海山の創作ノート

工房T 海山の書、印、絵、版画、工作、etc.日々の暮らしの中で出来た作品を紹介します。 さて、今日は何を作るかな。

No.681 黒出目金

2015-07-31 | 版画


我が家の4才の黒い出目金、
正面から見てかまぼこ板に写しとると
ほぼ原寸大。
かなり迫力あります。
よく見ると、とても個性的な顔立ちです。

木で簡易リトグラフ。
油絵の具と水彩絵の具。

(はがき大)
コメント

No.680 まるいものうまれる 4

2015-07-30 | 版画


色を着けたら、こんな風になります。
もっとも、モノタイプなのでNo.678のとは同じではありません。

(モノタイプ、トランスファー・ドローイングにクレヨン型押し、はがき大)
コメント

No.679 まるいものうまれる 3

2015-07-30 | 版画


同じ版で、こういうこともできます。

(はがき大)
コメント

No.678 まるいものうまれる 2

2015-07-29 | 版画


落書きから生まれたこのフォルム、
何回も描いていると自分にとっては必然性を帯びてくるのです。
そんなわけで、まるいもの増殖中。

モノタイプ、トランスファー・ドローイング
油絵の具、画箋紙。

(はがき大)
コメント (2)

No.677 まるいものうまれる 1

2015-07-28 | 版画


「まるいものうまれる」
モノタイプ、トランスファー・ドローイングで

まあ、落書きです。
子供の頃から、とにかく落書き大好きで、
授業中のノートは何かわからない落書きが必ずどこかにありました。ずっと、その延長をやっているようなものです。
この手法は、書と似ている行為なので好きです。
でも、手の動いた跡がうっすらと紙に残ったりして、不思議な空間が生まれます。偶然性も大切な要素です。

(はがき大)
コメント

No.676 ウィスキー

2015-07-27 | 版画


ウィスキー「山崎」
頂き物のウィスキーです。
格好いいので、版画にしました。

木版リトグラフ、油絵の具と水彩絵の具。
油を使ったことで、かなりリトグラフ的になりました。

(はがき大)
コメント

No.675 船出

2015-07-26 | 版画


船出

ここで、きっちり木版画。
久しぶりに彫刻刀をしっかり使いましたね。
ちょっとぼーっとした作が続いたので、
すっきり、シャープに、計算づくで。
偶然性がないことはないけれど、
だいたい想像通りです。

テーマも新たな旅立ちを象徴しています。
小さな舟で港から出発です。

木版、二版4色。

(はがき大、鳥の子紙)
コメント

No.674 ブルテリア

2015-07-25 | 版画


ブルテリア
もちろんモデルは家の愛犬です。

ファイル版のリトグラフ
一版多色刷り、水彩絵の具。
このパターンはこれでおしまい、
次からは新しい方法です。
実験はまだまだ続くのであります。

(はがき大)
コメント

No.673 街の灯

2015-07-24 | 版画


街の灯

抽象的なのを一つ。
ファイル版のリトグラフ。
水彩絵の具で着色。

(はがき大)
コメント

No.672 ミミズク3

2015-07-23 | 版画


またまたミミズク。
発泡スチロール版は、やはり数枚が限度です。
刷っているうちにだんだんと全体が平らになってきます。
でも、面白い。
ちょっと手を加えています。

(はがき大)
コメント