8703の部屋

「ハナマルサンの部屋」です。音楽、スポーツ 世相 等々 気ままに綴ります

ドタキャン

2010-09-28 11:30:49 | インポート

最近、練習等のドタキャンとは殆ど無縁であった8703であるが、本日、mommy'sブラスの練習をキャンセルしてしまった。理由は体調の悪化である。

2週間ほど前から時々胃の痛みを感じていたのだが、最近は夜中にも痛みが走るようになった。そして、昨夜も痛みはじめて熟睡が出来なかった。20数年前に経験した十二指腸潰瘍のことを思い出し、いよいよ通院を決心した次第である。

朝早くに病院へ行き、約1時間ほど待ってから診察を受け、採血をし、2種類の薬を受け取って帰宅した。確たる病名、原因は不明だが、今年の春先から服用し続けている薬のせいか?とも考えられる(決して麻薬などではない)。

2週間ほど前から異変を感じたと前記したが、あるいは1か月前であったかもしれない。症状の初期に医師の診察を受けるべきであると反省している。そうすれば、練習を休むようなことなく済んでいたであろう。

コメント

9.26に思う

2010-09-26 13:31:51 | インポート

8703は、1940年9月26日に誕生した。所は、母親の実家があった現在の由仁町三川。当時、父親は現在の夕張市内の小学校に勤務していたので戸籍上の出生地は夕張である。

誕生した8703に会うために、父親が夕張から三川へ向かう汽車の中で「直樹」という名を決めたそうである。Y家の3男として8703は4歳まで夕張で育った。その後、父親の転勤で当時の角田村(現在の栗山町)雨煙別に移住し、小学校時代を過ごした。我が心の故郷である。

雨煙別で過ごした小学生時代に見聞したこと全てが8703の原風景として残っている。雨煙別川では夏は水泳、魚釣りを、冬はスケートを覚えた。近くの山では、夏は山葡萄、栗、コクワ等を採り、冬にはスキーを楽しんだ。自然に親しんだ幼年時代は、8703の宝物である。

コメント

ウオーキング(指揮者の心得)

2010-09-23 12:11:57 | インポート

涼しさに誘われて久方ぶりにウオーキングを行なった。午前中約40分、歩き慣れたコースであったが、全く休むことなく歩き続けても薄っすらと汗ばむ程度。本当に足早に秋の到来である。

猛暑の夏の間は到底歩く気持ちは起こらず、せいぜい家の中で身体を動かす程度であった。そして、先日、芸術の森でのmommy'sブラスの練習。約1時間、立って指揮をしたところ、何となく胸の鼓動が激しくなり、かってない様な疲労感を覚えた。

明らかに運動不足の現れであろう。合唱にしろ、吹奏楽にしろ、指揮者は心身のトレーニングが不可欠であることを再認識したものである。

壮年後期(?)を目前に、新たな歩みを始めようと思っている。(壮年宣言に関しては、何人かの人から?の言葉を貰ったが、あくまでも我流宣言につき、ご放念いただきたい)

コメント

ストーブ

2010-09-22 06:57:13 | インポート

今朝は5時半に起床。冷え込み厳しく、ついにストーブの世話になった。予報では岩見沢地方の最低気温が10℃、最高気温が18℃である。この秋はじめて最高気温が20℃を下回ることになりそうである。

つい最近まで、暑い、秋が遅いなどと言っていたのが嘘のような気温である。宅配の薬屋曰く「今年は風邪の流行が早いようですから気をつけてください」、8703曰く「わかった、がんばって早く風邪にかかるようにするから」、そしてお互いに大笑い。昨日の会話である。

コメント

芸術の森

2010-09-21 07:45:53 | インポート

昨日は札幌市の芸術の森へ行ってきた。札幌mommy’sブラスの練習のために行ったのだが、8703は久しぶりの訪問であった。

休日でもあり、相当な人出を予想していたがむしろ閑散としていた。札幌交響楽団の練習が行なわれていたので、アートホール前の第二駐車場だけが満車状態であった。他には注目すべきイヴェントが無いためか車の数も少なく、当然人の数も少なかった。

8703は約1時間半の滞在であったが、駐車料金の500円には割高感を感じたものである。そして、芸術の森が市民にどの程度定着し、通常の稼働率はどれほどなのかを知りたいと思った。

コメント