お灸!

お灸にはまっています。 お灸や漢方などの勉強をまとめてみたいと思いました。 「個人的感想」ですけど...

帯状?

2011-09-30 09:42:25 | Weblog
病院も様々ですね。 今
回、母が入院したのは、
いつも通っているところで
はなく、訪問医が紹介し
たところ。

入院手続するだけでも、
予定時間より何時間も遅
れ、付添の私達の方が、
もうくたくたです。

女房は、入院後も身の回
りを見るために行ってくれ、
背中も首もカチカチ...
お腹にも帯状の硬結がで
きました。

この状態になると、頭も痛
くなります。 これを、ひと
つひとつ、お灸でつぶし
ていきます。 いや、お灸
はありがたいものですね。
コメント

真理?

2011-09-29 09:32:50 | Weblog
漢方では、胃はすべての
根本とされています。 胃
に食べ物が入ることで、す
べての臓器に気血が分配
され、人は生き続ける。

母の状態を見ていると、こ
の真理がよく分かります。
食べられなくなると、食道
すら弱ってくる。

食べるときには気道にフタ
をし、食物を通しますが、
この調整がうまくいかず、
咳き込みっ放し。 これで
は危険で食べられない。

母は当分、点滴で栄養を
受けるようです。 ただ栄
養分だけを注入しても、胃
が活動を始めないと、やは
り厳しいでしょうね...
コメント

入院騒ぎ?

2011-09-28 09:06:46 | Weblog
母の入院で、ドタバタして
いました。 高齢になると、
状態が急激に変わるとは
聞いていましたが、本当に
急激でした。

いつもは自分で、老人ホ
ームの2階にある食堂ま
で歩いていっていたのが、
ちょっとした不調が原因
でベッドで過ごすことが多
くなりました。

運動しないので筋肉は落
ちる、身体がこわばる、そ
のうちベッドに起き上がる
ことすら、難しくなる...

食事量が落ち、体重が急
激に減少し、そうなると余
計に食べられなくなる。
このスパイラルで、とうとう
入院となりました。
コメント

折々に?

2011-09-27 09:16:17 | Weblog
こんなことを思ったのも、
比較する対象があるから
です。 夏と冬に、これも
僅かばかりですがユニセ
フに募金しています。

郵便口座に送って受取も
もらうのに、まず正式の領
収書が送られてきます。
ちゃっかりしていて、いつ
でもどうぞと、募金の口座
振替書がついてきます...

これ以外に、どのような支
援をしているか、折々に
報告も届きます。 秋口に
はクリスマスに向け、支援
のための物品通販の案内
も来ます。

つながっている、役に立っ
ていると思える仕組みがあ
ります。 これに比べると、
赤十字さんは、あまりに頭
が高い... 良いことは、
まねをしてほしいですね。
コメント

独りよがり?

2011-09-26 09:02:18 | Weblog
震災から半年過ぎ、これか
らまた様々な問題が起きて
くるんでしょうね。 被災は
同じでも、復興は人様々で
しょうから。

ところで義援金はどうなっ
たんでしょうか? 私もお
恥ずかしいくらい出捐させ
ていただきましたが、それ
からどうなったのか、発表
がない。

別に見返りを期待したもの
ではないので、被災者に
より有効、有利に使ってい
ただければ良いわけです。

ただ人間は「独りよがり」に
なりがちですから、横から
見ればもっと良い使い方
があるかも知れないわけで、
使い方も公開して、衆知を
集めるのが良いはずなん
ですが...
コメント

ホカホカ?

2011-09-24 08:55:28 | Weblog
台風が過ぎて、急激に気
温が下がり、ノドがいがら
っぽくなります。 つい油
断して薄着のままで、カゼ
(感冒)をひくことも多い。

冷えを感じたら、足首の
辺りをていねいに探り、圧
痛のあるところにお灸を
なさるとよろしい。

大椎(だいつい)など、冷
えに特効のあるお灸もあ
りますが、背骨のところへ
のお灸は、パートナーが
いないと難しい。

いつもの、お腹の中[月完]
(ちゅうかん)を中心とした
お灸も、お腹がホカホカし
て、身体が軽くなります。
コメント

英英?

2011-09-22 09:34:49 | Weblog
ついでに書いておきます
が、日本でも「英英辞典」
というのが売られています。
私もマクミラン Macmillan
というのを使っています。

翻訳をしていると、普通で
ない使い方をされた単語
に行き会い、それが分か
らずに四苦八苦すること
がよくあります。

こういうとき、ネイティブは
どういう感覚、雰囲気でこ
の言葉を使っているのか、
確認するために使います。

このマクミランは有名なL
社に比べると語彙数は少
ないのですが、あぁ、と膝
を打つ説明が多く、これを
読んでいるだけでも、英語
の世界が広がります。
コメント

読んだ?

2011-09-21 09:23:20 | Weblog
円高のプラス面を生かす
ために英米の原書でも読
んでみようと思われる方、
結構なことだと思います。

翻訳本をまず読んで、そ
れと原書を照らし合わせ
れば、何となく原書も読ん
だ気分になれるでしょう。

実際、そうして「読んだ」と
おっしゃる方が多いんだ
そうです。 うーーん、それ
ちょっと違う気はするんで
すが、ま、接していただく
ことは良いことです。

翻訳と原文には、何かぴっ
たりそぐわないものがある。
これに気づいていただけ
れば、翻訳者の苦労も少
しは分かっていただけるで
しょうから。
コメント

喜べる?

2011-09-20 09:07:17 | Weblog
歴史的な円高、という割に
は、あまり恩恵を感じられ
ませんね。 しかし、ブラウ
ン神父を買うついでに、英
米のペーパーバックをいく
つか買いました。

円高を実感しました。 裏
表紙のドル表示で換算す
ると、10年前の半額です
ね。 日本の文庫や新書
と同じ感覚で買えます。

ただ悲しいことに、通貨と
して大きく変動している米
から輸入して、円高を喜べ
る物品が少ない...

欧州のものなど、円高で
下がるはずなのに、目に
見える形では... これ、
どこかで、しがめてるヤツ
がいるんでしょうね。
コメント

見せて?

2011-09-17 09:54:38 | Weblog
ブラウン神父について書
いた後、原書を読んでみ
たくなってペーパーバック
を購入しました。

女房のために翻訳を始め
ましたが、これ、名文です。
夕暮れ時の刻々と変わる
景色を、まるで映像でも見
ているかのように、文章だ
けで「見せて」しまう。

その代わり、辞書を引きっ
ぱなしで、前に進まない。
でも意味が取れたとき、あ
まりのうまさに、ただ感嘆。
言葉の力、文字の力に驚く
ばかりです。

あまり注目されなかったの
は、名文すぎて翻訳者泣
かせだったのかな...
ま、受験勉強の息抜きに
少しずつやりましょう。
コメント