お灸!

お灸にはまっています。 お灸や漢方などの勉強をまとめてみたいと思いました。 「個人的感想」ですけど...

涙が?

2011-01-31 08:59:18 | Weblog
女房が韓流に「はまる」ことで
ハングルの勉強を始め、おか
げで様々な新しい知識も得る
ことができます。

YouTubeに、韓国の歌も流
されていて、あれこれ覗いて
いたら、たまたま、キム・ミンギ
という歌手を見つけました。

BeautifulPeopleという歌な
んですが、これには驚きまし
た。 もちろん何を表現しよう
とされているのか、歌詞すら
分からないのですが。

それなのに、その深い歌声を
聴いているだけで、涙があふ
れて止まりません... 歌を
聴いてこれだけ感動したこと
は、なかったですねぇ...
コメント

ぐるぐる?

2011-01-29 09:38:54 | Weblog
ひとつひとつ硬結(こうけつ)
をつぶすつもりで、お灸して
いき、3日ほどで収まったので
すが、面白い経験をしました。

指で硬結を探りながらお灸し
ていくんですが、この硬結が
動く... 硬いところにお灸
をすると柔らかくなります。

ところが、すぐ横に、同じ硬さ
の硬結が現れます。 それに
お灸すると、また柔らかくなっ
て、すぐ横に硬結...

ぐるぐるお腹の中を動き回っ
ているような感触です。 本
当に動いているんでしょうか。
めったに出ない症状なので、
検証するわけにも...
コメント

罪悪感?

2011-01-28 10:27:28 | Weblog
たくさん出されれば、残せば
いいようなものですが、私達
の世代は、食べ物を残すとい
うことに罪悪感があります。

女房も自分で満腹と分かって
いても残せずに、食べきって
しまわないと、何か申し訳ない
気がすると言います。

しかし、その結果は... 結
局、お灸の出番になるんです
が、今回は大変な状態になり
ました。

いつもなら中[月完](ちゅうか
ん)の周辺で済むんですが、
今回は、いわば腹部全体に
硬結(こうけつ)、押すと硬く
感じる部分が、びっしり...
コメント

胃の寸法?

2011-01-27 10:04:31 | Weblog
年を取って運動量も落ち、下
腹の厚みも気になります。 ダ
イエットというものではないで
すが、食事の量を押さえるよう
にしています。

始めのうちは空腹を感じて困
りましたが、なに、慣れてしま
えば、それほど気にならない
ものです。

ただ外食をすると、こちらの胃
には合わせてもらえなくて、か
えって苦労します。 この間も
フランス料理を女房と楽しんだ
までは良かったんですが、そ
こからが...

翌日、女房の調子が悪くなり、
立っていられない、と言いま
す。 それが、お腹が張って、
張ってどうしようもないんだそ
うです。
コメント

お灸の成分?

2011-01-26 08:52:28 | Weblog
その後、韓国の友人にまた聞
いたのですが、なんと、お灸
の成分が入っている、と言い
出しました。 はぁ?

「お灸の成分」と言われても、
お灸が何故効くのか、それす
らはっきりしていない現状で
は、その「成分」とは何を指す
のか...

もしかしたら、もぐさの原料、
ヨモギが入っているのか...
うーーーん、ますます謎が深
まりますね。

ただ、ヨモギは強力な止血作
用があることは知られており、
胃腸の復調に効果があること
も、はっきりはしているようです
がねぇ...
コメント

結局さっぱり?

2011-01-25 09:48:08 | Weblog
この効能はすごいですねぇ!
皮膚が荒れるかとも思ったん
ですが、皮膚に障害は見られ
ません。

一体どういうものなんだろう、と
容器を見ても、ハングル文字
だけ... 女房が辞書と首っ
引きで調べましたが、その小さ
な辞書じゃぁ...

韓国の友人も、あまり日本語が
達者でないので、大体のところ
くらいしか分からない。 古くか
らある漢方薬だとか。 やれや
れ、結局さっぱり...

ま、とにかく、今度韓国に行っ
たら、容器を持参していって、
この塗り薬だけは買っておこう
と思います。
コメント

塗り薬?

2011-01-24 09:47:47 | Weblog
女房の親指の関節胞(かんせ
つほう)の腫れは、はかばかし
くありません。 なるべく使わな
いで、シップをしていたのです
が、プクッとした腫れと痛みが
引かない...

ずいぶんと時間がかかるもの
だなぁ、とあきらめていたら、
女房が、これを使ってみろと、
韓国人の友人から塗り薬をも
らいました。

漢方薬だというんですが、何
だか恐ろしいような... ま、
だまされたと思って塗り、上か
ら包帯で巻きました。

そのまま寝て、翌朝見たら、お
や、腫れがぐっと引いてる。
一週間もしないうちに、腫れは
左手とくらべてほぼ同じくらい
に引き、痛みもない...
コメント

力の抜き方

2011-01-22 10:14:16 | Weblog
そう書いていたら、また杖道の
恩師を思い出しました。 空手
の先生もなさっていて、正しく
武道そのもの、という方でした。

ご自身には厳しく、少々の体
調不良など、という方でしたが、
私たちには優しく、腰や膝の
不調時には絶対に休め、と言
われるのが常でした。

道場でも、やる気が起きない
のなら休んでいい。 またやる
気になったら、いつでもおいで
と言われていました。

一生続けていくものは、無理
なくするのがよい。 武道だけ
でなく、「人生の」力の抜き方
まで教わった気がしました。
コメント

次の?

2011-01-21 10:06:50 | Weblog
しばらく中断していましたが、
近頃、また八段錦(はちだん
きん)を再開しました。 座っ
たままの仕事が主なので、ど
うしても運動不足になります。

私が色んな事に手を出して
は中断するので、父が存命
中は、粘りがない、とよくしか
られていました。

言い訳に過ぎないかも知れ
ませんが、私はまなじり決し
て、何が何でも、というのは
好きになれません。

体調も運勢も、この世の中す
べてが、変化している。 流
れが変われば、次の、自分
に合う流れを待つのが良い
と思うのです。
コメント

「お客さん」

2011-01-20 10:01:05 | Weblog
母が入院中、居室の整理をし
ました。 そうしたら、薬が後か
ら後から出てくる... それも
すべて処方薬、医師からのも
のです。

目薬など、薬の袋には二ヶ月
分と書いてあるのに、ほぼ毎
週処方されていて、どれもこれ
も「使いさし」。

一体、いつから医術は算術や
ビジネスになったんでしょう。
「お客さん」がほしいと言えば、
何でも処方する。

「町医者」というのは、地域で
住民の健康管理をするための
もので、それだからこそ、様々
な優遇がされていると思うの
ですが。 いや、どこで間違っ
たんでしょうね。
コメント