Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

ジョン・ドゥか、あるいはアラン・スミシーか

2019-11-25 00:10:00 | コラム
今年は大雨がひどかったが、風もなかなかのもので。

表札の代わりに掛けているボードが何度も落下し壊れてしまったため新しくした。

いい感じっしょ?


それにしても。。。

同じ棟に住む近隣さんの玄関を確認すると、若いひとほど表札を掲げていないことが分かる。

階段などで顔をあわせることがあるので「なんとなく」は知っているけれど、
どんなひとが住んでいるのか、そもそもそこは空き部屋なのかちがうのか、よく分からないひとだって居ると思う。

集合ポストにも名前記していないし。

でも郵便物やチラシなどは抜かれており、電気メーターが回っていたりするので「ヒト」が住んでいることはたしかなようで。


最近、物騒だから。
プライバシーの観点から。


うん分かる。

とくに若い女子であればね!

けれどもここは団地なので、20~30代単身女子は「たぶん」住んでない。

だとすると、そこまで警戒する必要あるのかなって思ったり思わなかったり。


映画『セブン』(95)のジョン・ドゥ。



この名前は彼の本名ではなく、「容疑者の名前が判明していない際の通称」つまり「米国警察用語」のひとつだと聞いたことがある。

米国ってたぶんニックネームつけるのが好きなのでしょう、ハリケーンとかもそうだし。

現在は「無効」となっているものの、映画界にも「実在しない映画監督」の名前があった。

演出方針や編集などでスタジオと揉めた場合、映画監督は架空の名前をクレジットすることが出来る。

「これを演出したのは自分じゃないですよ」という意味を持つ名前、アラン・スミシー。


日本の「名無しの権兵衛」も一周まわってセンスあるように感じるけどね!


ともあれ。

「顔」と「名前」があって初めて他者を認識するものだと思うから、出来れば表札を掲げてほしいなぁ!!



※めっちゃ恐ろしい登場シーン



…………………………………………

明日のコラムは・・・

『The Irishman』
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 初アパ | トップ | The Irishman »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
郵便配達の方は 大変 (夢見)
2019-11-25 09:32:08
姑の家の近所は 表札はあっても姓だけなので 誤配が多いです

昔は村で殆どが同じ姓・・・・・


犯罪を怖れ 個人情報漏洩を怖がり
マトモな表札も出せなくなる生活 社会
生きにくい時代になっていくような

使ってはいけない言葉が増えていく「言葉狩り」もあるし

ただただ呆れます

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事