お灸!

お灸にはまっています。 お灸や漢方などの勉強をまとめてみたいと思いました。 「個人的感想」ですけど...

来年の易?

2011-12-28 10:10:29 | Weblog
明日から来年1月5日まで
このブログをお休みします。
そして恒例になっておりま
す来年の易を立てました。

天風[女后](こう)と出まし
た。 これはなかなか面白
い易ですね。 非常に強
い女性を現します。

なかなか御する、制御する
のが難しいが、運気が大き
く動く気配があります。 天
下に知らしめる、という意味
も持っています。

世の中に良い意味で名前
が出る。 しかしそれに溺
れることなく地道に精進し
て大きな咎(とが)、災い
なし。 こう判断します。 

良い年をお迎え下さい。
コメント

秘法?

2011-12-27 09:23:00 | Weblog
女房と同じような身体の
変調を訴えられる女性
は多いようです。 こんな
とき、あぁ残念な、と思う
のです。

数壮のお灸で、快癒まで
は行かなくとも、毎日の生
活を楽しく過ごせるくらい
には軽快する。

「秘法」ならともかく、既に
確立し、公開されている
ツボにお灸するだけ。 こ
れ以上簡単なものはない
でしょう。

ただ、お灸が禁忌になる
症状もまれにはあります。
まずお医者さんに相談し、
毎日心穏やかに過ごしま
しょう。
コメント

元は?

2011-12-26 08:52:51 | Weblog
杖道の稽古納めも無事終
わり、今年も大きなケガも
なく穏やかに終わることが
できました。

女房の体調も、全般的に
はほとんど問題がないくら
いに改善しました。 いつ
もながらお灸のありがたさ
です。

ただ仙骨のツボと地機は、
移動しながらも圧痛が消
えません。 それだけ深く
長く変調が続いていたと
いうことでしょう。

病んでいた期間と同じだ
け、治す時間も必要にな
る。 早期発見、早期治療
は現代医学の発見のよう
に言いますが、いや元は
漢方にあり、です。
コメント

鵜呑み?

2011-12-24 09:11:22 | Weblog
原料が上がったと言うの
ならそれはいくらか、最近
の為替の動きを帳消しに
するほどなのか。 いつ
契約したのか。

それを検証していかないと
意味がない。 相手の言う
ことだけを鵜呑みなら、報
道ではなくただの井戸端
会議でしょう。

報道が力の強いもの、為
政者の都合のいい情報ば
かり流すことで、過去には
国民に大変な災厄をもた
らしました。

その反省で憲法でも報道
は擁護されているのに、
肝心の報道が相変わらず
強いものの言いなりでは
ねぇ...
コメント

輸入?

2011-12-22 09:08:49 | Weblog
少し前の新聞になぜ輸入
品の価格が下がらないの
か、もっともらしい記事が
載りました。

その中でワインについて
書いてあったのが気にな
りました。 ボトルもコルク
も上がっているから、とい
うのです。

え? よくそんな話をだま
って聞いてきたものです。
仕事に責任を持つジャー
ナリストではなく、サラリー
マンの記者だからでしょう
か...

まず第一点として、輸出入
というのは、明日売るもの
を今日仕入れるはずがあ
りません。
コメント

笑い話?

2011-12-21 09:38:53 | Weblog
ファイル交換ソフト Winny
を開発された技術者の無
罪が確定したそうで、まず
おめでとうございます。

私もソフト開発をやってい
たことがありますので、逮
捕されたと聞いたとき、本
当に唖然としました。

「IT立国」を標榜する国で
確固とした根拠も無いのに
技術者、日本を代表する
ようなソフト技術者を逮捕
するとは...

技術でしか勝負できない
国が、自分たちの持って
いる技術がどういうものか
理解できていない。 いや
これ笑い話ですかね...
コメント

どの症状?

2011-12-20 09:06:08 | Weblog
今ならツボについてネット
でも簡単に検索できるで
しょうが、このツボについ
てはそのまま受け取って
はいけません。

もちろんどの症状にも著
効を現すお灸ではありま
すが、固定したものと考え
てしまうと、大きな症状を
見逃してしまいます。

始めのうちは、これは対処
療法だから、と自覚の上、
お使いいただきたい。 ず
っとお灸を続けるには、や
はり漢方についての知識
が必要になります。

それも肩肘張って、目を
つり上げて、などという勉
強は不要で、先人の著作
に接し、毎日お灸なされば
良いのです。
コメント

移動?

2011-12-19 09:37:03 | Weblog
女房の更年期障害はまだ
続いています。 毎日お灸
しているのでずいぶんと
圧痛は収まってきましたが
それでも変化しながら続い
ています。

仙骨孔へのお灸も、上の
方が主だったのに、下に
圧痛が移動してきました。
この移動は本当に不思議
です。

スネの内側、地機(ちき)
も、ずっと強い圧痛があっ
た部分から僅かですが
ツボが移動してきていま
す。

移動、それまで圧痛を強
く感じていたところが、今
度はまったく圧痛を感じ
なくなる。 いや、不思議
なものです。
コメント

跳ね返る?

2011-12-17 08:58:30 | Weblog
法律はあっても、どうやら
法律というのは貧乏人の
ためにあるものではない。
でもその法律は、一人一
票で選ばれた国会議員が
作る。

そこが一番の問題なので
す。 難しいことは分から
ないという人はたくさん居
ます。 でも平気で投票は
しているわけです。

耳に快い話ばかりを信じ
て投票した結果は、もしか
するとあなたに大変な不
利益を与える法律になっ
てしまうかも知れない。

難しいことは、と逃げてば
かりだと、結局は自分に
跳ね返るだけ。 さぁ、どう
するか。 逃げずに少し
ずつ勉強していくしかない
ように思うのですが...
コメント

代わって?

2011-12-16 08:36:58 | Weblog
実際に審査したのは保安
院などというワケの分から
ない組織ですから、ここの
審査や規定に問題があれ
ば、過失はあると言えます。

国の公務員や組織に過失
があれば国が代わって責
任を取る。 それを定めて
いるのが国家賠償法という
法律です。

国に損害を賠償しろ、と
要求できるわけです。 た
だ保安院の審査や規定に
問題ありというのは、並大
抵のことではありません。

学者をたくさん動員し、カ
ネも時間も掛かります。
たとえ損害賠償してもらっ
ても、それ以上の費用が
かかれば、なんの意味も
無いでしょう。
コメント