Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

とおくへいきたい。

2019-11-30 00:10:00 | コラム
ホテルのマネージャーを始めたのが今年の2月。

そこそこ仕事をこなしているはずだという自覚はあるものの、元々はフリーライターとして彼方此方に飛び回っていた身。

そろそろ、どこか遠くへ行きたい気持ちにもなってきて。。。

とはいいつつ、よく考えてみたら自分、一般的でいうところの「観光」の経験があまりない。

基本、家が大好きだし。
取材先と名所が「たまたま」かぶったとしても、ご当地の食べ物にありつければ大満足、建物を撮ったりもしなかったりする。

もったいないっちゃあ、もったいない。


そこで。

そんな自分であっても、ここに行くとすればテンション ( ☝ ՞ਊ ՞) ☝ アゲアゲ まちがいないっしょ!? みたいなリストを作ってみた。

以下が、その10選。

この際です、実際には存在しない場所(??)も含んでいます。


(1)『ツイン・ピークス』シリーズ(90~)

20歳のころ、ツアーに参加しロケ地を巡ってはいるのだけれども、何度だって行きたい。



ちなみにそのツアーで、沢尻エリカの元旦那さんと親しくなりました。

曰く「このツアーに参加することは、我々の責務なんです」。


(2)『黒部の太陽』(68)

ダムをこの目で。

ちなみにこちらの動画は、予告編となっているけれどオープニングですね。




(3)『第三の男』(49)

あの、でっかい観覧車(ウィーンのプラーター公園)に乗りたい。


(4)『ブエノスアイレス』(97)

悲しみを閉じ込めるために主人公が向かう、圧倒的なイグアスの滝。




(5)北野映画の海

フィルターを通さなければ、あの色は出てこないのかもしれないが。


(6)『機動戦士ガンダム』(79~80)

サイドセブン。

もちろん、架空の場所。


(7)『ロッキー』(76~)

ベタだが、フィラデルフィアのあの階段で両腕を上げたい。

というか、ここには行ってます。でも、もういちど。




(8)『ケープ・フィアー』(91)

クライマックスの舞台となる、「恐怖の岬」。

冒頭でジュリエット・ルイスがいうよね、「あんなに美しい場所なのに、なぜ恐怖なんて冠したの」と。


(9)『ヘイトフル・エイト』(2015)

ワイオミングの大地もだが、あの小屋にも行ってみたい。

手がけたのは、種田陽平。




(10)『アイズ ワイド シャット』(99)

あの、厳かな乱交パーティの会場に潜入したい。

階級がありそうだが、仮面かぶっているからバレないっしょ?

でもな~、エッチはあんな風に堅苦しくやるものじゃないよ。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『しぶとくいきたい。 + 11月コラムの目次』
コメント   この記事についてブログを書く
« にっぽん女優列伝(154)... | トップ | しぶとくいきたい。 + 1... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事