多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

万引きGメンに目をつけられた私

2019-04-22 07:56:08 | 犯罪・遵法教育
たまに行くスーパー。


バスで出かけるが、バスの本数が少ないため、


買い物時間がたっぷりある。


スーパーのテナントに、100円ショップがある。


初めにスーパーを見て、価格調査。


100円ショップを見て、100円ショップで買った方が安いものを購入。


スーパーに戻って、100円以下で買えるものと、スーパーにしか無い物を選んで買う。


これを何度か繰り返していた。


何しろ時間がたっぷりなので。


先日スーパーに寄ったら、中年の男の人がついてくる。


本人は私が気付いたと思っていないようであるが、


私は片目の視野が狭い分、見える目の方は鋭いのである。


耳もいいので、後ろにいる人の靴音も聞き分けられる。


「なんでついてくるんだろう?」と思ったが、


気付いた。ははーん。私怪しまれてるんだ。


そりゃそうだ。店内くまなく見回ったあげく、一回お店から出て


また戻って買い物してるんだから。


この中年男性、どうやら万引きGメンのようだ。


私がレジに行ったら すーっといなくなった。


お仕事お疲れ様です。日誌や報告書に私の人相や出没時刻とか書かれているんだろうなあ。


コメント

夫の信仰

2019-04-22 06:28:07 | 
夫は 神仏を大切にしている。


毎朝 仏壇の前でご先祖にお経を唱え、


神棚の前で 氏神様に御挨拶。


立派である。さすが夫。


私は 氏神様も ご先祖も大切にしつつ、他の信仰も持っている。


夫は私の信仰を否定しないので、ありがたいことである。


夫婦で 信仰観が違うことで、トラブルになるご家庭もあるが


わが家では そうしたことがないのは 夫のおかげである。


が。夫は おおらかなので、氏神様のお札も


お寺からいただいたものも一緒くたである。


仏壇に「OO社大麻」があり、神棚の下に「OO寺大般若」が。


うーん。


これは逆なんだけど。夫の中では矛盾はないんだろうなあ。


どちらも同じに大切なんだし。


夫に罰が当たっては困るので、


神様と仏様に 代わってお詫びをして、


場所を入れ替えました。


神様、仏様。夫に悪気はないので、もし罰を当てるなら、


どうか私にしてください。お願いします。


コメント

朝の起こし方

2019-04-14 06:01:36 | 工夫
起こさなくても起きられるときはいいけれど、なかなか起きられない、という人もいる。


4世代同居の頃、家族を起こす時にいろいろと工夫をした。


朝一番に、「おめざ」を出すのが私の仕事だった。


食事の前に、口にしてもらうものの事である。


朝 血圧が低くて起きられない人には、


梅干や昆布に お茶を添えて出した。


夕食が早く、朝低血糖気味の人には、甘いもの。


それでも起きられない、という場合、季節にかかわらず、手足が冷えている事が多かった。


手足をさすったり、蒸しタオルを使ったり。


足湯も効果的だった。


体の具合が悪い訳ではないが、なんとなく起きにくい、と言う時、


血圧、血糖、体温を整えて 過ごしやすいよう工夫をした。


介護も終わり、子育ても終わり、私が誰かを起こす事は


なくなった。


今朝はゆっくり、一人の朝食を楽しんだ.


夫と長男は休日。いつもなら起きる時間だけれど、まだ起きてこない。


次男はあと30分くらいで自分で起きるだろう。


「おめざ」を用意しなくなって何年経っただろう。


自分好みの朝食を作って楽しんだ今朝。


好きな時間にトイレに行ける。座って食事ができる。


自分の事はいつも後回しだったけれど、その時代があったからこそ、


今の私があるのだと思う。


コメント

障害者枠=ラクだと思う人

2019-04-07 20:39:34 | 法律・制度
障害者枠での就労は楽だと思う人がけっこういて、びっくりするけれど、


ご本人は面接や実習にでかけて、採用不可の通知をもらい


なぜ採用されないのか理解に苦しむ。


で、「障害者枠なのに、なぜ障害者の自分を採用しないのか」と疑問を持つ。


そういう人に出会う事がある。


障害者枠は無条件に採用されるわけではない。


面接や実習で、その職場に見合う能力があるか、


意欲や志望動機も選考のポイントになる。


「配慮してください、ってお願いしたのに、不採用っておかしいですよね」と


言われ、絶句したこともある。


障害者枠だから、自分の障害についてきちんと伝え、


受けたい配慮を伝えるのはいいと思うが、


配慮をお願いするだけで、自分は採用されたら何をしたいか、


どういう事ができるのかをアピールしなければ、


企業側も採用しようという気にはならないだろう。


一般にしろ障害者枠にしろ、採用人数無制限ではないから、


不採用という事ももちろんある。


就職活動と言いながら、情報収集をしないままと言う人も多く、


「障害者枠で就職したのに 一般の人と同じ仕事をさせられた」


「一般の人と同じ仕事なのに、賃金が安い」


などという人も。


事前に 仕事の内容や、賃金について何も調べなかったのだろうか。


不思議である。


コメント

自閉っ子のパンツ騒動

2019-04-06 13:43:04 | 子どものあれこれ
自閉っ子、お友達のお誘いを受けて、あちこちに出掛けていく。


事前にお誘いがある事も多いが、


突然「自閉ー。今からOOに行かないかー」というお誘いもしばしば。


仕事の帰りならば、まだ交通の便もいいが、帰宅してから出直すとなると


公共交通機関の乗り継ぎが不便。


「時間に間に合わない」と答える自閉っ子。


「じゃあ迎えに行くわ」ということもある。


遠路はるばる、お迎えに来てくれるお友達。


先日は スーパー銭湯にいったそう。


そこで 自閉っ子のパンツを見たお友達に


「お前のパンツ、ださくね?」と言われ、


私に 「俺のパンツ、ダサい?」と聞いてきた。


はあ?男のパンツの流行りなんてわかりませんが。


一応説明。


私は女なので、男のパンツの流行はわかりません


自分で好きなの買ってきてください


男受けするパンツが女の子にも受けるとは限りません


彼女ができたら彼女の好みのパンツ買えばいいんじゃない


「そうか」と納得した自閉っ子、まだ「ダサい」パンツを愛用しています。


今日も友達とお出かけだそうで、夕飯はいらないそうです。


コメント