多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

自閉っ子の今昔

2016-06-26 08:12:50 | 子どものあれこれ
昨日 久々に我が家に 来た 知人との会話。


「自閉くんて ちゃんと仕事に 行けてるの?」


「毎日 仕事。今日も仕事だよ。」



「自閉症って 人としゃべったりできないんでしょ?どうやって仕事してるの?」



「ちゃんと 話もできるし 字も読めるから大丈夫。」



「えー??? 自閉症って 治らないんでしょ。訓練に行ったりして大変なんでしょ。」



「昔より できること増えたし 訓練は自宅で やっただけだけど ちゃんと成長したよ。」


「・・・・信じられない。」


小さい時の 自閉っ子しか 知らない人には 自閉っ子が自立したってことが


どうも納得できないみたいです。


今日も 自閉っ子 休日出勤です。


職場でも ちゃんとやれてる証拠、あてにされてます。


今月の お給料も出たので、明日 銀行に行って 引き出しして


食費を くれると言ってます。


明日は 自閉っ子の 好物にする予定。


小さい時は 手がかかったけど、今はその分ラクができてます。







支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
クリエーター情報なし
花風社
コメント

愚痴について

2016-06-23 08:39:31 | 私の日常
私は 愚痴を言うのは 基本的に嫌いです。


たとえ 過酷な状況でも、愚痴を人にいうのは嫌い。


以前は 介護&家事&育児&夜中のパートという 時間的にも



肉体的にも 精神的にも きつい状況でしたが


愚痴を いう気にはならなかったです。


自分の 環境っていうのは 自分で 作り上げたものだし


愚痴を言ったからって 変わるものじゃないし



第一 聞いてる人は 面白くないでしょう。



だから 私は 自分の環境に関して 愚痴を言う人は 嫌いです。


ただし、夫は 除く。


夫は 愚痴を いうために 生まれてきたんじゃないかというくらい


愚痴が 多い人なんですが 私と違って 神経細いし


どっかで ガス抜き しないと 倒れちゃうんじゃないかというくらいなので


私は 夫の愚痴にかぎり お付き合いすることに決めてます。


夫も 私が 聞き役に回るうち 愚痴が減ってきたので めでたい限り。



子どもたちも 私のそういう姿勢を見ているせいか


愚痴は 言いません。


仕事にしろ 家事にしろ 育児にしろ その他のことにしろ


自分で 選んだことに愚痴言う人とは あまり 関わりたくないなあと思うのでした。


 






自閉っ子のための道徳入門
クリエーター情報なし
花風社
コメント

夫の成長

2016-06-20 09:29:05 | 
昨日の父の日。夫は朝からやかましかった。


「今日は 父の日だな?寿司が食いたい!」


・・・父の日は 基本 子供が祝ってあげるものなので、


そういうことは 妻の私ではなく 自分の子供に言ってほしいですよ。


で。無視してたんですが 見かけた子供たちが


「じゃあ 回るお寿司にいこう」と誘ってくれまして、


一家で でかけてきました。


父の日とあって 回転寿司大混雑。


番号札 もらったら 30分以上待つことに。


以前の 夫だったら 


外食自体NGだったし


混んでる店だめだったし


待つなんてとんでもないし


それを 思うと 格段に 進歩したなあと思いました。



やっと順番が来て


席に着いたんですが


混雑してるので お寿司が回ってこない。



私や 子供たちは 注文して あれこれ食べてたんですが


夫は 注文するのが大嫌いで 回っているのを 取りたい人。


その夫が なかなか回ってこないお寿司の中から 好物選んで 


満腹に なるまで食べるのを待つのもけっこうしんどかったですが


まあそこは 父の日ですから。


帰りに 買い物に 付き合ってほしいと お店に行ったんですが


途中で 夫が ギブアップ。


なんで?と聞いたら 「サンダルに穴が空いた」とのこと。


じゃあ、買ってあげるから ついてきて、といっても


もう てこでも 動かない。


「さっさと 行って来いよ」という夫を残して


売り場に行ったものの


父の日とあって 売り場も レジも大混雑。


長い買い物になりましたが 夫は待っててくれました。



帰宅して サンダル見せたら 気に入ってくれたんですが


「外ではくには モッタイナイ」と言って フローリングの 床で


どすんどすんと 踏み鳴らして歩いてるので


「ちゃんと 外用に使わないなら 返品しますよ」と説得。



昔は 一歩も外に出られなかったんで、夫は格段に進歩したなあと

しみじみ思います。 



喝采症候群―独断的パラノイア論
クリエーター情報なし
太陽出版
コメント

親を教育する

2016-06-19 07:20:53 | 私の日常
先日の 横浜での 花風社セミナーでの キーワードが


「親を教育する」でした。


私の親も 頭が固くて いらない心配したり


私や 私の子供に過干渉してきたり


いろいろありましたが



親の 予想に反して


私が (傍から見れば)過酷な状況で


それを 乗り越えて 幸せになっていくことで


親も 変わっていきました。


・夫の家族との 同居では 幸せになれない


・障害のある子がいては本人も家族も幸せになれない


・ 経済的に恵まれないと幸せになれない


だの いろんな妄想を親も もってたわけですが


それを 一個一個ぶち壊して


親の 予想を覆して 私や 夫や子供が幸せになって



そういう状況で 親も 「もう自分の出る幕ではない」と


自然に 気づいていったように思います。




適度な距離を おいて つきあえるようになって


お互い 平和ですし


会った時には お互いを 思いやりつつ 尊重しあい


良好な 関係が 築いていけてます。






人間脳を育てる 動きの発達&原始反射の成長
クリエーター情報なし
花風社
コメント

通院と診察

2016-06-18 05:56:44 | 病気あれこれ
梅雨時なので 関節の具合が よくない。


整形外科の先生から 再三 診察とリハビリにくるように、と言われていたので


久しぶりに診察と検査。


「あー、関節よくないなあ。リハビリ もうちょっと頻繁に来れないかなあ。」と


言われて 返事に戸惑っていたところ


「大変なのはわかるけどねえ、がんばらないと 予後がよくないよ」と


先生。


いや、別に大変じゃないんだけど 私は 元気な病人なんで


毎日あちこち出歩いてて


バスや地下鉄使ってるから 少なくとも一日7000歩は歩いてて


関節いたいのは たぶんそれで、と言おうかなあと迷ってるうち 血液検査の 順番がきて


呼ばれてしまった。



整形の先生は 週三回 リハビリにくるようにっていうんだけど


到底無理。


今日も 予定いっぱいだし 


整形は 月曜だなあ。


あ、内科も そろそろ行かないと。



病院以外にも 予定びっしりなので


スケジュール調整が むつかしい私です。







支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
クリエーター情報なし
花風社
コメント