多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

夫との休日

2018-10-17 16:39:09 | 
夫の休日である。


夫の予定を聞き、空き時間が いつなのか確かめ、


私がいきたい所や 済ませなければならない用事、などを


擦り合わせ、一日のスケジュールを立てた。


夫は 市役所に用があるというので、一番先にそこへ行く事に。


私は そばの銀行で降ろしてもらい、今月の支払いで


まだ 済ませていないものを振り込んだ。昨日おとといと


調子が悪く、昨日は発熱もあり、一日家に居たので、


支払いが遅れ、督促の電話も来た。


年金を 引き出す人も多く、ATMも窓口も 人で一杯である。


夫から 着信があったが、銀行の中で電話を取るのは止めて


外に出てから 掛けなおしたが、夫は銀行の中がどうかなど


想像がつかないので 大むくれである。


待たせた訳と、お詫びをして、機嫌を直してもらい、次の場所へ。


急ぎの用を済ませて 一旦帰宅。2日間家事を しなかったため、


洗濯物が山である。兄ちゃんは自分で洗っていたし、自閉っ子の洗い物は


そんなになかったが、夫の 作業着や タオルが 洗濯機4回分。


朝一度 干したが、残りを手伝ってもらった。


ただ「洗濯物干して」では 「お前がやれ」で終わるので、


「あなたの作業着が まだ干しきれないんだけど、髙い所の棹に手が届かないんだけど」と


事実を告げて 様子を見る。


「乾燥機を使え」と言われたので、「乾燥機だと 厚手の作業着なかなか乾かないし、


電気代がかかるから申し訳ないなあ。あなたの口座から落ちるんだもんねえ。」と返す。



ちょっと 考えてから、「じゃあ見せろ」とカゴをのぞき、自分が着たいものを


ひょいひょい 日当たりのいい場所に干してくれる。やったあ!


私は タオルや軍足や 軍手担当である。はかどるはかどる。


あっという間に 干せて、二人で お昼食べて休憩。


午後は 夫が出かけるというので 送りだし、


私は 留守番。帰宅した夫に「乾いたかどうか上の物確かめて」と声をかけたら、


「後でなー」というので 「はーい」と言いながら他の事をしていた。


さっき 「散歩がてら 山歩いてくる」と出ていったのを 見送り、


洗濯物を入れようとしたら・・・・


干してあるのは キティちゃんタオル数枚だけ。


夫の物は すでに 全部入れて自分で仕分けしたようで、何もなく、


私や 息子の物は、洗濯かごに 取り込んでありました。


キティちゃんタオルだけが 残してあったのは、


「あいつのだから 触らずに 置いとこう」という事でしょうか。


びっくり。夫の物だけでも 大量なのに、それ以外のものまで


入れておいてくれて、感謝感激です。


わー。今日の 晩ご飯、息子連合は 豚汁を作ると言ってましたが、


私も 夫に 一品作ろうっと。


お豆腐があるし 白滝もあるから、白和えでも作ろうかな。


喜んでくれるといいなあ。


こういうサプライズがあるたび、この人と結婚してよかった、と思います。




















ふるやのもり(こどものとも傑作集)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント

夫との攻防 居間編

2018-08-19 15:26:25 | 
夫は ここじばらく、仕事や 町内会の用事、


その他の事で 忙しくしていた。


今日は 買い物に付き合ってもらったが、


動きたくないらしく、スーパーの駐車場で


待つとの事。


店内は 大混雑。重い物は買えないので、


野菜を数種類と、乾物、夫と兄ちゃんのおやつを選んだ。


おやつといっても お菓子では物足りないから、


串カツとか 爆弾おむすびとか お腹持ちのいいものである。


おやつというより 普通の人の一食分である。


レジに並んで 待つ事数分。


会計を済ませ エコバッグに荷物を積めて


駐車場に行くと、座席を倒して 夫は寝息を立てていた。


ドアを開けたら 眠そうに 私を見て


「何か 買えたか」というので、


「カツや 爆弾おむすび買った」と報告。


自宅まで ドライブを楽しみ、夫と兄ちゃんに おやつを選んでもらう。


兄ちゃんは 飲み物を持って自分の部屋に行き、そこでおやつタイム。


私は 夫が おやつを楽しむ間、パソコンで 遊んでいた。


私が ネット見て 笑うのを聞き、不思議そうにしていたが、


夫は 夫で 麦茶片手に 串カツをほおばっている。


機嫌よさそうでなによりである。


が。あとで 居間にいったら こんなことに。


畳は 汚してないし、要らない袋だから別にいいけど、


袋取りにいく労力使うんだったら、ゴミ箱に入れて欲しいんだけど。


でも 袋の中に入れないで、上に置いてる。しかも絶妙のバランスで。


こういうのも 才能っていうのかも。普通 串が 落ちてくよね。


落ちかけて ここで止まったのかしらん。


何しろ 夫といると 退屈しません。


Twitterで 五平餅の話題が出てたので リンク貼りました。


TVの影響で、五平餅が 人気だそうです。お米と 味噌だれで簡単に


家で 作れるおやつですが、知らない地方の人には 珍しいもののようです。














くるみ入りごへいたれ 380g マルコ醸造 朝ドラ 半分、青い くるみ 万能 たれ 岐阜県 くるみ 五平たれ 五平餅 チューブ入り くるみごへいたれ ケンミンショー
クリエーター情報なし
マルコ醸造
コメント

夫との攻防 食品保存編

2018-08-09 13:36:30 | 
夫は 食べるのが大好きである。


おいしそうに 嬉しそうに食べる姿は


30年以上一緒に居ても 飽きない。


一心不乱で、集中して食べている。


これぞ 長年飢えとの戦いだった 人類歴史を


越えて生き残った人、というほど 食欲に忠実である。


が。食べるのは好きだが、片づけるのが好きという人はあまりいない。


しかし、夫は 私がリウマチで 目も良くないので、


自分の弁当箱も 洗ってくれる。


ゆっくり食べ終わってから よっこらしょ、と


私が食器を運んで 流しに向かうと、


もう 食べ終わった夫が 自分の食器を洗っていたりする。


ありがたい事である。


しかし。夫は 過酷な 食糧事情を越えて


生き抜いた先祖の子孫であるから、食べる事はきちんとするが、


食器や 台所用品の進化に対応する遺伝子はない。


全くないと断言します。(きっぱり)


瓶詰の瓶の蓋は しっかり締めない、というよくあるレベルではない。


食べだした途端に蓋の存在を忘れる。蓋の締めが甘いくらいは


可愛いもので、蓋が 瓶の上に乗ってるだけ、というのも


しばしばである。私はうっかり蓋を持ち上げて、瓶がコロコロ・・・というのも


しょっちゅうである。


瓶詰の 被害は 笑い話で済むが、


インスタントコーヒーやら 砂糖や塩のような粉物は


恐怖である。蓋が甘くて 容器をひっくり返し、


悲惨な目に遭うのは 私である。


夫に「蓋しめてって 言ってるでしょ?」と言っても、


夫としては 後始末をしたつもりなのであるから、


「知らん」か「締めといたぞ」で終わりである。


今時の プラスチックの密閉容器には、夫の遺伝子は


付いていけないのである。


粉物は 私が 細心の注意を払い、そーっと蓋の状態を確認して


開けるようにしているが、今朝は 予想外の出来事が待っていた。


海苔である。最近の海苔は、昔より 小さく切ってあるものが多く、


プラスチックの丸い容器で「朝ごはんのお供に」なんて書いてある。


丸いのは 倒すと転がっていくし、蓋は夫仕様になってない(当たり前だ)


わが家では 味付け海苔も 焼き海苔も食べるが、焼き海苔も


「この袋に入れて保管ください」と ビニールでチャック式のがついている。


昨日の夜、そうめんに もみ海苔を振った時には ちゃんと締めたのだが、


どうも その後 夫が 使ったようで、朝 蠅帳が開いてるのでおかしいなと


のぞいたら、海苔が入ったビニール袋が押し込んであった。


いやーな予感がして 袋を見たら、


チャックが半分開いている。当然、海苔は湿気てしまっている。


あああ。


昔は 大判の海苔も ブリキ缶に入れて保存していたのだが、


今は ほとんどの海苔が 簡易包装で、時代が変わったなあと思う。


やっぱり 夫には 缶が最適だなあ、と 缶入り海苔を探してみたが、


やはり 缶入りのも 小さくて 丸缶か、スリムで わが家で使う海苔の


半分くらいの サイズである。


やっぱり海苔は 大判のを 2・3枚重ねて 五徳に網を置いて


さっさっと あぶってから 手でちぎって使うのが 合っている。


スーパーで探してみたが、海苔の保存容器も プラスチックが多い。


缶だけ買えるかなあと 検索したら、缶一個で 結構な値段である。


缶を買ったら海苔が買えないという矛盾。うーん。


そのうちに デパートで お中元解体セールがあるだろうから、


手帳にメモしておいて、通院の時に デパートに寄ってみよう。


私が 通う病院で 一番遠い個人医院は、地下鉄の側で、


路線を乗り換えれば デパートまですぐである。


私の病気は 治る人もいるが 私のは原因不明で


ちょっと珍しいものなので、一生縁がきれなさそうである。


同じ病気の人も いるらしく、待合室にはどんよりした顔の人や、


家族に付き添われて診察という人も見かける。


私は 通院が 遊び半分なので「こよりさんは 持病の発作も出てなさそうだし、


他の科の方でも 異常なさそうだねえ、気分もよさそうだねえ」という感じである。


前回の 診察では、他の科で減薬されたことを報告したら


「ほー。珍しいねえ。OO先生が 減薬に踏み切ったかね。」と


笑顔を見せ、「今日は これから デパ地下でも行くのかな?」と


話を振られ、「はい。何かおいしいもの探してきます」と答えた。


丁度 急ぎの用で 診察室奥で待機してたスタッフに


筒抜けで、会計の時に 「お大事に」ではなく、


「(人混みの中の移動に)お気をつけてくださいね」と言われてしまった。


これから 帰省の時期で、贈答品のセールは まだである。


デパートの 「お中元解体セール」の時期に合わせて


病院の予約を入れて、海苔缶を手に入れてこなくては。


診察が大事か、セールが大事か。


もちろん セールである。海苔がぱりぱりしている毎日が送れれば、


健康にもいいに 決まっているからである(きっぱり)


最近は 夫の新規ファンの方が増え、


アクセスを見ると 夫カテゴリの過去記事の


いくつかに 何人もの方の足跡がついている。


私の夫の 素晴らしさが じわじわと世間に広まっていくのは


妻として喜ばしい事である。


今日は記念に 秘蔵の 鶏ささみ缶塩味を 奮発する事にします。


胡瓜と 和えて、ごまみそで食べるのが 夫の好み。





























BeHAUS 空缶 半缶天切 C-9000S
クリエーター情報なし
新潟精機
コメント

食べ物へのカンが鋭い夫

2018-07-29 10:52:14 | 
通販で お米やら 洗剤やら 買っていたら、なんとかキャンペーンの


条件をクリアしたとかで、先日「ちんすこう詰め合わせ ご家庭用」というのが


送られてきた。「不揃いですが、お召し上がりに不都合はありません」とある。


夫に 品名をはがした箱を見せ、「中身がわかったら ご褒美あげる」と


箱を渡したら、重さを確かめ、箱を軽く振ってから、「何かはわからんが、


菓子に間違いない」ときっぱり言い切る。


箱をあけながら 「何で わかったの~」と聞いたが


本人も よくわからないらしい。夫のカンは 食べ物に働くようだ。


お菓子を 無意識につかむのだが、その中に 一個しかないものが


あったので、「それ返して。代わりに2個取っていいから」と


交渉し、お茶を淹れて 一服である。


台風が過ぎたが、昨日の風で 多分山道は 折れた木や枝が散乱しているだろう。


雨は それほどではなかったが、風の後も要注意である。


自閉っ子は 仕事に出掛け、今日は 3人で過ごす事になった。


自閉っ子がいないと、イヤホンなしで動画ガンガンとかがないので


静かである。さっきも 玄関に お客がきたが、チャイムもはっきり聞こえ、


用事がすぐ済んだ。


兄ちゃんは 洗濯物を干して、自室で くつろいでいる。


まだ 台風は 他の地方を通過中。昨日は我が家の近くでも 避難所が開設され、


今日の 朝5時に 閉鎖したと連絡が入った。


被害が 少なくて済みますように。まだ 避難所生活の方や、


毎日自宅の片づけで 苦労している方も、また 台風という事で、


心身共に ショックが大きいだろうと思う。


皆さんの無事を祈りつつ、自分でできる節約を考えて、


生活費の中から いくらかでも 送金をしたいと思う。 







<お試し>訳あり!「沖縄銘菓」ちんすこう(20個) 【メール便】【産地直送3~10日で発送】【代引不可】
クリエーター情報なし
ちんすこう
コメント

台所での攻防 三度目

2018-05-11 11:48:38 | 
ある所で 買い物中に、


「ねぎみそ」の試食をやっていた。


混んでいたし 興味もないので 人を避けて


先に進もうとしたら、別のおじさんが出てきて、


「奥さん、味見てって」と言う。


「食事制限中ですから」と言うと たいていの人はあきらめてくれるのだが、


そのおじさんは「じゃあ奥さんが食べなくてもいいから、


これ一つ 持っていって、ご家族に味見てもらって。


気に入ったら 後ろの電話番号に 問い合わせして。」と


小さめのビニールパックに 「試食用」とテープを貼った物をくれた。


帰宅して 夫に見せたら「食う」というので


ご飯に乗せて渡した。


小さいとはいえ、一回では食べきれないので


保存容器を探すが、私の目では見つからない。


そもそも 我が家では 食品を 保存する事が


あまりないので、保存容器も 無い。


でも 一個や二個は あったはず、と考えてみたら、


いつだったか夫が 何か詰めて冷蔵庫に入れていたのを


思い出した。


「こないだ 何か入れて 冷蔵庫に入れてたでしょ。


あれどこにあるの?」と聞いたが「知らん」である。


みその 残りを ビニールのまま 冷蔵庫に入れたら、


固くなるし、夫は 細かい事は気にしない性質なので、


冷蔵庫にそのまま入れて 味噌が あちこちにくっついて


べとべとになるのは 目に見えている。


「あなたの方が 背も高いし 目も見えるんだから、


どこにあるか 探すの手伝ってよ」と頼むが、


夫には どうでもいいい事なので、われ関せずである。


仕方ないので、夫が食べ終わってから 残りを始末しちゃえ、と


夫が いつ 移動するか待ち構えていたら、


夫に 感づかれ、「お前 残りの味噌 捨てようと思ってないか?」と


言い出した。うーん。当たりである。


今度は 夫が どこかにある 保存容器を探し始め、


10分くらいかけて、棚の隅から 見つけ出し、


「これに入れとけ。あと 2回くらい食えるから 捨てるなよ」と


手渡ししてくれた。


その後 夫は 味噌を食べて 保存容器を洗ってくれ、


また こういう事が起きた時に備えて、


棚の一番高い場所に 仕舞っていた。


夫は夫で 私への 攻略法を いくつか考えているようである。


味噌は 気に入ったらしいが、小遣いをはたいてまで


買う気はないらしいし、宅配では料金もかかるしで、


試食しただけで 終わりであった。


わが家は 売り上げに貢献できなかったが、


あの人だかりの中の 何人かの人が あのおじさんから


品物を買ってくれてると いいなあと思います。





焼ねぎ味噌(青唐辛子入り) 180g×2袋
クリエーター情報なし
大島園
コメント