モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

3月25日、男鹿毛無山(登山編)

2020-03-27 | 男鹿半島3,4月

(ほぼリアルタイムな話題です。)

3月25日、男鹿毛無山に登ってみた。
男鹿に行くのは今年で三回目だが、毛無山山頂部まで行ったのは今回が(今年)初めてだ。

朝6時半頃、秋田港から男鹿の山々を望む。なんか遠い島に船旅するような気分。




実際は海岸線沿いに国道101号線をクルマで北上する。途中から海越しに男鹿三山を望む。



途中の鵜ノ崎海岸。




鵜ノ崎海岸から見た毛無山。
標高は677mだが、海から登るので登りごたえは十分。



下左は登山口・門前集落にあるなまはげの像。

長楽寺脇から歩き出すと、まずはこの999の石段に圧倒される(下右写真)。

 

実際歩けばたいしたことはないが、なんか凄く急に見える。
ここは一応、オリンピック聖火コースにもなった場所。どう走るのか興味があったが、延期になったので来年のお愉しみとしよう。

石段を登り詰めると、赤神神社五社堂。



今回の非合法マップ。
左マップの下、長楽寺からスタートし、右マップに続く。

 


五社堂の周辺は花が多い。
花については後編(草花編)で詳しく述べるつもりだが、カタクリやキクザキイチゲが咲き出していた。

 

ほどなくブナを主体とした広葉樹林に入る。
冬場や春先は白っぽい幹が美しい。



個々の木も眺めてみる。

                                  あがりこ系の大木
 

サルノコシカケ


                                    ナニワズ                                                                                       ベニチャワンタケ
 


ベニチャワンタケと終わり間近のフクジュソウ


                                         フキノトウ                                                    
山頂部近くなったら、登山道は雪に覆われ出す。
 

樹間から男鹿の最高峰、本山がちらりと見えた。



毛無山山頂部、オオサクラソウ群生地付近は雪にスッポリ埋もれていた。



雪に映る樹木の影。


毛無山、本山ともに山頂は自衛隊レーダー基地がある関係で立ち入りできない。

今回は加茂青砂の展望ポイントを山頂と看做し、ここで昼飯、折り返しとする。



加茂青砂の港をアップで。



3月25日、男鹿毛無山(草花編)へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 箱ヶ森にも登ってみた。(201... | トップ | 3月25日、男鹿毛無山(草花編) »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (Travel Jiji)
2020-03-27 17:05:32
この度はJIJIのブログにフォロー頂きまして有難うございました。どうかこれからも( `・∀・´)ノヨロシクです。大分前沢内に友人がいまして真昼岳の麓をジープで抱きかえり渓谷へ抜けたことがあります。また男鹿もその友人と行きました。懐かしく写真を拝見。その友人んも物故し、時の流れの速さを感じます。
Travel Jiji様へ。 (モウズイカ)
2020-03-27 17:45:45
こちらこそありがとうございます。
真昼岳や男鹿をご存知とは驚きです。
これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
Unknown (t71127aichan)
2020-03-27 20:45:08
こんばんは~
私の拙いブログを訪問して下さりフォローありがとうございます。
私はお隣り県の下北から発信しています。
私もフォローさせて頂きます。
宜しくお願い致します。 ピエロ
ピエロ様へ。 (モウズイカ)
2020-03-27 20:50:13
こちらこそフォロー頂きありがとうございます。
青森は現役時代、よく出張しており、帰りに八甲田や岩木山に登って帰ったことも有りました。下北にはまだ行けておりませんが、よろしくお願い致します。

コメントを投稿

男鹿半島3,4月」カテゴリの最新記事