8703の部屋

「ハナマルサンの部屋」です。音楽、スポーツ 世相 等々 気ままに綴ります

合唱三昧

2011-03-31 12:13:46 | 合唱
未曾有の大災害に、国内はもちろん世界中から支援の手が差し伸べられている最中に、「合唱三昧」などと言ってはお叱りを受けるかも知れないが、8703はこの10日間に、小中高生の合唱演奏会へ5回通った。しかし、残念ながら行けなかった数も同じくらいあった。4月にも2つ予定されているので、まさしく合唱三昧の半月と言える。

各学校とも、一年間の合唱活動の集大成としての定期演奏会なのでプログラムも多彩であり、聞き応えのある内容が多かった。そして、札幌地区小中高生のレベルの高さを再認識するものであった。時期的に、最上級生との別れ、恩師との別れなども避けられないこととして伴ったが、明日への期待も膨らむ演奏会の数々であった。

たいていの場合、若い歌声に感動し余韻に浸るように「勝手にアフター」を設定するため、帰りが深夜に及ぶことが多くなる。したがって、今日は久しぶりに休養日にしつつ、サテライト・セミナーの事務的作業を行なう予定である。~4月29日(金・祝) 「Tokyo Cantat2011サテライト・セミナーin岩見沢」開催予定~
コメント

人事異動~嬉しい便り~

2011-03-25 14:22:49 | インポート
人事異動にからんで、とても気にしていた人物から便りがあった。今朝、新聞を見て異動したことを確認し、密かに喜び安堵していたI 君から、小生の思いが通じたかのごとく、今封書の便りが届いた。I 君は8703が高校教師として担任をしたことのある人物である。

昨年、彼が落ち込んでいる時に、励ましの電話と手紙をもらったことへの礼と、返信が遅れたことについての心情とわびる言葉が込められていた。そして、何よりも嬉しかったことは、多くの人に感謝しつつ新天地での活躍を誓う言葉で結ばれていたことである。

人生、七転び八起きとか、山あり谷ありとか言う。困難を克服し、心機一転生き抜くきっかけとしての人事異動であることを願っている。
コメント

人事異動

2011-03-25 11:06:49 | インポート
3月(4月)は主として公務員の人事異動の季節である。ここ北海道では、本日の小学校、中学校教員の新聞発表をもって教育関係の人事異動は一段落したようである。行く人、来る人、去る人等々、全道規模となれば大変な数であり、とても全てに目を通すことは出来ないが、それぞれの方々のご多幸を祈念するものである。

8703は過去、異動転勤を一度、退職転勤(転職)を一度経験している。新卒で就職したT高校に7年間、転勤したIH高校に15年間勤務し、45歳の時に公立学校を退職し、私学(短期大学)へ再就職をした経験がある。

自らの経験からして、同一箇所に長く勤務することは、よほど自らを律し、リフレッシュすることに努めねばならないことと感じている。長く居ることにより、慣れ、惰性が生れてきて斬新な発想とか進取の精神が失われがちである。そのことに気づいて「何とかしなければいけない」と具体的に感じ始めたのは、同一校10年を経過した頃であったように思う。

したがって、転勤の無い職場に勤務する人は大変なことと推察している。もちろん、転勤の無い職場というのはごくごく限られた職種のみであるが、いわゆる、親方日の丸的な気風が蔓延し、気がつけば破綻という例は少なくないようである。そしてそのことは、教育現場と言えども例外ではないと感じている。


コメント

TOKYO CANTAT 2011

2011-03-21 14:39:07 | 合唱
恒例の「TOKYO CANTAT」が今年も開催される。期間は、4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)である。詳細についてはホームページ http://www.ongakuju.com/t-cantat/ をご覧いただきたい。

招聘外国人講師を招いて「サテライト・セミナーin岩見沢」が開催される。今回は下記要領にて開催予定であるが、本セミナーは事前申し込みが原則であり、事前申し込み無く当日の入場は出来ない。したがって、受講希望の方は大至急の申し込みをしていただきたい。

TOKYO CANTAT2011サテライト・セミナーin岩見沢

日 時  2011年4月29日(金・祝) 10:20~16:00

場 所  岩見沢市民会館 まなみーる大ホール

講 師  カスパルス・プトニンシュ(ラトビア)

セミナー内容

 10:30~12:00  全体レッスン「プトニンシュ先生と歌おう」

 13:00~13:50  モデル合唱団レッスン(女声) 

              ウイスティリアアンサンブル 指揮 藤岡直美

 14:00~15:50  特設合唱団レッスン(混声) 事前指導 松岡直記

問い合わせ先 ℡&fax 0126-23-8555(横山)
コメント

いよいよ明日から

2011-03-17 11:04:56 | 合唱
ここ一週間は主にテレビを通して暗く悲しいニュースに明け暮れていた。それが解消されたわけではないが、いよいよ明日からは、8703の外回りが始まる。

明日(18日)は、滝高同期有志の集いがあり、会合の前に時計台ギャラリーにて盟友粥川尚之君の水彩画を鑑賞する予定である。同期、約10名の集いは1月25日以来であるが、楽しみである。

19日(土)は「天国と地獄」~地獄のオルフェ~をキタラで鑑賞する。岡崎正治氏、針生美智子さん、小貫岩夫氏、押川浩士氏、新井田美香さん、成田恵さん、尾崎あかりさん、中江早希さん、細井友梨香さん、中駄美花さん等が出演する。特に、昨春岩見沢から巣立った中江早希さん(東京芸大大学院生)の成長振りが楽しみである。

そして、20日(日)は札幌市立幌西小学校合唱部の定期演奏会(キタラ小)である。以後、今月中は札幌市内の中学校、高等学校合唱部の演奏会が目白押しである。出来るだけ応援に行こうと思っている。
コメント