お灸!

お灸にはまっています。 お灸や漢方などの勉強をまとめてみたいと思いました。 「個人的感想」ですけど...

気付け?

2009-05-30 10:06:08 | Weblog
女房は気の乱れか、近頃眠りが浅くて困る
と言います。 そうした一日、午後から買い
物に出て帰ったら、気分が悪いと寝込んで
しまいました。

1時間ほど眠っても、かえって疲れが表面化
するのか、もうフラフラの状態。 こういう時、
[月檀]中(だんちゅう)を探ってみると、いつ
も痛い、イタイ...

強い圧痛があっても、3-5壮程度で圧痛
が和らぐとともに、動けるようになるのが不思
議です。 単に心包経の募穴だから、と考
えていたのですが、[月檀]中の別名を知っ
て納得。

別名は「上丹田」と言うんですね。 丹田は
心の収まりどころと言われます。 なるほど、
それで「気付け」、気を補うという効能も、
あるんですね。
コメント

本末転倒?

2009-05-29 09:33:35 | Weblog
専門家の間で、マスクが感染予防に有効
か、という議論があるそうですが、そんな
つまらない議論に時間を割いて欲しくない
ものです。

ウィルスを含んだ飛沫を浴びれば、口や鼻
だけ蔽っても無意味なのは分かっています。
頭髪や衣服にも飛沫は付くでしょうし、その
飛沫が、体内に取り込まれるのは時間の
問題でしょう。

そんなことより、熱があり咳やくしゃみをして
いるのに、口すら蔽わない人が多いのが問
題なのです。 確かにマスクをするのは、
ちょっとであっても不便なものです。

でも他人の迷惑より、自分のちょっとした不
便の方が重大だ。 そう思う人がどんどん
増えていけば、結局は大多数の感染してい
ない側がマスクをせざるを得ない。 これ、
「本末転倒」と言うんですね...
コメント

静かなもの?

2009-05-28 09:46:14 | Weblog
まだ新型インフルエンザ終息の報道が無い
ので、女房に母の認知症薬の処方箋をも
らいに病院に出向いてもらいました。 無防
備に高齢者を出すわけには行きません。

帰って言うには、「驚いた! マスクをしてい
る人が、ほとんど居ない...」。 予想はし
ていましたが、ま、そんなとこでしょう。

だから関西はダメなんだ!と、お叱りが聞こ
えそうですが、しかたのないことです。 300
人も患者が出たと言ったところで、大阪府の
人口だけでも900万人弱です。

私の住んでいる地域でも、まったく患者は
報告されていませんし、防護服を着て消毒
液をまくなど、見たこともありません。 テレビ
では緊迫感があるように見えるかも知れま
せんが、実際は静かなものなのです。
コメント

30分ほど?

2009-05-27 09:21:08 | Weblog
無理な試験勉強もあり、ここ10日ばかり、
足三里に強い圧痛があったのですが、毎日
のお灸でずいぶんと軽くなり、今は足三里
のお灸は休んでいます。

神経が立って夜の寝付きが悪かったのも、
すえだしてすぐにゆったり眠れるようになり
ました。 やはり足三里には神経を静める
効果もあるようです。

ただし、いつも書いていますように、お灸だけ
に効果を求めるのではなく、疲れを溜めな
い生活習慣の見直しも必要です。

夕方にゆったりとした気持ちで30分ほど歩
く。 数ヶ月の間でも街は変化しています。
大阪では、暑くて湿っぽい季節もすぐそこ
です。 しばらくは散歩を楽しみましょう。
コメント

100ページ?

2009-05-26 09:36:29 | Weblog
この頃は、少なくとも100ページは参考書
と格闘する毎日です。 ま、試験まで1ヶ月
の時点で参考書を読んでるようでは、到底
ダメなんですが、万が一通るということも無き
にしもあらずかと...

年を取ると眼が弱るのか、若いときより眼が
疲れます。 それにうつむき加減も加わり、
胆経、特に後頭部から首筋にかけてカチカ
チになります。

お灸を頭髪の生えている部分にするのは難
しく、生え際くらいにしかできません。 しか
たがないので、女房に後頭部から首筋をグ
リグリしてもらうんですが、これが痛いのな
んの...

痛みが軽減するようなツボが無いものかと
研究はするんですが、今のところ見つけ出せ
ていません。 まだまだこの苦行が続きそう
です。
コメント

不思議な時期?

2009-05-25 08:17:13 | Weblog
神戸、大阪で新型インフルエンザ患者が相
次ぎ、「関西は危ない」という評価さえ頂い
ているようで、特定の学校の生徒を中傷す
る書き込みも横行しているとか...

改めてネットの功罪を思いますが、まぁ感染
経路すら分からない現状では、何を言われ
ても単なる推測でしかありません。 気にし
ないでおきましょう。

大阪府下の教育関係者から、興味深い話
を聞きました。 実はゴールデンウィークの前
にインフルエンザが流行り、学級閉鎖まであ
ったとのこと。

その先生も長い経験から、不思議な時期に
流行るもんだと思われたそうです。 実のとこ
ろ、それが新型インフルエンザだったのかも...
本当のところは、もう終息期なのかも知れま
せん。 まだまだ何も分かってないんですね。
コメント

ポンッと?

2009-05-23 09:18:08 | Weblog
どこかの知事さんが、剣道二段だと公言し
ているものの、実は全日本剣道連盟から
段位授与を受けていなかったという話、いや
それはダメですよねぇ。

剣道二段なら、数年は連盟の会員でしょう
し、会費もちゃんと収めておられるはず。 ま
た昇段試験を受けるには、それなりの講習
会費や受験料、段位認定料をお支払いに
なっているはず。

こうした段位は、段位を持っているからエライ
んだ、ということではなく、連盟に対するこうし
た資金的な支援、武道への貢献が評価さ
れているものなのです。

ま、そこまで剣道に対する愛情をお持ちな
んですから、もちろんのこと、連盟にポンッと
多額の寄付をされること請け合いです。 
いや、これは間違いない...
コメント

人間の免疫力?

2009-05-22 08:59:58 | Weblog
免疫力が増すということでは、すごい話もあ
ります。 杖道の先輩の中には、空手の師
範もおられます。 その先輩からうかがった
空手の練習生時代の話。

拳をゴンゴン打ち付けていると、皮膚が破れ
血が出てきます。 そこにカサブタが張った時
にまたゴンゴンやると、また血が出てカサブタ、
ゴンゴンー血ーカサブターゴンゴンー血ーカサ
ブタ...

そのうちゴンゴンやっても血がでなくなるという
話なんですが、いやはや... 私のように、
しんどいのも痛いのもダメ、という人間には、
聞くだに恐ろしい...

免疫力もアップするのか、先輩は、こりゃ全
治1ヶ月だろうというケガでも、翌週には出て
こられます... いや、人間の免疫力はバ
カにはできないものですよ。
コメント

腫瘍になる?

2009-05-21 08:58:19 | Weblog
また、お灸ばかりしていると腫瘍になる、と思
われている方もおられるようですが、光正寺
の無量寺灸でご紹介した老婦人など、灸痕
もすぐに治ってしまうとおっしゃっておられま
した。

米粒灸なら灸痕も小さく、それにお灸を続
けることで免疫力が増すので、少々の灸痕
ならすぐに治ってしまいます。

女房も私も、「あっ、あちち!」という場面が
よくあります。 つい油断してもぐさに火が回
ってしまうからですが、これは確実にヤケドに
なったなぁ、と思うときでも、翌日そこにはまっ
たく灸痕はありません。

特に八分灸は、肌を焼くことが目的ではあり
ませんので、これが腫瘍にむすびつくというの
は、特別な体質でもない限り考えにくいこと
です。 ご心配の方は、どうぞお医者さんに
ご確認ください。
コメント

とにかくまずお灸?

2009-05-20 09:40:26 | Weblog
ある方から、何でもお灸しろ、お灸しろと言
うが、手遅れになったらどうするつもりだ、と
お叱りをいただきました。 あれ...

以前書いた部分を読み返してみましたが、
「とにかくまずお灸だ」と、書いてはいません。
患者本人が感じる病状というのは、本人の
不安感や感じ方に影響されます。

重篤な病気が隠れていないか、まず医療の
プロである医師のところに行き、病状の判断
をつけてもらうのが先決だ、と書き続けている
はずです。

何十年お灸を続けても、私達がアマチュア
であることには違いがないのですから、まず
プロに診察してもらい、治療がより効果的に
なるよう、その補いをする、それが私達のお
灸の役目だと信じています。
コメント