精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

薄板に加工したネジの検査方法

2018年02月22日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

精密板金で薄板に加工したネジの検査方法について紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

加工したネジはサイズに合ったそれぞれ専用のネジゲージを使用して検査を行います。下の写真の部品はM3タップ(直径3mmの雌ネジ)が加工されています。M3タップ用のプラグゲージ(ねじゲージ)を使用して適正なネジが加工されているか検査を行います。ネジゲージの両端にはGP(通り側)IP(止り側)と言うゲージが付いています。検査を行うタップにGP、IP、をそれぞれ直接ねじ込んで検査をします。GP側は無理なく全部が通り抜ける事、IP側は2回転以上ネジ込めない状態のネジを良品と判断します。


精密板金 丸井工業
▲ この部品にはM3タップが加工してあります


精密板金 丸井工業
▲ これが検査用のプラグゲージ(ねじゲージ) 左がGP(通り側)右がIP(止まり側)


精密板金 丸井工業
▲ GP側をM3タップにネジ込み検査を行います 無理なく回して全部通れば合格です


精密板金 丸井工業
▲ IP側をM3タップにネジ込み検査を行います 2回転以上回らなければ合格です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

ナットやスペーサーの圧入加工

2018年01月09日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続ける! ―

ナットやスペーサーの圧入加工について。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

圧入加工するプレスファスナー(ナットやスペーサー)は数多くの種類があり、専用機を使って板金に圧入します。プレスファスナーの加工で重要なのはメーカーが推奨している圧力を加えると言うことです。圧力が不足していると脱落の原因になります。専用の圧入加工機を設備していない企業はプレス機、ケトバシ、ベンダーなどを代用として加工している場合もある様ですが、特にケトバシの場合は圧力を設定出来ないので品質が安定しません。丸井工業は社内認定試験に合格した作業者がプレスファスナー専用の圧入加工機で加工を行っています。作業後は社内で規定された検査を実施し出荷しています。


精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 圧入加工機の自具部です ココに板金と圧入部品を入れてプレスします


精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 板金に穴をあけてファスナーを入れた状態です


精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 板金圧入したファスナーはスルータイプのM3ネジのスペーサー


精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 裏面から見るとこの様になります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

色見本板を製作して保管

2017年11月07日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続ける ―

ご注文頂いた製品と同色の色見本板を製作して保管しています。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

丸井工業は、お客様から頂いたご注文に対して受注から出荷まで全ての工程に関して必要な情報をデーターとして保管しています。例えば塗装の工程についてはどの協力会社にいつ発注していつ受入れたかや塗装色は何色かをデーターとして保管しています。塗装の受け入れにおいて一番重要な点は要求された通りの品質で塗り上がっているか人の目で確認する点です。その為に比色検査用に塗装色見本板を製作しそれぞれに管理番号を取得して保管しています。塗装色見本板は発注した通りの色で協力会社が塗装したか丸井工業の受入れ検査で確認をする為の物ですが、例えば「一年前に注文した製品と同じ塗装色に合わせて欲しい」この様なご要望があった場合は塗装色見本板を協力会社へ貸し出をして調色して塗装します。塗装品を含めた全ての製品に対してリピートのご注文を頂くと前回の受注データー(納品後に頂いたご要望も含め)が全て反映されますので安心してご注文頂けます。


精密板金 丸井工業 塗装色見本板
▲ 塗装色見本を保管している台紙です 変色しない様に太陽などが当たらない場所で保管しています


精密板金 丸井工業 塗装色見本板
▲ 色見本板です 左が塗装をした板で右が塗装前の板です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログランキングに参加しています☆  → にほんブログ村 企業ブログへ

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

スポット溶接の品質管理「引っ張り検査・試験機」

2017年09月05日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続ける ―

スポット溶接の引っ張り検査・試験機を導入しました。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

今まで工業試験場に依頼していた検査を自社でスピーディーに行えるようになりました。スポット溶接は、薄い金属板(0.4㎜~5㎜以下)を単点で溶接します。溶接部にはナゲット(溶融部)が形成されています。溶接の強度はナゲット径によるもので、JIS規格で溶接部の等級及び検査・試験方法が規定されています。溶融部は板と板の間にあるので目視による検査はできません。また、溶接強度は破壊を伴うので製品では行えません。そこで、要求されている等級や基準に適合した溶接であるか、引っ張り検査・試験機(以下、検査機)を使って評価します。JIS規格で決められた試験片を検査機にかけ、引っ張りせん断強さを測定します。また、スポット溶接機の溶接条件設定を変えた場合に目的の条件が得られるか試験を行います。

◆ スポット溶接の説明:スポット溶接・抵抗溶接とは
◆ 引っ張り検査・試験機(ST-40)の仕様:丸井工業・設備一覧


精密板金 丸井工業
▲ スポット溶接 引っ張り検査・試験機 ST-40


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「設備」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

金属板(薄板)に加工したネジの検査

2016年07月14日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

― JIS Q 9100 & ISO9001 取得 若さとパワーで革新を続ける企業です ―


精密板金で薄板に加工したネジの検査方法について紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

雌ネジ(タップ)は加工したネジのサイズに合ったそれぞれ専用のネジゲージを使用して検査を行います。下の写真の部品にはM3タップ(直径3mmの雌ネジ)が加工されています。M3タップ用のプラグゲージ(ねじゲージ)を使用して適正なネジが加工されているか検査を行います。ネジゲージの両端にはGP(通り側)IP(止り側)と言うゲージが付いています。検査を行うタップにGP、IP、をそれぞれ直接ねじ込んで検査をします。GP側は無理なく全部が通り抜ける事、IP側は2回転以上ネジ込めない状態のネジを良品と判断します。


精密板金 丸井工業
▲ この部品にはM3タップが加工してあります


精密板金 丸井工業
▲ これが検査用のプラグゲージ(ねじゲージ) 左がGP(通り側)右がIP(止まり側)


精密板金 丸井工業
▲ GP側をM3タップにネジ込み検査を行います 無理なく回して全部通れば合格です


精密板金 丸井工業
▲ IP側をM3タップにネジ込み検査を行います 2回転以上回らなければ合格です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「ネジ」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業