多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

朝の起こし方

2019-04-14 06:01:36 | 工夫
起こさなくても起きられるときはいいけれど、なかなか起きられない、という人もいる。


4世代同居の頃、家族を起こす時にいろいろと工夫をした。


朝一番に、「おめざ」を出すのが私の仕事だった。


食事の前に、口にしてもらうものの事である。


朝 血圧が低くて起きられない人には、


梅干や昆布に お茶を添えて出した。


夕食が早く、朝低血糖気味の人には、甘いもの。


それでも起きられない、という場合、季節にかかわらず、手足が冷えている事が多かった。


手足をさすったり、蒸しタオルを使ったり。


足湯も効果的だった。


体の具合が悪い訳ではないが、なんとなく起きにくい、と言う時、


血圧、血糖、体温を整えて 過ごしやすいよう工夫をした。


介護も終わり、子育ても終わり、私が誰かを起こす事は


なくなった。


今朝はゆっくり、一人の朝食を楽しんだ.


夫と長男は休日。いつもなら起きる時間だけれど、まだ起きてこない。


次男はあと30分くらいで自分で起きるだろう。


「おめざ」を用意しなくなって何年経っただろう。


自分好みの朝食を作って楽しんだ今朝。


好きな時間にトイレに行ける。座って食事ができる。


自分の事はいつも後回しだったけれど、その時代があったからこそ、


今の私があるのだと思う。


コメント

障害者枠=ラクだと思う人

2019-04-07 20:39:34 | 法律・制度
障害者枠での就労は楽だと思う人がけっこういて、びっくりするけれど、


ご本人は面接や実習にでかけて、採用不可の通知をもらい


なぜ採用されないのか理解に苦しむ。


で、「障害者枠なのに、なぜ障害者の自分を採用しないのか」と疑問を持つ。


そういう人に出会う事がある。


障害者枠は無条件に採用されるわけではない。


面接や実習で、その職場に見合う能力があるか、


意欲や志望動機も選考のポイントになる。


「配慮してください、ってお願いしたのに、不採用っておかしいですよね」と


言われ、絶句したこともある。


障害者枠だから、自分の障害についてきちんと伝え、


受けたい配慮を伝えるのはいいと思うが、


配慮をお願いするだけで、自分は採用されたら何をしたいか、


どういう事ができるのかをアピールしなければ、


企業側も採用しようという気にはならないだろう。


一般にしろ障害者枠にしろ、採用人数無制限ではないから、


不採用という事ももちろんある。


就職活動と言いながら、情報収集をしないままと言う人も多く、


「障害者枠で就職したのに 一般の人と同じ仕事をさせられた」


「一般の人と同じ仕事なのに、賃金が安い」


などという人も。


事前に 仕事の内容や、賃金について何も調べなかったのだろうか。


不思議である。


コメント

自閉っ子のパンツ騒動

2019-04-06 13:43:04 | 子どものあれこれ
自閉っ子、お友達のお誘いを受けて、あちこちに出掛けていく。


事前にお誘いがある事も多いが、


突然「自閉ー。今からOOに行かないかー」というお誘いもしばしば。


仕事の帰りならば、まだ交通の便もいいが、帰宅してから出直すとなると


公共交通機関の乗り継ぎが不便。


「時間に間に合わない」と答える自閉っ子。


「じゃあ迎えに行くわ」ということもある。


遠路はるばる、お迎えに来てくれるお友達。


先日は スーパー銭湯にいったそう。


そこで 自閉っ子のパンツを見たお友達に


「お前のパンツ、ださくね?」と言われ、


私に 「俺のパンツ、ダサい?」と聞いてきた。


はあ?男のパンツの流行りなんてわかりませんが。


一応説明。


私は女なので、男のパンツの流行はわかりません


自分で好きなの買ってきてください


男受けするパンツが女の子にも受けるとは限りません


彼女ができたら彼女の好みのパンツ買えばいいんじゃない


「そうか」と納得した自閉っ子、まだ「ダサい」パンツを愛用しています。


今日も友達とお出かけだそうで、夕飯はいらないそうです。


コメント

発達障害が治るという事

2019-03-21 16:28:45 | 発達凸凹
発達障害が治る、というと、


「嘘だ」「でたらめを言うな」と言われる。


私は自己流で子育てをし、いわゆる療育とは無縁である。


2人の息子達は 発達障害と診断され、様々な発達のヌケや遅れがあった。


自己流の子育てを続けるうちに、息子達は発達のヌケを埋め、


睡眠障害や偏食、自傷行為などが無くなっていった。


きょうだいであっても それぞれ違う。個性を活かし、


自分達で 進路を決め、社会人として働くようになり、


休日は 家事をこなしたり、友人と出かけたり、余暇を楽しむ。


家族で 食事に出かけたりもする。


発達障害ゆえの 困り事がなくなり、行動の幅が広がった。


「治す」というと 「子どもの個性を潰すのか」と言われたりする。


わが家の息子達は、公私ともに充実した毎日を送っていて、


親が見ていても 楽しそうである。仕事の悩みももちろんあるが、


それは 働く以上当然の事である。


偏食は治ったが、味覚が鈍感になったわけではなく、


個性を潰したとは思わない。外食に行き、いいなと思った料理を、


息子達で 再現してくれたりもする。


聴覚過敏が治り、CDでしか楽しめなかった音楽も、


生のコンサートに行くようになった。


睡眠障害が治り、体力が付き、フルタイム勤務も可能になった。


息子達は 充実した日々を送っているが、


それでも 私に「無理をさせないほうがいいのでは」と言ってくる人もいる。


私は親であるが、成人した以上、問われもしない意見を息子に言うつもりはない。


でも やたらと「無理をさせないほうが」と言われるので、発達障害の界隈では、


それが当たり前なのだろう。兄ちゃんや自閉っ子の主治医であった医師でさえ、


息子達の進路については、口を出さなかったが、息子達に会った事もない人が


「一般企業で フルタイム就労なんてさせて、二次障害が起きますよ」と


言ってくるのは不思議である。


DSMー5で、発達障害は「神経発達障害(症)」となった。


神経発達障害は、生まれつきではなく、脳障害でもなく、一生治らないものでもない。


私は 医師や専門家の診断より先に、息子達の発達のヌケに気付き、


家庭で 様々な関わり方をしてきた。


「治らない」とは夢にも思わなかった。今できない事があったとしても、


子どもの未来や将来を悲観しなかった。


自閉っ子は、睡眠障害や自傷や弱視、知的障害、様々な困難を抱えていたが、


どれも治り、高等特別支援学校を卒業後、障害者枠で就労し、現在も勤務している。


IQで言えば、知的障害の範疇に入るが、日常生活では不自由はしていない。


職場でも、一般の人と同じ仕事をこなしている。


幼い頃抱えていた 困難さは、もうない。


兄ちゃんは、不登校生活の後、高校を卒業し、


一般枠で就職をした。現在は正社員として、役職にも就いている。


発達障害ゆえの特製や、そこから来る困難さがあっても、


息子達は大事な子どもであり、発達のヌケがなくなっても、それは変わらない。


大事な可愛い子どもだからこそ、他の人にも可愛がられるようになって欲しいと思った。


それを親のエゴと取る人もいるようだが、「無理をさせてはいけません」と意見を下さる人が、


私の息子達のサポートをしてくれるわけではない。


私は息子達を治す事に私の出来る範囲で取り組んだ。それが我が家での最良の選択だったから。


私が出会ってきた親御さんで、家庭でできる取り組みをしつつ、お子さんを治した方を


何人も知っている。行った方法は勿論そのご家庭ごとで違うのだが、


「一生治りません」と言われたお子さんが治り、ご本人もご家族もお幸せそうであるが、


周囲から否定的な言葉を掛けられることが何度もあったそうだ。


私自身、発達障害を始め複数の障害や持病があるが、不便さは少ない方が暮らしやすいし、


治るものは治したいと思う。



息子達に私が与えた環境が もし本人たちの望みと違ったとしても、


今 息子達は 自分の人生を自分で選んでいけるのだから、


私という不出来な親に育てられた穴埋めを自分でしていけると思う。


どんな場合でも、自分で選択した道を歩むことが一番の幸せだと思う。


それは障害のあるなしに関係がないと思う。















NEURO 神経発達障害という突破口
クリエーター情報なし
花風社
コメント

診断名に合う仕事は無いと思う

2019-03-19 09:30:00 | 労働
私自身 発達障害を含む複数の障害を持ち、


息子達も 発達障害である。


様々な人に、「発達障害に合う仕事は何でしょう?」と聞かれる。


私も 息子達も 発達障害ではある。似た部分もあるが、


違いの方が大きい。


就いている仕事、していた仕事も 皆別である。


その人に合った仕事、向いている仕事というのはあるかもしれないが、


診断名で「これが向いている」というのは 無いように思う。


自閉っ子が通っていた高等支援学校にも、たくさんの生徒さんがいたが、


選んだ仕事は 様々である。



「発達障害だからOOは向いていない」「OOを選んだ方がいい」と


本人が経験から判断するのではなく、周囲に言われて


進路選択をする事が当たり前になってきているようで、


コワイなあ、と思う。


私は 発達障害であるが、これまでに 販売の仕事しか経験がない。


これを話すと 驚かれる事が多いのだが、発達障害だからといって


販売や接客業に向いていないという事はない。


向いている仕事、やりたい仕事は その人その人で違うのが当たり前なのに、


「発達障害だから」とひとくくりにしないほうがいいと思う。









発達障害の人の「就労支援」がわかる本 (健康ライブラリー)
クリエーター情報なし
講談社
コメント