みんなちがって、みんないい。一人ひとりの宝物を見つけながら。
星槎教育研究所ブログ★相談員の部屋
What's New 星槎教育研究所
2015.05.22 今年度のプログラムを紹介しています
2015.04.01 ベアーズについてはこちら
2015.04.01 詳細は、星槎教育研究所の公式Webサイトをご覧ください





ママの笑顔が子どもの笑顔へ!
大切なのは、ママがいい気持で子どもとふれあうこと
楽しい幼児教育は“好きと喜び”


教室ではどんなことをするの?

よいところをもっともっとのばした~い
集中力をつけたい
コミュニケーションが上手にとれる子に育てたい
言葉が遅いので少し心配、語彙を増やしたい
就学入園・入学前に社会性やスキルを身につけたい
子育てについて相談したい





神楽坂教室~レッスンスケジュール~  
①9:30-10:30 定員5名
②10:45-11:45   5名   
③12:00-13:30 お話し会(子育てに不安のあるママ、お茶を飲みながらお話しませんか?)          
④13:45-14:45   5名          
⑤15:00-16:00   5名
⑥16:15-17-15   5名



国立教室~レッスンスケジュール~  
①9:30-10:30 定員3名
②10:45-11:45  3名   
③12:00-13:30 お話し会(子育てに不安のあるママ、お茶を飲みながらお話しませんか?)          
④13:45-14:45     3名          
⑤15:00-16:00     3名
⑥16:15-17-15(小学生)5名

※個別レッスンに関してはご相談ください。
※お話会、無料体験(1回)のお問合せは03-5225-6245(星槎教育研究所内『あのね
』準備室)まで。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




何年も前からこんな日が来るのを待っていました。
全国の学習センターに行くたびに、
そこの親の会の代表の方にお目にかかって
「全国の親の会がつながりたい」とお話していました。
  同じ心を持った人たちが北海道から沖縄まで各所にいて
  お互いを知らずそれぞれに活動している。
  ぜひ みんなで集まりたいね、つながりたいね。
  いっしょにできることもあるはず・・・


その日がやっと来たのです。

高尾の新制作座の舞台をお借りして
全国の学習センターをインターネットでつなぐTV会議システムで
開催しました。

《第1部》
   星槎グループ創設者 宮澤保夫会長挨拶 

   講演・赤塚真人さん(俳優) 
      宮澤会長の親友でもあり、映画「幸せの黄色いハンカチ」や「武士の一分」
      などにも出演、舞台「8・12絆」でご存知の方も多い、赤塚真人さんに
      シングルファーザー歴27年の「男の子育て」をお話しいただきました。
      お芝居と同じく 笑いながらも涙があふれる、お子さんへの愛情たっぷりの
      すばらしいお話でした。

   各支部の紹介・活動報告
全国の会場から、親の会の名称とその由来、活動状況の報告がありました。


《第2部》
   各会場ごとに懇親会
お母さんたちの手づくり料理が並び、おいしいものを食べながら
話がはずみます。赤塚さんも参加してくださいました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月16日、パナソニックセンター東京 リスーピアに行きました

1週間前からチェックしていた天気予報は雨だったので、屋内の施設へ出かける予定にしたら、朝には雨が上がっていた・・・。でも出かけるときは雨が降っていないのがいちばんですね。

電車に乗って乗り換え2回、23区内の移動でも臨海地区はちょっと遠かったかな?1時間近くの移動でみんなちょっとお疲れのような空気・・・。

パナソニックセンターの中に入ると、体温感知モニターにみんな興味津々・・・。手をかざしたり、モニターを覗いたり。でもそれは展示物じゃなくて新型インフルエンザ対策の体温感知モニターなんだよ・・・。最新の大画面のテレビとかがあるんだよ、と思っていたらもうすばやく見つけていて、早速3Dの画面を体験したりしていました

1階のニンテンドーコーナーを横目に、2階でパナソニックが取り組んでいるエコ活動を見学。でもやっぱりゲームに行きたいよね・・・。平日で人も少ないので、午前中は思い思いにショールームで過ごしました。

午後からは、今日の本題、リスーピアへ。ここは「理科の面白さや驚き、数学(算数)の美しさや不思議」を伝える展示がされています。みんな光のエージェントに導かれて、気になるところを体験していました。体験型なので、難しく考えることなく理数の世界にスーッと入っていける感じです。理数の考え方がこういうところで使われているんだ、とどれもなるほど発見!でした。
展示だけだと実は手持ち無沙汰になってしまうこともあったけど、今日は「考える」顔をしながら周っていましたね。予定の時間の中で見学をして過ごす、ということがしっかりできていました


マジカルパフォーマンスシアターでは、A君が3Dの画面に入ってスタッフの方と一緒にナビゲートしてくれました。みんなの前で立候補するのはちょっと苦手な人もいるけど、A君は見事、やり遂げて自分の好奇心を満たすこともできました。見学していたみんなも呼びかけに応えたり、マナーよく参加できていました。

そして素数ホッケーやりたいな・・・と様子を見ていたら後ろに気配が・・・。振り返ると、セミナーでお世話になった うすいまさとさんが、立っていました。お忙しい中顔を出していただきありがとうございました。
「うちの生徒はあのへんとあのへんとあのへんにいます・・・。」というと、穏やかな笑顔で応えてくださいました。出会えたこととうちの生徒も紹介?できたこと、うれしかったです。


みんなたくさん見学して、来た道を帰りました。6年生のK君は卒業によるみんなとの別れの寂しさを胸に秘めて、がんばって過ごしました。飯田橋駅から歩くコースを選択したT君は自分のやりたいこととみんなに合わせることをうまくコントロールして、今日1日がんばりました。行きも帰りも切符の購入を手伝ってみんなに渡してくれたK君。安心して任せることができました。ありがとう!そしてH君とA君は、リスーピアで説明を読んだりして、じっくり体験することができました。

みんなみんな、今年度もよくがんばりました

またこれからも、いろいろなことにチャレンジしていきましょう!!

※パナソニックセンターは、その性質上写真が撮れるところが限られているので今回は文字だけのご紹介でした。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




うすいまさとさんからオススメの番組をご案内いただきましたので
みなさんにご紹介いたします。
以下転載です。


こんにちは、うすいまさとです。

テレビ放送のお知らせです、
みなさん、ぜひご覧ください!

友野龍士さんと小柳拓人さんが出演した(コバケンとその仲間たちスペシャルオーケストラ)のコンサート
コンサートにいたる過程がテレビ放送されます。

〓NHK厚生文化事業団50周年記念こころコンサート
(コバケンとその仲間たちスペシャルオケ)

●このコンサートにいたるドキュメンタリーのテレビ放送

3月20日(土)
15:00~16:30
NHK教育テレビ

4月5日(月)、6日(火)
いずれも20:00~20:30
NHK教育テレビ「福祉ネットワーク」
3月に放送しきれなかった部分をやるそうです。

スペシャルオーケストラ、すなわち、障害のある演奏家30名を加えたオケ
(コバケンさんは世界初と言っていらっしゃいますが…)の成立から本番に至る
ドキュメンタリー番組です。

●このほか5月にも音楽番組としての放送があるようです。

●コンサートレポート〓
3月7日、東京は雨でしたが、NHKホールが3階まで満席の中、
演奏ごとに嵐のような拍手と共に、大成功に終わりました。

コンサートはもちろんメンバーがスペシャルですが、演出も盛りだくさん。
金管のバンダあり、バイオリンソロあり、トロンボーンソロ(盲導犬つきで)あり、
和太鼓集団あり、それに辻井さんのピアノコンチェルト、間にはソリストのトーク、
最後はNHK東京児童合唱団まででてきて、会場と共に大合唱でした。
歌謡ショーのノリでおそらくクラシックに馴染みのない方でも楽しめたと思います。

それになんと言っても、今回のハンディがある音楽家がオケで共演ということが
ここまでできるんだという感想を会場の多くの方のが感じられたコンサートだった
と思います。

皆さんが試行錯誤のサポートの中で成長し、その成長をサポートした人も感じ、
喜び、感動できるという素晴らしいプロセスでした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




卒業式に先立って星槎国際高等学校神楽坂キャンパスでも
3年生を送る会を実施いたしました。

最初は調理実習とみせかけてピザ作り。
生地をこね、まるめて伸ばしトッピング。




オーブンだけでは足りないので、ホットプレートでも作ります。

ピザが焼きあがり テーブルが華やかになったところで
ホワイトボードをひっくり返すと・・・・
  一転

3年生を送る会にサプライズ

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




先日 横浜市で 関東地区の星槎国際高等学校卒業式が行われました。

神楽坂キャンパス(立川学習センター分校)からは
今年7人の卒業生が羽ばたいていきました。
みんないろいろ辛いこともあったけど
乗り越えてこの日を迎えられ 本当にうれしく思います。


神楽坂キャンパス代表Tくんの卒業証書授与の場面です。


最後に壇上でみんなといっしょに。


式のオープニングはご存知 星槎太鼓


うれしいかったのは 私の神奈川センター長時代の卒業生たちに会えたこと
10年前中学生だった姿を知っているだけに成長した姿に
出会えるのは本当にうれしいものです。

  いつも素敵なヘアスタイルをしていたMちゃんは 現在美容師
  中学生時代から手作りアクセサリーをつくってネットや原宿の道端で売っていた
  Hくんは、現在アクセサリーのデザイン企画会社勤務。
  (エビちゃんも そのアクセをしているそう)
  きれいな声で青春の悩みや喜びを歌い 星槎オリンピックで活躍したYくんは
  音楽の仕事をし、星槎エンターテイメントゼミの講師。
  それぞれの才能と個性を生かし、元気に活躍していました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




星槎のうちの生徒たちは 芸術の才能を持った子たちが多く、
いつも すごいなあ~と感心しています。

そこで BLOGに作品集を作ることにしました。
小学生から若者たちまで
すばらしい作品をご紹介します。

まず第一号は
工作大好き もうすぐ中学生 Yくんの作品です。

割り箸を重ねて巻貝のように積み上げ
和紙をはって 中にLEDライトを入れます。
光の色彩はとりどりに変化し
割りばしの隙間から洩れる光が 壁に美しく広がります。
色彩と光の饗宴・・・癒し系ライトをご覧ください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




星槎教育研究所フリースクールでは、最近の子どもたち
にとって身につきにくいといわれている
「社会性」や「コミュニケーション能力」の向上を
目的にSSTの授業をプログラムに取り組んでいます。

今回は最近取り組んだ『ジャストタイミングゲーム』での
取組みを紹介します


ジャストタイミングゲームはSSTのエクササイズ集などにも
よく載っている定番のゲームです。

まず、棒を人数分用意します(新聞紙を丸めて作ればOK)。
次に、円になってその棒を一人ひとりが床につけて立てるように持ちます。
そして、かけ声を合わせて隣の人のところに移動して、隣の人の
棒が倒れないように支えます。それを繰り返していきます。

このゲームは『息を合わせて協力する』ことがとても大切です。
そして、このゲームを楽しく一生懸命取り組むためには、
子どもたちが協力することの必要性を十分に理解している
ことが必要です

星槎教育研究所のフリースクールでは、「ソーシャルストーリー」を使ってSSTの動機付けを行っています。

ソーシャルストーリーは自閉症スペクトラムなどの社会性の獲得が
困難なお子さんの学習ツールです。社会的なスキルが「なぜ必要なのか」
を具体的な文章にしてしてあります。
(詳しくはキャロルグレイ『ソーシャルストーリーブック』などをご覧ください)

ジャストタイミングゲームの前に実際に使った
ソーシャルストーリーです。

力を合わせる
人は だれでも 楽しい 思いを したい ものです。
楽しい ことが あると、普通、人は いい
気もちに なる からです。
楽しい ことの なかには、1人で 楽しく できる こと、
みんなで やると 楽しい ことの 2つが あります。
そして、みんなで 楽しく する ためには、
みんなで 力を 合わせることが 大切です。

この、「力を 合わせる」とは、
①参加し 協力する、
②みんなに ペースを 合わせる、
③やさしい言葉を つかう、
④うまく いかない ときには 励まし 合う,ことです。
これらがうまく できると、みんなで 楽しい 時間を
すごす ことができるのです。

なので、今日は『ジャストタイミング』ゲームで、
力を 合わせる ことを 体験して みようと 思い ます。
きっと、みんなで 楽しい 時間を 過ごす ことが できる はずです。


ソーシャルストーリーは上手く子どもをコントロールする
ための道具ではなく、子どもの困難を解決するための道具です。
お家や学校、さまざまな場所で使うことができます。

子どもたちの困難や適性に応じたかたちで書いてみてくださいね

きっと子どもたちのやる気もぐっと高まりますよ


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




http://blog.goo.ne.jp/littlestar_constellation/e/f7a873c391ad17ef39c3ee56903481f8
でご紹介した、「教員になりたい方のための星槎大学サポート校」
星の教室からのご案内です。
くわしくはhttp://gasylkuni.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-d317.html

Q  できるだけ早く、  教員免許を取得したいと思っています。
  最短で何年で免許は取得できますか。

A 
  ご質問、ありがとうございます。
  教員免許の取得までにかかる時間は、aiさんの最終学歴、ご希望の教員免許の
  種類によって変わってきます。
  以下、簡単に書かせていただきますが、
  詳しくは「星の学校」Tel:050-3566-8437、mailto:hoshinogakko@gmail.com 
  までお問い合わせいただければと思います。

■短大卒以上の場合
大学に3年次編入をすることができますので、2年間ですべての学校種の一種免許を
取得することができます。
教育実習先の確保ができれば、1年で一種免許を取得することも可能です。

実際に1年で取得したケースもあります。
また、小学校の二種免許であれば、教員資格認定試験で取得することもできます。
この場合は1年で取得できます。
この試験の対策も、もちろん、「星の学校」で行っております。

  ~途中 省略~

大学に編入した場合、多くは3年かかりますし、大学院の「教員免許取得プログラム」を
利用した場合も3年かかるのが一般的です。
そう考えると、通信制大学で2年間で教員免許を取得されるというのも悪くないと思うのですが、いかがでしょうか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




http://blog.goo.ne.jp/littlestar_constellation/e/17fdc5262579df9de79a6bb9dc2172feでご紹介した
渡辺慶一郎先生のいらっしゃる東京大学学生相談ネットワーク本部
精神保健支援室のことを保護者から教えていただきました。
 「渡辺先生を東大生に取られちゃった~」の第一発言者です。

そこに記されているのが

「片付け・順序立て・人づきあい」困難の相談枠のご案内

   ご案内の表現がとてもわかりやすく
   相談しやすい内容なので、ご紹介いたします。
   とても参考になります。

以下HPより抜粋です

  対人場面での状況理解や文脈理解に苦手感を持っている方,
  周囲の人たちの考え方や感じ方との違いに悩まれている方,
  整理や計画が苦手で困っている方,
  あるいはこれらの傾向を持つのではと心配されている方
  に向けた相談枠を開設致しました.

  誰でも自分の能力を充分に発揮するためには,自己理解と認知プロフィールに
  フィットした戦略や環境整備が大切です.
  私どもは,ご本人の生活スタイルをうかがったり,必要に応じて心理検査などを行い,
  どのような方策が合っているかを相談しながら検討したいと考えています.
  情報の提供だけで充分である場合や,一定期間のサポートが有効な方まで
  幅広いニーズに応じられるようにと願っています.

 
この文は、星槎教育研究所にそのままピッタリあてはまりそうです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




星槎大学の出張講座
星槎共生ビジネススクール
夜19時からなので、お仕事帰りに参加していただけます。
も「みんなで育てるソーシャルスキル」を担当しています。

◆このような方にお勧め
 ○保育園、幼稚園、小学校、中学校など、成長段階に関わらず教育に携わる方
 ○発達障害の児童や生徒の教育を担当する教員の方
 ○不登校や引きこもりで悩む保護者の方
 ○学校就職部/企業人事担当の方
 ○これから教育事業に携わっていきたいとお考えの方

この講座は、通信制大学として、
文部科学省の「学生支援GP」にも選出された
星槎(せいさ)大学の「特別支援教育プログラム(※)」の一部を、
今回特別に「ビジネススクール」として開講致します。
この講座を通して、適切な知識を持ち、正しい対応の出来る専門家を養成します。

認知の障害とも言われる発達障害。この障害を抱える人は、日常の中でどのような支援を必要としているのでしょうか?
この講座では、障害を抱える人の立場から

「必要な支援体制を考える」
「具体的にどんな支援を行っていけばいいのか?」
「社会との関係性の築き方」
に関して学びます。

3月11日(木) 19:00~21:00
「こんなときどうする?具体的な対応について」   
講師:岩澤 一美 氏 [星槎(せいさ)大学講師]
発達障害を持つ人たちは、日常の生活の中で、悪気なく人に対して不快感を与えてしまうことがあります。また、学習においても集中できる環境を作ってあげることで学習効果も上がります。そんなちょっとした配慮が発達障害の子どもたちの自己肯定感を高めて行きます。特別ではない支援教育を行っていくためにヒントが詰まっています。


3月18日(木) 19:00~21:00
「みんなで育てるソーシャルスキル」   
講師:三森 睦子 氏 [星槎(せいさ)大学講師]
ソーシャルスキルとは『社会の中で他人と交わり、共に生活していくために必要な能力』のことをいいます。しかし、社会環境の変化により、日常の生活で自然に身についていたであろう対人関係のスキルが十分に身についていない子どもたちが増えています。そこで、ソーシャルスキルを高めることで自己肯定感を高め、円滑な対人関係を築きます。みんなが育つために大切なことを一緒に考えて行きます。

詳しくはこちらをご覧ください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「発達障害者支援法施行令の一部を改正する政令(案)」に関する意見募集について

  電子政府の総合窓口
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=495090306


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





渡辺慶一郎先生は、一昨年まで、東京大学医学部付属病院「こころの発達診療部」に
いらっしゃいました。うちの生徒たちも大変お世話になりました。
本当に信頼できるドクターです。
去年からは東京大学学生支援センターで学生を中心に支援しておられます。
「渡辺慶一郎先生を東大生にとられちゃった!」と憤慨している一人です

3月6日は ここ神楽坂の星槎教育研究所でも
視覚支援のセミナーがあり 重なってしまってとても残念です。


★NPO法人えじそんくらぶの会 東京「E-CHAP」主催
 「精神保健支援室Dr. 発達障害支援を語る ~Q&A」

講  師:渡辺慶一郎先生(東京大学保健センター 精神保健支援室 講師)
日  時:平成22年3月6日(土)13時30分~16時30分(講演会・Q&A)
場  所:調布市教育会館2F 201~203会議室
      調布市小島町2丁目36番地1 京王線「調布」駅から徒歩5分
      資 料 代:500円
申込方法:直接会場へ(先着100名)
主  催:えじそんくらぶの会 東京「E-CHAP」
後  援:調布市社会福祉協議会後援
     調布市教育委員会学習グループサポート事業

 2004年に制定された「発達障害支援法」により、
発達障害はようやく その存在を多くの方が知る所となりました。
しかしそれまでは、外見では分からないその困難な特性の故に、
子どもたちは、躾がなってないといわれ、大人たちは、我がままと言われてきました。
誰もが生きにくい現代社会で、発達障害を持っている子どもや当事者は、
一層大変な思いをして、毎日を過しています。

 一昨年まで、東京大学医学部付属病院「こころの発達診療部」に勤務しておられ、
去年からは東京大学学生支援センターで学生を中心に支援しておられる、
渡辺慶一郎先生に発達障害支援のお話しを伺います。

 具体的で分かりやすく、心に届くお話しをして下さる渡辺先生のお話しから、
この機会にご一緒に、発達障害について学んでみませんか?
また当日は「Q&A」の時間も設けて、皆様のご質問にもお答え頂く予定です。

------------------------------------------------------------------------
東京「E-CHAP」(いーちゃっぷ)
『NPO法人えじそんくらぶの会 東京「E-CHAP」』は、主にADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害を持つ子ども・当事者への理解と援助をすすめるために、東京多摩地区を中心に活動しています。ご興味・ご関心のある方、私たちと一緒に活動しませんか。
<障害も理解と支援で個性になる>

事務局住所:〒182-0024 東京都調布市布田1-26-12 ダイヤパレス330
代表:井手籠(いでごもり) 栄理子  FAX専用:020-4624-9921
URL:http://adhdecha.fc2web.com/
  E-mail: xeriko-i@h9.dion.ne.jp


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





 「先生になりたい!」「困っている子のために何かしたい!」
  でも情熱があっても 具体的にどうすればいいの? 
  自分にはムリムリ・・と思っている方にお知らせです。

国立市に 教員になりたい方のためのサポート校
「星の学校」があります。
教員になりたい方が各地から集って、学びあっています。

遠くて通えないと言う方のために
ここ 神楽坂で星の学校の春期講習を実施いたします。



以下は 星槎大学サテライトカレッジ「星の学校」 高橋幸恵先生より


教員採用試験対策講座
教師になりたいという夢の実現のために、着実な準備をしていきましょう!

今日、教育問題の噴出とともに、実力のある、そしてやる気のある先生が
現場に立つことが求められています。
多くの課題がある教育現場でも、一人ひとりの子どもたちに誠実に向かっていけば、
必ず子どもたちは応えてくれます。

近年、教員採用試験は受験のチャンスが広がり、教職への門戸が広がってきました。
校種・地域を選んでいけば、合格できない試験ではなくなってきました。
しかし、それは、試験が簡単になったということと、もちろんイコールではありません。
「着実な対策」を行い、実力をつけていくことが重要です。
当講座では、過去問題の解説を行いながら、教職教養全般についての学習を行います。
また、合わせて実践記録を読むことで、論文・面接に必要な教師としての
資質向上のための学習を行っていきます。

なお、現在教員免許をお持ちでない方でも、2010年夏の教員採用試験を受験し、
2011年4月から教壇に立つ方法があります。
本講座を受講された方には無料で教員免許取得に関する個別相談をお受けいたします。

皆様の積極的な受講、お待ちしております。


講座案内
【日 程】
毎週月曜日(全4回)  3/29、4/5、4/12、4/19
18時~20時

【会 場】
星槎教育研究所
地下鉄東西線「神楽坂」駅1番出口、徒歩1分

【内 容】
3/29 教育原理に関する過去問分析と対策
4/5 教育史に関する過去問分析と対策
4/12 教育心理に関する過去問分析と対策
4/19 教育法規に関する過去問分析と対策

受講料・受講手続き
【入学金】
¥21,000
※星槎大学に在籍中の方は、入学金を減免します。

【受講料】
¥21,000(全4回)
¥7,350(各1回)

【手続方法】
以下の「星の学校」事務局までお問い合わせください。折り返し、お申し込み用紙を送付いたします。
Tel&Fax:050-3566-8427
E-mail:hoshinogakko@gmail.com

【注 意】
何らか意事情で通学が難しくなった場合は、授業開始前日3月28日午後6時までにお申し出のあった場合に限り、入学金以外の学費をお返しします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




研修・相談会のご案内です


『視覚トレーニング』
  簗田 明教先生(かわばた眼科視覚発達支援センター主任)

 視力検査では問題がないけれど、ボールをとるのが苦手であったり、手先を使った作業が苦手であったり、目の前にある探し物をうまく見つけられなかったりするような子どもがいませんか?

 「ものを見る」という行動は簡単なようで、実はとても難しい能力です。
「はっきり見える」ことだけでなく、情報を正確に認識、理解する「視覚」に関して、そして見る力を高めるトレーニングに関して、実際にトレーニングに関わるトレーナーにお伺いします。


◆日時 3月6日(土) 13:00~15:00

◆会場 星槎教育研究所 新宿センター(神楽坂)http://www.seisa.ed.jp/npo/counsel01.html

◆定員 20名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

◆参加費 500 円 (資料代)

◆お申込 要予約 メール、またはお電話でお知らせください。 
       tokyo@seisa.ed.jp  TEL 03-5225-6245

◆主催 NPO法人星槎教育研究所
    〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-35-1教育センタービル1F
    TEL  03-5225-6245  FAX 03-5225-6246
    http://www.seisa.ed.jp/npo/(星槎教育研究所)






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ