精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

精密板金で薄板に加工したネジの検査方法

2021年04月27日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001& JIS Q 9100 お客様に選ばれる企業として革新を続けます ―

精密板金で薄板に加工したネジの検査方法について紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

ネジはサイズに合った専用ネジゲージを使って検査します。

精密板金 丸井工業
▲ 精密板金で加工した部品

写真の部品にはM3タップ(直径3mmの雌ネジ)が加工してあります。

精密板金 丸井工業
▲ これが検査用のプラグゲージ(ねじゲージ) 左がGP(通り側)右がIP(止まり側)

M3タップ用のプラグゲージ(ねじゲージ)を使用して適正なネジが加工されているか検査を行います。

精密板金 丸井工業
▲ GP側をM3タップにネジ込み検査を行います 無理なく回して全部通れば合格です

ゲージの両端にはGP(通り側)IP(止り側)と言うゲージが付いています。

精密板金 丸井工業
▲ IP側をM3タップにネジ込み検査を行います 2回転以上回らなければ合格です

GP側は無理なく全部が通り抜ける事、IP側は2回転以上ネジ込めない状態のネジを良品と判断します。

おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加していますこちら→
にほんブログ村 企業ブログへもご覧ください。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

スポット溶接の品質管理

2021年03月11日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます ―

スポット溶接の品質管理について。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

スポット溶接は金属板と金属板を単点で溶接し接合部にはナゲットが形成されます。ナゲットは溶接の強度に影響しJIS規格で溶接部の等級及び検査・試験方法が規定されています。ナゲットは板と板の間にあるので目視による検査はできないことに加え溶接強度は破壊が伴うので製品では行えません。要求通りの結果が得られるか事前に溶接条件設定を試験片によって評価します。
◆ スポット溶接の説明:スポット溶接・抵抗溶接とは
◆ 引っ張り検査・試験機(ST-40)の仕様:丸井工業・設備一覧


精密板金 丸井工業
▲ スポット溶接 引っ張り検査・試験機 ST-40


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加していますこちら→
にほんブログ村 企業ブログへもご覧ください。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

スポット溶接の品質管理

2020年10月01日 | 丸井工業 品質
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます ―

スポット溶接の品質検査 引っ張り検査・試験機。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

◆ スポット溶接の説明:スポット溶接・抵抗溶接とは
◆ 引っ張り検査・試験機(ST-40)の仕様:丸井工業・設備一覧

溶接の強度はナゲット径によるもので、JIS規格で溶接部の等級及び検査・試験方法が規定されています。

精密板金 丸井工業
▲ スポット溶接 引っ張り検査・試験機 ST-40

JIS規格で決められた試験片を検査機にかけ引っ張りせん断強さを測定します。

おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加していますこちら→
にほんブログ村 企業ブログへもご覧ください。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

ナット・スペーサーの圧入加工

2020年08月04日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます ―

ナットやスペーサーを金属板に圧力を加えて固定します。。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

プレスファスナーの品質に重要なのはメーカーが推奨している圧力を加えると言うことです。

精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 圧入加工機の自具部です ココに板金と圧入部品を入れてプレスします

専用の圧入加工機を設備していない会社はベンダー、プレス機、ケトバシなどを代用しています。

精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 板金に穴をあけてファスナーを入れた状態です

これらの機械はメーカー推奨圧を設定することができません。独自の検査方法などで確認する必要があります。

精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 板金圧入したファスナーはスルータイプのM3ネジのスペーサー

丸井工業はプレスファスナー専用圧入加工機を使い社内認定試験に合格した作業者だけが作業をします。

精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 裏面から見るとこの様になります

作業後は社内規定に従い検査資格者が検査をして出荷しています。

おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加していますこちら→
にほんブログ村 企業ブログへもご覧ください。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

薄板に加工したネジの検査

2019年07月23日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます ―


精密板金で薄板に加工したネジの検査方法について紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金で使用する平均的な金属板は約1ミリ前後、その厚みに対して雌ネジ(タップ)を加工します。下の写真の部品にはM3タップ(直径3mmの雌ネジ)が加工されています。M3タップ用のプラグゲージ(ねじゲージ)を使用して適正なネジが加工されているか検査を行います。ねじゲージの両端にはGP(通り側)IP(止り側)と言うゲージが付いています。検査を行うタップにGP、IP、をそれぞれ直接ねじ込んで検査をします。GP側は無理なく全部が通り抜ける事、IP側は2回転以上ネジ込めない状態のネジを良品と判断します。


精密板金 丸井工業
▲ これが検査用のプラグゲージ(ねじゲージ) 左がGP(通り側)右がIP(止まり側)


精密板金 丸井工業
▲ この部品にはM3タップが加工してあります


精密板金 丸井工業
▲ GP側をM3タップにネジ込み検査を行います 無理なく回して全部通れば合格です


精密板金 丸井工業
▲ IP側をM3タップにネジ込み検査を行います 2回転以上回らなければ合格です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

創業1970年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業