多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

嫁姑問題

2018-10-27 10:13:51 | 人間関係
世間では、「嫁姑関係」というのは


大変なものらしい。間に挟まった夫の難しい立場とか、


夫が 親の味方になり、妻が苦しい立場になるとか、


私が経験したことのない苦労をしている人が たくさんいるそうだ。


私が 結婚した時には、夫の両親と 祖父母がいた。


高齢の両親と祖父母との別居は 考えられない、と夫は言ったし、


私は 高齢者のいない家庭で育ったが、それはそうだ、と納得がいったので


結婚=高齢者4人との同居であった。


祖父母には 近隣に 息子娘がいて、そちらで一緒に暮らそうという話も


あったそうだが、祖父母は 慣れた土地で、家族や友人と暮らしたいという。


高齢になってから 環境が変わるのは 大変だろうし、若い私が


身一つで移動するのが一番いい方法だと 納得しての同居であった。


が。私は 生来の不器用で 発達障害で コミュニケーションが下手で、


家事も 推してしるべしである。夫の住む地域の方言も


ちんぷんかんぷんで、意思疎通ができない中での 同居で、


私よりも 夫の家族の方が 大変だったと思う。


生活上の 不便さや 諸々もだが、


大事に育ててきた孫や 息子が、いきなり(誰かの夫)になってしまった事の


寂しさや 理不尽さは 筆舌に尽くしがたいものがあったのでは、と思う。


もちろん 適齢期になった孫や息子に「配偶者を」と望んではいただろうが、


それが 実現したらしたで、喪失感があったのだろうと思う。


私個人の 出来の悪さや 失敗は 謝れば許してもらえたが、


この「喪失感」を 埋めてあげる事は 私ではどうしようもない事だった。


嫁いびり、のような出来事もあったが、


「長いこと可愛がって 手塩にかけた孫や息子を 同居とはいえ


手放した感情は 寂しいだろうなあ」と そんな気持ちになった。


まあ たとえていったら 昔から ファンで 影日向になって支え、


応援してきた人たちが、人気が出てからファンになって きゃあきゃあ騒いでいるのを見たら


面白くないだろうなあ、という気持ちかなと。


何十年来のファンで、物心両面において 夫を支えてきたファンクラブの重鎮の


お姉様方が、「こないだ 見かけてファンになりました~」という小娘を


歓迎する事は少ないだろうなあ、と。


私としては 長年「夫ファンクラブ」で 苦労され


現在も 絶大なるファンの お姉様方に せめてお茶を出したり


言われたお使いをするくらいしかできないが、


ご機嫌の良い時には 「夫」さんの 昔のエピソードやら


「私の作るこういうものが好きなのよ」と いろいろ 良い事を


教えて下さる。ははー、感服いたしました、と お礼を申し上げ、


私の中の 「夫」情報が 増えた事に感謝である。


なにしろ お見合いでの結婚で、春に出会い、秋に結婚した。


どういう人なのか、ほぼ不明である。私が知っているのは「良い人」というだけである。


こうして 夫ファンクラブの 重鎮のお姉様方のおかげで


夫の 個人情報や 衣食住の好み、などを 把握できたのは幸いだった。


もし 二人だけで 暮らしていたら、生活パターンも


何も 分らず、多分神経の細い夫が 音を上げていたのではないかと思う。


一緒に暮らすうちに、夫ファンクラブのお姉様方の お好みもわかり、


手落ちは 限り無くあるものの、少しは お世話ができるようになった事に


感謝である。もう姑も、大姑も 舅も 大舅も いない。


4世代で にぎやかに 食卓を囲んだ事を 懐かしく思い出す。


呼びつけられて、あれこれお世話をした事も、遠い昔になった。


夫の母や祖母のような 家事の手際の良さや、日常の様々な事の切り盛り、


何も 私は かなわない。夫は 良い家族に 囲まれて育ち、


生活に困る事も無かったが、今 私も無職で 夫を経済的に支えられず、


家事全般に 行き届かない事だらけで 申し訳ないと思う。


しかし 私の不出来を 息子達が 補ってくれ、


夫と息子達が 仲良く語らう姿を見て、安心してくれているのではないかと


思う。











 



愛着障害は治りますか? 自分らしさの発達を促す
クリエーター情報なし
花風社
コメント

「みんな仲良く」の落とし穴

2018-05-23 17:51:57 | 人間関係
よく「職場での人間関係が辛い」「昼食を一人で食べるのが辛い」


逆に「休憩時間は一人で過ごしたいのに、食事に誘われた時の


いい断り方を知りたい」などの声を聞く。


休憩時間の過ごし方にまで 気を遣っていたら、


気の休まる時がないだろうなあと思う。


「みんな仲良く」を どんな場面でも 続けていたら、


精神衛生上あまり良くないのではと思う。



発達障害の特徴として、よく「コミュニケーションの障害」が


取り上げられるが、「コミュニケーション力がある」事と、


「いつでも だれとでも 仲良く」というのとは


違うように感じる。


私は 人から見たら「コミュニケーション障害」なのだろうが、


幼い時に比べたら これでも進歩しているし、


人から見て「空気が読めない人」であっても、


自分の状態を 見極めながら、


努力すべき場所での 努力を続けるつもりである。


どこに行っても すぐに適応できるようには


ならないと思うが、だからと言って 悲観する事もない。


定型・非定型に関わらず、友人・知人との会話で、


「職場の人間関係に悩む」人が 多い事に驚く。


仕事の内容や 待遇よりも、「人間関係」の方が


大きな悩みに なりやすいのだという。


私には 理解できない事だが、世間では


「みんな仲良く」が いつも いつでも 要求されるので、


それに耐えられない人も 自然と多くなるのかなあと思った。



自閉っ子のための友だち入門
クリエーター情報なし
花風社
コメント

「みんないっしょ」にこだわる人

2018-03-14 18:28:06 | 人間関係
障害を持つ子どもの 親御さんは、進路選択の時に


「通常学級か 支援学級か 支援学校か」で 悩むことが多いそうだ。


兄ちゃんの時は 「この子は 絶対に普通の子と違う、何かある」と


思っていたが、見た目では 他の人にはわからないし、


あちこちの小児科で 相談しても 取り合ってもらえなかった。


通常学級に入ったが、体がうまく使えない。不器用である。


文字も 正確に書くことが できなかった。


通常学級で 6年過ごし、中学をどこにするかの選択の時は、


本人が「みんなといっしょにOO中に行く」と言うので


意志を尊重したが 多分 途中で挫折するだろうなあ、と思っていた。


中学では「部活」がある。その中学では「全員参加」だったので、


授業で へとへとになり、その後は部活で 力を使い果たし、


小学校でも 行き渋りがあったのが、


本格的不登校になった。


私は あれだけ無理をしたので ガス欠だな、と思っていたが、


学校の先生には 一大事だったようで、家に電話がかかってきたり、


家に 訪問をと 言われた事もあった。


家に 先生が来たら、子どもが 不安になる事必至である。


私が 学校に出向くようにして、家での様子を 時々連絡しておいた。


月日は過ぎて 卒業式だけ 参加させて、


義務教育終了。「学校とはとりあえず縁が切れたよ。何がしたい?」と


尋ねたら 「家に居る」というので 不登校から 「ひきこもり」になった。


家できままにさせつつ 家事や介護の手伝いをしてもらううち、


ある日「俺、高校いく」と言い出した。


ならどうぞ、と パンフレット等を集め、知人で 現職の高校の先生がいたので、


そのお宅に お邪魔して、説明を受けて 質問もして、


「通信制高校」への進学を決めた。


普通の生徒さんは4年で卒業と言うケースが多いと聞いたが、


学校に通う習慣が無くなって かなり経つし、学習の遅れもある。


だが 息子が 自分で 不登校して 自分で ひきこもりをしていたので、



私が あれこれ 世話を焼かなくてもいいだろう、と放っておいた。



せっせとレポートを出し、時には学校へ出かけ、先生や友達と交流していたようだ。



3年後 卒業し、バイトに行くと言い出した。私は 履歴書の書き方は


手伝ってやったが、面接には 本人が行けばいいし 放置である。


バイト先で あれこれあったが そんな事は当たり前だし、


これも あまり手を出さずにいるうちに 会社から


「正社員にならないか」と 言われ 正社員になり、現在もその会社にいる。


自閉っ子は 最初から 手のかかる子だったので、修行に手をかけ


パニックや 自傷や 偏食などの 問題行動を 減らしていった。


しかし 就学時には どう見ても 「通常学級」では


お客さんに なりそうに思い、訓練の機会が多い支援学級に通わせることにした。


周囲から「普通に みんなと一緒でいいじゃない」「障害児なんかうちの家系にはない」など


雑音があったが スルーして せっせと 修行に励んだ。


自閉っ子は 様々な先生や クラスメイトから 学びができたし、


睡眠障害が治った頃からは、走る事が得意になった。


中学も 支援学級に進んだが、足が速いので 普通のお子さんに交じって


リレーに参加し、活躍し、先生や友人が 応援を送る中走った事が


嬉しかったようだ。


同級生が 高校進学に目を向けるころ、自閉っ子も自分の行く先を考えていたようだ。


学校公開日に 支援学校高等部と、高等特別支援学校の 見学に先生と出かけた。


自閉っ子は 支援学校の高等部の実技に参加して、その学校の先生が


「開校以来 初めてではないか」という 技を見せ 驚かせた。


その後「君は この学校もいいけれど、高等特別支援学校でもやっていけそうだよ」と


声を掛けられた。


高等特別支援学校は 倍率も高く、合格後の学校生活について行けずに


辞めてしまう生徒さんもいると聞いた。


中学の先生は 自閉っ子の 「特別高等支援学校」受験は


気が乗らないようだった。不合格になった時の 自閉っ子の事を考えていたらしい。


私は 先生の 気遣いより 自閉っ子の意志を尊重したかったので、


受験させてもらえるようお願いした。


自閉っ子は 入学後、自分より 知的に高い同級生に囲まれて


学習面では 苦労したようだが、実技の授業や


部活動や 体育祭など、楽しい学生生活を送り、


その後 就労目指して 努力を重ねた。


同級生の進路が 次々決まる中でも、自閉っ子は


あきらめていなかったし、私も同じだった。


3年生の中で 一番最後に進路が決まった自閉っ子。


どちらの子も、「普通ではない」歩みを経て、


今は 「一般社会」の中で 仕事に 余暇にと


充実した毎日を送っている。


小学校や 中学校で 「みんなといっしょ」や「普通の生活」は


送ってこなかった二人だが、学校時代がどうだったかは


周囲が 気にするほど 社会、特に働く場所では 関係がないように思う。


「みんなといっしょにすごすのが幸せ」と 思って


通常学級を選ぶことも 多いようだが、義務教育が終われば、


それぞれ 選んだ場所に 向かっていく。


小学校や中学校で 一緒に過ごした同級生との関係は、


そこで 終わってしまう事もある。


それだけでなく、次の進路を選ぶ時に、


学習や 生活習慣が 身に着いていないと、苦労することが多いという事を


見据えて、通常学級では 得られない事を 家庭や他の場所で


補うことが 必要ではないかと 今 息子達を見ていて感じる。













支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
クリエーター情報なし
花風社
コメント

自由に発言できない人たち

2017-10-20 12:53:07 | 人間関係
私は あちこちの集まりに出掛ける。


そういう場所で 意見を 求められることもある。


言いたい時は 発言するし、


自分と違う意見が出ても それに良い部分があれば


そちらの意見も 認めるし その場で決まった事に従う。


不思議なのは 発言もせず、反対も 賛成も 表明せず、


話し合いが終わってから 陰で あれこれ 言う人である。


嫌なら嫌、といえばいいのになあ、と私は思うが


その人には 言えない理由があり、しかも決まった事項には


不満が 湧いてくるんだろうなあと思う。


選挙が 近いが、選挙にも行かず 



政治に不満を 言う人もけっこういるようである。


「どうせ 自分が 一票入れたって何も変わらない」と


思うのだろうなあ。一票差で 当落が決まる選挙なんて


まずないが、選挙に行かない人が 後から


文句を言うことが 多い事にも驚く。


女性には選挙権が無く、それを 獲得するために


苦労をした過程も知らない人も多いのだろうなあと思う。




発達障害、治るが勝ち! 自分の生き方を自分で決めたい人たちへ
クリエーター情報なし
花風社
コメント

マインドフルネスやら なんとか心理学やら

2017-10-15 15:48:14 | 人間関係
私は SSTが 嫌いである。


通院先のデイケアで SSTを やったことがあるが、


その場にいる事すらできなくて、


その後は 参加は ご遠慮している。


書店にいくと「人間関係がなんたら」という本が


どこにいっても 並んでいて、


人間関係の悩みは 尽きないのだなあと思う。


私が 悩んだ人間関係は 親との付き合いや


きょうだい、子ども時代は 同級生とのつきあいだったけれど、


私の場合は 「こっちが 接触したくないのに 寄ってくる人」が嫌だった。


一番最初の エピソードは 添い寝しようと 寄ってきた母を


幼い私が 手真似で「あっちいけ」と 追い払ったもので、


母は 大ショックを受けたそうだ。


しかし そんな私でも 就職し 結婚し 子育てして


今は 知人・友人も 何人もいるので、


人生何がどうなるか わからないなあと思う。


夫は 人間関係で 疲労する人なので、


家庭や なじみのある極少数の人と お付き合いすることで


対処をしている。


「友達が多いのがいい」とか「集団に入らないといけない」とか


私にとっては 迷信としか 思えないような事を


必死にやり遂げようとする人も 多いようである。


そういう姿を見ていると 大変そうだなあと思う。


私の家族は けして社交性のある方ではないが、


その時々で 自分のできる範囲で 友人や 同僚、


その他の人と 交流をしている様子である。


自分が「仲がいい」と思っていても、相手にとっては


「多数の中の一人」でしかない事もあるし、


その逆もある。


「友人」「仲間」という感覚はその人その人で違うものだし、


すべての人の 希望を満たしてあげる事など不可能だが、


友人の誘いを断れないことで悩んだり、


誘ってくれたのに 行けないことで悩んだり、


どの人とその人に声をかけたらいいのか等々、


世間の 人は 様々な事で 神経を使われるようである。


私は 気を使う事を しないで人生を送ってきたので、


そういう方の話に 目からうろこである。


マインドフルネスとか コーチングとか


アドラー心理学とか いろいろ話には聞くが、


関心がないので どういうものかは わからない。


自分の感性に合うものは どこかで 出会いがあるものだと思うので、


自然体で 過ごす毎日である。



マインドフルネス 「人間関係」の教科書 苦手な人がいなくなる新しい方法 (スピリチュアルの教科書シリーズ)
藤井 英雄
Clover出版
コメント