まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

羅針盤の考察8。パチンコの詩。

2021-02-13 09:49:16 | 陰と陽の理論

防災カレンダー
神奈川県三浦市






A層「私は沈黙が嫌いです」

 朝駅前を歩くとちょうどパチンコ屋さんの開店時間前だったように、お客さんの行列が出来ています。開店前から行列に並ぶ方々。いろいろな事情があるのだろうな。



 A層の自分は沈黙が嫌いです。沈黙するとB層の疼きやC層の警告が無言で伝わって来るからです。
 だからA層は常に喋っていないといけない。沈黙大嫌い。
 その中でパチンコというのは、A層にとってとても都合が良い時間の潰し方です。自分が無理にしゃべらなくても外的刺激で満たされる。自分が無理にしゃべらなくてもB層とC層と遮断出来る。

 開店前からパチンコ屋さんに並ぶ人たちの何人かは、そういう動機でパチンコに惹かれているのかもしれない。



B層C層。遮断する人。繋がる人。

 数年前の72時間ドキュメント。宮城県石巻市の1円パチンコに集まる人々のお話を思い出します。

常連女性(中年)

・パチンコを趣味にしているということは、本当に親しい人にしか言っていない。
・無駄なことをしているという後ろめたさがある。
・15年間飼っていた犬が死んだときもパチンコ屋に来て泣きながら打った。
・自分でも、どうしてこんなときにパチンコに来ているんだろうと思うが、打っているときは一瞬、つらさを忘れられるので来てしまう。


介護施設勤務女性(72歳)

・毎日来ている。
・一人暮らしで他にやることがないから来てしまう。
・仕事を終えてから、栄養剤を飲んで、着替えてから来る。
・パチンコ台が「綺麗」だから、それを見たくて来る。
・パチンコは13年前に亡くなった旦那さんが教えてくれた。
・パチンコが人生じゃ寂しいかもしれないが、私はそれでいい。


土木業シングルファザー男性(39歳)

・支援学級に入っている子供と2人ぐらし。子供が生後9か月の時に離婚した。
・今、子供は中学生。9時くらいに寝るので、仕事を終え、子供を寝かせてから遊びに来る。
・お酒も飲まない。パチンコが唯一の楽しみ。
・つらいことを忘れて「無」になれる。


パチンコ店長

・震災時、仮設住宅に入っている人も多く、プライバシーもあまりないような状況だった。
・朝からパチンコがしたいというユーザーの声を聞いてこうなった。


津波で会社を流された男性(64歳)

・パチンコ屋にくると「いろいろなことを忘れられる」
・音がうるさいのがいい。静かだといろいろ考えてしまうから。


清掃スタッフ女性

・お客様に常に明るく声を掛けている。
・震災後、一般的に考えれば、遊んでいる場合じゃないと思う人が多いだろうとは思う。
・だが、本当にひどい状況の中で、パチンコ屋でだけは違う世界を味わって楽しんでもらいたいと思っていた。

(引用:「元パチンコメーカー開発者たちのブログ」https://kaihatsusyatachi.com/document72-1enpachinko/)



B層C層から無言のメッセージ。

 私はB層の心の疼きは大切な治癒過程だと思います。思い出せないけれど漠然と人から傷つけられたこと。そして自分が人を傷つけたこと。それらが昇華する過程で現れること。理由もなく落ち込む時は、落ち込む自分にそっと寄り添うことが一番心にとって必要なこと。

 またC層(深い自分)からの警告も大切。C層の自分とは生まれて来る前の自分自身。今度生まれてきたら今回こそこう生きたい。と切望した過去の自分自身。
 あるいはC層の自分とはこの人生を終えたあとの自分。あああそこではああ生きれば良かった。こうすれば良かった。そのように後悔している未来の自分。
 深い心の層には時間はありません。過去も現在も未来も同時に存在している。そういう生まれる前の自分や、死んだあとの自分。そして他の人々と繋がっている現在の自分が真我と呼ばれるC層の自分。



沈黙の中で生きる人。

 本来の私達はC層の自分と一体化していました。今はA層の自分が四六時中おしゃべりをしている生き方です。
 そしてパチンコはB層やC層を遮断するのに丁度良い。中毒症状が出るくらい常習性のあること。生活費の大半を投入しても遮断し続けたい。そういう方もいるのかもしれませんが、

 しかしパチンコを通してB層とC層と上手に繋がっている人もいるようです。パチンコの勝ち負けが目的ではなく「無」が目的という方々。ふうむ。そういう方は、仕事をされる時もきっと御自分が仕事と一体になれる方だろうな。と思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今朝新聞の整理をしながら、2月9日の読売新聞の一面、米大統領の顔写真と「五輪・パラ 科学に基づく判断を」という記事を見て、あ、これかと思いました。日本政府の開催努力や、五輪に向け頑張ってきた選手の気持ちを慮るコメントをしつつも、「科学に基づいて」、と一見当たり障りないコメント。でも、そもそも100%防ぐのは無理なので、上層部の意向でいかようにも決められる。本心はやる気ないって事?

→ 鋭い嗅覚ですね。ありがとうございます。

==========
まるぞうさん、こんにちは。なぜか泣けてきました。A,B,Cのそれぞれの私まとめて抱きしめてあげたいです。ありがとうございます!

→ ありがとうございます。

==========
理由はわからないけど自分の悪い癖としか思えなくなり、精神的に追い詰められたことがありました。もう私ダメかも、と思ったときに、過去のトラウマであるX事件に気付いたのです。大泣きしました。そして仕事するエネルギーが嘘のように沸いてきたのです。

→ ありがとうございます。

==========
「自分の心にそっと寄り添う」に静かに「なるほどー」と思えました。新鮮でした。自分の心ですから、同調し、そこからなにがしかの方向に向けさせる。と思っていましたが、私(自我かな?)にそっと私(良心または、はんはん?かな)がどうしたー?大丈夫か?一度落ち着いて。と
そっと寄り添う。
まるぞうさん、もしかしたら私、少し疲れて寂しかったのかも。笑 このほうが静観しやすいですね。あと半日、がんばろ!

→ 大丈夫!

==========
小さい1人の心=?宇宙?全体?を成している?というのがずっと頭にはあるのですが、だからどうする?というそっから先が自分に腑に落ちてこないのです。。

→ C層の自分が教えてくれる。無言ZONEで教えてくれるという仮説です。

==========
陰と陽、奪った物は奪われる、この世の仕組みを少し覗けた気が致します。個人レベルでも、用心しながら精進して参ります!

→ ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

==========
悪意について考えると、隣国の信仰、男女平等思想、男子の草食化、隣国芸能ブーム、マスコミ、などは繋がっており日本に対する呪術的?な印象を受けます。ただその悪意それだけに囚われると逆に飲み込まれてしまう。なので半分半分でしょうか。

→ 人を呪わば穴二つ。相手が呪術的ならば簡単に差し戻しが可能と思います。
相手と同調しなければ、差出人不明で相手に戻る。こちらが警戒しながらも誠意をもった態度で接するなんて相手がこちらに同調できませんから、差し戻し。穴二つとなる。というのが私の人生経験です。

==========
羅針盤繋がりで話変わりますが、先日の潜水艦「そうりゅう」と香港籍商船との追突事件は、以前より2月からCCPの法案改定に伴い尖閣諸島への侵入が気になっていた折りでした。中国では武器使用を許可するとする法案改定がされており、岸防衛大臣も米国大統領と安保確認されていましたね。 商船といっても、戦艦の様に大きくて、何であのルートの航行だったのか等言われていますが、もし、衝突事故の原因通りに、潜水艦側のソナー確認も無しにドンピシャリの位置で、浮上してこられたら、そりゃまた別の意味で恐怖ですよね。 却って凄い脅しになったかもね。 一ミリも油断なんて出来ない相手ですから。

→ コメントありがとうございます。そして尖閣上空で自衛隊F15が2機殉職されていたことは、国民に知らされていませんが、縁ある国民だけでも忘れてはいけないと思います。

【都市伝説】関係者の勘違いから、とんでもない秘密を聞いてしまった。【前田日明】


==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (15)