多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

夫の修業

2015-09-24 03:09:45 | 私の日常
シルバーウィーク最終日。


子どもたちは仕事。


私は 夫ととまったり・・・思っていたら


友人から 「チケット余ってるけど行かない?今日なんだー」とお誘い。


夫に聞いたら「行ってもいい」とのことなので


出かけましたよ。


お昼の用意ができてなかったので、


お金渡して「どこかで 好きなもの買いなさい」と話したら


「ええー。」と悲痛な声。


夫は 一人で何かするの苦手なんですよね。(ガソリンスタンドとオートバックス除く)


でも 甘やかしていては 夫のためにはならぬ。


というわけで スーパーの チラシ渡して


「ここいけば いろいろあるから レジのお姉さんか 品出しのおじさんに聞いて買っといで」


と説明。


不安そうでしたが


お金 大目にして「おつりで お菓子買っていいから」といったら 



うれしそうにしてました。


がんばれ、夫。


講演中は 携帯切ってましたが


休憩時間に 電源入れたら 着信の嵐。


電話したら


「いまどこだー。いつ帰るー」と悲痛な声。


おおヨシヨシ。



「夕方に終わって 電車乗るから 乗り換えの都度電話するから。それに私より先に子どもたち来るから



心配しないで」と話したら 安心したみたいでした。



生まれた時から 誰かと一諸で 一人でいたことそうないもんなあ。


そのくせ 人見知りでよその人苦手。


乗り換えの駅で デパート寄って買い物。


夫に「今○○駅だから そろそろ 向かってくれる」といったら


「すぐいく!」と勢いのいい返事。


駅で待ち合わせして 帰ってきました。


栗ごはんの栗を下ごしらえ しておいたら


子どもたちが 炊いておいてくれました。


さすがー。気が利くなあ。


夫も修業中。1人で 一日留守番 クリアです。


次は 何に挑戦させようかなあ。



















自閉っ子のための道徳入門
クリエーター情報なし
花風社
コメント   この記事についてブログを書く
« 大の大人の偏食って | トップ | 自閉っ子の趣味は許されない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私の日常」カテゴリの最新記事