多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

夫との攻防 居間編

2018-08-19 15:26:25 | 
夫は ここじばらく、仕事や 町内会の用事、


その他の事で 忙しくしていた。


今日は 買い物に付き合ってもらったが、


動きたくないらしく、スーパーの駐車場で


待つとの事。


店内は 大混雑。重い物は買えないので、


野菜を数種類と、乾物、夫と兄ちゃんのおやつを選んだ。


おやつといっても お菓子では物足りないから、


串カツとか 爆弾おむすびとか お腹持ちのいいものである。


おやつというより 普通の人の一食分である。


レジに並んで 待つ事数分。


会計を済ませ エコバッグに荷物を積めて


駐車場に行くと、座席を倒して 夫は寝息を立てていた。


ドアを開けたら 眠そうに 私を見て


「何か 買えたか」というので、


「カツや 爆弾おむすび買った」と報告。


自宅まで ドライブを楽しみ、夫と兄ちゃんに おやつを選んでもらう。


兄ちゃんは 飲み物を持って自分の部屋に行き、そこでおやつタイム。


私は 夫が おやつを楽しむ間、パソコンで 遊んでいた。


私が ネット見て 笑うのを聞き、不思議そうにしていたが、


夫は 夫で 麦茶片手に 串カツをほおばっている。


機嫌よさそうでなによりである。


が。あとで 居間にいったら こんなことに。


畳は 汚してないし、要らない袋だから別にいいけど、


袋取りにいく労力使うんだったら、ゴミ箱に入れて欲しいんだけど。


でも 袋の中に入れないで、上に置いてる。しかも絶妙のバランスで。


こういうのも 才能っていうのかも。普通 串が 落ちてくよね。


落ちかけて ここで止まったのかしらん。


何しろ 夫といると 退屈しません。


Twitterで 五平餅の話題が出てたので リンク貼りました。


TVの影響で、五平餅が 人気だそうです。お米と 味噌だれで簡単に


家で 作れるおやつですが、知らない地方の人には 珍しいもののようです。














くるみ入りごへいたれ 380g マルコ醸造 朝ドラ 半分、青い くるみ 万能 たれ 岐阜県 くるみ 五平たれ 五平餅 チューブ入り くるみごへいたれ ケンミンショー
クリエーター情報なし
マルコ醸造
コメント

断水生活 続行中

2018-08-19 12:04:42 | 緊急時
不便な 自家断水生活にも、慣れてきました。


人間 どんな時でも 何とかなるものです。


水タンク 数個で、一日 暮らせることに 気づき、


これまで いかに 水を 大量に使っていたかに愕然としました。


断水で 不便なのは、蛇口が使えない事で、


それも 蛇口付きのタンクが一個あれば、


洗面や手洗い、米研ぎに野菜洗い、 食器洗い、ほとんどの場面は まかなえます。


トイレの使用の度、水洗タンクに水を入れますが、


これだけ流していたんだ、と気づいてから、


家族は 皆 最小限度の水を使うようになりました。


水道管破裂という 思いもかけない経験で、


家族みんなの スキルが あがったように思います。


水道の修理にかかれば 工事中は 断水生活でしょうが、


この分だと さほど困ることなく 過ごせそうです。


禍福は糾える縄の如し。








shopparadise RC1001-9フードグレード水タンク 夏場水タンク 15L大容量 蛇口付き ウォータータンク 水箱 水飲み器 高品質抗菌PE素材 安定性抜群 利便性最高 旅行・自動車・断水対策・防災・ピクニック・キャンプ・花見などに大活躍
クリエーター情報なし
shopparadise
コメント

母の味覚障害騒ぎ

2018-08-19 11:04:43 | 介護
実家の母を訪ねて、あれこれ話していた時の事。


食べるのが好きな人で、好物がいろいろあるが、


山育ちなので、お寿司や お刺身はごちそうである。


だが、「お寿司を食べても お刺身を食べても味がしない」という。


同居しているきょうだいは、「年だから 味覚が落ちたんじゃないか」


「味覚障害かどうか 検査をしたら」という意見。


母は 「最近は どこのスーパーのも味が落ちたし、


回転寿司に行っても どこのも美味しくない」とぶつぶつ。


しかし 食欲はあるし、私が立ち寄る時に 頼まれて買った



さほど上等ではないお寿司は ぺろりである。


はーん。要するに、一人で食べるのが嫌なんだ。


気持ちの問題だなあ、と気がついた。


きょうだいが 仕事で遅い時、


母は 待ちきれずに 自分で買い物に行く。


回転寿司にも出向く。


だが 骨折後は 足が弱り、歩くだけでも負担だろうし、


買い物で 疲れ、一人で TVの前で 食べてもつまらないのだろう。


今年の猛暑で、母の外出頻度は減っているし、


母の友人も 同じで、話し相手がなく 食事も一人が続き


気持ちが 満たされないんだろう。


兄ちゃんに 話をしたら、「ばあちゃん 大丈夫か」と心配してくれた。


「多分 暑い中 一人で買い物行ったり 外食したりで


疲れるんだろうし、誰かと一緒に食べると 元に戻ると思うよ」と話した。


一人で 歩いて 回転寿司。はしや 湯飲みが 取りにくい店もあるし、


注文も会計も 全部一人、というのが 疲れるのだと思う。


足を痛めてからは杖使用だし、会計で カバンからお金を出すのも


ゆっくりだろうし。食べた気がしないんだろう。


私が スーパーで買った お寿司は ペロッと食べてたから、


お茶一杯淹れて、はし一善でも 手渡してくれる人がいるだけで、気持ちが違うんだろうなあ。


通院の合間に なるべく立ち寄って、お昼だけでも


一緒に 食べる時間を作ろうと思った。


兄ちゃんや自閉っ子が 顔出せば、もっといいけど、


あいにく どっちも 大忙し。


落ち着いたら 一緒に顔見せに行こうと思う。










やさしい味覚障害の自己管理
クリエーター情報なし
医薬ジャーナル社
コメント

薬の処方についての疑問

2018-08-18 21:17:29 | 支援・制度
私は 持病が多いので、複数の病院に通院している。


当然 薬の処方も受けている。


医師から説明を受け、納得して 処方してもらっているものもあるが、


医師に 頼んでいない薬が出されている事がある。


次回の診察で、「OOはまだ 残っています」と


医師に告げるのだが、処方箋には また同じ薬の名前があったりする。


継続して使用する必要がある薬ならともかく、


頓服薬だったり、症状が出た時だけ 使う薬で、


まだ 手元に薬があると 告げても 何度も処方される。


複数の病院に通うので、当然医療費が 高額になる。


私は無職なので、自己負担が少なくなる福祉制度も利用している。


人様のお金で 診察や薬の処方をしてもらっているわけで、


医療費の 無駄遣いはしたくないのである。


だが、医師の中には、


「あなた 自己負担補助の対象でしょ。自分で払うお金は


一定額以上にはならないんだから、いいじゃない」という


おかしな人がいる。私の負担は変わらなくとも、誰かが払う事になる。


使う必要がある薬なら ともかく、使わない薬の処方に


病院の事務手続き、薬局の薬剤師の人件費その他、薬の代金、


お金を使うのは 無駄である。


私は 痛み止めが 嫌いなので、医師に勧められても


処方を断る。しかし 医師としては「痛くて我慢できない」と


電話が入ったり、救急車を利用したりされては困るので、


とりあえず この病気の患者には 痛み止めと抗炎症薬を


毎回処方、という事らしい。使用期限が切れてるわけでもなく、


まだ 自宅に薬があるので、毎回断るが 


それでも 処方される事が 度々である。


患者が 要らないというのに 処方する医師の姿勢に、


疑問を感じるが、薬が無いと 不安という人もいるようである。
























薬局 2018年 8月号 特集 「精神科治療薬の多剤・大量・長期処方を整理する 」 [雑誌]
クリエーター情報なし
南山堂
コメント

断水中。

2018-08-18 19:26:21 | 暮らし
ここしばらく、洗面台や 洗濯機の側に立つと、水音がしていた。


気のせいかな、と思っていたが、どうもそうではないらしい。


息子達に 尋ねると、「聞こえる」「不自然だなあ」という。


兄ちゃんが 水道の元栓を締め、「まだ聞こえるか」と


戻ってきた。音は消えた。


「水道だなあ」と わかったが、


どこから 漏れてるのか、見当がつかない。



メーターを確認したら、どんどん漏れてる事がわかり、


自家断水決行。


洗濯機を回す時間と、家族のシャワー時間を 一致させ、


その間に 飲料水などを やかんや ポリ容器に汲み置き。


家の中で 元栓を開ける時間は、30分程度。


何しろ すごい量が 漏れているのだから、長時間開けておけない。


カンのいい自閉っ子が、「ここが漏れてる」と言い当てたのは、


床下。以前他の工事の時に 開けた場所だったので、


兄ちゃんが 工具を使って開けてみたら、


水道管が破裂していて、どうどうと音を立てて


水が流れている。


これは、という事で


いくつか 水道工事店や 工務店に 電話をしたが、


「以前 工事なさった所へお願いします」と話も聞いてくれなかったり、


「いま 立て込んでまして、8月中にはとても伺えません」というところばかり。


夏休み中に リフォームをしたり、新築工事をしたり、というお宅が


多いのだろう、見積もりの予約すらまだできていない状態である。


明日 また いくつか当たってみる事にして、


現在も 自家断水決行中である。


蛇口をひねれば 水が出る生活のありがたさ。


汲み置きの水では、洗い物も 不便だし、


トイレの水を 流すのも 一苦労である。


明日には どこかの業者さんの 予約が取れますように。





暮らしの実用シリーズ 決定版 自分でできるリフォーム&修繕大百科 (暮らしの実用シリーズ DIY)
クリエーター情報なし
学研プラス
コメント