セッカチばあさんひとりごと

あれもこれもやりたい事ばかり、ノロマになったの棚に上げてぼやくばかり。スマートに片付けたいなー。

立春です

2019-02-04 16:16:05 | Weblog

    

今年ももう立春!昨年は雪も噴水の氷もなかなか解けず寒かったのですが、今年はお天気続きでちょっとおシメリが欲しいところ(勝手ですね~)これ又少雨が記録的なようです。節分は恒例のお相撲さんによるお餅つき、今年は1日早かったのですが、つきたてのお餅を「あんこ」「胡麻」「からみ(大根おろし)」3つ全部食べて特にからみ餅が美味しかったです。今年も寒い!風が冷たい!とぼやいていましたが、昨日腹ごなしに久しぶりお散歩して来ました。季節は動いているのですね。黄色もピンクも花の名は?ですが、お花を見て嬉しくなりました。

コメント (2)

ムクロジ(無患子)との出会い

2019-01-12 11:54:09 | Weblog

     

公園でHさんが、ムクロジを見つけたと飴色の木の実を下さいました。子供の頃遊んだ羽子つきの黒い実は知っていましたが、此の飴色の実とは繋がらず、でも面白そうで興味を持ちました。彼は先日の「打ち出の小槌」を種から作ったように、今回は写真のようなお人形さんを作ってくれました。公園のムクロジは上の方の枝先にパラパラと僅かに残っているばかり、側を通っても分かりません。今年は芽吹き、花から実まで追っかけてみようと思います。昨年辛夷に感激したように、植物の変化を見るのは楽しみです!。

ムクロジ(無患子)の黒い実は「子が患わない」という願いが込められ、羽子板は厄をはね返す、はねのける等、縁起物、その他縁起かつぎで、厄除けや無病息災の願いを込めて利用され、果皮は薬用や石鹸として役立ってきたそうです。日本古来の植物はこうして庶民の生活に密着し親しまれて繁茂してきたのでしょうね。都会にいると自然の植物と接することが少なくなりますが、気を付けると思わぬ所、で出逢うことがあり楽しくなります。

公園は今は華やかな色どりはありませんが、白木蓮や石楠花の蕾が、ご覧のように大きくなって春を待っているようです。

コメント (3)

鏡開き

2019-01-11 22:03:26 | Weblog

    

今日11日は鏡開きです。夕食のデザートは、お汁粉でした。ここで我が家のお鏡を紹介します。葉付きの柚子を頂いたので橙の代わりに、結婚して初めてのお正月に買った三方を出してきて、ささやかなお鏡(熨斗、ゆずり葉、昆布等なし)を飾りました。NHKの「チコちゃんに叱られる」で何故「三方と言うの」に、「三方に穴があるから」、という答えだったように思います。知りませんでした。そこで我が家の三方を登場させたくなった次第です。

さて話変わって8日のことです。インターネットを見ていたら、突然このパソコンはウイルスに24%侵されているというメッセージが入り、そんな筈はないと思いながら、「修復する」をクリックしたら、1保存 2実行 3はい の順にクリックするよう指示は出るが、ウイルスという言葉はなく Auto System Speedup などという文字が目につき、先生に電話したら、そういうのは詐欺だからバッテンで消すようにと言われて慌てて消しました。その後何事もなくホッとしてますが、お正月早々どうして?怖いですね。

コメント

本年もどうぞよろしく

2019-01-05 15:46:11 | Weblog

         

明けましておめでとうございます。今年も元気で行きましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

気がついたらもう5日、そろそろ気合を入れなくてはいけませんね。ここでのお正月は、お正月飾り、きれいに盛り付けられたおせち料理など手汚さずに頂けて本当に有難いことです。上記写真の鏡餅、大きくて本物で嬉しくなりましたが、何よりもお餅のひび割れに感激しました。何年振りでしょう。そう!昔はお餅はこんな風にひび割れてました。子供の頃、切り餅を水を張った甕に入れて水餅にしてたのは何時頃だったかしら。カビをこそげ落として火鉢で焼いて食べたことなど思い出します。私達の母親は、暮れは料理・掃除の他に子供たちの着物を縫い、今考えるとお正月の準備を、よくぞやっていたと感心するばかりです。

さて暮れに「打ち出の小槌」のこと書いたら、ジャンボ宝くじをとコメント頂きました。もう何年も宝くじなど買ったことなく、この辺での売り場も分からないし、そこでネットで調べてみました。21日のことです。何とその日が締め切りの日、何事も経験と最低単位の10枚購入しました。大晦日テレビで抽選中継を見て、ネットだと手元にチケットがないので、お正月チェックしました。何と10枚中、300円と3000円の2枚が当たりくじではありませんか。過去300円以外当ったことないので、あれ!ま~!…ジャンボを買いながら、これで喜んで我ながらカワイイ?。でもよくよく読んだら当選金1万円未満の口座振込みはないのだそうで、これを元手に再挑戦?オソマツでした。

 

コメント (2)

今年のコンサート

2018-12-26 11:05:24 | Weblog

   

 

12月23日今年のクリスマスコンサートも、若い方々16名による演奏で大いに盛り上がりました。ベルツは市立柏高校吹奏楽部OB、OGを中心に結成されたビッグバンドですが、「ホワイトクリスマス」「サンタが街にやってくる」などクリスマスにお馴染みの曲の他に「服部良一・不滅のヒット曲メドレー」と「加山雄三ゴールデンヒットメドレー」を聞かせてくれました。素敵でしたし懐かしいと思う反面、戦後生まれが後期高齢者になる時代「湖畔の宿」「蘇州夜曲」など子供の頃聞いた年代はだんだん少なくなるのではないか、しかし若い人が選曲されたということは、名曲は不滅!などと思ったことでした。アンコールは迫力満点、特にドラム?が素敵で、拍手一杯したのに、聞いた曲名忘れちゃって・・・・・でもとても楽しかったです!!

コメント (2)

カラスウリその後

2018-12-16 16:59:45 | Weblog

 

この前登場したカラスウリ、種になって私のところへ来ました。「打ち出の小槌」に変身したものと、種そのものです。「もったいないぞう」は椿の種で、共に縁起物、バックや財布に入れておくとお金がたまると言われているそうです。早速商店会の抽選に行きましたら、空くじでなくその上が当りました。霊験・・・・・? 種は蒔いたら、幻想的な花を観察できるかも?とありました。蒔き方をネットで見たら、知らないこと、びっくりすることばかり、面白かったのでご報告です。① 雌雄異株である。② 花が咲くまで雌雄分からない。③ 開花まで3~5年。④ 物凄い繁茂力。「蔦は木質化し、近くの木に絡みついてワサワサ茂りますぞ」と。一応種は半分蒔き、半分は湿らせた紙に包み冷蔵庫に入れました。春芽が出なかった場合、もう一度蒔くため。しかし芽が出ても育てるには、場所もこちらの寿命も無理でしょうね~~~。

もみじは赤くなるものだとばかり思っていましたら、黄色のモミジにお目にかかりました。珍しいので載せます。

 

コメント (4)

今年も登場

2018-12-06 17:14:52 | Weblog

    

今年もクリスマスのイルミネーションのお出ましです。頂いた写真と私の撮影が1枚です。可愛いでしょう!

コメント (2)

今年の満天星

2018-12-06 16:26:15 | Weblog

    

     これは昨年12月4日投稿、写真撮影は11月29日。

これは1年前の感想をとメール頂き、昨日(5日)撮ってきたものです。今年は塩害と、ダラダラ暖かい日が続いたのとで、感激して撮りまくった昨年が懐かしいです。こんなに木にとって過酷だった年でも、過ぎれば思い出になるかと比較してみました。下段の2枚は大きな道を挟んで向かい合っているのですが、塩風のあたり具合でしょうか、昨年は両方ともそれは綺麗でした。

コメント

紅葉その2

2018-12-01 13:50:47 | Weblog

     

25日と29日紅葉を楽しんできました。やはり塩害と暖かさで「いまいち」の感はありましたが、外気を一杯浴びてリフレッシュしました。ハンカチの木の実は始めて見ました。写真は木のてっぺんを撮りましたが、下の方は葉っぱがあります。塩害で上の方はご覧のようでした。法林寺の大銀杏は、高さ30M、根元の太さ14M、樹齢600年、越後から来た尼が一夜の宿のお礼として差し出した銀杏の実が育ったと言われてます。今年は塩害で見る影もなく心痛みました。塩害は歩いていると、えらくダメージを受けた木、影響の少ない木など様々です。まだ緑が多く紅葉してないところがあり、色づいた木を探して撮りました。

コメント

紅葉

2018-11-12 20:34:01 | Weblog

       

昭和記念公園の紅葉を見てきました。今年は塩害などで余り紅葉は期待してなかったのですが、此の長い銀杏並木のそぞろ歩きはホント良かったです。色は実物の方が写真よりきれいでしたね。ネットで見ると水路と銀杏並木もありそれは見てません。赤い紅葉は少なかったように思います。この公園は2度目ですが本当に広いですね。前回行った所は今回は見ないうちに出口に出てしまいました。日本庭園は前回はゆっくり過ごしましたが、今回は紅葉を少し愛でてきました。大きな木の黄葉は所々目にしましたが、見逃した所が多かったのではと思います。

コメント (2)