多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

服薬量が、一番多かった頃

2019-03-10 09:20:06 | 精神疾患
服薬量が一番多かった頃の、お薬手帳が出てきた。


今から数年前。


精神科だけで、一日15錠の薬を服用していた。


他の持病もあるから、一日の服用量、34錠。


目薬や ぬり薬などは除き、飲み薬だけ数えても、かなり多い。


その後 神田橋先生の診察を受けに行き、減薬の相談をした。


「減薬は難しいけれど、減らした方がいい」と言われた。


かかりつけ医とも相談を重ねながら、


減薬を開始した。


複数の持病があり、どの病気の主治医も、


「これだけの薬を服用し続ける事は、リスクが大きい」という意見。


病気の治療に最善と思われる処方も、他の薬との飲み合わせで、


敢えて 他の薬にしたりと、医師も薬剤師も私の為に工夫をしてくれた。


どんどん持病が増えていた頃なので、どの医師も


診察に出向くと 他の病気の治療の進み方や、


検査の結果なども聞いてくれた。


そういった体制のもとで、少しずつ確実に治療が進み、


病状が良くなった、検査結果で異常値がでなくなった、


そうした段階まで進んでから、減薬が進められた。


様子を見ながら、少しずつ。


数年がかりで、薬が減っていった。


私の場合、一生飲み続けなければならない薬が、いくつかある。


必要な薬は飲むけれど、必要のない薬は、減らしたい。


たくさんの主治医のおかげで、病気のコントロールができ、


心身共に状態は良くなっている。


通院や検査を続けながら、薬を減らせる状態まで来た事がうれしい。


薬が増え続け、しかも病状が安定しない時期もあったのだから。








エムディーエス お薬手帳 A6 ビタミンS 2冊パック イエロー×レッド 37-007.010
クリエーター情報なし
エムディーエス
コメント

減薬生活中

2019-03-09 19:46:17 | 精神疾患
不調が続きます。


原因が血圧にある事がわかったので、


対処しつつ生活しています。


姿勢を変える時はゆっくりと。


血圧に影響しそうなことをする時は注意して。


私の診察結果を知った長男から、いろいろ聞かれました。


「食事は普通でいいのか?食べていけないものあるか?」等。


私が食べやすいものを伝えると、


「じゃこと梅の混ぜご飯」を作って出してくれました。


塩味と酸味がおいしく感じます。


残りを朝食に食べるつもりでしたが、


先に起きた夫が全部平らげていました。


普段は 梅や紫蘇なんて、自分から好んでは食べない私です。


夫が気がつかないのも無理ないです。


血圧が 上下しやすいので、入浴やトイレもゆっくり。


浴室をリフォームしたので、手すりがある事が


今回本当にありがたいです。出入りがラク。


トイレと室温の温度差には、気をつけなくても大丈夫ですが、


短時間に姿勢を変えるので、注意がいります。


水分も一度に取らず、こまめに。これはいつもと同じ。


介護経験があってよかった。血圧変動を起こしやすい事、


調べなくても頭に入ってます。










起立性調節障害がよくわかる本 朝起きられない子どもの病気 (健康ライブラリーイラスト版)
クリエーター情報なし
講談社
コメント

減薬中、その後

2019-03-08 16:54:44 | 精神疾患
減薬中。なんとなく不調です。


昨日 診察に行きました。


調子が悪い、と主治医に伝えました。


問診の後、主治医が出した結論。


「ちょっと 処置室で 血圧測りましょう」でした。


長年通ってる精神科ですが、血圧測るのは初めてです。


処置室で、「仰臥位で休んだ後、計測します。その後 座位でも計測しますね」と言われ、


ベッドで計測。その後椅子に座って計測。


結果は


「仰臥位だと血圧がちょっと高め。座位だと正常値だけど、


その差が大きいから、動くのがしんどいだろうねえ。」


体調が悪いのは、姿勢を変えた時に血圧の変動が大きいからだそう。


「血圧の差が縮まるまで、気分が悪いのはしばらく続くかもしれないね。


見た感じ 精神的には 落ち着いてるから、これ以上の処置は要らないと思う。


薬は このままの量で。


その後様子見て また減らせるようなら減らしていきましょう」


なるほど。


最近 普段食べない梅干や スポーツドリンクが無性に欲しくなる、と告げたら


「あー、塩分取るのは こういう状態の時は良い事だね。


原因不明の低血圧に、生理食塩水の点滴するけど、効果あるから。


失礼だけど、あなたの体は 面白いねえ。医者の処置の先を行ってるねえ。


お大事に。」


血圧の変動が、減薬から来るのかは 謎ですが、


姿勢を変える時に注意、という事を教えてもらい、


なぜ 梅干が欲しくなるのかもわかったので


夫が帰ったら、梅干買いに行ってきます。



横浜で 干し梅買って 旅行中に一袋食べつくしましたが、


あれも 意味がある事だったんだなあ、と。


同じものは無いかもしれませんが、携帯に便利なので、


スーパーで「干し梅」も探してきます。






NEURO 神経発達障害という突破口
クリエーター情報なし
花風社
コメント

どこまでが健康で、どこからが疾患なのか

2018-05-27 17:49:58 | 精神疾患
私は 発達凸凹のほかに、脳関係の疾患がいくつかある。


てんかんに 双極性障害、相貌失認、などである。


私のてんかんは、一般に思われているような、


倒れて意識が無くなるという症状とは違うタイプで、


「欠神発作」というものである。


けいれんもおきないし、倒れることもないが、数秒から数十秒意識がなくなる。


私も 長い事気づかず、「あれ?今何してたっけ?」という事が


頻繁になったので、「若年性認知症」かと思った。


病院で相談したら、「紹介状書くから、ここへ行って脳波検査しなさい」と


言われた。その際に「力を抜いてください」と言われるが、


私としては リラックスしているつもりでも、


がちがちに体に力が入っているらしい。


何とか検査をしたが、結果は「てんかんの欠神発作」という事で、


服薬を始めた。それから数年になるが、発作は起きない。


栗本啓司さんの コンディショニングを受けて、力の抜き方も覚え、


色んな事で楽になった。


双極性障害は、以前は「躁うつ病」と言われていた。


テンションが高い時と低い時の差が大きく、


躁状態の時は 睡眠時間が少なくても平気だし、


エネルギッシュになると 先生から説明を受けた。


診断にピタリとあてはまるエピソードが私にはないので、


「双極性障害Ⅰ型」にも「双極性Ⅱ型」にもあてはまらないと言われた。


診断がどうであれ、自分がどうなりやすい状態かがわかればいいので、


別に気にせずにいる。先日 神田橋條治先生の本を読んでいたら、


「双極性の人は いわば気分が変わりやすい人だから、


無理に 普通のペースにはめ込むと 無理が出やすい」(大意)と


言うようなくだりがあり、それならそれでいいか、という気持ちになった。


相貌失認は、100人に1人か2人いるそうだが、


「人の顔が覚えられなくて」と言っても


「私だって同じよ」「誰でもある事ですよ」で終わってしまう。


よく いろんな場所で「こよりさん!」と声を掛けられるが、


ほとんどの場合 私には 相手がどこのどなたかわからない。


私の性質をご存知の方は「まあ仕方ないか」で 済ませて下さるが、


私が その方を全く覚えていない事に ショックを受けられる方も多い。


お顔を 真正面から 一対一で 何時間もずっと見ている機会があれば、


覚えられる可能性もあるけれど、


普通に 一回や二回、いや十回程度では 覚えられないと思う。


私は 脳関係の疾患があり、体の疾患もそれに負けず劣らず多いのだが、


病気で落ち込む事は あまりない。


わが家から 病院への交通費がかさみ、


気付かないうちにICカードの残高が足りなくなっていて、


改札を抜けようとしたら 警告音とともに 閉じ込められ、


後ろの人の邪魔になりつつ、駅員さんが来るのを待つ時は


落ちこむ。 


病院に向かって 電車やバスを乗り継いで、やっと到着、という時に


信号機が赤になり、青信号になるのを待って


病院に入って 受付をしようとしたら


「午前の受付は終了しました」の プレートが出ていた時も


へこむ。


朝早くに出て 乗りつぎ乗りつぎをして ようやく来たのに


交通費がかかっただけじゃないか~!と へこむ。


病院も 突然「なんとか学会のためO日は休診いたします」だったりする。


私は 病気そのものよりも、通院に伴う様々な出来事には


困っているけれど、病気そのものには あまり困っていない。


たくさんの主治医が なんとか病気を治そう、進行を止めよう、と


努力してくれる。


検査の結果を説明して、いかに治療が大切かを 力説してくれるが、


私の目には その画像が見えないし、どこが異常で


以前より どこが 深刻な状態なのか、全く分からないので


はあ、と説明を聞き 帰ってくるだけである。


そんなぐうたらな 患者だが、気楽に過ごすのは


ストレス軽減にはいいらしいし、笑う事は心身ともにいい影響があると


聞いたことがある。


私は 毎日夫や息子や 猫に


囲まれて 楽しく過ごしているので、それが 薬や注射よりも


効果があるのかもしれない。


私は 病気を抱えているけれど、病人には見えないと


沢山の人に言われる。どこまでが健康で、どこからが病気なのか、


その線引きをするのは 難しいのかもしれない。









DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル
クリエーター情報なし
医学書院
コメント

双極性障害

2017-10-12 08:16:05 | 精神疾患
私が 「産後うつ」と 診断されたのは、


自閉っ子を産んで 一か月後の事。


私の 様子を見ていた 当時6歳の 長男が、


「お母さん なんか おかしい」と


周囲に告げ、産婦人科の一か月健診で


主治医にそう告げた所、


精神科に 回され そこで 「産後うつ」の


診断が おりました。


診察と 投薬をしつつ、その間隔は様々でしたが


寛解と 再発の繰り返しをしながら


過ごす事が 続き、


一番 大きな波が、2007年に やってきました。


しばらく 再発がなかったので、主治医は もうどこにいるのか


分らない状態で、他の病院に かかる事になりました。


介護と育児の 只中で、大きな波を コントロールするのは


大変でしたが、介護のサポートのために


わが家を 訪れていた ケアマネさんが、


私の 通院と 休息のために


同居の老人に 「デイサービス」の利用を 勧めてくれました。


皆 「家がいい」と 渋りましたが、


その老人たちが 信頼している ご近所の方や、


親戚の方が 説得をしてくれ、


週に2回だけ、デーサービスに 通ってくれることになりました。


私には他の 持病も 多数あったので、その通院の時間が


確保できることが ありがたく、通院の合間に


本を読んだり、ゆっくりコーヒーを飲んだり できる事が


うれしかったです。


しかし 家に戻れば 昼夜関係なく やる事があり、


主治医からは 入院を勧められましたが、老人と子どもを置いて


入院する事に 私自身抵抗がありましたので、通院治療をしながら


また 数年が過ぎました。


なかなか 家を空けられないので、


通販で買い物をするうちに、


日用品や 食品などを 大量に注文してしまい、


家中段ボールの山になったり、


通院のついでに立ち寄った 激安スーパーで


やすいものを買いこんでしまったりと いう事がありました。


金額的には さほどではないし 必要なものもあったのですが、


主治医は「買い方が 尋常ではないので、ちょっと


薬を変えてみようか」と いい、



そうしたエピソードが いくつか あったので、


「最初の診断が 産後うつだと 聞いて


うつの治療をしてきたけれど、


最近の 話を聞くと(双極性障害)の可能性もあるね」と


治療の 方法を変えてきました。


不眠だと 思っていたのが、双極性の「躁状態」の症状だったり、


ASDの「物へのこだわり」だと 思っていたのが


「躁状態」ゆえの 買いあさりも入っていた可能性が


あるとの事で、その治療に変えてから 数年経ちますが


今 様々な面で 落ち着きつつあります。


まだまだ 波がありますが、自分で 自分の様子を見極めつつ、


養生をしながら、毎日を 楽しく過ごしていきたいと思います。


リンクを貼ったのは 私は飲んだ事が無いお酒ですが、


そのお酒の 名前が入った トートバッグを 持っているからです。


「一刻者」とは 「頑固者」というような 意味だそうで、


私に合ってるなあと 思いながら 外出の時に 荷物を入れて


使っています。





 


全量芋焼酎「一刻者」 1.8L [鹿児島県]
クリエーター情報なし
宝酒造
コメント