多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

知的障害も治ります

2019-02-02 11:58:54 | 発達のヌケ
神経発達障害(発達障害)(知的障害)(学習障害)にしても、


一生治らないとか、定型の子どもがどんどん発達するから、


その子が伸びてても「どんどん差が付きます」だの


「IQは 変わりません」「IQは 下がります」だの 嘘ばかり吹き込まれて


それを 信じてしまい、親が絶望、子どもは 成長の機会を奪われるという事が


まだまだ多く、悲しいし、怒りが湧いてくる。


知的障害だ、と判断する材料が、知能検査や 言葉のあるなし、


周囲が望む行動をしてくれるかどうかだったりするから


呆れるばかりである。


知能検査も万能ではない。だからこそ たくさんの種類の検査方法がある。


知能検査で 測れる数値だけで 「知的障害」だと言われたらたまったものじゃない、


知的障害の判定はまあ 良いとしても、「一生治らない」と断言できる根拠は何なのか。


わが家で 知的能力が 低いのは、


数値で言えば自閉っ子、次いで 私である。


自閉っ子が 一番数値が低い時代には、IQ51.軽度知的障害の最低ラインでした。


もし50だったら 「中度」だそうで、検査技師さんにそういわれて


そんな適当な区分なんだ、と思った。


私は 知的障害だから、自閉症だから、と言われても


自閉っ子の伸びる力を信じて あれこれやりました。


家でできる事で、時間がかからない事。お金も要らない事。


で、どうなったか。知能指数はまだ 知的障害の範囲ですが、60台になりました。


知能検査で測る範囲の事は、苦手のようですが、それでも伸びました。


知能は低くても、できる事が増えましたし、学校や家で 様々な知識を得ました。


書き文字は 幼いですが、たいていの文字は読めます。新聞OK,


会社の書類もOK.交通機関の路線図や、案内文も理解できます。


計算は得意ではないですが、予算を立ててその範囲内で使い、


おつりの検算もします。


生活していくうえで、困る場面はほとんどないです。


今は 私や 夫に教えてくれる立場になりました。


交通機関も、時間が早いルート、運賃が安いルートを使い分けています。


会話の力も、ぐんと伸びました。


友だちと出かけた先で、障害者割引チケットを買う事があります。


時に 係り員さんに怪しまれる事があります。


「本当に 障害者?」と。


療育手帳を見せて、納得してもらいますが、


そのくらい 適応できてるという事です。


発達が遅くて 虚弱で 知的に遅れていて、運動能力も遅れがあった子。


視力にもハンディがありました。


家族で一番、どころか 学校時代に学校新記録を出すくらい足が速くなり、


弱視も治り、友達と遊びや旅行に行ってます。


仕事も4年目。後輩もできて 頑張っています。


今 「治りません」宣告を受けて ダメージ受けてる方、


真に受けないで、お子さんの力を信じてください。






自閉っ子のための道徳入門
クリエーター情報なし
花風社
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 薬との付き合い方 | トップ | 夫の節約術 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まりきち)
2019-04-26 12:21:19
偶然、ブログを読みました。
五歳の自閉症の息子の将来に希望を持てずに、悩んでばかりな私に希望を与えてもらえました。
ありがとう❗
Unknown (ocyapu-)
2019-04-27 16:25:04
5歳の息子さんの育児、お疲れ様です。うちの子が診断受けた時、5歳でした。

こだわりが強くて、過敏で、自傷やパニック、睡眠障害がありました。

今は元気に働く大人になりました。連休も仕事ですが、10連勤ではないそうで、友達と旅行に行くそうです。特急列車に乗るのを楽しみにしています。

診断した主治医は小児科医なので、数年前に縁が切れ、今の息子の状態を知りません。多分ビックリすると思います。

社会に出てから、またぐんと成長しました。

コメントを投稿

発達のヌケ」カテゴリの最新記事