はっちゃんの活動日誌 Blog

岐阜県中津川市議会議員、三浦八郎です。
市議会や議員活動のこぼれ話から、趣味の事まで綴っています。

総務企画委員会 埼玉県富士見市を行政視察しました。

2018年10月13日 | 議員活動
 3日目となる12日の先進地行政視察は埼玉県富士見市における「健全な財政運営に関する条例について」視察しました。この条例(財政健全化条例)については、私自身も以前から関心があり、全国で最初に制定した多治見市の職員からも勉強し研究をしてきました。以前には一般質問した経験もあります。
 富士見市では少子高齢化の進展(高齢化は進んでいるが少子化ではないようです)や景気の低迷など、社会経済情勢が大きく変化していく中で地方分権時代にふさわしい市民自治に基づくまちづくりを推進していくためには、「市民・議会・市が財政運営上のルールを共通して認識すること」、「弾力的かつ持続可能な財政基盤を整備すること」、「計画的に施策を実施すること」などが求められ、財政規律の下での健全な財政運営を目指すため、財政運営上の指針となる「富士見市健全な財政運営に関する条例」を平成23年12月に全国では3番目に制定しています。この時点では富士見市は財政が健全な段階ですが、今後の財政の悪化を予測し、健全な財政運営に向けた自主的な取組みとして実施しています。
条例の基本的な考え方として「財政規律の確保(秩序正しい財政運営)」「計画性の確保(計画に基づく財政運営)」「財務情報の共有化(わかりやすい情報の提供)」で組み立てられています。
この条例により、首長による恣意的な運営を防ぐことや定期的に利用料などを見直すこと、また議会の関与を明確にすることにより議員の自覚を高めることも期待できます。特に情報の共有化により、市民の関心が高めることが効果として期待されます。
 早くからこの条例を制定している多治見市、富士見市、横浜市などは、現状では余裕のあり財政状況でありますが、今後の財政を考えて制定されています。
 中津川市の財政はすでに厳しい状況でありながら、人口減、高齢者人口の増、少子化が進み、同時に公共施設の再編、廃止が必用になってきます。また、今後に行わなければならない大きな事業がたくさんあり、財政悪化は避けられない。今後の中津川市の財政を考えると非常に参考になる取組だと思いました。 
 議員にとって覚悟しなければならないことは、この条例は市長や執行部を縛るだけではなく「財政は分からないが、あれもこれもやって欲しい、削減すべき事業はないけどなんとしろ」という質問を議員はできなくなってしまうことを自覚しなければならない。






コメント

総務企画委員会 千葉県香取市を行政視察しました。

2018年10月12日 | 議員活動
 11日は千葉県香取市にて「香取市まちづくり条例に基づく住民自治協議会の活動について」先進地の行政視察を行いました。平成21年3月に「香取市市民協働指針(かとりの風)」を策定し、この指針を基本に、各地域で市民協働による活動が展開される仕組みづくりとして、「香取市まちづくり条例」を制定されています。
 この条例の主体は住民自治協議会(まちづくり協議会)とし、小学校区単位程度の範囲で、住民の皆さんや自治会、地区社協、民生委員、PTA、 子ども会、高齢者クラブなど、地域で活動するさまざまな主体が集まって構成され、 それぞれが互いに連携、協力して活動するもので、現時点で21協議会が組織されているとのことでした。この組織への香取市からの支援は人的なものとして、地区担当職員制度として各協議会に5~6名のチームとして140名が活動をしているそうです。財政的なものとして、設立時に交付される「計画策定補助金」と毎年交付される「事業補助金」が支給されています。  
中津川市の各地区にある「まちづくり協議会」とほぼ同じ組織となっています。交付金については中津川市と同じ程度ですが、人的支援については中津川市では正式な制度として、現在では行われていません。
課題も「役員のなり手がいない」「事業のマンネリ化」「参加者の固定化」など悪循環となって、新たな事業への取り組みが難しく、活動が萎える一方とのことでした。
 今後に向けては地域ニーズに的確に把握し、地域課題を解決できる組織に育っていく必要がある。そのためには行政業務の受託や特産品販売などのなりわいの創出し自主在眼を確保する活動が望まれるとのことでした。







コメント

総務企画委員会 千葉県君津市を行政視察しました。

2018年10月11日 | 議員活動
10月10日から12日までの3日間にて、中津川市、議会総務企画委員会の先進地行政視察が始まりました。
初日である10日は千葉県君津市における「君津市公共施設等総合管理計画について」を行政視察しました。
君津市では平成26年4月には、総務省から「公共施設等総合管理計画の策定にあたっての指針」が示され、インフラ長寿命化の行動計画と一 体の「公共施設等総合管理計画」を策定するよう要請がありました。その要請に基づき、君津市における「君津市公共施設等総合管理計画」を策定されています。公共施設等の総合的かつ計画的な管理の基本方針を方向づけるものであり、市の最上位計画である「君津市総合計画」をはじめ、各所管の関連計画と整合を図り、公共施設等に係る庁内横断的な行動計画と位置づけられています。君津市では公共施設等の更新は平成40年代から平成50年代初頭に集中する見込みとなることから、総合管理計画の期間は平成29年度から平成58年度までの30年間となっています。また、総合管理計画の対象は、公有財対象となる公共施設のうち公共建築物及びインフラ施設となっています。
中津川市においては平成26年3月に同じく公共施設の再編・充実による維持管理費の削減を目的とした「市有財産(施設)運用管理マスタープラン」を作成していますが、なかなか進んでいないのが現状です。今後の中津川市での重要な課題を解決するためにも先進地であり、人口も同規模で、中津川市よりのも早く公共施設の更新時期を迎える君津市の現状と今後の展開について、参考となる視察をすることができました。






コメント

中学生たちの感動を与えるスピーチ

2018年06月26日 | 議員活動
 6月25日、第38回少年の主張中津川市大会“わたしの主張2018”が苗木中学校で行われ、市内12地区の中学校の代表生徒が意見を発表しました。生徒自身が日頃考えていること、主張したいことを素直に堂々と「生の言葉」「生きている言葉」とし発表されていることを感じて感動をしました。重ね合わせて、6月23日の「沖縄慰霊の日」にスピーチを披露した浦添市立港川中学校3年生の相良倫子(りんこ)さんの朗読を思い出してしまいました。彼女の語る言葉には「戦争の残忍さや平和の尊さ」を簡単に語るのではなく、一つ一つの言葉の意味に気持ちを込めて「生の言葉」「生きている言葉」とし、私たちに感動を与え、多くの人の魂を揺さぶりました。
 この3日間で体験した中学生のスピーチを通じて、それにしても私たち(政治家のおじさんたち)の言葉の軽さを感じました。原稿をただ読むだけであったり、判で押したような紋切り型のスピーチ・あいさつなど「死んだ言葉」をいくら並べても、人の心を動かしたり、感動することはない、ついついと安易に笑いを誘う方に誤魔化していることを感じます。
「生の言葉」「生きている言葉」私たちが忘れていることを思い出させていただきました。


発表の様子(個人情報のためぼかしてあります)
コメント

副議長に就任しました

2018年06月23日 | 議員活動
 平成30年第2回中津川市議会(臨時会)において、推薦により副議長に就任しました。
浅学菲才(せんがくひさい)の身ではございますが、議長を支え、公正かつ円滑な議会運営に努める覚悟でございます。
 特に平成26年に制定した議会基本条例の理念を改めて確認し、議会改革を推し進め「開かれた議会」「分かりやすい議会」づくりを推進し、市民本位の政策立案や政策提言に努め、「市民の参加する議会」を目指していくことが必要であると思っています。


岐阜新聞の記事
コメント

平成30年第1回中津川市議会で一般質問を行います

2018年03月04日 | 議員活動
 平成30年3月8日(木)に一般質問を行います。質問内容は「地域資源を活かした観光行政について」を行います。
 自然を活かした観光振興についてはたくさんあると思いますが、そのなかで少しずつブームになりつつあり、磨き上げれば中津川の宝となり得る滝と樹木について質問をいたします。
 一般質問の2日目の3人目に行わさせていただきます。午後1時00分ごろからになると思いまが、インターネット中継でもご覧頂けます。
 よろしくお願いします。
質問内容はホームページからご覧頂けます。


発言通告書

-参考- 平成29年12月議会での一般質問の様子
コメント

平成30年第1回中津川市議会(定例会)が開催されます

2018年03月04日 | 議員活動
 2月26日から3月28日までの31日間において平成30年第1回中津川市議会(定例会)が開催されています。提出予定議案は報告1件、条例18件、人事3件、その他5件、補正予算6件、当初予算11件の合計44件です。
 今議会より議会活動における業務の効率化とペーパーレスに取り組むため、全議員がタブレット端末を使用し、ペーパーレス議会システムを導入します。


タブレットを使用・・議案書


議会運営委員会の報告
コメント

平成30年中津川市成人式が行われました

2018年01月10日 | 議員活動
1月7日(日)平成30年中津川市成人式が東美濃ふれあいセンター・アリーナで開催されました。今年の新成人の該当者は平成9年4月2日から平成10年4月1日生まれの858名、昨年より6名が減少しています。 この式は新成人の代表者による実行委員会が企画し、式典当日の運営も新成人自らが行う手作りの成人式として行われました。
 今年のテーマは「翔(はばたく)-未来に向かって-」でした。「二十歳の誓い」では、各地区代表12人が登壇して、今までの20年間の思い出や今後の夢を語り、未来に向かい翔く若者のたくましさと頼もしさを感じることができるとても素晴らしい成人式でした。


青山市長の挨拶

「二十歳の誓い」

付知中学校出身 早川佳希くんの「二十歳の誓い」
コメント

新年あけましておめでとうございます

2018年01月01日 | 議員活動


 中津川市の平成28年度決算の財務4表が発表され、7年間下がってきた実質公債費比率が9.9%で前年度より0.5ポイント上がり、県内42市町村中で15番目に高い数値です。現時点では財政の健全性は保持していますが、今後も実質公債費比率はさらに上昇する見込み、財政調整基金も繰入れ過多・残高減少となり、平成29年度末残高は16億円減になる可能性もあるとのことです。そんななかで、新衛生センター建設事業や青木斧戸線道路整備事業等も始まり、リニア関連事業、子ども園整備事業、神坂スマートインターチェンジ設置事業などの大型事業も次々と始まってきます。
中津川市として、ますます厳しくなる財務状況のなか地方自治の基本である「住民の福祉の増進」にどう答えていくのか大きな問題です。このことは行政だけではなく、二元代表制の一翼を担う市議会としても行政への「チェック機能」だけではなく「政策提言」をするような議会活動が求められていると思います。

コメント

第5回中津川市議会(定例会)が終了しました

2017年12月23日 | 議員活動
 平成29年第5回中津川市議会(定例会)は、11月29日(水)に召集され、12月22日(金)までの24日間の会期で開会されました。
 今議会の当初提出案件は条例4件、その他9件、補正予算8件の合計21件の議案が提出されましたが初日に1件1件が追加提案され即決となりました。11日は人事院勧告等による条例1件、補正予算8件が提出されました。
 今議会での補正予算は、人事院勧告による人件費の補正2億3771万1千円、国民健康保険坂下病院の資金不足を解消するために一般会計からの繰入金3億9千万円、中津川市民病院の医療過誤による2件の損害賠償金の6229万3千などが計上してあります。総額は、9億5845万1千円となっています。
 最終日に条例1件、補正予算4件についてはマイナンバー制度に関わることから反対された議員がいたことから起立採決となり、賛成多数ですべて可決され、その他については全会一致で議案は全て、可決されました。

コメント