多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

自閉っ子への周囲の方の評価

2018-03-31 13:39:16 | 修業について
先日 駅で思わぬ方に出会った。


夫の父と親しかった方で、自閉っ子や兄ちゃんを 小さな時からご存知の方である。


私は 気付かなかったが、向こうから話しかけてくれ、


「こないだ 自閉君と バスで一緒になったんだが、


聞いたことにはきはき答えるし、昔と違ってしっかりしてるなあ、と思って


びっくりしたよ。」とおっしゃる。


近況を聞かれたので、今は 自閉っ子も 兄ちゃんも働いている事と、


ひ弱だったどちらの子も 健康に過ごしていることを お伝えした。


幼い時には、まっすぐ歩くこともできなかった。


あいさつができるまでの 道のりも長かったし、


その「あいさつ」が 自分と相手との コミュニケーションの道具であることに


気付くまでにまた もう一山あった。


そうして 大小の 山や谷を越えながら、楽しみつつその歩みをし、


今の 自閉っ子と 兄ちゃんがある。


幼い時の姿しか 知らない人には 信じられない姿だが、


それぞれ 自力で 歩み、転んだり 息を切らして時には休んだりしつつ、


最後に 自分の 目的地に着いた。


「あんな状態だった子が どうして自立できたんだろう」と


大抵の方が 不思議に思うようだが、


人の育ち方は 皆違って当たり前なので、


「多分 将来こうなるだろう」という 周囲の予想とは


違う姿になることの方が多いと思う。


優勝候補が 予選で脱落したり、思わぬダークホースが出て来たり。


人生は レースとは 違う。何回予選落ちしようが


それは 他人が決めた枠でしかないので、他の所で


チャレンジしてもいい。人生の初めから終わりの瞬間まで、


自分が人生の主人公なのだから、


どんな筋書きになっても 自分が悔いなく生きられれば


それが一番いいのではと思う。


トレーニングも 装備も無しに、


「ラクして 優勝したい」は ありえないように、


人生には 修行が付き物だと思う。


夫も 私も、息子達も、それぞれ


自分なりの 修行をしながら、自分の人生を


精一杯生きている。そういう家族の 帰宅を


迎えられる日が とてもうれしい私である。


わが家の チャンピオンたちの 晴れ姿を、


朝夕見られるのは 私だけの 特権である。






藤家寛子の就活記
クリエーター情報なし
花風社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自閉っ子の成長

2018-01-12 12:17:26 | 修業について
片付けものをしていたら、自閉っ子が9歳の時の


診断書のコピーが出てきた。9歳。特別支援級に在籍中で、


睡眠障害が やや治りかけていた頃の事である。


手帳はもっと以前に取得していたし、何のために


診断書を取りに行き、どこに提出したのか、全く記憶にない。


まあ過ぎた事だし、と内容を見てみた。



「検査への 取り組みは良好で、集中力も問題なし。


全体的に学習能力の弱さが認められるものの、


日常生活の体験を通して習得する力を問う「理解」の力が


最も高いことから、一般的な生活面の能力は 年齢相応。


しかし 知識や作業では スローテンポで 弱さが目立つ事が予想されます。


図形の模写では 形のゆがみや細部へのこだわりなどの失点が 多数認められ、


同年代の 男児の失点の平均より多い事から、複写課題は 大変苦手である事が


明らかです。人物画については、4歳児相当であり、「人を描いてください」の


指示には 反応できず、「顔から描く?」などと 促しながらの描写となりました。


当該児童においては、会話・日常の生活での自立には 対応できているものの、


相手の教示理解を 読み取る力、書写的な課題、与えられた時間内での計画性を


持った作業などには 弱さが認められるため、指導においては


具体的な指示および 声掛けの繰り返し、言い方の工夫などが


必要であると思われます。


時間をかけて練習させたり、手本の提示や誘導を行いながら、苦手な部分の力を


つけさせることが必要と思われます。」



9歳。睡眠障害が治り始めた頃。それにつれて


走る事が得意になってきたころ。


体の 発達が ぐんと伸びてきて、出来る事が


増えていった頃だなあ、と思い出した。


正しい字、人に褒められる字は書けなくても、


がんばって いろいろ読み書きできるようになっていたし、


絵は 苦手でも、指の感覚で 作るもの、


粘土をこねて あれこれ作る事や、


小石や 小枝、ドングリなどを 組み合わせて


色んな物を作っていた事も 思い出された。


4歳相当の力、と判断された中で、その力でできる事を


がんばっていたと思う。


あれから 12年。障害者枠での採用さけれど、


毎日こなす 仕事は 普通の人と全く同じ。


ミスがあれば 叱責されるし、


時には 嫌な事も言われるだろう。


今日も 元気に出勤し、頑張って作業している事だろう。


自閉っ子の 昼休みは、1時から。もうすぐお昼ご飯。


今日の 社員食堂の メニューから何を選ぶのだろう。


食べられるものが 本当に少なかった 偏食の時期も


乗り越えて、友人と 外食に行ったり、


行動の幅が 増えたのを見ると


よく成長したなあと思う。


これからも いろんな成長を見せてくれると思う。


私という親を 踏み台にして乗り越えて、


どんどん変わっていってくれたことが うれしい。











支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
クリエーター情報なし
花風社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別支援学校での生活について

2017-08-28 08:29:30 | 修業について
特別支援学校の中で、「職業科」や「産業科」と言われる


卒業後の就労を 目標にした学校についての


批判や意見を 頂きました。


主な ご意見は


1 障害がある子どもは それぞれにあったペースで学ばせるべき。


  特訓など すべきではない。


2 就労を目的とした学校の存在意義が疑問。



3 子どもたちが 教員の指示に従って動くロボットのようで、軍隊ではないか



主に この3つでした。



私の 次男が 高等特別支援学校に 入学を希望したのは、親や先生の押し付けで無く、


自分で 見学や 体験入学や 説明会に 何度も参加し、すべて理解いたうえでのことでした。


初めての説明会には、募集人員54名の所に、400名もの 希望者が


詰めかけました。学校側が カリキュラムや、学校の授業内容、


入学資格として「知的障害をもつ子どもの学校」であるので、障害者手帳が


必要である事を 説明した時点で、様々な質問が相次ぎました。


2回目の説明会では 半数の200名、


その後 体験入学や 説明会が 続くうち、参加人数は どんどん減っていきました。


受験当日は、あれほどいた志願者は、驚くほど少なくなっていました。


受験を あきらめた方の多くが 抵抗を示したのは、


「自力通学」「障害者手帳の取得」「朝7時、遅くとも7時半までの登校」


それと「携帯電話の所持禁止」でした。


我が家の場合、将来を見越して、苦手な乗り物に乗れるよう


幼児期から 修行していましたし、新しい行き先への行き方を教えれば


それでいいだけですから、親も子も大変な事とは 感じませんでした。


説明会や 体験入学の時も、親子で公共交通機関を使い、駅からは


30分ほど歩きました。


必要な書類等を 受け取ったり、記入の仕方を聞くために 私も行きましたが、


本人は 親と歩くのが 不本意のようで、さっさと歩き、私は置いてきぼり、という事が


しょっちゅうでした。


携帯電話は 子どもが料金を払えるまでは、持たせる気がなかったので、


逆に説明会で「他の子はみんな持ってるんだ」と知ってから、


しつこくねだられました。携帯代を捻出する余裕がないので


それを説明して放っておきました。学校の友人と固定電話で話すのが


不便だったようですが、それもいい経験だったと思います。


朝早い登校をするには、朝の早起きが不可欠で、バスの本数が少ない場所に


住んでいたので、本人はかなり気をつけて 遅刻をしないようにしていました。


通学にかかる時間が長いので、寮に入る事も勧められたそうですが、


入学前の何回かの面談で、本人が「家から通うので、寮には入りません」と


宣言したそうなので、私は「子どもの希望通りにしてください」と伝えておきました。


一時間半以上かかる通学時間、学校についてすぐに支度して 朝のランニング、


その後の授業。普通の椅子に座ってする授業だけでなく、立ったままの作業も


何時間もありました。危険な器具もあるので、先生の指導や指示に従えなかったら


怪我や 事故につながります。


そうした生活の中で、友人との楽しい時間もあり、今まで使うことのなかった


体の使い方を知ることで、得られたものは大きかったと思います。


私の子どもが 一番苦労したのは、知的に遅れがあったことで、


学習に 他のお子さんより時間がかかったことです。


授業を一回受け、テキストやプリントを見るだけでは 理解ができず、


テストの点数が悪い科目もあったのですが、


親に泣きつくことも 報告もせず、担任の先生に



「自分は一回では 覚えられないから、わかるまで教えてほしい」と


お願いし、その後の再テストでは 良い点数を取ったそうです。


私は そのことを全く知らず、先生との面談で 教えていただきました。


おそらく 同級生の中で、知的な能力は 一番低かったと思いますが、


努力を続け、叱られても めげずに 頑張れたのは、


「自分が選んでここに入ったんだ、入学したんだから 絶対に卒業して、


就職もするんだ」という 気持ちがあったからだと思います。



虚弱で、睡眠障害もあり、小学校時代には 遅刻が多く、登校しても


保健室のベッドや 教室の畳敷きスペースで 横になる事も多かったのですが、


体を 整え、家でできる関わりをしていくうちに


朝起きる事が 苦でなくなり、運動の面でも 学習の面でも、


進歩していきました。


無理です、と言われた 高等特別支援学校に合格し卒業し、


今 社会人として 頑張っている姿を見ると、


周囲から 「そこまで(障害のある子に)厳しくしなくても」と言われても、


家でのルール、社会のルール、園や 学校でのルールを


あきらめずに 一つずつ教えていったことも 今役に立っていると思い


良かったと思います。


「企業にとって 都合のいい 子どもに育てただけではないか」という声も


いただきましたが、土日はパートさんが 休みの事が多いので、土日は ほぼ出勤し、


月曜には そのパートさんからいただいたお土産などを 鞄につめて


持ち帰ってくる様子をみていると、いきいきしていて


頼もしく成長したと感じます。


会社からも 評価されて 見合ったお給料をいただき、


余暇は 友人との外出や 時には 泊りがけで旅行に行ったりもしています。


親には 言わない苦労もあったと思いますが、


体力がなく、朝起きられず、気が乗る事しかしない、親の車でしか


移動ができない、という 幼児期の状態のままでいたら、


今の 息子の 楽しさは 得られなかったと思います。


障害、と言っても様々ですから、すべてのお子さんが


わが家の息子と 同じ進路を選ぶ必要はないですし、


お子さんの適性や個性、親御さんの考えも入れて 学校やその後の


行き先を 決めて行かれればいいと思います。


「障害のある子に 無理はさせるな」も 一種の差別だと


私は 思います。「みんな ちがって みんないい」が


進路選択にも 職業その他の選択にも 反映されることを願います。





















支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
クリエーター情報なし
花風社
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高等特別支援学校での3年間

2017-08-26 09:00:29 | 修業について
今回、特別支援学校で、「ランニングのタイムが遅い」という ペナルティを課せられて


校庭を走っていた生徒さんが、熱中症で倒れ 重体で 治療中という


ニュースを見ました。早く回復されることを願います。


その場の いきさつは それ以上わかりませんでしたが、


その生徒さんの 体力や 正しいフォームで走る事ができていたのか、


水分補給や その他、走る上での 知識や 自分のペース、というものを



学校の先生や 周囲の方が、どの位 把握して教えていたのか、が


気になりました。自分の体について、自己管理ができる事も


就労はもちろんですが、長い人生を生きていくために


必要な事だと思うからです。





ネットでは「軍隊的」だの「そもそも こうした学校の存在意義は」など


あれこれ 聞こえてきます。


「ゆっくりと育てるべき こうした子どもたちを、18歳で


職業に就かせる事自体が 無理ではないか」という意見も見ました。



人それぞれ 特性も いろいろですから、定型非定型にかかわらず、


適した進路があるわけで、義務教育ではない


「特別支援学校」に 本人の適性や 意志を無視して


入れる必要はないと 私も 思います。



私の息子は 「高等特別支援学校」を 見学して


体験入学もし、その上で「行きたい」といい


受験して 合格しました。


知能と 学力は 他のお子さんより はるかに下でしたが、


小さなころから そのハンディを補えるように、


家で できる事を探し、一つ一つ乗り越えていくうちに


まっすぐつま先立ちせず歩く事や 一生できないと言われた文字の


読み書き、その他に 成長を見せ、


支援学校の 3年を 楽しく過ごし、就労し、


今は 仕事をこなしつつ 休日は 同僚や 友人と


遊びに出たりして 充実した生活を 送っています。


わが家の場合は それで いい方向にいきましたが、


支援学校で よく言われる 「体力作り」や「自己管理」


「ルールを守る事」などに 抵抗を感じる方は、



他の進路を選ばれた方がいいのではと思います。


「企業に都合のいい子ども」を作るだけではないか、という


批判をしている方もいましたが、最低限のルールが守れず、


自己管理もできない状態で、体力もないのであれば、



一般の企業での就労は 難しいと思うので、


そのお子さんにあった場所を 選ばれるのがいいのではと思います。


適さない場所で 過ごすことは、ご本人も周囲にも


メリットがあまりないと 思います。


「就労できるから あの学校へ入れたい」ではなく、


お子さん本人が 「仕事をしたい」と思っているのか、


そのために 今の自分に何が 足りないか、学校は


その中の 何を補ってくれるのか、などを


しっかり 認識して 受験をしないと、入学後や


就労後が 大変だと思います。


「自分で 自分の人生に必要な事を選ぶ」という意識を、


障害のあるなしに 関係なく、持っていただきたいです。












発達障害、治るが勝ち! 自分の生き方を自分で決めたい人たちへ
クリエーター情報なし
花風社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やれる人ができない人を助ける」がいい

2017-07-15 05:55:15 | 修業について
私が 昨日 ブログに書いた 「やれる人ができない人を助ける」の言葉に


反応した方が多かったです。


Twitterもそうですし、その他 様々な 反響がありました。


補足させていただくと、


私は「やれる人」ばかりに 負担がいく状況には なってほしくないです。


「できない人」に見えても 成長や 発達が いくつになってもあるのだから、


「どうせできないから」と 決めつけて 手を 出したり、


成長過程の お子さんの 未熟さに 「この子はできないから」と


発達の、修行の機会を奪うような事をしないでほしいと思います。



私は 「何もできない子」と 親や 周囲から見られていました。


人前で しゃべる事ができない「場面緘黙」でした。


私が 初対面の人とも 会話ができるようになったのは、


18歳になってからです。


子どもが生まれて、子どもに わかりやすい言葉をかけ、


子どもの 言葉とは言えない言葉から、子どもの意志を読み取ろうと


する中で、私の言語能力は また進歩しました。


「できない人」にも 発達の余地はあるし、


まだ 発揮される機会が なかった 能力や 可能性があるかもしれません。


そこを 見つける努力なしに、「この人はどうせできないから」と


安易に手を出してほしくないと思うのです。


関わる中で、「この人には 何ができるだろうか」を考えて接していくのが


いいと 私は思いますし、「この人は いつでも 自分を助けてくれる」という


誤学習を、相手にさせないでほしいと思います。


人間は 自動販売機ではないので、ボタンを押したら


すぐに欲しいものが出てくるわけではないです。


ですが、一回優しくされると、「いつも自分を助けてくれる人」と


思い込んで、相手が その要求と 違う事をすると、


「冷たくなった」「不当な扱いを受けた」と


思って 怒りや 見捨てられ感を 抱く人も 少なくないです。



「今は 助けてあげるけど、いつでもできるわけじゃないんだ」


「あなたには これが できそうだから、時間がかかってもいいから


これは 自分でやってみて」「あなたが何をしてほしいか、言ってもらわないと


わからないし、言われても 全部を 私ができるわけじゃない。」


こういう関わり方が 人として 対等ではないかと 思います。


本当に必要な 配慮は 求めていいと思いますが、


自分自身の 今の 能力や 限界を把握して、


「ここまでは やれますが、ここを越えた分は どなたかの


援助がほしいです」と 伝えるのが いいのではと思います。



「子どもの要求をかなえてあげた方が、子どもの自立は早い」という


研究結果があるそうですが、その言葉だけを 信じて、


「子どもの要求をかなえる事=愛情表現」


「自分の要求をかなえてもらう事=愛情表現」と


誤解したままの生活を続けて、


親御さんに 負担が かかったり、


かなえてもらえない事が出来た時に、


「なんでしてくれないんだ!」と 不満を持った


お子さんが 問題行動を 起こしたり、精神的に不安定に


なったりしないことを 願うばかりです。
















支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
クリエーター情報なし
花風社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加