海山の創作ノート

工房T 海山の書、印、絵、版画、工作、etc.日々の暮らしの中で出来た作品を紹介します。 さて、今日は何を作るかな。

No.775 印用 段ボール額

2016-01-24 | 工作


最近、段ボール額作りに熱中してます。
小品版画用の額がある程度の数出来上がったので、
印用の額を作ってみました。
段ボールの扱いに慣れたので、完成度が高くなってきました。
これ、赤が効いているでしょ?
コメント

No.774 炊飯器でパンを焼く

2016-01-09 | 


いつもはホームベーカリーで作っていますが、我が家の機械は出来上がるまで4時間以上かかります。
思い立って早く食べたいので、パン焼き機で生地だけ作ってから、炊飯器で焼いてみました。
いつもの胡桃パンと同じ材料ですが、しっとりもちもちのパンになりました。
大成功です。これは、全行程二時間余りでできますから、ちょっとパンが食べたくなったら、直ぐできます。
さて、次は何を入れてみようかな。
コメント

No.773 タワー形ペン立て

2016-01-08 | 工作


何かを作っていると、作業台の上が、どうしても散らかってしまいます。広いテーブルならいいのですが、限られたスペースの中で、面積を確保するためには、縦方向へ延びるしかないのです。そこで、取り出しやすく面積の有効利用で、タワー形ペン立てを作りました。もちろん、最近はまっている段ボールで。ウィスキー山崎の箱をベースにして、厚みのある段ボールを二枚重ねました。結構しっかりしています。
早速、作業台を整理してペン等を入れてみました。
いつもの庭のテーブルにて撮影。
今日は九州もちょっと寒いです。
コメント

No.772 段ボールの額 試作4.5.6

2016-01-07 | 工作


段ボールの額、もっとシンプルに、そしてエコにならないものかと、試作を繰り返してきましたが、なんとか着地です。

試作4は、一番前の段ボールもくりぬきですが、試作5、6は、45度に切ったものの張り合わせです。
試作4には墨をぬり、試作5は白い段ボールを使いました。試作6は段ボールの色そのままです。
塗装については、また試行をしていきます。
コメント

No.771 12年目のシクラメン

2016-01-06 | 


2005年に380円で購入したシクラメン、驚異の12年目の花を咲かせました。退色して、ピンクから真っ白になりましたが、今年は花も多く立派なものです。
今までに、一度しか植え替えをしていないので、小さなままですが、今年こそは大きく育てて、大鉢にしてみようと思っています。(エサをあげなきゃ、大きくならない!)
コメント (2)

No.770 シンピジュームの花芽

2016-01-05 | 


余りに暖かくて、陽もさして、植木鉢の植物達に水やりをしなければなりません。例年ならば、自然の雨におまかせするところですが…。

シンピジュームの花芽が三本、急に大きくなり始めました。まだ蕾はチラッと見えるだけですが、ほのかにピンクの顔を出しています。今年は早く咲きそうです。
コメント

No.769 万年青の実

2016-01-04 | 


おめでたいところで、これが万年青の実です。

真っ赤で、ツルッとして、ビー玉くらいの大きさです。
中には種が一つ入っています。
もちろん、土に蒔けば発芽します。そして、毎年一枚づつ葉が出てきます。

見ていると、なんだかうれしくなるような実です。
コメント

No.768 2016年賀状

2016-01-01 | 版画


新年明けましておめでとうございます!

穏やかな元旦です。

今年は平穏無事な一年でありますように!
という願いをこめて、

「瓦猿」(かわらざる)
を版画にしました。

和歌山県の郷土玩具で、瓦猿というのがあるのです。
瓦を焼く土で作った猿の人形で、「平穏無事」の縁起物です。
これをモチーフにして、そのままでは芸がないので、
「シェー」をさせてみました。

バックには、私的重大ニュースを配しています。
読みづらいでしょうが、時間をかけてお読みくだされば幸いです。

(木版2版+ドライポイント+プリンタ)
コメント