8703の部屋

「ハナマルサンの部屋」です。音楽、スポーツ 世相 等々 気ままに綴ります

まなみーる合唱セミナー2009

2009-01-31 17:47:29 | 合唱

「まなみーる合唱セミナー2009」の参加要項が公開されました。概要をお知らせします。

日 時 平成21年4月29日(水・祝) 10:00~16:00

場 所 岩見沢市民会館/文化センター 「まなみーる」大ホール

講 師 信長 貴富 氏

セミナー内容

10:00        開会セレモニー

10:10~11:50  セミナー1  中高生モデル合唱団レッスン

   曲目  混声合唱とピアノのための「初心のうた」から「初心のうた」

        混声合唱とピアノのための「新しい歌」から「きみ歌えよ」

12:50~13:50  セミナー2  全体レッスン「言葉と音楽の結びつきを探る」

14:00~15:40  セミナー3  特設合唱団レッスン

   曲目  混声合唱とピアノのための「新しい歌」から「鎮魂歌へのリクエスト」

        寺山修司による6つのうた「思い出すために」から「種子」

15:40~15:50   全体合唱「きみ歌えよ」

詳細を知りたい方は8703宛お知らせください。

コメント

おべんきょう

2009-01-30 17:23:36 | 合唱

最近、珍しく、決して得意でない「おべんきょう」を始めた。2月、3月に予定されている北海道教育大学岩見沢校における「芸術教育演習」の下調べである。

先般学生に提示したシラバスには次のように記載した。「合唱音楽の歴史を概観しつつ、その時代の音楽を聴きます。そして、歌います。その中から合唱音楽の魅力を探り、歌うこと、指導すること、指揮することの基本を身につけることを目指します」

現在は「合唱音楽の歴史を概観」をまとめている。<グレゴリオ聖歌><合唱のはじまり><合唱の原点ポリフォニー><ポリフォニーの変遷>あたりまで進み、合わせて楽譜、CDの収集などを行なっている。

元来、得意ではない<おべんきょう>であるが、特に活字を目にして大変なのが睡魔である。20~30分くらい経つと襲って来て、いつの間にかコックリコックリが始まっている。これではいかんと気を取り直して取り組んでも、一区切り1時間が限度である。読んだり、聞いたり、打ったり(書いたり)・・・スローペースで取り組んでいる。

コメント

快挙

2009-01-28 17:31:31 | 合唱

こども音楽コンクールで札幌市立幌西小学校が文部科学大臣奨励賞を受賞しました。

本年度の「子ども音楽コンクール」(HBC,TBSなど主催)全国大会が25日、東京のTBSで行なわれ、札幌市立幌西小学校5、6年生による四重唱「小さな神さま」から“3つの小さなうた”が小学校・重唱部門で最高位の文部科学大臣奨励賞を受賞しました。授賞式は2月28日(土)に東京オペラシティコンサートホールで行なわれます。

児童のみなさん、そして指導に当たった足立 教先生。誠におめでとうございます!

コメント

再会

2009-01-27 06:57:35 | インポート

昨年の10月15日、種子島在住のA君から久し振りにメールが入った。「このたび、結婚することになりました。ついては、来年2月に新婚旅行で北海道へ行く予定です。お会いしたいですね」という内容であった。8703はすぐに「是非会いましょう。具体的日程が決まったならばお知らせください」との返信をした。

先日、「日程が決まりました。2月1日から2泊3日の予定で行きます」の連絡が来た。そして、2月2日の夜に札幌で会うことに決めた。A君夫妻の他に4~5名のメンバーになりそうである。その中には、8703夫妻も入っている。

A君は鹿児島県出身で札幌国際大学在学中に吹奏楽部で8703と出会った。8703が退職した翌年に同大を卒業したのだが、卒業式を終えて鹿児島へ帰る直前に我が家で一泊、卒業祝いをやった。したがって、妻とも面識がある。

折角なので、彼が大学時代にお世話になった教官にも声を掛け、ささやかながら結婚を祝福してあげようと思っている。約4年ぶりの再会である。

コメント

合唱セミナー

2009-01-25 15:24:48 | 合唱

平成20年度「合唱セミナー」(札幌合唱連盟主催)が終了した。心配された天候の異変もなく、全てが滞りなく順調に進んだ。

参加者は110名、講師は満を持して登場の三澤真由美さん。三澤さんの指導を待ち望んでいた107名の歌い手と聴講者3名。そして、連盟役員、実行委員が8名であった。

4曲歌ったが、三澤さんの的確、かつ厳格なる指導により見事な仕上がりであった。中学生から熟年の方々までが女声合唱の醍醐味を堪能し、みなさん晴れやかな表情で帰途についた。

次は、三澤さんの指導で混声合唱をやって欲しいという声が聞こえてきている。

コメント