みんなちがって、みんないい。一人ひとりの宝物を見つけながら。
星槎教育研究所ブログ★相談員の部屋
What's New 星槎教育研究所
2015.05.22 今年度のプログラムを紹介しています
2015.04.01 ベアーズについてはこちら
2015.04.01 詳細は、星槎教育研究所の公式Webサイトをご覧ください





7月29~30日、千葉県の君津亀山少年自然の家に行ってきました
今年度は、小学1年生から高校1年生までの子どもたちが参加しました普段は関わりのない子どもたちも、あっという間に仲良くなっていました
1日目は山道を歩きながらチェックポイントを見つけるウォークラリー、野外炊飯でカレー作り、レクリエーションを行いました



2日目はウォークラリーで拾った木の実や葉っぱを使ったクラフト工作、アイスクリーム作り、芝滑りを行いました




また、帰りには海ほたるに立ち寄り、買い物学習で家族にお土産を買いました



皆で協力しながら、1つひとつの活動に取り組みました「楽しかった!」「また来年も!」という声がたくさんありました
普段は見られない子どもたちの様子もたくさんあり、今後の定期指導に活かしていきたいと思います




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回は、金曜LST(ライフスキルトレーニング)の活動について紹介します

今年度より、中学生4名で活動しています。将来生きていくために必要な生活スキルを中心に、机上学習と実践を重ねています
1学期は、天気予報の見方や最高気温と最低気温の違い、それに応じた体調管理や服装管理などを学びました

また、2ヶ月に1回程度、調理活動の時間を設けています
自分の意見を持つこと、主張の仕方などに触れながら、毎回子どもたちの話し合いで内容を決めています
1学期はチーズインハンバーグとカツ丼を作りました




失敗しても大丈夫!な雰囲気を子どもたちが作っていますその環境の中で色々なことにチャレンジし、主体的に活動に取り組むこと、現在も将来も必要なスキルを身につけていくことが目標です


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ベアーズでは、4月から新1年生も増え、新しい学年や新しいグループなどでプログラムを行ってきました夏休みまでの活動の様子をご紹介します

木曜フリースクールの活動の様子
課外活動では、警察博物館に行ってきました
警察に関する歴史や制服の展示を見たり、指紋採取や110番通報の体験をしました



遠足企画では、サンドイッチを作って公園に行きました
公園で食べるとより美味しい!と大満足でした


総合学習では、子どもたちが自分の理想の旅行ツアーを企画し、発表しました
アドリブも交え、スタッフの質問にも即興で返すなど、堂々と発表することができていました




★デイコース(FS)
日中の時間を使って、プログラムを行っています。
自分のペースや学習のスタイルを大事にしつつ、学習はもちろん体験活動やソーシャルスキルトレーニングなどに取り組んでいます。

小学4年生から中学3年生までが対象で、少人数グループでプログラムを行っています。現在若干の空きがあります。
お気軽にお問合わせください。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スプリングスクールを行いました
学年最後のこの時期の活動は、1年間の成長を生かして、課外活動のプログラムで行っています。

1日目 鉄道博物館(てっぱく)
2日目 リスーピア
3日目 ANA機体工場見学

“てっぱく”や“リスーピア”では、実際にさわったり体験したりしながら楽しみました






ANA機体整備工場は、人気の施設で予約も困難でしたが、格納庫内で飛行機を間近で見られ、貴重な体験ができました



課外活動は、教室とは違う面も見られ、体験を増やし今後の指導にも生かせるとても有意義な活動です
学校行事の練習にもなります。今年度もいろいろ予定がありますので、どうぞご参加ください

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




グループ指導が年内最後のときには、お楽しみ会を行うことがあります
学期ごとに目標を決め、それを頑張った“ご褒美”でもありますし、より仲良くなる交流の場でもあります


●パンケーキ
ふわっふわのパンケーキを作るために、卵白を「メレンゲ」にしています


焼き上がったパンケーキに生クリームチョコソースバナナをトッピング


普段より少しオシャレで、贅沢なパンケーキに満面の笑みでした


●ベビーカステラ
普段と違うお楽しみ調理に対し、飛び上がって喜ぶ子、ワクワクしている子等、みんな笑顔でした

役割分担して、たこ焼き器を使って焼き上げていきます


チョコレートが焼きチョコになって、いいアクセントになっています
みんな、美味しく完食しました



●クリスマスツリーボックス
クリスマスが近いので、ツリーの小物入れを作ってみました

まずは、丁寧に画用紙を線に沿って切っていきます


次に、型紙に画用紙をのり付けしていきます


うまく組み合わせると完成です♪
完成した作品にみんな、大満足でした




今年最後の定期指導は、終わりです
皆さん、よいお年をお迎えください


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




運動プログラムでの様子をご報告いたします

運動プログラムでは、「投げる」「蹴る」「走る」などの要素を盛り込んだ活動をしています
子どもたちの中には、「体を動かすことは好き」だけど・・・
 ・「上手くコントロールができない」
 ・「勝負にこだわって負けるのが嫌」
 ・「ルールが分かるのに時間がかかる」
  などによって楽しみきれないことがあります

ベアーズのプログラムでは、
運動を通した「楽しい」体験から、人との関わりを学ぶことを目標としています


先日は、「蹴る」ことをテーマにして運動しました

ウォーミングアップのあとは・・・
          『シュート練習』をしました

壁に〔1点・2点・3点・5点・10点〕とゴールの範囲を決めて、まっすぐ高く蹴ることを意識しています


高得点を狙って、高く蹴ろうとしていますが、力が入り過ぎるとまっすぐ蹴れないこともあり、苦戦しています
それでも、何回か蹴るうちにまっすぐ蹴れたり、コントロールしようとしたりしていました


少し休憩を挟んでから・・・
     『キックベースボール』もしています

三角ベースで簡単なルールからではありますが、みんな白熱した試合を繰り広げています


これまで何回かやってきましたが、高く蹴られたボールを果敢にキャッチしようとした子もいました
また、連係プレイでアウトにできる場面もあって、ハイタッチして盛り上がりました

4月から続けてきて、だいぶグループの子同士で仲良くなっている様子があります
運動を通して、人との関わりを学んでいるなぁと実感します



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ベアーズのプログラムには『ソーシャルスキルトレーニング』のクラスがあります
学年や特性に合わせて、いくつかのグループがありますが、今回は低学年グループでの様子をご紹介します

低学年のうちは、“学校ルールを学ぶこと”は大切で、そのためにも“話を聞く”課題に集中する”という個人内での成長が望まれます。
また、コミュニケーション・社会性面では、“思いや考えを言葉にする”“ルールに従う”などが友だち関係には大いに影響してきます。

先日のグループ指導では、
言葉にして相手に伝える”ことを目的にした【伝達ゲーム】をしています


下の写真のような、様々な動物が書かれた3×3マスを【伝える役】の子は持っています。



また、【聞く役】の子は下の写真のような、何も書かれていない3×3のマスを持っています。



このゲームは、【伝える役】の子が、【聞く役】の子に分かりやすく、動物の位置を伝達していきます



お手本でやって見せて、どうやって伝えると相手に分かりやすいのか考えてもらいました
子どもたちがやってみると・・・
「真ん中が~」「一番上の真ん中が~」など、どの動物かに絞って伝える事
「~の右のとなりが…」「~の下が…」など、関連付けて伝える事

これらが、「分かりやすい」「上手く伝わった」ポイントでした


自分の思い・考えが上手く伝えられず、モヤモヤ・悶々としている子は少なくありません。
それを説明するにも咄嗟に表現が出にくかったり、順序立てて・分かるように説明するのが苦手だったりします。

少しでも「自分の言いたいことが伝えられた」という体験ができればと思っています



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ベアーズのプログラムの中には、色々な体験学習の中で子どもたちの“気付き”“学び”“発見”へと導いています

先日の『デイコース』のプログラムで「調理」がありました
メニューはクレープです

話し合いの段階から、希望の声が強く、決まったメニューです
そこには、利用している子どもの「得意だから」「できるから」という思いが感じられます

これまでもお楽しみ会などで何回かクレープを作ったことがありました
生地を薄~く丸~く広げるのはコツが必要ですが、それを上手にできたという体験がモチベーションになっているようです

調理をスタートすると、手順はしっかり覚えており、順調に生地が完成です
あとは焼くだけ・・・というところで、中には緊張して「上手くできないかも」という人もいました
すると、「得意」と思っている子が見本を見せ、コツを教え、やっているときにもアドバイスをする場面がありました
こちらがお願いせずとも、自ら積極的に関わりあい、相手を思いやる姿勢は素晴らしかったです


最後は、定番のバナナ・チョコ・生クリームでトッピングして完成です


子どもたちにとって体験活動を通してイメージが持てたり、できたことが自信になったりします
自ら能動的な“気づき”“学び”“発見”の機会は、本当に大切だと感じます





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週金曜、文化の日に小中学生の子どもたちを連れて「秋の遠足」に行ってきました

よく晴れた爽やかな天候で、まさに遠足日和となりました
今回の遠足では、昨年度同様、アスレチックに行きました
場所は、『平和の森公園』にあるフィールドアスレチック場です

敷地内に広がった40種類もある遊具に、子どもたちがそれぞれのペースでチャレンジしました
まずは、神楽坂駅に集合して、・白黒グループに分かれて移動しました
みんな、自分のグループのバンダナをもらって、目印にしています



公園に着いたら、早速アスレチックのスタートです
みんな、ドキドキしながら慎重に挑んだり、力強く身体を動かしたりして頑張っていました



遊具の種類は様々で、簡単だと思う子もいれば、難しいと思う子もいます
学年によっても個性によっても、身体能力には個人差があります
それでも、それぞれのペースでよく頑張っていました
また、他学年での関わりもあって、普段会っていない子同士のかかわりも生まれていました


「できたぞ~!」という達成感を味わう子もいれば、悔しい思いをした子もいるかと思います
それでも、“やろうとする”姿勢や意欲は全員に見られました
笑顔で楽しみながら、実際に“やってみた”体験は絶対に子どもたちに良い刺激として残ると思います


皆さん、お疲れさまでした


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明日11月3日(金)の『秋の遠足』ですが、
アスレチック【晴天プログラム】を予定しております

子どもたちと楽しく、怪我なく活動してまいります
どうぞよろしくお願い致します

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日、フリースクールの課外活動として『杉並アニメーションミュージアム』に行ってきました

利用している子どもたちの中には、マンガ・アニメの知識が豊富で、話題の中に多く出てきます
中には、絵を描くことが上手な子もおり、普段の授業・休み時間の中でもその才能を感じます

そこで、彼らの好きな世界観が堪能できる場所に行ってみることにしました
彼らの反応は良く、到着してすぐにアニメのポスターを食い入るように観て回りました
ペンタブで自分の好きなアニメのキャラクターを描いている子もいました


また、スタッフにとっても懐かしく感じるアニメの映像も流れていました
今と昔のアニメーションについて話題になり、「どんなアニメが好きだった?」と話題も広がりました


ライブラリーに立ち寄ると、画集や雑誌などの書籍がずらっと並び、一つひとつ手に取って感動していました
夢中になって読んでいて、あっという間に予定時刻になっていてビックリです

利用している子同士で共に積み重ねた体験や共通の話題は、より親密になるために不可欠です
こうした体験学習が、子どもたちにとって良い刺激になってもらいたいものです


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




土曜には隔週の頻度で『SST』(ソーシャルスキルトレーニング)のクラスがあります
学年や子どもたちのタイプによっていくつかのクラスに分かれていて、今回は低学年のクラスの様子をお伝えします

低学年の子どもたちは、みんなと仲よく遊んでいるようでも、すぐ友だちから離れて一人遊びを始めたり、
また仲間に入って遊んだりします。このように、一つのことに集中することができにくいところや自己中心的な面があります。
集団生活でも同様に、自分の気持ちの趣くままに行動(しようと)する傾向はあります。

よって、こうした発達段階での課題と、子どもそれぞれの発達特性の課題を考慮して、グループ指導を行なっています


先日より「協力ゲーム」を始めています
ペアを組んで、手助けしたり、応援したり、励ましたりして勝敗を競い合っていきます例えば、「○○といえば」と、連想される言葉を協力して出しあい、その数を競います
「秋といえば」では、最初のうちは戸惑いながら、だんだんとイメージが湧いてきていました


また「協力ボウリング」では、ペアで1投目・2投目を分担して、協力して高いスコアを目指します。
勝ち負けが関わるとヒートアップしていきますが、そこで生まれる良い関わりも『協力ポイント』としてカウントしていくと、意識的に応援ことば・励まし言葉が出ていました

こうした適切な関わりを学ぶ機会になればと思っています


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




サマースクール最終日

前期は低学年クラス・高学年クラスと分けて実施していましたが、
後期には低学年から中学生が一斉に集まって過ごしています

プログラム内容は…
・個別学習タイム
・お楽しみタイム
・昼食
・体験活動(運動)


今回の運動プログラムは、低学年でも中学生でも一緒に楽しめるものを考えました。
黄色チーム・ピンクチームに分かれ、チームで活動を共にしています
1.準備体操
2.パス回し
3.どんじゃんけん
4.しっぽ取り
5.ドッヂボール
6.ストレッチ



パス回しでは、投げる相手の名前を呼ぶことを意識しながら行っています
名前を呼ぶのに戸惑ったり、苦戦したりする子もいましたが、最後までがんばりました
これからチームで協力していくためにも、仲間意識として大切なステップです



しっぽ取りは、けん制し合いながらも、果敢に挑んでいく子がきっかけとなって、
白熱していきました

いったん休憩を挟んだところ、“作戦会議”も開かれています(笑)



みんな「やったことある~」と盛り上がり、楽しみにしていた様子です

もちろん、こうした競技が得意な子ばかりではなく、低学年・不安を感じやすい子も混ざっているため、
その辺りは高学年・中学生の子たちにはコントロールするように伝え続けています
みんな、頭の中では分かっていながらも実践するとなると難しいこともあり、
「やってみて振り返る」「自分の行動を考える」体験の場になったのではないかと思います


最終日は、参加した子たちの数も多く、異学年同士のかかわりもたくさん見られ、
成長を感じる場面やトライしてみようとする姿など、普段とは違う様子を見ることができました。
環境が変わり、新たな刺激を受けた子どもたちの変化なんだと感じます

もうすぐ夏休みも終わりますが、残り少ない休みを皆さん楽しんでください



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




サマースクール5日目

お盆休みを挟んで、サマースクールの後期がスタートしました
この日は、課外活動として『葛西臨海公園』に行ってきました



ここでは、園内での活動についてご紹介させていただきます

葛西までは片道4~50分ほどでした
電車に乗っての移動は、低・中学年のみんなには大変でしたが、頑張りました
この日は、突然の雷雨が心配されましたが、カラッと晴れて気温も上がり
子どもたちの元気パワーで雨雲はどこかへ行ってしまったようです(笑)


昼食後、磯遊びとして『カニ釣り』を体験しました
普段なかなか目にしないカニを見つけ、捕まえようと夢中になっていました


虫や生き物を苦手とする子もいますが、今回集まったメンバーはみんな知識も豊富で、
「そんなことまで知っているの?」とスタッフがビックリすることも多かったです。
そのため、図鑑や観賞用ではなく、生息地で直に見て触れる体験に盛り上がりました
捕まえたカニ・魚は“事前の約束通り”その場に逃がしています



カニ釣りでひとしきり盛り上がった後は、水族園にお邪魔しています


色鮮やかな魚、形の特徴的な魚、どこかで観たことのある魚など様々でしたが、水族に食い入るように見ている姿から、楽しんでくれていることが伝わります



暑い日でしたが、満足いくまで遊び、最後まで元気だった子どもたちにスタッフ一同エネルギーをもらいました
みんな、ありがとう


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




サマースクール4日目

今回も、午前は低学年クラス、午後は高学年クラスでした

低学年クラスの実験では、『シャーベット作り』をやりました。
高学年クラスの実験では、『塩を使ったモノの浮き沈み』をやりました。

今回の実験では、塩のはたらきを知ることが目的です

ここでは、低学年クラスでの様子をご紹介させていただきます

『シャーベット作り』
塩と氷の原理について…
氷に塩を入れると、塩はどんどん氷を溶かしてまわりの熱をうばって温度を下げていきます
その温度はマイナス20度まで下がると言われています

そこで…

1.お椀に氷を入れ、そこに大量の塩をかけます
2.その上に、アルミの器をのせて、ジュースを注ぎます


3.スプーンを使って(こぼさないように)かき混ぜていきます
4.すると、少しずつ固まってシャーベットになっていきました


塩を大量にかけたときには、そのしょっぱさを想像して様々なリアクションがありま
した(笑)
「せっかく甘いジュースが塩の味になるんじゃないか」って心配する子もいました
もちろん、かき混ぜたスプーンで試食しないように、スタッフが目を光らせましたが…


みんな、一心不乱にジュースをかき混ぜています



徐々にコツを掴み、固まったシャーベットを食べた子達からは「おいしい!」絶賛の声
「もっとやりた~い」とその現象を不思議に思いながら、意欲的でした


最後は、実験レポートを完成させて、立派な自由研究ができました
みんな、お疲れさまでした~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ