お灸!

お灸にはまっています。 お灸や漢方などの勉強をまとめてみたいと思いました。 「個人的感想」ですけど...

名店?

2008-01-31 09:00:34 | Weblog
ある料亭が偽装で問題になったとき、昔のテレビ番
組を思い出しました。 その料亭の創業者が晩年近
くになって、家族などとお気に入りの料理屋に行った
時のことを番組にしたものです。

胡麻豆腐が出され、箸で触れた途端「今日のは、
この間のより大分良さそうやなぁ」(他の店のものより
ずっとおいしそうだ、との意味です)。 家族などが揶
揄(やゆ)して、「まだ食べてもせぇへんのに...」
(まだ食べてもいないのに)と言うと、苦々しげに「箸
触りが違うがな!」(まったく違うじゃないか)。

箸触り(はしざわり)、食品の滑らかさや感触でその
食品の出来を感じ取る感覚の鋭さに驚くと共に、創
業者が亡くなればこの料亭の値打ちも無くなってし
まうのか、と嘆かわしく思いました。

晩年に近いのに、料理の基本のひとつである箸触り
すら受け継がれていない。 弟子だからといって、師
匠をすべて受け継げるわけではない。 伝承武術の
ひとつを学ぶ者として、伝承の奥深さ、恐ろしさを感
じています。
コメント

大きな部分?

2008-01-30 09:27:21 | Weblog
加藤先生が亡くなって、杖術の大きな部分が失わ
れる、と断定的に書いてしまいました。 明治に移り
杖術の継承が細ってしまった時代ならともかく、多く
の後輩が育っている現在、現役の指導者に失礼で
はないか、とも感じます。

書き方の失礼さはお詫びするとしても、いくつかの点
でこの指摘の正しさは揺るがない、と思うのです。 
そのひとつが「打ち」の特異性です。

加藤先生に、杖術の「本手打ち」という打ち方で、
太刀を振り上げた腕を打っていただいたことがありま
す。 頭上から振り下ろしてくる打ち方なのですが、
当たった瞬間、上から打ち下ろしてきているはずなの
に、下から斜め上に力が加わるのが分かりました。

ひとつの動作でふたつの効果、打ち下ろすと同時に
下から「支える」力(対抗しようとする相手の動きを
封じてしまう)を加えるという、これは下のクラスの先
生にはできません。 技の奥義は通常の伝承では
伝えられないのではないか、「超人」の世界というも
のがあるのではないか、そう思えてならないのです。
コメント

酔う?

2008-01-29 09:08:57 | Weblog
「鍼灸真髄」の中に気になる記述があります。 お灸
を続けているとお酒に酔いやすくなる、と沢田先生が
言われていた、とあります。

酒豪だった人がお灸を続けることで一合程度しか飲
めなくなった、ということなんですが、本当なんでしょう
か? なかなか給料が上がらず、あまり景気が良い
とも言えないので、これが本当なら助かる方がたくさ
んおられるような気がします。

さて女房や私はどうなんでしょう? 休肝日はあるに
しても晩酌を習慣にしていますし、女房も私も一年
以上お灸を続けていますので、実験の資格はあると
思います。

結論から言えば「ありそうな」くらいでしょうか。 私に
は確実にあり、酔いの性質もずっと柔らかというか、
ふわっとした深い酔いを楽しめます。 量を飲まなくと
も良くなりました。 ところが女房は変わらないと言い、
もっと飲めると言い張ります。 人それぞれなんでしょ
うか、私には酔っているように見えるんですが...
コメント

目の充血(カチカチ)?

2008-01-28 09:08:49 | Weblog
パソコンは便利ですが、長時間の作業はつらいもの
ですね。 ひとつの文書から別の文書にコピー・貼り
付けを何度も繰り返したりすると、首・肩は凝る、目
は充血(鬱血・うっけつ)してカチカチになるなど、これ
は紙の媒体の何倍もの負担です。

カチカチの目には、頭蓋骨の縁と首の境目にお灸を
すると効果があります。 この間も何時間も作業して
もうぐったりの時に、たったの1壮で、それまでカチカチ
だった片目が柔らかくなりました。 女房にも触ってみ
てもらい、次にもう片方にすえてもらって、実際に柔ら
かくなる様子を確認してもらいました。

耳の後ろに大きな骨の突起があります。 ここからず
っと頭蓋骨の縁に当たりますが、この突起を後ろ側
に越えれば窪みがあります。 この窪みを越え、小さ
めの突起を越えるとまた窪みがあります。 ここに取
ります。

これは以前にご紹介した、眼底出血のツボ、風池
(ふうち)に当たります。 経絡は胆経に属しますが、
もうお分かりのように胆は肝と表裏の関係にあり、
血をつかさどる肝経を補助する働きをするのです。
コメント

鏑木繁先生?

2008-01-26 10:24:58 | Weblog
先生は相場関係の新聞社の代表で、40年以上の
投資経験をお持ちです。 投資をしようという方は、
どうしても「こうしたら儲かる」などというノウハウ本
に目が行きがちですが、こうした本では、相場が逆
の方向に進むと対処ができなくなります。

鏑木先生はたくさんの相場師に取材し、その生き様
にも注目され、ノウハウ本ではない滋味あふれる相
場哲学書とでもいうべき本を多数書かれました。

ただ入手できる本も少なくなりましたので、図書館で
「すべて」借りて読んでいただきたいのです。 相場
の厳しさ、相場師の末路など、相場の陰の面をま
ず学んでいただき、投資をする前に覚悟を決めてい
ただきたい。

投資をするには「度胸」も「根性」も必要です。
「小遣い銭稼ぎ」などという考えでは、手ひどいしっ
ぺ返しを受けます。 投資ごときで人生を狂わせら
れた、などということのないよう、しっかりと先生の本
を読み込んでいただきたい。 始めてしまってから先
生を知り、「これを読んでいれば」と何度も思った、
私の実感です。
コメント   トラックバック (1)

株式?

2008-01-25 10:12:06 | Weblog
株式が乱高下し、大きな騒ぎになっているようです。
いつもながらですが、昔からの鉄則を踏み外す方が
多いようですね。

鉄則というのは、
 遊んでいる金で投資する
 1/3は手元に残す
ということで、これだけを守っていれば大きな損をする
ようなことになりません。 少なくとも10年は使う予定
がない、そういうお金が良いのです。

手元に100万円しかないのに、その100万円丸ご
と投資して下落すれば、もうどうしようもありません。
買い増しして値上がりを待つこともできません。 これ
では投資ではなく、バクチ、ギャンブルです。

投資をしたいのなら、まず節約して貯めましょう。
株式投資はお金を持っている者が常に勝つので、
原資がなければやっていけないのです。 そして投資
する前に、鏑木繁先生の本を読みましょう!
コメント

四字熟語?

2008-01-24 09:09:27 | Weblog
「素問」、「易経」など中国の思想は、元が中国語
ですから漢字だけで成り立っており、リズムの切れ
の良さから四字熟語になっているものが多数あり
ます。 こうした四字熟語を、普段の会話や文章に
使うと、一気にインテリジェンスを感じたりするもの
です。

こういう四字熟語の専門辞書もあるのですが、堅苦
しいものですからなかなか読む気になりません。
そう思っていたのですが、文庫でこういうものを見つ
けました。
 石川忠久著 身近な四字熟語辞典 文春文庫

著者はご存知の方も多いと思います。 NHKのラ
ジオ放送で長く「漢詩をよむ」を担当されていた、あ
の石川先生です。 この本も、ラジオのあの語り口
を感じられるものです。

¥686+税と価格も手ごろで、どこを開いても面
白く読め、しかもさりげなく使うと、それだけで学識
があるように見て貰える。 いや正しく私のような
「一知半解」(いっちはんかい)には最適の辞書で
すね。
コメント   トラックバック (1)

肩[骨偶](けんぐう)?

2008-01-23 09:16:22 | Weblog
乾燥肌に効くのか効かないのか、私も試してみたい
とお思いの方に肩[骨偶]の取り方を書いておきま
しょう。 位置は肩先ですが、なかなか簡単には取り
にくいのです。

まず大体の肩先の位置を確認します。 次に腕を
横に挙げていき、肩と同じくらいの高さまで行ったら、
肩先の位置を再度確認してください。 窪みがある
はずです。

この窪みは前側と後ろ側にそれぞれあり、つながっ
た状態になっています。 前側の窪みの中心に指を
当て、腕を降ろしていきます。 腕が元の位置に戻
ると、指を当てていた所が、骨の境目であることが
分かります。 これが肩[骨偶]です。

ただご注意願いたいのは、沢田先生もおっしゃって
いますが、一時的に悪化する可能性があります。 
症状が動くのは良いことで、動いた後必ず快方に
向かうものです。
コメント

乾燥肌?

2008-01-22 09:13:37 | Weblog
冬場になると乾燥肌に悩む人が多く、テレビのコマ
ーシャルでもたびたび出てきます。 私も50歳を越
えたくらいから始まり、ひどい時にはあまりに痒いの
でポリポリやっていて、かさぶたになってしまったこ
ともあります。

この冬も襟(えり)がこすれるのか、首筋から肩にか
けて肌の表面が一面にザラつくくらいにひどくなり、
面積も大きく、かゆくて大変でした。

「鍼灸真髄」で、肩[骨偶](けんぐう・ぐうの字から
左の人偏を除いてください)が極めて表層の皮膚病
に効くとの記述を見つけ、先週末からお灸を始めま
した。 曲池(きょくち)、手三里も加えてみます。

「ひいき目」というものもありますから、私の判断より
女房のコメントを紹介すると、最初のお灸の翌日、
一面に大きくザラついていたのが、小さなザラつきに
変わり、面積もぐっと小さくなっているとのこと。 何
日くらいかかるのか、壮数はどのくらいか、またご
報告しましょう。
コメント

キム尚宮?

2008-01-21 09:40:55 | Weblog
また女房と韓国ドラマにはまっています。 ただ今まで
のドラマと違い、今度はまったくの悪女のドラマです。
扱われている時代が、ちょうどホ・ジュンの活躍した
時期ですからホ・ジュンが出るかと期待していたので
すが、さっぱり...

ま、それはいいとして、権力争いにからめ様々な人
間像を表現しようとして、なかなか見応えはあります。
この中で「お世継ぎ」が生まれるかどうか、ということ
が大きな山場なのですが、王妃の身体に直接触れ
ることが許されなかった時代、はたして何を証拠に懐
妊(かいにん)を判断したのでしょう?

素問第18篇には、
 婦人の手の少陰(心)脈動甚だしければ、懐妊。
とあります。

このドラマでは、王妃の手から糸を張り、その糸の端
に医師が触れて脈を感じ取る、というシーンがありま
した。 脈診くらい実際に触れて取るべき、とは思い
ますが、どうなんでしょう...
コメント