多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

わが家の節約術

2019-01-26 12:31:53 | 節約
ガスや電気の自由化が進んでかなりたつ。


先日 わが家にもガス会社の人が来た。


「今 ガスの自由化で、いろんな会社を比較してお得な契約ができるんですよ」と


言う。パンフレットを出し、あれこれ説明があった。


で、計算式に当てはめて、そのガス会社と契約するといくら得になるか


計算するという。


「今ガス代は、月にいくらですか?」と言われ、


「O千円です」と答えたら、「?」と言う顔をされた。


「あのー、ご家族とお住まいですよね?」と聞かれたので、


「はい。」と答えた。


その計算式に当てはまると、我が家は契約を変えた場合、


年に7000円くらい安くなるという。


年に7000円。月にして580円くらいである。


これを 大きいとみるかそうでないかは


それぞれのお宅で違うだろう。


7000円は 大きいが、契約に関する手続きや、


工事に立ち会うための時間、ガス代はともかく、


これまで 得られていたサービスが無くなる事を考えると、


わが家にとっては トータルでマイナスである。


なので


1 手続きや工事に出向く人手がない事


2 契約者は私ではなく夫なので、私には今の会社の契約を解除して


  お宅と契約する権限がない事


を 伝えた。


向こうも 粘って


「よそのお宅も 契約なさってますし、奥様でも手続きできますよ」としつこい。


どうやって断ろうかなあ、と思った時に 良い事を思いついた。


「今の会社だと、カレンダーやタオルもらえますしねえ。


ガス祭りに行くと 良い景品くれるし。仮にお宅と契約してガス代が安くなっても、


夫の小遣いが増えるだけで、私は損するだけなので。」


「・・・・」


このパターンの断り方はなかったようで、


セールスの人も帰っていった。


数日後、知人から「ガスの契約変えた?」と電話があった。


「うちは変えなかったよ」と言ったら


「えー?ガス代得になるのに」と言われたが、考えはそれそれだから良いのである。


自炊が多いのにわが家のガス代が安いのは、


理由がいくつかある。


1 濡れた鍋ややかんは 底を拭いてから火にかける。


2 お湯を沸かす時や 調理の時は、必要な分だけにする。

  (沸かした後に使わないお湯が残らないようにする。)


3 点火するとガスの火は最大になる。そこからつまみを戻して使う。



ガス台によっても違うと思うが、最大の火力から、つまみを弱火の方に戻しても、


火力はあまり変わらない。我が家の場合、3分の1くらい戻しても、


炎の大きさは同じくらいである。しかし戻した分だけ、ガスの消費量は少なくなる。


1,2,3を 私と 息子達は実践しているので、よそのお宅と比べると


ガスの使用回数は多くても ガス消費量は少なくて済んでいる。


私と兄ちゃんは 手量りができるので、やかんや鍋に水を入れる時には


「ああ、このくらいで大丈夫」と 必要量で水を止めている。


余分に沸かさないので、水もガスも無駄にならない。


ガス会社を変えたお宅では、かなりの節約になったらしい。


うちはうち、よそはよそ、である。


帰宅した夫に いきさつを話したが、


「手続きとか 工事とか面倒なんだろ。会社休んでまで立ち会えないし。


昔から 世話になってるから、今の会社でいいぞ。月に600円浮かすために


面倒な事したくない。」と言う返事だった。


節約といっても、その家庭家庭で お金をかけたい優先順位は当然違う。


生活に支障のない範囲で、無駄な支出を削っていくのが節約だと思う。


世間の「節約術」で 参考になるものは取り入れればいいと思うが、


実践して 暮らしが味気ないものになるのなら、しなくてもいいのではと思う。





 


自閉っ子のための道徳入門
クリエーター情報なし
花風社
コメント

自分のためのお金の確保

2018-07-28 16:21:48 | 節約
私は 定収入がない主婦である。


夫がくれる生活費と、息子達が入れてくれる生活費を合わせて


やりくりしている。息子達が お小遣いをくれるようになり、


その分 臨時の出費や 自分の好きな事に使えるお金が増えた。


それ以前、息子達が 就職する前から、私は 自分の趣味に充てるお金は


こつこつ やりくりして確保していた。


スーパーのポイントが貯まっても、カタログを見ると


何千 何万というポイントがないと 交換できる商品がなかったりした。


そんなにポイントが貯まるほどの買い物はしないから


わが家のポイントで交換できる物を探す。


手間はかかるが お買い物割引券と交換できたり、


運が良ければ 少額だが商品券と交換ができたりした。


ポイントを貯めるために わざわざ出向くのは無駄なので、


ポイントでのメリットは少なかった。


その代りに、普段の買い物で、買おうと思う品物に頭の中で


ランク付けをする。必需品は 値段にこだわらず買うが、


欲しいけれど 今日無くてもとりあえず過ごせるもの、を


ランク外に落とす。何か一品買わずに済ませて、100円を


貯金すると、一年で 36500円である。


私は 水筒を持ち歩くので、外で飲み物をあまり買わない。


「重い水を持つより、買った方が楽なのに」とよく言われるが、


100円が一年後には 3万円以上になるのである。


そのお金で 専門書を買い、パソコンを買うための費用にしたり。


普通の靴では歩きにくいので、ちょっと高いけれど


シューフィッターさんに時間を取ってもらい、普段でも


改まった席でも履ける靴を 買ったりした。


使えるお金にどういう優先順位をつけるかは、人それぞれなので、


自分が満足できることに使うのが一番いいと思う。


夫は 車のメンテナンスを重要視するし、


長男は 趣味にお金を使いつつも、我が家で一番堅実である。


次男は 普段着は 普通の物を着るが、お出かけの時に着る物に


お金を使い、友人との約束があると それを出して着替えていく。


私は やはり 本が一番の娯楽である。


しかし あまり増えすぎても 将来夫や 息子達が困ると思い、


何冊か買いたいのを堪えて、ランク付けをし、


以前よりは 買う冊数を減らしている。


長男も 本が好きで 本棚が一杯になっているので、


使わない部屋の不用品を片づけて、


長男の 書斎にしてやったら喜ぶだろうなあと思う。


今年も 半分以上が過ぎてしまったが、


年末までに 時間と体力のある時にこつこつ片付けて、


長男が もう一部屋使えるようにしようと思う。















書かずに貯まる! クリアファイル家計簿
クリエーター情報なし
扶桑社
コメント

生活スタイルは人それぞれ

2018-04-17 11:04:13 | 節約
以前 片付けに苦心していた頃は、片づけ本が気になって


あれこれ買って読んだ。わかったことは


片づけ本を読む時間に ゴミを拾ったり


脱いだままの洋服をハンガーにかけたりすることのほうが


部屋は片付く、という事だった。


「だれでもできる」「成功者続出」とあっても、


私にあうやり方ではない場合もある。


先日病院の待合室の雑誌を見たら、


節約について あれこれ書いてあった。


「4人家族で 食費10万円は 多すぎ」「有機野菜や国産などに


こだわると食費が膨らむ」などとある。


著者には 「無駄遣い」なのだろうが、食事は体の基本なので、


わが家では 高級品は買わないが、米や調味料は 割高でも


気に入った物を使っている。


何にお金を使うかは その家庭によって違って当たり前なので、


世間がどうあれ、自分たちが 気持ちよく過ごせる



生活のスタイルを作っていけばいいのではと思った。






携書 年収200万円からの貯金生活宣言 (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン
コメント

節約にチャレンジしてみました

2017-11-19 20:23:39 | 節約
本屋さんで 本に囲まれて 至福の時を過ごし、


本を何冊か物色。


レジ前に並んでいたら「500円の節約で大きな差!」と


この本が並んでいました。


なるほどねえ、と思ってぱらぱらめくって


暇つぶし用に もう一冊買おうかなあ、と


思いましたが、「500円を節約しよう!」と言う人の事を


無視して 1000円を超す 値段のその本を買う事に


矛盾を感じまして、その本は買わずに


先に選んでた本だけ買いました。


「500円」の言葉で 買うのをやめた私ですが


「500円」というタイトルに惹かれて 買う人もいるんでしょうね。


とりあえず その日の私の出費は 少し抑えられました。





 


1日500円の小さな習慣 「隠れ貧乏」から「貯蓄体質」へ大変身!
横山 光昭
幻冬舎
コメント

月末の緊縮財政

2017-09-28 09:36:32 | 節約
夫の 給料日は 月末である。


夫の 通帳は 夫が 管理しているので、


給料日には 現金が ない。


夫は 自分の 気が向く時に 現金を 引き出して


私に 生活費をくれる。


子ども達が 早めに 食費をくれる時もあるが、


それに 手を付けると いざという時の 予備費がなくなるので、


できるだけ 家計の管理は 月はじめ、1日からと 決めている。


月末の今、財布の中には お札が そんなにないが、


毎月の 集金用に、小銭が別枠で 確保してある。


集金に 回るような 個人商店は、おつり用の 細かいお金をそんなに持っていない。


わが家では どんな金額を 言われても きっかり出せるように


小銭を 金種別に入れられるコインケースにいれて 確保してある。


お金に 困ったら その在庫から 少し使ってしのぐ。


いきつけのスーパーの ポイントカードも 買い物に使えるので、


普段は 貯めて置き、困った時は 買い物に使ってしのぐ。


食料は 月末でも お米と 調味料は切らさないようにしているし、


日用品も そのように 管理しているので、


月末に 困るのは 生鮮食料品だけである。


野菜が 高いと 困ってしまうが、それでも 毎月なんとか


切り抜けていけるのは ありがたいことである。


月初めに 夫や 息子達にもらった 生活費を 費目別に分け、


各種ローンの支払いや 携帯代、利用商店の集金分、


私の 通院にかかる費用を確保する。そして


残った 金額で 食費 その他のやりくりをする。


出掛けて 買い物をすると 交通費がかかるし


生ものや 重い物、かさばるものが買えないので


通販を 使うことも 多かったが、


代金を 支払うのに クレジットカードを使うと


知らない間に使いすぎてしまうので、思い切って


銀行振り込みや 代金引き換えにした。


代金支払いに 出向くために 車に乗れない私では


けっこう手間がかかるので、


通販の利用 回数が減り、その分 他の費用に回せるようになった。


ここの所 夫も 片づけ、主に不用品の 処理に協力してくれるようになったので、


休日は 使わないものを 探し、夫の車で リサイクルショップに行くこともある。


「一つ5円」だとか「二つで10円」とかの 値段がつくものもあるが、


思わぬものに 高値がつくことがあり、びっくりである。


壊れていても 部品取りに使う人がいたり、


使えなくとも 飾る為に欲しがる人がいるものは 売れるそうだ。


今日も あちこち 押入れを開けて 何か 持っていけそうなものはないか


探して、また 夫と 相談してみようと思う。


今日は 車がないので 出かけられないが、今度の休みに夫の


都合が合えば でかけてみようと思う。


夫と 出かけられるのも、お互い 元気だからで、体が動かせて


好きな所に 一緒に行けるというのは 幸せだなあと思う。














自閉っ子の心身をラクにしよう!
クリエーター情報なし
花風社
コメント