宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

亘理名取地区農村青少年クラブ実績発表会を開催しました。

2019年01月31日 09時22分43秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 平成31年1月18日(金),亘理農業改良普及センターにおいて亘理名取地区農村青少年クラブ連絡協議会(4Hクラブ)の実績発表会が開催されました。

 実績発表会は,クラブ員が自己の経営の課題解決に取り組む「プロジェクト発表の部」,農業や地元への想いを発表する「農村青年の主張の部」並びに「クラブ活動発表の部」の3部門で,合わせて8名が発表しました。

発表者の多くは,発表会前日まで何度も普及センターに足を運び,夜遅くまでスライドや原稿の作成を行いました。また発表練習も各自,農作業の合間に行い,当日は審査員や4Hクラブ員の前でも緊張せず,時にはユーモアを交える余裕をもって堂々と発表し,将来を担う若き農業者として非常に頼もしく感じられました。

厳正な審査の結果,各部門から最優秀賞がそれぞれ選定され,平成31年2月2日に開催される宮城県農村教育青年会議に地区代表として発表することとなりました。

代表になったクラブ員を始め,惜しくも代表を逃したクラブ員も今後の活躍が期待されます。

 

○最優秀賞

プロジェクト発表の部:「いちごの土耕栽培における点滴チューブを用いた栽培管理の改善」

 渡辺 芳和氏(山元町)

農村青年の主張の部:「いちご栽培について」 中村 洋和(山元町)

クラブ活動発表の部 :「みんなの山元4Hクラブ」  加藤 雅庸(山元町)

 

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  地域農業班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

この記事についてブログを書く
«  「牛乳・乳製品料理講習会で... | トップ | 農業ICT技術研修会・セミ... »
最新の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事