セッカチばあさんひとりごと

あれもこれもやりたい事ばかり、ノロマになったの棚に上げてぼやくばかり。スマートに片付けたいなー。

お月様

2020-10-05 15:02:35 | Weblog

     

10月1日は十五夜でした。「今日のお月様綺麗ですよ」と言われても、部屋からは見えないし、外へ出るのは億劫でついさぼっていました。しかし考えてみると、先の見えないコロナ騒ぎ、入院してみて健康の有難さを実感し、今できることはやってみようと思いました。翌日夕食後カメラを持って出ましたが、雲がかかっていて、しばらく待って顔を出したところをパチリ。でもわがカメラと腕では黒い中に丸があるだけ、何とつまらないこと!ならば手前に何かと思ったらお月様はぼやけて。綺麗なお月様を想像して見て下さい。

前回我が家の彼岸花は全滅と書きながら、1本載せました。あれから1週間経っているのにこの有様です。茎は48センチ、根元には球根らしきもの見えますか。来年はどうでしょう?植え込みの下では可哀そうですね。

辛夷(こぶし)の実も赤くなっていました。落羽松(ラクウショウ)別名ヌマスギ。秋に全て落葉する針葉樹。スギ科なので松ぼっくりとは違う実が面白かったので。

 

 

 

 

 

 

コメント

今年も彼岸花が咲きました

2020-09-30 11:22:47 | Weblog

   

コロナのおかげ?自粛ムードで閉じこもっていたら、7月発熱、コロナではなかったものの、半月ほど入院する羽目になり、健康の有難さが身に沁みました。熱の原因とは違うと思うのですが腰痛ひどく、今迄何気なくやれたことが何と有難いことか!お蔭様で元通りとは行きませんが歩けるようになり、3か月ぶりに公園に行ったら、彼岸花が迎えてくれました。一昨年は9月15日に、昨年は遅れて10月2日に彼岸花のブログを書きました。今年はどうかしらと気をもんでいましたが、お天気悪い日が続き、9/28のラヂオでも「昨日までの5日間で日照時間が1時間ほどだった」とか。それに我が家の彼岸花の芽が出てこないのです。他もそうかと思いつつ28日の久しぶりの晴天につられて公園に行ったら、見事に咲いていて嬉しくなりました。我が家のは?と見たら、たった1本(10センチほど)今年は残念ながら全滅です。植え込みの下、根も張れずほったらかしでしたので可哀そうです。29日午後から曇り空でしたが再度公園に、見たら白い彼岸花がチラホラ、昨日は晴れていて気付かなかったのです。突然変異?今まで白はなかったのですよ。

今年もコキア植わってました。紅葉迄楽しみです。「無患子(ムクロジ)」、フォローすると言った手前行く度に見ているのですが、今年の実はてっぺんにほんの少しだけ、ズームだやっと撮りました。葉は茂っているのですが、下の方は全然実が付いていないのです。どうしてでしょう?

 

コメント

まぼろし?のコロンちゃん

2020-07-03 15:17:57 | Weblog

   

昨年5月末たった6日間でしたが、私達を楽しませてくれたコロンちゃん!忘れかけていたら、今年も来てくれたのです。6月27日朝お隣から聞いてすぐ駆けつけました。1匹はすごく小さくて、「ココ、ココ、」と言われてやっと撮りました。(今回は全体的に暗くて分かり難い)楽しみね~と話しあいました。翌日朝もう変身したとのこと、でもチビは見えませんでした。7月2日朝モリモリ食べて、葉も残り少なくなったと聞いて又覗きに行きました。上の方は筋ばかり、あと4,5枚で終わりそうです。かんきつ系の葉でないと食べないというので、その後ご主人がミカンの枝を貰ってきて、鉢においた由。しかし3時頃見たらもう姿はなかったそうです。残念!今年も6日間の触れ合いでした。どこから来て何処へ行ってしまったのでしょう。??

昨年のブログを見ると、5月24日夕の写真に始まり、25日変身、5月29日にはいなくなってます。6月14日の読売新聞のプラザ欄に、「きれいなアゲハになるんだよ」の題で「蝶が飛んできて、1週間くらいで黒と白の幼虫が、3週間して緑色に変身、近所からカラタチの葉を与えて見守っている」という記事でした。昨年と1カ月以上日日に差がありますね??

コメント

今年も早や6月に

2020-06-07 10:08:30 | Weblog

   

「新型コロナウイルス感染症に関する対策」No1のお知らせを受け取ったのは2月18日でした。その頃はまだ漠然とした不安はありましたが、さほど深刻感はなかったように思います。No2は25日に。外部からの入館制限(家族・講師)、検温・マスク着用その他細かい対策で、レクリエーション等も中止となり、すっかり自粛モードになりました。

気がついたらもう6月!お隣が私のお誕生日に紫陽花を届けて下さいました。昨年より色が濃く瑞々しくてとてもきれいです。久しぶり散歩してきました。先月壁面いっぱいだったバラは見頃を過ぎて、チラホラ名残の花が咲いていました。世界はコロナ・コロナで、人々は押しつぶされそうですが、自然は何事もなかったかのように、緑は色濃く、花々はひっそりと、でも存在をアピールしていて、愛おしくなりました。アマリリスお隣に頂いてから4年目です。大輪でしかも茎が2本出たので、5月18日に咲き始めて昨6月6日迄、次々とお花を楽しめました。

コメント

バラが咲きました

2020-05-13 10:59:37 | Weblog

   

世はコロナ・コロナの自粛モードで、すっかり怠け癖がつきました。でも自然は変わることなく移ろい、花は咲き緑がきれいです。昨年楽しませて頂いた「カシニワ」のお宅も、壁面いっぱいにバラが咲いていました。今年はコロナ騒ぎで、市主催のフェスティバルはないそうですが、ご丹誠のバラは健在で見事でした。

2月に始まったコロナ騒ぎ、自粛・自粛で日本中様子が一変し本当に大変です。まだ終息への道は遠そうですので、ブツブツばあさんのひとりごとを。

PCRの検査は進まず、マスク不足、防護服不足、病院の大変な様子など聞くと 何故?  

韓国と台湾の成功の要因はビッグデータやスマホの積極活用があり、台湾は公的保険や出入境管理などの記録を結びつけ、感染リスクがある人を素早く発見しスマホで健康状態を監視した。韓国は人工知能(AI)などを活用し、検査の大幅な拡大につなげた。一方日本は保健所の職員が電話で聞き取る方式。感染者が急増すると追えなくなってきた。ITや民間活力の導入の遅れ硬直的な行政システムの問題(日経記事)これで先進国と言えるのかしら?

オンライン授業も中国・韓国・台湾に遅れている。

日本では折角マイナンバー制度が出来たのにプライバシーが優先して進まない。私はマイナンバーに健康保険証を組込めないかと思っているのですが。

クルーズ船の感染時に自衛隊中央病院が治療に当たり、院内感染はゼロだったと最近の新聞に。今回の専門家の中にどうして自衛隊の方が入ってないのでしょうか。大きな災害時の自衛隊の活躍は何とも頼もしいのに。危機管理は専門?

中国武漢での話。2019年10月の「軍人運動会」に備えて、その1ヶ月前にテロ対策演習の1つで「新型コロナウイルスの感染者への処置の訓練」が実施されたとのこと。又南京でのコロナを終息させたビデオで、病院の様子、宇宙服のような防護服、ロボットが食事を運ぶさま等々、前々から準備が出来ていたのでしょうか。

「治に居て乱を忘れず」 「備えあれば患いなし」

 

 

 

 

コメント

先が読めない日々ですが

2020-04-23 19:23:43 | Weblog

   

緊急事態宣言が出て自粛が常態となり、時間はあってもやる気も失せて、ブログもご無沙汰になりました。国破れて山河在りではありませんが、新型コロナ騒ぎで人間様は右往左往でも、花は時期が来れば咲いてくれます。でも鬱々気分で撮った写真は心なしかパッとしませんね。

新型コロナウイルスのニュースが出た時、先ず戦時中を思い出しました。しかし世界中がこのようなパンデミック状態になるとは想像もしませんでした。ドンパチの戦争とは違う戦争状態です。目に見えぬ敵が相手だけに、各国それぞれリーダーの方々のご苦労を思います。メディアが発達した現在は、情報が溢れ不安が募ります。子供の頃耳にした「一旦緩急あれば、一致団結!国難に立ち向かおう!」こんなことを言うと軍国主義だと怒られそうですね。次に思ったのは「スペイン風邪」。調べてみると1918年(大正8年)、日本でも40万人近くの方が亡くなり、終息迄3年かかったとあります。医療、科学が発達した現代でもある程度の長期戦になるのではないか、コロナ後の経済の立て直しは?、老婆が案じてもせん無いことと思いつつ、これだけ複雑になった世の中の舵取りは大変です。考えてみれば、あの戦時中・戦後を乗り越えてきたのです。頑張って下さるようお願いします。ところで一律10万円の話です。今回の自粛でお困りの方々は大勢おられると思います。その方々には是非手助けをと思いますが、我々年金生活者は、自粛で年金を減らされることはないと思いますので、次世代の方々に赤字国債を押し付けることの方が心配です。ささやかな思いです。兎に角今は耐えて、一日も早く終息することを祈るばかりです。

 

コメント

春というのに・・・・でも行って来ました

2020-03-08 10:50:18 | Weblog

    

このところ春というのに、新型コロナウイルスの話題ばかりで気が滅入る日が続いています。ここでも感染予防対策のお知らせが次々来て、訪問者、小部屋でのレクリエーション中止等、がっかりですが、休校中の子供達のこと思って我慢しましょう。昨年から「歳」を感ずるとぼやいていましたが、「変形性腰椎症」とのこと、加齢による椎間板や腰椎の変化で生理的現象の一種とあり、やはり「お歳」のせい?・・・・外界は新型コロナウイルスによる未曾有の大混乱!これからどうなるのでしょう。ひっそり部屋に閉じ籠ってこの災難が通り過ぎるのを待つより他ないのでしょうか。

でもやっぱり春です。河津桜を今年も見たいと思いつつ、唯一の自慢が歩くこと、それが上記で、自信がなくなってためらってました。6日は青空を見て、思い切って出かけることにしました。やはりお外はいいですねぇ!公園作業の方が「昨日の花色は良かったよ、今日は少し色あせたな」と言われましたが、でも綺麗でしょう。片道40分、木立の中は気分よく爽快で自信もつきました。

プランターは、お雛様の飾りつけなど皆でやる企画の一つ、「お花を植える」の作品です。水仙は一昨年秋スーパーで買った鉢植えの水仙、球根が増えたので植え替えたのが咲きました。残りの球根は植え込みの下に埋めたのですが、芽は出ませんでした。ちょっと汚らしいのは鳥の糞です。何鳥かは分かりませんが、何故か物干竿に止まってなさるようで・・・小さな実!分かりますか?ああこうやって鳥が運んで植物は散らばるのだと解っていても、実を見ると愛おしくなりますね。

コメント

節分も過ぎました

2020-02-11 15:07:39 | Weblog

     

節分は恒例のお餅つきイベントです。2日お相撲さんがお餅をついてくれました。からみ餅を楽しみにしてましたが、今年はお汁粉でした。

5日お雛様を私達も手伝って?飾りました。グループ毎でそれぞれを担当、私達は7段飾りに当り結構大変でした。私は子育てしなかったし、したとしてもお内裏様ぐらいでごまかしたでしょうからとても面白かったです。(若手?に任せて眺めてただけですけど。ちょっとだけは手伝いましたよ)

昨年と同じ蠟梅をと思ったのですが、延び延びになり8日辛うじて残った花を撮ってきました。今年は暖かく、初氷も遅い記録のよう、寒暖の差が激しくお花も戸惑っているのではと心配です。

昨日はソフトクリーム作りに参加、アイスクリームとの違いは保存温度が違うのだそうで、自分でトッピングをして舐めてきました。久しぶり美味しかったです。

今日は建国記念日。私達子供の頃は「紀元節」。学校で式があって「雲に聳える高千穂の・・・・」と歌ったわね~と、主人と口ずさんだことでした。

 

コメント (2)

今年ももう20日になりました

2020-01-20 15:05:14 | Weblog

     

今年は外を歩いても穏やかな日差しで真冬とは思えないくらいです。昨日も日曜とあって公園は賑やかでした。凧を久しぶり見て嬉しくなりました。白木蓮もこんなに蕾が膨らんで!凧分かりますか。昨年騒いだムクロジの実は辛うじて付いています。凧分かりますか。

13日はハンガリー少年少女合唱団のコンサートを聴くことが出来ました。清らかな歌声で、ハンガリーの合唱曲を10曲ほど、最後に日本の「さくら」と「上を向いて歩こう」をきれいな日本語で歌い上げてくれ感激しました。

さて年頭です。今年は!と抱負を語るより、合言葉の「転ぶな・風邪引くな」穏やかな1年でありますように!

・・・・・少し消極的過ぎるかな・・・・・目標は???

コメント (2)

今年もあと僅かに

2019-12-29 15:47:44 | Weblog

       

今年もお陰さまでクリスマスを楽しませていただきました。22日は,歌力雄(たじからお)男性クインテット(有志5名)によるコンサートでした。「もろびとこぞりて」引野裕亮さん(テノール)のソロで始まり、その後の曲目のバラエティーに富んでいること!クリスマスメドレー、童謡、歌謡曲、蘇州夜曲、石見相聞歌(物語歌曲?)ミュージカル「ノートルダムの鐘より」プロローグ~陽ざしの中へ、「君は薔薇より美しい」などなど。最後みんなで「きよしこの夜」を歌いました。  歌力雄は「天岩戸神話」の手力雄命にあやかり、歌の力で新しい扉を開きたいと命名された由。大いに羽ばたいて下さいね。           24日はスタッフと入居者有志による「トーンチャイム」の演奏。ピアノと何とトロンボーンの伴奏付きで。「アメージンググレイス」と「聖者の行進」を聴き、窓外のイルミネーション眺めながらディナーを頂きました。

1年の過ぎるのが本当に早く感じられます。でも思い起こすと色々あった年でした。何と言っても平成が令和になり、天皇陛下御即位式と天皇皇后両陛下の祝賀御列の儀を、昔だったら考えられないことですが、テレビでつぶさに拝観することができて幸せでした。世界に類のない万世一系の天皇制、古式ゆかしい絵巻さながらの御式を拝見し、日本のすばらしさを改めて誇らしく思いました。  大変だったのは、秋の大型台風が続けさまに襲い掛かり、広範囲に被害を齎したことです。被災された方々本当にお気の毒に思いますが、年々自然災害が大型化し、想定外の被害が出る、どうにかならぬものかと思うばかりです。            今年の漢字は「令」になりましたが、私は「歳」かしら。何となく「老い」を感じるようになりました。転ぶな!風邪ひくな!そしてワクワクすることを見つけよう!まあ無理せず自然体で行きましょう。

             

 

コメント