まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

羅針盤の考察1。偶像崇拝の意味。

2021-02-03 09:17:49 | 陰と陽の理論

仏像が作られなかった理由。

 仏教の重要な教えに「偶像崇拝禁止」があります。仏教はずっと仏像や仏画は禁止でありました。釈尊の像とか画を許すとみんなその画や像を拝みだすから。偶像を拝みだすともうそれは釈尊の教えではなくなってしまうから。
 だから釈尊の教えを学ぶ場所には、仏像や仏画ではなく釈尊の足跡だけが置かれてありました。



 私がまだ若かりし頃インドをリュックサック一つで放浪していた時、初期の仏教場所には仏像がなくて驚いた記憶があります。
 でもインドの人たちは神様の画とか像とか大好きなので、仏教が本家のインドでは全然流行らなかった理由が何となくわかります。



お位牌を拝む日本の仏教。

 さて我が国日本ではどうでしょう。今日本では仏教というとお寺さんですが、お寺さんには必ず本堂に仏像がましましております。初期の仏教徒がみたら驚いちゃうことでしょう。あじゃぱー。
 でも日本の仏教は先祖崇拝教であります。ほとけさんというとご先祖さまのことだし、仏壇というとご先祖さまをお祀りしている場所だし、ご位牌は偶像じゃないでしょ。
 ということで半分は偶像崇拝(お寺の仏像)だけど半分は偶像崇拝じゃあない(仏壇のお位牌)。日本固有の風習文化であります。



偽キリスト「私以外の偶像は禁止。」

 旧約聖書も「偶像崇拝禁止」です。もうモーゼの十戒にも刻まれてあります。もう「偶像崇拝」はしつこくしつこく旧約聖書に繰り返されます。
 もうユダヤ教という名前はやめて「偶像禁止教」という名前にしてはどうかというぐらい偶像崇拝の教えでありました。

 そして皮肉にもこのユダヤ教をベースにしてつくられた偶像崇拝教がキリスト教でした。キリストが処刑された時の姿を偶像として世界中に流行させました。これを考えた人たちは頭はいいけれど性格悪いです。サイコパスですな。



イスラム教は原点回帰。

 なので旧約聖書の「偶像崇拝禁止」の原点に戻ったのがイスラム教でした。だからイスラムのモスクには像や画はありません。イスラム教の創始者もハメットの像や画などは飾られておりません。



偶像を拝んでいる人は誰もそれを偶像とは気づいていない。

 さて現在の我々には「偶像崇拝」といってもピンときません。そもそも「偶像」なんて拝むわけないじゃないですか〜。と誰でも思っております。

 でも今回の大統領選挙で「闇の支配から解放してくれる」と期待させて人を集めていた方々をみると、ああ、これが現代の「偶像崇拝」なのか。と思いました。
 昔から目が覚めた方が「偶像は駄目だよ〜」と言っていた意味であります。

 そういえば太古の宗教に儀式に火を使うものがありました。これは炎を観ることで自分の心の内側を観ていたのだろうと思います。偶像が入り込まない知恵でありました。しかしこの教えも何百年もたつうちに、排斥したはずの偶像を「マイトレーヤ」という名前でを拝むようになった。ミトラ教とも呼ばれるこの宗教は、ローマで偽キリスト教の原型となりましたとさという、陰謀論世界史です。

生きる力のない魂を間引く御役目?

 人類の魂たちにも間引きがあるのか。ふうむ。
 誰でも生きていくことはそれなりに大変だけれど、それでも短い寿命の中で最後まで描ききった画はやはり素晴らしいものです。
 社会に名を残すとか財を貯めるかなんて関係ない。名もなき一庶民として自分なりに生きた軌跡は本当に価値がある。

 でも素晴らしい軌跡の集合体を形成するのに、魂を淘汰する役割もあるのかあ。せっかく生まれてきたのに逃げたい逃げたいという魂を回収して間引く御役目なのか。ふうむ。という魂の陰謀論。空想小説フィクション大魔王のお話です。

 もうあなたの生きる苦しみは終わりますよ。このバスは天国行きです。もう誰もあなたを傷つけません。誰もあなたを搾取しません。このバスに乗ればあなたは永遠の平和の中で神様の元にいられるのです。さあ。お乗りさない。お乗りなさい。神様は太っ腹ですからね。無料です。バス代なんて請求しませんよ。あなたたちの魂以外は。

 その食虫植物印の回収バスのことを、目覚めた人たちは古来から「偶像」と呼んでいたわけです。この回収バスの名前は時代とともに変わります。最近ではバスのチケットのことを「デクラス」と呼ぶようです。ポジティブにしていればデクラスがもらえるようです。やったね。



今ここ。

 誰でも直面している生きる苦しさ。
 回収バスの誘惑もわかりますが、このバスが連れて行くのは看板とは正反対のところでありましょう。

 生きる苦しさはここから逃げるのではなく、今ここに留まると決心した瞬間に消える。そういう仕組なので。



つづく



にほんブログ村ランキング

おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
それでも、大きくしてもらった子どもの立場からは強くも弱くも言えることがないので、なんともなぁと思いながら頷いたり頭をかいたりしています。
65を過ぎても2人とも元気で生活してくれている何より有難い両親なので、お説教くらいは聞かせて頂かないとね笑

→ そうですね。ありがとうございます。

==========
まるぞうしゃん、共産主義失敗してないですって!
私はベルリンの壁が崩壊したりソ連がなくなったりで失敗したと思い込んでました。今回の米国大統領選までは・・・・

→ 当初目指していた貧富の差のない共同社会ではなく、貧富の差が激しい独裁者による全体主義の管理社会が出現していた時点で失敗という意味です。

==========
→ 私自身が自分の羅針盤がくるいはじめたのに気づかず、善意で発信を続けるという事態が最も危険でかつ起こりうる確率が高いと思っています。

はい、その通りだと思います。
善意であるが故に、ロジカルであるが故に、安心して乗っかってしまう危険性はあると思っていますから…
なので、ブログを読む私達も一人一人が羅針盤を持ち、「おやおや!」と思えばお互いにズレを質問し合って行くと良い塩梅に軌道修正ができるように思います。

→ コメントありがとうございます。奇特な読者の方々。よろしくお願いいたします。

==========
人の心の弱さからくる都合の良い思考は簡単に伝播するのですよね。 けれど知恵を持つということは、段階を踏んでいく様に避けて通れない道だったとも思えます。 まるぞうさんやここの読者さんからも、いつもヒントを貰うのですが、人類が進化しようという途にいると思います。 悪を知ってからでないと本当の善が分からない様に。 頭を打って痛い思いをしないと気づけない子供の様に。 大いなる意志は見ている筈です。

→ この過程が一番意味があると思うのです。コメントありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (10)