫВ НА ЛУНЕ ПОДНЯЛ ОБЛАКО/SHOCKING EXPLOSION ON THE MOON RAISED A CLOUD Two?


moon explosion


==========
ふと、思ったんですが、○華国に進出していたメガバンク、こちらの地方にも1支店あるので預金していたんですが…移動させた方が良いのかしら?と、少し不安に思っています。

→ 日本国内は大丈夫です。保全されます。

==========
前置きはこのくらいにして、まるぞうさんに教えて頂いた通りに、iPadのWifi+セルラーモデルを買いました!7?歳の私の誕生日に届くようにと思ったけど、購入の踏ん切りがついたのが遅く、こちらはド田舎なので次の日に届きましたw
でもWifiはどこかと契約しなくちゃなんですねぇ 汗 知らないことだらけです


→ もし動画とかも良く観る予定であれば、auショップでこちらも見積もってみることはいかがでしょうか。↓
https://www.uqwimax.jp/products/wimax/home_l01/

ただしUQmobileはお住まいの場所によってはアンテナが弱いかもしれないので、それもショップの人に確認してもらってください。

==========


本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ