お灸!

お灸にはまっています。 お灸や漢方などの勉強をまとめてみたいと思いました。 「個人的感想」ですけど...

うれしい2冊?

2008-04-30 09:59:15 | Weblog
休みの日の過ごし方は様々でしょうが、ウチではお
金のかからない「ウィンドゥショッピング」が主です。
女房も私も大阪でいう「ゲラ」、ちょっとしたことでも
ケラケラと笑い出してしまう、ごく軽い性格ですので、
ただ歩いているだけでも楽しいのです。

難波に出れば、よくジュンク堂書店さんに寄ります。
新しい本が出ていないかそのチェックに、と言うと聞
こえはいいですが、実は年を取ってトイレが近くなっ
たので、トイレを借りによく寄ります。

トイレのついでに、と書くと申し訳ないですが、久々
に漢方の棚を覗いてみました。 あっ! 「鍼灸真
髄」が並んでいます。 それも2冊! うれしいで
すねぇ...

ジュンク堂さんは店員さんが仕入の権限を持って
いるそうで、置いてもらえる本の選択は厳しいと聞
いています。 複数置いてもらっているということは、
需要がしっかりあるということです。 良い本が支
持される、本当にうれしいことです。
コメント

本当のこと?

2008-04-28 08:46:25 | Weblog
オリンピックが近づいて、様々な報道がされている
ようです。 国内事情も様々で、それぞれ抱えて
いる問題もたくさんあります。 「お互い様」というと
ころなんですが、最近は他国のことを見下(みくだ)
したような発言が多いように感じます。

様々な国で仕事をしてきた経験から、私は十分に
知ってもいないようなことについて、断定的にものを
言うことが嫌いです。 昔、ある国は最新の精密
加工機械を次々と導入しているから日本もすぐに
追い越されてしまう、というような新聞記事を読み
ました。

ちょうどその国で様々な機械を扱っていて、最新の
精密加工機械を、開けっ放しの土間に据え付け
ているのを見ていましたから、この記事には驚きあ
きれました。 いくら機械が精密でも、基礎工事も
無しに据え付ければ、その機械の能力の半分も
使えないのです。

これくらいのことは機械を扱っているものには常識
なのですが... 技術の専門家でもない記者が
書くのですからしかたないのでしょうが、このことか
ら自分で勉強していかないと、本当のことは分か
らないものだと、肝に銘じています。
コメント

慢心?

2008-04-26 10:31:02 | Weblog
以前に録りためた韓国ドラマ「ホ・ジュン」を、夜の
お灸の時間に1本ずつ見ています。 ちょうど権力
者の婦人の病気を治し、中央への紹介状をもらっ
たのが師匠の知るところとなり破門されるところで
すが、これ分かりませんねぇ...

弟子入りしてたったの3年。 しかも毎日患者を診
察してきたのでなく、机上の勉強が主です。 たま
たま患者が治ったといっても、同じような病気を必
ず治せるという保証があるわけではありません。

まだ何年も研鑽(けんさん)を積むべきなのに、3
年で既に独り立ちできると考えるのが... 韓国
の人のメンタリティと決めつけることはできません
が、あまりに安直なのに驚きます。

どのように簡単に見える病気も、それを簡単に治
せる保証はありません。 自信を持つのは結構で
すが、失敗すればその対価は人命です。 お灸の
著効に目を奪われることなく、私も「一生修行」で
勉強を続けていきます。
コメント

鍼灸師資格?

2008-04-25 10:10:44 | Weblog
こうしてお灸の効能をご紹介していますが、このブロ
グを読んでいただいている皆さんの大半は、私がそ
のうち鍼灸師資格を取り、鍼灸院を開業するんだ
ろう、と思われていることでしょう。

これに対する答えは、「ノー」です。 現在、鍼灸師
資格はまったく予定に入っていませんし、今後もあり
ません。 もちろん私自身は未練タラタラで、良い鍼
灸師になれると思うんですが、女房は頑として聞き
入れてくれません。

現在鍼灸師資格を取るには、専門学校に3年間
通い、国家試験に通る必要があります。 学校には
300万から400万円かかります。 それに資格が
得られたとしても、すぐに治療できるわけでなく、最低
10年は技術の研鑽(けんさん)を積まないと、一人
前とは言えないでしょう。

その時私は70歳を超えています。 他人さんの治
療をするどころか、私自身が治療を受けているかも
知れません。 今のようにお灸の認知度が低いと、
授業料の回収も難しいでしょう。 せめてもう10歳
若ければねぇ...
コメント

肩胛骨の位置とツボ?

2008-04-24 10:18:22 | Weblog
胸椎の3番目のすぐ下は、もうご存知の身柱(しん
ちゅう)ですね。 安静効果、咳止めなどに効果が
あり、小児の病気の初期には、これひとつで対応
できる、と沢田先生が言われています。

この身体の後ろ側、真ん中を縦に走っているのが
督脈(とくみゃく)で、額(ひたい)のすぐ上から頭頂
部に走り、そこから下に仙骨まで降りています。

肩胛骨の下端、胸椎の7番目は至陽(しよう)で
す。 胃の痛み、胃けいれんなど胃にからむ症状
に効果があり、また胆嚢(たんのう)にからむ症状に
も効果があります。

このふたつが取れるようになると、その左右、上下
を探って、ひとつひとつツボを覚えていきます。 もち
ろん身体の大きさは人それぞれですから、多少の
前後はあります。 それをあまり意識しないで済む
のも、お灸のありがたさです。
コメント

肩胛骨の上と下?

2008-04-23 10:05:52 | Weblog
背中のツボの取り方については、深谷先生が明
快に示されています。 まず肩胛骨のありかをつか
まえ、この肩胛骨の上部に横に走っている肩胛棘
(けんこうきょく)を確認します。

棘(きょく)とはトゲのことですね。 肩胛棘の場合
はトゲというより山脈のような形になっていて、肩を
越して手を回すと、平たい肩胛骨の上部に走って
いることが分かります。

両方の肩胛棘の背骨側の端をむすんだ線を想定
してください。 この線と背骨が交わるところが、胸
椎(きょうつい)の3番目のすぐ下になります。 また
肩胛骨の下の端、両方をむすんだ線と交わるとこ
ろが、胸椎の7番目に当たります。

背骨は首の骨の頸椎(けいつい)と胸椎、腰椎
(ようつい)、それに仙骨と尾骨がくっついてできて
いますから、このふたつが分かれば、ぐっと明快に
なりますね。
コメント

肩胛骨と背骨?

2008-04-22 10:24:08 | Weblog
肩胛骨の位置を確認していただいたのは、背中の
お灸に役立てるためです。 背中のお灸は非常に
効能のあるものが多いのですが、取穴、ツボを取
るのは非常に難しいのです。

肘や膝などの関節、おへそや乳首など目印がたく
さんある他の部位と違い、背中は漠然として分かり
にくいものです。

はっきりしているのは肩の線と腰の線くらいでしょう
か... 普通、背中のツボは背骨、胸椎や腰椎
の位置で割り出すのですが、これも慣れないと、ど
こがどこやら...

胸椎の5番目といっても、骨の解剖図では分かり
ますが、実際の人体に割り付けるとなるとはっきり
しませんよねぇ。 こうしたときに肩胛骨が役に立つ
のです。
コメント

肩胛骨(けんこうこつ)?

2008-04-21 09:40:47 | Weblog
肩胛骨は面白い骨で、普通、骨というのは別の骨
と関節を通して確実にくっついているものですが、肩
胛骨はいわば「ぶら下がって」いる骨です。 その端
は肩の前側に横に一本目立って見える鎖骨につな
がっています。

ぶら下がっていることで、背中の上部を滑るように動
き、人間の腕が自由に動くのは、大半はこの肩胛
骨のお陰です。

肩胛骨は自由な反面、多くの腱(けん)や筋肉で
他の部位から引っ張られており、その人の筋肉の付
き方では、良く見えません。 お灸の目安として肩
胛骨を把握するため、一度確認しておいてください。

右手か左手を後ろに回し、手の甲が背骨にくっつくよ
うにします。 肩を緊張させないでこのままその手を
挙げていきます。 どうでしょう? 肩胛骨がはっきり
現れましたね。
コメント

人は見かけ?

2008-04-19 10:33:53 | Weblog
裁判所の所長を襲ってお金を盗った、と起訴されて
いた人が無罪になったそうですね。 新聞で読む
だけですが、これまったく昔の冤罪(えんざい)事件
と変わらないですね。

警察も忙しい、こまめに証拠を集めるよりおどして
自白させちゃう方が手間が掛からないんでしょうが、
警察を監督している検察も頼りないもんですね。
法律より自分の都合に忠実ではねぇ...

無罪になった方達がテレビでインタビューを受けて
いましたが、女房と見ていて二人とも「ありゃ!」。
ご本人達の責任ではないのでお気の毒で申し訳
ないですが、確かに人相は悪いですねぇ...

人は見かけ。 難しいことです。 先年亡くなった私
達の杖道の恩師は人なつこい性格で、私達も先生
の人格に惹かれて稽古に励んだんですが、永らくお
相手されていた方が言うには、「むちゃくちゃ恐い顔
やろ。 試合の時でもまともに顔、よう見なんだわ」。
恐くて見ることができなかった、ということです...
コメント

胃酸過多と膏肓?

2008-04-18 10:42:26 | Weblog
膏肓のもうひとつの効能が胃酸過多です。 他に
すぐ近くの天[骨膠](てんりょう)や肺[喩](はい
ゆ)とともに使いますが、胃酸過多への著効を発見
されました。

私は若いときから胃酸過多で、よく胃の調子が悪
くなりました。 胃そのものが元々悪いと思ってい
たのですが、これは生来の肩こり症も影響している
のでしょう。

首から両方の肩胛骨(けんこうこつ)の角をつなぐ
三角形、この部分が特にひどくて、夜も熟睡でき
ないようなことがよくありました。 こういうときは、
大概胃の具合も悪くなっています。

最近大量の文書をパソコン処理する仕事が続き、
胃がチリチリしていますが、このチリチリも膏肓を
中心とするお灸で軽快します。
コメント   トラックバック (1)