宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JAみやぎ登米花卉部会の菊現地検討会開催

2021年07月30日 16時12分44秒 | ④園芸産地の育成・強化支援
 7月20日にJAみやぎ登米花卉部会の菊現地検討会が開催され,部会員や市場関係者等10名が参加しました。
 当日は,南方町と中田町の3か所のお盆出荷用スプレーぎくの施設を回り,生育状況を確認しました。例年より早い梅雨明けとなり,高温傾向が続いた影響などから開花が1週間程度早まりましたが,病害虫の発生もなく,生育・品質とも良好でした。
 普及センターからは,今後も高温傾向が続くので,アザミウマ類などの害虫に注意し,発生初期の防除を徹底することを確認しました。市場関係者からは,需要期に向けて計画的な出荷をお願いしたいとの依頼がありました。
 JAみやぎ登米花卉部会のスプレーぎくは,令和2年度販売実績で,出荷数量約120万本,販売額約8,200万円と県内一を誇ります。部会員・関係者とも,お盆時期の良品出荷に向けて意識を高めていました。


<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 先進技術班
〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電話:0220-22-6127 FAX:0220-22-7522 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 若手社員が水稲の栽培技術向... | トップ | 農業大学校1年生による普及... »
最新の画像もっと見る

④園芸産地の育成・強化支援」カテゴリの最新記事