風の向くまま、気の向くまま

人生楽しく行こうじゃないか、山よりデッカイ獅子は出ん、何事にも挑戦するぞ!

遅すぎた反省!

2007-01-19 11:22:56 | 報道/ニュース

違反の繰り返しにより、減点され、挙げ句の果て運転免許の取消処分を受けた後
も全くの反省もなく、5年間も無免許運転を続け、人身事故を起こし、さらに逃走す
るというO球団のM投手が道交法違反の罪で起訴されました。

球団は「交通事故に対する社会的風潮が厳しい中、プロ野球選手という公人の立
場から、社会的影響が大きいと判断した」としてM投手を解雇、自由契約選手とし
ての処分を科しました。

子供やファンに夢や希望を与える憧れの人が、このていたらくでは救いようがあり
ません。この処分は当然の処分でM投手は真摯に受けるべきものと思います。

私はO球団やM投手のファンではありませんが、地元の球団に関わる事だけに残
念でなりなせん。このことが低迷する球団の足を更に引っ張ることがないようにして
欲しいものです。

今後、社会的に許される時がくれば球界復帰の道が残されているようですが、それ
迄に再び新聞記事にならないように本物の反省をして出直して欲しいものと思って
います。

コメント

梅雨明けに想う

2006-07-31 10:58:47 | 報道/ニュース

7月30日例年より約10日も遅く、ようやく梅雨が明け本格的な夏の到来となり
ました。

過去の気象記録によると、4番目に遅い梅雨明けとか、豪雨とか台風とかその
他の自然の営みは、私の子供の頃とは明らかに異なっています。

これは、やはり地球の温暖化の影響なのでしょうか、命あるもの必ず一度は臨
終を迎える事実は理解しているものの、生きたいという本能から、この現象には
非常に怖いものを感じます。

私の子供の頃の梅雨のイメージは、音もなくシトシトと降る小雨の中、蓑、笠を付
けたお百姓さんが一株ずつを手作業で田植えしている姿が記憶にあります。

今では、農業も機械化が進み作業のテンポも随分早くなり当時の季節感や風景
は全く変わってしまいました。

しかし、自然は自然の摂理によって営み続けていますし、私達はこの自然と共生
して生きるより他にありません。厳しい夏に向かい命あるもの皆んなに平穏である
ことを祈るのみです。
コメント

秋田の人がかわいそ~~

2006-07-19 10:43:22 | 報道/ニュース
                 

秋田県藤里町の連続殺人事件では、マスコミ報道以上のことを知る由もないが
容疑者には、常軌を逸した、常識では到底理解しがたい精神構造や供述がある
ようである。

専門家は、この容疑者には、虚偽性人格障害があるという解説をしている。

それにしても、この事件に対する秋田県警の無責任さ、だらしなさ、おそまつさ、
には聞いてあきれるばかりか腹立たしさ、さえ覚えるのは私ばかりでないと思う
が?

警察の役目は、市民の生命と財産を守るためにあり、そのために、多額の血税
が使われているのである。その任に当たる人達の猛省を促したい。

正直、私は秋田県民でなくてよかったと思っているが、この際、勝手ながら秋田
県民に成り代わり言いたい、秋田県警さんよ、しっかりやらんかい!!


 
コメント

デジタル化は日本2位

2006-07-07 10:23:59 | 報道/ニュース
                 

国際電気通信連合が発表した、世界情報社会報告なるものによると、デジタル化
が最も進んでいるのが韓国で日本はデンマークと並んで2位だそうだ。

私は、現役当時、電気通信の会社に勤務していたのでデジタル方式の持つ特徴や
メリット等とともに、デジタル化にそれなりに関心を持っていたが、一般的には情報
や通信の伝達に当たっては、その手段がデジタルであろうが、アナログであろうが
どっちでもよいことである。

デジタル化の目的は、これを利用する人が、便利で、高品質で、安価であることが
第一であり、これが引き金となり国の経済活動が活性化して、ひいては国民一人
ひとりの暮らしが良くなることである。

これらの実現の任に当たる、舵取り役の政治家や行政官の更なる奮起に期待をし
たいものである。



コメント

温もりをありがとう。

2006-06-02 10:41:11 | 報道/ニュース


M新聞の生活欄に「女の気持ち」という読者からの投書欄があります。
私は、この記事欄の大ファンで毎日欠かさず読んでいます。
感動させられる記事が多く、いつも楽しみにしています。

5月8日の記事に、印象に残った記事がありましたので紹介します。
それは、今年に入って1月と3月に相次いで亡くなった、祖父と祖母の思い出や
エピソードや教えられたことの大切さ等を孫の娘さんが書いています。

その記事の一節に「あなた達の孫に生まれて、最高に幸せです。誇りをもって
子供達に伝えていきます。温もりをありがとう。」とありました。

最近、毎日のように夫婦や親子や兄弟などの肉親の間にあって、殺伐とした事
件が多発している現状を見るとき、こんな一言を言える関係を築かれたご家族
に感動を覚えました。

また、このような記事をみて、我が身を振り返るとき、この娘さんの何分の一で
もよい、そう思い、そう思われる人間関係を築いていく努力をしなければとつく
ずく思っています。

コメント

くぅ~ちゃんしばらくお休み

2006-05-27 11:00:53 | 報道/ニュース

05年度の「CM」好感度白書によると、消費者金融大手、ア社のチワワのくぅ~
ちゃん主演のCMが2年連続で1位になったそうな!

しかしながら、CMのイメージと会社の実態が乖離しすぎていた様ですね!

もともと、一般的にはCMによるイメージと実態が違うのは、ある程度常識と私は
思っているのですが、何事も過ぎるのはよくないようで、しばらくの間くぅ~ちゃん
を観ることが出来ないのは残念です。

関連して、ア社がスポンサーの男子プロゴルフツアーも名称変更になったようで
改めて企業も個人もコンプライアンスの重要性を再認識したいものです。
コメント   トラックバック (3)