まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

日本の「シンプルで清潔さ」を考える。

2021-02-17 09:15:04 | 陰と陽の理論


 2016年。上皇陛下が天皇だった頃。サウジアラビアの皇太子と謁見された時のこの御写真が海外で話題になりました。

■ この一枚の写真が示唆することは数え切れない程多い!! +46 ヨルダン

■ すごいよね?!!
あの空間を目にして、王子は何を思ったんだろう 😅 イエメン

■ カーペットですらシンプルだ!!
おもてなしや親密さの表し方が真逆なんだね。
正直俺は、一本取られたって気分になった。 +1 国籍不明

■ 俺も圧倒されたよ。ミニマリズムが核となってるんだろう。 レバノン

■ ただただひたすらに美しい。 +31 サウジアラビア

■ 余計な装飾はしない。
偉大な日本の人々のシンプルさの象徴だね。 +1 ロシア在住

■ 日本的な、あまりにも日本的な空間だ。 +12 国籍不明

■ この一枚の写真は、芸術だよ。 +11 カタール

■ 1000の言葉が込められた一枚ですな。 +29 エジプト

■ これぞ日本のインテリアの美学よ。 +20 国籍不明

■ こういった一切の無駄を省いた部屋は目に心地いい。
イスラム諸国の首脳陣も見習ってほしいものだ。 +3 パキスタン

■ シンプルさを追求すると、エレガンスになるんだね。 国籍不明

■ 天皇の地位にあるお方の部屋がこれだもん。
もう尊敬するしかないw +14 エジプト

■ いや〜、ショッキングな写真だ。
あの慎み深さからは、美しさすら感じられる。 +25 ドイツ在住

■ 俺もミニマリズムが大好きだ。
日本人はこの美徳のマスターだよね。 +4 ドイツ在住

■ ミニマリズムの極致だなこれは……。 +15 ヨルダン

■ あのシンプルな美を理解出来ない人もいるんだろうなぁ。 +1 エジプト

■ どうしてかは言葉では説明できない。
だけどこの写真は、最高だ……。 +12 エジプト

■ 虚飾ってものを徹底的に排除するんだね……。 +4 インド

■ ミニマリズムや謙虚さに関する預言者ムハンマドの教えを、
日本人がサウジや湾岸諸国の首脳陣に教えてるようだ!w +10 国籍不明

■ …………黄金とかその他もろもろはどこにあるの……? +22 フランス

■ 同じことをやっているのにも関わらず、この差! +5 アラブ首長国連邦


■ 日本人のこの美的感覚よ……。 +16 国籍不明

■ あのシンプルさは本来イスラム的なんだけどね、へへ。 +8 インド

引用:「海外の反応 パンドラの憂鬱」
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2054.html



考察1

 海外にも日本の「質実の美」に共感する方が少なからずいるんだな。特に「本来はイスラムが」という指摘もあったところが興味深いです。

 もしあちらの世に神様の世界(新界)というものがあるとしたら、きっとこのようにシンプルで清潔な世界なんじゃないかと思います。

 少なくとも日本の神様の世界はそういう世界なんじゃないかしら。



考察2

 この皇居の御写真を観て、そうそう「神道」の世界だよな。と思いました。神道とは清潔さの道でもあります。

 不要なものを持たずシンプルで清潔な生活を気持ち良いと感じるのは、やはり生まれる前の「神様の世界」の記憶なのかもしれない。そういう空想をいだきます。



考察3

 このシンプルさと清潔さは海外から日本に来た人たちの多くが感じるところのようです。

・街並みの清潔さ。ゴミが落ちていない道路に驚く人も少なくありません。特にきれいなトイレが多いことも。
・日本では子供が自分たちで学校の教室を掃除するという点も驚きのようです。掃除とは大切な「教育」であり、子供たちの宝となる人生の習慣。
・日本の職人の世界もまずは掃除からです。弟子入りしたら掃除。仕事場を清潔に保つこと。これが基本です。

 以前観た映画で、アメリカ人女性が日本のラーメン屋さんに弟子入入りするストーリーのものがありました。その弟子入りした女性が西田敏行氏扮する師匠に、最初に指示されるのがトイレ掃除でした。自分はラーメン作りを習いに来たのに、どうしてお店のトイレ掃除をしなきゃいけないんだ。と抗議するシーン。

©Warner Bros

 とにかく日本人のスタイル、日本の文化、日本の神様の世界。何千年も私達が受け継いできたのは「シンプルな清潔さ」でした。



考察4

 私は転生というものがあるかどうかは知りません。でもあるとしたならば。モノへの執着が強すぎた人。そういう人の中には次に生まれて来る時に、その反動でモノを所有することに嫌悪する人もいるかもしれません。極端な振り子が極端に逆振れする。
 ミニマリストの中には極端な方もいらっしゃるかもしれません。そういう方は前回から今回。極端から極端に振れているのかもしれません。

 本来のシンプルな清潔な空間とは、上記の御写真のように人を心地よく迎える空気を醸し出します。私はそのように思います。



考察5

 先日の記事でファイナンシャルプランナーの方の体験を引用しました。この方は顧客の資産の相談が本職の方です。
 その体験の中で「シンプルな清潔さ」の生活をされている方は、資産が多い傾向がある。ということでした。

 もし人間関係のアドバイスをされるプロの方であれば「シンプルな清潔な暮らしを維持されている家は、人間関係が円満である家庭が多い傾向がある」と感じられるかもしれません。

 もし健康のアドバイスをされるプロの方であれば「シンプルな清潔な暮らしを維持される家は、健康な方が多い傾向がある」と感じられるかもしれません。

 いずれも個人的な仮説なのでデータはありませんが、あり得ることじゃないかと思います。(傾向とはたとえば7割くらいは言えるというようなこと。3割は例外はあるということ。例外なくという意味ではありません)



 昔々の日本人。神様の世界の記憶を持っていた人が多かったころの社会。彼らがこの世に創り出した現実の世界もまたシンプルで清潔な社会だったのでしょう。それは日本の国土に何千年も受け継がれている「空気」であります。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
すみません。昨日地震雲を投稿した者です。
写真の投稿の仕方が分からず、1日遅れました。実際撮影したのは14日の午後になります。

→ ご丁寧にお知らせありがとうございます。地震雲として送ってくださる御写真の多くは、当日から1〜2日前に撮影されたものが多いと思います。大丈夫です。

==========
現在、緊急事態宣言中の土地に住んでますが、パートナーがどうしても緊急事態宣言の発令してない過去住んでいた土地のイベントに行きたいと言っており反対しても聞きません。いい歳の女性ですが…。

普段行くのを反対してないので、緊急事態宣言が明けたら言ってはどうか、と諭しても私からしたらどうでもいい理由を並び立てて聞きません。
終いには黙り込み、ほとんど会話がない状況です。

こういう時はどうすればいいのでしょう?
ここまで聞き分けがないのは初めてで腹立たしさしか出てきません。。

→ もし可能なら教えて頂きたいのは、奥様(?)がそのイベントに行かれることで、懸念されることとは具体的にはどういうことでしょうか。一つ目の質問としてその具体的な懸念点を教えて頂きたいです。

お互い感情的になっている時は感情から距離を置くために事実ベースを整理することは役に立ちます。二つ目の質問は、その懸念点が解決されるのならイベントに行っても良いのでしょうか。それとも懸念点は解決されるはずがないしたとえ解決されたとしても行くべきではないということなのでしょうか。

私は「行ってもよい」という主張ではなく、まず現時点で何が問題になっているのかを知りたく質問いたしました。いかがでしょうか。

==========
私も仕事がら、資産を代々引き継がれている方々のお宅に伺いますが、記事の傾向は大いにあります。
傾向は、
突然伺ってもちからっていません。 
室内はモノは多くなくシンプルです。家具とのバランス含め。
いつも掃除が行き届いています。
バタバタ感がありません。
お茶やお茶菓子はシンプルな中に器や懐紙など一工夫されていたりします。
みだしなみは華美でなく、それでいて清潔感があります。
ご挨拶も丁寧で気づかいや思いやる言葉を話されます。
近づき難いお立場、高学歴でも決して自慢はされません。

学ぶことがたくさんあります。
あくまでも傾向です。。。

→ 興味深いお話ありがとうございます。ふむふむ。なかには心の奥底の遠い遠い記憶のメッセージから、なんとなく「シンプルな清潔さ」な世界(空間)を御自分の周囲に創り出している方もいらっしゃるのかなと思いました。個人的な感想です。ありがとうございます。

==========
まるぞうさん、ご存知とおもいますが、parlerが、復活しました。また、○さんのメッセージが頂けます。

→ お知らせありがとうございます。

==========
極、極身近な資産家の話。
記事の通りの生活をしています。
おばあさんは嫁いでから食器一枚、鍋1つ買ったことが無い。
間に合っているからです。
女性なら好みの食器くらい、普通は買いたいもの。
昔ながらの家に住んでいますが、とにかくモノが無い。
余計なモノは一切ない。時代劇のような完璧和風。
台所はいつでも水滴1つ無い。
50年前のナベは中も外も焦げ1つ無い。
つましく、つましく、守って、守っての人生。

でも、子供の代で家は絶える。

→ 片方の振り子は片方に振れる。繁栄のあとは衰退が起こり新しい誕生に繋がる。

そのおばあさんのように、シンプルで清潔な空間を創り出して維持されていた方が、他界された時にいる場所は、やはり自分が生前創り出したシンプルで清潔な空間なのだろうと思います。
そしてそのおばあさんがこの世で観たかった風景の答え合わせ。

==========
また、服も今のシーズン以外のものは捨て、季節が変われば買い、これまでの季節のものは捨てましょうと言われますが、「また来年の冬も着れるよな」と思い、たぶん春になっても捨てれないと思います。これができるようになれば、自分も変わったなと思えるのでしょうが、自分のペースで続けていこうと思ってます。

→ 断捨離は目的ではなく過程だと思います。気持ち良い範囲で行えるのが理想であると思います。

==========
今は自分の物の生前整理もして居ますが、親が揃えてくれた着物以外は執着なく処分しています。私が味わった大変さを子供達に引き継がない様にしたいと考えています。きっと、亡き夫も悪いな〜と見守って居てくれてると思っています。

→ コメントありがとうございます。良いお母様ですね。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (18)