風の向くまま、気の向くまま

人生楽しく行こうじゃないか、山よりデッカイ獅子は出ん、何事にも挑戦するぞ!

リックの思い出

2011-02-28 09:31:52 | ペット

逃げる二月は文字通り逃げ足早く最終日になりました。

その今日は、我が家の愛犬リックが永久の旅立ちをしてから早くも2ヶ月になります。

この間、一日も欠かさず、朝には「おはよう」と、就寝前には「おやすみ」と写真嫌いだった
リックの珍しく、丸い大きな目がカメラ目線で見つめる写真に向かって声を掛ける女房の姿
を見ているとつい私も、何処からともなくひょっこりとリックが出てきそうな気がしてならなくな
ってきます。

17年間に及ぶかけがいのない家族として、ひと時も目を離すことなく、生活を共にしてきた
中には数え切れないほどの思い出がありますが、その中のひとコマに忘れられない日課の
散歩の思い出があります。

平成14年に私は現役をリタイヤし自適の生活に入りましたが、それを機に女房が担当して
いた朝の散歩は私が引き継ぎ約8年間、夏場は日の出前の涼しいうちに、冬場は少しでも
温度が上がった時間を選んで1時間程度の散歩を楽しむことにしていました。

ある日、一回の散歩で、どれほどの歩数を歩くのか知りたくなりリックの背中に万歩計をくくり
付けて歩かせたものの思った通りの結果が得られず残念に思ったことがありましたが、17
年間に歩いた距離、歩数は相当なものがあったと思っています。

何気なく歩いているようでも常に周囲に気を配り、状況に応じて見せる豊かな感性を垣間見
せ、思わず「生きている!」「感情を持っている!」と言うことを再認識することがよくありまし
た。

路面に降りて餌をついばんでいる鳩や好きでない猫ちゃんを見つけると毛を逆立って追いか
ける激しい気性を見せたり、どう考えても勝てそうにない大きなワンちゃんに出会うと横を向
いてそ知らぬ顔で通りすぎる気弱い一面を見せたり、いつも予防注射などでお世話になって
いる動物病院が大の苦手で、その近くを通るときは一目散に走ってその場から遠ざかろうと
する臆病な一面を見せたりと、どれをとっても愛すべき性格を見ることができました。

そんな性格のリックでしたが、私たちの心には癒しをいっぱい呉れたと同時に歩くという単純
な行為を通じて健康という大きなプレゼントも呉れたと思っています。

17年の間、私達はリックから沢山のプレゼントを貰いましたが、はたして、私達にそのお返し
が出来ていたのかどうか、リックは常日頃また、息を引き取る間際に何と思っていたのか気に
なってなって仕方がありません。

もし、不足な事があったとしたら、密かに許してもらいたいと思っています。

 

コメント

給湯器交換

2011-02-26 09:39:23 | Weblog



丁度1年前に新品に取り替えた給湯器ですが、トラブルが頻発し、その都度部品の交換、調整
等の措置をしたのですが根本的な修理には至らず、今回のトラブルでいよいよ完全に回復不能
となりメーカーも観念するところとなり近く、新しい給湯器に交換することになりました。

20年以上も使用した前の給湯器は1度のトラブルもなく順調に働いてくれたのですが、ぼちぼち
寿命も近いかなと思い、故障する前に取り替えておこうと思ったのが逆に出て、今となっては少々
早まりすぎたかと後悔しています。

この種のものは絶対に故障しないものとは思っていませんが、今回は機械運に恵まれなかった、
とあきらめるより仕方がありません。


コメント

街角の彫刻めぐり(その662)

2011-02-25 10:10:09 | 芸術・趣味・特技





作品名 : 時忘れじの塔
作者名 : 不詳



民衆の反政府運動にゆれる中東諸国ですが、その結果原油価格の高騰、日本にあっては円高、
株安と先行き重大な不安でいっぱいです。

昨日も所要のものがあり家電の大型量販店に行って来たのですが、その影響ばかりではないと
は思うもののウイークデーとは言え来店客の少なさに余計な心配をしてしまいました。

自然も人間社会も安寧なることを祈るのみです。



コメント

NZ地震

2011-02-24 10:34:12 | Weblog

22日に発生したニュージーランド地震のニュースを聞いて私の脳裏を一番によぎったのは、
あの強烈な恐怖心と、その後の辛い経験を思い出す「阪神淡路大震災」の発生でした。

ニュージーランドと日本は、南半球と北半球という違いはありますが、風光明媚な自然をはじ
めとして日本とよく似ているお国柄と聞きます。

地震国であることまで似ており、その耐震に対する高い知識は日本でも参考にしていると専
門家も説明しています。

それでも、それ以上に起きる自然の営みには計り知れないものを感じさせます。

今この時間も、瓦礫の下に閉じ込められ、ひたすら救助を待つ人も大勢いると報道されていま
す。

この人達の救出に日本からも緊急援助隊が派遣されていますが、何をおいても時間との戦い
です、一刻も早く深刻なダメージのない状態で救出されることを切に願っています。


コメント

M新聞社オープンコンペ

2011-02-23 17:10:33 | スポーツ


M新聞社主催の定例オープンコンペに友人のS君とK君と一緒に参加してきました。

今回から開催コースが変更になり、我が家からは比較的近場のコースなのですが、私には初ラウ
ンドするコースで挑戦意欲と未知の楽しみがいっぱいのスタートとなりました。

コースは距離は短いのですが、その分トリッキィーに作られており、技術を要するコースという印象
を受けました。

スコアーは初ラウンドにしてはまずまずでしたが、何分ダブルぺリヤによるハンデキャップに恵まれ
ず無冠に終わり参加賞のみ頂いてTHE ENDとなりました。




コメント

街角の彫刻めぐり(その661)

2011-02-22 09:18:14 | 芸術・趣味・特技




作品名 : 本を読むネコ
作者名 : 関 孝行



まだ寒の戻りがあると気象予報が出ていますが、今朝の雰囲気は完全に春です。

一面、茶色一色でした芝生広場も遠目に透かしてみると、ほんのりと青みが増しているのが見
えて此処にも春の気配を感じます。

今日、22日は「にゃんにゃん」で猫の日とか、猫の写真をアップしました。


コメント

競歩日本選手権

2011-02-21 09:23:07 | スポーツ



3月下旬並みと言う陽気のなか、近くの公認コースで行われた「日本陸上競技選手権 男・
女20キロ競歩大会」を見に行ってきました。

一般的には余り馴染みのない競技ですが、選手達のユニフォームに書かれている企業名や
学校名を見ると全国から参加していることがよく分かり地味ながら自分の持ち味を生かすこ
とのできるスポーツに取り組んでいる人が大勢いることを知り誰でもよく、選手皆さんを応援
したい気持ちになりました。

実際のレースを見ていると、日頃からトレーニングを積んでいる選手でも競技中倒れ込んで
競技役員に背負われて退場する選手もいるくらい見かけよりも過酷な競技だと言うことも良く
分かりました。

今回のレースの優勝者は8月に韓国で行われる陸上の世界選手権の代表に内定したようで
是非とも世界の頂点を目指して頑張って欲しいと思っています。



コメント

紅梅、白梅満開

2011-02-19 09:35:03 | Weblog








雪が雨に変わるころと言う「雨水」です。

穏やかな夜明けで一日が始まりました。

我が町の小さな梅園にもようやく春到来です。

服部 嵐雪の句    梅一輪   一輪ほどの  暖かさ    を思い出します。

同時に、「涙目、鼻水、くしゃみ」頻発の季節も到来です。

まさかそれで死ぬわけでもなく、耐えて耐え抜くより仕方がありません。

頑張ります。


コメント

街角の彫刻めぐり(その660)

2011-02-18 09:15:38 | 芸術・趣味・特技




作品名 : カレーの市民
作者名 : オーギュスト・ロダン



GDPが世界第2位になったと言う、何でもありのお隣の国、中国に我が日本は引き続きODAを
行うそうな・・・

大金持ちの家に借金がいっぱいある家が支援の手を差し伸べる図式にみえます。

いくら国民一人当たりのGDPが違うとは言え、何とも納得がいきません。


コメント

ゴルフGPSナビ

2011-02-17 10:34:54 | スポーツ
近年、多くのゴルフ場では、キャディー付きプレーを廃止して、セルフプレーに移行している
ところが増えています。

それ故、低下するプレーヤーの満足度を補完するものの一環としてGPSを利用したゴルフ
ナビをカートに搭載してサービスにつとめているところがありますが、普及が進んでいるカー
ナビ同様便利になっています。

更には、日本中の100%近い何処のゴルフ場でも使える携帯型の「ゴルフGPSナビ」も各
種市販されています。

私も、グリーンまで残り100ヤード前後の距離を正確に計測ができるなら試して見る価値が
あるかな?とは思っているのですが、現在の米軍のGPSだけに頼るシステムでは、その電
波の受信環境によってかなりの誤差がでると言うこと、更にもう一点は、メモられているゴル
フ場のデータが地図上で見るのと同じ水平面上の座標に過ぎず、高低差が加味されない測
定値にしかならないこと、などの欠点があります。

100ヤードの距離で10ヤード誤差は目視するのと変わりません。(かといって私には打ち分
けられる技術はありませんが)

そんな現状の中、常に日本の上空にあり測定誤差、数cmと言う日本の準天頂衛星「みちび
き」を活用できるシステムの完成が待たれるところであり、何のかのと言いつつも科学技術の
進展は目覚しいものがあります。


コメント

涙もろくなりました。

2011-02-16 10:27:11 | Weblog

年を取ると涙もろくなるといいますが、私も人並みに一寸した、麗しい話や切ない話などの感動
物語を見聞きするとつい「うるうる」することが多くなりました。

その訳は、長い人生で得た経験や知識がそうさせるのであって、ただ単に年を取ったからだけ
で現れる感情ではないと言うもののようです。

逆に言えば、過去に得た経験や知識を意識的にせよ無意識にせよ全て記憶から消し去ってし
まえばそれはないと言えます。

その意味から、私の脳みそは、まだまだ傷みもなく正常なのかと自己満足しておりこれからもお
おいに「うるうる」する機会に出会っていきたいものと思っています。

一方では、怒り心頭になることも多くなります。

身近では我が物顔で歩道を疾走する中年のおばちゃん自転車族や、次元は違いますが、特に
沖縄の皆さんをはじめ国民を馬鹿にしている「方便」発言の元馬鹿総理の無神経さ、困ったもの
です。


コメント (2)

街角の彫刻めぐり(その659)

2011-02-15 09:15:27 | 芸術・趣味・特技





作品名 : エヴァ
作者名 : オーギュスト・ロダン



昨日の天候から一転して、柔らかな日差しの朝になりました。

本来なら今日は、近所の友人とゴルフに行く予定をしていたのですが、予想外の大雪でコース
がクローズしてしまいました。

自然には逆らえません、やむを得ず予定変更してブログ用写真の整理や手抜きになっている
各種データの外付けHDDへのバックアップをしておこうと思っています。



コメント

四十九日になりました。

2011-02-14 08:37:14 | ペット

愛犬リックが天に召されて旅立ってから今日で四十九日と言う区切りの日になりました。

今頃は、青い空に向かってどこまでも伸びている虹の架け橋が見える広く美しい草原で、家族
に愛情をいっぱいプレゼントしてきたペット達は、飲み物も食べ物も不足なく、リックのように年
をとっていたものは、体力はもとより不自由だった耳も目も若さを取り戻し、大勢の友達と一緒
に楽しく過ごしていると聞きます。

そんな若返った姿でもう一度我が家に戻ってきて欲しい、と言う私の心のどこかにある願望の
せいか、こうしてキーボードの向かっている時や新聞などを見ている時「ふっと」私の横を通り過
ぎる幻影を見ることがよくあります。

あっ「リック」と、まだ在りし日と変わらぬ一瞬に戻ることがありますが、そんな思いに駆られるこ
とから解放されるのは何時になるのか、そんな思いがよみがえってくる四十九日です。



コメント

花粉の悲惨?

2011-02-12 11:08:36 | Weblog
日本列島の太平洋側を通過した低気圧の影響で、我が地方でも短時間でしたが雪が舞い私の記憶
には殆どない都市高速道路がほぼ全面通行止めになると言う事態になってしまいました。

今日も相変わらず低温ではありますが、僅かに日差しも戻り、まずは穏やかな一日の始まりとなりま
した。

早く本格的な「春よ来い」と言いたいのですが、気象情報や新聞紙上では「花粉情報」が目に付くよ
うになってきました。

現在のところは飛散は「少ない」ものの、我が地方では昨年の12倍という恐怖の飛散量が予想され
ています。

予想が当たれば、まさに「悲惨」なことになりそうで今から戦線恐々の気分です。

自然は、何かと人間に試練を与えますが頑張る以外ありません。


コメント

茶番

2011-02-11 09:48:13 | Weblog

この頃、茶番劇が行われているとしか思えない出来事が気になって仕方がありません。

強制起訴された党員の処分を決める政権与党の執行部は「やるぞ・やるぞ」と言いながら先延
ばし先延ばしで、未だ実行されていません。何時になったら国民世論が要求する適切な処分が
出されるのか注目しているのですが・・・

大相撲界の八百長疑惑を調査する特別調査委員会でも作業はそれなりに進んでいるかに見え
ますが、携帯の提出求められ「女房が踏みつけて壊した」等という子供じみた理由で提出を拒み
「はいそうですか」では、どこまで真剣に真相を調査しようとしているのか疑問を感じます。

また、海外に於いてもアメリカ議会で問題視されたトヨタ問題は徹底調査の結果何ら不具合もな
く正に1議員の茶番だったことが明確になったようです。

今や、自然の営みと、人間以外の動物だけが嘘のないもののように思えてなりません。


コメント