多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

懐かしいお菓子

2018-09-25 20:07:48 | グルメ
昔、父の実家に行ったときに、


お供えものの お下がりを もらった。


大きな箱にに 白い四角いものが入っていて、


子ども達に 一つずつ分けてくれた。


その人が 誰だったかは 覚えていない。


口の中でスーッと融けて、


甘い味が広がった。


そのお菓子が 「越乃雪」という名前だと


後になって知ったが、どこに行けば買えるのか


わからない。用事で 実家に行くという母に、


説明して 買って来てほしいとねだったが、


「ああ、越乃雪。あれは 長岡のお菓子だから、


方角が違うわ。でかけたついでに 買うというわけにいかないねえ」と


一蹴され、がっかりしたが 仕方がない。


が、あのお菓子のサイトへのリンクを 今日偶然見つけた。


アクセスし、注文できるか見てみたら、


数日待たなければならないが、送ってくれるという。


写真には、あの時と同じ 白い粉をかぶった


四角い お菓子が 箱に入って並んでいた。


何十年ぶりだろうか。


粳米の粉と、砂糖を使っただけの お菓子。


240年 製法は変わっていないという。


米の粉を使ったお菓子が好きだった舅を思い出した。


もし ここに居たら、「ここらの菓子とは違う味だが、


これもうまいな」と 舌鼓を打っただろうと思う。


届いたら、実家の母にも届け、父にも供えよう。


舅にも「お父さん、珍しいものが手に入りました」と


お供えしようと思う。


昔 一口だけ味わったあの味。


届く日が 待ち遠しい私である。








日本百銘菓 (NHK出版新書 555)
クリエーター情報なし
NHK出版
コメント

日帰り温泉へ

2018-09-21 12:14:38 | グルメ
お風呂の工事、続行中である。


入浴ができないので、夫にスーパー銭湯に行こうと勧めたが、


「遠くに行くのは 気乗りしない」という返事。


近所で もらい湯、という事も 数年前にしたが、


家族みんなで、というのも 迷惑なので、


行き先を分けたら、と 提案したが、夫は


それも 嫌だという。


近くも嫌、街中も嫌、というので、長男が


じゃあ、と提案したのは ちょっと値が張るし


わが家から距離がある場所。


「費用は 俺が持つから」と 夫を説得し、


納得したので 着替えを持って 出発。


離れた場所ですが、静かなので 夫は気にいった様子。


受付で 4人分の費用を払い、3人は男湯へ、私は女湯へ。


駐車場は混んでいましたが、中は 浴場だけでなく、


マッサージや エステ、その他のコーナーに分かれていて、


お客も 入浴だけが目的の人は少ないようで、中は空いていました。


ジェットバスやら 電気風呂、露天風呂にサウナ、とあれこれあり、


私は まず体を洗い、洗髪してから どこに行こうかと


うろうろ。あちこち試して、ゆっくり温まって、


着替えて ロビーに出たら、3人が待ってました。


待たせたね、と声を掛けたら、「あそこに行こう」と


食堂を指します。


4人で メニューを広げ、あれがいい、これもよさそうと


相談し、今日のおすすめメニューから いくつか選びました。


食事も 兄ちゃんのおごり。ラッキーです。


予想外の ボリュームで、食べきれない分は


男3人に 少しずつ 取ってもらいました。


食事が終わっても、夫は 座ったまま動きません。


普段は 急いで 帰りたがるのに、気にいった様子。


ゆったり くつろいで、帰り支度。


受付の側に、おじいちゃんが好きだったものが置いてあったので、


お土産に買いました。


皆が 帰宅してから、毎日そこに通ってます。


入浴だけの日も 食事もする日もありますが、


工事が終わるまで、そこに 通う事になりそうです。


夫は 以前から 一度行きたかったそうですが、


一人では 行けないし、料金もわからず、


家族で行こうと 言い出せなかったそう。


「前から 行きたかったが、来ることができてよかった!」と大満足。


食事も それほど高価ではなく、おいしくてボリュームがあるので


気にいった様子。


工事が 終わるまで、夜の小旅行が続きそうです。













支援者なくとも、自閉っ子は育つ 親子でラクになる34のヒント
クリエーター情報なし
花風社
コメント

美味しいもの尽くしの日

2018-08-12 19:50:45 | グルメ
今日は 兄ちゃんに留守番を頼み、午前中は 夫と出かけてきました。


ひさしぶりに 喫茶店で お茶をしようと 誘いましたが、


どこも 駐車場が 混んでいて、夫は 素通りです。


夫が行きたい所は 距離が 遠かったりして、なかなかうまくいきません。


いくつも 通過して、駐車場に空きがあるお店を発見。


夫は 気が進まないようでしたが、「席が空いてるか見てくる」と


中を覗いたら、空席があり、確保。


夫に 「ここに座ってて」と 頼み、夫が好きそうな物を選びに、


トレイを持って ぐるっとまわりました。


普通のパンや トーストはもちろんですが、


胡麻団子や お焼き 甘いパイなど、和洋中様々な物を好きなだけ


取り、飲み物を頼んで レジで精算のシステム。


これが 自動レジで、店員さんが 商品名と個数をPOSで打ち込むと、


こちらの画面に 明細と料金が表示され、


「こちらに 代金をお入れください」と出ました。


(千円札が不足しています)のPOPに気を取られ、


なぜか「小銭で出さなければ」と 思い込み、


小銭入れから じゃらじゃら小銭を投入しました。


後から「あ、別に千円札を入れたってよかったんだ」と気づきましたが、


初めての事で あわててしまいました。


トレイから お皿に盛られた物を受け取り、席へ。


飲み物ができあがるのを待ちます。


夫は 待ちきれず、先に あれこれ つまんでました。


珍しい物好きなので、新しい味が 気に入ったようです。


飲み物が来て、また 残りを食べ、満足げな夫。


私も 好みの物を食べ、店を後にしました。


夫は 味には満足したものの、混雑した所での食事は


やはり好きではない様子。でも この休みの時期に、空いてるお店を


見つけるのは難しいし、たまには 変わったお店もいいものです。


わが家から わりと近いお店は ほとんどがお盆休み。


遠出する理由ができ、よかったです。


午後から 夫は予定があり、家でやりたい事があるというので、帰宅。


私は 知人に会うため、途中の駅で降ろしてもらいました。


天気が 変わりだし、雷雨の中、ぎりぎり濡れずに 改札までいけました。


目的地に向かう乗換駅で、傘を購入。いつもは天気に関係なく、


傘を持ち歩いているのですが、こういう日に限って荷物に入ってない不思議。


乗り換えて 目的地まで歩く間は、降られずに済みました。


その後 また雷雨。振ったりやんだりでした。


知人と 会い、お茶と おしゃべりを楽しみ、別れる時に、


「これ 持って行く?」と お茶菓子を頂きました。


家族へのお土産に つぶさないように荷物に入れました。


急いで帰宅する途中も、天気は変わり、スマホを見ると


「OO市 急な雷雨に注意」などの 情報が。


運よく 買った傘は使わずに 駅に着き、乗り換えの時も


大丈夫でした。自宅方面への電車に乗ろうとした所、


「OO方面 10分遅れ」の表示が。遅れてもいいや、とゆっくり歩いてホームに


行きましたが、ちょうど 遅れていた先発列車に乗る事ができ、


乗った途端に ザーッと 振り出しました。窓を見ると


時々 稲光も。家族に今電車に乗った事を知らせ、


駅で待ち合わせ。夫と 仕事戻りの自閉っ子と合流し、


帰宅しました。兄ちゃんが「メシ 作ったぞ」と迎えてくれ、


お土産のお菓子を 夫に渡しました。顔がほころぶ甘党の夫。


その後に 宅配便が届きました。ねこ母さんからです。


先日 メールを頂き、都合のいい日と時間をお知らせしてあったのですが、


何が届くかは 家族には内緒でした。鹿児島名物の「しろくま」です。


皆 大喜びで、一個ずつ頂き、舌鼓を打ちましたが、


頂いたのは しろくまの6個セット。まだ 2つ余ります。


残りの2つを 男3人で 争う事になりましたが、


じゃんけんでは 面白くないし、相撲がいいとか


ゲームやトランプで対戦とか あれこれと意見が。


自閉っ子は 体力では兄ちゃんに勝てないので、相撲よりも歌合戦と主張。


夫は ゲームでは 全く息子達にかなわないので、腕相撲希望。


結局 兄ちゃんが 「変な歌聞かされたら かなわんし、腕相撲で筋でも痛めたら


明日の仕事に困るから」と リタイアし、夫と自閉っ子が 2つ目をゲットという事に


なりました。めでたしめでたし。兄ちゃん、オトナの対応です。


ねこ母さん、ごちそう様でした。本場の味に みんな大満足です。








 




天文館むじゃき本家白熊バラエティCセット
クリエーター情報なし
天文館むじゃき
コメント (2)

辛い物好き

2016-12-26 21:17:06 | グルメ
先日 韓国から 日本にお嫁に来た方が、ビビンバを 作ってくださった。


キムチや スープや いろいろ ごちそうしてくれた。


有難くいただこうとしたら、「これ かけるとおいしいよ、でも 辛いの苦手な人はだめね」と


コチュジャンを 出してくれた。いわば 唐辛子みそみたいなものに 見えた。


私は 少しもらってみたが、あまり味がしないので、


たっぷり二さじ すくって ビビンバにかけてみた。


そんなに 辛くなく、むしろ 風味が出ておいしい。とよろこんでいたら


その お嫁さんに叱られた。



「そんなに かけたら 大変だよー。韓国人だって そんなにかけないよ!」と。


胃をやられたり 翌日 トイレで 大変な思いをする人が 過去にいたらしい。


でも 以前 韓国料理を食べた時も 別に何ともなかったし


様子を見たが その夜も 翌日も何も起きなかった。


なーんだ。やっぱり 大丈夫じゃない。と 思った。


今度会ったら 「こないだ なんともなかったから もっとかけていい?」と 聞いてみたいなあ。


どんな顔するだろう。次に会うのが 楽しみだ。


また 自家製 コリアランチを ごちそうしてくれないかなあ。 



CJジャパン ヘチャンドル ゴールドコチュジャン 1kg
クリエーター情報なし
CJジャパン
コメント