多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

コンプレックスからの解放のきっかけ

2018-10-26 08:45:25 | 人とのあれこれ
私は 生きるか死ぬか、という状態で生まれ、


育つ過程でも 様々な困難があった。家庭の事情で、生活自体が危うい時期もあった。


生活に支障がない時も、家で、学校で、たくさんのいじめにあった。


私の 容姿も、振る舞いも、誰からもからかいや 非難の的になった。


幼い時に「お姫様だったらいいな」と夢を持ち、


絵を描いたりする子どもたちを 見ながら、


私は 「お姫様でなくていいから、せめて人にそしられない顔や姿になれないだろうか」と


思った。私の顔の事を からかったり 罵倒しないのは、父だけだった。


私が 容姿コンプレックスから 解放されたのは、仕事を始めてからである。


周囲には 申し分のない容姿の人もいたが、仕事をする時には


容姿での加点はつかない。仕事の出来がすべてである。


周囲には 大卒の先輩も 同僚もいた。


しかし 仕事での 能率で、仕事の割り振りが決まり、


ある日 出勤すると 先輩や同僚の仕事が 私の仕事になっている。


学歴も、容姿も、関係のない場所。だれも私の 弱点に触れてこない。


上司はただ 仕事のできばえや、企画書の内容、そういうもので


評価してくれた。学校のようないじめや からかいは なかった。


出社したら 制服に着替えるが、その前後は 私服である。


私の 持ち物が 地味で 粗末な事に 気付いた上司は、


他の 得意先に出向く時に、私を指名して 車に乗せてくれた。


仕入れ先で 売り場にあった商品を 見つくろい、上司の意見も聞いて


仕入れの数を決める。上司が 得意先と 話をしている間、


私は 膨大な 商品の山を 見てあるいた。


自分の 会社には 無い商品も、「ああ、こういうものを主にする会社もあるんだな」と


色々なものを見るのは面白かった。


それに 職場でお客から 問い合わせが来ても、「あ、あれだ」とわかるので、



「当店には在庫がありませんが、お急ぎでしたらOO屋さんには在庫があるかと。


お電話で確認しましょうか?」と応対ができた。


お客をよそに流すような行為だが、商品の情報が得られるとなれば、


また そのお客は 来てくれるはずだと私は思った。


私が 倉庫の中で 遊んでいるうちに、上司は 「今から帰るか」と


駐車場に行き、必ず途中で いきつけの飲食店に立ち寄ってくれた。


そこでは 上司は 上得意らしく、営業時間内は勿論、


「準備中」でも ドアを開けてくれた。


2人で 囲んだ 食事の数々。忙しい時間をわざわざ割いて、


立ち寄ってくれたお店。


もう 何十年も前の事だけれど、食べた物の味や、厨房のご主人の声、


食事をする私を見つめていた上司の顔を、今でもはっきり思い出す。









自閉っ子のための道徳入門
クリエーター情報なし
花風社
コメント

「みんながこう言ってますよ」の不思議

2018-07-19 12:39:42 | 人とのあれこれ
私は 社会適応能力が人より落ちるので、場に合わない行動をすることがある。


それを見て 不快になる人もいるし、さほど気にしない人もいる。


それは 当然の事だと思うけれど、不思議なのは


私に向かって 意見や注意をする人の中に、


「みんなが こう言ってますよ」


「みんな あなたに迷惑してますよ」という言い方をする人が多い事。


その人が 不快に思ったのなら、「私は困るんですが」「そういう事は


やめてください」でいいと思うが、「みんなが」だの「人から聞いたんですが」という


言葉が つくのはなぜだろうと思う。


猫に鈴をつける相談をしたネズミのようだなあ、と思いつつ、


迷惑をかけた事は お詫びするが、不思議な話だなあと思う。


その場で 言ってくれる人はまだいいが、その場は何もなく済んで、


一日二日経ってから 「あの時の事を みんな怒ってますよ」というメールが


送られてくることもある。


その場にいた人同士で話をまとめて、「じゃあ私が代表で伝えてきます」とか


やってるのだろうか。私には わからない摩訶不思議な世界である。






治療のための精神分析ノート
クリエーター情報なし
創元社
コメント

今の環境と能力を最大限活用する

2018-01-19 11:17:55 | 人とのあれこれ
猫本を 読んでくださった方から、感想を頂くことがある。


大別すると 大体3つのパターンである。


1 素人の 子育て記碌で、具体的に役に立つことが書いてない。

  読むだけ無駄である。専門家の監修もなく、価値がない。


2 親でも できる事があると知って、安心した。必ずしも


  支援者の言うとおりにしなくても、自分流で育ててもいいと


  言われて ほっとした気がする。自分の子どもも修行させて


  伸ばしたい。


3 これは この人だから たまたまできた事。参考にならなかった。


  自分には できないし、田舎住まいで 大家族だからできたのでは。


  都会の核家族では できない。





1は 主に支援者から、あるいは お子さんが いわゆる「療育」を受けている

 

   方から よく頂く意見。専門家、という方や、支援に関わっている方が読むと、


   批判的な意見、あるいは 黙殺、時には 「まあ 何とも言えない本ですねえ、



   こういう育て方をしている人がいるとは 思いもしませんでした」と


   良し悪しより 「とにかく驚いた」という声もいただく。



2  たとえ意に添わなくとも、専門家の いう事に 従わなければ、と


   思っている親御さんの意識を 変えていきたいと思い


   花風社の浅見さんは 何の実績も資格も学歴もない私の本を


   出版することを 決意してくださいました。


   売れる見込みの少ない、無名の著者の本を


   出版するのは 大きなリスクがあったと思います。


   しかし こうした声が あちこちから 届き、


   親御さんが ご自分の力に気づき、お子さんの力を


   引き出して 成果を挙げておられるという声を


   聞くと、私も 本当にうれしく思います。



3  こういうふうに「あの人だからできたのだ」だの「環境に恵まれていたからだ」と



   決めつけられてしまうと 複雑な気持ちです。じゃあ 核家族で育つ子は皆


   ダメなのか?そんなはずはないでしょう。田舎にいた方が 良くて、



   都会に住んでたら 修行ができない?そんなこともないと思います。



   核家族かどうか、母親が働いてるかいないか、街住まいか田舎暮らしか、なんて


   どうでもいいのではと思います。


   私が 出会ったお子さんたち、ママさんたちの 環境は様々でしたし、



   その環境で ご自分と お子さんの能力にあった 修行の仕方をしていけば


   結果は出てくると思います。



   私が 子ども達と接している時間は 短いものでしたし、


   夕食後に 家族団欒の時間も ろくに無いまま、


   深夜まで 働いていた時期もありました。



   環境的に 我が家が恵まれていたわけではないですが、


   その中で 私にできる事を 見つけ、子ども達にも


   それぞれ できる事を させながら、毎日やらなければならない事を


   こなしていっただけです。


   
   何を「いい環境」と 思うかは 人それぞれですし、


   私は 家庭に 起こる出来事に 自分の出来る範囲で対処しつつ


   どんな状態でも 自分の楽しみを見つけて過ごしました。


   猫本にも ありますが、たとえ数分でも 自分が自分らしく


   楽しめる時間を持つようにしていました。

   
   その他の時間が 時には 大変であっても、


   
 「この用事がすんだら OOをしよう」と 思うことで、



    乗り切れたように思います。


    人の 環境や事情を うらやんでも、その人にはその人なりの


    悩みや 苦しみがあるものですし、人を羨ましがっても


    自分の益にはならないように 私は 思っています。


    今後も 発達凸凹の お子さんが 資質を発揮して、


    自分のしたい事を選び、いきいきと生活していけるよう、


    私も 出会った方々に 自分の経験や、息子達の様子を


    伝えていきたいと思います。


    



    




支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
こより
花風社
コメント (2)

「みんなと仲良く」は私にはできない

2017-10-17 12:35:24 | 人とのあれこれ
「みんな なかよく」は 幼稚園や 保育園や 学校その他で


数限り無く 言われてきた事だけれど、


大人になって 社会に出て、それが 必ずしも 必要でない事、


少なくとも 仕事をする上で 最優先すべき事項ではない事だと


私は 思った。


つっけんどんにしたり 誰彼かまわずケンカ吹っかけたりは


NGだけれど、仕事以外でのことで


それほど 気を使う必要はないし、仕事の能率さえ 


一定以上クリアできていれば 「愛想のいい人」である必要はないと思った。


仕事の後の 飲み会に誘われなくても、ランチに一緒に行かなくても、


お給料に 影響はない。世間には「職場の人間関係」で悩む人が


けっこういるそうだが、私は そういうことと無縁で来たのでわからない。


陰で 何か噂したりした人は 板かも知れないが、別にこちらには


実害はないし、名誉棄損になるような事項でも なさそうだったので


我 関せずで過ごした。


気の合う人がいて、そこで苦痛で無い方法で 付き合えばそれでいいし、


付き合ってみて 合わないと思ったら 距離を取ればいいだけである。


以前は 親しくしていても、いつのまにか そうでなくなる人もいる。


私と関わるより 楽しい事がその人にできたからかもしれないし、


私の 言動がその人と 合わなかったのかもしれないし、


理由を あれこれ考えても 意味がない。


縁があった人すべてと 一生 お付き合いを続けていくのは


無理な話である。


昔 ある友人から「お願いだから 普通になって」と


懇願された事があるが、どうやっても それは無理な話なので


その人との 関わりは そこで終わった。


何を是としていくかは その人それぞれ違うので、


みんなに好かれることや 嫌われないことを目指すより


他の事に 時間を使った方が いいと私は思っている。













JIGGYS SHOP (ジギーズショップ) カラーパンツ メンズ チノパン スリムストレッチ パンツ ストレート XL ブラック
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
コメント

嫁姑問題

2017-09-28 16:24:08 | 人とのあれこれ
私は 夫の 両親と祖父母と、結婚して 28年一緒に暮らした。


最後の 一人を見送って、この秋で3年である。


4人の老人と一緒に暮らした、という人は


そう 多くないらしく、


大抵の方が びっくりする。そして「大変じゃなかったですか?」とおっしゃる。


私は この結婚しかしていないし、夫から


「両親と 祖父母がいるので 一緒に暮らしてもらうのが


結婚の条件」と 言われていたので、それに 従ったまでである。


大変かどうか、というのも 比較対象するものがないので わからない。


大変だったのは 私より 私と暮らすことによって


今までの 生活のリズムが 乱れた 老人たちのほうではなかったか、と思う。


言葉(方言)が通じないし、夫の家では「当たり前」の事が


私には 「すべて 初めて」の事である。


私も 慣れるのに 時間がかかったが、私が 慣れるまでに


老人たちが いかに やきもきし、ストレスを抱えたか、


それは 私には わからない。


あれこれ 言われ、叱られるのは 日常の事だったけれど、


何しろ 家の中で 私が 一番若いし 家の事が 何もわからないのだから、


叱りたくなるのも 道理である。


しかも 叱っている言葉が なかなか 理解できないのであるから、


さぞ イライラしただろう。


やってくる 自分の子や孫に 愚痴を言って気晴らしするくらいしか


なかっただろうし、大変だっただろうなあ、と 思う。


今頃 向こうで 「あー、生きてる時は こよりのせいで 大変だった」と


みんなが おしゃべりしているような気がする。


お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、


私の不出来・不手際の数々の続きはまた


伺いますので、それまで 向こうで 待っていてくださいね。
















人間脳の根っこを育てる 進化の過程をたどる発達の近道
クリエーター情報なし
花風社
コメント