モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

フクジュソウを見に男鹿五社堂へ。(2020年3月4日)

2023年03月04日 | 男鹿半島3月

(本頁は2020年3月9日に初回アップ。2023年3月4日に、内容を少し改め、再アップした。)


男鹿のフクジュソウは昨年3月3日の分を昨日報告したばかり(こちら)だが、

今年は一日遅れて今日(3月4日)午前中に行って来た。

私事だが半月前から原因不明の鼻出血に悩まされている。
友人達からいろいろアドバイスやお見舞いの言葉を頂いているし、耳鼻科にもかかっているのにまだ直らない。
さいわい出血は軽度ですぐ止まるので、日常生活にはほとんど支障が無い。

男鹿の五社堂ならば本格的な山登りでは無いし、鼻血が出ても問題はなかろうと思い、行ってみた
が、結論を言えば花はあまり良くなかった。
暖冬のせいで早く咲き過ぎたのか、少々古くなっていたのだ。


フクジュソウ



 


ところで友人から男鹿のフクジュソウは
フクジュソウ Adonis ramosa、ミチノクフクジュソウ Adonis multiflola
のどちらか定めて欲しいとの要請が有った。
今日確かめてみたところ、萼と花弁はほぼ同長だった。
と言うことは、フクジュソウ Adonis ramosa ということになる。

隣ではナニワズも咲いていた。これはジンチョウゲの仲間。




折角なので、五社堂付近の景物を。

五社堂への登りの石段は全部で999段有ると言うが、私はまだ数えたことは無い。
なおこの石段をオリンピック聖火リレーが走ると聞くが、どんな展開になるものやら。
可能ならば見に来たいものだ。




石段と途中見た樹木(ブナ)いろいろ。

 


 


今日の五社堂は(向かって)右端の社が工事中だった。よって四社堂として撮影した。




五社堂の詳細については ⇒ こちら


他に見た草花。

          フキノトウ                     エゾエンゴサク(オトメエンゴサク)?
 






イチゲ類やカタクリ、オウレンなどはまだ蕾も出ていなかった。

以上。





コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 君はオオイヌノフグリを見たか。 | トップ | 新鮮紅葉の須川高原散策。前... »

コメントを投稿

男鹿半島3月」カテゴリの最新記事