みんなちがって、みんないい。一人ひとりの宝物を見つけながら。
星槎教育研究所ブログ★相談員の部屋
What's New 星槎教育研究所
2015.05.22 今年度のプログラムを紹介しています
2015.04.01 ベアーズについてはこちら
2015.04.01 詳細は、星槎教育研究所の公式Webサイトをご覧ください





星槎教育研究所では、毎週日曜日にヴァイオリン教室を開いています。

15:00の部は幼児(未就学児~小学生)を対象に英語の歌と楽器を使ったリズム遊び。

体験を通して、音楽と英語が楽しく自然に身に付きます。

写真は活動の様子。

星槎国際高校の生徒がインターンシップに来ています。

幼児の対応がとても上手です!!

 

16:30の部は中高生と大人を対象としたヴァイオリン教室です。

Canon(Pachelbel)の練習風景

先生やスタッフが随時生徒のところへ移動して、

少しずつ必要に応じて個別で教えています。

オープンクラスのアプローチで子どもは空間を自由に動き、

アンサンブルやピアラーニングができる新しい取り組みです。

 

見学や無料体験もおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ:03-5225-6245(星槎教育研究所)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日曜日の神楽坂は、幼児から大人までが通うヴァイオリン教室。

幼児のクラスでは

英語の歌に合わせて絵を描いたり

楽器を使ってリズム遊び   など

また、ヴァイオリン体験などを通じて

音楽と英語が楽しく自然に身につきます

 

小学生~大人の方までを対象としたヴァイオリンクラスでは

自ら音を作り出す喜びを実感できるクラスです。

個別レッスンも行っております。

無料体験クラス申込受付中!

音楽あふれる環境が子どもたちの主体性、

コミュニケーション力、想像力を育みます。

一度見学に来ませんか?

お問合せ:03-5225-6245

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




普段はヴァイオリンだけの日曜日ですが
この日は
『東京都若者社会参加応援事業 登録団体説明会・見学会』
『LSA(学習支援員)養成講座補講』
『ヴァイオリン教室』
の3つが重なり、研究所内はとても賑やかでした。
LSA講座の補講に見えた方も補講後、ヴァイオリン教室を見学し
安久津先生から「情熱大陸」ヴィバルディ「四季」「ユーモレスク」の
さわりを弾いていただきました
写真: 普段は バイオリンだけの日曜日ですが、  この日は 東京都若者社会参加応援事業 登録団体説明会見学会  LSA補講、バイオリン教室の3つが重なり、とても賑やかでした。  LSA講座の補講に見えたかたも少しバイオリン教室を見学し  安久津先生から「情熱大陸」ヴィバルディ「四季」「ユーモレスク」の  さわりを弾いていただきました。

次回のヴァイオリン教室は12/9(日)11:00~です。

見学・体験希望の方は研究所までお問い合わせください。

TEL:03-5225-6245



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




星槎教育研究所では、6月より『英語と音楽とヴァイオリン』教室を開きます。

講師として、星槎大学の客員研究員でいらっしゃる安久津太一先生をお招きします。

↑音楽のリズムに合わせて自由に絵を描いています。

 

ヴァイオリンを通じて、お子さんの表現力、創造性等を育む絶好の機会となります。

一度、無料体験レッスンにいらっしゃいませんか?

写真はフリースクールでの様子  こんな感じに音楽や絵や英語をおりまぜた

楽しいレッスンです。ぜひ、一度体験してみてください。

個別のレッスンも可能です。

 

無料体験レッスン・お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:03-5225-6245

Mail:tokyo@seisa.ed.jp

 

■指導日(無料体験レッスン)

神楽坂教室(地図はこちら):日曜日(6/3~)

国立教室(地図はこちら):木曜日(6/7~)

時間

対象

指導料

14:00~14:40

2~6歳

8,000円/月3回

15:00~15:40

16:00~16:50

小学生~

10,500円/月3回

17:00~17:50

個別指導(45分)

全年齢

12,000円/月3回

個別指導(60分)

15,000円/月3回

■入会金:10,500円

■年間36回のレッスンになります。

■個別指導の時間につきましては、別途ご相談ください。 

安久津先生のプロフィール 

5歳でスズキメソードにてヴァイオリンを習い始める。

大学卒業後、米国留学。ニューヨークのマネス音楽院を経て、マンハッタン音楽学校で大学院を修了。

在学中、ニューヨークフィルハーモニックの名コンサートマスターとして名高いグレンディクテロウ氏に師事。

2005 ラファエルブロンスタイン賞受賞。

2006 アメリカを代表する指揮者マイケルティルソントーマス氏率いるニューワールドシンフォニーのフェローに抜擢され、3年間に渡り年間100回以上の公演を経験。カーネギーホールでのヨーヨーマとの共演等、世界的な音楽家と演奏する機会をもつ。これまでにニューワールドシンフォニーコンサートマスター、クルトマズア指揮法セミナーオーケストラ首席奏者、マンハッタン音楽院オーケストラのコンサートマスター等を歴任。

2008 音楽学校の教育体系に関する記事(英文)がストリング誌に掲載された。

2009 ベネズエラの青少年のためのオーケストラを支援するための海外演奏ツアーにただ一人のアジア人として参加し、国際交流に貢献した。また多数の教育コンサートをニューヨークや東京近郊で主催し、各地で好評を博している。

現在 ニューヨーク、マイアミ、スペイン、シンガポール、東京等で国際的に演奏活動を展開している。 

 音楽指導の分野では、生徒の主体性、創造性、協調性、表現力を育む、人間教育の一環としてのティーチングを実践しており、常に子供たちの元気で明るい笑顔を大切に、親切丁寧な指導を心がけている。                                                                    現在、ニューヨークのマンハッタン音楽院や、ハーレムの幼稚園等で、公立学校の生徒を対象とした音楽やヴァイオリンのクラスを担当している。

また、ニューヨーク市内の多くの幼稚園でリトミックや先進的な音楽教育をとりいれた音楽の出前授業を多数手がけている。

これまでに、マイアミとニューヨークで100人以上の子供たちを指導し、屋外でのヴァイオリン青空教室や、生徒によるストリートパフォーマンスの企画実践等、そのユニークな指導には定評がある。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )