海山の創作ノート

工房T 海山の書、印、絵、版画、工作、etc.日々の暮らしの中で出来た作品を紹介します。 さて、今日は何を作るかな。

No.1675 版画「月に吠える」 

2019-12-31 | 版画


版画「月に吠える」

おそらく今年最後の版画かな。

一版目で、終わっていたものに、二、三版目を加えたものです。

あえて、月は入れていません。

もう二版程加えれば、月も入りますが、狼の向こう側を想像していただいて…。


ともあれ、今年はたくさん版画しました。

なかなかうまくはいきませんが、新しい技法にも挑みました。

ささやかな展示会もできましたから、よかったのではないでしょうか。

その分、書の方が少し不足ですね。

来年は、ちょっと頑張らなくちゃいけません!

では、皆様、よいお年をお迎えください。
コメント

No.1674 ローリエ

2019-12-29 | 


ローリエ

やっと年賀状の投函も終わったので、ちょっと違うことをしましょう。

まだ若い月桂樹の枝を剪定しておいたのが、大きくてきれいな葉っぱなので、しっかり乾燥させました。

今回は、仕上げに電子レンジを使ってみました。

量の少ないときには、ちょうどよいですね。

これでも、道の駅や物産館で売っているものよりも、量は多いです。
コメント

No.1673 自作バレンで摺る(2020年賀状・その4)

2019-12-26 | 版画


自作バレンで摺る(2020年賀状・その4)

いよいよ二版目の摺り。

久しぶりの木版擦りです。

やはり、木版はいいなー。版画してるって感じ。

自作バレンの使い心地もまずまずです。

大きくしたのは正解でした。

でも、持ち手の所はちゃんと作らないと持ちにくい。

今日中に擦り終えてから、細かな仕上げをすれば、明日は宛名書きに入れるか?

いずれにしても、もう少しかかります。
コメント

No.1672 乾燥を待つ(2020年賀状・その3)

2019-12-26 | 版画


乾燥を待つ(2020年賀状・その3)

年賀状第一版目のプレスを終えて乾燥を待ちます。

案外濃い色になりました。

こんな風に並べるときれいです。

これは、プリントごっこ用のはがきを並べて立てておけるものに、ずらっと立てて並べた写真。

もう25年以上使っている愛用の逸品で、とても便利なものです。

狭い作業場で、これがなければ刷りあがったものを置場所に苦労します。だから、なくてはならない道具です。

昨夜、合計170枚程、刷りあがりました。

しっかりインクを乾かしてから、二版目の摺り(今度は木版ですからこの「摺」という漢字です。)に入ります。
コメント

No.1671 文字は木版で(2020年賀状・その2)

2019-12-26 | 版画


文字は木版で(2020年賀状・その2)

年賀状の二版目は、やはり木版。

この、絵と文字の組み合わせというパターンは、年賀状版画の定番ですね。

ずっとほぼこのスタイルで、年賀状は作ってきたように思います。

文字は、書家の端くれとして、必ず入れておきたいところです。

今回は面積的に少ないですが、少ないからこそ、シャキッと刻しましょう。

シナベニアで。

もちろん、部分です。
コメント

No.1670 こんな色で

2019-12-25 | 版画


こんな色で

今回の一色は、こんな色です。

昨日作ったローラー。

白、赤、黄色の混色です。

柔らかな春の色のイメージですが、やはり、ちょっとボーッとした感じですね。

これで一版で大丈夫なのか、やってみて判断することにしました。

どうなったかは、今日はお見せしません。

一応、年賀状ですから。

午前中、一気に150枚。

なんといっても紙の版ですから、何枚刷れるか、という問題もありますが、余裕でクリアでした。

乾いてから次の作業に入りますが、まだまだできません。

年内の投函を目指します。
コメント

No.1669 版画用ローラー

2019-12-24 | 工作


版画用ローラー

いよいよ、というか、やっと年賀状作りに取りかかろうと思います。

なるべくシンプルに、少ない色で、一回で刷りたいので、新しいローラーを使うことにしました。

つまり、普段は、三原色(赤、黄、青)と白、黒のローラーを使っていて、重ねることで色を出しているのですが、一回刷りならば、最初からインクを混ぜて色を作っておいてから、ローラーでインクを乗せるということです。

そのローラーは、当然自作。買って来たりはしません。

道具類も作ることができるものは、自分で作るということです。

ちょうどペットボトルのキャップにピッタリの内径を持つ紙筒、ラップの芯を見つけたので、その芯をちょうどよい長さに切り、キャップの中心に穴をあけ、芯にはめ込んで、針金ハンガリーを分解して伸ばして曲げて、捻って、取っ手を取り付ければ、ほぼ出来上がり。

それに、ぐるっと表面のけばだたない厚紙を一巻きして、完成です。

二個できました。

で、これから年賀状の版を作ります。

さて、投函出来るのはいつのことやら…。
コメント

No.1668 花梨の紅葉

2019-12-23 | 


花梨の紅葉

今年はまだ暖かいのか、花梨の紅葉が今頃、という感じです。

例年はどうだったのだろう、と思ってみると、そういえば、この数年は、虫に葉っぱを食べられていたり、剪定してバッサリ切ったり、と紅葉も結実もなかったのでした。

久しぶりに実も六つ程採れたし、きれいな紅葉を見ることができました。
コメント

No.1667 版画「楽器」

2019-12-21 | 版画


版画「楽器」

続いて版画。

ローラーとタンポの併用で、色の変化がつきました。

これは特に、昔作った牛乳パックの自作手漉き和紙。

凸凹があって、ふわっと柔らかく厚みもある紙なので、おもしろい風合いです。

この紙に、もう何枚か刷りたいところですが、一枚だけ。まだまだいっぱい作ったはずなのに、残りはどこにいったのでしょう。

ちょっとこの紙を作った時を思い出しながら、いつもの紙で何枚か刷ってみましたが、これが一番でした。

ところで、これは楽器?

こんな楽器はないと思います。

実は、切り残した紙を重ねていたら、ちょっとギターの様な形になったので、張り合わせて版にした、という廃物利用です。

何かの版を作った残りの紙も、案外おもしろい形をしているのです。

出来上がったものは、三弦の弦楽器に見えるかな?という感じです。

(はがき大、一版三色)
コメント

No.1666 版画「シクラメン」

2019-12-19 | 版画


版画「シクラメン」

もう一つ。

今日は調子が良い様です。

一版多色刷り。

初心に戻って、かなりシンプルに。

だいぶん安定してきました。

いろいろと組み合わせれば、表現の幅が広がりそうです。

今回はインクを着けるのに、ローラーではなく、タンポを使いました。

シクラメンの方も、基本的な赤の篝火のようなものにしましたが、色の変化は自由になります。

(はがき大、一版三色+鉛筆)



コメント