多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

私は現在イヤイヤ期突入中です

2017-09-12 09:56:04 | 感情
今年の春から、鹿児島講演や 沖縄講演など、様々な


気づきの機会を得て、私にもさまざまな変化がありました。


大きな気づきは、「嫌なこと、理不尽なことは そのまま受け入れなくていい」という事です。


たとえ それから 逃げる事や避ける事は出来ないにしても、


「私は 嫌です」と 言ってみても 良いのだ、という事を


実感しました。


先日の 入院中も、普段なら 気にならない 夫の些細な言動に


言い返してしまったり、


買い物中の 夫の 普段なら気にならない行動に イライラしてしまったり。


「おかしいな?」と 思いつつ


夫や 自閉っ子に 体ほぐしを 手伝ってもらいながら、


「あ、私は 夫の行動が嫌なんじゃなくて、


断りなしに 勝手に決められた過去の様々な人に対しての怒りを


夫に 投影しているんじゃないか」と きづきました。


昔なら、自分の感情を そのまま出していたら 


良い事は 一つもなかったわけですが、


今 夫に 言いたい事を そのままぶつけても


夫とは 破壊的な状況も起きないし、


叩かれたりも 家の外に出されたりもしないわけです。


いわば「第一次反抗期、イヤイヤ期突入」です。50年遅れの。


母が私を妊娠した時には経過が悪く、出産時には母子ともに危険な状態でした。


母子ともに 命の保証はないと言われ、私は未熟児で生まれその後も生死の境をさまよいました。


私が2歳を迎える前に 母は次子を妊娠し、大事を取って 入院をしました。


父は仕事がありますし、入院費を稼がなければなりませんから、


私は 親戚を転々とし、その間に 相貌失認(成人してから判明しましたが)のため、


母の顔を すっかり忘れ、再会の時には 母を「おばさんも ここの家の人?」と


聞いたそうです。知らない顔の、見たことも無い赤ちゃんを抱いた人。


その人を「母」とは 認識できなかった事は 母にも私にも 尾を引きました。


その時に 母が「私が お母さんだよ!」と 言っていたら 結果は違ったかもしれませんが、


母も 驚きのあまり そう答えるしか できなかったのでしょう。


本来「嫌!嫌!」を 連発する時期の2歳代を、他家で過ごし、


自分の家に戻ってからも「自分の家」とは はっきり認識できないまま


過ごした私には そこがまた 大きな欠けになったのでしょう。


はっきり「家族」とわかったのは 父だけでしたから。


その頃の 私に 大きく響いた言葉に、


「お姉ちゃんなんだから、泣いてはいけない」という言葉があります。


私は もともと あまり 泣かない子どもでしたが、この言葉が


しみついて以来、ますます泣かなくなりました。


預かってくれた伯母の話では、泣く時は


押入れの中や 納戸の隅で 声を出さずに隠れて泣いていたそうです。



幼い時に 内臓の病気で 手術をしましたが、その時に術前の


大きな太い注射をするときに、二人の看護師さんが いました。


普通の子は 親から離れて 手術室に向かう時に泣くか 不安がり、


注射の時には 必ず泣くのだそうです。


私が 泣きもせず腕を差し出すのを見て、看護師さんが


「あら、この子泣かないわ!暴れも 嫌がりもしないわ!」と驚いていた様子を


覚えています。術後も 痛み止めをもらった記憶もないですし、


同室の 他の子どもが 痛い痛いと泣くのを 不思議な思いで聞いていました。


入院中も さみしいとか 思いませんでしたし、見舞に来た


伯母が 本を2冊 買ってきてくれたのが 一番うれしかったです。


きょうだいに とりあげられないように気を配ってくれたのか、少し難し目の本でした。


退院後も その本は 私だけが読め、きょうだいと一緒に読めとか


貸してやれとか 言われなかったことで ほっとしたことを覚えています。


抜糸や その他の処置の 辛さとかは 覚えていません。


未熟児で 保育器に居た時の記憶のほうが強烈でしたから、


それに比べたら 手術のほうが 気楽だったのだと思います。


そうした 数々の 「普通の子どもが 感情を 表す機会」に それと気づかず封じ込めてきたものが


今 現れてきているのだなあと 思います。


「勝手に決めないで、私にも聞いて欲しい、相談してほしい」


「私が 嫌だと 思っていることに気づいて」と


50年前の 私が 言いたかったことが いま あふれてきているのだと思います。


夫は 私が 何にいらついているかは わからないけれど、


好物を買ってきてくれたり、買い物に付き合ってくれたりしてくれます。


子どもたちは 私の味方にも 夫の味方にも ならずに、


すっと そばを離れたり、飲み物やお菓子を 勧めにきたり、


「OOを作ったけど 食うか?」と 私や夫を 思いやってくれます。


私の イヤイヤ期が いつまで 続くかわかりませんが、


夫や子どもの おかげで 早く終わりそうな気がします。








 






愛着障害は治りますか? 自分らしさの発達を促す
クリエーター情報なし
花風社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラッシュバックあれこれ

2017-08-12 09:28:39 | 感情
ここ 数日、具合が悪くて


フラッシュバックを 何度か起こした。


色んな事が 浮かんできて、


その都度 嫌な思いで 一杯になり、


パニックになったりも した。



自分を 見つめて、


体を ほぐしつつ、何とか 感情を 幾分抑えられるようになったところで


タッピングを したり、体を温めたり、


白湯を飲んだり。


やたら 塩が欲しい時もあるし、


甘い果物が 食べたくなったり。



暗い所が 心地よい時もあるし、


光を 浴びたい時もあったり。


自分の 体が 望むことをしていくうちに、


気持ちも 楽になっていくのが わかる。


今朝は 夫が「昨日より 調子よさそうだな」と


言ってきた。



夫は お盆休み、子ども達は 出勤。


昼間は 2人で ゆっくり過ごせるのが


うれしいし、楽しみである。


 









TFT(思考場)療法入門―タッピングで不安、うつ、恐怖症を取り除く
ロジャー・J. キャラハン
春秋社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラッシュバック、継続中

2017-07-09 06:38:28 | 感情
まだ 私の フラッシュバックは 続いています。


体に、特に皮膚に 症状が強く出てますが、


精神面のストレスが 皮膚にでやすいのは 当然の事なので、


手当を しつつ、体と心が ほぐれるのを


待ちます。


昨日の夜からは 胸が締め付けられるようになることが増え、


過呼吸になりやすい状態です。


原因が わかっているので、


無理に 症状を 押さえつけることはせず、


自分の 心と体が バランスを取ろうとしているのだと


自分の体が 心地よい事を しています。


睡眠が 浅いですが


私の 心や頭が 「今は 緊急事態!」と


感じているうちは、ぐっすりとは 眠れなくとも


仕方ないし、毎日 体に 起こることが 変わっていくので、


それを 調整していくうち 落ち着くだろうと思います。


知人と 連絡を取れるよう、メールを 送りました。


いつも 私に いい気づきをくださる方です。


返事が来て、その人と 話せたら また事態が変わると 思うので、


その方の お返事を待って また この先どうするかを


考えます。


ご心配頂いた方からのメールやメッセージ、ありがとうございます。


お返事もできないので 申し訳ないです。


非難や 批判の 意見も頂いてますが、


その方に 取っては ご自身の恩人や 先輩や 仲間である佐々木先生の事を


私が 書いたことで 不快になり、言わずには 居られなかったのでしょう。


佐々木先生も 聖人君子ではないし、長所も短所もおありだったという事です。





 





脳みそラクラクセラピー―発達凸凹の人の資質を見つけ開花させる
クリエーター情報なし
花風社
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フラッシュバック

2017-07-07 16:37:45 | 感情
現在、フラッシュバック中です。


なぜ 私が フラッシュバックを起こしたかは、


過去に受けた 不当な扱いの あれこれを 思い出したからです。


浅見淳子さんが ブログに書き起こしてくださいました。



http://blog.goo.ne.jp/tabby222/e/8c26314e5e241fa2e3a26c2c9c72c0ce


その時は、壇上で 話をしても、対談をしても、


謝礼はおろか、交通費も支給されないことを


「おかしいな」と 思いつつも、


主催者の


「予算がないですから」や 「うちは佐々木先生とはご契約しましたが、


あなたと契約した覚えはないですよ」


「あなた当事者ですよね?それ以外の肩書もないのに 講師料?」という言葉の前に


答える術がありませんでした。


講演や 対談の終了後、佐々木先生は 駅や ホテルにタクシーや


主催者の車でお帰りに。


私は先生を見送ったあと、一人で 歩いて あちこち迷いつつ、


駅までたどり着いて 帰宅したこともありました。


それ以外にも、ここには 書けないような事を、あれこれ思い出してしまい、


体に 発疹がでて、


自分が 抱えていた 感情に 気がついた次第です。





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人の感情は様々

2017-02-28 17:57:35 | 感情
長年付き合っていても、人の内心、真の感情までは つかみきれないのが 本当の所だなあと思う。


夫と 30年 一緒にいますが、機嫌のいい日もあれば、そうでない時もあるし、それが当然なのですが


長年一緒にいると それを 忘れて 「あなたはコレコレよね」という 思い込みができてしまい、


「いつもは これ 喜ぶのに何で今日は むっとしてるのかしら」ということがある。


聖人君子ではないのだから、好物を出されても 喜ぶ時もあれば「今日は 食いたくない」という時があって


当然である。


妻の側だって 毎日 習慣になって やってることでも 「あー、今日は やりたくない」という事だって


当然あるし 人間毎日 平常心を保つことは なかなか難しいものである。


子どもだって 大人だって しなければならないこととは わかっていても 我慢して


努力していて、口に出さずにいることもあるので、そこに気づかずに


不用意に 相手の機嫌を損ねてしまい、最悪の場合には 関係が切れてしまうことだってある。



私は 特に 短気で 人の 気に障る事を それと気付かずに してしまう事が多いので、


この欠点を 何とか 変えていきたいと 思っているところである。


子ども達も 大きくなって 就職して 世間には 立派な人が たくさん居る事を 実感し、


私が 母親として いかに ダメな親であるかを しみじみと あるいは 呆れつつ


感じている様子である。


私は 人の情に疎く、 やさしいと言えるところが 非常に少ないので、


私が知らずに 傷つけた人が 世間には たくさんいることを思うと 申し訳ない。


母に叱られても 謝りもせず ただ 母の顔をじーっと 見ているような子どもだったから、


母も 私に イラついたことや 「どうしてこんな子に なったんだろう」と嘆いたことも


あったかもしれない。


私は 親不孝で かつ 愚かな親であるが


どちらも 私と違って 寛大であったから 私と 一緒に過ごしてくれたんだなあと


感謝の念で一杯である。


親不孝な子でも見捨てず育ててくれ、愚かな母親であっても 子どもたちは なんとか 自分の力で


それを 補って 全力で 自分の人生を切り開いて いってくれている。


夫も 私の 欠点に 多分辟易しながらも 30年夫婦でいてくれている。


夫の 忍耐に感謝である。


夫や 子どもの要求が どこにあるのか わかっていながら 


とにかく 毎日の 忙しさにまぎれて かなえてあげらえない事も


多かったし、ただただ 毎日すべきことを こなすことに 集中していたから、


夫や子どもに 十分 気を配ってやれなかったこともたくさんあったように思う。


だが 気がつけば 子どもたちは 私を反面教師として 成長してくれ、


夫は 私の 欠点に 目をつぶりながら 長い年月を 一緒に過ごしてくれた。


これからは 少しでも 家族の 気持ちを 思いやっていければいいなあと思う。


今まで できなかった分を少しでも取り戻そうと 思う。











高麗人参 一和高麗人参濃縮液エキス 30g 1本 最高人参サポニン (30g) [並行輸入品]
クリエーター情報なし
株式会社一和
コメント
この記事をはてなブックマークに追加