お灸!

お灸にはまっています。 お灸や漢方などの勉強をまとめてみたいと思いました。 「個人的感想」ですけど...

夫の子?

2012-01-31 08:33:21 | Weblog
時代が進むと予想もしな
かったことが起こるもので
す。 性同一性障害で女
性から男性に性を変え、
女性と結婚し、その妻が
第三者の精子で出産した
という話。

この子を嫡出子(ちゃくしゅ
つし)にするかしないかで
もめているそうです。 はっ
きり言って、嫡出子とするの
は難しい...

ま、それよりも嫡出子などと
いうものは何か、それが先
です。 これは法律に書い
てあります。

民法という法律の第772条
に、「妻が婚姻中に懐胎し
た子は、夫の子と推定する」
とあります。 この「夫の子」
というのが嫡出子です。
コメント

無いことに?

2012-01-30 09:14:31 | Weblog
アメリカのスペース・シャト
ルの歴史を扱ったテレビ
番組があり、驚きました。
飛行中に爆発炎上した、
あの事故についてです。

その運行を管理していた
人が、「訓練でも想定して
いなかった事態だった」と
語っていました。

どっかで聞いた話だな、と
思っていましたが思い出し
ました。 福島の原発事故
です。 想定しなかった、
いや想定したくなかった。

安全管理する人間が、一
番想定したくないことは、
無いことにしよう、そう考え
ていた。 いやはや洋の
東西を問わず、こんなもん
なんですねぇ。
コメント

よりどころ?

2012-01-28 09:53:06 | Weblog
また冷える日が続きます。
この冬は暖かい日と寒い
日の差、寒暖の差が厳し
いですね。

つい油断して薄着で過ご
していましたらお腹が冷え、
一日下痢をしてしまいまし
た。 失敗、失敗...

そうしたら脾経の大横(だ
いおう)、おへその横です
が、ここに圧痛が現れまし
た。 大したもんですね。

何事も変化、変質していく
中で、まだ「よりどころ」とす
るものがあるとすれば、それ
は実証できるものしかない
と思うのです。
コメント

より豊か?

2012-01-27 09:42:08 | Weblog
東京周辺でも埼玉、茨城、
千葉など言葉はまったく
違います。 関西でも同様
に違いがあります。

そうした差に気づけば、日
本語がより豊かなものであ
ることが実感できるでしょう。
お国自慢は結構ですが、
慢心はいけません。

同じ考え方、やり方ひとつ
なら、見た目は良くとも変化
に対応できない。 上を見
る者、下を見る者様々いた
からこそ、人間は永く繁栄
してきた。

この世の中で変わらない
ものは無い。 何百年の伝
統などと言ったところで、そ
の内部では着々と変化、
変質しているものなのです。
コメント

なまり?

2012-01-26 09:03:45 | Weblog
それがあまりに「ひどい」。
この人は関西の人じゃな
いだろう、と調べたらやはり
東京生まれ。

困ったもんですね。 「国
文」学者のくせに、関西
方言すら理解できていな
い...

日本の古文というのは、奈
良、京都に都があった時
代のものですから、本来は
関西「なまり」のはずなの
です。

国文というなら、関西方言
を正確に再現して理解で
きなければ、そこで書かれ
ていることの本当の意味も
分かるはずがない。
コメント

関西方言?

2012-01-25 09:21:51 | Weblog
図書館で半藤一利先生の
大相撲についての本を見
つけ、これがなかなか面白
くて購入したいと思ったん
ですが、既に絶版。

まだ手に入る、「大相撲人
間おもしろ画鑑」を購入し
ました。 色んな逸話があ
ってこれはこれで面白い。

その中の逸話で、力自慢
が今の滋賀県を通り過ぎ
る時に、とんでもない力持
ちの女性に巡り会うという
話があります。

その元の古文を、国文学
者・斎藤雅子先生が現代
の、しかも関西方言で翻訳
したものを載せているので
すが、これがあまりに...
コメント

スパークリング?

2012-01-24 08:20:40 | Weblog
ワインの種類の中にはシャ
ンパンというのもあって、こ
れは少し割高になります。
それは作り方が独特で、手
間がかかるからです。

いわば手間賃を飲んでる、
というようなワケで、確かに
味に深みはありますが、似
たようなスパークリング・ワ
インとそれほど違いはあり
ません。

スパークリング・ワインも良
いものがたくさんあり、ただ
炭酸を後から入れるものか
ら、シャンパンと同じ製法で
できているものなど、千差
万別です。

この違いを味わうのも、また
スパークリング・ワインの楽
しみのひとつです。 値段
を気にする前にまず飲ん
でみる。 楽しむワインなん
ですから。
コメント

飲むもの?

2012-01-23 09:19:13 | Weblog
女房の見ていたテレビ番
組で、1955年産のワイン
を開けて飲んだ、という話
が紹介されたそうです。

いや、スゴイことですね。
ただ酸っぱかっただけだ
と言われたそうですが、
それが当たり前です。

前にも書きましたが、普通
のワインなら5年。 日本に
輸入されたものなら3年が
限度と思って下さい。 それ
なら55年産は何のため?

こういうワインは骨董(こっ
とう)的価値のあるものなの
です。 「持っている」、そ
こに価値がある。 飲むも
のじゃありません。
コメント

ツボを探る?

2012-01-21 10:16:11 | Weblog
ツボの痛み、圧痛は一点
と言うには少し大きい範囲
になります。 通常は親指
の先、くらいにはなります。

グッと押し込むと、ただ痛
いのではなく、何か奥深く
響いていくような、どこかに
つながっているような感覚
があります。

しかもその範囲を少し外
れると、もう圧痛はしない
のが普通です。 筋肉痛
ではこうはいきません。

ツボにはお灸だけでなく
鍼、指圧なども効果があり
ますから、毎日、自分で
ツボを探り、いざというとき
に備えれば良いのです。
コメント

筋肉痛?

2012-01-20 10:04:16 | Weblog
大腸経へのお灸、手の三
里や合谷などは、腕や手
の筋肉に沿っています。
普段良く使うところです。

それならこうしたツボの圧
痛は、単なる使い痛み、
筋肉痛でも圧痛を感じる
ことがあるのではないか、
そう考える方もおられるで
しょう。

私たちが習っております
杖道など、ここの筋肉を
使うのは当たり前です。
「酷使」と言っていいとき
もあります。

しかし練習によるものと
ツボの圧痛は明らかに違
うのです。 筋肉痛では
どこか一点に痛みが集中
するのはマレです。
コメント