多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

夏休み、終了。

2016-09-01 09:55:52 | 修業について
自閉っ子が 学校卒業して 1年半経つので、



私も 夏休みとは 無関係になったのですが



夏休みは 楽しかった。



いつもは 学校行ってる 子どもたちが うちにいる。


一緒に遊ぶ。ごはん一緒に作る。



勉強もする。


買い物行って お肉買うときに



一番たくさん はいってそうなのどれだ?


と選ばせたり



フードコートで 食べ物トレイに入れて うまく 運べるか


やらせたり。紙コップは 強くつかむと中身が こぼれる、とか。



洗濯ものが 乾くのは 何時か 予想させたり。



いろいろ 親子で体験しました。



もう そういうのも 卒業して


自閉っ子も 兄ちゃんも 自分で 自分の休みは 管理して


遊びに行ったり 家事したり。


夏休みは 楽しい想い出でいっぱいです。


世間の お母さんが 「夏休みは 地獄」っていうのが


わからなかった 私です。








人間脳を育てる 動きの発達&原始反射の成長
クリエーター情報なし
花風社
コメント (1)