ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

平和と幸福を願う「五大力さん」。「聖護院門跡」の末寺「積善院」へ。美味しい粕汁の接待も

2024-02-24 | 祭事・神事・風習

「美味しい~体温めるね~」と、ミモロが目を細めながら頂くのはアツアツの「粕汁」です。


2月23日「五大力さん」と言われる「五大力菩薩法要」が、「聖護院門跡」の末寺「積善院」で行われました。


ここは、かつて聖護院周辺にあった本山修験の4軒のお寺が、明治以降にまとめられた寺院です。
そもそも平安末期から鎌倉時代にかけて創建され、その後、さまざまな歴史の波に流されつつも、決してその崇敬を失うことがなかった寺院です。

ここの「五大力さん」では、「金剛吼菩薩」「無畏十力吼菩薩」「龍王吼菩薩」「無量力吼菩薩」「雷電吼菩薩」の5名の菩薩様の御開帳法要が行われます。

毎年、参拝に訪れているミモロ…
「これは、ミモロちゃん、今年もようお詣りに~」とお寺の方に迎えられて…

また、修験宗の本山であることから、当日は、境内に修験者の姿が目立ちます。


まずは、本堂の「凖提堂」へ


お堂の前、ミモロは、ロウソクを2本奉じます。

「ロウソク2本 奉じられます~」との声と共に、僧侶の方が、祈ってくださいました。


その後、本堂で、御開帳されている「五大力菩薩」のお姿に参拝のため、中へと進みました。


この日、「大般若転読法要」と「柱源護摩供養」という平和と平穏を祈願する法要が行われるのです。
境内には、その法要のために、全国から崇敬者が集まり、その時を待っていらっしゃいました。

参拝を終えたミモロは、「コロナ禍以来だって~すごく楽しみにしてたんだ~」と。

それは粕汁の接待です。

境内の一角の幕に囲まれた奥では、大きな釜のそばで作業なさっている方々…

「いらっしゃい~甘酒の接待のお手伝いした子ですね~」と覚えていてくださいました。

粕汁は、中身の具を予め下茹で、それを釜の中へ。


芳しい粕汁の香りが、境内に漂います。


「はい、あちらで待っていてくださいね~今、届けますから~」と。「は~い!」とすごくいいお返事。


間もなく、ミモロの前に運ばれた粕汁…

「具だくさんだね~美味しい~フーフー」と、猫舌なので息を吹きかけながらアツアツのお汁を頂きます。

「すごく美味しかった~」と感激のミモロ。
「よかったら、お代わりしてください~」と。「え~もう1杯頂いてもいいの?」と目を輝かせます。
でも、さすがにすぐにもう一杯は無理のよう…「他のところ参拝してから、また伺うかもしれません~」と言いながら、そばの三宝の上に、お小遣いからご志納しました。


「積善院」を崇敬する地元の方々をはじめ、多くの方が、この日にご奉仕をなさっているのです。

さぁ、次は、どこに参拝するのかな?

*「積善院 凖提堂」の詳しい情報はホームページで


<ブログを見たら 金魚鉢をクリックしてね 応援よろしく!ミモロより
人気ブログランキング

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら 

ミモロオリジナルグッズをぜひ~ご覧ください~

ミモロのウールジャージひざ掛け

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro1888@gmail.comまで

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 劇場の近くに新装オープンし... | トップ | [五大力さん」の法要に「積善... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

祭事・神事・風習」カテゴリの最新記事