宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

第3回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部技術指導部会を開催しました。

2021年09月09日 13時36分43秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

 管内の生育調査ほや普及展示ほ(「金のいぶき」,「だて正夢」の移植栽培,「ひとめぼれ」の湛水直は栽培)を巡回し,現在の生育状況を確認するとともに,刈取適期を確認しました。

 7月まで高温傾向で推移したため,水稲の出穂は過去最も早く,本吉の「ひとめぼれ」生育調査ほでは7月29日(前年8月5日)でした。一方,お盆頃の長雨と低温により,刈取適期は出穂期ほど早まらず,同ほ場では9月13日頃と見込まれます。管内全体では,8月2日出穂の場合,刈取適期は9月13日~23日頃と見込まれます。

今後は刈取時期が水稲の品質を大きく左右します。特に刈り遅れは食味・品質が確実に低下するため,品種に応じて出穂後の積算気温や籾の熟色を確認しながら適期刈取を行うよう支援していきます。

<連絡先>

 宮城県気仙沼農業改良普及センター      先進技術班

 TEL:0226-25-8069    FAX:0226-22-1606

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「だて正夢」及び「金のいぶき」... | トップ | 農業経営相談所と連携し,花... »
最新の画像もっと見る

⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給」カテゴリの最新記事